2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

無病法〜極少食の威力〜part1

1 :粗食野郎:2013/02/19(火) 10:24:20.42 ID:mlvqtvadO
食の多少は運命をも左右する!
102歳を生きた偉大なルネサンス人、ルイジ・コルナロの食生活と教訓

16世紀のイタリアで、自らの体験をもとに食を節することの素晴らしさを説いた貴族の手記。

実践、体感などドゾー。

2 :病弱名無しさん:2013/02/19(火) 10:33:22.01 ID:mlvqtvadO
ルネサンス期イタリアの貴族。ヴェネツィア共和国パドヴァ市の行政長官などをつとめる。
暴飲暴食にあけくれた結果、30代でさまざまな成人病をわずらい、40代で生死の淵をさまよう。
医師の忠告により節食生活を実践し、病を克服。
当時としては異例の102歳の天寿をまっとうした。
その体験を綴った著書は国内外で大きな反響をよび、後にフランシス・ベーコンやニーチェも言及しているほどである。

3 :病弱名無しさん:2013/02/22(金) 18:06:33.27 ID:RCC7jISVO
スレッドの多さが食の異常を物語っているかのよう。

4 :病弱名無しさん:2013/02/24(日) 10:38:46.66 ID:S1Wtwdol0 ?2BP(0)
◆高須克弥の健康法
・断食、一日一食では不健康になる
・小太り体型が一番長生き
・肉を食って小太りになると長生きできる
・身体が欲するままに食べるのが自然
・長生きしたいなら、好きなモノを食べて、好きな時に寝る
・蓄積した脂肪は財産だ
・甘いものを朝に食べると痩せる
・美酒美食こそが長寿の鍵
・肉を食べないと脳卒中になる
・ビールを飲んでもビール腹にならない
・禁酒は死亡率を高める
・コーヒーは最高の健康飲料

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/body/1352499495/

5 :病弱名無しさん:2013/02/28(木) 21:29:40.58 ID:biAJZb3m0 ?2BP(0)
“甲田式健康法”8割 “マクロビオティック”2割といった感じです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20128966

6 :病弱名無しさん:2013/03/09(土) 13:52:12.13 ID:S/ilFoiy0 ?2BP(0)
100歳以上の、しかも110歳とか超長寿が多いとされるアブハズ、ヴィルカバンバ、フンザという地域に関するレポート、

●アブハズ(ロシア)
☆マッツォーニというヤギや牛の乳を発酵した発酵飲料以外、肉、魚、卵は食べないベジタリアン。
☆摂れたての生野菜サラダや果物を食べる
☆ごく少量のお湯で茹でた野菜を食べる、油では揚げない
☆炭水化物は引き割りのとうもろこし粥
☆アーモンド、ピカン、ブナの実など野生の木の実を食べる
☆砂糖はいっさい使わず、バターもほとんど食べない

●ヴィルカバンバ(エクアドル)
☆ほとんどの住民が完全な菜食主義者
☆新鮮な採りたての野菜と果物を食べる
☆たんぱく質は豆から得る
☆炭水化物はとうもろこし、キノア、精製されてない大麦、小麦、じゃがいも、さつまいも
☆脂肪はアボカド、木の実
☆ほんのたまに、珍しく羊の乳、卵を食べる時もある(摂取たんぱく質の1%程度)
☆砂糖は摂らない

●フンザ(パキスタン)
☆果物が豊富で、アンズ、桃、西洋梨、りんご、アンズなどを食べてる。
☆野菜を豊富に食べる、ほとんどを採りたての生で食べる
☆野菜を調理する時は軽く蒸すのみ
☆炭水化物は大麦、小麦、キビ、ソバ。
☆亜麻(フラックス)の種をいろんなものにかけて食す
☆ほんの少量ヤギや羊の乳から作った発酵ミルクを飲む以外、あとは特別な日にヤギ、羊の肉を食べる以外は肉は普段食べない。
☆レンズ豆やインゲン豆、ヒヨコ豆を水につけて発芽させてから生で食べる
☆砂糖は摂らない


