2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仏教議論スレッド102

1 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:25:24.43 ID:+qnIkEPN
仏教に関すること全て扱います
仏教 質問箱スレッドで議論になったら
または、議論に発展すると感じたら
或いは、話題・論点を拡げたい時は
ここに誘導し、質問箱の機能の確保に御協力ください

前スレ

仏教議論スレッド101
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1401036784/

Wikipedia ― Category:仏教
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%BB%8F%E6%95%99

論文検索
ttp://ci.nii.ac.jp/
ttp://sc.chat-shuffle.net/
ttps://www.jstage.jst.go.jp/AF13S010Init/-char/ja/
ttp://www.inbuds.net/jpn/index.html
ttp://www.totetu.org/index.php?id=523

パーリ三蔵
ttp://www.tipitaka.org/cell/mainlist.html
ttp://www.tipitaka.org/romn/

大正蔵経検索
ttp://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php

2 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:26:22.85 ID:squ7J4x8
>>1
スレ立て乙

3 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:27:47.40 ID:+qnIkEPN
まあ、行きがかり上、若干の加速の責はあるしな。
幸い、前回から月日も経ってるしね。

4 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:29:57.04 ID:+qnIkEPN
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1401036784/1000
昔の禅坊主達はみんなクスリキメてたのかー(-_-) どんな薬だったんだろうなー(-_-)

5 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:33:31.66 ID:squ7J4x8
五戒で飲酒と麻薬はNGですわ。

6 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:34:48.90 ID:IQB2G4cc
1960年代のヒッピーの大麻やLSDによるイオンスタント禅などは有名所だw
無分別の分別の鈴木大拙さんがそんなものは偽者と言ったが、その本人も?な人でww

所詮、薬中が悟ったと勘違いするのも、阿呆が悟ったと勘違いするのも変わりは無い〜
何故ならば、「悟り」」 の定義が無いからだよw
定義の無いものをあるとかないとか言う事自体が阿呆ww

7 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:37:24.26 ID:IQB2G4cc
×イオンスタント禅
○インスタント禅

8 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:38:11.73 ID:+qnIkEPN
>>6

大拙さんに会ったことあるの?(´・ω・`)

9 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:39:39.72 ID:IQB2G4cc
人の事を書けば会った事になるのか?

どっちがドンでいるんだw

10 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:48:31.40 ID:+qnIkEPN
>>9
>>6>その本人も?な人で  の言い方が、リアルだったんでw

大拙さんが大変個性的であるのは確かだろうしね。

ま、
?な人だから、その発言が信用に値しないと言いたいわけでしょ?w
けど、それ言い出したらね・・・。
給食費盗んだのは不良の佐藤君だ、みたいなのと変わらんよ。

つか、大拙さんは宗温さん宗演さんに密に参禅してるからねぇ・・。
(禅や悟りについての説明の仕方はともかく)、各種体験等、
その辺の発言の信憑性はそれなりにありそうだけどね・・。

11 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:51:19.42 ID:bI9cHShU
前スレ
で感じたが宗教になにを求めるか あるいはなにも
結局身近な人の死に直面して
魂 有るかしらん
考え始めるのかなあです
死者の思いはまだあるのか などなど

12 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:51:42.53 ID:IQB2G4cc
大拙さんの言う薬物によるインスタント禅は偽者には同意するが、
無分別の分別には同意できない。
だから?な人間と言う事。禅の修業をした学者である事くらいは常識。

13 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:55:07.16 ID:+qnIkEPN
>>12
それは ?な人 って言い方じゃなくて、解釈や視線・理解の方向が違う、
研究者毎に意見が違うってだけの話じゃんかw
ワシはてっきり、性格や人となりについてかと思ったわw(だから、会ったことあるのかとwww)
あの文脈なら、普通は、 性格的人間的に? な感じで読むだろw

14 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:59:47.86 ID:IQB2G4cc
>>13
と読むのはアナタの勝手w
前スレの違法薬物なんて無関係〜と読むのもアナタの勝手w

私は、私の勝手にレスを付けるだけ。
勝手に誤解するのは全く構いません。
私は私が思った方向でレスを付け、場合によれば通報もする。
私を通報したければすれば良いww
何の罪状になるやらw
名誉毀損?w 匿名掲示板で名誉毀損って何を毀損したんだ?ww

15 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:00:54.96 ID:fVGvz9Aq
>>13
性格的人間的に最も?なのは、釈迦とイエスとがダントツのはずだがw。

16 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:01:52.28 ID:kspOSW3Q
>>12
それに、大拙さんも「無分別の分別」としか言ってないわけじゃないしね。
それを補足するような言葉とか、別の言い方とか言葉とかも沢山あるっしょ。
引用する人が、(便利なんで)そればかり使うから。

それこそ、巨人の星でちゃぶ台がひっくり返ったことはない、(いや一回だけだったか?)とか、
ガンダムの「アムロ行きまーす」の台詞は一回だけ、とかと同じでw


なんで俺に名誉毀損の話を振るんだよw 関係ねーだろw >>14
そういうキメラ的作文も、隠居っぽいな・・。 彼の方がまだ愛らしいが・・w

17 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:04:00.10 ID:IXYPAyDU
10世紀中頃の日本の俗信として、
「女は死後、初めて性交をした相手に手を引かれて三途の川を渡る」
というものがあった。

やっぱりあったわw俺は男だが手を引いてくれた人は親しい知り合いって
感じだった。こういうことが必ずあるから面白いw

18 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:04:16.92 ID:kspOSW3Q
>>14
ああ、
元はといえば、(今回でなくもっと前のスレから)
瞑想体験を薬物扱いしてる貴方の姿勢から発しているのだと思うけど?w ( ̄ー ̄)

19 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:05:51.27 ID:kspOSW3Q
日付変わった  ノシ

20 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:10:01.38 ID:jiP7FaXF
まあ、瞑想の変容意識状態も、夢で見る変容意識状態も、薬物にいよる変容意識状態も大して変わらんもので
大して価値は無いと思うよw

コレこそ価値があると埋没するから駄目だろ、としか言えんわなw

瞑想の価値は変容意識にあるのではなく、気持ちを落ち着かせる事に意味がある。
気持ちを落ち着かせて「我」を見る事が瞑想で、○○瞑想だの××瞑想だのには全く意味が無いww

21 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 00:24:36.28 ID:J0Gsu1Fw
いったい、どうしたんだ? 紐君w

今日の書き込みは、マジで壊れてるようにしか思えんがw

「通報」云々、言ってるが、マジで通報したのか?
彼の書き込みのどこをどう読んでも、「薬をやってる」もしくは「薬を
勧めてる」  などと読めんぜw  
彼は、あくまでも「解脱すること」を勧めてるに過ぎないと思うが?
(これは、勿論、彼が解脱しているかどうか?とは関係w)

おそらく、彼の書き込みを見て、 「また《悟った君》が、書き込みしてるかww」
と思うものは、たくさんいると思うが、「通報に値する書き込み」と
考えるのは、紐君以外にはいないと思うが?

冷静になって、もう一度流れを見直してみw

22 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:29:01.42 ID:WUihbTYT
解脱ではなくて脳汁でちゃってるだけだよな

23 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 00:50:54.61 ID:jiP7FaXF
>>21
パーピマンさん。
私は全く壊れていませんよw
マジで通報しましたよw
何故ならば、私が前スレの>>947>>950のやり取りでアカンと思ったからで、その前の>>932も含めて
通報モノと判断したから。
全部書き出しましょうか?

