2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

基地外は天才の卵

1 :かわいい基地外:2013/04/12(金) 08:29:07.88 ID:m7lsSSd+O
人生に希望を全くなくしたメンへラさんに希望を持ってもらうスレッドです

2 :病弱名無しさん:2013/04/12(金) 08:34:00.51 ID:D2rxmfvXO
メンヘルでやれやカス刈り上げ豚

3 :病弱名無しさん:2013/04/12(金) 17:08:17.52 ID:m7lsSSd+O
メンへラなる人間は素質や環境でメンへラになるんだけど悪いことばかりじゃあない。
普通と違う精神活動が時と場合でメンへラか天才として現れるんだな。
ジキル&ハイドて感じ。
たいてい出世するか駄目になるか極端な人生だな。

4 :病弱名無しさん:2013/04/12(金) 20:28:17.52 ID:ia2usGJz0
メンヘラーなだけでは天才にはならないと思うが。
何らかの才能とメンヘラーが結びついてなる。

5 :病弱名無しさん:2013/04/13(土) 07:59:43.25 ID:qt10D9c+O
いいえ
基地外は基地外ですよ

6 :病弱名無しさん:2013/04/14(日) 22:53:18.22 ID:OD2oVWmBO
多くの場合は基地外性はないと天才は難しいな。
要するに卵のまま終わるかどうかだけ。

7 :病弱名無しさん:2013/04/15(月) 21:08:16.21 ID:YrOGjY8C0
一般人の数>>>メンヘラの数>基地外の数>天才
一般人より近いが壁は厚いぞw

8 :病弱名無しさん:2013/04/15(月) 22:44:35.60 ID:Jd0nVF8R0
神は気違いに見えて当たり前

9 :病弱名無しさん:2013/04/15(月) 23:10:57.56 ID:krfxMpAGO
頭の良し悪しなんて簡単にわからんて。
能力を出すにはモチベーションは欠かせん。
でも人間全員が興味を持つテーマなんてないて。
よって比較自体が完全無意味。
能力あってもモチベーションゼロなら成果もゼロ。

10 :病弱名無しさん:2013/04/16(火) 06:09:16.31 ID:tIYChCCci
2ちゃんにはびこる基地外は総じて馬鹿ばっかりだぞ

11 :病弱名無しさん:2013/04/16(火) 11:33:21.23 ID:Kgq5K90AO
精神疾患は個人の現状もしくは環境適応力の不足だろ。
それが偉大な才能に起因するか、単なる適応力の不足かを見極めるのは人により容易くない。
逆に言うと場合により疾患を治してしまうと偉大な能力を喪うことになるだろう。
それが人々に役立つものなら治らない方がいい場合もあり、それが天才の宿命だな。
別に慰みを奪うつもりはないが、普通は絶対治さないと不幸で希望にはならないだろ。

12 :病弱名無しさん:2013/04/16(火) 19:18:10.78 ID:Jaw9u6gT0
きちっぽいやつはメンタル弱いだけにすごい優しいやつ多いと思う
弱さのためにちからを出せないんだなあ
いいところたくさんあると思う
本当に悪いことや迷惑なことは優しいやつにはできない

13 :病弱名無しさん:2013/04/17(水) 03:27:15.42 ID:XptjIbFA0
あたま良すぎるとなるってよく聞くけどほんとうか?

14 :病弱名無しさん:2013/04/17(水) 05:33:40.79 ID:SQyYJm6c0
昔からバカは精神病にならないともいわれる。
一方で精神病者に天才がいるから無関係ではなさそうだな。

15 :病弱名無しさん:2013/04/18(木) 14:40:33.19 ID:Lqb2QxS5O
メンタル病む人間は二種いるね。
自分たちが壊れる人間、社会を壊す人間
ともに一般社会の規格外だね。
でもこういう人間がいないとサルはサルのままで終わっていたでしょ。

16 :病弱名無しさん:2013/04/18(木) 21:00:55.92 ID:4UqmTyx+0
尋常でない悩みは毒にも薬にもなるんだろうなあ

17 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 03:07:19.91 ID:0NADTsoK0
レアケースでのビビリを基地が居にされたのでは
たまったものではない

18 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 03:15:28.35 ID:gTCJnkwG0
孵化しないで基地外のままで終わる卵の方が圧倒的に多いんだよね

19 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 04:23:27.12 ID:0NADTsoK0
レアなキモ屋に迷い込んだ人を基地が居扱いとは
これ如何に、

20 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 11:03:43.17 ID:3Avyj11vO
人類はみな兄弟姉妹です

21 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 13:52:26.96 ID:UQPIW+z40
具体的には誰?

22 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 18:24:17.99 ID:poPTgRwsi
君さ

23 :病弱名無しさん:2013/04/19(金) 20:43:01.80 ID:JZdKzrBx0
悪魔はもと天使だっけ?逆だっけ?

24 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 20:27:24.30 ID:84s3Tjfm0
あんた、基地害だって?
やるじゃないか!

25 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 21:02:48.08 ID:4E7AWx3jO
オレは天才と思われてるが気は確かだぜ

26 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 21:05:21.59 ID:eY5W/0Qe0
>>23
大まかだけどキリストだと天使が神に逆らった事で堕天して悪魔扱いになったね。
ルシフェルがルシファーになった。
関係ないけど天使はだいたいルで終わる名前が多いね。

27 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 21:52:13.13 ID:uMxxzvVO0
ルシファーてのは別名 大淫婦 だろ欧州用語では

28 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 21:57:10.73 ID:b5DH1pVa0
ルっていうか<エル>が天使

29 :病弱名無しさん:2013/04/20(土) 23:12:43.43 ID:XWk3qHq60
エンジェル だからか

30 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 08:00:51.60 ID:9u48Jzpi0
エルサレムでルシファーを見た人って居るの?
架空?

31 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 11:03:27.51 ID:Uh65pChxO
you must be angel

32 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 17:21:58.25 ID:xh47SWrl0
>>30
俺、エルサレム在住のルイ・サイファーだけど、何か

33 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 18:34:20.16 ID:S/vzmUi70
3大宗教の聖地でドンパチ多いからヤバイだろ
エルサレムは 「俺は天才だ」の三者で

34 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2013/04/21(日) 18:37:25.33 ID:TA5KVouZI
まさに、基地外いるお

35 :病弱名無しさん:2013/04/21(日) 21:20:26.51 ID:9u48Jzpi0
エルサレムは北からは欧州十字軍が来るし、南からは黒ちゃんが来る
東からはイスラムゾンビも来る。昔から荒れて妄執だらけ、師忍の、

36 :病弱名無しさん:2013/04/22(月) 10:35:46.87 ID:tzcn93yv0
エルサレムは民族文化交点と絶え間ない宗教戦争で常に精神圧迫があるから
基地が居、テロ犯、塩似棲む、ジェノサイド、枯れ人間、色情狂、戦争狂、
暴言人間、乞食、ファシスト、霊障、信仰狂なんかが出る。

亡命外国移住ならオランダかベルギーが一番住みやすいらしい。

37 :病弱名無しさん:2013/04/22(月) 20:37:11.80 ID:Ioxp0cxn0
基地外は基地外だよwwwwwww

38 :病弱名無しさん:2013/04/22(月) 23:07:20.31 ID:JwRVxFQy0
カバゴンは着違い、天才?

39 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 01:24:31.75 ID:R2hU1W2yO
キリストほどの天才は本当は実在しねえんじゃ?
実在したならたぶんメンヘラの王

40 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 02:28:54.16 ID:MnOom1+c0
>>39
あれは教会というシステムを考えた人間に
ただ担ぎ上げられただけ。

41 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 04:18:50.21 ID:Q8jYQ2aq0
キリストが全人類の罪を背負って死んでくれたから人間はキリストを
信仰せねばならん。人間の力は在り得ない,がキリストだろ。他力本願似

42 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 07:44:48.30 ID:4cv+3PVii
2ちゃんで暴れる基地外は普段大人しくしてる猛烈なバカ。

43 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 16:47:05.54 ID:cwACqA3E0
それにしても過去を問わないシステムにしろ
現時点での秩序は必要だろ。

44 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 20:53:36.71 ID:As9GTo+S0
悩みは人間を大きくする
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
な〜〜〜んちゃって

45 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 22:20:30.60 ID:ZZYLpE2T0
エルサレムなんて60年代からはユダ公が乗っ取ってんだろ。
キリスト聖地、ムスリム聖地なんて建前だけ。

だいたいユダったってアシケナージちゅーのはイランの上の方の
ハザール人でニセの二番煎じユダ。

そんでああいう所は怨嵯の溜まり場。移り住む所ではない。
日本人の価値観でああいう所の宗教を希望的に解釈したって
ああいう人工人造宗教はな・・・

民主主義が徹底しているのはオランダ アムステルダムか
ベルギーのブリッセル。住み易さも格段らしい。

46 :病弱名無しさん:2013/04/23(火) 22:27:53.87 ID:ZZYLpE2T0
パレちゃんなんて入植ユダに土地を追われて
泣き叫んでゲリラやるけど、入植地のユダ公らの建設現場では
日雇いを平気で請け負うんだよ。
「オレらは惨めだ」なんて言いながらも。

駄目だね。そんなんだからユダ公に金多摩握られるんだ。

先住民としてのプライドは無いのか?
パレちゃんの目先話しを聞くとがっかりだ。

47 :病弱名無しさん:2013/04/24(水) 16:10:56.07 ID:qB5hU+ErO
基地外は天才の玉子というより、二者は酷似しているから天才なのに基地外に見えるだけだろ。
ただのホラ吹きの汚いコジキが実は歴史的指導者だったように。

48 :病弱名無しさん:2013/04/24(水) 21:11:21.54 ID:u0898nr10
エルサレムは三大宗教の聖地、は歴史で教わるな
 ユダヤ教:排他独善、イスラム教:戦闘的、キリスト教:キリスト馬鹿だった説、
 昔はヨーロッパから大規模な十字軍が侵攻して来て蹂躙もされたな、

49 :病弱名無しさん:2013/04/25(木) 11:39:58.66 ID:CGPeokl+O
メンヘラはある意味神と同類と思ってよい

50 :病弱名無しさん:2013/04/25(木) 20:13:41.76 ID:DlIGWLgt0
ふぁい?

51 :病弱名無しさん:2013/04/26(金) 02:53:47.36 ID:SmBg/j9S0
天才っていう人々は一般人が考えるものとは概念が違う。
一般人は天才を優秀な人の中でもまた特別優秀な人と思うことが
多いけど、科学的には別の種類の人々と考えられている。
天才は精神病んだ人が多いのが特徴だね。
ところで神に精神てあるのかね?

52 :病弱名無しさん:2013/04/26(金) 10:18:18.30 ID:6UjdhKAK0
そう、日本で云う特別に優秀な人というのは天才ではない。
単に西欧基礎学問の上部だけを効率良く成績納めってだけの話。
あくまで平均値無難人間。

天才はインスピレーションが凄い。
ハイネマンって言うアメリカの航空機設計師は一晩の思い付きで
ベストセラー飛行機を全部一人で設計する。
70年代まで使われたレシプロのスカイレーダーなんかそう。

53 :病弱名無しさん:2013/04/26(金) 22:25:52.34 ID:nbKt/uQCO
天才の定義はいろいろあるが、だいたい精神的には普通の人間でないといわれるな
これがただのオナニースレか建設的スレかは知らんが

54 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 10:53:52.54 ID:ipzI83iB0
天才は社会の役に立つ変人

役に立てなければただの変人です

55 :病弱名無しさん:2013/04/27(土) 23:24:33.86 ID:Ci36xMHGO
新興宗教でも始めればどう?
三大宗教も初めはみんな新興宗教だからさ

56 :病弱名無しさん:2013/04/28(日) 01:44:37.01 ID:pCuFlAEC0
強靭も天才もなろうとしてなれるもんじゃない。
だから治すというか変えるのは簡単じゃないだろ。
イエスも釈迦もその他の偉人も気付いたらそうなってたんだろ。
天才は狂った蟻地獄の混沌が解ける時に何か掴むのかもな。

57 :病弱名無しさん:2013/04/28(日) 21:40:33.95 ID:wHTs9BQDO
基地外って何を基準にしているんだ?
マイノリティが基地外とは限らんな
多数が誤りのことだってある

58 :病弱名無しさん:2013/04/30(火) 08:49:20.01 ID:fM73w1xiO
神様を神様とわかるのは同じ神様ぐらいなものだからな

59 :病弱名無しさん:2013/05/01(水) 12:22:44.12 ID:H6U2rTyN0
基地が居を止めているのは偶然とか成り行きが多いな。
誰だって箍一つ外れれば基地が居化が有り得るはずだ。
天才は天の才だから神が掛る能力が無いと成れないが、
逆にそういう人は神が掛る分、共に魔も掛り易いんだよ。

60 :病弱名無しさん:2013/05/01(水) 12:34:03.49 ID:xpg+wtn30
天才=既知外=吉外だな

61 :病弱名無しさん:2013/05/01(水) 15:01:29.48 ID:VefDI0EM0
バカボンのパパやはじめ、ノイマン、ライプニッツは超秀才(普通の人)
ニュートン、ダーウィン、ダビンチ、キリストは天才(病人)
アインシュタインは病んではいない珍しいタイプの天才

62 :病弱名無しさん:2013/05/01(水) 16:15:09.72 ID:hTuEZgfOO
固執性が何かを成し遂げる原動力となる。
天才は普通の人がもうその辺でやめればいいのにと思う所でやめないので、基地外じゃねえのコイツと思われてしまう。

63 :病弱名無しさん:2013/05/02(木) 00:29:34.66 ID:bNiEDOscO
才能+執念+努力+運=天才
どれかが欠けると病気かキチ
こうじゃないかな。

64 :病弱名無しさん:2013/05/02(木) 20:32:05.54 ID:9UpVeiDg0
健全な精神は健全な肉体に宿るいうから
体びしびし鍛えるのはやはりいいと思うねん。
天才は頭ばかりめちゃ使いすぎるんよ。
才能ないと思うたら、からだ鍛えた方がいいんね。
そしたら病気ならんですむねん。

65 :病弱名無しさん:2013/05/02(木) 21:59:48.34 ID:y8ibG4oC0
一番基地が居はノイマンだよ
このパソのCPUはノイマンだが黄色には本解明ムズイらしい
アインは一万年前の復刻をしたまで、一万年前には核センソは在った。

66 :病弱名無しさん:2013/05/04(土) 20:20:28.93 ID:H+zFvN7M0
天才は新しい価値観などを創造する人
狂っているくらいでないと無理ですよ。
引力、時間の遅れ、素晴らしい発明、理解しかねる絵画、感動的な曲・・・・・
単なる優れた能力とは別の能力
能力が狂わせるのか、狂いが能力に繋がるのか
たぶん両方なんですよ。

67 :病弱名無しさん:2013/05/04(土) 23:33:48.61 ID:klELfZZo0
天才でも悩みはあるぢゃろ。
ケコンがしたければ神に頼め。神だ。
医療関係者の神は奈良の大三輪神社ぢゃ。出雲でも同じぢゃが、
医師・看護師・薬剤師・レントゲン技師が参拝ぢゃ。

68 :病弱名無しさん:2013/05/06(月) 22:01:09.24 ID:0ueJHypyO
天才のDNAは受け継がれても天才ができる可能性は限りなくゼロに近い
キチガイのDNAを受け継げば天才ができる可能性はある
キチガイを選んでみたらいかが?

69 :病弱名無しさん:2013/05/07(火) 06:51:52.71 ID:Z6eQ31PEO
脳も立派に身体の一部な
中には筋肉質もいるだろ
まあ出来は体質というか生まれつきだな

70 :病弱名無しさん:2013/05/07(火) 22:13:01.42 ID:JIeitcRl0
所詮、人間の能力には限りはあるだろ。
アインの原爆だって厳密に言えば開発ちゅーより復刻。
人類は一万年周期で隕石や核センソで滅びちゃー復活
を繰り返しているらしい。高度化の極地で必ず滅びるらしい。

71 :病弱名無しさん:2013/05/08(水) 22:41:56.33 ID:/4Z0+p62O
プラトンは言ってなかった?
天才はきちがいの皮を着ている。

72 :病弱名無しさん:2013/05/09(木) 07:44:47.44 ID:m6JNK+wo0
天才とは真似できない特異性のある人物。
そのため頭がおかしいとか劣ると思われる。
新しい発見や発明、方法、思想などは彼らには普通のことである。
しかし普通の人にはすごいと思われる。
従って彼らにはその方が不思議である。

73 :病弱名無しさん:2013/05/10(金) 22:07:42.00 ID:gsI70Q75O
天才は芯は内向型のエジソンや信長みたいなのが
基本形だから風変わりで病気にもなりやすい

74 :病弱名無しさん:2013/05/12(日) 11:16:31.99 ID:bSpfwS/TO
OH!NO!

75 :病弱名無しさん:2013/05/13(月) 12:22:21.86 ID:ZZZQgez/O
だいたいが人間に与えられる運の総量は格段には変わらない。
格段に突抜けた才能を持てば反面精神面肉体面で大きな欠陥も持っていることはよくある。
精神面肉体面で大きく欠陥があるのは何らかの大きい才能も秘めているのかも知れない。

76 :病弱名無しさん:2013/05/15(水) 11:53:35.13 ID:06LBbEIB0
キリストは天才の特性故に弟子たちにはあまり好かれてはいなかった。
このことが結局は中の一人の裏切りを生んだ。動機は金銭ではない。
天才は通常周りとはうまくいかない。
その独自性に伴う気質、性格では周囲や世間には融和しないからである。
弟子たちはその欠点を超える素晴らしさに気づいた人々である。
病気になる気質、性格も時には大きな仕事の源泉となる。

77 :病弱名無しさん:2013/05/17(金) 11:48:14.29 ID:WE6p72onO
健康に対する考え方が一番大切ですね。
身体も心も個人個人異なり快調不調があり当り前なのです。
不調といえども自分にとっては決して病気ではありません。
天才も秀才も健康も障害ももともとそういうものに過ぎないということです。
人為でなるものではないのです。

78 :病弱名無しさん:2013/05/19(日) 12:17:27.71 ID:DOTWVwgf0
ウルトラCができる奴が天才なんじゃないの?
神様に近い。

79 :病弱名無しさん:2013/05/20(月) 07:16:28.86 ID:lt82mILkO
天才も努力はするけど努力でなってるんじゃないなあ。
努力でなるなら秀才と同じくらいいるはずだもん。
アインシュタインは何十万人もいないし。
この人は精神は一応まともだけど言語が不自由だった。

80 :病弱名無しさん:2013/05/20(月) 11:02:42.96 ID:jR9FCJ6a0
言っとくがアインシュタインの場合、大物理学者ってことに
なってはいるが、宇宙空間での星同士が引きあう原因真相は
ニュートン古典力学説もしくは最新の電荷滞留超電導説もあって
特殊相対性理論が絶対で100%確証ってわけでもねぇーんだぜ。
学者として持ちあげる政治力要素だろ、人間社会の。

81 :病弱名無しさん:2013/05/21(火) 01:55:01.15 ID:J0yY6mp+0
わたしは天災である
汝ねむることなかれ
ねむると災いが降るであろう

82 :病弱名無しさん:2013/05/21(火) 20:04:21.05 ID:ONdj5j8s0
英才教育は出来ても天才教育は出来ないぞ。
秀才を超える英才は見つけまた教育出来ても
天才を見つけまた教育するのは難しいっての。

83 :病弱名無しさん:2013/05/22(水) 01:43:13.38 ID:U5VnUgNY0
天才って言われている人間って私生活面では滅茶苦茶だったり
世間一般常識的にはまぁロクなモンぢゃねぇー評価だったりもする。

まぁその世間一般常識ってのもいい加減なモンだが。

84 :病弱名無しさん:2013/05/22(水) 23:29:14.61 ID:cl8n/uSa0
天才が上司や同僚だったらものすごい憂鬱だろなw

85 :病弱名無しさん:2013/05/24(金) 10:58:49.49 ID:9Lm9+pYC0
傍から見てりゃーウザくて気色が悪いだけ
自分は天才とでも思ってやってるんだろうが
だいたいそういう類は見ているだけですぐに飽きちまう

86 :病弱名無しさん:2013/05/24(金) 21:27:08.48 ID:eFNasGfW0
世間には自分で天才と思うやつって多いなwww

87 :病弱名無しさん:2013/05/25(土) 09:58:53.55 ID:B3yPdRFjO
天才にも優秀さは必要なれど万事にそつない優等生ではまずなれないだろな
基地外に刃物、才能に基地外ってこと

88 :病弱名無しさん:2013/05/25(土) 10:19:17.22 ID:B3yPdRFjO

基地外に才能

89 :病弱名無しさん:2013/05/25(土) 10:38:09.07 ID:C003Emor0
選ばれた存在と自負してる人
現実はつまはじき

90 :病弱名無しさん:2013/05/25(土) 21:28:43.85 ID:1od7hw8o0
昔は天才は無能者らから足を引っ張られて60%以上能力は出せなかったけど
今は無能者は即座にリストラされて天才に500%能力を出させて利益も授ける。
天才は益々利益を得て富んで、無能者は飯すら食えない格差の時代。

91 :病弱名無しさん:2013/05/26(日) 08:57:46.69 ID:HYfi4KQ20
今は天才で億万人間に成るか、凡才並平未満で度貧乏に成るか
二つに一つ。この兆候はバブル末期には出ていたが、小泉・竹中で
大きく助長。今の橋本なんかもその類。今度来るTPPはアメ並みの資本主義。
平均を尊ぶ社会主義的要素はとっくの昔に死んでいる。馬鹿は市ね、になる。

92 :病弱名無しさん:2013/05/27(月) 05:27:04.01 ID:nDguplufO
わたしは30年前から社会は二極化する
ことがわかっていましたよ

93 :病弱名無しさん:2013/05/28(火) 18:59:14.18 ID:OMlxYkhqO
基地外も天才も他人には見えないものが見えるのかな?
だから中には妄想抱く輩がいる。
時空が科学的に歪んで見えればアインシュタイン、
ものが絵画的に歪んで見えればピカソ、
敵の動きが戦略的に歪んで見えればジンギスカン。
たぶん元の原因は脳みその仕組みにあるんだな。

94 :病弱名無しさん:2013/05/29(水) 09:33:43.53 ID:BJyynPF20
何某かの能力がある者は、今は基地が居に成ってもいい時代。
和を尊ぶ、とか、平均尊重、の社会主義はもう死んだのだよ。

漏れは年収2000万選手ばかりの職場でも「和」なんか尊ばなかった。

そんなわけのわからん雲孤とか穀潰しに義理立てなどせんわ、
雲孤を平気で喰うような職員もな、

95 :病弱名無しさん:2013/05/30(木) 08:25:50.24 ID:RkZuoy34O
社会に革命をもたらす天才的基地外と単に野心から変わったことをする基地外とは全然違う
本物の天才はやはり脳がおかしいと思う

96 :病弱名無しさん:2013/06/02(日) 00:03:12.59 ID:2GsNaklj0
頭の良さにはいろんなタイプがある。
勉強は代表格であるが、その一つに過ぎない。
天才はそれを証明する。
万事かくのごとし。

97 :病弱名無しさん:2013/06/05(水) 02:56:23.95 ID:pfBag6Qs0
つきあってストーカー化した男の子が、宇宙や命や

98 :病弱名無しさん:2013/06/05(水) 03:00:02.76 ID:pfBag6Qs0
まちがえた、すいません
付き合ってストーカー化した男の子が、
すごく変わってて、
宇宙やら生命の繁栄やらに詳しく、
毎日が記念日だとか言いながら一人で失笑したり、何にでもあだ名をつけて、
本人にしかわからない言い回しの会話しかできなかったんだけど、
音楽の才能ありすぎて、バッハみたいな曲を書いてたよ。
ラテン語のように音符を並べただけだと言ってた。

99 :病弱名無しさん:2013/06/05(水) 22:54:29.65 ID:VqXiKL+nO
布団最強!
かぶってよし
かけてよし
巻いてよし

100 :病弱名無しさん:2013/06/06(木) 00:18:27.27 ID:Fnn8/Tor0
そういや運動の天才っての聞いたことねな
運動神経は天才っていわねの?

101 :病弱名無しさん:2013/06/07(金) 01:13:13.78 ID:sxzcfoPI0
成田山なんかに居る勢高童児とセクスするほどサドだよ
ホントの天才ワ

102 :病弱名無しさん:2013/06/07(金) 20:25:16.71 ID:Ex1rBQAd0
あほか?普通人が天才を語っても意味ないは。
わからなかったことが真にわかるわけない。

103 :病弱名無しさん:2013/06/08(土) 01:08:57.92 ID:FfmDIdSVO
ぐちゃぐちゃやなあ

104 :病弱名無しさん:2013/06/08(土) 16:31:52.13 ID:gOL0VkuA0
気t外ってさ
わたしは天皇や国王の一族
とかいうやつ?

105 :病弱名無しさん:2013/06/08(土) 22:49:04.23 ID:+7GfQsxX0
キチガイには種類があんじゃあね?
凡夫には見分けることできんとかよ
そんなもんね

106 :病弱名無しさん:2013/06/10(月) 09:34:40.88 ID:ExNFiRQIO
ママー

107 :病弱名無しさん:2013/06/11(火) 12:28:14.87 ID:X48P1XrbO
研究の結果、天才も精神障害の能力と理解されている。

108 :病弱名無しさん:2013/06/11(火) 13:47:25.72 ID:aeErpU6s0
天才を見抜く人のがスゴイけどな

109 :病弱名無しさん:2013/06/11(火) 17:01:01.01 ID:Sr8GxT0WO
オイラは左利きチック症ADHDを持ち合わせている無能な基地外
女の画一性もうざいと思う。
画一性を重んじるのは同性に対してにしてもらえないか

110 :病弱名無しさん:2013/06/12(水) 23:31:23.95 ID:mU0QFI3p0
天才は理解してくれる人がいて初めて天才とわかる

才能を見抜く人がいなければ天才も基地外もかわらない

111 :病弱名無しさん:2013/06/13(木) 13:05:28.52 ID:IdxRw29c0
天才はキチガイじみてても後から何かしらの結果というか実績が付いてくる。
亡くなって何十年経とうがそれで覆されると思う。
キチガイはキチガイじみてるオンリーだと思う。

112 :病弱名無しさん:2013/06/13(木) 16:11:08.34 ID:YjRYenTd0
http://www.youtube.com/watch?v=HWAjRnV0oyU

「私は 私は 」

113 :病弱名無しさん:2013/06/14(金) 01:20:20.13 ID:55YcRbyEO
キチガ~イかあ〜
不健康そうだなあ〜
肉体疲労にアリナミンだ〜

114 :病弱名無しさん:2013/06/14(金) 15:01:03.10 ID:HRXu0Ohn0
その道の才能家のごく極めて一部がそのすごさを理解できるのだと思う

115 :病弱名無しさん:2013/06/14(金) 20:52:23.28 ID:C+VJxaVU0
チョイ秀才などにスゴイと思われた段階で天才とは縁がない

116 :病弱名無しさん:2013/06/14(金) 22:33:45.78 ID:t89DwCF10
http://www.youtube.com/watch?v=5UtVwMd-Ri8

誰でも多少は狂ってる

117 :病弱名無しさん:2013/06/15(土) 12:22:02.66 ID:yOCuJYq/O
非常にすばらしいということは非常にいかれてることの真裏なのさ

118 :病弱名無しさん:2013/06/16(日) 11:05:39.71 ID:j/bj9totO
天才は原子力みたいなものだな。
莫大なエネルギーで貢献するか破滅させるか。
天才も〇〇がいもうまく取り扱える人間は少ない。
また発見するのも難しかった。

119 :病弱名無しさん:2013/06/17(月) 12:19:27.78 ID:gIK6lYWm0
天才の性格を考えると一般的知能の問題じゃないな。
社会不適応はその意味で当然だな。
肉体的ハンデの例でも目が見えないと別の感覚が優れる。

120 :病弱名無しさん:2013/06/19(水) 21:01:27.78 ID:qNoL/Mh70
天才も天才に気付く人もどっちも少ないす。
殆どの人はそれがわかって初めて気づくっす。
だから天才す。

121 :病弱名無しさん:2013/06/19(水) 23:20:21.93 ID:VM7cKy8v0
普通の人に天才を見つけさせるのは無茶
基地外に分類されるだけ

122 :病弱名無しさん:2013/06/24(月) 22:21:42.86 ID:+HCjrjjxO
桁外れに大きいものはそのデカさはわからない。
桁外れに大きいものはなかなか動かない。
しかし、わかると、動くとそのデカさに驚嘆させられる。

123 :病弱名無しさん:2013/06/25(火) 11:07:00.04 ID:VuDMaN0v0
この台所野郎め

124 :病弱名無しさん:2013/06/25(火) 11:29:30.77 ID:MMEEPW82O
ハゲ

125 :病弱名無しさん:2013/06/25(火) 21:18:46.13 ID:gRlz8SVJ0
アインシュタインなど天才がいないなら発見が50年は遅れたろう
まだパソコンもないが原爆も落ちなくて済んだな

126 :病弱名無しさん:2013/06/27(木) 02:16:35.95 ID:aYXh2D+s0
>>125
パソコンはフォン・ノイマンだろw

アインシュタインにしろノイマンにしろ、(やっかみじゃなくて本気で)基地扱いされた事ってあるのかねえ?