なんと、この3つの超長寿地域、離れているのに共通項が多い!
ローフードと加熱野菜、肉をほぼ食べないベジタリアン、豆やナッツを食べる、砂糖を摂らない。

7 :病弱名無しさん:2013/03/12(火) 20:53:09.00 ID:o/n5Dl7J0 ?2BP(0)
イマドキの大学生の食生活
http://livedoor.blogimg.jp/kamesokuhou/imgs/5/7/570c9636.jpg

8 :病弱名無しさん:2013/03/14(木) 20:17:52.40 ID:swJNDkE2O
最晩年まで目も歯も耳も完全で、足腰も若いときの力強さと変わらず、声の張りにいたっては、むしろ年齢とともに高まり、食後でさえつい歌い出したくなるほどであったという。

9 :病弱名無しさん:2013/03/14(木) 20:24:17.02 ID:swJNDkE2O
体内環境に対する食の圧倒的な影響力と食を節することの最重要性

食は日常生活のなかで唯一、体内に直接はたらきかける行為である。それは、他の行為とはちがって、体の奥の細胞にまでただちに化学的変化を引き起こす。
普段はあまり念頭にうかばないことだが、病気の予防においても病後の回復においても、食を節することが他の処方に比べて圧倒的に大きいのは、この単純きわまりない理由による。

10 :病弱名無しさん:2013/03/14(木) 20:30:46.84 ID:swJNDkE2O
食を節するとは、天然のものを中心になにより食べる量をできるだけ少なくして必要最小限の栄養だけにとどめ、
消化に関わるエネルギーや酵素などの浪費を避け食害や老廃物の発生を極力おさえ、そのことによって人類がかつて野生のときにそうであったように体内環境を自然本来の状態に保つ、あるいは戻すことを言う。

11 :病弱名無しさん:2013/03/14(木) 20:33:55.65 ID:swJNDkE2O
そうしたしかるべき体内環境のもとでは、免疫や代謝酵素など、体に本来備わっている修復機能が十全に保たれる。
そのため病気になることはない。
あるいは何らかの原因で例え病気になったとしても、前述の強力な修復機能が働き病気は即座に治る。

12 :病弱名無しさん:2013/03/16(土) 17:14:52.10 ID:DfONUQ5C0 ?2BP(0)
理論上は、人は何も食べなくても水と塩と光があれば生きていけます。
常在菌叢による栄養生成:光合成で生きていける可能性が高い。
http://ameblo.jp/nippys-fancy/entry-11227344730.html

13 :病弱名無しさん:2013/03/17(日) 08:58:57.26 ID:/oPWSECo0
>>12
まぁ実際何も食べず生きてる人いるしね
ttp://x51.org/x/images2005/sun_eater.jpg
ttp://www.sunyoga.info/image/swamiji.jpg

14 :病弱名無しさん:2013/03/19(火) 09:37:49.50 ID:HksL8uGaO
有益と思われます
http://www.jinsei.net/doctor.html
現代の食生活に警鐘を鳴らす

15 :病弱名無しさん:2013/03/20(水) 10:10:16.84 ID:WLw3sKWL0 ?2BP(0)
これはやり過ぎかもしれませんが、
なんと一日100キロカロリーの超小食を続け、
80歳以上生きた女性もいらっしゃるそうです。

16 :病弱名無しさん:2013/03/21(木) 21:13:22.97 ID:uSb7pLVH0 ?2BP(0)
適度な「断食」は細胞を目覚めさせる作用がある。
エネルギー源が補給されないことによって、
細胞が一歩「死」に近づくことになる。
すると細胞は生き残ろうと思って活性化する。
細胞が目覚める。

17 :病弱名無しさん:2013/03/22(金) 07:39:17.14 ID:9WwKUk+cO
現代の食生活の背景
http://www17.ocn.ne.jp/~n-food/background.html
今すぐ改善すべき「食に関する悪癖ワースト9
http://www.chiffonya.com/shop/kouza/titoku100.htm
本当は誰でも健康になれる!今すぐ実践12の凄い断食効果
http://thechange.jp/fast-6007.html