>>932
涅槃のヒントを書くと頭がグラ〜〜ッときます。つまり、めまい系です。
これは主観が変化するためです。そこが始まりです。

彼岸の夢の時は、頭がグラン、グランきましたw

>>947
>>945
覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜
大麻やった最初の感覚は強烈で〜

と言っているのと変わりませんなあw
だから、無価値で無駄で、場合によれば有害ですらある、と言っているw

>>950
>>947
その辺はやはり主観の違いがあるでしょうね。
私は決して無価値とは思いません。
だから人に勧めています。
でもクソ真面目と不真面目が同居してるような人でないと
向かないような気がします。

24 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 01:02:35.16 ID:J0Gsu1Fw
一連の流れの中で、彼は「自己の解脱体験」 を語っているのでしょ?w
「めまいがする」「ぐら〜とくる」・・・・これらも、自分が「涅槃に至ったときの
体験」でしょ?    →「自分が薬をやったときの体験」ではないでしょ?
彼は一度も、薬に言及してませんよ。

「薬についての話」は、紐君が一方的に持ち出して、「そんな悟り体験は薬でラりるのと
変わらんよ」・・・と、言ってるだけでしょ?

そして、それに対する彼の950の 返信だが、 どうみても彼が勧めているのは、
「解脱体験」でしょ?w 彼は一言も「薬に言及」してないよw

>私は決して無価値とは思いません。

ここでいう「無価値なモノ」とは、解脱体験のことであり、「薬体験」のことでは
ないでしょ?

彼が、「薬を勧めた」と読む者は、紐君以外いないと思うが?

25 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:07:20.18 ID:IXYPAyDU
三途の川の夢に関してだが、ブ〜ンという音、苦しいけど抵抗してはいけないと
直観的に知っている、川の深さは足首、真っ白、心地よい、
この辺に共通項があった。
けどお花畑や故人もいなかったし、川を渡る他人が1,2人いた程度。
幻覚だが、それでは片付けられない共通項もあり、脳というのは不可解。
ちなみに実際の予兆として、頭の中でパンという破裂音が数度あります。

26 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:08:31.29 ID:8jQl/+uR
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  6/1 東京10R 芝・左 2400m  10/17頭
┃ 第81回 東京優駿 (日本ダービー)(GI).┃(´∀` )<3歳(国際)牡・牝(指定) 定量 発走15:40
┣━━━┯━━━━━━━━━━━━┻○━○━━━┯━━━━━┯━━━━━┓
┃1 │1 │サウンズオブアース   ...[牡3]│57│浜  中│(西)藤岡健│京都新聞 2┃H
┃1 │2 │ワンアンドオンリー    ..[牡3]│57│横山典│(西)橋口弘│皐月賞   4┃B
┃2 │3 │マイネルフロスト       [牡3]│57│松  岡│(東)高木登│青葉賞   6┃
┃2 │4 │アドマイヤデウス       .[牡3]│57│岩  田│(西)橋田満│皐月賞   9┃J
┃3 │5 │トゥザワールド        .[牡3]│57│川  田│(西)池江泰│皐月賞   2┃@
┃3 │6 │ショウナンラグーン     [牡3]│57│吉田豊│(東)大久洋│青葉賞   1┃I
┃4 │7 │ウインフルブルーム   ...[牡3]│57│柴田大│(西)宮本博│皐月賞   3┃取消
┃4 │8 │スズカデヴィアス        [牡3]│57│酒  井│(西)橋田満│京都新聞 6┃
┃5 │9 │アズマシャトル         .[牡3]│57│松  山│(西)加用正│京都新聞13┃
┃5 │10│ベルキャニオン       [牡3]│57│戸  崎│(東)堀宣行│プリンシパル 1┃E
┃6 │11│ハギノハイブリッド      [牡3]│57│Cウイリア│(西)松田国│京都新聞 1┃F
┃6 │12│エキマエ               [牡3]│57│江田照│(東)中川公│兵庫CS  1┃K
┃7 │13│イスラボニータ       [牡3]│57│蛯  名│(東)栗田博│皐月賞   1┃A
┃7 │14│タガノグランパ         .[牡3]│57│菱  田│(西)松田博│皐月賞  17┃
┃7 │15│サトノルパン           [牡3]│57│小  牧│(西)村山明│NHKMC  9┃
┃8 │16│レッドリヴェール        .[牝3]│55│福  永│(西)須貝尚│桜花賞   2┃C
┃8 │17│トーセンスターダム      [牡3]│57│武  豊│(西)池江泰│皐月賞  11┃D
┃8 │18│ワールドインパクト      .[牡3]│57│内  田│(西)友道康│青葉賞   2┃G
┗━┷━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━┷━━━━━┷━━━━━┛

27 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:10:26.62 ID:jiP7FaXF
もし薬に無関係なら私がふった>>947に対して、そうではないと否定の言葉が無くては駄目。
何を言うにしても。
で、実際は>>950で、人に勧めているというのは、「クソ真面目と不真面目が同居してるような人」に対して
大麻等違法薬物を勧めている〜とも十分に取れる。

誤解を招かない言い方はいくらでもできるだろうが、そのような言葉が全く無く、全く正面から何の警戒も無く来られれば通報しかないw

28 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 01:12:46.35 ID:J0Gsu1Fw
それに、彼自身が直後にはっきりと否定してるじゃない?w

>955 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:54:27.56 ID:v+f24w7z薬物一切やってないのに?
>どうぞwどうぞw

紐君が、「彼は薬をやってる。人にも勧めた」  とする根拠は、自分が947
に書いた薬についての書き込みに、彼が返した950 のレスだけでしょ?

いくらなんでも、それは無理過ぎだってww

29 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:12:47.94 ID:IXYPAyDU
>>27
本気で相手してないだけだよ。軽くスルーさせてもらいますわw

30 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:19:38.71 ID:jiP7FaXF
私は、書き込みの内容を見ていますよw
流れを見てふって、「いや違います」と否定されれば
違うのかなと、また流れをみて〜で全く否定がなく他人にも
勧めるとあれば通報以外に選択肢がありません。

その後、捜査員がどう判断するかはお任せしますわw
しかし、怪しいのは通報するのが市民の務めw

こんなのは怪しくない〜というのはそちらの判断で私の判断では十分怪しいのでw

31 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 01:22:24.09 ID:J0Gsu1Fw
>>27
>もし薬に無関係なら私がふった>>947に対して、そうではないと否定の言葉が無くては駄目。

いくらなんでも、それは・・・www

例えば、
「お前、人殺しだろ?」
「・・・・」
「はい、否定しなかったね。 人殺し決定。」・・・
と言ってるようなもんだぞw

相手が、あまりにもアホらしい憶測で勝手に決めつけをしてきたら、
スルーする奴も多いでしょ?

「誤解を招かない言い方」というが、彼にとっては、紐君に誤解されようが
全く構わないかもしれんでしょ?

それに、彼、ちゃんと「一切やってない」と言ってるでしょ?w
彼自身が、薬をやってるようなことを匂わす書き込みでもあればともかく、
薬について言及してるのが紐君だけ、そしてそれを「はっきりと否定しなかった」
から、アウト・・・・・とは、普通、考えないぜww

32 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 01:25:44.68 ID:J0Gsu1Fw
>こんなのは怪しくない〜というのはそちらの判断で私の判断では十分怪しいのでw

wwwwwwwwww
そりゃ、紐君が勝手に怪しいと思って通報するのもよしだが、
いくらなんでも、今回の件は、紐君の判断力について、多くの者が
疑問符をつけたと思うぜw

33 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:31:17.23 ID:jiP7FaXF
いくらなんでもではなく、前スレ>>947に対する>>950の回答、&その前の>>932が全てでしょう。

違法薬物と無関係ととる人間もいれば、違法薬物と関連して怪しいととる人間もいる。
我こそは当然で、他は駄目とは言わないが、それは誰でも当然の事。

仏陀の教えにしても、「我の捉え方こそ当然で他は阿呆〜」とは言えないのと同じw
輪廻転生ありなし〜、オカルトありなし〜、伝統・伝承・文化ありなし〜、全部色々で
コレこそが仏教なんて一言では言えず所詮自分が見る仏教がその当人にとっての仏教と言う事。
こう見るのが正解〜なんて他人に強制はできない。

この場合も同じw
我は違法薬物とは無関係と見る〜
我は違法薬物と関係があると見る〜
そう見るのはアンタだけ〜
そういうのはアンタだけ〜

通報義務は市民にあり、判断は捜査官に任せる〜の判断が誤か?

