2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

火星テラフォーミング

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 00:59:43.28 ID:OObqn1T2
って検索すると第二の地球創造的な夢みたいな話がいっぱい出てくるけど、本当に出来るの?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 01:57:43.78 ID:ZFz0JHdA
生きてるうちにはできんだろう

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 02:46:53.46 ID:MVyEtHN6
火星にネオヴェベツィア作ってゴンドラ漕ぎたい

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 09:23:28.69 ID:1xfHcrUj
磁気圏が無いから地球と同じ環境には出来ないよ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 09:56:22.23 ID:zMleRE8V
火星をテラホーミングするより、地球の環境を修正した方が断然安上がり
火星をの氷を溶かすのに核爆弾使うとか、何かと方法が気違い染みてる
どう考えても、地球再生の方が早い

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 12:59:25.18 ID:qoHSqciX
人類が千年くらい冬眠すれば地球も再生するよ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 13:33:08.12 ID:ZFz0JHdA
現在の例外的に安定な間氷期から普通に不安定な間氷期になってたら人類は保たんな

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 16:43:35.23 ID:3dem617u
問題点

・磁場ないので有害な太陽からの荷電粒子が直接降り注ぐ
・質量が小さいので、大気を安定的に保てるだけの重力がない

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/25(火) 23:43:37.75 ID:OObqn1T2
火星より小さいタイタンは厚い大気を保ってるけど、なんで?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 00:46:34.95 ID:AzgNDL3K
コアが生きてるかしんでるかじゃね、内部の金属原子が熱を帯びて対流してるか固まってるか

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 01:27:42.96 ID:lMJezsuH
>>8
小さいから大気が維持できないといっても、プシューッとどんどん空気が抜けてくわけじゃなくて
億年単位でゆっくり抜けていくから、それほど問題にはならないと思うけど。
数万年とかのレベルで補給していけばいい。

それより、低重力が生物に与える影響はどうなんだろ?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 02:04:31.10 ID:/xiYbuhi
ゴキブリ100匹位はなってみたい

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 08:10:16.32 ID:B+OnS2MY
>11

火星は地球の4割しか重力がないから、その重力に順応した進化?をする。
住んでみないと詳しいことはわからない。

歩き方走り方も変わるだろうし、骨が低重力のため細くなって背が伸びる。

>小さいから大気が維持できないといっても、プシューッとどんどん空気が抜けてくわけじゃなくて

巨大な太陽風が来たら吹き飛ばされる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 08:27:01.61 ID:B+OnS2MY
>>9

大気を保てるだけの重力がタイタンにはあるため。

あと、大気の成分と運動エネルギーも関係する。
大気の成分と重力の複合的な結果タイタンは大気を保てている。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 09:31:46.44 ID:B+OnS2MY
昔、NASAが計画しているテラフォーミングの番組を見たけど、こんな感じだった。

@火星に数人程度の基地を作る。
A二酸化炭素を発生させる装置を作って大気中に撒く。
Bメタンを精製するバクテリアを使ってメタンガスを発生させる。
※メタンは二酸化炭素に比べて温室効果が高い。
C火星の大気の温度を上昇させる。(この過程で1000年とか)
D極地のドライアイスが溶け出して二酸化炭素を発生させ、より一層温室効果が上がる。
E地下にある水が溶け出し海を作る。(これも何百年とか)
F温室効果が進んだ結果、火星の気温が上昇する。今より60℃くらい?
G大気中の二酸化炭素とメタンを酸素に変えるため、光合成の優れた植物を海中で育てる。

H大気の酸素濃度が上昇すると、地球のように青い空が見えるようになる。
I土中を改良しバクテリアが育つようにし、植物を植える。

J人間が住める環境になる。(何千年単位の話し)


問題点は別として、こんな感じだったと思う。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 10:29:30.75 ID:lMJezsuH
>>13
>巨大な太陽風が来たら吹き飛ばされる。

いや、だから、巨大な太陽風が来たら飛ばされるだろうけど、急に気圧が下がるような
急激な吹き飛ばされ方をする訳じゃないでしょ?
火星ができてから数億年単位で大気は存在していたわけだし、それこそ液体の水が
長期間維持できる程度は大気は維持できてた。
巨大な太陽風が来て大気が飛ばされるとしても全体からすれば微々たる量な訳で、
それこそ1000年単位くらいで補給していけば問題ないでしょ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 10:31:18.99 ID:lMJezsuH
>>15
きわめて堅実かつ現実的で、このスレの存在意義がなくなるくらい。
何か追加するなら、1000年とか時間かけずにできるだけ早くテラフォーミング
する方法くらいか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 10:53:27.68 ID:B+OnS2MY
>>16