18 :病弱名無しさん:2013/03/22(金) 07:41:29.27 ID:9WwKUk+cO
酵素.com
http://www.ko-so.net/cat3/

19 :病弱名無しさん:2013/03/22(金) 09:22:48.14 ID:TKwjh9y+0
素晴らしい

20 :病弱名無しさん:2013/03/23(土) 12:32:25.33 ID:CfjHw42J0
自分は本当はしっかり食べて
みっちり筋トレしたいが
胃腸を壊して痛くて少ししか食べれない
40kg近く体重が落ちた
もとが食いすぎだったけど
それで腹壊したし
因果応報天罰自業自得身から出た錆び

くっそおおおお
バルクアップしてええええええええ

21 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 14:53:52.65 ID:sNgIgXyDO
ホルモン療法の権威として有名なレヴィ博士は「治療を行う前に絶対にしなくてはならない事がある、それは頭(意識を変える)と口(食事内容を正す)を正す事だ」と言います。

現在私達は自己治癒力を忘れ、あまりにも安易に薬に頼るようになってしまいました。 自らの生活習慣、食習慣の乱れに対する体の警告に耳を傾けるのではなく、体からの訴えを薬でかき消してしまう事で治癒を目指しているのです。

22 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 14:55:10.37 ID:sNgIgXyDO
全ての生き物は「自ら癒える力」を持っています。

その力を「外から削いでいないか」「邪魔をしていないか」という事を常に考えなければなりません。

慢性病の原因が食習慣や生活習慣によるものとの認識が高まり「成人病」と言う名称が「生活習慣病」に変更されるようになりました。

23 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 14:57:58.15 ID:sNgIgXyDO
医療技術の進歩・発展、医薬品の開発と研究が進歩しているのにもかかわらず、生活習慣病は驚く程増加しています。

その原因の1つが食習慣の変化です。昔は人々が口にする食物は生で新鮮な物であったり、今よりずっと硬い物であったり、消化出来ない繊維質を豊富に含んでいたりしました。

所が、現代の加工技術によって食物の大半は、加熱し柔らかくて、添加物を加え、口当たりの良い繊維質不足の物になってしまったのです。

24 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 14:59:35.40 ID:sNgIgXyDO
現在の医療が多くの時間とお金を費やしているのは「文明化された生活」から発生する生活習慣病です。

そして多くの人が、この原因である生活態度・習慣を変えようとせずに今まで通りの習慣を続け、医者に通い薬を飲み続け対症療法としての薬を飲み続けているのです。

25 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:04:16.33 ID:sNgIgXyDO
胃相と腸相

アメリカと日本で約30万人の胃腸や大腸を内視鏡で診察し治療をしてきた、新谷弘実先生はある大事な事に気が付きました。

それは数ヶ月から一年ぐらいで胃相や腸相がその人の飲み物や食べ物によって変化すると言う事です。
また、胃相・腸相が綺麗な人は胃腸の調子が良いというだけでなく、体全体が健康だと言う事です。

肉食を中心としている(高蛋白・高脂肪)アメリカ人の大腸は固く短くって、中が狭く、憩室(ポケット状の大腸の窪み)があり宿便の残存が多く見られます。

26 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:05:51.44 ID:sNgIgXyDO
そのような腸相の人の多くは大腸ポリープ、大腸癌と言った大腸の病気を発症しています。
年齢よりも老けていて、動脈硬化、高血圧、心臓病、糖尿病、肥満と言った生活習慣病や前立腺癌、乳癌なども患っていました。

一方日本人の腸相は1960、70年代の高度経済成長期を経て肉・牛乳・乳製品などの動物食の増加に伴いアメリカ人の腸相に似てきたのです。
そして日本人の腸相が悪くなるのと時を同じくして大腸ポリープ、大腸癌が急に増加して来たのです。
(1961年から学校給食で学童全員に強制的に牛乳を飲ませるようになりました。)