34 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 01:42:00.31 ID:J0Gsu1Fw
だからあww  違法薬物と関係あり・・・・とみなす基準が一般人と
乖離しすぎてるんだってww  紐君はw
彼の書き込み見て「彼が違法薬物やってる。もしくは勧めている」などと
考えるものは、紐君以外にいないと思うぜww

A君 「私たちは、何よりも人の意見に左右されることなく、自己の見解を
   をしっかり持つべきだ。」
B君 「自己の見解に固執することは危険だよ。それはしばしば自己中な判断に
   結びつく。ストーカー殺人などがいい例だ。」
A君 「他人の意見に左右されすぎる弊害は看過できないと思うな。」
B君 「君は、ストーカー殺人をはっきりと否定しなかったね。それも 
   場合によってはOKと認めてるんだね。 通報しました。」

このB君の判断を正当と思うかい?
今の紐君が、まさにそれなんだがw    

35 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:43:06.56 ID:1ZjOdF4K
そういえば、俺も昔悟りかけたことがあったな。
怒りが全く沸かなくなったよ。
純粋な意識で生きてる感じ。

36 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 01:53:15.52 ID:jiP7FaXF
>>34
まあ、どちらのケース(私の立場か、反対の立場か)が多いかは分からないが、
またセブン並みに下手な例えを振ってくれましたねw

私のこのケースをどう例えているのか意味不明w
もし、誰もそんなものに賛同していない〜という意味の例えならば
もっと別の例えがあるのでは?

A:ハマグリがあるね。
B:いや、これはアサリだ。
C:貝の専門家に判断してもらおう〜

というに過ぎないと思わないかねww

37 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 02:01:22.44 ID:J0Gsu1Fw
>私のこのケースをどう例えているのか意味不明w

wwwwwwwwww
わからないのかな?  

「自分が勝手に言及した事柄を相手が否定しなかった。」→「それは真実に違いない」
と、独断的に決めつける身勝手さと愚かさを例えたつもりだが?www
まさに今の紐君でしょ?www

自分は、相手の解脱体験を 「そんなの薬やってらりる のと変わらん」と
言ったのに、相手は明確にそれを否定しなかった・・・・・・これは怪しいww
薬をやってる可能性が高いw
→「相手は、ただの一度も薬についての話などしていないのに」  さらに
→「直後にすぐ、《一切やっていない》 と否定してるのに」

勝手に決めつけてるだけでっしょ?ww

38 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:04:05.96 ID:jiP7FaXF
>>36
推測で通報するから駄目〜では誰も通報などできません。
「私は今大麻を吸いました〜」という書き込みが無ければ通報は不可〜というに等しいw
馬鹿じゃないの?

39 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:04:59.42 ID:1ZjOdF4K
ゴホン、
悟りかけた時は、常に喜びが溢れてる感じだったね。
同時に、「自分って大したことないなぁ〜」って思った。
自分がちっぽけに見えた。
「ああ、何もすることないじゃん、そのままでいいじゃん」って感じで、
心身脱落した。すごく楽になった。

40 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:05:28.87 ID:jiP7FaXF
>>37の間違いでしたw
推測で通報するから駄目〜では誰も通報などできません。
「私は今大麻を吸いました〜」という書き込みが無ければ通報は不可〜というに等しいw
馬鹿じゃないの?

41 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 02:10:28.09 ID:J0Gsu1Fw
>>38
「大麻すったら、正常な判断力がなくなるらしい」・・・・・・
このような書き込みをした人を「大麻すってる」と通報したら基地外でしょ?ww

>「私は今大麻を吸いました〜」という書き込みが無ければ通報は不可〜というに等しいw

だれもそんなこと言ってませんがwww
勝手にねつ造すんなよww
要は、その推測に十分な根拠があるか否か? ということwwww

てめえのような劣悪な判断力で、「勝手に薬常用者」と判断して
通報するようなバカはいねえんだよwwwww
オマエ以外わなwwwwwww

42 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:11:50.82 ID:fVGvz9Aq
>>37
教唆、幇助も、罪になることを忘れるなよ。

43 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:11:53.73 ID:LnnlmPDQ
>>23を読んでやはり、読者は逮捕されるのは紐君ではないかと思われたのではないか。

なぜなら、瞑想での体験を「ふ〜ん」「そうなんだ」
以上に 思いつかない。
強烈な〜〜って何故紐君は反応で来たのだ?
一番怪しまれますよ。

瞑想を勧めているが、それでも人のタイプで向き不向きがあるように
思うとまで述べられていて、薬どころか瞑想も強制的に勧めたりはしていないな。

このような内容だけで、薬に直結したというのは、どういうことだ。

それと、通報義務は市民にとあるが、冤罪と言うのは大変迷惑な話しだ。
仏教の見方は、当人にとってというのはまあそうであろうが、
そこはまた話しが長くなるので、今は置いておくとして。

それをこの話に当てはめて、自分が判断したの判断内容が
いいがかりと曲解であり、迷惑行為とは思わないのか。
しかも通報義務は市民にありまで持って行くのは、逮捕並びに病院輸送の
可能性もある。

44 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 02:14:16.39 ID:J0Gsu1Fw
まあ、今日は良かったわwww

セブンがお前を嫌う理由が納得できたわw
というよりも、このスレの住人すべてが、お前の独断的稚拙な判断力を
認識できたことが大きいか?

あまりにも通常人の見識から乖離しすぎてるぞww
彼の書き込みを見て「通報の要あり」・・・・と判断するのはお前くらいの
もんだよwwwwwwww

45 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:15:34.47 ID:jiP7FaXF
>>41
>「大麻すったら、正常な判断力がなくなるらしい」・・・・・・
>このような書き込みをした人を「大麻すってる」と通報したら基地外でしょ?ww

そりゃキチガイでしょうなあw

劣悪な判断か否かを専門家に任せるといっているのに、それすら劣悪だから止めよ(やめよと
言っているのかどうかも分からず、ただバカと言っているだけか?w)というのはいかがなものか?と言っているw

お分かりか?w
頭の良いパーピマンさんよw

46 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:17:12.91 ID:1ZjOdF4K
ゴホン、ゴホン
ホームレスになっても、楽しく生きていける感じだったね。
何があっても、怖くないって感じだった。

47 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 02:18:29.52 ID:J0Gsu1Fw
>>42
>教唆、幇助も、罪になることを忘れるなよ。

当然、知ってるが、かれの書き込みの「教唆、幇助」にあたるところを
あげてくれww
検討するからw

48 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:19:46.86 ID:t90ISDsp
全然仏法関係ない話だなw

荒らすなよキチガイ

49 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:22:29.03 ID:jiP7FaXF
こういう行為は一般常識とはかけ離れている〜というのは概ねそういう個人内の常識であり
全然一般常識ではない。

通報の窓口は広く開けられており、こういう事を通報するのは非常識か?等と反省する必要は無い。
https://www.iajapan.org/hotlinecenter/illegal-full.html
インターネット上の違法・有害情報の通報フォーム

怪しいと思える書き込みはどんどん通報しよう。
通報は市民の務め。

こんな事で通報するのは阿呆〜という方が阿呆ww

50 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 02:23:09.53 ID:J0Gsu1Fw
>劣悪な判断か否かを専門家に任せるといっているのに、・・・・・

なら好きにしなwwww
実際、このケースでは、彼の調査に至ることはなく、単なるヒステリーの
言いがかりとして門前払いだから、彼への実害もないしなww

51 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:23:27.73 ID:1ZjOdF4K
ゴホン、ゴホン、ゴッホン!