確かに急激には吹き飛ばされないかもしれないけど、数億〜数十億年前の
火星には磁場が(今の地球のように溶岩の対流)あって太陽風を遮る役目を
はたしていた。

今は地中の対流も止まって、磁場もなくなり、直接太陽風の影響を受けるように
なった。

テラフォーミングで大気を作っても留めておく方法はちょっとわからんけど。
問題点であることは確かだね。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 11:07:07.22 ID:B+OnS2MY
テラフォーミングは現実的だけど問題点としては

・宇宙からの有害な放射線への対応
・重力が地球の4割になるため人体への影響
・コスト

ハビタブルゾーン内だし、自転も地球に近いしね。

今探査されている太陽系外惑星のスーパーアースみたいに、重力が地球の何倍
もあるほうが人体に対する影響は大きいだろうね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 15:23:14.62 ID:h3KUTWi5
火星は太古、生命体はいたと思う。
もちろん地球の生物とはまったく違うタイプだが。
何かがあって死滅した。
我々人類が住めるような場所ではないと思われ…。

火星に住めるような人類を生み出すほうが早い。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 16:20:40.04 ID:350kk/gG
筋肉ムキムキのゴキブリがいるんでしょ?こわいわー

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 16:57:38.47 ID:AzgNDL3K
恐竜やら昆虫がでかかったのはなんでかね
昆虫は酸素濃度が濃くてでかかったという研究は聞いたことがあるけど
現代という同じ環境の中で巨大化した生き物クジラなんかは浮力のある海の中だし
恐竜がいた頃の自転の速度を計算してもたいしたかわらんし何でや、絶滅したモアや、ドードーも結構デカかったみたいだけど遺伝子なんかね?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/26(水) 16:58:16.53 ID:AzgNDL3K
ちょっとレッドプラネット見てくるわ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 08:21:49.23 ID:EHHnfFvu
>>22
でかいのは効率が悪いから小さくなった。
進化の賜物。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 13:38:11.06 ID:1PUn6SM6
クジラは大きい方が効率良いから大きくなった
餌や環境の都合さ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 15:38:33.45 ID:1c75jvMt
>>24
それでいくと、でかくなったのも効率がいいからになるな
効率は関係ないな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 22:46:44.55 ID:857CbKWb
ギガフォーミング

テラフォーミング ←この辺り?

ペタフォーミング

エクサフォーミング

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/27(木) 22:49:37.71 ID:1c75jvMt
座布団全部持っていきなさい!

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/28(金) 23:36:42.73 ID:ycpMM/mq
このままだと狭い地球で食い物や資源奪い合いの核撃ち合いので衰退していくしかないだろうね
戦争に金使うより人類結託してテラフォーミングに全力注いだほうが未来の人の為やね
フクシマあたりに実験用のバイオスフィアでもつくろうぜ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/29(土) 17:11:08.91 ID:rA2fzThQ
吉牛とスタバとパチンコ屋は必須だよな。
俺はインテリだから本屋も必要。飯は居酒屋で我慢するけど、一件くらいキャバ頼む。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/30(日) 17:42:21.56 ID:mYQbELlm
火星の地表じゃなくて地面掘ってその中に住むのはダメなん?
ガンダムに出てきたフォン・ブラウンだかみたいな感じの

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/30(日) 19:29:57.86 ID:md1Tb+mG
むしろそれしかないぞ

太陽風(荷電粒子)防ぐにはそれしかない
火星には地球みたいな磁場が無いから

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/31(月) 21:04:32.20 ID:awFDXvN1
>>32
宇宙ステーションなんかだとどういった対策とってるの?
基本吹き晒しなの?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/01(火) 16:53:32.78 ID:MdMyN0Rq
放射線防護してる場所があるから、そこに退避する

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/04(金) 16:18:20.41 ID:pkPlNtD+
最終的にはコストの問題。

簡単に低予算で大量の人間を火星に送り込める時代にならないと現実的ではない。
後は食料から生活物資やインフラ等、全て自給自足できること。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/05(土) 09:14:32.17 ID:hOKukYro
>>32 >>33
基本的に宇宙飛行士は年数百μSv被曝するのが前提で宇宙いってるから、基本対策しないが、
大規模フレアとかあって高線量になると予想されるときは、退避場所に退避する