127 :病弱名無しさん:2013/06/27(木) 23:53:13.87 ID:3siMwaFAO
ふたりとも脳回路が普通とは違っている。
先天的に天才はほとんどがそう。
だから普通とは違う考えが浮かぶ。
普通の人から見れば異常か劣等と見える。
普通の人にもタイプがあるように天才もタイプがある。
このふたりはタイプが違う。
ノイマンは機械に近く、アインシュタインは障害に近い。
どっちもどっち人間とはズレている。
生まれつきズレるくらいでなければ変革はなし難い。

128 :病弱名無しさん:2013/06/28(金) 00:04:27.31 ID:dIpSpJB90
ノイマンは今は駄目ぢゃ。ノイマンアーキテクチャーのCPUは今や
MACパワーPCのみぢゃ。大方はインテル社のハーバードアーキテクチャー
のCPUぢゃ。

アインシュタインと共に凄いのはニコラテスラぢゃ。
テスラは地球分割破壊理論を出しとる。
今の高圧電線の交流送電の発明もテスラーぢゃ。
三つの単相を交互に振動させて、どこを取って足しても常にゼロで
送電する交流送電が発明が無かったら今の文明自体無いからのぅ。
テスラー理論は気が狂うんぢゃ、学ぶとな。セミオカルトぢゃ。

129 :病弱名無しさん:2013/06/29(土) 12:01:22.77 ID:Uz4ERdwR0
きちがいぃの末路は乳院か痙務所かメダル

130 :病弱名無しさん:2013/06/29(土) 12:07:26.46 ID:HhU5+m4CO
小学生を切りつけても罪に問われずですか。
キ印でも容赦せずに吊せばいいのに。

131 :病弱名無しさん:2013/06/30(日) 19:47:17.98 ID:5ZRJkrOGO
理科系ばかりじゃないよな。
坂本龍馬とか織田信長のような社会体制を大転換させるのも天才だからな。
マルクスとかルソーだってその元を作った。

132 :病弱名無しさん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4eFF7p+xO
天才に秀才はいるが大秀才は稀にしかいない。
普通考える知能とは明らかに違うと思われる。
知能は脳が司り、脳は身体も統制する。
知能機能が異なると身体機能にも対応する影響があるだろう。

133 :病弱名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:2Q28W4ZZO
天才はただの基地外ではないだろう。
能力を発揮する前からそういう雰囲気が漂っている。
気づく人は気づいているものだ。

134 :病弱名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:7NNmhXGG0
AとBは何が違うか分かる者が二つを見分けることができ、
その者自身もその違いに近い位置にいる。

135 :病弱名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:JFldm1c40
アインシュタインは自分は天才ではないと言った。
本人にはわからないから当然だろう。
逆に偽天才は自分は天才であると言う(思う)。
アインシュタインは一つのことに集中したおかげと
思ったようだがそれは違う。
してもできない人にはできない。
またアインシュタインの脳を分析しても特別なことはなかった。
脳の大きな差が天才を作るわけではないからこれも当然だろう。
例えば猿と人間の遺伝子はほんのわずかしかない。
天才はわずかの素質と環境と運その他の相違のかけ算のため結果的には大きくなる。

136 :病弱名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:6ArsQWsD0
天才とはああ見えて実はという
短足でちびでデブでニートの精神障害者の40代女性で元風俗嬢
そんな人が世の中を変える
遠田瞳
○X○X

137 :病弱名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:IkLm8jSxO
天才性があってもまわりが理解できず、変わったやつ、やなやつになる方のが圧倒普通じゃん

138 :病弱名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:cqU/nm/A0
異常に変な奴やおかしい奴、不快な奴が天才というわけではありませんが、
天才にそんな人が相当数を占めるのは事実です。
能力の偏り、突出と人格、性格の偏り、突出は一体であるようです。
天才に精神的に変調した方が多いのは必然と言っても差し支えありません。

139 :病弱名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:M2utZzy/0
アインシュタインは人類に夢を与えた実に偉大な大科学者だった。
彼は人類にもしものために玉手箱をくれた乙姫様でもある。
最終的手段とし煙によってすべてを一瞬の夢にして解決する方法も授けてくれたのである。

140 :病弱名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:Xjc2pyiG0
ワシに感応するようじゃ御主も底々なもんぢゃのぅ。
ぢゃが今のワシはヤバイぞょ。

141 :病弱名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:O9VgCKTj0
ヒトラーは天才だが、悪人のため天才にはいらず犯罪者になった

142 :病弱名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:rOv8A0820
しかしなぁ、、悪人でもないだろ。大粛清を何度も行って来たスターリンの方が
悪人だし、たった3時間で10万人を焼き殺した東京大空襲のカーチス・ルメイは
悪人ではないのか?戦犯は正式法廷で裁かれてナチ幹部は皆処刑された。
過去をほじくるのは日韓基本条約で4億ドル賠償チャラをほじくる韓国と同じだ。
しかも韓国は併合時は国ではなかった。他国領土侵害の現在進行形の悪の方が問題だろ。

143 :病弱名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:rOv8A0820
従軍慰安婦は強制ではないのだろ、自主的商売なんだから韓国の集りだ。
自分らの商売を他国に責任転嫁だ。

144 :病弱名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:rOv8A0820
だいたい規律の厳しい戦場で従軍慰安婦の世話にもなっていなくて
身に覚えの無い部隊や師団も居たろうに、何故に叩かれねばならんのだ?
商売を仕掛けて来るのは慰安婦の方だ。それに、、
過去は日韓基本条約で4億ドル賠償でチャラだったはず、それが国際条約だ。

だいたい慰安婦だの喜び組だのが出る風土自体が緩衝傀儡民族の宿命で
13世紀にはモンゴルチンギスハンに毎年3000人の若い女を差しださねば
ならなかった傀儡土着風土で今更始まったことではない。
生死を決める戦場で男道具をくわえ込む思考自体がおかしい。

145 :病弱名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:rOv8A0820
韓国は80年代まで慰安婦に似た制度で外国人を接待していた国。
あの国が慰安婦国家なんてのはたいていの世界中の人は知っている
公然の秘密のようなものだろ。
本気で喜んでいるのは日本のグーちゃんだけ。

146 :病弱名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:cFotqpp5O
天才的能力が有ったとしても基地外でもあるため
能力を発揮出来ず生涯を終る者の方が多い

147 :病弱名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:O25E/27h0
・・・天才ねえ・・・・
桁外れな才能は秀才と全く異なり、しばらくは理解出来るモノじゃあないってこったろ
わからんとただイカレポンチ(笑)

148 :病弱名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:0XBZBvoF0
基地外は先天的かつ後天的に規格をどんどん外れて行く
学校では飛びぬけた才能は示さない
外れた結果が基地外か天才かは運のみぞ知る
生物的な意味ではかたわものだ

149 :病弱名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:qs57sfE/0
天職の子はまあだけど風俗の子とかメンへにならないのかな。
メンへだから仕方なく風俗に来ちゃったてのも多そう。
気持ちも身体も壊さなきゃいいけど。

150 :病弱名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:RKXGsv3Q0
天才と頭のおかしな人は裏でつながってると思う。
キャラの表と裏のどっちが目立つかでしょ。
天才はたまたま評価された変な人です。
天才の過去を見るとおかしな人ばっかり。

151 :病弱名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:VKEQE/4aO
天才は自覚の有無は別として秀才と天才の違いを知っているから天才になる

152 :病弱名無しさん:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:PVAYRKGC0
ノイマンは並外れた頭脳の人間だったが天才ではない

153 :病弱名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:G7Yy5aLh0
精神活動を行うのは個々の脳細胞のシステム化である。
精神活動はハード自体が生み出しているソフトである。
異常な精神活動はハードの異常なシステム化を治療すればよい。

154 :病弱名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:Xwtf6I8L0
町中では最近めっきりきちがいが増えてます
しかし彼らは全く自覚がありません

155 :病弱名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:a9Wmp+O10
天才は普通とは異なる印象を受けるが比較的大人しく地味な者が多い。
このため若年期から青年期
あるいは中年期以上までほとんどの場合全く目立たない。
しかし彼もしくは彼らはその目立たない間に天才性を熟成しているのである。
そして、ある時突然と彗星のようにその輝きを現す。

156 :病弱名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:IgcJLutcO
11才の子供がIQ160超えでアインシュタインより上だって。
アインシュタインはそんなにないね、たぶん120台。
アインシュタインの知能はIQじゃないってば。

157 :病弱名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:rFTkTQ1+0
今夜禁欲スケベシャべル
「メンサ対テンサ」
お楽しみに!

158 :病弱名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:+hFnxBL50
さまざまな障害と病気で苦しんでいる人がいます。
しかし健常と障害と病気はそれぞれ健常でも障害でも病気でもない。
単に程度の違いにすぎません。
気に掛けず悩まず程度に応じたことをやれば良いのです。
区別することがそもそもおかしいのです。
区別をすると、その逆さまの区別も成り立つからです。

159 :病弱名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:YaopjiG20
アインシュタインは数いる天才のなかでも格別な存在
変わっていたけれど親しみも持てた人

160 :病弱名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:rpcQ97sL0
近代最大の天才はニコラテスラーだね。
テスラーの交流送配電理論が無ければダム水力発電所や
原子力発電所がたとえ在っても都市部まで電力が送れず、
近代文明文化は総て何事も成り立たない。

161 :病弱名無しさん:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:gAV+8WjOO
テスラは天才にもよくありがちな自己陶酔性がありました
かなり男前なのに独身だったのは、天才特有の社会不適応が原因でした
(天才は独身が多い)

162 :病弱名無しさん:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:QjpjzA6T0
先生は私共の開祖であるテスラに顔や雰囲気が似ていたから
良かったんだが。
ジンジロ共がな。

163 :病弱名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:cmEYytSW0
天才とは人間的欠陥がありながら優れた才能を持っている人間のことだよ。
その才能は見る人間が見ないとわからない性格を持っている。
幼年若年から才能を示すのは一部の人に限られるよ。

164 :病弱名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:8dFIzI/iO
大物の天才ほど満を待して出現するのよ
軽いものはすぐに浮かんでくる

165 :病弱名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:W1h7E0TW0
IQは中国、日本、イギリス、イタリアなどは高く出、アフリカ
などで低く出るが、これは高い国では普段から様々なテストを
しているためでIQとはそういうものである証明である。
天才を測るものさしとしては全くばかばかしいものである。

166 :病弱名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:vx3jKSLN0
テスラーの風貌は痩せていて男前には男前だが
顔が小さくてキシャなイメ-ジ。

こんな小男から人類文明のベースとなる理論が思考されて
出て来るのを思うと人間の思考力は無限大だとつくづく思う。
まさに「ドクター」と言われる風貌。

167 :病弱名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:vx3jKSLN0
この約150年間、人類はテスラーの交流送配電理論により近代文明恩恵を
受けて来たことは間違いない。テスラーがいなければ何一つ家電生活はおろか
鉄道、医療危機、工場等の稼働は成り立たない。

だがここへ来てライバルだったエジソンの直流理論の方が正しい、とされる
状況が起きつつある。「超伝導」だ。送電線を冷やせば電気抵抗ゼロで
電気を送れるのだ。日本でも鉄道等でこれから普及する。

エジソン 対 テスラー の天才同士確執は21世紀の今でも続いているのだ。

ちなみにエジソン:GEゼネラルエレクトリック社:東芝
    テスラ-:ウエッチングハウス社:三菱電機
で今に天才同士確執は続いている。静かな確執だが。

168 :病弱名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:vx3jKSLN0
危機⇒機器
の間違いでした。すみません。

169 :病弱名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:/EVWw9uyO
ここまでを総括すると天才はやっぱり基地外から生まれるでオケ?
秀才が基地外ではなく誰が見てもわかるのとは大違いなんですね。

170 :病弱名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:JyzZl4bY0
一番最近の天才って誰?
アインシュタイン?

171 :病弱名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:szn9Jv0m0
折れな

172 :病弱名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:vgqweHyn0
基地外も天才も自身は自覚がない
どちらも傍からみて普通じゃない人間

173 :病弱名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:7aEW3MKI0
ユダ系の天才、アイン、マルクス。フロイトなんか
恩恵と共に弊害も大きいだろ。

アイン、ノイマン、テスラなんかのテクもこの世のモンぢゃねぇーんだ。
全部外来モンだ。

174 :病弱名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:fNvnngMH0
天才は1%の霊感と99%の努力の真の意味は天才>>>>・・・>凡人
偉大な能力は他を圧倒するもので天才と異常を兼ね備えてるものである
平凡な努力の集積ではない

175 :病弱名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:UEjG33Mm0
細長でインテリジェンス雰囲気の人は学識派だとも思う。
ホント テスラ−に診てもらっているみたくて良かったんだが、
無念

176 :病弱名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:fNvnngMH0
ニュートンやデカルトも変な人間みたいだったぞ
天才はその人限りのもので天が授けた異能
ノイマンはエイリアンといっていい

177 :病弱名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:emEb9/72O
凡人の中の最優秀と比べたとしても天才は比較のレベルが違うんじゃね

178 :病弱名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:RLoW+2XQ0
http://www.youtube.com/watch?v=T6fVDAjs9f0

音楽一つとったって社会が本物でないと本当に良い物は出ない。
良い物は何十年経っても永遠に良い。

日本の音楽は酷い、ゲジゲジ虫の小踊りだ。

179 :病弱名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:RLoW+2XQ0
http://www.youtube.com/watch?v=0atv9v2nNww

↑官能的で迫力

180 :病弱名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:+h4rAnti0
d

181 :病弱名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:yw7P18uF0
男のオレとしては
こういう迫力女性には頼りたくなる。
心強いし。

182 :病弱名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:mLM2GeEI0
天才は常に天然ボケ、ピントずれの中にいる

183 :病弱名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:4bzAbgvM0
ホーキングって天才なんですか?

184 :病弱名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:hrqNLU1Y0
http://www.youtube.com/watch?v=0atv9v2nNww

↑しなやかプロポ-ション、素晴らしい高身長、凄い歌唱力、迫力、健康美、

これだけ恵まれた天才達でも物凄い熱意が伝わって来る。
やはり天才にも努力は必要。

こういうお姉さんは全面的に応援したくなる。

185 :病弱名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:Yh14VgQVO
天才は業績のために後世では美化されるが当時周囲の人間
にとっては迷惑で不愉快な危地外でしかない。

186 :病弱名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:CYyKtCwp0
ある程度、素質を見抜いてバックアップする人が居ないと
天才は開花しない。

187 :病弱名無しさん:2013/09/01(日) 00:15:55.09 ID:x+t8vdRX0
あんた鋭いこというなあ

188 :病弱名無しさん:2013/09/01(日) 12:37:07.71 ID:ZARq1uAW0
天才は6歳までで決まる。
生まれてから6年間に何某かの文化的雰囲気に触れて
深層心理にインプットされなくては駄目。

大芸術家、大文学者、大宗教家なんか皆そう。

189 :病弱名無しさん:2013/09/02(月) 11:42:06.12 ID:PphGnR5h0
天才の評価については天才自体がすごいのは異論はないですよね。
しかし個人的にはその天才を最初に見出だした人も同様にすごいと思います。
天才であるとしても見過ごされてしまったならば、その業績で社会は恩恵を受けなかった。
発掘した人は天才以上に重要なキーマンであると思っています。

190 :病弱名無しさん:2013/09/03(火) 07:50:23.09 ID:mamje5TUO
まずは見抜く人間が天才とよくいる秀才等とを区別できないとダメな。
天才は素質に加える4-5歳頃までの経験・学習が土台で、以降の経験・学習はめったに関係ない。
天才は既にその頃片鱗を見せているが普通は気がつかれない。

191 :病弱名無しさん:2013/09/03(火) 14:40:38.10 ID:GheZ2Kuq0
おれちょこっと体にも障害あるひきこもりだけど天才になれる可能性ありますか?

192 :病弱名無しさん:2013/09/04(水) 20:02:26.58 ID:pLMjiGDs0
6歳までの砂場遊びだな。創造性の育みは。
幼稚園は大学の付属キャンパスのような大きな所がいい。
砂場も大きいし良い人材の子供も集まる。
一緒に遊べばより大きな創造性基礎が出来る。
2割程度ワルガキ大将との遊びもある程度は必要だろ。

193 :病弱名無しさん:2013/09/07(土) 10:21:14.79 ID:Sr3EXQ4K0
変わっていること、普通でないこと、異常なことはダメなことではないよ。
天才かどうかは知らんけど、能力や才能の一面のことがあるから。

194 :病弱名無しさん:2013/09/09(月) 06:47:33.96 ID:kxYly28O0
普通の人から見るとがらくたの役立たずに見える。
普通以下に見える。
普通の人から見れば、普通に考えれば…
………
しかしそこに鍵がある。

195 :病弱名無しさん:2013/09/09(月) 09:32:49.70 ID:YUq6R3eUO
同意
華麗なる天才像をもっている人はきっと映画や漫画の見過ぎなんでしょうw

196 :病弱名無しさん:2013/09/10(火) 13:31:24.24 ID:9jUloj8CO
東京は基地街を隠すには最適。
木を隠すには森に隠せとはまさにこのこと。

197 :病弱名無しさん:2013/09/10(火) 13:34:38.07 ID:DCbrGFNr0
東京に人が集まるのはそのため

198 :病弱名無しさん:2013/09/11(水) 11:03:06.28 ID:5OrEojpH0
千代田区とか新宿区とかは会社が多過ぎるから税務署も手が回らなくて
税務調査来ないらしい。だからだろ。たいてい中心街はそうだよ。

199 :病弱名無しさん:2013/09/12(木) 22:09:49.63 ID:GjTioPIv0
精神も身体も障害はほとんどの人にはマイナス
でも極一部の人にとっては能力開花の助けになるんじゃあないの?

200 :病弱名無しさん:2013/09/16(月) 00:24:22.84 ID:clQtWZJPO
こっそり200いただき
下、_(`_ -)

201 :病弱名無しさん:2013/09/18(水) 06:16:30.61 ID:Lvuq5kBfO
基地外わ天才とでも思はないと生きてけないんだろ〜

202 :病弱名無しさん:2013/09/18(水) 07:49:20.45 ID:U9gLLlVN0
じーにあす

203 :病弱名無しさん:2013/09/19(木) 15:23:36.35 ID:440U9SwD0
朝鮮人は全員天才の卵なんだね

204 :病弱名無しさん:2013/09/19(木) 15:54:11.44 ID:4u/RyQlZ0
DQNときちがいは違うで

205 :病弱名無しさん:2013/09/20(金) 09:44:18.70 ID:QNM5HB5g0
猫に小判

206 :病弱名無しさん:2013/09/20(金) 16:13:23.15 ID:el8VcHtn0
IQ超高い孫悟空がいて、おしっこを傍の柱に掛けた。
   
ところがそれはお釈迦様の指だった。
      
物差し、次元が違うと全体が見えない。

207 :病弱名無しさん:2013/09/20(金) 19:15:15.19 ID:PKsrJOCn0
今までの会社では2、3人のポイントゲッターが大多数の並平君を
平均化で食わせていたけど、ああいう時代は遠の昔の話。

出来るポイントゲッターらは皆、独立して自分だけのために働くようになった。

今はそれすら微妙になった、IT化で営業マンは要らなくなったからさ。
営業マンは高能力が少数でいい。じっとしているだけでHP鯖が億単位を稼ぎ出す。

今更、並平君正義論もあるまい。

208 :病弱名無しさん:2013/09/21(土) 20:08:09.31 ID:KJvy6j7r0
すすぬ天才少年

209 :病弱名無しさん:2013/09/21(土) 20:36:46.38 ID:Yz6s3qR60
天才の人生はオセロゲームに似ている。
 
見ていると、もう塞がってるように見える。
 
ところがたった一手でいっぺんに全てをひっくり返す。
 

210 :病弱名無しさん:2013/09/22(日) 01:45:12.43 ID:EULRcug40
 
基地外も天才も刃物だよ
  
部位によってはすごく切れる

 

211 :病弱名無しさん:2013/09/22(日) 20:08:27.78 ID:LiIj0pE30
俺、テスラー先生の母体で頭割ったから
血圧相談でもリンクが取れて良かったのになぁ。

212 :病弱名無しさん:2013/09/22(日) 20:18:37.64 ID:LiIj0pE30
20世紀最大の天才 ニコラテスラー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9

213 :病弱名無しさん:2013/09/23(月) 22:38:10.43 ID:WOmY6byW0
ガウスのように天才の中には知能も高く早くから芽の出る者もいるが少数派。
凡そ何らかの意味で劣等であり、長い年月を経て才能を現す。
周辺また親ですらなかなか高い能力があるとはわからないものだ。

214 :病弱名無しさん:2013/09/24(火) 00:23:04.69 ID:wAS/uLaK0
今は昔のベトナムの頃のように絨毯爆撃はしない。
攻撃したい場所と目標をピンポイントでイージス艦からクローラーミサイル
(巡航ミサイル)で攻撃する。だから数は要らない。

「中国や韓国の軍艦なんかイージス艦が一隻あれば2時間で全部沈められるよ」
は平成9年頃の防衛省高官の発言。今はイージス艦は6隻居る。

海戦に限らず何事もIT化により機械がやっちまう。
人間は昔程要らなくなって然り。

215 :病弱名無しさん:2013/09/24(火) 03:07:51.20 ID:S4NA01jy0
天才を見抜いたらそのことのほうがスゴイとおも
 
普通の人間じゃ気付かん
 
平凡にいいものは誰でもわかる
 
そうじゃないのにわかるのは絶対スゴイ
 

216 :病弱名無しさん:2013/09/25(水) 00:08:10.07 ID:R8JvwR7Y0
イージス艦はレーダをオートコンバット・モードにセットしておけば
敵味方を自動識別して陸海空水中の脅威に対し勝手に自動で最適ミサイルが
スッ飛んで行く。戦の自動化だ。
今のITだって似ている。もはや営業マンは不要。これからニートマンは増えるぞ。

217 :病弱名無しさん:2013/09/25(水) 00:39:14.25 ID:sKL76YHaO
予期できないことが起こるのが未来であり自然だと思う。
アイーンシタインは自然は予測可能と信じたまま天使になった。
まあ科学者にありがちだが。

218 :病弱名無しさん:2013/09/25(水) 01:49:19.76 ID:7C55w/bn0
天才がわかるなんて普通じゃない  
 
同類じゃんw
 

219 :病弱名無しさん:2013/09/25(水) 09:36:18.82 ID:R8JvwR7Y0
イージス艦に対して北朝鮮が地対艦シルクワーム・ミサイルを
同時100発撃っても三隻一緒に居れば全部撃ち落とすよ。

日本は既に六隻持ってて更に二隻が建造中。
イージス艦を守る独自コンセプト護衛艦もハ隻が配備される。

今の日本海軍も捨てたもんじゃない。

220 :病弱名無しさん:2013/09/26(木) 01:11:01.80 ID:x10x1I/o0
天才も作ることは可能だ。

だが過まるとフランケンになる。

博打はやめた方が賢明だ。

221 :病弱名無しさん:2013/09/26(木) 08:48:08.62 ID:Z/ki9lZo0
ある種類の猛毒は特効薬にもなる。
猛毒にしか見えない者には特効薬にも使えないだろう。

222 :病弱名無しさん:2013/09/26(木) 22:44:37.80 ID:MDLgj3Y60
「天才」って確証のわけではない。
「天才らしきだった」ってだけの話。

だいたいこの世に真理など何一つ無い。

アインの特殊相対性理論にしたって宇宙そのものを
見て来たわけではないし。

223 :病弱名無しさん:2013/09/27(金) 21:04:26.86 ID:4AK0OWgr0
>>猛毒は特効薬にもなる

古代インドでは人間の死体内臓が同じ人間の病気妙薬になっていた。

死体内臓獲得を取り仕切っていたのは夜叉神で土葬の墓場を
夜中に掘り起こして漁るらしい。土葬にすると夜叉は死体を狙って来る。

不動明王が居ると夜叉は手も足も出ないから来ないらしい。
逆に不動明王を仲介にすれば夜叉と妙薬取引すら出来た。

不動を廃仏したりした街は鬼門(北側)も裏鬼門(南側)も巨大な人喰い夜叉に
取り囲まれている。

224 :病弱名無しさん:2013/09/28(土) 00:07:59.69 ID:kFB47JNg0
夜叉の女代表格の鬼子母神と、日本の天津神代表の天照大神は共に女性だから
イガミ合うと女子プロレスみたくなる。

天照:「このやろー、ここは昔からあたしが治めて来た土地だ、デテケー」
鬼子母神:「てやんでぇー、土地は来た奴のものさぁ」

髪の毛を引っ張り合い女の本性をムキ出しにしてイガミ合う。
「このぉーやろう」、
そこに縄文女神が割り込んできて。
「何言ってやんでぇーこの土地はあたいが天地開珀以来治めて来たんだ」
「土地も男も全部あたいのものさぁ」、って
喧嘩
している鬼子母神と天照にこれまた喧嘩を売る、
女神同士の喧嘩だから凄いのだ。

これも不動明王が仲介しないと止まないのだ。

225 :病弱名無しさん:2013/09/28(土) 11:56:00.87 ID:DaAZxUYs0
秀才と天才は確かに違う。
が、学術系統は天才にして、けっこう秀才もいないかな?

226 :病弱名無しさん:2013/09/29(日) 01:18:32.55 ID:jkE3iD6v0
フランケンシュタインは容貌は醜かったが、知能、心性、体力は理想的な怪物だった。
 
なにからなにまで完璧な方が気持ち悪いぞ。

知能はすぐれているがオカシイぐらいが天才には相応しいのだ。

227 :病弱名無しさん:2013/09/29(日) 02:01:33.49 ID:VDQBcfy20
何から何まですべて完璧って人間は居ない。
何かが突出していれば、たいてい何かが犠牲になっている。

時間も限られているしな。

228 :病弱名無しさん:2013/09/29(日) 11:17:20.02 ID:qBQ2oDRi0
どうでもいいけどフランケンシュタインって怪物作った博士の名前だったような

229 :病弱名無しさん:2013/09/29(日) 13:52:22.94 ID:o+2RIVtMO
フランケンシュタインの作った怪物は死人(既にあるもの)の組合せのオリジナル
天才は全く自身のオリジナル
つまりフランケンシュタイン博士は秀才だな

230 :病弱名無しさん:2013/09/30(月) 04:13:56.89 ID:YtO6RVXT0
アインシュタインもゼロから相対論を編み出したわけじゃないな。
他人の論文にヒントを得ている。
しかしその閃きは天才らしいものだ。

231 :病弱名無しさん:2013/09/30(月) 23:40:22.45 ID:p3+bKYsv0
フガフガ

232 :病弱名無しさん:2013/10/01(火) 18:49:20.35 ID:VFF7qtE20
ガフガフ

233 :病弱名無しさん:2013/10/01(火) 20:48:00.21 ID:JUIk9sqC0
これでいいのだ!