52 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 02:23:49.05 ID:fVGvz9Aq
セブンとパーピは、共犯確定。犯人隠匿罪もあるぞw。

53 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 03:25:38.12 ID:IZh3Sbjt
>>前スレ58
>久々にここに来たけど、宝珠さんはもういないの?なんか机がいるし(苦笑)
>面子は大分変わったようだね。

カラスさん、どうもお久です!
とりあえずお元気そうで何よりでした。

もう常連の古株は数人だけで、あとは新しい参加者たちで賑わってるようです。
私自身はここ数か月は殆ど投稿なし。
まぁ.殆ど主要な議論は殆ど尽くしたし、自分もある程度は主張しきれたと思うので、
あとはただ、たまたま目に留まった投稿を元に、ごくたまにだけ登場するくらいですね。
今は、6月中旬に計画している二泊三日(または三泊四日)の
区切り打ちの不動尊巡礼を楽しみに準備しているところ。

スレの流れが速くてご挨拶が遅れました。。。

54 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 03:27:30.51 ID:IZh3Sbjt
>>前スレ826
>花崗岩の多い場所では、たまたま幽霊が現出するようです。
>主に、幽霊スポットなどですね。
>実は電磁波は人の脳を錯乱させる要素があって、これが幽霊等の幻覚の正体だったりする。

もしも、科学班の報告通りに幽霊には電磁波が伴うのだとすれば、
幽霊の出現に付随して起こるとされる数々の不可解なポルターガイストや
ラップ現象(物が勝手に動いたり異音が生じる怪現象)や気分的な胸騒ぎと不快・・などの説明にもなります。
何故ならば、
地震前兆の原因とされている地殻からの電磁波によって発生する怪現象とも大部分が共通するものだからです。
大地震の前には、磁石の落下や蛍光灯の点滅点灯。時計が狂ったり、TVラジオの異変、家電の異常動作、
動物の異常行動、人の体調不良・・・などが生じたりしますから。

55 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 03:30:26.89 ID:IZh3Sbjt
1/2
>>前スレ852
>まぁ幽霊が実際いたとして、それがどうしたというのでしょう。
>そんな燃えカスのようなもの、どうだっていいじゃないですか。
>ファブリーズでもしとけば、消えますよ。

それはあなたがものごとを全然わかってないからですよ。
そういうものじゃないから!
本物の幽霊というのはシッカリとした実体を持つので(仏教的意味ではなくて)、
そんなファブリーズ如きではとても対処できないから。

そして、最も重要なことは、何故コレ(幽霊問題)が放置できないのかというのと、
幽霊として生じている間は、その故人は次の転生に入ることができないからです。
生前のすべての構成元素が崩壊分割しないで幽霊として残存を続けていると、
要するに次のステップには移行していかないのです。
こうなると、その故人の次の生存(人生)の機会は得られずに、
従って、何時まで経っても成長し、進化していくことができないことになる。
仏教的にいえば、成仏に至る次の可能性の機会に出会うことができないのです。
尚且つ、これが他人事のように放置できないとする理由としては、
幽霊存在というのは残された家族(遺族)や地域周辺の人々に様々な悪影響を及ぼすからです。
これを霊障害(単に霊障)というのです。

56 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 03:34:39.89 ID:jiP7FaXF
で、次に行かなくても良いや〜と割り切った幽霊はずっと幽霊のまま居続けるのですね?w
成長を望まない幽霊も居るでしょうなあw

57 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 03:40:04.24 ID:xddb7vBS
幽霊、見た人って、ほんとにいるんかなあ
僕はないから信じられやんわあ

58 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 04:25:25.02 ID:jiP7FaXF
>>50
>彼への実害もないしなww
希望的意見ですなあw
まあ、実際踏み込まれて逮捕されれば書き込めず、後は訳が分からず〜
でしょうなあw

まあ、後も継続して「あの私です」と繋いでくれる事を期待するだけですww

59 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:00:25.79 ID:LnnlmPDQ
>>55
>仏教的にいえば、成仏に至る次の可能性の機会に出会うことができないのです。
>尚且つ、これが他人事のように放置できないとする理由としては、
>幽霊存在というのは残された家族(遺族)や地域周辺の人々に様々な悪影響を及ぼすからです。
>これを霊障害(単に霊障)というのです。

他に良くない影響があるというのは、悪さをするということですね。

私は、それは光で分解できると考えています。
手かざしというのは、宗教画などでそれを象徴しているのでしょうし、
軟酥(なんそ)の法 も清らかな光が全身をめぐる、
イメージし易いように、軟らかなバター(酥)が頭上から
気持ち良く全身へとですね。

心身が疲れていますと、そのちょっと隙にでもに悪さが被さってきたりがあるのかもしれません。

(つづく)

60 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:21:43.99 ID:LnnlmPDQ
他者がそのように弱っていて、手助けしてあげようという気持ちは
素晴らしいと思うのですが、
素人が手かざしで、どこまで出来るのかと、
仮にその悪さする霊を憑依と呼ぶとして、
素人の手かざしは、人から離れても逃げ去っただけの
場合も多々あるのではないか思います。

ですと、いつも同じ道場などで、素人集団がそれを行った場合
危険がともないませんでしょうか。
まず、心身がおかしくて来る人々が、その悪さの霊と同伴して
その道場に来ます。
そして、逃げたりしたその霊がうろうろその空間なりを彷徨うでしょう。

道場から飛び出すかもしれません。
変な言い方ですが、責任をもって処理をするというのは
相当のプロでないと出来ないはずです。

音色や香りも、愛の光の要素としてあると思うのですが、
色々な意味で相当強靭でなくては
対処できないと考えられますが
そこらへんの心配はないものでしょうか。

61 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:34:49.15 ID:41LG08es
59,60空虚なオカルト妄想垂れ流しやめろw
きえろw、

62 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:35:52.81 ID:41LG08es
悪霊宝珠と、その仲間たちの憑依霊が湧いているな、
悪霊退散!!w

63 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:41:31.48 ID:LnnlmPDQ
>>61
空虚と、なぜ言うのか。

鍛え上げた仏教者なら他者に愛の光を流し込み、
その他者が自ら強靭になりたいと望む時は、
良い意味での師弟関係ができると考えます。

64 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 06:54:44.16 ID:xddb7vBS
無常の世において愛の欲求を他者に求め続ける人々はきっと幽霊に憑依されているんだろう、笑
この泥水の中に蓮の華が咲く。泥水を養分として、

65 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 07:07:33.41 ID:LnnlmPDQ
>>64
>愛の欲求

とは、闇のことですね。 光ではなく。

土(泥水)になる、花を養分として。

66 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 07:29:40.94 ID:41LG08es
仏教無理解で師弟言う傲慢さが空虚wき・え・ろw

解っていてワザとやっているだろう?
もし苦はサイコパスか、どおちだ?

67 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/31(土) 07:45:17.62 ID:fIdxVcTi
仏法は科学だというのにきちんとした理解をしようとせず神秘主義化して信仰にしてしまうからこういうことになる。

68 ::2014/05/31(土) 07:48:25.02 ID:unySV2Nr
>>59
>手かざしというのは、宗教画などでそれを象徴しているのでしょうし、

キリスト教の宗教画のことですね。
新約聖書では「聖霊の洗礼」と呼ばれております。(マタイの福音書3:11)

古神道では「真手」、「真息吹」、「真光」と神の力をお借りするワザが伝えられております。

>>60
>素人の手かざしは、人から離れても逃げ去っただけの

きちっとした作法に従わないで、形だけ真似たら危険だといえますね。

と軽いコメントのみで消えることにします。 御機嫌よう。

69 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 07:54:19.07 ID:41LG08es
恣意性を理解できぬ空想でポスト構造主義しったつもりの
にしてつ登場w

70 ::2014/05/31(土) 07:55:09.83 ID:unySV2Nr
「アホの在家」と言った縁で「非アホの在家」、「アホの非在家」、「非アホの非在家」の分別が起こります。
言語論理学(中論)では間違っておりますでしょうか。

仮観を破り、空観を破り、中観をも破る般若の人。。合掌

71 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/31(土) 08:06:40.85 ID:fIdxVcTi
>>69
どう理解してないって?