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/08(火) 09:18:20.18 ID:M5/AnHMJ
やっぱ近日点に近づかないと定期便って出ないのかな?
チャーターだとサーチャージどの位になるんだろう?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/10(木) 00:44:53.62 ID:KteLN56p
火星をテラフォーミングするより金星をテラフォーミングする方が楽じゃないのか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/10(木) 01:50:27.34 ID:XBvX8xuK
>>38
金星は金星で難しい課題があるからなぁ。
自転の問題が解決すれば、後の大気改造とかは金星の方が簡単そうだし意義はありそうだけど。
ほぼ1Gが期待できるだけでも金星の方が望ましい。
でもやっぱり金星の場合は自転加速が一番のネック。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/10(木) 18:31:59.63 ID:QC/OyNHa
金星に耐えられる機材なんてどんなや

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 09:26:08.59 ID:Btn7S9SX
>>38
400度の気温と90気圧と二酸化硫黄の雲と硫酸の雨をなんとかできるとでも思っているのか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 11:10:45.57 ID:aWBoTqwQ
金星のテラフォーミングについて

重力が地球と近いのは非常に魅力的であるが、水を液体として存在させるには
かなり困難があり難しい。

現状で金星には水はほぼ存在しないし、ハビタブルゾーンの内側に位置している。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 12:43:20.51 ID:b+GkPQiw
>>42
ハビタブルゾーンの内側って件では、宇宙空間に大きなサンシールドを展開して、金星の日照量を
減らすことでクリアーするという案が出されてる。
大きなサンシールドといっても厚みはペラッペラでいいので、小惑星一個くらいで資材はまかなえるそうな。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 12:46:15.15 ID:b+GkPQiw
>>41
今のところ雑誌などで読んだ話だと、金星の自転を加速する時に金星に小惑星をぶつけたりして
コントロールする必要があるんだけど、その過程で小惑星衝突で大量に舞い上がった塵に金星大気が
吸着されて、自転加速の副産物として塵が落ち着く頃には気圧も劇的に下がるとか。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 14:11:15.82 ID:IrJ+BEaX
>>43
じゃあ、小惑星一〜二個粉々に崩して衛星軌道にばらまけばイインジャネ?
それだとワザワザ物作らなくて良いし安上がり♪

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 15:12:17.39 ID:b+GkPQiw
>>45
それだと密度が足りないし、位置の制御が難しい。
こういう所で手抜きするのは、逆に後々めんどくさくなる。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/11(金) 23:11:38.85 ID:p7ExRJPJ
金星は液体の水がないから光合成で二酸化炭素を消す技が使えない
ただし、なんらかの方法で二酸化炭素濃度を下げることができれば
液体の水が存在できる温度になるんじゃね?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/12(土) 01:28:05.26 ID:qJ35CxEz
水は彗星をバンバン落とせばいいんじゃない

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/12(土) 23:33:27.94 ID:WQUKKDeE
水蒸気が増えたら温室効果が更にひどくなるだろ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 03:08:52.43 ID:DLO/98yb
そもそも火星はハビタブルゾーンじゃないぞ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 10:57:14.96 ID:0MDF3fhf
金星の遠日点は、ギリギリハビタブルゾーンに入っている という説
火星の近日点は、ギリギリハビタブルゾーンに入っている という説

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 13:39:33.70 ID:W662wvSE
火星の決定的な欠点は重力が地球の半分ということ。

海を作っても大気が薄いので温室効果が足りなくては水が凍ってしまう。

金星を遮光するほうが現実的

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 16:17:19.37 ID:YKFeTU7y
火星に作った大気がなくなるのが億年以下だと思ってるんか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 21:18:11.69 ID:kjXsPlnx
>>53
違う。重力が地球の半分ということは気圧も半分になる。
地表が、エベレスト山頂みたいな空気になる。
地球のような温室効果は望めない。
大気の総量(厚み)は増やせない。
弱い引力が保持できず吹っ飛ぶ。


金星をアルミホイルで遮光するのが一番現実的

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 23:06:25.53 ID:kjXsPlnx
http://i.imgur.com/eLWpR.jpg
http://imgur.com/eLWpR.jpg

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/15(火) 23:33:29.23 ID:YKFeTU7y
気圧が何で決まってると思ってるんだ?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 04:22:19.71 ID:bafH7k54
>>54
コアが固まっちゃってるからな、遮蔽してもむりぽ