精製された穀物(白米・白パン・パスタ等)の多食の人には右側の大腸憩室、肉・乳製品の多食の人には左側の大腸憩室(特にS字結腸、下行結腸)が多く見られます。

27 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:07:14.61 ID:sNgIgXyDO
一方精精製されていない穀物、豆類、野菜、果物をよく食べる人はとても良い腸相をしています。
腸が非常に柔らかく、体全体も健康で見た目も若々しいのです。
皮膚にシミ・シワが少なく肌が綺麗です。

胃腸の状態は体の健康や寿命を映し出す鏡です。
良い食生活と規則的な排泄によっていかに綺麗な胃相・腸相を維持するかが健康と長寿の基本なのです。

いわゆる美食・飽食をしている人の胃相・腸相が例外なく悪い事は言うまでもありませんし、50・60代で種々の生活習慣病になり早死にする事になります。

28 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:11:10.62 ID:sNgIgXyDO
しかし長年続けてきた食物を変えた場合、新しい食習慣が大腸内の細菌叢に変化を及ぼすまでに3か月から半年以上はかかるようです。
腸の細菌叢が善玉菌に変化した指標としては、便が柔らかくなり、排便回数が増し(日に2〜3回)、腐敗臭つまり悪臭が消えた時です。

ビタミンB6の発見者であるポール・ギョルギー博士は大腸の正常な細菌叢の主な構成菌は乳酸菌であるとし、これが大腸内にしっかりと定着した時。
その肉体は長寿となり、疲労しても回復が早く、老化も遅く、肌が若々しく、成人病にかかりにくいと言いました。

29 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:13:41.73 ID:sNgIgXyDO
全ての病気はミネラルやビタミン等、特定の食物成分や繊維質の不足、または自然の防御菌(善玉菌)の叢など体の正常な活動に必要な防御物の不足から発生している。
そうなると悪玉菌が大腸で繁殖し、それによって発生した毒は血液を汚染し体の組織、腺、器官を徐々に蝕み破壊してゆく。

30 :病弱名無しさん:2013/03/25(月) 15:14:53.80 ID:sNgIgXyDO
フランスの細菌学者でありノーベル医学賞受賞者であるメチニコフはパリのパスツール研究所の所長として多くの研究を行った結果
「腸の内容物の停滞と腐敗が命を縮め、病気、早老、早死を招く」と断言しました。

アメリカ癌学会の会報には「近年、大腸癌のほとんどが環境上の要因によって生じる事が実証されている。
学者の意見の中で最も注目されているのは、牛肉等の肉食類が多くて繊維質が少ない食習慣のせいだと言う説である」と記されています。

31 :病弱名無しさん:2013/03/29(金) 08:48:52.40 ID:qF4sHYyM0 ?2BP(0)
上原美優さんの主食がお菓子だったとは驚きました。
本田美奈子さんも主食がクッキーだった事も…。
飯島愛さんは大のコンビニフリークでほぼコンビニでしか買い物をしなかったらしい。
斎藤一人さんは、自殺するのは精神の問題ではなく、栄養が足りないからだと書いています。
私もそう思います。

32 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 11:17:52.13 ID:VYlMDCVWO
酵素

栄養を取り入れるのにも、毒素や老廃物を排出して病気を治すのにも、「酵素」が関わっています。
酵素は、人間の体内には3000〜4000種類、量としては何十兆と、ほとんど無尽蔵にあると言われていました。

しかし、最近になって酵素を研究し続けていたエドワード・ハウエル博士は一生のうちで作れる酵素の量は、一人一人遺伝子によって決まっていて限界があると発表したのです。

33 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 11:19:41.92 ID:VYlMDCVWO
「体内酵素が欠乏した時こそ寿命の尽きる時」と言う人もいる事から体内酵素を出来るだけ消耗しない生活や食事が健康と長寿に大きく関ってくる可能性があります。

消化酵素をなるべく使わないようにする事で、酵素を節約すれば免疫力などの生命活動が活発になり、丈夫で長生きできると言う訳です。

34 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 11:21:05.79 ID:VYlMDCVWO
それにはどうしたら良いのでしょうか?