234 :病弱名無しさん:2013/10/02(水) 00:49:28.72 ID:ZvQmg+tV0
わからなくなったのだ

235 :病弱名無しさん:2013/10/02(水) 11:53:08.90 ID:Fw9GVk3xO
天才と基地外は紙一重といわれるけど
天才と基地外は神一重なんでーす

236 :病弱名無しさん:2013/10/02(水) 15:36:19.00 ID:Sp1d8jEl0
基地外の地のままを職業に出来るならいい

237 :病弱名無しさん:2013/10/05(土) 22:43:38.87 ID:WihnvWAP0
光速度ロケツトで3日間宇宙旅行をして地球に戻って来ると
地球では200年が過ぎているって・・・
アインの特殊相対性理論だけど、奴が実際に宇宙に行って
経験したわけでは無いし誰も経験なんてしていない。

たぶん計算上そうだろう、って未確証の理論だもの。

238 :病弱名無しさん:2013/10/06(日) 07:24:49.70 ID:22KXD+5v0
 損な慎二られないことを初めに慎二たおっちゃんはエロイよね
 
慎二られないひとと若ったひとのコラボレーション

239 :病弱名無しさん:2013/10/06(日) 21:23:47.62 ID:dn6BFcvZ0
そんでも浦島太郎のような話はケッコウ世界中に
散在しているらしい。タマテ箱を開けた途端に時間の重みを受けて
ジジイになった話。

240 :病弱名無しさん:2013/10/07(月) 03:31:31.18 ID:uP0ld2Vs0
みんな天才が大好きなんだね。
確かに天才は人間界の主役的存在だと思う。
でもどの天才もキリストただ一人に圧倒される。キリストは超人だからね。

241 :病弱名無しさん:2013/10/07(月) 06:49:21.71 ID:MNEbLCTJO
天才とはどんな分野でもよいから直ちに周りに理解されない才能のことをいう。
アインシュタイン然り、キリスト然り、…

そして早晩いつの日にかその才能の素晴らしさに気づく人がいる。
おおむねこれが天才の出現までのストーリー。
ガウスタイプなどはその意味で天才というより破格の秀才、超秀才とした方が良いと思われる。

242 :病弱名無しさん:2013/10/07(月) 07:56:06.83 ID:Cz1pEUy80
人間天才による物ばかりではねぇーらしいぞ
集積回路、アレイレーダー、ステルス技術なんかはアメは宇宙エイリアンから
情報提供を受けたらしい。

人間が開発した、とでも思い込んで今時アメとタメ張るシナチャンコロなんて
お目出度い話らしい。

243 :病弱名無しさん:2013/10/08(火) 18:17:13.79 ID:VJx2AW7g0
そういやむか〜しエイリアンといわれてたの思いだしたW
変な奴だったのかもな
今?  当然無色

244 :病弱名無しさん:2013/10/10(木) 10:05:46.68 ID:WbdWtpUaO
天才は別の表現すると大器
普通と用途が違うからそれが使われて初めて価値が明らかになる

245 :病弱名無しさん:2013/10/11(金) 11:12:47.16 ID:cbVlRX4W0
大器には寛容さも問われる
天才が寛容とは限らないしむしろ気性に問題のある奴のほうが多いので見当違い

246 :病弱名無しさん:2013/10/11(金) 11:29:55.22 ID:x3Zoc23w0
ノーベル賞クラスの人間に難な人いるしな

247 :病弱名無しさん:2013/10/11(金) 21:27:12.00 ID:3fMXzoyz0
月の裏は銀河系以外からも来ているエイリアンだらけで
アポロが16号で廃止されたのは13号から撃墜され掛かり出したから。
16号の飛行士らは巨大な数万メートルのタワーやレアメタル掘削現場の
超巨大掘削機を月に降りて目撃しているんだ。エイリアンは居るぞ。

248 :病弱名無しさん:2013/10/12(土) 14:17:54.06 ID:0z+zR+55O
実はシナも月の裏のUFO基地を狙ってる。

連中はエイリアンがおとなしいのを知って支配する気なんだ。

アメリカは今この動きにピリピリしてるんだ。

だからオバマはすこぶる機嫌が悪い。

習は余裕でへらへら笑っているんだ。

249 :病弱名無しさん:2013/10/13(日) 13:18:06.72 ID:i/9NXQ2i0
天災は考えることが違うな
ぶっちゃけ天才は人と違って勘がいいんや

250 :病弱名無しさん:2013/10/13(日) 14:03:33.61 ID:F6QIO3uVO
視点が特殊

251 :病弱名無しさん:2013/10/13(日) 21:21:53.68 ID:iVT8AfcEO
ちょっと天才が通りますね
L(゚・゚ )┐┌( ゚,゚)」

252 :病弱名無しさん:2013/10/14(月) 00:57:20.87 ID:PGTug8dO0
ロシアはアメより50年遅れている。
そのロシアの50年前を猿真似パクリでやっと出来る程度だよ。
中国は。

そんでロシアはフォボスとかの火星探査を何度も打ち上げているが
いつも火星周回軌道で行方不明になる。
一説だとアメが秘密裏に撃墜している説、もある。
宇宙覇権は既にアメが握っているよ。

253 :病弱名無しさん:2013/10/14(月) 07:35:08.03 ID:yYkIJlg90
一般人が天才を理解する。
これは難しい。

真価つまり天才であることは深いところにあるからだ。
特別な人以外はそこまで潜れない。

254 :病弱名無しさん:2013/10/15(火) 20:14:28.01 ID:T8YvZdEh0
きちがいなんてすばらすいではありませんか!

255 :病弱名無しさん:2013/10/15(火) 21:58:56.33 ID:0ZDTa4ak0
及ばざるを持つは又過ぎたるも持つ

256 :病弱名無しさん:2013/10/16(水) 07:32:45.30 ID:7Fq+clGNO
学問も運動も普通ではない才能を見つけ育てるのは容易ないだろう。
また見つけ育てようとしても思うように育たないこともある。
天才になるか否かはその才能力と周囲の惜しみない理解と運にかかっている。

257 :病弱名無しさん:2013/10/16(水) 23:13:42.01 ID:Qr0+qpPZ0
ハイネマンなんかベストセラー機の設計はほとんど一晩だ。
天才は思い付いたときが即ベストみたい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%83%B3

258 :病弱名無しさん:2013/10/17(木) 08:25:34.21 ID:KEFYIWIVO
思い付きにも基礎知識(その分野の学識)が不可欠

259 :病弱名無しさん:2013/10/17(木) 18:42:43.15 ID:uLzN9UR80
天才は教育が作るものではないよ
 
教育でできると思うのは間違い

260 :病弱名無しさん:2013/10/17(木) 22:30:35.04 ID:Ru5EqwM40
それでも一定の教育は要るだろ
データベースとモノサシとして

261 :病弱名無しさん:2013/10/18(金) 10:53:01.77 ID:5/Xd3h490
群を抜く頭脳又は才能は個人の特性によるものなり

周りにそれが理解できるかどうか

262 :病弱名無しさん:2013/10/19(土) 01:13:11.85 ID:xx8K9mZpI
>>1
メンキチって事?
メンヘラに希望なんて持てねーだろw

263 :病弱名無しさん:2013/10/21(月) 00:27:02.04 ID:yaB9vHJuO
普通はきちがいとめんへるとてんさいはまず見分けられないよ

人を見れるたつじんだけにできるわさ

264 :病弱名無しさん:2013/10/22(火) 14:23:29.81 ID:9q6O6ENc0
張良や孔明なんかも一種の天才と違いますか
彼らひとりいるだけで全然状況変わります

265 :病弱名無しさん:2013/10/22(火) 16:21:43.29 ID:TQpFCK8dO
誰が見ても変わってるってことで存在感あったらば天才だったかも知れないな
ノシ

266 :病弱名無しさん:2013/10/23(水) 08:13:08.23 ID:YYPCqbJb0
秀才は土地柄の影響が大きいですよ。理屈だけでティチャーを揃えても駄目ですね。
悪い土地柄の学校では東京理科だの東工だのの数学の先生が着任しては来るが、
3年で辞めますわ。若い先生は。地元以外通学者は比較的マトモですが、
地元は、何か狭い地域差で熾烈なイジメが在ったりして手に負えない。
あんな土地柄から秀才なんて出ないですよ。気の利く常呂は逃げ出しますよ。

267 :病弱名無しさん:2013/10/24(木) 16:54:16.89 ID:ZUshNQ2+0
天才も頭おかしい人も信じられない人間だろw

そういう素質と環境下にあったため信じられないことを考えられる

まあ並大抵な人間には考えつかない

268 :病弱名無しさん:2013/10/24(木) 21:13:35.14 ID:NByOFfrQ0
どうでもいいが
天才からメンヘラーになるのか
メンヘラーから天才になるのか
どっちもか
それがこのスレの問題じゃね?

269 :病弱名無しさん:2013/10/24(木) 22:36:52.57 ID:ifn9+iF3O
天才に最も必要なのは素質だけれど
その特徴のため社会性に欠けることが多いんだ。
しかしそれが能力そのものでもあるからやむを得ないのよ。

大抵メンタルがおかしいのは当たり前だよ。

270 :病弱名無しさん:2013/10/26(土) 11:51:52.48 ID:iUfB5N920
そりゃ天才と普通とは住む世界が違うから当然さ

271 :病弱名無しさん:2013/10/26(土) 14:42:36.51 ID:THpHPDRY0
メンヘラーに乗せられるのはハロー効果と言って
一点が良く見えると全体が良く見える錯覚に掛かり易い人だよ。

女性に多い。自然力を駆使している場合が多いが、

272 :病弱名無しさん:2013/10/26(土) 19:05:40.92 ID:sMRc/uiC0
>>267
そう。天才の大部分は環境にも多分に影響されている。

天才よりすごい人間がいるとしたら、俺が個人的に思うのはやはり
『未成年のうちは凡人でごく普通の環境下にあったが、自分で工夫して
能動的に天才性を発見して天才になった人間』なんだな。
そんなやつどれだけいるか?

通常、自閉的傾向を示す天才は、自分の精神構造のどこが違うから天才なのか
凡人相手に客観的に説明することはできない。
自分は自分、人は人ではなから割り切っているし、そもそも関心自体湧かない。

273 :病弱名無しさん:2013/10/26(土) 22:06:50.98 ID:PA6ptB1j0
実存型天才と風呂敷型天才とが居るでしょ。
ノーベル賞とか学術評価とかをアカデミックに評価されて世に役立つ天才と、
何某かの結果を出すために風呂敷を広げることから始める天才とが居る。

風呂敷型を100%真に受ける人と40%止まりで受け止める人も居て様々。
だいたい頼みもしないのに風呂敷を広げに来る「私は天才」タイプは
疑う人はまず疑う。過去データベースでもその類は結構Jokerだったり
しているからな。訪販とか。

274 :病弱名無しさん:2013/10/27(日) 10:16:38.41 ID:dK52PfWP0
閉鎖空間から天才など出ようはずがない。
閉鎖空間ではゴタゴタは起こり易いが物事はなかなか進まない。

普遍的価値観が通ずる所では簡単にアッと言う間に進むことも
閉鎖空間では何倍もの時間が掛る。

275 :病弱名無しさん:2013/10/27(日) 13:12:52.16 ID:8UrLWoZiO
天才に狂気じみた自認性自称性はあるかもねん。
でも才能が伺えないと病院行き。

276 :病弱名無しさん:2013/10/28(月) 07:43:37.04 ID:IyEh1OGB0
普通の人間だってメンへにはなるね。
天才とメンへとは直接関係はないわ。
天才は普通と違う人のことじゃん。つまり独特の才能。
同じ人間だからメンへになるんだね。

277 :病弱名無しさん:2013/10/28(月) 08:47:59.68 ID:28A2s6fM0
天才はメンヘから始めるな。
特に呪い系宗教的天才。
巨大なプラとマイを組み合わせて地域土地エネルギーを全部
集塵しちゃう。プラとマイ、酸とアルカリをぶち当てれば
エネルギーは共に打ち消し合って消えちまう。ケッコ単純明快。
間抜けな地域民が気付いたときにはほとんど地力エネルギーは
吸い尽くされていて喪抜けの殻。超賎人とて馬鹿には出来んのだ。

278 :病弱名無しさん:2013/10/29(火) 11:39:17.22 ID:6IaUX4ne0
フランスでトランク内から赤ちゃんが見つかった。
1.5才前後と見られ発達に深刻な障害がある模様。

この例は良くないが、誕生直後時から正常とは異なる
環境下にあるか正常とは異なる知能を持って産まれた
子どもが他の条件が揃えば天才になる。

279 :病弱名無しさん:2013/10/30(水) 21:17:11.80 ID:akjwyNF60
ダビンチなんてのは妾の子

280 :病弱名無しさん:2013/10/31(木) 02:50:08.70 ID:llsEZF8+0
>>277
いい例えだね
イエスなんかはその典型だったでしょう

天才に必要なのはつまるところ糖質遺伝子
人間の遺伝子に1%だけプログラミングされてる
その1%のほとんどは牢獄同然の環境でなかったことにされているが
その1%のそのまた1%によって人間は飛躍してきた
キリストも仏陀もジャンヌダルクも糖質と考えていい
古今東西の学者芸術家に奇行持ちが多いのもあいつら糖質だから
糖質遺伝子こそ天才の条件

281 :病弱名無しさん:2013/10/31(木) 08:08:50.57 ID:SFl3ODUbO
凡才なのに幸運により希望・感謝の人生になる者もいれば
非凡なのに不運により失意・怨みの人生になる者もいる。
人間の人生はいろいろである。

282 :病弱名無しさん:2013/10/31(木) 20:42:08.18 ID:d9FtHsYTO
狂気の根底にあるのはネガティブな感情ってイメージしかない

283 :病弱名無しさん:2013/11/01(金) 00:06:45.58 ID:AHXT4WPN0
まぁトランス体質って言って、良い影響を受けると増幅して三代掛ることを
一代で築いたりするのが天才。逆に悪い影響もモロに受けると増幅して
見るも無残な結果に至ったりもする。

284 :病弱名無しさん:2013/11/01(金) 01:29:15.27 ID:kKDJGA3T0
メンヘラは100人に1人はいるが天才はそんな高い確率ではないよね。
メンヘラが分母だとしてもかなり低い。ほとんどは無駄花みたいなもの。
傑出した才能と運のみならず人物としても相当変でないとむり。

285 :病弱名無しさん:2013/11/01(金) 01:39:20.17 ID:NY2v99TE0
傑出する分おかしい憐れなヤツなんだろう
  
だから生前恵まれないのが多数いる

286 :病弱名無しさん:2013/11/01(金) 10:55:14.02 ID:AHXT4WPN0
メンヘラは元々がその場アメニティーな体質。
狩猟性もある。だがそこ止まり。

天才は確信犯的戦略をきちんと持つ。

287 :病弱名無しさん:2013/11/02(土) 13:06:50.07 ID:gv/lwC3sO
神経症、鬱病、統失等の精神疾患であることは天才であることに通じている部分がある。
何か才があり、疾患を逆手に上手くあるいは運良く発揮できた人間が天才だろう。
正常な天才が極めて少ないのは十分納得がいくな。

288 :病弱名無しさん:2013/11/02(土) 22:35:22.26 ID:LXsyBQJA0
天才たって資本主義社会なのだから営利結果が出ないと無駄花。
今の日本では。酷立みたく平準平均は製造業品質なんかには向くが
商売には余り向かない。私立的に色の付いていた方が商売には向くし
消費側も分かり易い。疾患で言うなら角栄なんか高血圧故、素早い
決断力。

289 :病弱名無しさん:2013/11/03(日) 21:23:58.47 ID:+0u8O6gk0
月裏エイリアンだってそのものズバリは教えてはくれない。
あくまでサジェッションだけ。それも夢を介してとかの手段で。

そういう電波を受けるキャパの無いチャンコ○が白人を真似ても
おそらくは無駄だろう。

基礎を組み立てるアプリケーション能力も無いと駄目。
レーダーに何も映らないから安心していると、いきなり隣の軍艦が
ズドンとミサイルを打ち込まれて火を吹くステルス技術なんかも。

290 :病弱名無しさん:2013/11/04(月) 00:05:43.34 ID:IHttvVpf0
天才だらけになってしまったら大混乱だし、
今度は凡人が天才になってしまう

291 :病弱名無しさん:2013/11/05(火) 20:43:29.66 ID:fk806EUY0
基地外も天才のうち
基地外ならば天才に変換可能性はあんよ

いずれも社会では通用しないが

292 :病弱名無しさん:2013/11/05(火) 21:38:43.62 ID:JVqJnGiEO
ニーチェは若くして教授になったが30才半ばでニート突入。
 
神は死んだはおかしくなる少し前の作品で世に出たわけでもない。
 
天才との評判がたったのは50前の完全に狂い始めてから。

293 :病弱名無しさん:2013/11/05(火) 22:06:51.19 ID:Do8jPcVd0
狂気になる前後に能力を発揮した天才は多くいたと思う。
そのゾーンが一番天才性に近いんだろうね。
いわばメンヘル状態がね。

294 :病弱名無しさん:2013/11/06(水) 11:25:47.41 ID:rOmMGFaB0
天才は一般人に理解されず、誤解されてる方がいいでしょ。
むしろそれが大きいほど理解したときの驚きも大きいでしょ。

295 :病弱名無しさん:2013/11/06(水) 13:58:29.24 ID:TAVzoYsnO
天才か〜
基地外云々よりも、合理主義を貫いていたら、結果的に時代を先取りしている事があるのかも

296 :病弱名無しさん:2013/11/07(木) 23:00:22.36 ID:6YmZqjpcO
天才は社会からはみ出すギリギリにいる人間だわ
能力面に見所がないとスピンアウト
社会の真ん中に近いほど天才はいない

297 :病弱名無しさん:2013/11/08(金) 11:04:54.86 ID:tPDkL0PD0
天才はDNAと幼少期にインプリされた特殊(異常)な記憶が生み出す
このため後日発病することがしばしばある

298 :病弱名無しさん:2013/11/08(金) 20:45:43.10 ID:kQEM8h8L0
あーぁ、戦略拠点2箇所で任意に給油が出来たらいいなぁ

299 :病弱名無しさん:2013/11/09(土) 21:41:17.71 ID:i7a+6k160
ニート突入をしたからニーチェって言うんだな

300 :病弱名無しさん:2013/11/10(日) 01:37:32.92 ID:jQSYLDkn0
天才は代替がきかん
秀才は代替がきく
きちはどうかの?

301 :病弱名無しさん:2013/11/10(日) 12:38:46.65 ID:Ge0qVc5W0
今は何事も複合だから一分野天才でも駄目だね
マルチ分野の秀才力と資本主義利益コンバージョンも出来て
持続性と人を動かす人間力と資本力も無いと結果論天才は難しい。

302 :病弱名無しさん:2013/11/10(日) 18:23:39.08 ID:g8ejmPjH0
天才が発明した技術、たとえば黎明期のレーダー。
レイテ海戦の西村艦隊はスリガオ海峡で米戦艦群の待ち伏せを受けた。
それまで日本海軍は二言目には「夜襲夜襲」と述べて夜間戦闘が得意、ってことだった。

ところがオルデンドルフ提督率いる米戦艦群は真っ暗闇で主砲を撃ちまくり出す。
日本艦隊は寝耳に水で、暗闇から何処からともなく砲弾が飛んで来て、しかも全部がほぼ
百発百中で日本艦に当たる。信じられない現象。戦艦 扶桑は転覆で撃沈、戦艦山城もアッと
言う間に撃沈。西村提督は砲弾破片で血まみれになりながら、こう述べた、
「これはレーダーだ」、「レーダーで射撃しているぞ」、と、だがもう遅い。

303 :病弱名無しさん:2013/11/10(日) 18:29:30.88 ID:g8ejmPjH0
しかもオルデンドルフ提督は海峡で日本艦隊を通せんぼの如く、
東郷平八郎が発明したT字陣形を完璧に採っていた。

何たるザマ。

304 :病弱名無しさん:2013/11/10(日) 18:39:23.88 ID:g8ejmPjH0
レーダーなんか世界初でその概念を説いたのは日本の
東北大の八木教授だったが、当時の陸軍は馬鹿にして
相手にしなかった。「日本軍は精神力だ」で、

特許概念はイギリスに渡りアメリカで実用化された。

305 :病弱名無しさん:2013/11/11(月) 08:14:08.47 ID:+yVPsK1o0
生まれた時代が早すぎると理解されない異端になります。

結果的にあたまが時代に比し、鋭過ぎたり深過ぎるからです。

306 :病弱名無しさん:2013/11/12(火) 22:30:44.74 ID:YAZoK7UN0
「これはレーダーだ」、×
「これは電探だ」、○

天才発明は廻りが理解しないと駄目だ。

307 :病弱名無しさん:2013/11/13(水) 00:21:17.80 ID:xzIv89km0
きっとそうなんだと信じるよ
希望を捨てたら負けだ

308 :病弱名無しさん:2013/11/16(土) 00:17:03.97 ID:t2Wzf9Wg0
天才は人間になれなかった妖怪人間ベムじゃん
でもテレポーション能力があるぜ

309 :病弱名無しさん:2013/11/16(土) 06:34:17.43 ID:FlRYySd70
あんた神霊界動向を何も知らないんだね。
人間を頃して喰う夜叉なんかのダキニ天や鬼子母神らは既に
正神界入りをしているんだぞ。ダキニは名古屋方向の豊川稲荷だけど。
極限まで人魂を喰らってエネルギーを貰ったからだ。

310 :病弱名無しさん:2013/11/16(土) 06:40:16.52 ID:FlRYySd70
あそこは夜叉にエネルギーを吸われる街だ。
昔から。

311 :病弱名無しさん:2013/11/17(日) 00:21:02.81 ID:x7fUHj/O0
ダキニ噂天夜叉は人の死を10日前に察知して天井裏に隠れる、
そして死んだら心臓だけを喰らいに来る。
愛知県の豊川稲荷はそう。ちなみにト○○自動車の社神や
○菱グループの社神も土佐稲荷と言って一聞、伊勢の外宮
豊受稲荷と思えるが内実はダキニ噂天稲荷。兵器産業死の
商人だけある。自動車メカは交通事故で死人が出るからダキニ
は喜ぶ。歴代天皇も何人かがダキニに帰依している。武家もそう。
現代日本ですら通力の強いこのような夜叉邪神により守られている。

312 :病弱名無しさん:2013/11/17(日) 00:29:13.03 ID:x7fUHj/O0
ダキニの怖ろしいところは願掛けして解きをしないと
物凄い反作用が来る。一族丸ごと滅亡する位の反作用だ。
同じ夜叉の歓喜天もそう。通力は非常に強い。
ちなみに鬼子母神・羅刹--日蓮、ダキニ豊川--曹洞、
歓喜天--真言ねと宗派は様々だが基本は皆、仲間だ。
土地に拠ってはそれらと縁の強い風土が在って、
東京日野市なんかは左道密教と呼ばれる歓喜天専門
男女合体真言が流行った所だが高野山が焚書した。

313 :病弱名無しさん:2013/11/17(日) 00:37:45.63 ID:x7fUHj/O0
左道密教は真言立川流とも呼ばれ立川〜日野〜高尾に掛けて
流行った。男女合体が即神成仏と説き、ドクロに精液を塗っ
たりしていた。淫嗣だ。宗派的には○○正○にDNAは継がれて
いる、との説がある。

314 :病弱名無しさん:2013/11/17(日) 00:58:01.68 ID:x7fUHj/O0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%B5%81_(%E5%AF%86%E6%95%99)

315 :病弱名無しさん:2013/11/17(日) 11:17:36.63 ID:5BPzUakp0
天才系は弁当弁、ゴッホゴッホ、飽く田川など皆神経質オーラがバリバリだな

霊に取りつかれて考えているのがわかる

316 :病弱名無しさん:2013/11/18(月) 00:50:19.18 ID:dzqh65f10
トランス体質は良いものに憑かれればグレートな結果が出る。
悪いものにも憑かれ易いってことだから悪いものだと徹底的に
悪くなる。だから良い方良い方良い影響良い影響に行くべきだ。

317 :病弱名無しさん:2013/11/19(火) 22:19:49.09 ID:t1PptXXr0
前後関係や進み方から思うが、全滅はおそらくダキニに何某かの
願掛けでもして反作用が来たのかもな。

318 :病弱名無しさん:2013/11/19(火) 23:32:40.10 ID:37oxoi9q0
始皇帝やナポレオンもすごくピリピリした感じする。

書物に魔に憑かれてたかと思われる記述がある。

319 :病弱名無しさん:2013/11/21(木) 02:16:41.95 ID:r5fWWcda0
キティも天才もメインは素質だよ。小さいときから何か人と違う
と周りも感じることが多く、実際にそれを見せることも多い。
年齢を重ねるとともにいつか本格的にそれを示す。

320 :病弱名無しさん:2013/11/21(木) 10:10:53.03 ID:CwxK4DLB0
他人とは相当異なることの行き先は狂人に決まっている

数学のキリスト、ゲーデルを見てみ
最後はそれで餓死

天才とは才能を見せなかったら単に気持ち悪い人間

321 :病弱名無しさん:2013/11/22(金) 14:57:36.51 ID:HfsBrXAlO
同じ人間とは思えないノイマンが天才といえるのはアインシュタインくらいと言っていますね。
まったくそのとおりと思います。
相対論を創始できなかったらただのお馬鹿さんで終わりでした。

322 :病弱名無しさん:2013/11/22(金) 20:58:05.11 ID:BUhPmGyA0
基地に生まれたらそのまま基地か天になるしかねえべwww

323 :病弱名無しさん:2013/11/22(金) 21:21:19.97 ID:jFzUoC8Q0
他と同列平均でないと不安で恥ずかしいのは日本社会だけだよ。
アメなんかはむしろ逆でエジソンなんか学校にも親が行かさなかった。
「学校に行くと平均人間」にしかならない、が理由らしい。

324 :病弱名無しさん:2013/11/23(土) 03:04:46.24 ID:d2M54tI60
天才と言われる前に天才には秀才の凄さはわかる。
しかし秀才にはその言われる前の天才の凄さがわかる人はほとんどいない。

325 :病弱名無しさん:2013/11/24(日) 11:47:03.17 ID:vke0dJkDO
確かにノイマンとアインシュタインではノイマンの方が知能指数は全然高かった。

しかし天才はアインシュタインの方だろうな。

326 :病弱名無しさん:2013/11/24(日) 23:59:21.59 ID:fBhh2T6Y0
ノイマンアーキテクチャのCPU搭載コンピュータは売れないぞ、
ハーバードアーキテクチャのインテルのばっかし。

327 :病弱名無しさん:2013/11/25(月) 02:04:07.80 ID:hXgv2hOz0
ぶっちゃけ千年紀の偉人リストに選ばれているのは
ほとんど基地外であり天才だと思う
フロイトとか皮肉だけどまさにそれだよね

偉人とは別路線だけどヒトラーやビンラディンもそれ

328 :病弱名無しさん:2013/11/26(火) 20:13:09.31 ID:/hYS2NV80
ここ面白い(笑)
 
イジーン!ゴー!

329 :病弱名無しさん:2013/11/26(火) 21:32:01.78 ID:vCjmOz/Z0
フロイト、マルクス、アインシュタインは毒天才。
理論だが実確証に乏しいんだな。
人間に災難も招く。
ナチの理屈に似て来るが。

330 :病弱名無しさん:2013/11/26(火) 21:59:16.88 ID:eEClYymd0
フロイトのおっさんは大したことない。

あのおっさんは自身の精神異常を治せてない。

私見だが無意識なんて別に大した発見ではない。

331 :病弱名無しさん:2013/11/26(火) 23:25:43.89 ID:f3qpLNgqO
 
 
 
天才の子はぶっちゃけ 醜いアヒルの子 やん
 

 
アヒルの子はアヒル
白鳥を見たことないやん

332 :病弱名無しさん:2013/11/28(木) 14:40:02.24 ID:5HiMKGO3O
フロイトは自身の精神構造をインスピレーションしただけじゃんか
芸術から学問まで幅広い領域で功績を残したダビンチとは比較にならん

333 :病弱名無しさん:2013/11/28(木) 22:28:55.75 ID:jsJWrEuW0
基礎医学やナチを出したゲルマン・ドイツと、ノイマンやアインやマルクス
のようなユダ系とは宇宙の出所が違うな。まぁノイマンが無ければ今のips
や遺伝子解析も出来んかったが。
ユダ/アングロサクソンは基本的には肉食バーバリストだからな。

334 :病弱名無しさん:2013/11/30(土) 23:00:31.71 ID:/Q5OQGEw0
天才って難しい人が多いから中にはへそ曲がりやあまのじゃくで
才能を隠したり変な使い方する人いないかしら。

そういう場合は全然認められなかったり誤解されたまま終わります。

類い希な才能も実は開花させるって実に難しいことですよね。

335 :病弱名無しさん:2013/12/01(日) 02:01:10.86 ID:gu2CPfgV0
天才はね毛色の変わった秀才のことさ
普通の学校教育ではそれほど目立たない

336 :病弱名無しさん:2013/12/01(日) 22:47:00.84 ID:Ejz5pOgOO
天才の才能は目に見える分かりやすい実績になって初めて大抵の人間に理解できる。

潜在能力だけで実績にならない場合は何が能力なのか極めて一部の人間にしか理解できないだろう。

337 :病弱名無しさん:2013/12/02(月) 22:41:59.98 ID:8OXOuDvb0
そりゃ今は実績主義だろ。無駄な通勤時間を使って出社だけしてサラリーを
貰って平均並平君で安心、の時代は遠の昔に終わっている。
だから並平君らには仕事は無い。

昼まで寝ていて自宅2時間仕事で実績は並平君の4倍なんてのが当たり前。
ソフト開発なんか、それすら今は許されない。理数力に長けたインド人が
通信回線でソフト開発を日本人の数倍の効率で安価にやってしまう。
日本人は9×9:81で暗記終わりだけどインド人は99×99まで暗記している。

ITの進歩でサラリーだけ貰いに来る穀潰しは何処の企業も必要とはしない。

338 :病弱名無しさん:2013/12/03(火) 09:27:38.62 ID:MpuwQiN50
おお、これは厳しい。

俗にいう優秀な頭脳と豊富な知識は天才にとり却ってマイナスになる。

天才にはいくつかの条件が揃う必要がある。

これはその1つ。

339 :病弱名無しさん:2013/12/03(火) 18:40:35.18 ID:hMgkNyvB0
シーザーが出てますがシーザーはあの時代に40歳近くかな(?)まで浪人
プータローやってました(笑)
理由はわかりませんがシーザーは臆病だったみたいです

340 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 03:02:32.57 ID:HPcFhb4K0
卵は色々と料理があるだろ。目玉焼きとかターンオーバーとかサニーサイドアップとか

341 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 09:16:58.27 ID:vp00d95ki
基地が天才のなんちゃらとか言うやつまだいるんだ
ばかじゃね?
天才肌の基地は元々病前から素質があるんだよ
99.999%のメンヘラは平凡

342 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 11:41:16.76 ID:+ckRpim+0
超バカ基地=天才

343 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 13:59:51.21 ID:cwKXgF0R0
基地=天才 と 単なるバカ を分けるポイントは
ほんの0.00000000001% だよ。
結果論だよ結果論。

344 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 17:36:58.40 ID:cwKXgF0R0
やる気 と 才能
1970年代のアメリカの援助国にはイスラエル、韓国、南ベトナム が在った。
どれも対共産主義の橋頭保・崖っ縁国家。

一番やる気があったのはイスラエル。イスラエルはユダヤ国家だから才能もある。
韓国はまん中。グータラなのは南ベトナムだった。経済や武器を最も援助したのに
やる気が無いどころか贈賄体質で共産主義者に武器や財を横流しする始末。
最後はサイゴンは共産軍で陥落した駄目駄目国。当時の南ベトナム指導者らは
ベトナム戦争後にはアメリカに渡りヤクザに成ったどうしようも無い連中。

やはり才能とやる気と結果はどれも正比例するのだ。
人間でも国家でも。

345 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 21:20:02.58 ID:6iqcfUaP0
メンへになってる原因にも依るだろうな
 
少なくとも普通の人間の精神や考えでは可能性が低いのは確か

346 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 21:56:39.92 ID:P8zuN5Wd0
ttp://www.youtube.com/watch?v=sAt8Tt8lZZE

ユダヤ人って言うと天才が多いから天狗で高プライドと思いがちだが、
実の常呂は結構 情け深くて特に日本人が困っていると助けてもくれる人種。
苦労をしている人間には同情的で気心を読んで寄って来たりする。

古来からユダヤ人は人心を読むに長けているので医者や弁護士が多い。
白人よりもアジア人の持つ以心伝心に近いものを持つ。

347 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 22:42:51.57 ID:YPufTnyCO
脳力や感性を要する学者、芸術家も器量を要する政治家なんかも
ある種のへなちょこな素質があった方が大成するみたいよ。

348 :病弱名無しさん:2013/12/04(水) 23:05:52.43 ID:P8zuN5Wd0
末期の南ベトナムだけは腐ったグータラ傀儡でグエンバンチューなんかは
アメリカからの援助を全部、懐に入れていた。米軍の輸送機が支援物資や
武器を投下するとそこで待っていたのは共産軍だった。情報が筒抜け。
軍人らは共産側に金で買収だ。だからアメリカ民主党は見限ったのだ。
やる気の無い奴に手取り足取りをしても駄目なのだ。

349 :病弱名無しさん:2013/12/07(土) 09:53:09.52 ID:Y7Xv80lz0
独特の素質を持った者と独特の環境や学習、体験の出会いが天才を誕生させる

350 :病弱名無しさん:2013/12/07(土) 10:39:40.41 ID:t1U2pEEjO
道端に紙幣と初めて見るお宝があったとする。

紙幣を持ち去るのが普通だ。

351 :病弱名無しさん:2013/12/07(土) 17:58:13.99 ID:dfJRRnxP0
どっちも持ち去る?