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 05:35:56.60 ID:Evucds0f
地球に火星ほどの惑星が衝突すると月ができることがシュミレーション計算で判明している。

火星の組成などでこの説が一番有力で矛盾点がない。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 05:41:45.87 ID:Evucds0f
>>41
遮光すれば簡単に冷える。
硫酸も液化して大気から消える。
金星の一番の問題は水がほとんどないこと。
水素が少ない

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 05:47:25.69 ID:Evucds0f
>>22
昆虫は陸や川にはいるが海にはいない。

同じく外骨格を持つカニやエビは昆虫と生物学的にとても似ている。
カニやエビは昆虫よりでかい。

クモとカニは同じ系統

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 05:51:45.68 ID:Evucds0f
>>18
金星も磁場がないので太陽風で水素イオンと酸素が吹き飛ばされている。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/16(水) 05:56:35.19 ID:Evucds0f
>>15
矛盾点が大量。
海が出来たら大気の二酸化炭素のほとんどは溶け込む。
海底の高圧下で固体化して閉じ込められる。
地球と同じようにね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 00:17:20.25 ID:UBdl0f/y
地球で二酸化炭素が閉じ込められるのはプレート運動でマントルに引きずり込まれるからだぞ
それに海に溶けるのも造山運動でできた高地から流れ出る金属イオンと結合するからだし
火星じゃどちらも無い

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 00:24:11.54 ID:UBdl0f/y
>>57
金星のコアは固まってない
地球のような連続的なプレート運動はないが、間欠的に大規模な地殻変動を起こす
前回の変動は5億年前だったらしい
http://www.nikkei-science.com/?p=17880

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 09:55:24.00 ID:HKXEHOGP
>>63
海水には金属イオンが豊富にある。
だから海水はアルカリ性で硬水。

空気中の二酸化炭素は水によく溶け込むよ。
充分にエアレした水をバケツに張って3日ほうっておけば
二酸化炭素が溶け込んでpHが下がる

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 09:58:53.96 ID:HKXEHOGP
>>63
ちなみに山からの流水は基本的に軟水で金属イオンはほとんど含まない。

だから雨の多い日本や熱帯雨林の河川は軟水。水道水も軟水。
硬水のヨーロッパは、水道水のほとんどが地下水だから。
地下で金属イオンは溶けてる

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 18:02:31.24 ID:TV0/x33y
地下水も山からの水だって
地下を多く通るから金属イオンも多いが
大小どっちにしろ金属イオンを運ぶ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 20:22:58.67 ID:sJtDSXcs
草津温泉などはものすごい酸性泉で
硫化水素や硫化金属塩がたくさん溶け込み白濁している。

しかしこのような温泉にもバクテリアが生息している
硫化還元によりエネルギーを得ている

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 20:24:23.75 ID:sJtDSXcs
ちなみに草津温泉のような酸性泉に一円玉を入れておくと一週間ほどで溶けて消え去る

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 20:57:20.38 ID:Nx5Yvcff
>>15

それらに素人の思いつきを書き加えさせてもらうが、A、B、Dの代わりに
火星の居住区の予定地を掘り下げて低地にするって考えはどうかな?

地球の場合高地ほど気温と気圧が低いが、火星は-43℃、0.7-0.9kPaらしいから、
10km掘り下げるごとに気圧が倍増すると考えると、
-70kmくらいの低地を作れば、人間が住むのに程良い気温と気圧にできるんじゃないかなあ?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/17(木) 23:51:41.41 ID:ZJLJkiz3
マントルに到達するだろ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/18(金) 01:44:42.91 ID:2QQQm/AX
富士山の18倍かよ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/18(金) 11:06:41.69 ID:ugXgdJMm
火星の大地を70kmほど掘り下げよう!


コイツ最高に馬鹿

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/19(土) 17:56:19.21 ID:rBCShdMh
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○
このレスをみたあなたは・・・3日から7日に
ラッキーなことが起きるでしょう。片思いの人と両思いになったり
成績や順位が上ったりetc...でもこのレスをコピペして別々のスレに
5個貼り付けてください。貼り付けなかったら今あなたが1番起きて
ほしくないことが起きてしまうでしょう。
コピペするかしないかはあなた次第...
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/20(日) 12:12:01.66 ID:u9OKkS8x
火星入植者の最初の世代って、食料どうすんだろうね
水は地下の氷を解かして蒸留すればいいし、野菜なら野菜工場で量産できる