実は自分で作る以外にも外から補給する方法があるのです。

生命がある所、必ず酵素があると言われているように、自然の食品には自らを分解する酵素「食物酵素」が備わっています。この酵素を利用する事で人間の消化酵素が節約できるのです。

35 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 11:22:51.56 ID:VYlMDCVWO
生のものを食べる(新鮮な物)

しかし酵素は熱に弱い為、約48℃で死んでしまいます。

つまり、加工食品はもちろん、煮たり焼いたり、電子レンジで加熱する事で食物酵素は失われてしまうのです。ですから「生のもの」を食べるのが大切になってきます。

人間以外の野生生物は皆、獲物を生でそのまま食べていて、それが自然な姿なのです。

36 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 11:23:54.69 ID:VYlMDCVWO
火を加えると美味しく食べ易くなる事と引き換えに、蛋白質は変性し、脂肪は酸化し、ビタミンや酵素は壊れてしまうのです。哺乳類の身体は本来、火を使わない物を食べるのに適応しているのです。

37 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:00:45.14 ID:VYlMDCVWO
そして、野生の動植物を研究している科学者からは野生動物が癌、糖尿病、心臓病で苦しんでいるなどと言うような報告はありません。

38 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:03:57.55 ID:VYlMDCVWO
加熱食により食物酵素が破壊された食品が主体の現代人は、この食物酵素による自己消化作用が上手く機能していないのです。

これが特に動物性蛋白(肉など)が消化不良のまま腸に運ばれて腸内腐敗・異常発酵に繋がって行くのです。

39 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:14:40.61 ID:VYlMDCVWO
外部から補給するだけでなく、消費も減らす事も大切です。

食べ物を食べるだけで体内酵素は消化酵素として消耗されますから、大食や過食をしたり寝る前に食べると言う事は体内酵素を無駄に消費している事になるのです。

40 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:18:45.73 ID:VYlMDCVWO
少食が体に良いのは体内酵素が食物の消化に大量に使われずに、体の恒常性の維持や体の修復(免疫力や治癒力)に使われるからです。

一時的な断食により病気が改善する例が見られるのも体内酵素が体の修復に全面的に使われた為、病気が治癒したと考えられます。

41 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:35:58.77 ID:VYlMDCVWO
これらを若年期から毎日大量に摂っていると体内酵素の消耗は急速に進みます。

もともと人間は植物食の摂取に適応した消化機能を持っている為、大量の動物食を完全に消化する事は出来ないのです。

42 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:39:11.96 ID:VYlMDCVWO
このように加齢に伴う病気の大半は避けられない物ではなく、酵素の不足による消化不良、異常発酵により生じた腸内の毒素や老廃物によって身体に負担をかけ過ぎる事によって生じた結果と言っても過言ではありません。

43 :病弱名無しさん:2013/03/30(土) 13:46:59.27 ID:VYlMDCVWO
日本の土を踏んだフランシスコ・ザビエル神父は本部あてに次のような手紙を出していました。

日本人は自分たちが飼う家畜を屠殺することもせず、またこれを食べもしない。
彼らは時々魚を食膳に供し、ほとんど米麦飯のみを食べるが、これも意外に少量である。
ただし彼らが食べる野菜は豊富にあり、またわずかではあるが果物もある。それでいて日本人は不思議なほど達者で高齢に達する者も多い。
従って、たとえ口腹が満足しなくても人間の体質は僅少な食物によって十分な健康を保てるものであることは、日本の場合によっても明らかである。

44 :病弱名無しさん:2013/03/31(日) 16:38:48.22 ID:7H9Y4mloO
世界中の、季節はずれの、手の込んだ(食べ物そのものが持つ味を邪魔した)食べ物を食べる事が豊かな食生活と錯覚し、いつの間にか健康が損なわれています。

自然界の動物達がそうであるように「人類も其々が居住する風土の伝統的な食生活をするのが望ましい」と食養界の先人達は説いてきました。

45 :病弱名無しさん:2013/04/04(木) 13:25:44.96 ID:+FW/qSV4O
食と健康
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/445263/432932/category