352 :病弱名無しさん:2013/12/07(土) 22:46:40.11 ID:vQwK5voZ0
列島先住の縄文人はメンヘラーだよ。
岡本太郎の彫刻なんて縄文アートだけど派手でセクシーな丸みのカーブで
凄い。何たって縄文は8000年の歴史。土偶なんてのも宇宙人説があるしな。

353 :病弱名無しさん:2013/12/07(土) 23:25:17.35 ID:dfJRRnxP0
ソ連の学者が宇宙服の参考にした伝説

354 :病弱名無しさん:2013/12/08(日) 00:31:01.33 ID:hkuk3Uea0
メンヘラは顔つきで分かるくらい多くは超繊細だろ。
その繊細な神経が各分野で必要な能力を刺激すると天才的能力へ変貌するんだよ。

355 :病弱名無しさん:2013/12/08(日) 22:53:23.58 ID:adbzur16O
噂で聞いて来た宝島の宝物の場所が分からない者は
宝島ではないと思うので宝物にはありつけない

356 :病弱名無しさん:2013/12/08(日) 22:59:56.41 ID:TZlJ6W3Q0
うるせーバカ

357 :病弱名無しさん:2013/12/08(日) 23:02:49.93 ID:gBCXHlj00
そりゃ宝は金のありそうなエリアの方がホントにある率も高い罠
縄文エリアには木の実はありそうだが農作物は少ない。

358 :病弱名無しさん:2013/12/09(月) 05:13:56.23 ID:HH3OW3Tt0
アインシュタインにアスペルガーの気があったのは有名な話だよね。

彼の価値がわからなかった人にはただの障害にしか思えなかったはず。

しかし最近では天才は某かの障害を持っている人が極めて多いのも良く知られるようになった。

359 :病弱名無しさん:2013/12/09(月) 23:51:19.17 ID:E52mtNlL0
光なんか研究するからだ。アインの理論よりも今は星同士の反発-引力に
超伝導説が出て来ているね。ニュートンからアインへ、アインから超伝導。
光なんて、だいたい日本の言霊でも人:ヒト、は、日止る、から来ている。

360 :病弱名無しさん:2013/12/11(水) 09:35:05.79 ID:Jvg2M82cO
政治家も公務員も企業戦士も秀才だけでは先細。

秀才だけならまだ凡人だけの方がましなケースも見受けられる。

361 :病弱名無しさん:2013/12/12(木) 12:19:43.59 ID:8IwvCTgc0
人を見抜くにも才能と経験が要る。

その上で普段をよく見ていれば年齢、性別、経歴、地位、
有名無名、有職無職等に関わらず、潜在力も実力もわかる。

わからない人間にはおいそれとはわからないものである。

362 :病弱名無しさん:2013/12/12(木) 18:36:06.15 ID:oVTiqKBp0
>>358
勘違いしてる人多いがあれは典型的な学習障害、adhdの傾向だぞ
ちゃんとアスペルガーやadhdについて学べばわかってくる
むしろアスペルガーとは逆の行動パターン、思考パターンしてる
エジソン、ダヴィンチ、信長とかも発達障害の傾向があったがそれがアスペルガーの傾向にはならないからね
これを発達障害に疎い健常者達皆が勘違いしてる

363 :病弱名無しさん:2013/12/12(木) 21:11:50.79 ID:Kbp/3u/l0
個人差ありますけど企業の人事や学校の先生には経験上ある程度人をみる能力があります

364 :病弱名無しさん:2013/12/12(木) 22:03:50.52 ID:aHA30Vz3O
人って、子供ってみんないろんな個性があるわな。
大学入試改革でまた一律に面接重視に改革しようとしているけれど、実はいろんな方法があっていいんだ。
飛び級とかも結構だし、学校行かないのもあっていいしな。
こうしていれば本当は平等で問題児童はいなくなるんだ。
天才も早期に見つかる。

365 :病弱名無しさん:2013/12/13(金) 11:06:03.50 ID:bQHh9rcP0
ガッコに行くことのメリットとデメリット、
逆に行かないことのメリットとデメリットがあんだろ。

学部学科でもそう。

そんでも今の日本社会では天才は出難いだろ。

366 :病弱名無しさん:2013/12/13(金) 12:09:15.08 ID:xnAJ9Jns0
天才もきちも病気
以上

367 :病弱名無しさん:2013/12/13(金) 20:39:34.52 ID:4Vz47ElB0
あべちんの改革は自分も選考方法変えてくれたら東大行けたゆうこったろうな〜

368 :病弱名無しさん:2013/12/14(土) 08:32:56.77 ID:e9DjTCDEO
オレは中学時代に誰にも教えられなくも宇宙はスタンドアロンなものではないとか
宇宙の真空には何らかのものがあると思考していたよ。
天才とはこんな事だろ。

369 :病弱名無しさん:2013/12/15(日) 12:26:29.04 ID:zq+xFdoB0
オレはお宝吸い上げ効率は更に何倍もいい宇宙造り変えのページが
地名無しでググるとトップになった。全国レベルだ罠な。
日ごろの宇宙研究の成果だ罠。

370 :病弱名無しさん:2013/12/15(日) 13:12:18.36 ID:HB7lZHACP
Test

371 :病弱名無しさん:2013/12/17(火) 09:16:21.37 ID:zOkxSVp30
キリストと釈迦はメンへ
マホメットも?
宗教系はメンへ?

372 :病弱名無しさん:2013/12/17(火) 23:43:58.39 ID:PQsT84BJ0
キリストは人間の能力自体を認めていない。
あくまでイエスの十字架張り付けの血で人間は罪から救われている、
とする他力的考えだよ。メンヘったら自由的だが・・・

373 :病弱名無しさん:2013/12/18(水) 14:59:44.78 ID:l3mahHs7O
モハメッドは確か文盲だったけど司令官の素質はかなりあったみたいだ。
頭の良さ賢さ性格など多機能なものが要求される。
たぶん基地外とは違うだろう。

374 :病弱名無しさん:2013/12/19(木) 07:58:03.70 ID:Xff/VUWVO
普通の人間は決して天才にならない
しかしキチガイにも決してならない
普通が一番のしあわせ

375 :病弱名無しさん:2013/12/19(木) 14:20:31.62 ID:Rj4fS6pI0
能力って素質と学習習得で決まる。
天才は素質つまりセンスが大きい。
複雑論理的思考すなわち努力なしに直感的に理解、解決できる。
いわば特化した高速マイクロチップを元々持っている。
目的に適合できた場合だけその優れた真価を発揮する。

376 :病弱名無しさん:2013/12/20(金) 09:15:03.63 ID:ZPEwWV8G0
そうだ、学習力だ。やる気の無いグータラの南ベトナム軍に近代兵器を供与しても
敵方に売り飛ばすだけ。ユダヤイスラエル軍はどんな国のどんな時代の兵器でも
たとえ捕獲兵器でも改造して使いこなす。

80年代に言われていたことだが若い奴は出花の頃のICチップは使いこなせない。
80過ぎの爺さん教授は簡単に使いこなす。学習の仕方を知っているからだ。

377 :病弱名無しさん:2013/12/20(金) 14:45:23.11 ID:+Scw40rN0
アインシュタインの脳は逝去後保存され研究分析された。
対するにノイマン他天才の脳をこのようにした話は聞かない。
そのくらいアインシュタインの理論は格段に画期的な理論である。
抜群に突出していたわけでもない氏がなぜそのようなことができたのか興味を持たれたためであろう。
 
その能力は生まれながらの部分的に異質な脳神経回路が幼少期の異質な環境で特有に発達したものだ。
脳全体から見ればほんの僅かな差に過ぎないが、成長により累積すると働きは大きく違ってくる。
アインシュタインの天才はその結果である。
成果は全く異なるが、変わった人間、異様な人間は天才の同類といえる。

378 :病弱名無しさん:2013/12/23(月) 17:44:22.50 ID:mCjDVHTCO
きちがいは三度の飯より孟宗が好き

379 :病弱名無しさん:2013/12/23(月) 21:31:18.39 ID:rrh07Wxc0
ノイマンのCPU発明が無かったらコンピュータも無かったから
遺伝子解析も出来んかったしIPSも出て来なかった。

更に言えばテスラーの送配電技術が無かったら発電は出来ても
都市部に電力を送れないからコンピュータも動かないし文明そのものが
成り立たない。電車の動力である交流モーターの誘導電動機もテスラ発明
だがやはりテスラーが居なかったら今の新幹線や電気鉄道も無い。

アインは原爆と原発だ。宇宙や光もアインだが。

380 :病弱名無しさん:2013/12/26(木) 23:21:06.20 ID:1AaJZc3a0
ある程度は努力だろ。機械に使われる時代にしても機械を理解してやらないと。
単にグーで毎日機械と戯れているわけでもないし。

381 :病弱名無しさん:2013/12/27(金) 00:52:56.85 ID:+K6I6rG7O
天才も俊才も偉くなる人も努力なしで出世は不可能よ。

それぞれ元々の才覚は異なるけどどれも並みの努力ではなれません。

まずは才覚に一点集中した努力があってこそ実ります。

あとはエンジェルが降りて来るかどうかだけです。

382 :病弱名無しさん:2013/12/27(金) 11:49:02.96 ID:OfhI4TJk0
何事もすべては生来の才能なんだよ。
才能とは性格と同じで人により違うもん。
努力で同じようになったりはしないてよ。

383 :病弱名無しさん:2013/12/28(土) 11:46:04.28 ID:iSod+rE20
天才は一代限りその人限りのものなんだよね。
家系に問題がある人が大多数を占めていて、
努力や真似によりできあがる人ではないんだ。
単なる患者になるか天才になるかはほとんど運だね。
遺伝的素質で普通でなくなるため患者になりやすく、
上手く発揮できなくても同じ才能は出現しないね。

384 :病弱名無しさん:2013/12/28(土) 15:25:46.63 ID:vf7OWCf90
知性は所与のものではないという
http://timefetcher.blogspot.jp/2013/08/blog-post_25.html

385 :病弱名無しさん:2013/12/28(土) 21:42:46.35 ID:aVoJSvmC0
そりゃそうさ。そもそもITは米軍mil規格から派生したものだし中央処理ではない
分散処理から来たものだし、分散処理なら一つが核攻撃で殲滅しても他は等価で
生き残るから継戦可能になる。

生存:セーバビリィテイー最優先なのがITでまず結論ありき、なのもIT。
旧来日本語の序論本論結論タイプはITには合わない。ヤフやググでも低評価だ。

分散処理は最初にやり出したのはアメリカのDEC社で今はコムパックに統合されたが
そのコムパックもHPに統合された。それ以前はIBMの360のようなタンス大の
メインフレームと呼ばれる大型コンで集中処理をやっていた。
今のパソコンはその時代の国家中枢が使っていた物より容量も速度も凄い。

386 :病弱名無しさん:2013/12/28(土) 22:01:54.34 ID:aVoJSvmC0
メモリー集積度250T テラ Dram くらいが出て来れば
生物遺伝子次元の3Dプリンターなんかも出来るかも?

387 :病弱名無しさん:2013/12/29(日) 05:49:49.85 ID:Nm9atpx90
人間と機械等は別物じゃないすか?
そっくりまねて作っても同じものじゃないすよね
個体での同じものは作成不可能かと

388 :病弱名無しさん:2013/12/29(日) 14:27:02.71 ID:/ZoGdqhG0
使われないで終わる才能は使えばどういうものであったか大抵の人にはわからない。
 
もし役に立つものであったなら勿体ないことではある。

389 :病弱名無しさん:2013/12/29(日) 20:54:59.63 ID:BCrMcAxT0
ググは90%無人のほぼ完全機械ぢゃ。アルゴはしょっちゅう変わるがのぅ。
ヤフは半分はカネぢゃ。人為が絡むカネ次第ぢゃ。

390 :病弱名無しさん:2013/12/30(月) 08:20:48.38 ID:FNAx+XYLO
天才は俄然素材がものをいいます。
極めて良い良質素材から作られる作品が英才ですね。
一方天才は一見決して良くない変わった素材から作られます。
同じように作っても素材が違うから工程も完成品も違ってきます。
後者は当然未完成品の段階では良質な素材のものに劣って見える場合が多いですね。
最後の完成品になって初めてその全然違う素晴らしさが明らかになるわけです。

391 :病弱名無しさん:2013/12/30(月) 22:52:05.70 ID:Pr3rY2Xj0
どんなにいい素材で美しく作っても宣伝屋の評価が低ければ駄作。
もっと極論すればコンバージョン率:儲け に繋がらなければ無意味。

宣伝屋の走りに載らない奴は当初構造から駄目

392 :病弱名無しさん:2014/01/01(水) 19:21:09.16 ID:UhDQ1JLDO
天才の共通点である異様なパッションは外的要因による偏った脳の発達に起因するのかと
だからといって子供が出来ても虐待しろとは言ってないからね
身体的鍛錬によってもこのような特質を育む事ができるのではないかなあと

393 :病弱名無しさん:2014/01/02(木) 01:36:21.81 ID:22FJRC/R0
天才が基地外と紙一重と指摘したのは精神科医だが、
それが正しいことはすでに明らかになっている
 
天才は正常な人間ではない

394 :病弱名無しさん:2014/01/02(木) 21:23:47.53 ID:xWUoUqMQ0
オレまた○○ちゃんちの方逝かなきゃならん

395 :病弱名無しさん:2014/01/02(木) 23:06:25.28 ID:bvVFrJma0
天才はメンヘラかもしらんがメンヘラだからといって天才じゃねえじゃん
ァアハハハハハノゝノゝ/\/\/\ /\

396 :病弱名無しさん:2014/01/04(土) 01:07:34.83 ID:JetdIRx90
センスのいい奴は1営業所で月に2億は売り上げるね。
そんな営業所を15とか20近く持っていたりで、
今はアグレッシブな奴はどんどん大きくなる。
社会主義を未だ信じる奴は食うのがやっとで、やがては
格差社会は階級社会と化すらしい。

誰も助けてはくれないぞ。自分で這い上がるしかない。

397 :病弱名無しさん:2014/01/04(土) 01:27:15.59 ID:JetdIRx90

オレの尊敬する独裁者の話。
社民党は既に死んだんだよ。
社会主義要素は今後益々無くなる。
儲ける奴は幾らでも儲けて巨大化する。
ニートは奴隷化して都合の良いときだけ
極低賃金で虫けらのように使い捨てられる。
キャピタルのある奴だけが拡大再生産できる社会になる。
泣いても笑ってもキャピタリズム:資本主義なんだから。
病気も金で直せるようになる。

398 :病弱名無しさん:2014/01/05(日) 16:30:44.38 ID:nmUKbRiNO
量子論の創始者の一角にもかなり奇異な人がいたね。

頭の良さって一体何じゃい?

399 :病弱名無しさん:2014/01/05(日) 21:19:39.05 ID:w3QCBXnm0
ダ・ヴィンチはあの時代に解剖やら飛行器械やらにも手を着けてた。
多くの天才にはある共通する才能があると思うな。

400 :病弱名無しさん:2014/01/05(日) 22:03:11.38 ID:Y8LgXbPB0
まっこう臭い話だけど日本でダビンチに例えられるのは弘法大師だね。
空海は日本の霊的スポを押えているから天才とは地力影響もあんだろ。
努力しないで波に乗って功徳だからね。

401 :病弱名無しさん:2014/01/06(月) 09:06:34.94 ID:mKFhaVp20
遺伝子レベルでは似たような部分があるかもしれない
しかし、人間の価値観、社会環境によって天才と言われる

物理を理解する才能であれば天才と呼ばれるだろう
しかし、鼻くそを誰よりも正確に安全にほじる才能だったら基地外で終わる
才能が社会で評価されるものだったかどうか

402 :病弱名無しさん:2014/01/06(月) 20:07:03.69 ID:M20PQ7QF0
一昔前なら物理でもソフト業界が拾ったが今はインド人に取られてダメ。
再就職すれば喧嘩はするし、「人間は動物だ」とかホザくし結婚もしない。
物理は箸にも棒にも掛からない。最後はどうなるのだろう?

酷立も身だしなみが出鱈目で耳の穴は汚たないし風呂にも余り入らないし
社交マナーのマの字も無いから何度もリストラ。かーちゃん子供も居るのに
呆れる。人間は学が無いのも困るがあり過ぎてモラトリ時代が長すぎると
腐る。過ぎたるは及ばざるが如し。

403 :病弱名無しさん:2014/01/07(火) 12:13:12.90 ID:bCDv+56A0
人間は知能の発達により種々の障害を乗り越えてきた。
つまり高い知能は障害があるからこそなし得たことである。
天才はこれの延長に位置する災い転じて福となす例なんだ。
成功例はごくわずかだが何等かの障害のある者よ、腐らずそれを乗り越えよ。
そして自己と社会に恵みの光をもたらしたまえ。

404 :病弱名無しさん:2014/01/08(水) 09:37:32.76 ID:Je7ddE0O0
天才は元々天才
天才なんだから普通じゃない
価値が広く認められるかどうかだけが分岐点
評価されなければ当然基地


 
はい終了

405 :病弱名無しさん:2014/01/09(木) 07:30:32.55 ID:QdWMhN4O0
メンヘラも天才も一流料理人職人も男性の方が圧倒に多いです。

女性は種の保存が重要な任務だからと思われます。

いきなり変化することは基本的に好ましくないからです。

より有利になるための試験台が男子に課せられた任務なのでしょう。

406 :病弱名無しさん:2014/01/09(木) 21:54:14.83 ID:xqEUKVQF0
女大社長なんかも居るには居る。
それも荒々しい男イメージの業界に。
本気モードでの執念は女の方が遥かに強い。
非常事態でも男より冷静な女性は居る。

407 :病弱名無しさん:2014/01/11(土) 22:53:51.48 ID:9Da4XgDWO
孟宗竹に終わるか世界を覆えす仕事になるか
どっちにしても常識人からみたら怖いものだ
精神を病んでいるというと怖いイメージあるが、関係あるんだろうな

408 :病弱名無しさん:2014/01/11(土) 23:47:43.96 ID:NKemxCtA0
男なみの女は脳が男
性同一なんちゃら障害
すげえええこえええ女知ってる

409 :病弱名無しさん:2014/01/12(日) 00:31:43.60 ID:OwxaW/4d0
今は女の方が度胸のある奴が居る。
野郎はチャッチイ奴ばっか。
巨大組織をトップで動かしているのが
女だったりする。

410 :病弱名無しさん:2014/01/12(日) 21:34:49.51 ID:58eSiuHX0
天才か基地外かなんてタイプはそうは滅多に見かけない。

変わった人と言ってもよく見れば結局それも普通の範疇のことがほとんど。

ゴッホのように自画像に耳が邪魔だと切り落とすようなのはいない。

411 :病弱名無しさん:2014/01/15(水) 12:48:04.36 ID:CBQEnz8W0
あんた基地外じゃね?

412 :病弱名無しさん:2014/01/15(水) 21:11:01.48 ID:/+J2jKzC0
天才は皆の乗る乗物と違う乗物に乗ってるだけさ

413 :病弱名無しさん:2014/01/15(水) 22:48:24.83 ID:nQNcvghE0
ttp://www.youtube.com/watch?v=Gj7Ezl5qoTY

ゲタとスニーカーは違うだろうけど
虚しいゲタだ

414 :病弱名無しさん:2014/01/16(木) 07:50:49.79 ID:h0sgCjTZO
小泉息子みたいに学歴と無関係に新人にして首相候補と目されるようなのがおる。

おそらく指南役もいるだろうが、あれは天性の才能。

天性がもっともっともっともっともっとずば抜けていたら天才なんですな。

415 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:32:29.91 ID:KmHwTerk0
唾恐怖

416 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:38:23.43 ID:KmHwTerk0
視線恐怖

417 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:39:52.21 ID:KmHwTerk0
統合失調症

418 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:43:17.25 ID:KmHwTerk0
人格障害

419 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:50:16.16 ID:KmHwTerk0
うつ病

420 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 15:59:37.26 ID:KmHwTerk0
ヒステリー

421 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 16:01:08.04 ID:KmHwTerk0
強迫観念

422 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 20:27:48.36 ID:kJHNQHNU0
学問的分野での天才肌の児童は、深い理解に伴う疑問や批判精神が湧き出ることから、
扱い難い生徒として教師に敬遠されることもある。
だが多くは義務教育課程の成績は優秀で著名な大学に入学し、飛び級する者も多く、
幼少時からの学校教育の秀才かつ学者として大成した天才が多い
 
少なくとも学問では元から優秀な者が大多数を占める。

423 :病弱名無しさん:2014/01/18(土) 22:43:00.14 ID:DTG8rna7O
伸びるといろんなものが湧いてくるな

424 :病弱名無しさん:2014/01/19(日) 21:32:17.93 ID:v7kXzpne0
天才とは秀才とは同列上にいないから天才なのに秀才と被るようではおかしい。
そもそもの想定が違うな。

425 :病弱名無しさん:2014/01/20(月) 07:34:35.58 ID:xLnnEqHiO
あのな、キチも天才も秀才もすべては地だよ。

地があってこそ成り立つ。

426 :病弱名無しさん:2014/01/20(月) 16:48:57.70 ID:zuiHo5QW0
執着心の差かな?病的な執着。

427 :病弱名無しさん:2014/01/20(月) 21:16:42.86 ID:bP6FQaeg0
ガウスみたいに2つや3つで大人の計算間違いを指摘するのは生まれつきなんだろうが
環境など途上体験も大きいだろう。
 
科学者も40歳くらいまではなかなか新発見などしてないから、よほど生来斬新な頭脳でないと
難しく、やはり経験は重要な素因に見える。
 
これに加うるに桁はずれた集中力と粘着性も必須条件になっているには違いない。
長年または瞬時にしろこれを反復すれば無論精神がおかしくなる場合も当然ある。

428 :病弱名無しさん:2014/01/20(月) 22:20:50.94 ID:6+WO+3cC0
アイディアなんかは突然に思い付くもの。
某巨大コンピュータ企業の研究所員なんかはいつも胸ポケに
小ノートのペンを入れてある。忘れないうちに記録するのだ。
粘着性は開発過程で必要なだけで、むしろ雑念の中にこそチャンスはあるのでは?

429 :病弱名無しさん:2014/01/22(水) 07:01:20.66 ID:YLy15ZM9O
天才は遺伝だよ。遺伝。
稀にしかいないのが何よりの証拠だよ。

430 :病弱名無しさん:2014/01/22(水) 11:49:30.12 ID:hQpBuApM0
おーい ○○南市向けの奴に凄い写真のっけたぞーー

431 :病弱名無しさん:2014/01/22(水) 21:27:20.20 ID:ZPp2RxaL0
天才はIQとは相関関係ないのですが取り上げる人がいまだにいますね。
 
学業、仕事でも大きな関係はないみたいですよ。
 
歳の離れた従兄はIQ134だったけど部長補佐(中堅規模の会社)で定年になります。
 

432 :病弱名無しさん:2014/01/22(水) 21:45:09.38 ID:ZHQ/tx1H0
大人に知能なんか意味ないだろ。
精神状態で10幾つ変わるし体調にもよる。
たまたまMaxだったんだろ。

433 :病弱名無しさん:2014/01/23(木) 22:26:47.26 ID:RQLUpe4IO
ユダの血がないと天才ムリだよ

434 :病弱名無しさん:2014/01/23(木) 23:19:49.39 ID:Jta0elA70
物部、蘇我、藤原らは皆、半島系ユダ。もっとも今居る半島人らとは全然異なる。
縄文は列島先住で8000年の歴史を持つ。
物部は仏教導入時に敗北して東北にも多数が逃げている。
当時は戦乱で負けると一人一人を探し当てて頃していた。
「鹿島」とか「石」とか、「矢」が付くのは物部系。縄文アイヌとも混ざっている。

435 :病弱名無しさん:2014/01/24(金) 21:33:13.68 ID:Uf9Tcu/K0
天才は遺伝と環境の相互作用により誕生する。
 
特定の民族に多少の偏りがあるのがそれを示す。
 
遺伝と環境のいずれもが少々特殊であることを暗示するだろう。
 
天才性が発達すると、ともに劣性な部分も発達し民族性を構成すると思われる。

436 :病弱名無しさん:2014/01/25(土) 00:15:03.01 ID:WCQ5Tysd0
>>431
天才、偉人、芸術家は右脳の直感、創造力、空間認識、感受性が発達してる奴が多いという説がある
これらの能力はテスト、偏差値では計れないからね

437 :病弱名無しさん:2014/01/25(土) 12:08:49.07 ID:irsF8pIlO
ピカソも元々普通の絵もうまかったんだよ。
天才は元々キチに優秀なところを持っているんだよ。

438 :病弱名無しさん:2014/01/26(日) 10:39:28.38 ID:v+P9rz3M0
物部は技術集団であるに対し、蘇我は管理事務集団だった。
おそらく蘇我はユダ系ではないだろうな。
しかし得意の管理事務が軍事を巧みにコントロールし競り勝ったんだろう。
まあ言ってみれば経営が技術に打ち勝つパナ対ソニみたいなものだ。

439 :病弱名無しさん:2014/01/26(日) 23:05:38.85 ID:BI2DVJvs0
祭り事の天才はやはり藤原だろ。
出雲からは神道形式をそのまま横取りだし、
蘇我は鎌足が「このぉーチ○○公」って滅多差しで頃して滅ぼしたし、
(神官なのに度胸モン)
仏教も弘法を使って密教化で上手く改造して取り入れたし、
優柔不断。

440 :病弱名無しさん:2014/01/27(月) 17:56:03.37 ID:S5QlyVC70
富士笑のノータリン大きらい

441 :病弱名無しさん:2014/01/27(月) 22:23:29.57 ID:lTLUo93K0
物部なんか入ったら大変だよ。仏教禁止だから仏壇やイハイは強制回収焼き。
神道の総科学会だよ。母方の婆さんがそうだけど寄り付かない。
九州と関西に多い。縄モン説、ユダヤ説いろいろあるけど。

442 :病弱名無しさん:2014/01/28(火) 17:10:03.34 ID:5CUCJBYY0
物部の説で有力なのは秦の始皇帝が不老不死を求めと徐福という男に、不老不死の薬つくってと頼む
そしたら徐福は東に神の聖なる山があります、そこにあるものを調合すれば不老不死の薬をつくれます。旅の資金と若者の技術者を用意すればいきます
って感じで旅にいったがそのまま帰らず
実は徐福一行は富士山を目指して日本に来て、そのまま住み着いて日本の権力者になり、他の権力者と日本のボス争いして無血敗北して勝ったほうが天皇に、徐福一行は物部になった説がある

443 :病弱名無しさん:2014/01/28(火) 21:50:04.38 ID:4BrmsJZl0
物部も蘇我も元祖は大陸北方民族
大陸での覇権抗争の負け組
物部はロシア経由のゲルマン末裔
混血で品質低下

444 :病弱名無しさん:2014/01/28(火) 22:51:52.41 ID:ouX1GiRE0
嫁に来たのに嫁ぎ先の仏壇をぶっ壊して神式にしちまう婆さんだった。
オレは両方に挟まれた聖徳太子だ。親戚が蘇我-物部に割れている。
困ったものだ。

445 :病弱名無しさん:2014/01/29(水) 10:21:23.34 ID:D3AmVJPBO
聖徳太子は実在しない人物ね。

一を聞いて十を知る。全くウソ。

憲法や制度、本当の主役を権威付ける黒幕の印象操作だね。

あれは天才の考える作品ではないね。

446 :病弱名無しさん:2014/01/29(水) 21:34:13.92 ID:7jbKYI850
大使はロボット説もあるような希ガス

447 :病弱名無しさん:2014/01/30(木) 07:49:46.30 ID:C3FApWlP0
ips細胞の作成が簡易に可能なことが発見された。かなり画期的といえる。
AO入試組で、しかも女性である。
この人がノーマルかどうかはわからないが通常の入試なら弾かれたであろう。
能力がありながら評価されない場合は精神を病んでしまう可能性がある。
とりわけ画期的な大発見をする頭脳はノーマルからは産まれない。
評価されて幸いであった。

448 :病弱名無しさん:2014/01/30(木) 12:46:23.17 ID:D0MWF7OdO
おまえら無色だからといって落ち込むなて

昔のヨーロッパの天才は無色と形だけの職のやつばっか

ダーウィもマルクもみーんなごく潰し

養ってもらってたんだよ

449 :病弱名無しさん:2014/02/01(土) 15:56:15.79 ID:1eBtkufY0
stap細胞は女の子だけど素直に凄いと思う

ある意味女だからできたのかも知れない

キュリー女史と同じようなものかな

450 :病弱名無しさん:2014/02/02(日) 00:43:39.35 ID:U6Q2SAi2O
キューピー夫人

451 :病弱名無しさん:2014/02/02(日) 10:28:17.71 ID:rIUNCQJ20
基地外は優れた能力があっても基地外がハンデになってそう簡単に世に出ることはないぞ。

452 :病弱名無しさん:2014/02/03(月) 13:56:05.72 ID:ILakNGs60
小保方さんは発見自体は天才『的』でもメンヘラは勿論天才とも関係ない気がする。
これまでの役割のせいか女性の天才はかなり少ない。
普通だが大変に優秀な人+大変な幸運というケースではないか。

453 :病弱名無しさん:2014/02/03(月) 21:16:20.82 ID:c6Kxv1Q10
天才は障害とともにあるんですね。ダヴィンチ、コペルニクス、ダーウィン
カント、ニュートン、最近ではアインシュタイン、ケインズなど多数います。
 
アインシュタインは自身が言葉やコミュニケーションが苦手な障害があり、
子息は精神疾患でした。上記の方も親族には精神障害者が必ずいます。
 
精神力学的に障害が持たらすアンバランスのなかにあって無意識の世界で
創造がなされるわけです。

454 :病弱名無しさん:2014/02/04(火) 11:34:50.84 ID:r2J7jxzMO
それはいつ生まれたのか誰も知らない。
暗い音のない世界で一つの細胞が分かれて増えていき
三つの生き物が生まれた。

彼らはもちろん人間ではない。動物でもない。
しかしその醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。
そう、それは…




 
 
ギャー!