穀物は・・・これも穀物プラントを作るか
魚は・・・養魚プールでも作るか?
豚・牛・鶏は・・・最初は地球から食料だけ積んだロケットで食いつなぐとして、
後々は養豚とか農場を作るしかないな

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/20(日) 12:21:01.64 ID:E6sizpBe
>>75
入植するのはテラフォーミング完了後だろうから、海もできてるし平地に緑も豊かだろ。
テラフォーミングを完成させる技術力と時間があれば、入植前に海の魚を十分に繁殖
させるとか、自動で農耕をさせるプラントを作るとか農場作って繁殖させておくとか
可能だと思われ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/20(日) 17:46:19.83 ID:CL4gOM5B
テラフォーミング自体が人間なしでやれるとは思えんから自給装置持ち込みで始めるだろ
入植と言うより環境計測と研究だろうが

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/20(日) 18:29:56.59 ID:ipwxWnyo
火星まで行って地下暮らしなら地球の地下の方が良いよ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/23(水) 23:12:07.81 ID:5ackW1cE
火星開発の一番のネックは、地球から火星までの距離だよなぁ

現代の技術だと180〜300日くらいかかるみたいだし

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/24(木) 11:20:31.67 ID:xohp0nHw
行っても帰って来れないよな

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/25(金) 19:50:54.75 ID:2kECnvU/
片道切符で送り込めばいいよ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/26(土) 22:24:04.59 ID:8ZN0XPsJ
もっとも光合成で酸素を作り出す植物ってなんじゃろうな

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/01/27(日) 19:55:28.78 ID:C829XuYI
今の植物は低い炭酸ガス濃度の環境に適応してるから期待は出来ん
微生物を改良して先祖返りさせた方が有望だろう

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/01(金) 01:13:56.89 ID:2fy729zo
来年火星に落ちるかもしれない彗星によって
テラフォーミングが捗る可能性はあるのだろうか

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/01(金) 02:17:18.39 ID:+cHTuio1
>>84
あんまりないなぁ。
うまく極地に落ちて、二酸化炭素の氷が溶ければあるいは、という感じ

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/04(月) 01:12:59.25 ID:45/951eN ?2BP(77)
彗星誘導して火星におとしまくって海作っちゃおうか

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/10(日) 17:28:15.63 ID:/kEx3LkR
火星の氷に落ちても大気を変えるほどの威力は無いよ。派手なクレーターができるくらい。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/12(火) 18:15:11.48 ID:h7ElupN2
いんや、火星にあるドライアイスが全部気化、氷が全部融解する程度のエネルギーにはなる。
CO2,H2Oどちらも温室効果ガス。
問題は塵が舞い上がって「核の冬」(放射能はないが)状態になるのと相殺してどっちが勝つか
判断できないところ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/12(火) 19:05:54.54 ID:6sn+o2yq
>>88
金星のテラフォーミングの手法として、自転速度を上げるために小惑星を多数衝突させることが提案されてる。
小惑星を衝突させると大量の塵が大気中を漂うわけで、その副産物として舞い上がった塵に金星の濃密な
大気が吸着されて、気圧が劇的に下がることが期待される。

前置きが長くなったけど、火星の場合も同じように、塵が舞ったら、せっかくのCO2やH2Oも塵に吸着されて
思ったより気圧は上がらないんじゃないかな?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/04/28(日) 11:54:55.25 ID:RIZwUszV
これまでの無人探査機は天体に地球の生命が持ち込まれないようにしてきた。これもたしかにひとつの考え方ではあるが、発想を逆転して積極的にバクテリア等の地球の生命体を無人探査機で火星等に持ち込んだらどうか。
バクテリアや植物等が地球以外の惑星や衛星でどう育つのか育たないのか。これはこれでなかなか興味深い問題だ。
仮に地球が滅亡したとしても地球以外の惑星へ運ばれた地球の生命体が人類滅亡後も生き残る可能性もある。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/04/29(月) 14:23:04.42 ID:ELQR19g9
>>89
逆に小惑星の揮発成分が気化して気圧が増えたりしないかな?