72 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 08:51:22.40 ID:41LG08es
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
のにしてつw


憑依霊○在家、消えろw悪霊退散!!w

73 :宝珠@代行依頼:2014/05/31(土) 09:03:57.81 ID:sNpFGQQf
2/2
であるから、
仏教では死者供養を扱うのであって、今日まで施餓鬼供養を重視してきたのは当然のことです。
仏教では餓鬼地獄などともいうけれども、つまり、>>前スレ832で紹介した経文のように、
幽霊というのは餓鬼存在の一部でもあるということがいえるのです。
ゴータマが餓鬼存在も救済するよう弟子たちに指導していたことは原始仏典にも説かれる通りです。

そして、
人が周囲にも迷惑をかけてしまう幽霊になるかどうかというのは、
生前の成した行為とカルマの関係もありますが、
どうやら死に際での意識の持ち方や死に方というのがかなり大きい要素のようです。

まっ、このスレに巣食う者たちの実に多くが、
幽霊も転生のことも何も分からず、そして認めてもいないのだから、
とてもお話にならないのですけれどね。

74 :宝珠@代行依頼:2014/05/31(土) 09:04:25.96 ID:sNpFGQQf
>>56
いや、そうではなくて、
これは生きてる残存エネルギーであって、
ただそのままに放置していれば、その異常情緒のレベルによって自らの崩壊期間が永くなり、
数十、場合によっては数百年とそこに存続してしまう(いつかは消滅する)。
基本的に、自分自ら幽霊になることを望んだわけではないから。

つまり、事故死や震災で亡くなった人々の供養救済などは大切な意味を持っています。
突然の悲劇による死によって、その無念さが消えないでいつまでも残っている・・・。
例えば、無差別殺人の一部は悪霊の憑依作用だったりもする。

-----取りあえず、こんなところです。

75 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 09:36:21.27 ID:J0Gsu1Fw
宝珠降伏 怨敵退散 七難速滅 七復速生秘

 臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前

おんころころ せんだりまとうぎ おんあびらうんけん そわか うんたらたかんまん

ノーマクサマンダ バザラダンカン

オンベイ シラマンダヤ ソワカ

ノーボータリツ ハラボリツ シャキンメイ シャキンメイ
タラサンダン カエンビイ ソワカ


・・・・・・・・ さて、こんだけ唱えときゃ、悪霊宝珠は退散するかな?wwww

76 :パーマン2号∵hVgvvzQ7pw:2014/05/31(土) 09:41:44.45 ID:7tb98JT4
と釈迦はマントラや呪詛など否定したよね

77 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 09:45:17.26 ID:kspOSW3Q
>>20
またいつもの、発言捏造の印象操作か・・ 汚いなw

>コレこそ価値があると埋没するから

誰もそんなこと言ってないし、(君が嫌うw各種伝統は、(上座でも禅でも他でも))
そうならないように、という注意と共に提示されてるわけで・・。
で、だからこそ、マンツーマンとまで言わずとも、指導や助言と共になされねばならない、とされてるわけで・・。
そうした、(電車のおもちゃじゃないがw)進む際のガイドの役目が、まさに伝承・伝統、先達、先例なわけでね・・・。

「(Aに)価値がある」という言い方は、即座に他の価値の否定になるわけではない。
 *勿論、仏教的には、出世間として、世俗の価値基準と一線を画した語りがされるわけで、
 文脈やテーマとして、その形を取ることはある。それこそ三法印とかなw
そこには二種類の含みを持つ。
・「Aにも、着目・重視に値する価値がある」 ・「Aの方が、或る基準取りからすれば価値が高い」 と。

前スレの彼も、(あっちの上座部系瞑想スレも)、
日日を(ひいては人生を)豊かに穏やかに過ごすことに資する、というところから
―勿論、悟りを目指す方向としても―、「 >無価値とは考えない 」と言っているわけで・・。
それは、≪仏教の≫行法として「ソレ」である「ソレ」のみであるというに過ぎない。
他の方法論・メソッド(他宗教他思想)では、また別だろう。


君を見てると、↓のスレの大津君の鎌倉貶しとダブって仕方ないわw
【いざ】鎌倉スレ15【鎌倉!】
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/travel/1400507883/
★三浦半島・鎌倉・逗子・葉山・横須賀・三浦
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/travel/1392695657/

醜悪な難癖ってとこがね。

78 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 09:48:15.72 ID:41LG08es
デタラメ・ゴーダマ話ダメ。
ゴーダマより、ゴーホーム!!!宝珠、きえてw

79 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/31(土) 09:55:09.03 ID:J0Gsu1Fw
>と釈迦はマントラや呪詛など否定したよね

wwwwwwwwww
肯定していて、「釈迦は真言の効力を信奉していた」・・・・・・と、
主張するオカルトマニアもいるww

誰とは言わんが、宝・・・・

80 :パーマン2号∵hVgvvzQ7pw:2014/05/31(土) 10:17:08.33 ID:7tb98JT4
パーピマン ◆hVgvvzQ7pw
http://www.sathyasai.or.jp/tokyo/

81 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/31(土) 10:28:19.58 ID:9vNxYW/B
>>54
> 地震前兆の原因とされている地殻からの電磁波によって発生する怪現象とも大部分が共通するものだからです。

マントルは、地殻へと上昇してから、地球の核へと向かい又上昇するという対流しておるようです。
これだけのダイナミックな動きを繰り返しているのですから、まだ人類未踏の謎があっても不思議ではないでしょう。
で、核というのは当然重力の圧力がありますから、圧力によって固形されるようですね。
この固形というのが鉄らしい。
まあ、つまり地球というのは大きな磁石、ということになるんでしょうね。

で幽霊研究家は、法珠氏やおじゃる氏以外にもおりまして、某研究家は幽霊現出は人間の内面に原因がある。
と提唱して、それを実験したそうです。
「この部屋は幽霊が出る」と、前もって被験者に先入感を与え実験したそうですが、やはり幽霊が出たそうです。

つまりこれは何を意味するかいうと、軽い催眠術と考えて宜しいかと思いますね。
人間というのは簡単に催眠術に掛かります。私はその道のプロフェッショナルですが。

貴殿が提唱している「残存エネルギー」でしたか?いわゆる幽霊現出外因説ですね。
私はこれは良くわかりません。その道はノンプロフェッショナルですから。

幽霊が出るのは、外因か、または内因か、それともそれらの複合的要因であるのは間違いないです。

82 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/31(土) 10:58:43.73 ID:9vNxYW/B
前スレ>>964西日本鉄工所氏
>ポスト構造がバッタもんというのは仏教の後追いという意味?それならそうとも言えるかも。

ポスト構造というのは私は知りません。貴殿が詳しいのでしたらその方向でレスするのが良いとおもう。

>ポスト構造が無意味だという意味で言ってるなら仏教も無意味ということになる。

仏教というのは、結論からいうと無意味ですね。「無の哲学」というくらいですから。
無用の有用と捉えてもいいですが。

仏教の無も、ニーチェの虚無も意味はない。ただニュアンスは違う。
つまり解釈とか理解という理屈ではなく、その人の感性に委ねるしかない。

83 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 11:06:21.52 ID:IXYPAyDU
>>81
内因だと思いますね。内因が、ある程度の物質化、物質への作用をもたらすと
思います。
幽霊などいないと思ってる人は健全です。出くわす比率はゼロと思います。
不成仏霊が仮にいるとして、おそらくは抵抗してはいけない段階で、
苦しみや恐怖のために抵抗したのだと思います。
それを相手にするのはキリがないですよ。
精神的にも肉体的にも強くなるしかないんですよ。

84 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 11:18:09.15 ID:zFJyZVgb
変性意識とは、日常的な意識以外の意識をいうらしい。
しかし、わたしという自己意識が変性することは決してありえない。
  
日常的な視界は、意識と現実世界が関係することで生じている。
睡眠、瞑想、坐禅、臨死体験などの視界は、意識と無意識界が関係する
ことで生じている。意識自体が変性するわけではない。

意識の集中度に深浅はあるが、意識の対象、外部世界が異なるだけだ。
変性意識や変容意識といった言葉を使わないようにしよう。
それは誤った考えであり、誤った言葉である。

85 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 11:20:25.28 ID:IXYPAyDU
幽霊を見るのは主に感受性の強い女や子供です。
この意味で紐君というのは子供なわけです。他の方々は大人。
絶対的経験値というものが足らんのですよ。
これもまた、そんなものをいちいち相手にしてたらキリがないということです。