455 :病弱名無しさん:2014/02/04(火) 23:18:45.92 ID:opiChk3i0
日本列島は半島に向けて開いた女性○なんです。さういう形をしています。
半島は男○○。そんで大阪の四天王寺の場所がク○○○○なんです。
四天王寺は本来は物部が押さえていたが仏教導入戦争で蘇我や太子の半島勢力に
取られた。局部を押さえれば蛇の頭を押さえた如く全体を取れる。
古来から天才は地のパワー流を見抜くんです。
縄文や長スネヒコのような先住系は物部に刀狩りされていたから蘇我-仏教ライン
に付いた。8000年歴史を持つがノンビリし過ぎてもいた。

456 :病弱名無しさん:2014/02/05(水) 12:15:01.80 ID:0kaa4K190
聖徳太子は例の有名な肖像画の中央の人物ではなく、両側の人物という説がある。

つまり驚くことにまだ子供であり、しかも双子どころか五つ子であるとする。

10人の話を一度に聞くことができたのには1人で2人の話を聞くというからくりがあったのである。

他人より少し優秀な人間なら中学生程度でも一度に2人分くらいの話を聞くことは可能である。

従って当然ながら中央の人物は天皇ということになる。

457 :病弱名無しさん:2014/02/05(水) 20:51:08.72 ID:NF4E5b2E0
聖徳太子は御母さんは丹後の挑戦人だ。
棲旬天皇は蘇我に暗殺された。だから鎌足は怒った。
大化の改新以降、挑戦仏魔は鳴りを潜めてその後は天台の中にひっそりと
息づいていたが鎌倉になって某上人で再び興された。
だから物部系の霊統だった信長は比叡山を焼き討ちにした。

458 :病弱名無しさん:2014/02/07(金) 07:42:26.03 ID:2kSYqsdy0
実在に疑問符が付けられているのは聖徳太子に限らない。

シェイクスピアも然り。

知能指数が200は下らない超人ともされることがあったがそれ自体怪しかった。

これには実はある組織的意図があったとも言われる。

こちらも実際は複数の人物の合作、今の研究チームプロジェクトに当たるものだった。

複数の知能の集積であるため、驚くべき創作になった訳である。

459 :病弱名無しさん:2014/02/07(金) 11:30:25.32 ID:Nu8B3Lcm0
聖徳太子は居たろ。つーか、九州天孫系と出雲やナガスネヒコ関西先住系との
しがらみの終止符が仏教導入戦争。

出雲は本来は神道形式の発生源だったが西からの天孫侵略者らに簒奪された。
その代わり大三輪神社なんかに誘致されて出雲族は神道形式本家と武を捨てる代わりに
医療分野での独占を藤原や物部から確約保証された。赤十字みたいなものだ。
医薬の神が大三輪や出雲なのはそこから来ている。

国津神の二番手に追い遣られたが天理:ナガスネヒコ、大本:出雲 等の先住神は
時々パッと出る。国津神系統の血脈の街は現世荒魂的には何かと不本意な命運も持つ。

460 :病弱名無しさん:2014/02/07(金) 21:25:48.51 ID:d3CYqZOuO
高学歴ニートは院や家業に逃亡してメンヘル仮面?

461 :病弱名無しさん:2014/02/07(金) 22:16:11.01 ID:l4Inptg80
稲葉の白うさぎ の物語では悪神らが皮剝けで苦しむ白うさぎに、
「塩の海水で洗えば治るよ」って正反対の大ウソを教えるだろ。

この世では悪が勝つんだ。

大国様は隔離世の神。

462 :病弱名無しさん:2014/02/08(土) 10:30:37.11 ID:WMVaNGH8O
おぼたんはまず早稲田で目覚めさせられ、次にハーバードで認められたんだよね。
天才なんちゅうても才能に気づく人がいることが重要だよ。

463 :病弱名無しさん:2014/02/08(土) 15:50:22.00 ID:lTt92kDy0
早稲田は入試は大変だが入ると完全自由スタイルだから高田馬場駅に居るのと
変わらなくて何の拘束も無い代わりに何の御膳立ても無い。
総て自分で自発行動。友人作りも勉学も部活もサークルも。

アメリカの大学だってそうだろ。単位取得は厳しいがな。

464 :病弱名無しさん:2014/02/09(日) 00:15:45.02 ID:exww47GU0
日本の大学は大切なことを見失っている。

学生が子供ぽい、真の向学心がない、保守的である。

学生の質ではなく、他国との比較でもなく、大学の質に疑問がある。

465 :病弱名無しさん:2014/02/09(日) 00:30:41.29 ID:6oFTpgvS0
大学だろが専門だろが、自分が好きで才覚的にも合致していれば
職は天国だが、才覚センスが合わなくて努力の比率が大きいと地獄。

頭で思考も重要だが要はセンス。

466 :病弱名無しさん:2014/02/09(日) 20:06:41.06 ID:ccJBL49WO
ほにょ

467 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 01:14:22.18 ID:iPbzkZhP0
大学の神通力は既に世にはほとんど無いと思うな。
たとえ灯台や早稲田でもさぁ。まぁそこまで行けば閥力だけでも食えるが。
要は企業に利益を齎す奴は善でサラリー喰いは悪ってだけの話。
一人で全体の7割利益を背負うようなポイントゲッターなら
みんな自分で独立もしちまうしな。脳無しを能力者が食わす平均社会主義
はオワタのさ。

468 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 08:00:12.10 ID:ImirE/rMO
でもさ〜

能ある鳳はツメ隠すっていうよ〜

 ♪♪♪♪♪♪♪♪ 
 
誰も知らない

知られちゃいけない♪

デビルマンは誰なのか〜♪

469 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 11:17:12.61 ID:iPbzkZhP0
今は昔のように平均的に大学を出て、平均的にサラリーマンになって、
平均的に中産階級を目指すことは出来なくなった。

サラリーマンが高根の花になった。

30迄ニート、をやると永遠に正社員道は無い。
正社員道の経験が無いと社交辞令もビジネスセンスも身に付かない。

470 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 11:45:00.63 ID:iPbzkZhP0
まぁオレらは80年代には超一流企業を年収800万でも文句を言って
スキルアップで渡り歩いた。人材センタなんかから声が来るんだよ。
仕事中に電話を掛けられたりで。特定業界だが二年でも経験すると。

80年代に害死マーケティング仕事なんか経験した奴は二千年代のIT
なんか我世のために敷かれたようなシステムで赤子の手ヒネリ。
アルゴリズムが自分らのために作られている如くなんだよ。

今の下剋上格差社会は既に80年代後半から萌しは出ていた。

まぁ銭ゲババブル道は一度入るともう生涯抜けられん。
当時の仲間は一生仲間だし。
ゆとり氷河期のように金無し脳無しスキル無しになったらおしまい。

471 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 12:37:36.90 ID:iPbzkZhP0
高卒は皆、カーチャンが子供を置いて逃げるな。
トーチャンが無職になると。酷い場合は男を作って。

酷立理系出でも家のローンが払えなくなって売り飛ばした奴が居る。
早く売ればいいのに遅く売ると売り値は二束三文。そんでもローンは
残る。リストラは怖い。そんでも何回リストラでもカチャンは逃げない。

女なんか嫁でもセフレでもリッチ男ならば少々なことでは離れない。
歴も重要だが35を超えると男は金と不動産特に持ち家が重要。
外男作り離婚に遭う男はたいてい歴無しでアパト暮らし。

472 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 19:45:01.91 ID:APOFi2iP0
少子化を促進させたのは’80〜90代に於いて情報機器メーカーや金融業界で
幅を利かせた世代ではなかったろうか。
この人達はハードな世界に耐える高学歴また優秀な人材であったが、独身で
いる者が多かった。
 
所謂恵まれた連中はなかなか女性に深入り、結婚をせず、以降の世代の良く
ない手本となってしまった。

473 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 21:48:50.34 ID:ZQoXJE6u0
派手な大風呂敷を拡げながらもよくココまで出世したというのもいるよなあ。
こういうこともある種の天性だろうな。

474 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 22:04:32.11 ID:5mdOhWHg0
当時は地価バブル真っ盛りで大学は出ても「持つ者、持たざる者の格差」とか言われて
ケコンは家が前提、って時代で公団育ちなんかは躊躇だったしね。
学歴も熾烈で出身大学で出世も生涯賃金も決まってしまう風潮。

社内恋愛なんかも皆で潰し合いで、たいていトルコ風呂で鍛えている熊本とか
の九州出身の糞助が皆に人気の女をやるパターン。
女も女で大多数の社内の男から高人気の女ってのは何処にも居たけど、
たいてい肉弁記だった。
パターンはだいたい何処の会社でもおんなじだった。
80年代なんかはおんなじパターンをイャと言う程見て来た。

475 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 23:15:35.76 ID:5mdOhWHg0
大阪女で清楚で純情可憐に見える当時27歳の社内事務ねえちゃんなんて
オレを含む24歳前後の新卒社員皆から人気だったけど
トルコのマッちゃんと呼ばれる熊本出身の38歳の営業マン先輩社員と
出来ていた。大メーカーに200円の電子部品一個でも月に2万個生産なんて
なると大きな利益だし、メーカー資材なんかをマッちゃんが接待するのだよ
トルコに。そんだから上も咎めない。
でもああいう大阪女はその後の消息でもケコンは聞かないな。
大阪女イコール九州男2号ってパターンは古来から在るようだが。
見ていてエゲツ無かった。またそういう女ほど清楚に見えるもんなんだ。

476 :病弱名無しさん:2014/02/10(月) 23:23:41.76 ID:5mdOhWHg0
九州男でも真面目な人は真面目でトルコにも行かなかった。
女の人もそう。基本は人による。

477 :病弱名無しさん:2014/02/11(火) 00:30:57.38 ID:jQ7KACOoO
あのさ〜

マジ目そうな奴に限ってスゲーど助平なんだよな〜

オンナもそうなんだよな〜

社内でも出世しそうな奴でエエ男に手伝い頼まれると急に全身キラキラピチピチしてさ〜

478 :病弱名無しさん:2014/02/11(火) 14:43:10.07 ID:hFPAJF9N0
たぶん天才は外基地の力を身に付けた秀才でしょうな

479 :病弱名無しさん:2014/02/11(火) 21:42:58.56 ID:jQ7KACOoO
どスケベ国谷さん

480 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 02:16:48.21 ID:IlV6iC610
女の人は物静かそうな人ほど臭い屁をする

って諺があんだろ

481 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 10:44:24.73 ID:IlV6iC610
退廃奥地とは違い鞭所は奥方連中は皆、高いジュミン満足度!!
最人気路線の駅チカってだけでこうも違うものか。
同じ市内には思えない。

奥地はいずれ使命変更の命運。鞭所なんかは隣接市編入要望が出んだろな。
立ち枯れるだけ。○ンちゃんみたいに。

ttp://www.youtube.com/watch?v=iC-LrraEx-E

482 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 10:57:24.70 ID:IlV6iC610
使命変更 → 強制入信

  ナ    ン    マ    ン    ダ

483 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 13:55:43.80 ID:BtXp4Q78O
筑波ってのは資金設備が申し分ないのだからもっと働かなくちゃ赤ん坊だろ

484 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 16:37:18.26 ID:5udlvTGg0
人生は経験なので障害で得することはないと思うけど、他人とは異なる体験も無駄ではないとも思う。
身体でも精神でも何か大事なこと、障害がなければ気づけないことを気づかせてくれるような気がする。

485 :病弱名無しさん:2014/02/12(水) 18:23:54.32 ID:neI/TqOC0
ttp://www.youtube.com/watch?v=iC-LrraEx-E

鞭所の奥様連中ってホント、ハイソ。
別の市みたい。いゃ別物。

退廃○ンちゃん とか 経ち枯れの寂しさ ではない
明るい載り と 活気に溢れる。首都圏最人気線路駅が近くにあんから。

486 :病弱名無しさん:2014/02/13(木) 00:03:26.97 ID:5udlvTGg0
天才には欠かせない資質がある。
レオナルドダヴィンチはそれをよく示している。
それが何であるか分かれば天才に少し近づける。

487 :病弱名無しさん:2014/02/13(木) 08:24:30.26 ID:Wptgk4IsO
一般的にあたまいい人間ほどクセが強い

488 :病弱名無しさん:2014/02/13(木) 20:16:27.55 ID:HhkR/dNe0
○ンちゃんが山別荘を早く復興しないから主導権は南に南に移る。
クセはあんのに。

489 :病弱名無しさん:2014/02/14(金) 10:43:20.20 ID:9QJNy8iwO
超オリンピック級才能があればそりゃ変にもなるわな

490 :病弱名無しさん:2014/02/14(金) 11:50:06.14 ID:oNpl/Hvu0
○ンちゃんが10億集めて早く復興せい。
でないと霊障は治まらんぞ。

491 :病弱名無しさん:2014/02/14(金) 21:06:33.14 ID:91Jfd0xI0
天才は極幼いときの環境を含む資質が提供する才能ではなかったかしら?
従って各個同一の才能などというものはあるべくもありません

492 :病弱名無しさん:2014/02/14(金) 23:00:25.03 ID:VbJZJSSE0
小保方さんの大発見でも明らかだが天才と秀才は完全に別物。
彼女もトップレベル秀才ではあったがトップレベルのトップではなかった。
トップレベルの多くの人は彼女がそれほどの大発見をやろうとは思っていなかったに違いない。
天才は秀才とは違うことを踏まえ教育を見直すことは必要だろう。

493 :病弱名無しさん:2014/02/15(土) 05:01:52.28 ID:ynRyT9FQO
ペーパーテストの才能を頭脳明晰と思ってる人間には理解できないこと

494 :病弱名無しさん:2014/02/16(日) 11:56:20.51 ID:qkarTpURO
そのうち定年もなくなる。
派遣もずんずん進出する。
自己責任というけど共産化もする。
上手く中和されるといいな。

495 :病弱名無しさん:2014/02/16(日) 17:25:17.88 ID:tPdg853Y0
定年も無い
リストラも無い
左遷も無い
出世競争も無い
毎月がボーナス
飲み会や温泉会はある

↑こういう会社が一番いい

496 :病弱名無しさん:2014/02/17(月) 01:25:17.34 ID:h4Fyo1uA0
オボさんは間違いなら単なる誤認だと良いが。

日本人発の革命的発見だと信じたい。

若い女性でもあり、そういった天才が居てもいい。

しかしまともな感じは天才らしくはないか…

497 :病弱名無しさん:2014/02/18(火) 10:29:04.85 ID:rn6aG+eqO
ディス イズ ア ぺん!

498 :病弱名無しさん:2014/02/19(水) 11:37:17.98 ID:TUIctz9R0
良い種も発芽能力と培地がないと芽は出ない。

芽が出ないと一般にはどんな実がなるかはわからない。

実がなる前にわかるのは似たような種の存在を知っている人だけである。

499 :病弱名無しさん:2014/02/20(木) 07:59:47.87 ID:NhgAOsCZO
ある天才のはなし
A「あいつバカじゃね?」
B「知らんの?あいつハーバードにスカウトされたやつだってよ」
A「えっ???」

500 :病弱名無しさん:2014/02/20(木) 08:01:57.24 ID:NhgAOsCZO
別の天才のはなし
A「あいつキチじゃね?」
B「知らんの?あいつハーバードにスカウトされたやつだってよ」
A「ええっ???」

501 :病弱名無しさん:2014/02/20(木) 13:49:11.21 ID:rqoX0tAd0
どういう状況で話してんだ?

502 :病弱名無しさん:2014/02/20(木) 21:09:17.93 ID:HgJMuxgi0
理系の天才と文系の天才は区別してくれ
馬鹿と基地もな

503 :病弱名無しさん:2014/02/21(金) 10:06:42.12 ID:RMGJ0o+a0
ここは馬鹿ばかりだな。

504 :病弱名無しさん:2014/02/21(金) 21:15:29.81 ID:wFqvu6cY0
馬鹿といってもいろいろいるからね 
信長も味方以外には馬鹿だった

505 :病弱名無しさん:2014/02/21(金) 22:05:06.13 ID:tQEl76Cs0
天才は〇〇に反比例するということでしょうね

506 :病弱名無しさん:2014/02/22(土) 16:36:51.06 ID:nYOR7jWg0
きちがいは差別語です

507 :病弱名無しさん:2014/02/22(土) 19:21:27.15 ID:45BQND8v0
職場にくるくるぱーしかいなくて本当につまらない
ぶっ飛ぶようなほれぼれする頭脳を見たい
そういう人はどういう企業にいますか企業でない場合はどういう職についていますか

508 :病弱名無しさん:2014/02/22(土) 22:49:46.35 ID:IWGife6fO
天才も大秀才もかなりは元からそういう人間
二人に対する驚き方は全然違うものだけど

509 :病弱名無しさん:2014/02/23(日) 09:09:40.06 ID:BpeSXHs10
職業プロは結果論だけだろ
学力も無関係だし

510 :病弱名無しさん:2014/02/23(日) 09:52:46.10 ID:YW/+fs9bO
この人こわい
http://ameblo.jp/akane-tan/

511 :病弱名無しさん:2014/02/23(日) 15:25:00.31 ID:5Oaw3GwE0
能力があることと発揮できるかはまた別だろうなあ。
しかし感性が良ければ、述べること、行為によりその能力は知る、感じとることはできるかな。
意外なところ、ブラック、処分場、橋の下等にいる可能性すらある。

512 :病弱名無しさん:2014/02/23(日) 19:10:27.88 ID:BpeSXHs10
天才は、たいていその道が好きだから天才だろ。
好きこそ物の上手・・で。

513 :病弱名無しさん:2014/02/24(月) 07:54:15.81 ID:ta7pi0D90
何事も一定以上、頂点ともなると素質、センス、筋が必要と思う
興味だけでは越えられないものがそこに

514 :病弱名無しさん:2014/02/24(月) 21:34:19.74 ID:fEOYUk770
呼んだか?

515 :病弱名無しさん:2014/02/25(火) 21:23:57.28 ID:eFc7FESs0
天才は裏読みが出来るね。他が見付け出せない物事やアルゴリズムを
見事に見付け出す。まぁ一定のデータベースがあるのだろうな。
脳内にも腕にも。但し、脳はあっても、腕はあっても、双方が有機的
リンクをしていないと天才ではない。独立していたのでは凡夫よりも
タチは悪い。

516 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 11:13:30.62 ID:wUhsHwQG0
天才の才能とは秀才とは隔絶しているところがある。

極論をいえば秀才は努力することがその本質である。

特別異質な才能とは結局は天からのものである。

理数系にあっては成果が極めて明快なため早い段階で認知されることが多くなる。

文系と芸術系では評価基準が複雑なため理数系に比較すれば遅きになりやすい。

517 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 13:36:27.47 ID:Srfa17we0
才能系の仕事は、天才系スキルの持ち主には天国だ。
他からは褒められて崇められて楽な遊びだ。
その逆には地獄になる。ダメダメ扱いにされて泥棒のように云われる。
若い20代なら未だ何とかだが。
特に営業系なんかは月ベース売上目標を10日前に達成したら
後は遊び。喫茶店でくつろいでいればいい。

同じ努力でも天才系の更なる努力は違う。

518 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 21:30:24.97 ID:CvG+IHno0
天才は欠陥者ですからね使えません 
もちろん隔絶はしてるでしょね
病的欠陥が創造力のもと

519 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 21:56:58.58 ID:IM3P4TTr0
で、どこらへんでそういうキレキレの頭に会えますか?
一見ぼーっとした変な人ではありそうですが

520 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 22:02:32.77 ID:Vu3458z90
本当の天才は努力は余りしないだろ。
天性のセンスでスラスラと解決してしまう。
自然の流れの如く。
少なくとも努力のための努力などはまずしない。

521 :病弱名無しさん:2014/02/26(水) 23:24:02.66 ID:8VvUkpRwO
秀才の場合は商社では商事・物産、金融では三菱UFJ・三井住友、メーカーではトヨタ・ホンダ・パナ・ソニーを選ぶ。
しかし天才は違う。この手を選ばない。
スマートな会社よりドロくさいトロくさい会社が好きなんだ。

522 :病弱名無しさん:2014/02/27(木) 21:17:50.10 ID:IG20G8u/0
バブルの頃は穀潰しにもサラリーを払って企業は頭数を囲っていた。
今は銀行員なんて八割が派遣だしソニーなんて50で一旦みんな平。
人件費が一番痛いのさ。50なんて一番金の要る年齢なのに。

523 :病弱名無しさん:2014/02/27(木) 22:40:35.56 ID:JYYvnE5L0
周の為政者呂尚は70才過ぎに王に拾われ本格的に頭角を現しました。
どんな才能の天才も人物眼がある人物が見なければ判別はできません。
見過ごしてしまったら再び交わることはかなわないでしょう。

524 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 08:27:36.64 ID:EEnaEvAW0
秀才は秀才を知り天才は天才を知るってか

525 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 09:02:03.31 ID:SXuOGmU+0
天才の人生は無理解波瀾万丈悲劇

526 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 12:26:04.86 ID:ncJjH/yi0
進路変更の利かない特殊ジャンルの人にはアレだが。
あの程度のマーケッティングなんて別段・・・
閃光屋はフレキシだから。

527 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 16:16:27.86 ID:ncJjH/yi0
ホームページなんてバカでも○◎○でも作るよ。
エクセルやパワポなんか事務のお姉ちゃんだって使える。
その程度ならITスキルとは言えない。

凄い奴はヤフやググのアルゴの裏を斯く。
もっと凄い奴は仕事は全部ITにやらせて金のコンバージョンだけを
振り込みでする。

528 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 21:25:11.16 ID:EEnaEvAW0
カネ儲けでも孔明みたいなの得れば千人力だろ

529 :病弱名無しさん:2014/02/28(金) 23:11:25.96 ID:NEgxV2c10
あんなの簡単だよ。ググダンスって言って入れ替わりも激しいが。

関西のお姉ちゃんの方がよっぽど小難しいワ

ttp://www.youtube.com/watch?v=wgtTmFzdKEw

530 :病弱名無しさん:2014/03/01(土) 15:04:41.46 ID:CswY9XXH0
俺がよくスルーされんのは天才だからだたのかwwwwwww

531 :病弱名無しさん:2014/03/01(土) 19:34:46.41 ID:4BJ8CYv20
任せろ オレっちが上げてやるよ
上がらないペジは

532 :病弱名無しさん:2014/03/02(日) 00:12:49.58 ID:P9IvPfAd0
学者技術者と政治家ビジネスマンでは天才と言っても全く能力が違う。

前者には更新されるまでは唯一の論理的真理、解答が必ずある。

一方後者では全く様相が異なかり、唯一の解答というものがない。

他を突き放すにはそれぞれに応じた天才という才能が必要となる。

533 :病弱名無しさん:2014/03/02(日) 00:45:13.02 ID:y1UFnGge0
ビジネスマンは売上が唯一回答や。
技術が良くても儲けコンバージョン率が低くてはダメや。

「収益を挙げない企業組織は社会悪や」
は幸之助の言葉や。

534 :病弱名無しさん:2014/03/03(月) 07:28:48.47 ID:79MBd96PO
異常にキレ過ぎるやつは決まって異常にヤナやつ

535 :病弱名無しさん:2014/03/03(月) 13:37:34.64 ID:xO0hVpQy0
そういう人は普通の人が簡単にできることができなかったりしますけどwww

536 :病弱名無しさん:2014/03/03(月) 17:29:54.58 ID:oFTIdc0q0
そりゃ異常にいい奴に限ってサギ師だったりする罠

何でもまず対極を疑うべきだ。

537 :病弱名無しさん:2014/03/03(月) 22:04:49.78 ID:zOZJes2b0
異常なほどに欠点だらけだから、対極がありうるということ?

538 :病弱名無しさん:2014/03/03(月) 22:32:31.76 ID:Qh7WKaUL0
乞食に見えて億万とか、
大金餅に見えて借金王だったとか、

乞食に見えて乞食だった、はわかり易いが

539 :病弱名無しさん:2014/03/04(火) 04:20:11.60 ID:VwDNqkmv0
天才はなにかしら目立つことが多いには多いけれども
中にはその才能を隠したり出せないので全くわからない人もいるよ
通常の能力ではないから理解されず劣等感でおとなしくそのまま埋没したりする

540 :病弱名無しさん:2014/03/04(火) 13:24:47.07 ID:kthO87n40
天才にも旬の時期がある。
的外れな時期に食らうてはこんな不味いものはない。

541 :病弱名無しさん:2014/03/04(火) 21:47:26.22 ID:kzrCsagF0
何だかんだで、世の中はチャッカリ騙しっこ さぁ。
おキツネさんとタヌキ君の馬鹿し合い。

542 :病弱名無しさん:2014/03/05(水) 00:19:10.77 ID:Qz7YAgsoO
天才で生業でまともにやれたやついない
人間的には出来損ない

543 :病弱名無しさん:2014/03/05(水) 01:49:35.51 ID:37aNN9rw0
技術だけの天才なんて今はあり得んだろ。
商業化力が無いと駄目だし、まず市場調査ありきだし。
ゼネラリストの天才は周辺バランス感覚だが。
スペシャリストの天才には逆にそれらは邪魔になることもある。

544 :病弱名無しさん:2014/03/05(水) 14:04:01.56 ID:Qz7YAgsoO
天才って作り話も多いで
天体望遠鏡を作ったのはメガネや
で、変わり者は本当な

545 :病弱名無しさん:2014/03/05(水) 15:01:24.34 ID:9YIscjZs0
ビジネスの才は学者や司法なんかとは違うよね。
 
スクールで勉強したからってできないもの。
 
才能だよ。天からの。

546 :病弱名無しさん:2014/03/05(水) 21:19:33.73 ID:qTAvmcP/0
へたな経済学部行くより
大阪の商い屋へ三年間
丁稚奉公行けいいまんわ

547 :病弱名無しさん:2014/03/06(木) 07:29:18.24 ID:6U9iBhZS0
そりゃ才能は磨いてこそ才能だろ
あってもそのままなら人並み
才能があるとは思われない

548 :病弱名無しさん:2014/03/07(金) 01:07:00.06 ID:3GFDRnmz0
基地外は天才の卵て
なんや?