92 :レジェンズ ◆Legend/YFs :2013/05/08(水) 21:13:57.25 ID:kfKrV+bD
夢のある話だが、やはり俺は地球に住みたい

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/09(木) 00:17:19.91 ID:jRbG3B9I
いつまで住めるかなー

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/09(木) 12:58:24.16 ID:RomUS0RE
磁場ないから行ってもどうせ地底暮らし。
夢があるな。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/09(木) 20:49:29.34 ID:VXr+geBT
>>91

火星付近の小惑星は長年太陽に照らされて揮発成分が失われてるんじゃないか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/10(金) 12:30:06.45 ID:ffIDniz+
表面だけだろ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/11(土) 12:53:40.18 ID:dd6zs9kv
ピテカントロプスになる日も〜
近づい〜たんだね〜♪

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/11(土) 14:22:41.81 ID:6+6gjMg8
あらあらうふふ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/13(月) 18:12:22.56 ID:thkjj5L+
あらふぉ〜

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/16(木) 02:25:13.37 ID:pqlWV66V
既に地底に住んでいる説は?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/16(木) 19:34:39.13 ID:3vacUnSm
火星は現在でも、ちょっと掘れば水は豊富にありそうだな
探査機が撮影したクレーターとかで1年前にはなかった
流水の跡が見つかったりしてるし
地熱も、オリンポス火山やタルシスならある程度は期待できそうだ
太陽風の問題も濃い大気があればかなりキャンセルできる
地球の磁極付近で生物が絶滅してるってないだろ?

金星はマントルまで含めてカラカラみたいだからなあ
自転速度を与えることを考えたら、EKBの大型氷天体を
うまく斜めにぶつけるのがベストだろうな
その場合、大気は原始水蒸気大気からやり直す
サンシールドは地球で最初にテストされるだろ
温暖化が今後加速するようなら、地球を冷やさなくちゃならんからな
ちょうどいい練習台よ、地球はw

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/18(土) 13:29:00.24 ID:YsJ37lAh
金星は水蒸気大気にしても水にならんだろ
金星の雲で反射してるのに

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/20(月) 22:13:01.13 ID:+Yo4h3IF
火星の弱い重力で支障なく生活とかできんの?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/20(月) 22:14:33.22 ID:5JMpyTpI
オレは大丈夫みたい

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/27(月) 20:21:30.91 ID:+TlwaaH6
ふんだんにカネ持って火星に移住したい人はいくらでも居るけど、果たして移住の技術が追い付くか?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/28(火) 00:50:42.14 ID:AxobcMDH
追いつかない、なぜなら楽観的な見積もりでも、そいつが生きている間にテラフォーミングは終わらない

107 : 忍法帖【Lv=25,xxxPT】(6+0:8) :2013/05/28(火) 07:49:15.61 ID:131tY9Ix
勿論テラフォーミングしましょう

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/29(水) 03:01:19.73 ID:fM/dnPZf
今の人間が生きてる間に不老不死技術が完成する可能性がある

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/29(水) 08:47:39.16 ID:Z1DJoDE6
今世紀中だったらテロメア伸ばす程度が限界
来世紀には癌化抑制が可能になる
再来世紀にコールドスリープ実現
次の世紀くらいに有人ケンタウリ探索

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/29(水) 14:07:50.00 ID:EFRKye1R
>>108
不老不死なら別に火星じゃなくてもいいだろ、馬鹿かお前はw
論点が見えてねーんだよ

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/31(金) 23:18:05.73 ID:G+1HWOf4
鍋将軍はいらん

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/01(土) 23:20:15.93 ID:ndNQ4oi9
人類は有害な紫外線から肌を守るため一万年以上かけて肌の黒化(メラミン色素活性化)を
遺伝子レベルで獲得したが
放射線に対する防御は無理だろうな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/02(日) 00:04:59.97 ID:nW1YgPn2
猿でもシマウマでも黒肌が基本
人類が最初じゃない
(細かいツッコミすまん)

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/03(月) 00:38:55.65 ID:l8/DW5Xp
股間のあたりが黒ずんでる件についての説明を希望する

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/06(木) 07:39:49.73 ID:xT0A3FAU
火星を水の惑星にしてネオヴェネツィアを作って
そこでゴンドラ漕ぎたいです

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/06(木) 14:50:46.50 ID:BqApmIAc
部分的に社会を移住させる。
居住地としては使えんが商工業用地にはなるだろう。
学校とか開発実験場に演習場に産廃処分施設に遊技場・・
地球は住宅地、月と火星は勤務地ってな感じで。
通勤に時間が掛かるけど、そこは人類の精神を改造してだ・・・

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/06(木) 19:38:31.29 ID:fNWzEnw6
>>70

(‘人’)

直径、何bのドリルが必要なのかな?
ゲッター2の左手のドリルじゃ生存空間の確保は難しいと想われ。

熱源は核分裂が手軽だよ!