犀(さい)の角(スッタニパータ)を読んで、こういうことなんだなぁと思います。
エッセンスが凝縮されてるように思いますよ。

86 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 11:28:48.64 ID:IXYPAyDU
74 貪欲と嫌悪と迷妄とを捨て、結び目を破り、命の失うのを恐れることなく、
犀の角のようにただ独り歩め。

私は鎖ですが釈迦は結び目です。何に繋がってるかというと我です。
鎖とか結び目というものを必然的に思うわけですよ。
思わない人というのは、やっぱり向きません。

87 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 11:33:37.24 ID:41LG08es
机は無でなく虚無、嘘の上塗りのw

88 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 11:45:05.29 ID:zFJyZVgb
坐禅(サマタ)における魔境と、薬物における幻覚とはまるで違う。
 
坐禅で魔境に入っても、自己意識や判断力が持続している。
魔境の映像は鮮明であり、そこで状況判断できることが問われている。
 
薬物による幻覚は知らないが、サイケデリックな夢を見るらしい。
深酒で見る夢もこれに類似しているのだろう。
意識が混濁するのではなく、脳ミソの神経回路が混濁してしまう。
この場合は、こういった映像に翻弄されるだけであり、
どんな映像を見ようが「悟り」とは無縁である。

89 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:05:27.90 ID:IXYPAyDU
>>88
物理的にいうと薬の作用で一瞬でも我を離れます。
その時にある種の涅槃作用が起こると思います。
しかし、自力でないため脆弱性というものを内包し、
脆弱性故に快楽に依存する傾向になると思われます。
故に仏道を歩むものなら、そんなものはさっさと捨てます。

魔境とは文字通りの魔です。快楽系とは縁がありません。
即ち苦しみと恐怖です。快楽故に魔が生じるということは
あるかもしれませんが。

90 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 12:19:31.69 ID:zFJyZVgb
>>89
>物理的にいうと薬の作用で一瞬でも我を離れます。
>その時にある種の涅槃作用が起こると思います。
 
この意味というか、具体的な内容がわからない。
我を離れ、滅尽定に入ったのですか。
 
魔境はこちらの対応次第で映像が変化する。
魔境そのものは「悟り」ではなく、魔境の先に「悟り」がある。
対応次第で滅尽定に入る、ということです。

91 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:27:01.08 ID:IXYPAyDU
滅尽定では我の存在を映像で確認できます。感覚もあります。
その我が周囲のもの(真我)に飲み込まれて消えていきます。
この時の消えていく感覚がまた心地よいです。
我が消えることにより体に変容が起こります。これが解脱です。

92 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:28:42.14 ID:6MT7UHSp
土台がまるで違うわな。
五戒において、何故麻薬どころか酒まで禁止されているか考えてみるといいよ。

93 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 12:32:49.86 ID:zFJyZVgb
幽霊の話が出ていたが、
肉眼で霊を見ることは不可能であり、霊は心眼で見る。
心眼とは、マナ識の眼であり、夢に現れる自分の眼のことである。
これが開かないと霊が見えない。悟れない。
 
肉眼で幽霊を見たという人がいるが、幽霊の正体見たり枯れ尾花、
それは錯覚であり、見間違いであると断定できる。
肉眼は幽霊を見るようにはできていない。

94 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:36:35.86 ID:IXYPAyDU
>>92
それを全て禁じた結果、発生します。
それは頭が裂けるとか頭が落ちると表現されます。
故に涅槃画像というものはサイケ画像です。密度はかなり濃いです。
これが真我です。

95 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:37:48.58 ID:jiP7FaXF
>>85
>幽霊を見るのは主に感受性の強い女や子供です。
>この意味で紐君というのは子供なわけです。他の方々は大人。

ほー、そうですか?w
私は幽霊など見たことありませんがねえw

>>77
サマタ瞑想やらヴィパサナー瞑想やら、コレこそ悟りへの道で、コレしかない〜というような
書き込みを散見するのは私だけか?w

96 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:39:19.41 ID:IXYPAyDU
私は仏道をできる限りは全て実践してきました。
故に何が効いたのかは正直よくわかりません。
やれることは全部やるという気でいった方が気楽かもしれません。

97 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:41:39.63 ID:IXYPAyDU
>>95
わかってませんねwその辺が子供なのですよ
君は麻薬をやっている幽霊を見たのですよ。
事実無根の幽霊というものをね

98 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:46:22.91 ID:jiP7FaXF
>>97
事実無根か否かの判断は専門家に任せる〜というだけw
怪しいものを怪しいと通報するのは当然。
怪しいのを見て見ぬふりするのを推奨するのが「大人」というアンタが異常なだけw

99 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:51:08.85 ID:41LG08es
5 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 11:20:25.28 ID:IXYPAyDU
幽霊を見るのは主に感受性の強い女や子供です。



また、オカルト駄文悪霊が、知らぬ間にスレに憑依w
悪霊退散!!!きえろw

100 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:52:03.68 ID:IXYPAyDU
>>98
専門家は事実無根と判断したようです。
それは単なるガキのイタズラだと。
大人というものを舐めてもらっては困ります。
あなたがなにを言おうがそれは子供の戯言です。

101 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 12:59:08.10 ID:IXYPAyDU
瞑想において、自分の声ではない、他人の声でもない、
自分でも他人でもないということもない声、幻聴が聞こえます。
これが真我の声です。結局のところは自分の声です。
これが聞こえれば達成したも同然です。あとは声に従うだけです。

102 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 13:01:11.93 ID:zFJyZVgb
>>91
滅尽定は、意識がまるで消え去ったかのような状態をいいます。
我の存在を映像で確認できたり、感覚があったら、
滅尽諦ではないでしょう。真我に我が飲み込まれるとか、
我が消えることにより体に変容が起こるとか、何か幻覚っぽいですね。
あなたが体験したことをそのまま具体的に記述してくれたら、
もっとていねいにコメントしますよ。

103 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 13:08:05.54 ID:6MT7UHSp
預流果になった人達の話を整理すると、共通の感覚と境地を通過していて、
いくつかの概念の崩壊が共通しているんだよね。
ドカンと経験するタイプと小悟を重ねながらなっていくタイプといるようだけどね。
別々の人達でプロセスも異なるのに、共通項目において彼らの言葉にブレがないよ。

104 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 13:10:46.40 ID:IXYPAyDU
>>102
あなたの主観はそれです。ただの伝聞に従うのみの事実無根のものです。
それらは全く意味あるものではありません。
私の主観は違います。実際の体験に基づくものです。
ここが決定的に違います。
実践あるのみです。私とあなたは歩んできた道が違います。
方法論は決して画一的なものではありません。
画一的なものがあるとすれば、自分(真我)の声を聞くことぐらいです。
この真我の声の解釈を間違えると神の声になります。あくまで自分の声です。

105 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 13:24:24.90 ID:41LG08es
犀(さい)の角より、サイコ・オカルトw
デタラメ悪霊め、退散せよ!!!w

106 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 13:29:35.01 ID:IXYPAyDU
>>105
そんなものはどこにもいません。
悪霊というのは、あなたが作り出す妄想です。
妄想ならば逃げてはいけません。対峙して下さい。

107 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 13:46:39.46 ID:41LG08es
106は仏教に関心が無いの知った風に書き込むのは妄想でしょうか?

それとも、悪霊に憑依され狂っているんですか?

108 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 16:27:54.58 ID:jiP7FaXF
瞑想だろうが薬物だろうが睡眠の夢だろうが、得られた変性意識が有り難い悟りの境地などと
主張するのが阿呆の証明w 自ら私は阿呆と告白しているようなもの。

そんなものは悟りなどとは全く無関係。そもそも悟りなど無い〜w
射精して気持ち良かった〜これこそ悟りであるとほざくのとなんら変わらないことを自覚するべきww

109 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 16:34:02.59 ID:41LG08es
ンだ、霊媒空想っ邪霊悪霊退散!!!!