549 :病弱名無しさん:2014/03/07(金) 02:01:49.54 ID:932VMeUr0
柏の通り魔はなんなの

550 :病弱名無しさん:2014/03/07(金) 08:38:27.92 ID:E042eWMb0
基地外は天才の卵。決して孵化することがない

551 :病弱名無しさん:2014/03/07(金) 09:16:25.07 ID:Ai309FXG0
天才は全体マクロをまず掌握しているな。
微細枝部分は物凄い勢いで実行する。

552 :病弱名無しさん:2014/03/07(金) 23:13:57.24 ID:P2AT3KB3O
波平は真だ!!

553 :病弱名無しさん:2014/03/08(土) 13:19:45.67 ID:vJ0Q5jTn0
天才ともなると素質を否定はしないけれど人間は育て方でかなり変わる

554 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 00:07:31.81 ID:jODoOspD0
開祖とか開発者は天才と云われるけど意外に今のdq系だったりする。
よく言えば努力家。最初は価値観自体が無いからね。

555 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 01:11:55.47 ID:hyQpEedJ0
天才は博徒ですね。自ら好んで選ぶのではありませんが、
ほとんどは大損を出して世間を恨みながら亡くなります。
大儲けの逆になって終わりです。

556 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 01:25:32.93 ID:U+Uu42u00
天才と俊才、英才は独立した才能だろう。

相互にクロスオーバーはしていない。

世間で天才と言っているのは英才、俊才のことが多い。

天才にはそういう交わりはないだろう。

極めて優れていれば英才、俊才か天才のいずれかに帰属する。

557 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 10:05:41.47 ID:GUvdqyeyO
天才=問題児、問題のある人物

558 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 10:28:53.10 ID:jODoOspD0
学力天才は過去栄光にスガってレールの上走りしか考えん。
雇われて高額サラリーを貰うことしか考えんが儲からない。
今はそういう思考が出る奴ほど穀潰しに見えるから何度も虎さんになる。

社会に最初にレールを敷くのはむしろ学力的にはDq傾向なんぢゃ。
やりたい放題にシステムを構築して儲けている奴は沢山居る。

559 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 12:40:21.47 ID:mIYym7mT0
日本人から天才が出ない最大の原因は不安因子が強すぎること
強迫観念から生じる内向性と自己肯定感の低さが冒険をできなくさせる
(良識ある人間性を育むには良い精神構造といえる)

創造性の欠片もない、破壊するだけのチンピラ気質に限って外向的だったりするので
仮に外向的な天才の卵がいても確実にそういう連中に目をつけられて潰される
内向的な天才の卵が今いるとしたら間違いなく引きこもってる

560 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 20:00:15.66 ID:jODoOspD0
そりゃ一定のレベルに達しての話だ。チンピラじゃー創造も糞も無い。
今はITに長けていないと航空優勢の無い戦争と同じで昔の片っ端玉砕
日本軍みたいなもんだ。ITは内向傾向のオタの奴の方が強い傾向。

外交たってチンピラに任せたり掛るのはまたそれなりの人。

世界有数の巨大企業だって日本現地オペレーターはたった4、5人
だったりもする。精鋭少数が巨大な市場を担ったりしている。
人件費を削減して利益コンバージョン率を上げるため。

561 :病弱名無しさん:2014/03/09(日) 23:34:09.58 ID:jODoOspD0
縄文は列島先住だから稀少価値だと思っていたが、大した価値なんざねぇーや。
弥生のコジキ朝鮮チンピラと簡単に荒廃すんだから。
成り行きで滅ぼしちまえ滅ぼしちまえ、

奈良の天◎は縄文系神らしいが叔父が「悪神だ」、と述べていたが、
オレ自身は弥生の方が侵略者でよっぽど悪神、と考えていたが、
確かに縄文も裏表がある悪神だ。

562 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 00:49:44.38 ID:sW63/8k30
日本人に天才が少ないのは農耕民族の集団制度のためじゃん
だからそれからはみ出すやつらに天才の可能性があるんよ

メンヘラの精神疾患のやつらにさwwwwwwww

563 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 01:36:50.66 ID:bVGzRCuR0
日本人に天才いたっけ?

564 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 02:26:08.05 ID:gqtgy8Xp0
>>560
え?天才の卵が外向的だと10代の学生時代のうちに
チンピラに潰されるって話をしてるんだよ
どこの職場もだいたい10人に1人はチンピラだし、そいつとぶつかるのは自明

日本で天才が育つためにはそういうオタク気質であることが前提条件なんだよ

>>563
空海って言われてもピンとこないでしょ
南方熊楠は本物の天才の部類だね、エピソードも申し分ない


どうでもいいけどお前ら安価つけろ
このスレ誰が誰にレスしてんのかわかんねえくらい安価少ない

565 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 02:33:13.21 ID:gqtgy8Xp0
外向にしろ内向にしろ
天才はとかく不器用で馬鹿正直で世渡りは致命的に下手だから
悪知恵が周り嘘が巧みで世渡りのうまい、正反対とも取れるチンピラ気質に惑わされるんだよ
それなりの人徳があれば面白がってもらえるだろうけどね
日本のチンピラはアメリカのそれと違って全体主義志向だから
出る杭をからかって打ちまくるのさ

566 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 07:49:43.46 ID:1kcnJN4u0
サラリーマン職場では天才は開花せんよ。
能力の40パーセント以上出すと平均社会は足を引っ張られる。

60パーセントは付き合いにエネルギーを費やされる。

まぁもっとも今は能力主義・成果主義導入で成果が挙がらんと
即首切りになったからな。昔とは違うのも確か。

567 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 08:47:31.01 ID:milUUJ8iO
このスレは以心伝心、空気を読む天才の集まりか?
天才は直感が良く、官僚、一流企業もすぐ辞めそうだな。

568 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 09:18:15.51 ID:gqtgy8Xp0
直感の良さゆえに気が短すぎて忍耐力がなさすぎる欠点もある

569 :病弱名無しさん:2014/03/10(月) 22:24:26.85 ID:KbOAtPiZ0
もし忍耐力があって、あのまま当時の業界に居たら・・・
今は業界自体が新興国に喰われて無いに等しいし、
既にみんなリストラで阿鼻叫喚。

ウルトラCで業界転職してたのが正解。
時代は変わるからのぅ。

570 :病弱名無しさん:2014/03/11(火) 00:39:57.78 ID:0+4jikjZO
しかしだな→天才という輩はどうも悪いくせを持ってるな

571 :病弱名無しさん:2014/03/11(火) 01:23:46.15 ID:Cal/n7FR0
癖というより性分であろう。ある種の仕事には必要だから。
例外的な万能型はともかく意外に不器用な面がある。
転職はあまりうまやれない方だ。

572 :病弱名無しさん:2014/03/12(水) 00:42:59.85 ID:FyO0RBjq0
>>545
ビジネスで創業者はカリスマだが天才とは言わない

573 :病弱名無しさん:2014/03/12(水) 01:01:02.37 ID:PANNBO+C0
「天才」なんて架空の偶像だろ。何某かの目的の。

911、311、共に頭が3の倍数だから今度は611か1211だろ。
おそらく半島が開戦か尖閣だろ。
911のビル崩壊不自然だろ。小型水爆説あるもんな。

574 :病弱名無しさん:2014/03/12(水) 11:06:43.14 ID:XPCuF+8C0
天才、カリスマは吉と同根だよ。
人間の2〜3才は胎内にいるのと全く同じ。
発生からその時点までの先天的遺伝経験と後天的短期体験が人間の人生の土台になるね。
才能もこの途上で出来上がるんだ。学者だろうと商売だろうとね。
非常に変わっていても非常に運が良い人は天才、カリスマになれるけれど、そのほかは吉。

575 :病弱名無しさん:2014/03/12(水) 23:40:45.42 ID:XufvFu3w0
天才って? 何の天才を言ってるんだ?

学力天才か? テクノロジー発明天才か? 政治天才か?

経営天才か? 芸術天才か?

キチで居られるのも限られるだろ。

576 :病弱名無しさん:2014/03/13(木) 07:17:01.09 ID:FKMQ7U100
例のおぼちゃんはもう詐欺確定なのか?
惜しいところがあるが、天才には見えなかったものな。
発表されたとき、所謂知的天才にありがちなものが
感知できなかったから意外だったんだよなあ。

577 :病弱名無しさん:2014/03/13(木) 07:23:08.11 ID:3Bf4dn660
>>575
天才は天才だよ。それ以上の説明はヤボなくらいに存在感が違う。
実際に頭角を現した時点で、ああこれまったく異質の生き物だわって一般側に感知される。
小保方さんはそういったオーラは感じられなかったね。
騒ぎ自体はあまり興味持てないからどうでもいいんだけど。

578 :病弱名無しさん:2014/03/13(木) 11:09:13.66 ID:NTbfoTNF0
>>575
ここで語られてる天才は分野を問わず極めて突出した能力や才能のことみたいですね。
そうした人間は誰しも憧れる対象であるし、誰しも欲しい人材です。
ただし、そういう方々が人として素晴らしいかは別問題でしょう。能力は人格とは別で、
寧ろ世間的には眉を顰めるようなタイプに限り、高度の能力を有したりします。精神に
健康でない面があり、恵まれない立場にいることが多いと思われます。ここはそうした
方々への励ましの場のようです。   

579 :病弱名無しさん:2014/03/13(木) 11:40:48.30 ID:aA8GX00iO
普段は何ら大したことないアホに見えて実は飛んでもない能力あるやつだろ

580 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 00:15:08.37 ID:8Dopv3+W0
基地外も天才も異常ってことじゃないの?

581 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 08:41:26.17 ID:obt58u700
バカとハサミは使いよう

582 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 10:33:33.93 ID:xC2UaGOJO
集団主義社会ではまともな共感能力を有してない人間は淘汰されるわな
世間の鼻つまみ者の大半は共感能力が欠如しているんだと思うわ
けだし脳科学的に脳の一部が機能不全であるなら、その不全の部分代替的に埋めようとするが為に、他の能力が発達するなんてよくある話

583 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 12:02:55.80 ID:JV5OHSKB0
共感過剰型は共感不足型と同じ環境に置かないほうがいい

584 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 12:22:00.56 ID:8Dopv3+W0
注目に値する能力がスルーされ埋没する一方で
インチキの多くが堂々と逃げきったりする。
何らかの才が日の目を見ることは簡単なことではない。

585 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 13:36:18.86 ID:obt58u700
今は古典論のように単純ではなく、共同平準平等社会に思えても
実態はフリー能力型人間の集まりだったりもする。

そりゃ亜捕過ぎ集団では共感不足の方がいいに決まってる。

586 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 16:25:46.31 ID:mGdA0Ow5O
優れて卓越した者は狂人・背教者の烙印を押されて恐れ気味悪がられ又見下し排除される。
それは彼が異次元からの来訪者で世界的価値・利権構造を根本的に覆す可能性があるからだ。

587 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 21:21:21.52 ID:fbTBf1iF0
天才は異常で基地外は異常だから天才は基地外じゃないの?

588 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 22:27:14.53 ID:89Y9I+sz0
基地外の基地外は360℃反転だから元戻りで天才さ

589 :病弱名無しさん:2014/03/14(金) 23:18:32.61 ID:o0YCfhKoO
品行方正な人間から斬新奇抜な発想が出ると思えない。
アイデア力発想力なんてものはたんにその人の精神状態によるのかと。
また基地外というか、背徳的精神性は物事の判断基準を善悪に置かない分、思考の幅が広がるというのも長所として見られるのかと

590 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 01:34:14.65 ID:+CGz/llX0
確かに亜舗でもワル知恵だけは働いたりする。
だがトータルな戦略性はほとんどが持たないから一発屋でたいてい終わる。

背徳的精神性ってのは背徳のための背徳で大亜舗だ。
本能に根があるのだろうが意味無しどころかマイナス。
だいたい、そもそもが That ,s your question. だ。
自己因縁は他には転嫁は出来ない。

591 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 06:04:22.64 ID:qblctLPL0
生きているうちは気違い扱いされてあんまり幸せな人生とは言えないけどな
凡人と発想が違うからあとから評価されたりはするけど、その頃には本人氏んでる的な

一発でも良いじゃない
一発も当たらない凡人よりは能力はあるんだよ
気違いだから社会に適合出来ないけどw

斬新な発想で後の世に貢献してるのに
気違い故に社会に受け入れられないというのが
社会的な損得の勘定が釣り合ってないね

もっと気違いが楽に生きられる社会を作っても良いのかもしれない
凡人1000万人居ても何の変化も無いけど、気違い100万員に一人ぐらいは凄い画期的な発想をする凄いのが居るかもしれない
凡人1000万人の頭では理解出来ずに見つけられずに終わる可能性も高いけどさ

592 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 10:51:05.06 ID:0l5tkOu+O
一発屋といっても規模の大きい偉大性のある行為・作品群というのは後世に語り継がれる可能性を有しているのかと。
また人生反復不可能なので一発屋に対して否定的になるのは如何なものかと。何故なら二発目を当てた人間は、大体が一発当てた経験に依存しているから。
特に行為に関しては例えば金儲けであるならばそこに知名度も関与してくるであろうし、作品に関しては馬鹿な大衆が作者の権威に迎合し盲目的にそれを崇めるから

593 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 12:01:06.50 ID:hsW/IAuN0
真の悪魔は天使の顔をして天使に混ざっている。逆も然り。
 
感嘆する才能や人柄にも同じことが言える。
 
見分けられない者が多いから価値があり、また不幸である。

594 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 14:03:32.17 ID:lw2ZDecG0
肉体の病気は心の影響もかなり大きいのは真実
病は気から、気は病から
心は建物の骨格

595 :病弱名無しさん:2014/03/15(土) 15:23:28.70 ID:lw2ZDecG0
自分に合う適切な仕事に就くこと
研究向きでないのに研究職に
経理向きでないのに経理職に
営業向きでないのに営業職に
などなどストレスのもと
その道に向いていないと大変苦労する
しかし向いていると楽々仕事ができる
向いていない人間と大きな差ができる
同じように向いてる職場会社に勤めること
こういうことがとても大切
体にも心にも無理をしないことが大切

596 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 00:02:50.05 ID:wjWtQQjw0
オボのように名誉欲が欲しい人、人に認められたい人、勤め生活していれば良い人、
通勤したくない人、金だけ儲かれば良い人、仕事ができれば良い人、
何もせずに飯も食いたいし女も欲しい人、

      いろいろだ罠

597 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 00:33:21.13 ID:+6gsAJeuO
人間を見分けるって簡単じゃないぜ
見分けていると思っているやつはべらぼういるがな

598 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 08:30:14.40 ID:YCJS4ctn0
天才ではないから解らないけれど天才から見れば秀才は井の中の蛙だと思う

599 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 09:26:57.68 ID:gpzF8g4Y0
井の中の蛙凡才はみんながパクって普遍化した当たり前の技術を
凄い、とか、自己開発だ、と思って喜んでいる。

今のIT技術は2年でガラッと変わる。

600 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 10:22:39.91 ID:ABmIDZXC0
大学者は大発見をするまで小学者に馬鹿にされています。
偉人は偉大な仕事をするまでは小物に馬鹿にされています。
 
大学者と偉人が何を考えているかは想像もつかないものです。
わかるなら間髪入れずに我先にやるでしょう。
すべてはその人の素質によるのです。

601 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 16:17:26.01 ID:MOVTj/Kc0
偉人はやはりエイリアンとテレパシー交信しているはずだ。
アレイレーダーや集積回路、巡航ミサイルはこの世のものではなかった。
炭素繊維や炭素繊維フィルターなんかも。

602 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 20:07:40.59 ID:N9NFVJROO
小人は得てして老獪的な技術に長けているので、うだつの上がらない時点では徹底的に馬鹿にされ、彼等を上回ろうものなら足を引っ張られてしまう。
天才には政治力が欠けている者も少なくないので、したがってこのような不運な要因により成果を後世に継承されない者も多いのかと。

603 :病弱名無しさん:2014/03/16(日) 23:57:59.20 ID:gpzF8g4Y0
政治力系大の卒者の論文だからマスコミが騒いだだけで
世界的には叩かれた迄でしょ。チャラーとしていて載りも軽い。

あの大学は企業でも政治力はあるが能力となると疑問符ばかりで
「バカ」ともあだ名される。業○横○とかワルい奴も出るのは・・・
あそこが多くて恵ちゃんはリッチだから出ない、と云われているね。

604 :病弱名無しさん:2014/03/17(月) 07:29:29.55 ID:we1GTBuy0
才能というものは遺伝的な資質に加え教育で育成される。

東大に行く学生がしばしばそういう条件下にあるようにね。

生を得た出発点から天才と秀才は全く別ルートを走っている。

走り始めたら間隔は広がるばかりで取って付けるように
相互に移行できるものではない。

意図されない危険無分別な行為ではあるが新天地を開く
冒険とはそうしたものなんだね。

605 :病弱名無しさん:2014/03/17(月) 09:33:58.46 ID:BLdLlOUs0
世界的には通用しなかったてことだろ。政治力オンリー大学は。
ノーベルモンとなると狂大灯台のみなんだろうな。

だいたいバブル崩壊時不良債権処理だって当時の竹下がビケを張って
官僚系の経済プロの宮沢に銀行潰しをさせなかった。昔の福田か宮沢なら
少なくとも平成5年頃には銀行を即半分に潰したはずだ。
マスコミと政治系非専門系の奴らが失われた20年にしたんだ。
平成14年頃になってやっと小泉・竹中で実行された。
森だの小渕だの馬鹿ばっかしが政権たらい回しで、あの大学は駄目だね。
官僚系批判もあるが基幹はやはり専門知識から行く官僚系でないと。

606 :病弱名無しさん:2014/03/17(月) 22:20:10.26 ID:uiBBBUheO
天才を支えるのが秀才ってこと?

607 :病弱名無しさん:2014/03/18(火) 01:06:19.86 ID:3DvhX2Vt0
天才将軍韓信を秀才将軍項羽は理解できませんでした
質が全然異なるから当たり前といえば当たり前ですが、
全くすれ違う運命です
楚が全土を支配下に置くのは当初から無理でした

608 :病弱名無しさん:2014/03/18(火) 02:57:58.72 ID:YxTbmtP20
昭和49〜50年なんて小学校卒の田中角栄が土地をいじくり廻してオイルショックが来て
経済が滅茶苦茶になった。学生は超就職難になったしスーパーではトイレ紙の
買いだめなんかで世情はパニックになった。今とは正反対のインフレが酷くて
凄まじい便乗値上げと企業倒産も相次いだ。

アメリカもベトナムで負けて撤退で賑やかだった米軍基地廻りは凄い絶望感と
寂寥感でドーーーンと落ち込んだ。

その後の総理の福田赳夫は凄かった。総需要抑制策、と呼ばれる経済政策で
たった3年後の昭和53年頃には景気は持ち直して街は逆に人手不足になった。
経済の天才だね。その後の中曽根は経済音痴でバカバブルが起きて崩壊して
瀕死になった。

609 :病弱名無しさん:2014/03/18(火) 13:10:35.66 ID:9TYYJgrjO
天才は才能だから学校じゃない

610 :病弱名無しさん:2014/03/19(水) 09:14:48.63 ID:BQFr9qrE0
天才は頭の病院に行けよ

611 :病弱名無しさん:2014/03/19(水) 11:30:18.81 ID:XF6trvxw0
ホントの天才はガッコなんか行かない

612 :病弱名無しさん:2014/03/19(水) 21:38:37.24 ID:4CCfwLrU0
非正常な頭脳の機構は性格、人格を同様にして才能をも毀損するものです。
結果的に生存中に実力として発揮できる者は極めて限られた少数になるでしょう。

613 :病弱名無しさん:2014/03/19(水) 22:47:28.13 ID:FQIHY5FSO
才能って会って数分あればわかる奴にはたちまちわかるものだよ

614 :病弱名無しさん:2014/03/20(木) 10:13:33.53 ID:K1vIEcbNO
人は外見じゃわからないっていうのは普通の場合だよ
頭のぐんとキレるやつの場合ある程度わかるオーラがある

615 :病弱名無しさん:2014/03/21(金) 00:14:40.97 ID:N+7OBvyH0
変な例えだが天才は悪魔の生まれ変わりって気がするけどな

616 :病弱名無しさん:2014/03/21(金) 06:06:01.97 ID:kr/tiyrn0
そりゃ魔力系の天才と正神系の天才が居るさ。
魔力にあやかると最後は魔に心臓を喰われて全滅する。
名古屋の方の豊川稲荷なんてそう。

617 :病弱名無しさん:2014/03/21(金) 15:43:40.37 ID:RuWq9bARO
魂を売って悪魔の能力買ったんかもな
たぶん先祖が取引したんや
先祖からして危ないんや

618 :病弱名無しさん:2014/03/22(土) 09:42:57.95 ID:ihBfXVjd0
IQが高いこと、通常の学力が高いこと、変わっていること等が天才ではございません。
天才なら神様が見ればわかります。

619 :病弱名無しさん:2014/03/23(日) 00:01:40.31 ID:oh1iMa4T0
ttp://www.youtube.com/watch?v=qUMRvllbbbc

評論家は要らん。自ら戦って勝利せねば天才ではないな。
一戦一戦での勝利の積み重ねで天才データベースは出来る。

620 :病弱名無しさん:2014/03/23(日) 01:35:37.75 ID:o/XttzSy0
天才は変わったというか失礼だが頭が普通でない人だな。
伝記伝聞も真実とは限らないが、また誇張その他があるが、
そういう人だらけな。
目を疑う大事業はまともな人間にやれることではないから
だろう。
 
アインシュタインなどはたった1人で大先人数人分の結果
を出して、これは尋常ではない。1人の頭に数人の大頭脳
が住んで議論を交わしていたのだ。バイオリン演奏も独特
なものだったのは頷ける。1人オーケストラだ。

621 :病弱名無しさん:2014/03/23(日) 10:14:24.81 ID:oh1iMa4T0
それでは普通の頭って何だ? 何の何処が基準だ。
北朝鮮のような社会の民が普通なのか?
並平が普通なのか?

今の日本ではもう並平では安定して飯も食えないだろ。
家も買えない。
TPPなんか来たらアメリカ並みになって並平標準人生コースは
もっと根絶やしになるだろ。

622 :病弱名無しさん:2014/03/24(月) 07:51:41.10 ID:KspSdC9Z0
天才は根本的に普通の人間が考えていることと違うことを考えている。
ちょっと聴いてみると大したことでないよう思える。
それどころかバカに映ることさえある。
しかしその意味を理解する人間がいる。
天才とはクリエイターである。
普通とはかけ離れたところの。

623 :病弱名無しさん:2014/03/24(月) 08:49:18.10 ID:yFotopVFO
IQが異常に高くて猛スピードで飛んだり無勉でぶっち一番なのいるけれど天才じゃないな
スーパーインテリジェントなだけ
でも天才的に頭いいのもけっこう多いからそれを超えるってどっちも生まれながらに異常だな

624 :病弱名無しさん:2014/03/24(月) 11:22:02.49 ID:fEo2n4/j0
古代の朝鮮半島にはユーラシア大陸の様々な呪術が集って来ていた。
キムヨナは潜在的巫女の踊りだ。
縄文人は列島先住で琉球-縄文-蝦夷は同じDNAだが、やはりどうしても
半島系呪術には弱くて勝てない。魔王でもやられてしまう。
古代縄文人は宇宙の神や古代ゲルマンとも通信していたが半島系弥生人が
西から入植して来ると縄文人の祭祀場は農耕の肥溜めにされた。
縄文宇宙神は来なくなり列島人の天才性はそれから消えたのだ。

625 :病弱名無しさん:2014/03/25(火) 08:18:29.76 ID:x1Rf9ZhZO
幼いときから加速度のついてる天才域にワームホールはないぜ

626 :病弱名無しさん:2014/03/25(火) 22:59:39.11 ID:BmKp2/AvO
やっぱり学問の領域で大成をなすためには、独特な感受性が必要不可欠。
しかしながら実社会では感性が鋭利過ぎると、対人関係での苦労が絶えない。
逸脱した抽象的思考も俗人相手には嫌悪されるだけ
なにがともあれコミュ彰な人間は淘汰される現代社会。天才の苦難はこの2つくらいか

627 :病弱名無しさん:2014/03/26(水) 00:20:16.99 ID:ZcE9rDww0
普通人とは違うことを考えているから意思疎通に壁があるのは当たり前。
互いにずっこけるのは当然。
普通人もクリエイトするがやはり天才とは壁がある。
これは天才の宿命。

628 :病弱名無しさん:2014/03/26(水) 01:20:01.80 ID:yAfg+Ot40
学問だけの人、学問尊重の上に実技がある人、実技だけで無学な人、
実技も学問も無く俗慣習だけの人、


いろいろ駄罠

629 :病弱名無しさん:2014/03/26(水) 08:26:41.73 ID:ZcE9rDww0
幸運な星の下に産まれた平凡だが優れた才能・人物が秀才・成功者ならば
不運な星の下に産まれた希少だが異様な才能・人物が天才・偉人。
秀才は事業を成功しやすいが天才は事業を成功しにくい。
同じ成功者だが両者はスタートから運んでいるものや大きさ・グレードが異なる。

630 :病弱名無しさん:2014/03/26(水) 21:19:58.41 ID:75Qhylj/0
天才は才能も人格もおかしいんじゃないんか?
それで説明がつくだろ

631 :病弱名無しさん:2014/03/27(木) 06:30:27.53 ID:sKwHctUB0
大成功にはよく大失敗もついているよね。
でも大成功もよく大失敗のもとになるんだなあ。
失敗の影には成功が、成功の影には失敗がいつもある。
自然はよくできてるものだなあ。
本当の金持ちは美田を残さず。
本当の才能は才能を残さず。

632 :病弱名無しさん:2014/03/27(木) 17:32:07.12 ID:8dBqEwd30
天才は不純物の混ざった原石なのですね。ただの石ころか本物か。そういうことです。

633 :病弱名無しさん:2014/03/28(金) 05:49:51.95 ID:fs7u4TH90
お勉強天才では商売事業等では提灯が付くとは限らないが、
世俗に長けた成績駄目だった人間でも成功するとは限らない。

634 :病弱名無しさん:2014/03/28(金) 18:02:04.87 ID:So4I7L+z0
ビジネスは学問ではないし、お手本・教科書はないし、
全くの個人の総合能力、センスしだいだからね

635 :病弱名無しさん:2014/03/28(金) 22:55:07.96 ID:YCj0XN3S0
学生時代は苦しい勉強ばかりだったが社会に出てからは給料が安くてイャだ、
ならば自分で提灯を灯すしかない。独立自営だ。
コンビニのようなチェーン店は元会社がピンハネしちまうから割に合わない。

636 :病弱名無しさん:2014/03/29(土) 13:27:46.07 ID:LCVH1/hJO
ほんまの天才は死んでから認められるんやで(笑)

637 :病弱名無しさん:2014/03/30(日) 09:02:49.88 ID:Dn3Zs5XX0
天才に代わりはいない
ただ一身のみ

638 :病弱名無しさん:2014/03/30(日) 14:44:55.10 ID:Mtlc6gmW0
学力筆記入試入社や一芸入試入社や一球入魂入試入社をしても
本当の人材は採用できないですね。
特級の人材はこうした選抜にはかかりません。その選抜方法が
問題でテストもどきのテストでは何の役にも立たないでしょう。
方法を考案した側にダイレクトに応じた人材が雇えるのです。
方法こそ、方法が極めて重要なのです。

639 :病弱名無しさん:2014/03/30(日) 15:05:00.23 ID:Yu4I7yY00
大学は高偏差値校は駄目だ。厚遇の貰うことしか考えない。
かと言ってDQ系もダメ。基本根性が無い。
一人で全体の9割を引っ張るような天才は型に嵌った経歴者からは
出難い。中退者とか二部モンとかからの方がよく出る。
ベンチャーから巨大化した所の創業者とか。

640 :病弱名無しさん:2014/03/31(月) 12:23:44.23 ID:qKntgpsl0
天才は起動しないとただのカスだが、ひとたび起動すると
出力・パワーがまるで違うんでないかい?

641 :病弱名無しさん:2014/04/01(火) 15:05:55.92 ID:piJD9yFkO
まあ眠っているドラゴンもドラゴンには違いないだろ

642 :病弱名無しさん:2014/04/01(火) 22:46:24.80 ID:z3iZPMX+0
航空会社を立て直した人も学校の先生が他の子にないものがあると気づいて
進学ができるようにしてくれなかったら現在の彼もなかった。
天才でも秀才でも能力に目がきく人に出会う運は欠かせない。
とりわけ他人と違う天才の場合は孤立しやすいためなおさらである。

643 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 00:05:21.59 ID:x2/55CqC0
アインやノイマン、テスラーのようなテクノロジー天才は真性だろうが、
経営の天才なんかは内容の6割がアピール性やデモンスト性だね。
他人にどう見せているかが天才性評価基準になっている。
宗教天才なんかもその類。オボなんかはボロが出たケース。

644 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 01:06:33.88 ID:BLDtQEp50
>>640
しかもそのパワーも好奇心のあるところ1ヶ所だけに集まるからな

アインシュタインは数学、ピカソは絵画以外何もできなかった
ちなみに二人とも学習障害だった

発達障害に無知な奴がこの学習障害をアスペルガーと勘違いしてる馬鹿が凄いいるが、アスペルガーと学習障害は別物なんだけどななんだけどな

645 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 13:39:24.72 ID:7715oA4uO
中国あたりでは舌先三寸で勝利を招くのもプロヒーローや

646 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 21:23:24.46 ID:N2d4WAFZ0
ああん?