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/07(金) 21:14:03.67 ID:VXhGsmyt
金星と地球と火星が大きさも重力も大気もほぼ同じで近接してて、熱帯温暖寒冷という違いしかなかったら良かったのにね。
でも月を巡って紛争は起こるだろうな。地球だけ便利な衛星持っててズルい!とかくだらない事で・・・

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/07(金) 21:22:32.82 ID:+SH0dh+H
くそつまんねw

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/08(土) 02:41:10.64 ID:k+Ko1xBK
>>117
まったくだ
宇宙でこそ核分裂の使い出があるってのに必要も無い地球で無駄使いしおって!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/17(月) 21:37:00.82 ID:72UmkVMF
やはり半導体工場を作って浮かべて輸入するって感じだろう。
それほどかさばらないし。宇宙開発業界の収入源はこれでキマリ!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/06/21(金) 02:56:35.55 ID:+Y0AVJaU
資源って言ったら月など大気が無い場所に存在するヘリウム3活用だろーー

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:bzoSY4+D
金星テラフォーミングはよ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:KT6UNuZh
>>117

それ以前に広い居住区を70kmも掘り下げたら地盤が隆起したりするかもね?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:JL0rXnFu
金星にエンケラドゥスをぶつける案が提案されてたな

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/18(月) 06:03:23.90 ID:VS+RPtzJ
そんなメンドくさいテラフォーミングするより
地球の環境を守るほうが楽だよな

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/18(月) 11:30:44.50 ID:4sCaxHg6
たしかに、サハラ砂漠や北極圏などのほうが住みよい場所にできそうだ

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/27(水) 17:44:13.55 ID:wczPReGv
地下に巨大な街を造り、天井をガラス張りにすれば良くね?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 14:13:56.81 ID:nEt9+xPy
惑星間移動ってアリだとは思うが星食い尽くして移動しましょな事になりそうだがそこら辺どうすんだろ

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 15:47:54.97 ID:766OWd21
どうすんだろ、ったってどうしょもないだろ。星食い尽くして移動すん
だろ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 17:34:13.01 ID:9NDaPwdG
地球上だってアフリカ出た人類の元が広がってベーリング海渡って一万年もしないうちに
アメリカ大陸最南端まで行き着いた。
食料事情や条件のいいところに移動するとか人間関係が嫌で未知の土地を目指したかも知れん。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 19:58:30.15 ID:nEt9+xPy
今はまだ惑星間移動なんて夢の中だがいずれ現実になり分散スピードに加速がついて人口(人かどうかわからないが)増加が加速すると銀河的に大丈夫なんだろうか
だからといって調整だなんだとやる訳にもいかないだろうし未来人はどうするんだろうな

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 22:41:41.82 ID:7AId5Mr9
どうするもなにも、移住先も確保できなくなって既存居住地も飽和状態になったら
マルサスの法則どおり人口が頭打ちのまま推移するだけだろ・・・まぁ紛争は絶えないだろうな

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/29(金) 23:25:05.90 ID:766OWd21
マルサスは本質的に間違った事を言ったわけじゃないんだが、現実には
当時は「このまま馬車が増え続ければロンドンの町は馬糞であふれて
しまう」みたいな心配をしていたのに、実際は当時の人間が想像を
絶するような技術革新により、エネルギーも農業生産もライフスタイル
も全く別物になって今に至っている。その上「子供なんかいらねぇや」
みたいな人間が多くなってくるという社会というのも当時としては
想像し難かったと思われる。今後銀河レベルで開拓が進んでいくと
もはや紛争が絶えないとか居住地が飽和状態とか「はぁ?何それ?」
みたいな事になっている程の変化がある事も予想した方がいいのでは
ないかな。人間もどんどん肉体依存がなくなり、やがて「肉体いらん
のでない?」みたいに意識がチップに収まったような世界が常態化し
子供を増やすという概念さえほとんどなくなったりとか、、、ま、
いつまでも未開人並みに紛争しながら増えすぎないように、という
糞つまらない選択肢もあるのかも知れないが俺はそういう想像は
あんまり面白いとは思わんな。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/30(土) 02:36:05.92 ID:FfkVwi57
そ1万年の間にも世界単位で人口激減が二度、もち局地的な中世ペストは除く
10万年単位だと人類は絶滅寸前なんて出来事がある
同時にこのことがあったから人は寒冷地域にも進出出来たのだけどな
百万年単位になると破局的事態に遭遇する可能性が高くなり
千万年単位だと脊椎動物の大半が絶滅寸前の事態に遭遇するリスクが高くなり
それ以上になれば地底深くの微生物だけが残っただとか活火山周辺の液体水の中だけにとか
地殻移動でパンゲアなんて出来れば高温化と内陸の乾燥化で住めるところは高緯度の東岸だけ