110 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/31(土) 16:45:52.16 ID:fIdxVcTi
>>82
前にあなたの言っていたように、近代以前の西洋哲学はニーチェで一つの終焉を迎えたと言ってもいいと思う。
絶対他者としての対象とは何かを問うこと、形而上学はそこで終了した。
その意味ではあなたがニーチェまでで区切りを着けたというのは非常に腑に落ちるのです。
ただし西洋哲学にとっては、それは新しいスタート地点だったのであり、終焉というよりはニーチェによって西洋哲学は仕切り直されたたと見られるわけです。
で、それ以降の西洋哲学というのは仏法と同じく科学的方法論をとることになって今に至る、と考えています。
で、まあ大胆に言うなら(方法論も前提もおなじなので)ニーチェ以降の西洋哲学は仏教と同じことの焼き直しになる、とも言えるだろうから、
あなたがニーチェ以降の西洋哲学に興味を失ったというのもそういう意味であるならあながち分からなくもないのです。

111 :コレ悟りかよ!?w:2014/05/31(土) 17:03:29.44 ID:EahTb02I
>>108
いえいえ、瞑想、薬物、精神障害、射精で気持ち良くなることが悟りそのものですよ。
>>110
ニーチャとか形而上とかの言葉を使うと気持ちいいですか?
それも悟りかもしれませんね。

112 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 17:09:53.28 ID:jiP7FaXF
統合失調症のコレ悟りかよさんは自らの病気の治療に励むことが修行で
パチスロに励むのは悪魔の誘いにホイホイ乗っている愚か者である事を自覚するべきw

だから、変性意識こそ悟りだなどとキチガイ戯言に同意するw

113 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/31(土) 17:25:01.86 ID:fIdxVcTi
>>111
ニーチェは人名だし、形而上もまあそういう記号表現なので仕方なくないですか?
別に私は単なる記号の使用に気持ちいいも悪いも感じませんし・・・ニーチェを「ニーの字」とか言う方が違和感あるかと。

114 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 17:28:04.96 ID:41LG08es
>ニーチャとか形而上とかの言葉を使うと気持ちいいですか?
それも悟りかもしれませんね

やるなっ!これ悟り!すげーーー。

115 ::2014/05/31(土) 17:29:55.58 ID:unySV2Nr
>>93
>肉眼は幽霊を見るようにはできていない。

条件がそろえば見えるでしょうね。
条件がそろえば写真にもビデオにも映りますので。
捏造技術の無い素人が撮った心霊写真は幾多もあります。

原始仏典では釈尊の前に、神や梵天や精霊達が現れたと姿まで記載されております。
まあ断見者各位は、後世の人の追加だと言うでしょうけど。

116 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 17:43:00.83 ID:jiP7FaXF
断見というのは死んだら終り〜というもの。
死んだ後どうなるか分からない〜というのは断見ではない。
断見よりも常見の方こそ問題が大きい。
常見だから業報輪廻転生などを主張するし、幽霊すらあるし見えるし〜等と主張する。

私は生まれてコレまで幽霊など見たこともないし、超常現象を一つも見た事がない。
仮に幽霊がいようが、超常現象があろうが、そんなものは全く人生の有意義さとは無関係のもので
検証する価値すらないもの、とうのは分かるw

117 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 17:46:06.20 ID:41LG08es
在家○はゴースト語るより、ゴーホームwきえろw

在家○ンかまって欲しい条件がそろえば、出鱈目○在家の書き込みが、このスレに現れるw
スリラーww

118 :コレ悟りかよ!?w:2014/05/31(土) 17:54:01.37 ID:EahTb02I
>>112
統合失調症の陰性症状にパチスロが治療効果があることを発見しました。
ボーナス確定したとき変性意識を感じます。

ちょっと変性意識についてウィキをググッてみました。
「変性意識状態は「宇宙」との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い、この体験は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われる。」

・・・まさに変性意識こそが悟りじゃあ〜りませんか。
>>113
失礼しました。
私はニーチェも形而上なんとかもサッパリなので悔し紛れにオチョクッタだけです。
これだけは言っておきます。
そのままトコトン、それらについて議論してみてください。
きっとニーチェのように変性意識状態になって悟れますよ。
>>114
すごいでしょ。伊達に悟ってると自称してるだけあって。

119 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 18:03:46.93 ID:IZh3Sbjt
>>78
>デタラメ・ゴーダマ話ダメ。

*非物質的領域に住む諸々の生存者がいることをゴータマが明言。
-----『スッタニパー:754』

*死後、天界生活の報告と生前の指導への感謝を述べようとして出現した
ジャナヴァサバ神霊/元ビンビサーラ王の霊とゴータマが対話する描写が説かれた経。
-----『中部経典/第18経(闍尼沙経)』

*幽霊は自分も見るが信じない者が多いから
(如来の言説を否定することで地獄に堕ちると可哀想だから)と、
これをあまり語らないようにしているのだと告げたゴータマによる幽霊解説の経。
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1401036784/832
-----『雑阿含経/第19経(好戦経)』

*餓鬼(幽霊が語る今の苦しみと生前の善悪の果報。餓鬼を供養救済する弟子たちの姿の根拠は、もちろんゴータマ自ら指導されたもの。
 参考:
  http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/4212616.html
 ペータヴァットゥ(餓鬼事経)和訳
  http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=30&ved=0CGoQFjAJOBQ&url=http%3A%2F%2Ftipitaka.cocolog-nifty.com%2Fblog%2Ffiles%
   2F19pv_petavatthupali_jp_7.doc&ei=A5SJU-b1C4nZkAWa_oDABg&usg=AFQjCNFHWdn64E2XMPVZEOpJabSgHCr5KA&sig2=MIMAmnooNrfRcsCy3gwh7A
-----『小部経典/(餓鬼事経)」』

>>83
>幽霊などいないと思ってる人は健全です。出くわす比率はゼロと思います。

頑固な唯物主義者で幽霊など絶対いない(すべては個人の思い込みや幻覚だ)
などといつも豪語していた人物が、ついに複数人での目撃体験をしてしまったのですね。
はぃ〜ザンネンでしたw
-----松尾貴史(タレント)

120 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 18:17:45.96 ID:IZh3Sbjt
>>119
訂正補足:
×スッタニパー
○スッタニパータ

×餓鬼(幽霊が語る今・・・
○餓鬼(幽霊) が語る今・・・

*ペータヴァットゥ(餓鬼事経)和訳のURLはすべて繋げて貼れば[DOC]のリンク開きます。

121 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 18:21:48.72 ID:6K9Cnj75
釈迦は坐禅(サマタ)で成道した。
それを変性意識だと否定したら、釈迦を否定することになる。
釈迦の否定は仏教の否定でもある。
 
仏教を否定したいのか。そうではないだろう。
それだったら釈迦の悟り体験を認めなければならない。
釈迦は坐禅中、満月(霊魂)を見て成道する。

122 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 18:26:39.60 ID:MpJKMsVE
>>61
>>62
>>66
>>114
コレ悟と一緒に消えろ害虫人間!
【個人の立て直し利用】の人間消えろ!
クソ仏教を量産するだけだ消えろ害虫!
空虚な仏教利用の無様な自負心害虫人間消えろ!
他レスへわきだすキモい寄生虫消えろ!