46 :病弱名無しさん:2013/04/12(金) 14:26:46.65 ID:hQj9TRoi0 ?2BP(0)
スペインの老人ホームで、1800kcalの食事を毎日与えたグループと、
1800kcalの食事と水断食を一日おきにさせたグループを比べたところ、
後者の老人達が圧倒的に長生きしたという。

47 :病弱名無しさん:2013/04/14(日) 21:56:43.50 ID:ntgV5Ufk0 ?2BP(0)
●「腸内細菌が牛!? 20年間青汁だけを飲み続ける女」
大阪に暮らす51歳の女性。
彼女は歩行などの日常の行動ができなくなり、
やがて寝たきり状態になる「骨髄小脳変性症」を患っていたのだが、
現在はすっかり元気になっている。
そんな彼女の元気の素となったのが“青汁”!
彼女は1日青汁1杯の食事だけで、20年間生活を続けているというのだ。
これぞ超菜食生活!
さらに驚くべきことに、この食生活によって彼女の腸内は人間離れし、
牛並みにたくさんの腸内細菌であふれていたという!
これは一体、どういうことなのだろうか?
http://www.tbs.co.jp/program/syndrome-x_20130414.html

48 :病弱名無しさん:2013/04/17(水) 18:11:29.90 ID:48k8Snsq0 ?2BP(0)
不食に生きる生き方
http://www.gai-kikou.jp/blog/%E6%83%85%E5%A0%B1/553/

49 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 06:33:40.39 ID:VmU+YnLP0 ?2BP(0)
ルイジ・コルナロの「無病法」を読んで
今日は食事を極力へらしてみた
午後の眠気も全く無くて疲れ知らずだった
課題は夕食時の食欲だな

50 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 06:38:41.56 ID:s3zZsX/z0
>>47
青汁だけってエネルギー少なすぎて体温維持できない。
電気換算で1〜2Wなんて冷血動物でもなきゃ無理。

51 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 05:52:56.33 ID:XnudbxtM0 ?2BP(0)
25〜34歳 3人に1人が朝食抜き 昼抜き率も高い 1日2食の傾向
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/12/21/kiji/K20121221004822840.html

52 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 19:49:56.53 ID:5/GoaU1X0
>>51
大抵、コーヒー飲んだり、砂糖はいったジュース飲んだりしてるだろ
ああいうのも食事と変わらないことをわかってない
間食いれたら大抵4,5食食ってるのが現代人

53 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 20:00:00.81 ID:5/GoaU1X0
>>6
豆は有害だから発芽させてスプラウトで食ってるね
豆バリバリ食ってる奴はマクロビとかで、ガンで早死にしてる

54 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 20:02:28.66 ID:5/GoaU1X0
ルイジ・コルナロの時代は清涼飲料水も、化学調味料などの食品添加物もなかった
少食でも加工食品食ってる奴はアウト、早死する

55 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 20:37:31.48 ID:5/GoaU1X0
>>6
バカがわかってないことは、こういう長寿地域って
大抵の食物を自給自足でまかなってる地域が多くて
木の実とかアボガドとか、年がら年中なってるわけではない
畑の作物だってそう

じゃ何食ってるかってーと、備蓄した穀物とか
自然に生えてる野草を食っている
こんなHPに箇条書きしてたら、
知能のたりん連中は勘違いした解釈しはじめるから
注意書きしておく

56 :病弱名無しさん:2013/05/03(金) 04:25:29.52 ID:obMI6HWE0
太く短くか、細く長く生きるかの違い。
生物としてどっちがいいか、
動物としてはどうか、
それも
 人それぞれの価値観によるので、
いわゆる先進国のように
人間としてどう生きるべきか哲学的な価値に重きを置く魂もある。