ま千万年は置いといて、百万年に一度程度のクライシスに来年遭遇する確率は
年末宝くじ1等の当選よりもケタ違いに高いことだけは確か

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/30(土) 04:55:14.60 ID:oUz61cuC
様々ID変更 乙。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/11/30(土) 08:23:38.24 ID:Oehfg8Eb
これまでの生物は天変地異になす術もなく絶滅してきたんだろうが、知能を
持った人間に至って初めて、「環境の方を変える」事を意図的にできる能力を
身につけたんでそうそうやすやすと絶滅はしないだろうね。一時的にかなり
減る事はあってもだ。あと数百年も持ちこたえれば隕石迎撃も可能になる
だろうし、太陽の激変に耐えるとか、宇宙進出とかだんだん何でもありに
なっても全くおかしくない。脊椎動物の中でも大して知能もないのに何億年か
変わらずに生きてる奴もいるしね。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/05(水) 21:38:37.72 ID:GbPYxrU7
地球人は地球でしか住めない生きられない

これが現実これが全て

火星テラフォーミングなどという無意味で無駄なこと考える時間とカネと労力を
地球の環境改善に当てる方がはるかに有益

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/06(木) 08:34:42.34 ID:qlG7u7Pg
>>138
わかってねーなぁ
隕石が落下するか核戦争が始まっただけで人類は滅ぶんだよ
絶滅しなくても人が住める環境じゃなくなる
地球に閉じこもるって事は自らの弱点を晒してるのと同じだ
戦争も無くならない

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/21(金) 07:26:49.09 ID:BPEGy5J/
宇宙にゴロゴロしている岩を太陽からの距離が
ほどよい位置に集めよう

141 :鼻フェチ:2014/03/22(土) 19:43:12.84 ID:Hg+8hfyU
安楽死合法化

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/03/29(土) 03:47:38.00 ID:xXiJJxwY
じょうじ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/01(火) 07:30:34.00 ID:2cfElto3
宇宙に適応するため
人間の遺伝子改造を!

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/03(木) 02:14:12.65 ID:9VmTIta1
一番簡単な方法を挙げると

木星を太陽化さすこと

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/03(木) 17:26:04.34 ID:+xQUbzgR
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/04/05(土) 05:02:22.07 ID:Xd1T5BFQ
火星から地球に来たのにまた戻るのか

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/02(金) 02:30:16.61 ID:VH35NyBo
>>131
太平洋越えなくても、アフリカから北西だとアメリカすぐじゃん

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/02(金) 02:41:04.51 ID:VH35NyBo
>>144
これらの世界は全てあなた方のものだ。ただし、エウロパは除く

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/14(水) 17:39:03.42 ID:YwEBPi1H
ムリ。絶対にムリ。

・重力小さすぎ、よって気圧の確保ができない
・地球の月と同じ役割をする衛星無し
・磁場がないし、マントルもない

結論
放射線を遮蔽し、気圧と酸素濃度を保持しつつ、遠心力で良いから重力を確保し、食料と水と医薬品他の生活必需品を自己生産しつつ排泄物他の廃棄物を処理できる設備とエネルギーを確保できる施設に引き篭もる以外に、火星で生活する術はなし。

どうしても火星をテラフォーミングするならば、

地球と火星の差分の白色矮星なり何なりの物質を火星のコアに据え、地球と同じく地殻下をダイナモ化して地場を発生させ、バンアレン帯やオゾン層を形成させて有害放射線と紫外線をカット、地球の月と同じ役割のできる衛星を持ってくる。

但し、現在の火星の重力バランスを崩すので、公転軌道は勿論、太陽系惑星全体のバランスを崩しかねない。

ガンダムのコロニーの方がまだ現実的。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/05/31(土) 13:38:35.65 ID:bvb2s0To
火星を人間に合わせようとするから無理なんでしょ?
人間が火星に順応出来るよう、進化すればいいだけで。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/01(日) 17:39:04.98 ID:BN4Iq0uh
タコになろう

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)