647 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 22:49:29.57 ID:mzuRi0aw0
最近になって大学あたりでもAO入試の採用率が高まっているものの今更感は拭えない。
実業界の多くではとうの昔から行っている常識に過ぎない。
今後少子化と共にさらに増加するだろうが、その頃には既に全く陳腐なものに成り下がっている。
後手後手では先陣を切るのは大変難しい。

648 :病弱名無しさん:2014/04/02(水) 23:35:57.30 ID:ezg4ogNV0
         、   、
         │   ,l,,,,,,,
        ,,il′  ,llllllllllii,、
      .,,,iiilll″  ,llllllllllllllli,
      lllllll!     .,i!!!!!!!!!!lllll!      誰 一 乱 私
     ,lllll゙゜   ,! ..''iii lll!゙       の 勉 交 わ
    .,//`   .,i´   |.         子 中 さ
    │"    ,,i´,、.゙,)'"         供 射 れ こ
    `     バ '’゛"          .か 精 て の
    .,       \             .さ  ` .10
    .|           'ーミ'-、        .分 れ お .号
    │           ,,,.i、`、       か  ` .腹 .室
    ゙l、   .:i、   .゙~l゙ ..l゙       .ら .こ .に で
     '、    ''i、,, .,,,ィ'_,/        .な ん 生
     .゙i、          \         .い な 暖. 3
      i、        `'-、      .の お か 人
      }          \        腹 い. の
     ,/`           \.     臨. に .精 男
   .,/`                ,.i、.    月   .液 に
  ,/`              ill |     .な な お 体
  ,l゙                ゙l゙     .の っ    お
  |       ,,、        丿     .よ た
  |          ヽ      ,/        .の
  ゙l        ゙、   ._,,-'"          よ
  ゙l        ['''"゙゙゙|`
   |        |   ゙l
   ゙l          |   .|
   '       `   ′

649 :病弱名無しさん:2014/04/03(木) 00:31:47.98 ID:MZFDfauWO
ちまんねえ!
もっとやれ!!

650 :病弱名無しさん:2014/04/04(金) 21:07:23.72 ID:0v6ELxKj0
お利口さんは天才を知恵遅れくらいに思うけれど天才の方はお利口さんを不思議に思ってる

651 :病弱名無しさん:2014/04/05(土) 00:13:06.71 ID:2DQiR0PQ0
下ろすの? 産むの?

何回目?

652 :病弱名無しさん:2014/04/05(土) 09:37:14.47 ID:dgql0MVS0
秀才の家系は凡そ秀才の一族であるように天才の家系は天才の一族である。
 
但し天才の家系は途絶する場合が多々あり継続的ではない。
 
秀才から秀才の子孫は産まれるが天才から天才の子孫は産まれない。

かかる両者には双方向性は皆無といって差し支えない。

653 :病弱名無しさん:2014/04/06(日) 00:38:27.93 ID:E1DpVqKs0
同じ一族でも経済力如何で普通の教育止まりにも成れば医学部まで進学の人
も居る。ただ世情も変わる。男は皆、生半可でいい加減だったから投資対象外だった、
一族の長は女ばかりに投資して医者にした。しかし30年が経って、、、
「あんた医者にならなくて良かったよ」と金の出所は言う。

654 :病弱名無しさん:2014/04/06(日) 01:12:08.41 ID:5ytsqe+d0
精神疾患と創造力は遺伝子の対だから天才は家系は当然でしょ
能才と学習能力、これも対だから一族に医者、学者、、官僚、
なんてざらにいる
きち外の場合数多のきち外同族から単なるきち外じゃないのが
出てくるってのが天才誕生のシステム

655 :病弱名無しさん:2014/04/06(日) 10:06:15.76 ID:E1DpVqKs0
産婦人科は皆、店を閉めるな。
2千万寄こせだの訴訟ばかりになってリスクが大きすぎる。
載りの軽い街のクリニックに転身する。
歯科も過当競争で余り儲からない。
もっとも根性論医学の医者にはオレも他の親戚も掛らない。
「親戚でもおっかねぇー」って。都内伝統系なら未だずっとマシだろ。

656 :病弱名無しさん:2014/04/06(日) 10:49:38.24 ID:+oCtd/fkO
周りから浮きまくりでみんな引くやつはヤバイかエライかだぜw

657 :病弱名無しさん:2014/04/07(月) 00:48:16.04 ID:ysm+CU3E0
芸術系は勿論、相対論とか資本論のおっちゃんもバイトみたいな仕事してた。
比類ない才能は割りのいい仕事に就けてることは少ないように思えるね。

658 :病弱名無しさん:2014/04/07(月) 21:05:04.87 ID:vj/7FjbE0
おまえら何でそんな天才が好物なん?

659 :病弱名無しさん:2014/04/07(月) 21:20:39.09 ID:0P4DCR320
姉妹スレ「基地外は大概アホ」

660 :病弱名無しさん:2014/04/08(火) 13:07:03.56 ID:8mwEY4Iy0
世の中の99.9%は平凡な人間である
心身に問題があれば有利には生きにくい
しかし0.1%の中には極々稀に不利を有利に覆す者がいる
ふけ程のウランで巨大都市を吹き飛ばすように

661 :病弱名無しさん:2014/04/09(水) 02:13:28.48 ID:aIiMFav40
自然のままに生きていたら弥生人や白人に侵略された縄文人やインディアン
みたくなりますな。自然のままとは、秩序無く寝たい時に寝て食いたいときに
食いやりたいときにやるような生き方。ある意味、心のまま。そんな生き方
では・・・、そりゃ計画性と秩序と実行力が無いと。

662 :病弱名無しさん:2014/04/09(水) 07:28:20.64 ID:H/zX9VDb0
素で異常な考えをするのが天才や基地外だろう。
 
よく見ると異常とは違っていれば天才だな。

663 :病弱名無しさん:2014/04/10(木) 06:46:12.56 ID:ALVh1P/y0
要は多勢でないマイノリティの中にいるんだろうな。
例えば理系天才には左利きがかなりいる。
その意味では知能の比較的高い人間も多いのは理にかなう。

664 :病弱名無しさん:2014/04/10(木) 06:50:36.53 ID:ALVh1P/y0
付け加えるとキャラクターの風変わりなのにも多いのも当然になる。

665 :病弱名無しさん:2014/04/10(木) 23:27:03.65 ID:FY9PSZmu0
天才はインターナショナルな雰囲気でないと出ない。
余所者を差別して追い払う風土ではアホウは出ても天才は出ない。

666 :病弱名無しさん:2014/04/11(金) 00:11:41.80 ID:qJ4N6h+mO
そうだね。きちがいでも容認する視野の広さ深さ(=大きさ)が民衆のためには必要だからね。
小から大は間違えても生まれはしないね。

667 :病弱名無しさん:2014/04/11(金) 09:11:50.89 ID:8rSPU5Nf0
>>余所者を差別して追い払う風土

事あるごとに余所者を差別してしまいには追い出す風土。
そういう街はやがてパチン屋と専門○具店だけになる。
今までのバチで。

668 :病弱名無しさん:2014/04/11(金) 12:05:54.11 ID:Hww3XPJ+0
知識は残せても才能は残せませんなあ
知識はいくら組合せてもあくまで組合せ

669 :病弱名無しさん:2014/04/11(金) 15:53:51.97 ID:8rSPU5Nf0
>>やがてパチン屋と専門○具店だけになる。

おん出されて、これ幸い。

670 :病弱名無しさん:2014/04/11(金) 20:42:46.75 ID:JACgdabQ0
天才の思考内容は個人の資質、環境、教育などが複雑に絡み創生される。
その思考にはその資質由来の独特のものがあり、類がないのみならず、
大きな可能性を感じさせる。それを発見して、育成できる人がいれば、
その才能を本格的にアクティブなものに変えるだろう。
才能が社会に貢献できるか否かの岐路は、滅多にはない非常に有用な才能
とそのことにピンと敏感に感応できる才能の遭遇である。

671 :病弱名無しさん:2014/04/13(日) 11:45:07.51 ID:8YWtIKUEO
商売だろうと何だろうとその道のプロ中のプロぐらいしかすごいかどうかなんかわからへん

あんたプロ中のプロなんかそうそうざらにはおりまへん
 
たいていはプロ中のプロがそういうから何かわからへんけどそうなんか思うだけや

672 :病弱名無しさん:2014/04/13(日) 14:41:26.01 ID:IvNUB0Zz0
商売をやるとインちゃんが怒ったんだって
「何でオレの領地でやるんだぁぁぁ」って

673 :病弱名無しさん:2014/04/14(月) 08:48:59.25 ID:ScayQkwv0
金塊の詰まった難破船も発見されないと
いくら大金でも何の役にも立たないですよね

674 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 02:43:40.16 ID:1x1I2BT/0
天才の才能もそっくりとはいかないが部分程度は伝授できるだろ
師匠と同じにはならなくも親密に接すれば多少学べると思う

675 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 08:56:52.74 ID:37mOmHhv0
ガッコ教科書通りでは駄目だね。マルチカスケードリンケージや
逆ガルリンケージは真面目教科書人間では発想は浮かばない。
ITでも検索クローラを逆手に取って騙せないと。

676 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 16:32:23.85 ID:3+N7SWOtO
天才偉人系はさ
重荷を負わされたデカイ奴だよ
運び切れば天才偉人
潰れたらキ印

677 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 17:10:16.54 ID:EeQF7ORL0
俺自分のこと天才ってか人とは違う特殊能力があると7割信じてる
高次脳障害持ち+精神疾患もあるけど
物事の整合性が手に取るようにわかる。でも集中力が欠如して大変だ
そしてどんな才能を持っていても行動力がなければ意味がない
みんなも行動力ないでしょ? あと集中力
よっしゃみんな悩まないでマジになろうぜ自分の才能を開花させよう
でも行動力もヤル気も身体が健康じゃないとついてこない
まずは健康な身体にして頑張ろう タバコもやめよう

678 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 17:29:45.78 ID:EeQF7ORL0
あと考え過ぎはダメだね 
まあ考えすぎて日本社会の歪みに気付いたんだけど。

679 :病弱名無しさん:2014/04/16(水) 23:17:39.45 ID:ZKD9Urig0
バブル崩壊以降の90年代半ば頃からは従来戦後常識はもはや通じないな。
有名酷立理系大卒が何度就職してもリストラだし家の一軒が買えない。
早稲田文系も家を買った途端にリストラで次の就職が無くてプー太郎生活
を5年やって海のペンション経営をし出した。

かと思うと世間最底辺大学卒が喫茶店や建設会社を経営し出して10年で
月収500万の拠点を15店舗程にしてアッと言う間にノシ上って地方自治まで
乗っ取ってしまう。乗っ取られた自治体の市民は間抜けだから気付かない。

非凡な一部の人間が平凡な人達を利用して支配してしまう日が
すぐそこまで来ている。
気が付くとファシストが政治力を持ち国まで乗っ取っている日が。

680 :病弱名無しさん:2014/04/17(木) 00:05:14.00 ID:N4UgU6hRO
デカイもの運ぶにはデカイ才能がいるさ
デカイから度々自重で壊れるんさ

681 :病弱名無しさん:2014/04/17(木) 00:17:11.98 ID:jIkLzWK40
才能なんか要らないわぃ。
要は度狭だ。
そんで今は男よりも女の方が度狭もある。

何千人単位の人員を関東中で動かしている
男系職場のトップ指揮者が55のオバさんだったりする。

野郎はグウタラで駄目だね。
度狭すらなかなか無い。

682 :病弱名無しさん:2014/04/18(金) 01:22:53.75 ID:2eDYJSUT0
ttp://www.youtube.com/watch?v=c54yc2DdfcU

フランケンシュタインそのものは天才なの?

683 :病弱名無しさん:2014/04/18(金) 14:39:14.13 ID:u59IpGZpO
フランケンは怪奇
天才は奇怪なのが多い
でも怪奇なわけじゃあない
他人とガチ違ってるだけさ
でもあんまりエンジンが強力だとかからんでぶるぶる

684 :病弱名無しさん:2014/04/18(金) 14:55:14.21 ID:BpsWVdJf0
つ ダックスフンド

685 :病弱名無しさん:2014/04/18(金) 22:49:32.18 ID:jUg9An5j0
イミフ

686 :病弱名無しさん:2014/04/18(金) 23:43:58.85 ID:bVMcTicH0
フランケンは芝居で儲けて笑いが止まらないのだよ

687 :病弱名無しさん:2014/04/19(土) 13:27:17.77 ID:Azyz3ju3O
早く天才になりたい!!
∵基地外のたわごと

688 :病弱名無しさん:2014/04/19(土) 21:20:59.94 ID:cP57T+zg0
精神科に行く連中には2種類ある。頭のいい連中とばか。
なお頭がいいとは勉強ができることではないからお忘れなく。
頭は良すぎても悪すぎても障害になる。

689 :病弱名無しさん:2014/04/19(土) 21:40:30.94 ID:BO3miwFM0
ttp://www.youtube.com/watch?v=c54yc2DdfcU

フランケンみたく芸があれば儲け笑いが出て
妖怪→人間→天才→神 と昇段して行く。

芸が無いと人の芸に載せられたりで
いつまで経っても妖怪のまま。

690 :病弱名無しさん:2014/04/20(日) 15:15:23.62 ID:ai3ujmKgO
ガイチキもテンも瓜二つのメインOSや
才能ちゅうデュアルOSしだいや

691 :病弱名無しさん:2014/04/21(月) 19:48:06.66 ID:N3LcWDf80
危地外は天才力が認知されるまではまず職には就けないと思うぞよ

692 :病弱名無しさん:2014/04/22(火) 09:04:42.71 ID:HZFIvqylO
天才とは深いところに莫大に秘められた力を指すんだよ

693 :病弱名無しさん:2014/04/22(火) 11:14:44.13 ID:Y3kuV184O
世の愚鈍な輩に、知らぬ間に繊細な感性を侵され、愚の合理化とでも言おうか平凡な大多数に染まるしかなくなる。
愚鈍というのはなにも粗暴的なものをさすのではなく、現在では同調圧力がその一例で、これは草食系男子(男性の女性化)が増えた要因でもあり、その逆も有り得るのだと思う。
この他者との同調性が一体どれほど才能を蝕むものか、天才を持った人間はこの事態を真剣に考えた事があるのだろうか

694 :病弱名無しさん:2014/04/22(火) 23:07:19.48 ID:hvDkrCvG0
繊細な感性を持った博学な天才でも風呂が嫌いだったり
部屋はゴミ屋敷だったり未婚だったりする。

風呂は週一みたいだ。
60過ぎだともう立たないだろうからケコンは無理だろう。

695 :病弱名無しさん:2014/04/23(水) 03:31:07.32 ID:WL5jBb0gO
結婚は天才性を削ぐ最たる例
能力の高い若手企画屋が、結婚はもとより彼女は作るなと言われたエピソードを聞いたことがある。
まず女性は俗物の代名詞でもあり、まず優れた著作を理解する能力―創造的活動に必要な根本的なもの―をまるで持ち合わせていないし、それは彼女等のごくたわいのない日常会話のユーモアセンスの中にも見て取れることである。

696 :病弱名無しさん:2014/04/23(水) 09:43:07.85 ID:TUIzbO9sO
天才はピュアなんだぜ
━*"(゜∀ °)*,*━━
子供は天才っていうだろ
子供は結婚できないし

それだけで決まるわけじゃないが

697 :病弱名無しさん:2014/04/23(水) 11:04:46.37 ID:/m79kEQP0
そこいら中の淫ちゃんに浸かっていると天才とは対極の
イ○ちゃんみたくなっちまうんだな

698 :病弱名無しさん:2014/04/23(水) 19:53:37.61 ID:0LyHJX3G0
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉
色即是空吉即是才
空即是色才即是吉

699 :病弱名無しさん:2014/04/23(水) 20:24:16.95 ID:SySJBbpk0
何と!!!

700 :病弱名無しさん:2014/04/25(金) 01:14:15.72 ID:6HAzDLje0
余所者を差別して追い出す風土では天才は出ない。

余所者でもホントの余所者にはエエ顔をする。
隣の余所者にはコンプと優越の混ざった複雑な感情から追い出す。

701 :病弱名無しさん:2014/04/25(金) 01:31:31.89 ID:Z2K03ZD00
>>692
力の前に「得たいが知れない」を付け加えた方がいいのでは?
まず現れて、次に理解されるまで何かわからない異端なのだから

702 :病弱名無しさん:2014/04/26(土) 00:15:14.45 ID:2jqKk3reO
頭の回転は閃きとは関係ねえーんだよ
ピン!とかビンビン!じゃあなく天才は ・・はっ! ・・はっ! ・・はっ!
の量が圧巻違うんだぜー

703 :病弱名無しさん:2014/04/26(土) 17:05:51.91 ID:UVxPjX4M0
通信であろうが衣料であろうがサービスであろうが、
その人間のセンス次第で余人がもって代われない問題

704 :病弱名無しさん:2014/04/27(日) 01:04:03.36 ID:ReTY1O8T0
そうな。何事もセンスな。

705 :病弱名無しさん:2014/04/27(日) 09:39:35.82 ID:H3RNX5m9O
ルース、イチロー
野球、スポーツ見てもわかるけど
それ向きの体格、素質に猛練習だろ
片っぽだと2位どまり

706 :病弱名無しさん:2014/04/27(日) 09:59:41.64 ID:dvXQHl+Y0
2位じゃだめなんでsか

707 :病弱名無しさん:2014/04/28(月) 14:28:41.84 ID:4cFAtqrT0
物理でも数学でも政治でも音楽でも何でも天才の優秀と言いますのは
同じ優秀と言いましても少し意味合いが異なるんですな。
素質も違うし努力も違うしその他基本的にみな異なっている。
天才も楽しみや趣味嗜好はあるのだが世俗的な幸せには拘りは持って
いないことがしばしば見受けられる。
それゆえ結婚もしなかったり仕事にさえ就かなかったりするのですな。
何であろうと自己の興味ないことには全くお手上げだったりする。

708 :病弱名無しさん:2014/04/29(火) 14:38:31.27 ID:uSW70Qc90
秀才=エース
天才=ジョーカー

709 :病弱名無しさん:2014/04/29(火) 20:04:27.25 ID:tBwlYv5n0
天才でも馬鹿は救えないな

710 :病弱名無しさん:2014/04/30(水) 09:22:21.46 ID:g/f7xmEMO
天才は努力では及ばないから天才だろ
天に与えられた才だから資質
執念深く努力すれば届くってものではないな
根っ子には社会には合わない基地外性がある

711 :病弱名無しさん:2014/04/30(水) 09:58:30.32 ID:jiFvN9gO0
天才も努力はするだろ。
天才なりの努力だが。

712 :病弱名無しさん:2014/05/01(木) 00:14:53.25 ID:z8x+PYvW0
才能があったとしても長い人生の間で才能を
ほとんどコンバージョン出来なくて50過ぎで
独身のままでニートなんてのはちょっと異様。

見ていても目に毒。
異様過ぎる。

713 :病弱名無しさん:2014/05/01(木) 01:16:59.67 ID:1vKD6PWa0
ニートの使い方間違ってるやつ多すぎ

714 :病弱名無しさん:2014/05/01(木) 12:53:50.03 ID:FHc7GO6o0
ニートは疾患ではないからね。
偉人天才系は物心ついてからは常に大きな精神的葛藤を抱えてるよ。
創造力のため外界との軋轢で必然なの。
大きな大きなカタルシスの塊なの。

715 :病弱名無しさん:2014/05/01(木) 19:53:37.52 ID:fMbSo5wg0
neetになりてえええええええええええええええ

716 :病弱名無しさん:2014/05/02(金) 09:32:50.11 ID:ooPibCmQ0
天才の才能を開花させたいのなら少しでも同じ天才の人に
接することだな。本当に才能があるのならトランス体質だから
馬鹿な人間に触れればバカがそのまま乗り移る。
天才に触れればその才能ソース影響を受けて天才性が乗り移って
開花したりもする。下を見てはいけないのだ。

717 :病弱名無しさん:2014/05/02(金) 19:55:08.64 ID:kf2NWtYo0
ユダヤ人と付き合うと天才になれる?

718 :病弱名無しさん:2014/05/02(金) 22:31:35.04 ID:EZRIIjZa0
ユダ血が何分の一か混ざっていればユダの方から勘付いて
寄って来るらしい。本能的に。

719 :病弱名無しさん:2014/05/02(金) 23:29:21.79 ID:bxckvZM40
ノーベル賞受賞者の約3割はユダヤ系なんだよ。
彼らは普通の人種と違うんだよ。
ユダヤでなくても何段階も段違いなことやる人間は同じ血が流れているんだよ。
頭がおかしい人間も血が違うんだよ。

720 :病弱名無しさん:2014/05/03(土) 00:02:15.97 ID:lnuisz1v0
ユダ内にも派閥があるんじゃ。
ワシはユダ神に見放されてのぅ。
病を戻された。

物部はユダぢゃ。守屋をやっつけた秦河勝もユダぢゃ。
そんなの当たり前ぢゃ。

ユダ系は社会的地位が在ったりもするが心には深い傷ぢゃ。
子供が芯だりのぅ。気の毒だし力にあやかってはならんのぢゃ。
あくまで自力でな。

721 :病弱名無しさん:2014/05/03(土) 00:19:31.35 ID:lnuisz1v0
ユダ神系なんかには寄り付かない方がエエ。
せいぜい密教くらいでエエ。

賢い奴は真宗を隠れ蓑にして荒御魂潰し医業をやっとる。

ワシの縁戚のユダ系教授は6歳子供が水死で芯だんぢゃ。
場所は北海道の湖ぢゃ。

722 :病弱名無しさん:2014/05/03(土) 11:38:45.26 ID:9OnOySWQO
ユダヤはレベルは高いが案外開放的
才能を買うので秀才も天才もゴロゴロ
才能最大重視だが努力も買う
才能は努力とは別だから選民意識がある

723 :病弱名無しさん:2014/05/03(土) 20:46:28.80 ID:7ibsTgPR0
果たして一般人に天才が区別できるんだろうか

724 :病弱名無しさん:2014/05/04(日) 06:17:57.63 ID:cnhgmfKb0
秦河勝なんて日本に仏教を入れた半島系ユダヤ人。
京都の太秦に居た。だいたいこの種の連中は建前上の所為経典が過激な法華経。
実家や内心実態は皆、密教(現在)。今もそうだよ。
西日本在住では物部神道だったりもする。

725 :病弱名無しさん:2014/05/04(日) 11:45:13.91 ID:cnhgmfKb0
日本は半島系ユダヤ人が創ったユダヤ国家でイスラエルと瓜二つ。
ユダヤ系半島人が侵攻して来て出来た国。
先住民は8000年からの歴史を持つ縄文人だが、彼らは自然のままに
生きるのが仇になり北へ北へと追い遣られた。
戦略性が無く悪く言えばその場限りのいい加減な生き方をして来た。

726 :病弱名無しさん:2014/05/04(日) 21:18:58.55 ID:cnhgmfKb0
秦河勝は仏教と共に疫病も日本国土に入れたんぢゃ。
それ以前の日本人は背丈が高くて白人と同じだったが疫病でDNAを破壊され
今のように小人に成ったんぢゃ。
疫病の渡来半島人は次々に縄文人婦女子を強姦して縄文人は滅びたのぢゃ。
半島はユーラシア大陸の男性器で日本列島は女性器ぢゃ。
縄文の男は法隆寺や四天王寺建立の奴隷に動員された。女は皆妾にされた。
それもこれも縄文人がアホだからぢゃ。

物部守屋は疫病菌の付いた仏像を淀川に放り投げたんぢゃ。
菌は水に洗われて取れたが、その仏像を拾って長野まで運んでのぅ、
善光寺を開いたのが本田親篤と言う人ぢゃ。

727 :病弱名無しさん:2014/05/05(月) 08:02:38.76 ID:M1w3sS9g0
天才とは例えれば異種の動物だろう。
人間にはわからない臭いを嗅ぎ付けたり、見えないものまで見える等。
思考というより感覚や感性というべきもの。
従い学習能力等の知的能力とは区別しなくてはならないであろう。
識別能力には物事に対する知性もあるのであるが、それとは画される能力である。
高い知性と感性のいずれをもとを兼ね備えたとき天才の可能性を持つ。

728 :病弱名無しさん:2014/05/05(月) 21:26:27.79 ID:cHZgZw7h0
縄文の神先祖はさぞかし嘆いているだろうな

「また疫病半島人か」
「これで8000年の脈がまた一つ絶えてしもうた」、と、、

729 :病弱名無しさん:2014/05/05(月) 22:57:53.51 ID:LE1X1MRRO
天才はつらいのう

730 :病弱名無しさん:2014/05/06(火) 11:55:40.98 ID:IwPH4KbvO
基地外と天才は共通性があるやろ
それもこうしたらなるなんてこたあねえ

731 :病弱名無しさん:2014/05/06(火) 17:06:27.25 ID:v/eQIwqV0
高い能力も基地外とセットだと簡単には発揮できないと思う。
しかし基地外に限りそういった高い能力が与えられていたりする。

732 :病弱名無しさん:2014/05/07(水) 01:08:45.97 ID:keEg7BZ/0
生きるためには何もユダヤの能までは要らない。
フランケンのように一芸があればいいのだ。

無芸では困る。

733 :病弱名無しさん:2014/05/07(水) 12:45:23.19 ID:f1sxd8zD0
無芸じゃダメなんですか

734 :病弱名無しさん:2014/05/07(水) 14:27:45.29 ID:7kbNKfYoO
神経質な弱虫の内弁慶=鋭敏な探知の創造力だからな
ある時は基地外、またある時は天才(頭が良ければな)

735 :病弱名無しさん:2014/05/07(水) 20:42:23.66 ID:c5WywcIb0
天才はパーソナリティーに問題があるが、問題がある人が天才ではない。
能力をもっていないと単純な社会不適応なだけの人間になる。問題人格を
天才性とやらで誤魔化しても問題の解決にはならない。

736 :病弱名無しさん:2014/05/07(水) 21:57:31.99 ID:TTSJd1ZC0
凡才は高い努力比率で利益を出す。秀才は最低限の努力で利益を出す。
天才は努力を一切しないで口頭だけで利益を出す。

もっと凄い奴はセールスツールもセールストークも一切何も使わずに
人間とコミュも取らずに労も何もしないで莫大な利益を出す。
実際に居る。そういう奴が。

737 :病弱名無しさん:2014/05/09(金) 20:18:51.49 ID:WXFeDxNy0
天才は何が素晴らしいのかといいますとその洞察力なのです。
学習で習得するものではなく生来の直感ともいうべきものです。
この能力があって初めて天才としての基盤が整います。
通常IQテストで測れないのは当然です。

738 :病弱名無しさん:2014/05/09(金) 21:24:40.01 ID:V0An6SEj0
何でも資質は無視できないが、それも学習や経験で磨きをかける必要はあるだろ

739 :病弱名無しさん:2014/05/09(金) 21:29:51.81 ID:Wu4/Jcus0
やっぱしセンスだね。
難しいことを簡単にやってしまう。

740 :病弱名無しさん:2014/05/10(土) 11:42:56.34 ID:XYm6Hzqs0
タイプの違いでしょう。
そうした人は他人が簡単にできることが簡単にできません。
調子外れで話が噛み合わなかたりします。
脳内論理構造が他人と違っていれば当然のことです。
生得的なものです。

741 :病弱名無しさん:2014/05/10(土) 11:50:17.61 ID:vybwLBB+0
人が物を考える時の速度って目には見えないけど
めちゃくちゃ思考速度が早い人が居たら
普段のコミュニケーション取りづらいんだろうな
周りがゆっくり考えてる最中に回答に辿り着いてイライラしそうだ

742 :病弱名無しさん:2014/05/10(土) 13:50:29.81 ID:XYm6Hzqs0
思考には実に様々なタイプがあります。
A,B,..c,..,DX,..,3,..,な8,..,4カハ,..,7z5,..,乱,短,..,..
こういうことです。

743 :病弱名無しさん:2014/05/10(土) 16:24:21.22 ID:iNF5w5+q0
何にしても人に教えてもらって天才が区別つくようじゃだめだな

744 :病弱名無しさん:2014/05/10(土) 23:06:20.65 ID:cwYzoH5j0
タチが悪いのが高学歴の自称天才だ。大学は人間堕落の巣。
実態は基地外なんだが自分を天才と思い込んでいる。
まぁ基地外と言うか、社会不適応と言うか。
しまいには飯も満足に食えなくなる。
驚くことに女房子供が居る奴も居る。
どんな角度から見ても穀潰しなんだが。

745 :病弱名無しさん:2014/05/11(日) 20:05:09.72 ID:2YwAWTSs0
ハーバードも秀才系の大秀才ばかりが増加してないか。
学術の高度化はあるが、恵まれた環境が天才系の大天才を生むわけではない。

746 :病弱名無しさん:2014/05/12(月) 07:09:05.93 ID:L0NLjE5J0
ハーバードは日本のような選考方法はとらないから天才には向くね。
天才は鋼鉄を切るほど鋭く頭が切れる反面で頭を疑うようなパーな面があるんだね。
そのパーな負の部分しか見えないと到底天才とは思えないよ。

747 :病弱名無しさん:2014/05/12(月) 12:35:49.47 ID:QZs2zuxL0
ハーバードなんか今はチャンやチョンやベト公みたいなアジア系ばかり。
インドも多い。インドは確かに頭はいい。日本のボン公よりも。
そんだから下手な害死に就職すると、そいつらがマネージャだったりする。
天才なんか居ないよ、インド以外は芸も無いし肩掻き学歴だけ。

748 :病弱名無しさん:2014/05/12(月) 14:20:57.55 ID:L0NLjE5J0
変わった製造屋は禿げが禿げる前に禿げるのがわかったね。
禿げは盗賊の頭が頭になる前にそんなやつなのがわかった。
能力が似ていたり、レベルに違いはあってもお互いに感じるのだよ。

749 :病弱名無しさん:2014/05/12(月) 20:14:45.72 ID:/7TdLMYx0
知性の障害と感情の障害が天才なんでね?