世界人口の割合で言えば、哲学的人数は少数派だろう。
しかしながら、その少数派が間違いに支配されているので
絶対多数が貧困や飢餓、混乱や紛争に巻き込まれている。

ちょっと断っておきたいのだが、「特定の国が悪い」という風説は問題で、
一つの国の中に 悪人と支配される民衆が存在することで

この問題が高じた時に
 悪い支配者が問題から逃れるために責任転嫁で行うのが戦争だ。
 その結果命を失うのは被害者である民衆で、殆ど悪人はちゃっかり生き残る。

57 :病弱名無しさん:2013/05/04(土) 17:31:48.20 ID:gTKRn5i90 ?2BP(0)
煙草を吸う人を採用しない企業が増加中らしいね。
喫煙者は企業イメージの悪化にも繋がるからね。
http://hamusoku.com/archives/7858940.html

58 :病弱名無しさん:2013/05/05(日) 09:45:27.36 ID:uXXYUkFq0
一日15分だけ食べる
断食日も作る

59 :病弱名無しさん:2013/05/16(木) 15:02:54.09 ID:iD5oOG9v0
てst

60 :病弱名無しさん:2013/05/22(水) 14:26:31.41 ID:BXcmIkXr0


61 :病弱名無しさん:2013/06/04(火) 06:09:39.11 ID:mXIhnH2J0 ?2BP(0)
食事減らしています・・
http://ameblo.jp/flower-plant-mahogany/entry-11543253230.html

62 :病弱名無しさん:2013/06/25(火) 10:32:18.57 ID:Af7ecCiA0
ここに来て誰とも話さず一日中部屋におる奴って何考えてんの?
働けや

63 :病弱名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:+r6xAchl0
「Nothing to lose!」

64 :病弱名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:rIYSmkhk0
ほす

65 :病弱名無しさん:2013/09/13(金) 09:17:15.10 ID:9YJBcs6f0
>>62
つ鏡

ま頑張ってね 幸運を祈るよ

66 :病弱名無しさん:2013/09/29(日) 18:23:08.14 ID:pNYm9PTi0
てst

67 :病弱名無しさん:2013/10/12(土) 00:32:06.96 ID:V8LNjrvm0
「美味いものは身体に悪い」
それが真理です

68 :病弱名無しさん:2013/11/27(水) 00:50:05.81 ID:h+CrGGar0


69 :病弱名無しさん:2013/11/27(水) 01:12:49.04 ID:WlRE1lM/0
本当に身体に良い物は、物凄く高価
か違法か、食べると太る

70 :病弱名無しさん:2014/02/03(月) 07:34:14.43 ID:lhjiutUf0
カソスレアゲ

71 :病弱名無しさん:2014/03/22(土) 03:55:54.01 ID:Lvr/9as30
>>6
あの菜食主義で有名なスティーブジョブズでさえ若くして亡くなったというのにアホかと。
ようは長寿なんて体質なんだよ。遺伝だ遺伝。
なので人によっては菜食や少食が向いてる人もいればそうでない人もいるだけのこと。

72 :病弱名無しさん:2014/03/25(火) 06:52:18.15 ID:UGse0gw20
>>71
アホ
寿司が大好物のジョブズが菜食なわけないだろ
ジョブズはラクトオボベジタリアン(似非ベジタリアン)
似非ベジタリアンは、早死菜食団体マクロビオテックの影響で
昔のアメリカ人に多い

より厳格なヴィーガンとベジタリアンを区別するのは
マクロビに騙されて早死者が続出して学習してのこと

73 :病弱名無しさん:2014/03/25(火) 06:54:27.23 ID:UGse0gw20
ワイン大好きの糖尿男、齋藤匡章小便ちびって真っ青(笑)

アル中ワイン女、川島なお美、ついにガン発病
ちなみに川島の夫は糖尿病で失明、アワレすぎるwww

川島なお美、1月に肝内胆管がん手術していた…「FLASH」報じる
がんの手術をしていたことが分かった川島なお美 女優の川島なお美(53)が
1月下旬、肝内胆管がんのため、都内の大学病院で約12時間に及ぶ
手術を受けていたことが24日、分かった。25日発売の「FLASH」が
報じている。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)