750 :病弱名無しさん:2014/05/12(月) 21:48:36.37 ID:m7Xg9Sxj0
今はお姉ちゃんの方がみんなワザや芸を磨いて自立で飯を食っている。

いいおとっつぁんがニートでうちに居たりもするな。

やがてインドのカースト制のような固定階級社会になるらしい。
一部の天才と大多数の奴隷とに。
奴隷はカースト下部のように横同士を見合って慰め満足するらしい。

751 :病弱名無しさん:2014/05/13(火) 06:53:28.38 ID:NvYmVwZX0
ベト公は馬鹿だねぇー。アメリカの傀儡でも南ベトナム政府だったら
中国のオンボロ軍艦なんかに脅かされずに自国の庭で石油が採れたのに。

米軍が守ってくれて石油メジャーが買い上げてくれて
サウジやオマーンみたく無税国になれたのに。

ゲリラであれだけアメリカに恥を搔かせて75年にサイゴン陥落で
追い出したのだからオバマも口だけでもう介入はせんだろ。

チャイナもそこを織り込んでああいうことをやるんだろ。

752 :病弱名無しさん:2014/05/13(火) 13:38:45.00 ID:CjOGBdMWO
そいつの何らかの能力が並外れてることに感づくかどうかだけだよ
基地外か高々知れているか天才か

753 :病弱名無しさん:2014/05/13(火) 21:00:43.08 ID:VGKtA+g70
〜頭脳の良し悪しは天才の能力の全部ではない〜 てのがポイント

754 :病弱名無しさん:2014/05/13(火) 21:20:37.47 ID:vuQRhzWZ0
天才は奇病人だしきちがいも危病人

755 :病弱名無しさん:2014/05/13(火) 22:50:25.89 ID:mYJFK/oe0
今のベトナム領海内での中国の石油盗掘は一ベトナムの問題だけど
昔の共産主義ドミノ感染リスクは全世界レベルのイデオロギー問題。

756 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 11:08:27.52 ID:XtxxYVlR0
女性の活用は大事だろうが能力はやはり全般的に男性が高い。
女性差別ではなく生物的性差による役割分担上仕方がない。
女性の天才はその役割を生かしたものか男性機能が著しく発達している場合である。
男性にも非常に女々しいのは大勢存在する。

757 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 11:31:07.96 ID:6e2lcrm10
小寒いローカルなエリアには男小姑みたいな奴は時々居るな。
そこそこ自意識過剰で神経質でチビに多いが
必ずしもチビとは限らない。

見ているだけで目に毒でウザい。

758 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 11:50:06.03 ID:8vT00/Tz0
現代脳科学だと、天才は脳のスペックは凡人と変わらないが、機能箇所が真逆という説がある
天才に共通するのは学習障害の傾向を持ってる奴が多いということ

アインシュタイン、エジソン、ダヴィンチ
また論理や理詰めで、思考するのも不得意で、直感で思考するからメモ魔が多い
また想像力を使う脳の箇所が人より働いてる
これはニューロンのシナプスがたくさんあるから

だから天才は記憶力、知識がある人じゃなく、知識を持ち合わせてながら想像力、独創性、直感力のある人物だと思う

ただこういう人達に限って人間的に欠陥があって、一般的な社会生活が送れなかったりこ、悲惨な末路を迎えたりする

759 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 14:05:52.17 ID:p1f2jX6u0
俺のことか。

760 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 21:26:44.58 ID:UtDlvkK6O
オレも能はないが女々しさだけはめちゃくちゃ自信あるぜ

761 :病弱名無しさん:2014/05/14(水) 23:25:50.07 ID:NvTQOrBO0
オレもチビではないが女々しさだけはめちゃくちゃ自信あるぜ

762 :病弱名無しさん:2014/05/15(木) 01:10:47.03 ID:gUneOF5O0
誰だってひらめきというのはあるだろう。
しかしひらめきの来方・仕組み・ピント等が問題なんだ。
人間は皆個性があるようにひらめきにも個性が出るんだ。
オリジナリティの高いひらめきは要は個性なんだ。
脳の個性と言い換えてもいい。
障害という個性がある方がオリジナリティがある。
天才に障害を持つ者が圧倒的なのはそうした背景があるからなんだ。

763 :病弱名無しさん:2014/05/16(金) 01:58:41.85 ID:xRKHWhTE0
ひらめき力がどんなに在ろうと商用化で利益にコンバージョンが
出来ないと何にもならない。
勉強のための勉強は若い学生のうちだけ。

764 :病弱名無しさん:2014/05/16(金) 07:20:47.34 ID:tLWl1KWI0
素材が天才な人間は総じて弱々しく傷つきやすい傾向があるような印象を受けるなあ。
繊細さは精神の混乱、異常も招くが、研究、開発、開拓、改革、創作にも大いに役立っているだろうな。

765 :病弱名無しさん:2014/05/16(金) 08:47:46.66 ID:SKvCuLUrO
能力と性格に偏向があるとき独特の近寄りがたい人物になるんだぜ。
ある種の障害者といえ、それが画期的業績に直結するわけ。
障害的閃きや行動だからバカタレかな〜

766 :病弱名無しさん:2014/05/16(金) 20:55:43.45 ID:scZFl2Nu0
天才はやたらへんなやつ大杉

767 :病弱名無しさん:2014/05/16(金) 22:52:40.16 ID:HxmosvB20
イ○ちゃんなんかウルトラセブンの初作で宇宙怪獣がガソリンスタンドで
給油器を咥えてガソリンをゴクゴク飲むシーンを本気にしていたんぢゃ?
「こわーーーーーぃ」って、

768 :病弱名無しさん:2014/05/17(土) 09:42:33.48 ID:WQ1wMGjyO
秀才天才は君たちとはレベルが違う、ウワッハハハ
  
と思いながらも人に対し謙虚でなくてはならんで

769 :病弱名無しさん:2014/05/17(土) 10:12:17.08 ID:AACcQyboO
もしかしたら俺も発達障害?毎日学校に忘れ物…椅子に座ればビンボーゆすり…
女子から「なんで一人でわらってるの?気持ち悪い!」とか言われた(笑)

770 :病弱名無しさん:2014/05/17(土) 11:33:25.51 ID:WQ1wMGjyO
才は優れるほど誤解を招くんだぜ

771 :病弱名無しさん:2014/05/17(土) 16:18:53.34 ID:1CDpk0W/0
人生は一寸先は闇です。何が起きるか分かりません。
 
事故災害大病に遭遇したり、迂闊なことから財産失くしたり、
 
高学歴なのに低学歴に負かされたり、突然に大金を儲けたり、
 
ひょんなことから大切な、素敵な異性に出会えたり、、、、
 
死ぬまで諦めないことです。
 

772 ::2014/05/17(土) 19:37:24.84 ID:AACcQyboO
>>769ですけど幼稚園に行き始めた頃に家に帰りたくて徒歩で1往復しただけの駅まで行って(普段はバス)ホームのベンチに座って電車を待っていました。小学校に上がってからは全く学校の勉強についていけなくて苦労しました。

773 :病弱名無しさん:2014/05/17(土) 21:21:40.99 ID:gtvfOHgK0
発達障害は劣等感のもとになりやすいけれど非常に優秀な学生や社会人にもいるよ。
能力でカバー出来なくなると退学や退社をせざるえなくなるけどね。
発達障害を上手く生かすのはなかなか難しいからなあ。
必ずしも劣っているということでもないのにね。

774 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 00:19:38.28 ID:cAg0crVs0
一般人には天才を理解できないでしょうね。
能力、人格ともあまり印象がよくない人物が天才のことが多いですからね。

775 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 01:31:02.81 ID:AMd2/ZQK0
大欲は無欲に似たりという
 
真の天才はキティに限りなく似たり
 

776 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 01:39:53.73 ID:KFrl1tZM0
ウルトラマンは地球人が必ずしも自分を好きでも何でもないことを
最初から知っていたんだな。ただ他の外来宇宙怪獣をやっつけてくれるから
応援されていた、ってことも。

777 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 13:48:22.18 ID:KFrl1tZM0
>>能力、人格ともあまり印象がよくない人物が天才のことが多いですからね

確かにそうな。そういう傾向の人物に限って全般人気があったりする。
でも見える人には見えるものだよ、才覚のポテンシャルや本質部分は。

778 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 17:15:59.84 ID:P7ZXDShi0
ばか

779 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 17:36:44.52 ID:KFrl1tZM0
ブービーは人気だったよ。漏れの後ろの奴もだし、前のジジイは勿論だし、
ずーっと向こう側の男連中からも人気みたいだった。
でも世間相場ってことは対極ってこと。地雷。

780 :病弱名無しさん:2014/05/18(日) 20:56:09.64 ID:2u4BhoNkO
てか能力て話をしばらく聞いてるとわかんねか?
教養も知能も才能も賢さもセンスも

781 :病弱名無しさん:2014/05/19(月) 00:39:26.67 ID:UbvdieP80
>780
鈍い奴にわかるものなの?
感受性は人によってかなり個人差あるし、正反対のタイプだと全く気付かないではないの?

782 :病弱名無しさん:2014/05/19(月) 07:35:37.38 ID:Tm2JYUZ70
鋭い頭脳はヒントを得ても勉強で得られるものではなかろ。
一例だが原始人類の時代にも自分たちの方が星のまわりを回っている、
あるいは物はそれ自体がエネルギーだという考えを持った
そういう人もいたかも知れない。
その時代の知恵者や賢人とは限らず彼らこそ天才であろ。

783 :病弱名無しさん:2014/05/19(月) 07:41:00.55 ID:Tm2JYUZ70
つまり全くな阿呆では不可能なので通常の優秀な人とは違う人に天才がおる。

784 :病弱名無しさん:2014/05/19(月) 09:30:25.19 ID:c5HdUfv90
キチガイのほとんどが、迷惑なキチガイという事実

火病のチョウセン民族が良い例

785 :病弱名無しさん:2014/05/19(月) 23:03:27.13 ID:sh5Y00SgO
能力と障害の元となっているものが天才やろ

786 :病弱名無しさん:2014/05/20(火) 08:00:52.42 ID:M1g2tUAk0
きちがいは大王になるかコジキになるかの二択ですよw

果たして実体はガリバーなのか小人なのか
 
残念ながら普通レベルは望めませんww

787 :病弱名無しさん:2014/05/20(火) 08:35:12.49 ID:+4v6caL+0
天才のホンの一部がキチガイだっただけで
キチガイはキチガイ

788 :病弱名無しさん:2014/05/20(火) 16:55:35.36 ID:o5wjzQQx0
ある程度の社会経験があれば一目見てワカんだろ、
「この人は天才の素養がある人だ」って。

789 :病弱名無しさん:2014/05/20(火) 18:34:59.31 ID:p1jqRkog0
結局ひらめきが一番大切なわけだから脳なり性格なり人生経験なり
 
もろもろのうち何かしらかなり変ったものがある人だと思う。
 
そのへんは最初の会話などの印象でも気付けそうな気がする。

790 :病弱名無しさん:2014/05/20(火) 20:28:30.61 ID:C5d2m5u9O
物事をパパッと理解してパパッとやるのはあたまがいいだけや

天才はそれがホームやない

791 :病弱名無しさん:2014/05/21(水) 09:48:09.76 ID:5UQQ8sF00
口だけ達者なサイコと本当に能力秘めた天才を分別するにはその能力が要る。

前者を後者と思ったり、後者を前者と思ったりする人間は多い。

792 :病弱名無しさん:2014/05/21(水) 14:42:20.78 ID:LetLu7YI0
今、首都圏では半径40キロ圏に大退廃が起こっている。中央線では八王子、
小田急線では厚木に起きている。厚木では毎年東大に何人もの合格者だった
かっての名門県立厚木高校が低偏差値化して廃校が論議されている。
厚木市内はデパートがほぼ無くなりキャバクラばかりの街に成った。
企業門前町主役だったソニーや日本IBMも大リストラや解散で周辺住宅街
の高級住宅街もほぼ退廃消滅。青山学院等の大学も次々に逃げだしている。
同じ40キロ圏では八王子にも似た現象が起きている。

かろうじて活きている立川、町田のような30キロ圏も大規模チェーン店
ばかりに成った。50キロ圏、例えば小田急の秦野、山梨の上野原に成ると
コンビニ店員の態度一つとっても話にならない劣悪さ。

都心から離れるほど粗雑粗悪化だ。

793 :病弱名無しさん:2014/05/21(水) 21:08:10.70 ID:YvBIKEsw0
    人生楽しもうよ〜
 
       ∋oノハヽo∈              
        ( ^▽^)           ∧∧     
      ((と    つ  ♪   /   ('(゚-゚= ∩   
     (( ⊂,,  ノ゙  ___/♪  .O,_  〈  
          (_,/,,  [●|圖|●] ♪   `ヽ_)

794 :病弱名無しさん:2014/05/22(木) 10:39:04.92 ID:6u1TqjDL0
能力は資質と経験に依存する。一般に天才の場合は資質が多大に寄与している。
物事の裏を見る能力、透視力、暗視力、遠視力が元来優れている。家系的にその
傾向が窺え、その種の能力を求められる職業に関与している者がどこかにいる。
 
能力のプロトタイプはいずれも脳の発生から極初期の成長期に備わり、成長に
伴い完成運用され個体の生存に貢献する。資質とその環境により能力がグレード
アップすると高度な能力となり開花する。

795 :病弱名無しさん:2014/05/22(木) 20:15:32.34 ID:lXwWiUD40
多摩都市モノレールは今は多摩センターまでぢゃが、
やがて10年しないうちに町田まで伸びて来る。
町田-多摩-日野-立川と主要な多摩の市は皆結ばれるのぢゃょ。
これは裏を返せば八王子外しなんぢゃ。
ノケ者ぢゃ。ああ哀れ。

796 :病弱名無しさん:2014/05/23(金) 10:37:52.29 ID:zyzkb0V0O
八王子じゃダメなんですか?

797 :病弱名無しさん:2014/05/23(金) 18:46:02.16 ID:pNf3a0v/0
優秀な仲間が大学に職を得たりする中、やっと特許局に
職を得た並みと思われた男はついに相対性やE=MC^2を
発見する。
しかし同じ天才性ある者が知り合いにいたら彼が天才で
あること、その能力にはしっかり気付いていたよ。

798 :病弱名無しさん:2014/05/23(金) 19:10:32.04 ID:nWvxFK0z0
堕ちた偶像 からは天才は出ない。かっての覇者のような。
ホントの余所者には底々いい顔をする。
近隣の余所者には優越とコンプが複雑に混ざったマルチコンプ差別をする。

799 :病弱名無しさん:2014/05/23(金) 21:34:47.80 ID:Ymc4ARNk0
某市から大型店が皆無になったときの某板での書き込みコビ
  ↓  ↓  ↓

>>余所者を差別して追い払って来たバチだ

800 :病弱名無しさん:2014/05/24(土) 22:52:28.57 ID:qFCfuD6p0
異常ということは悪い方に働くととても恐ろしいが
良い方に働くならば断然優れた成果をもたらすのさ

一か八かの運というか賭けだな

801 :病弱名無しさん:2014/05/25(日) 16:55:48.80 ID:TrtknL3S0
ユダヤのような鋭い感性がないと天才には気づけないよ
異常としか思われない

802 :病弱名無しさん:2014/05/25(日) 20:46:52.56 ID:V+yIYXeJ0
ユダヤの頭までは要らない。
フランケン程度の芸があれば飯は食える。

ttp://www.youtube.com/watch?v=c54yc2DdfcU


お姉ちゃんらが皆、芸で自立してるぢゃねぇーか。
男はニートだのでナサケねぇーな。

803 :病弱名無しさん:2014/05/25(日) 20:57:46.25 ID:V+yIYXeJ0
ライバルの立川と何かと比較対象の町田とが
日野や多摩を一緒にしてモノレールで繋がるなんて
八王子人には悪夢だなwwww

悪夢ばっかしだなwwww

804 :病弱名無しさん:2014/05/26(月) 07:14:22.45 ID:0P+zBSxRO
社会人は学歴・勉強じゃあない。
  
枯れ行く職場・学問以外は才能・センスだな。

805 :病弱名無しさん:2014/05/26(月) 10:27:23.00 ID:nNqUbVul0
天才とはバランスを欠いている人間なんですね。だから知的障害の傾向や
 
ギフテッド、発達障害の傾向を持つのです。
  
標準との比較に於き、良くいえば個性的、逆にいうと不良品なんです。
 
これは先天的後天的の融合したものであり、時代に少し先行しマッチング
 
すると天才となるのです。概ね元々の素質と言って差し支えありません。

806 :病弱名無しさん:2014/05/26(月) 12:33:22.12 ID:T8WJAf4GO
芸術・学問分野で天才を目指すならば、如何に閑暇を作り対象分野に専念できる環境を作れるかによるかなと。
一方ビジネス分野での天才を目指すならば、ホリエモンではないが徹底した合理主義で邁進すること。プラスα幾何かの厚顔さ、さらに向こう見ずさが加われば尚良し

807 :病弱名無しさん:2014/05/26(月) 21:03:32.33 ID:q2YA68XM0
2000年代の世に言う勝ち組系の人は傾向的に70年代や80年代に
失敗経験や転職経験が凄いね。
少し前のリホムのPHOUSEの創業社長なんて中卒だけど、
自叙伝を読むと、「ここも上司と喧嘩して退社・・・」、なんて
40社位転職をしている。合理主義だけでもない。

808 :病弱名無しさん:2014/05/28(水) 21:37:05.46 ID:DPnUXmRi0
努力家の向上心ある無色こそ後の天才だと思う
 
 
リア獣じゃあだめ

809 :病弱名無しさん:2014/05/29(木) 17:29:35.78 ID:tguo6170O
抽象的思考の能力とコミュ力の関係性は補完的なので、一方の能力が突出していれば他方の能力は押しつぶされてしまう。
リア充から天才が出てこない所以はここにある。所以、えてして天才は非社交的である。
また上記の2つの関係性が補完的であるが所以に、意図的に社交界を避けている人間も、これまた天才に成りうる可能性を秘めていると結論付けられる。

810 :病弱名無しさん:2014/05/29(木) 20:55:08.55 ID:jyIfUVqn0
なんてことない 
 
凡人は優れた能力を優れた能力とは思わ(感じ)んだけだろう

811 :病弱名無しさん:2014/05/29(木) 23:40:43.76 ID:JglHiMfH0
気の廻る奴は社交界にも顔を出して売って脈を作っている。
抽象的思考は具体化して利潤につなげて飯を食っている。
ほとんどチャッカリ比べだ。

812 :病弱名無しさん:2014/05/30(金) 19:55:42.40 ID:IZIEy/E60
2ちゃんなんかに天才いんの?

813 :病弱名無しさん:2014/05/30(金) 22:01:59.21 ID:DHBjX7Jt0
昔の2chには各ページに訪問者カウントのチャッカリ カウンターが付いていたな

814 :病弱名無しさん:2014/05/31(土) 02:25:30.10 ID:BvkgNYGb0
天才とは天が下した才能ともいいますが、天に近い才能とした方が理解しやすい。
 
それゆえ一般的にいう優れた才能を指す英才または俊才、秀才とは相当異なる
 
ものといえます。
 
地上にいる人間には届かない場所にいる意味であるから人間と同等な人物、能力、
 
人格であることはむしろ考えにくい。変っていて当然、付き合いにくく難しくて
 
当然ではないでしょうか。
 

815 :病弱名無しさん:2014/05/31(土) 09:28:05.51 ID:g6AKbHDw0
>>814
天才達調べると、実際の皆がイメージする天才像とは真逆なんだよね
幼少から神童、記憶力抜群、嫌な事を続けられる努力家、常識人、何でもできる。
こんな感じ

実際は記憶力悪い、好きなこと以外何も持続できないメンタル、授業妨害する問題児、親の言うこときかない子供、いじめられてる、大人になり急に大成する、当たり前の事が全くできない、日常生活や人間関係を築く事ができずに生活が破綻してる、精神病を抱える事が多い

816 :病弱名無しさん:2014/05/31(土) 12:15:43.39 ID:ZoPtbQkB0
天才は詰まるところ、スーパーユニークブレーンだな。
精神疾患にリンクするのは自然な現象だね。
全然使いものにならないか何にでも通用するかの両極端という特性は免れないな。
周囲の理解力と協力者しだいだけど、分かればそれだけの魅力は持っているだろう。

817 :病弱名無しさん:2014/06/01(日) 12:01:56.58 ID:z8M555od0
天才は学校ではできないの。
 
ビジネスの天才なんかも学校ではないの。

岩崎弥太郎、松下幸之助、本田宗一郎が大学に行ったとしても超一流校ではなかったよ。

818 :病弱名無しさん:2014/06/03(火) 08:15:11.46 ID:kAqjVycs0
天才アインシュタインと手相は全く同じなんだが基地外です。
これは運がないのでしょうか?

819 :病弱名無しさん:2014/06/03(火) 20:59:01.87 ID:kimTpkPI0
アインシュタインは6歳頃まで言葉の発達が遅れていた。
脳内システムがやや違うだけでも他人とは思考内容が異なる。
ただそれだけだった。欠陥に見えただけである。
人間は計算力で全く現在のコンピュータの敵ではない。
システムが違うのだから比較自体が間違いである。
またすべてについて万能なものは想像だけのものである。

820 :病弱名無しさん:2014/06/03(火) 22:19:03.93 ID:S0NuFRQQ0
アインシュタインの、「エネルギーは質量に比例」は原爆で具現化だけど、
「特殊相対性理論」はな。
光速度ロケットで10日間宇宙旅行で地球に帰ると300年経っている、
ってのはもし実現出来ても300年経過ではみんな死んでいるだろうから
証明は出来ないし理論であって宇宙に行って証明されたわけでもない。

821 :病弱名無しさん:2014/06/04(水) 03:08:37.99 ID:Wk+4BRTw0
>>820
だから高速で飛んでる宇宙ステーションに植物持ってって、
地上よりどのくらい長生きするかって実験してるでしょ

822 :病弱名無しさん:2014/06/04(水) 16:05:45.32 ID:SwX77tY50
効率的に事物を記憶思考実行する能力、必ずしもそうではないが常に独自の事を思考する能力
いずれも親から子、子から孫に継承される能力だよね。
しかしどちらも交配に伴う交錯のため変異する。
超効率×効率(効率以外)≒効率だが、超独自×独自(独自以外)≠超独自
超独自性は効率的ではないため精神の不安定を招きやすい。

823 :病弱名無しさん:2014/06/04(水) 18:07:08.75 ID:2dQ32r+B0
知る人にいい素質持っていそうな人間は稀にいたがやはり精神面には問題があった。
 
こういうタイプの人間はそもそも少ないので育てるのも育つのも難しいと感じた。
 

 

824 :病弱名無しさん:2014/06/05(木) 23:44:30.21 ID:oLp8kpPr0
同じユダヤ教徒の物部氏の丹後の天橋立の籠神社近辺には
浦島太郎伝説が昔からあるよ。
あのあたりは独特の雰囲気が在って・・・・・秋なんかは・・・・
過去から来る光ロケットタイムワープ人は居るのかもしれない。

825 :病弱名無しさん:2014/06/06(金) 08:50:25.22 ID:vZUTog7u0
基地外のまねをしてもまねであり基地外ではない
 
みなその人間固有のものであり教育がそれに機会を与える
 
教育の役目はみな同じにすること競うことではない

826 :病弱名無しさん:2014/06/07(土) 03:32:31.97 ID:vquCHzui0
通常人間は3パーセントの脳しか使えないと言われてる
その3パーセントでも人間はごりごりの左脳優位で、左脳ばかり使ってて右脳はあまり使えないらしい
だから学校教育は必然的に左脳教育になる

ただアインシュタインは例外で左脳があまり使えず、右脳が機能してる逆のタイプだと言われている
まぁ、今でいう典型的なadhdや学習障害だな

827 :病弱名無しさん:2014/06/08(日) 05:33:15.52 ID:Mqd4aHuNO
神は普通の人間には普通の力しか下されないってことだろ。
が、良くない力なら並みでええ。

828 :病弱名無しさん:2014/06/08(日) 05:36:27.10 ID:KahjK6u90
神は普通の人間には普通の力しか下されないってことだろ。
が、良くない力なら並みでええ。

829 :病弱名無しさん:2014/06/08(日) 05:44:55.84 ID:Mqd4aHuNO
おいおい真似すんなよ

830 :病弱名無しさん:2014/06/08(日) 05:47:54.32 ID:hJEq4a5Mi
安富一正 恵美
http://blog.livedoor.jp/emirinnewhalf/
メンヘラになってみたり、ハンセン病になってみたり、心臓病患者になってみたり、

ツイッターやブログで構ってちゃん。
本当に病気の人をなめている安富一正

ただのアフィリエイター

831 :病弱名無しさん:2014/06/09(月) 10:26:52.90 ID:mXgW8k5u0
理解しかねる内容というものは頭の中の病巣が閃きの源泉になっています。

かの時間の伸縮性の意味を理解できたのは、当時の最高水準の
エリート学者の何名かに過ぎませんでした。

如何なる分野・世界であろうと全く同様で、その思索するところは
病故に人々がそう簡単には理解できるものではないのです。

だからこそ世界中の人々から畏敬・畏怖の念を持って支持されるのです。

832 :病弱名無しさん:2014/06/12(木) 10:03:14.92 ID:u9EMybF20
>>135 >>426
天才は努力家だが努力の結果ではない。
天才は執着性はあるが異常な執着性の結果でもない。
天才性のあるある才能が必要だ。
その才能が精神の混乱ももたらすため精神を病むことが多い。

833 :病弱名無しさん:2014/06/13(金) 08:58:26.88 ID:j9+Sz3coO
天才の天は天然の基地外の意味で生まれつきだよ

834 :病弱名無しさん:2014/06/14(土) 12:02:11.50 ID:nUd9mwj10
天才は早期に現れるものと晩期に現れるものがいる。
どちらも頭脳の異質性による斬新な考えである。
その異質性を時に天才又は病気と呼ぶ。
少ない知識経験からも斬新な考えを触発される者もいれば
多くの知識経験に基づいて初めて斬新な考えを触発される者もいる。
しかし斬新さが違う方角に向かうと病気になるだろう。

835 :病弱名無しさん:2014/06/14(土) 16:57:28.67 ID:C4KbGkmo0
ある研究によると、天才のなかにはしばしば人格障害や精神疾患などの症状が見られるといいます。

歴史上の有名人のなかには、精神的な障害を抱えていた天才がよく見受けられます。偉大な芸術家
や科学者、作家などに見られる狂気の一面。我々は優れた創造性と精神の病との関連を脳のなかに
見出せます。

脳のどういうメカニズムが並外れた創造力を生むのか、そして狂気へとつながっていくのか。

次々と脳に流れ込んでくる創造的な思考や着想、それら押し寄せる波のような刺激はときには
精神病と間違いかねない精神状態を引き起こします。妄想と紙一重の症状をもたらします。
天才の創造力の陰の部分なのです。天才といってもその優れた能力の陰に周囲に適合できない
社会性があるのです。

836 :病弱名無しさん:2014/06/16(月) 12:40:17.60 ID:hcSnHq/S0
天才とか異能を識別できる人間なんかほとんどいねえのに・・・

837 :病弱名無しさん:2014/06/16(月) 21:30:30.39 ID:QKEm7PHF0
天才は偏知能なため普通人と差がつきやすいので速断は普通つけ難い
 
ライプニッツのように知能全体高い者からアインシュタインのように特定の知能だけが高い者までさまざま

838 :病弱名無しさん:2014/06/16(月) 22:40:59.22 ID:52XN93asO
基地外も天才も生前に恵まれるのは少ないんよなあ

どっちも、特に日本みたいな国では迷惑な存在だからね

839 :  :2014/06/17(火) 21:32:55.89 ID:uN3OucMc0
天才的能力=精神障害

189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)