123 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 18:33:22.19 ID:jiP7FaXF
2500年も前の事をこれこそが正しいと断定するのは阿呆w
瞑想で成道した〜というのも一つの仮説w
断定した瞬間、阿呆の告白となるw

言う時は「〜かもしれない」「〜という説を支持する」というべきw

124 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 18:42:03.29 ID:IZh3Sbjt
>>123
>言う時は「〜かもしれない」「〜という説を支持する」というべきw

私からの投稿のすべてにも
“それ”を附けて読んで下さるようお願いします(いちいち附けるのが面倒なので)。
-----オール各位さま

125 ::2014/05/31(土) 18:50:33.63 ID:unySV2Nr
『幽霊』は認めず『無我』は認めるとは、言語論理学上では如何でしょうか。

『無我(釈尊)』が『無我』を説いた、という文は『幽霊』が『無我』を説いた、という文よりも矛盾しており、
既にご隠居氏が幾度も指摘済みです。

同様に都合の悪い『輪廻』は認めず、都合の良い『無我』は認める、同じように仏教テキストベースでは記載されていてもです。

126 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 18:53:28.76 ID:6K9Cnj75
非常非断が仏教の根本原則である。
これは「仏教は一元論ではない」ということを意味している。
空は断見であり、結局は一元論である。
 
人間は、霊魂(常)と物質(断)でできている。
こう見れば、人間は常でもなく、断でもないことになる。
二元論にしないと非常非断は成立しない。
 
仏教の中には、如来蔵などの二元論もある。
プラトーンは霊魂を認め、霊魂と物質の二元論である。
かれのイデア論は説一切有部の考え方に近い。

127 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 18:57:16.31 ID:IZh3Sbjt
>>116
>常見だから業報輪廻転生などを主張するし、幽霊すらあるし見えるし〜等と主張する。

そういう誤解、勘違いを犯している人がこのスレにはあまりにも多いと思う。
それ完全な間違いですからね。そういうことをいう人は、実に仏教の基本すら知らない人ですよ。

仏教は常見じゃないですからね。
つまり、「業報輪廻転生」「幽霊(餓鬼)」の教えというのは、常見には抵触しませんから。
これが肝心なのですね!その辺を自分自身で一から勉強して確認して下さい。

はい、勉強勉強...

128 ::2014/05/31(土) 19:01:57.59 ID:unySV2Nr
>>125
生死名字有而無實 世界法中實有生死 實相法中無有生死
生死には、名字有りて実無し。世界法の中には実に生死有るも、実相法の中には生死有ること無し。

『世界の法の中で、実に生死は有る』が、『実相の法の中では、生死が有るということは無い』のです。
(つばめ堂通信:龍樹「大智度論」巻第八之下)

129 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 19:14:16.23 ID:6K9Cnj75
素朴な経験論で現象のすべてを説明することはできない。
人間の命や意識などは、感覚器官の対象にならないからである。
感覚器官の対象にならなければ「形而上」である。
 
人間は、感覚器官の対象とならない形而上の世界(常)と、
感覚器官の対象になる形而下の世界(断)の両方を同時に生きている。
言い換えれば、人間は二元論、精神と物質を生きている。
 
釈迦は何も説かなかったなどとバカなことを言う人もいるが、
神と霊魂を体験する方法を説いている。
霊魂が存在する以上、必然的に神も存在するからね。

130 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 19:17:11.90 ID:jiP7FaXF
死後も存続する〜が何故常見ではないのだ?
まさに常見。
だから業報輪廻転生の主張は常見。
これを違うというのは、その理由を述べなければならない。
尚、死後も存続するが、一定サイクルの後に生滅するから〜なんてのは論外w

131 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 19:21:46.09 ID:6K9Cnj75
神を見るのも、霊魂を見るのも、肉眼ではなく心眼でみる。
 
心眼で見るのだから、神や霊魂が形而上であることに変わりなく、
見えたからと言って形而下の現象になるわけではない。
神や霊魂は肉眼では決して見えない。

132 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 19:34:51.83 ID:6K9Cnj75
非情非断は、人間はどう生きるべきかを問題にしている。
輪廻転生などの、死んだ先の話ではない。
非常非断は縁起であり、中道ということなのだろう。
 
空の場合が断見になるのは一元論だから。
精神と物質の二元論にすれば、非常非断の中道ということになる。
竜樹も中論27−17で認めている。
 もしも一部分は神的で、一部分は人間的であるならば、
 無常でもあり、常住でもあることになるであろう。

133 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/31(土) 19:44:18.09 ID:9vNxYW/B
>>110
>あなたがニーチェ以降の西洋哲学に興味を失ったというのもそういう意味であるならあながち分からなくもないのです。

ニーチェの永劫回帰というのは、その時点では誰でも意味不明でしょう?
これがどういうことなのか?というのは、ニーチェの思想に巡り合った人間が、自分の人生を重ねるのです。

つまり哲学の本来の方向性(ギリシャ哲学)というのは、人間の問題(つまり自己解決)を目指したものです。
それがないのなら、それはクリープを入れないで飲むコーヒーのようなものでしょう?
無味乾燥な空論に終始してしまう。
哲オタが最終的に辿る道です。

そいうい哲オタがニーチェに巡り合ったとき、ある種新鮮な感動があるのは、それは前記した
自分の人生を重ねるという機会を持つことに依るものです。
それはつまり哲学の総括なのです。

つまりそれは「哲学とは何か?」を改めで考える機会を得たのであります。
これが永劫回帰なのですよ。

ああなんと人生とは虚しい(虚無)ことなのか?それじゃあ駄目になりそうだから、なんとかここを脱す他あるまい。
で、そこを脱しきる力を、ニーチェは「意志の力」とか言ったんですね。

仏教もこれなんですね。なにしろ無ってんですから。
無を悟ることが大事じゃなくて、無からどうにか脱すことですね。
これが色即是空 空即是色で、どうやれこれで一件落着やに思います。かしこ。

134 ::2014/05/31(土) 19:59:19.22 ID:unySV2Nr
>>132 プラトーンの脚注氏
>空の場合が断見になるのは一元論だから。
>精神と物質の二元論にすれば、非常非断の中道ということになる。

貴兄の見解と下記の「大智度論」の一節とが似ているようにも思います。
文言上で似ているだけで異なるのかを一読後コメントいただければ幸甚に存じます。

中論中の偈に説けるが如し、
若し空ならざる所有らば、応当に空なる所有るべし
空ならざるに尚お得ず、何に況んや空を得んをや
凡人は空ならざるを見る、亦復た空をも見る
見と見無きを見ず、是れ実に涅槃と名づく
非二の安穏の門は、能く諸の邪見を破り
諸仏の所行の処なり、是れを無我の法と名づく
略して我の義を説き竟れり

註)中論:その説相は最も徹底して中道を主張し、空を破り仮を破り、進みては併せて中に執する見をも破り、
謂わゆる八不中道、即ち無所得の中道を説いて般若思想と為す者である。

(参考:つばめ堂通信、龍樹「大智度論」第一(下)我)

135 ::2014/05/31(土) 20:06:55.04 ID:unySV2Nr
他称『経論引き小僧』
・経では原始仏典のスッタニパータ、長部経典から主に引用し、時々法華経からも引用する
・論では龍樹「大智度論」から主に引用し、時々「入中論」や「方便心論」からも引用する
・自分で読んで重要だと直感した箇所を議論スレにて紹介している
・仏教上の修行はしていないので自身が紹介した経論をあまり理解できていないことは自覚している
・議論スレ住人からのコメントを読んで、少し理解を深めている

136 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 20:07:03.14 ID:6K9Cnj75
真理は永遠に変化しないから、
2500年前だろうが、それ以上前だろうが関係ない。
  
釈迦も孔子もソクラテスも本を書こうとしなかった。
なぜなら、真理はいつの時代にもあるから。
同じ体験かどうかは、ほんの少しの手がかりがあればわかる。
 
本を大量に書き残した人々は、まだ悟ってないか、
十分に悟っていないかのどちらかだろう。

137 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/31(土) 20:09:23.54 ID:9vNxYW/B
>>134
注釈は全然違いますね。
つうか、貴殿は故意に注釈を曲げているのか?
それとも本気でそう解釈してるのか?

私は前者かとおもう。
いくらなんでもそんなアホな解釈はないだろ?

138 ::2014/05/31(土) 20:10:48.23 ID:unySV2Nr
>>123
>断定した瞬間、阿呆の告白となるw
>言う時は「〜かもしれない」「〜という説を支持する」というべきw

貴兄のような慎重さが大切だと思います。

「アホ」と断定した瞬間、「非アホ」の二項分別が生じて、阿呆の告白となるということですね。
私もつい最近このことに気付きました。

139 :プラトーンの脚注:2014/05/31(土) 20:14:29.72 ID:6K9Cnj75
>>134
ごめん、漢文の書き下し文は苦手で、現代語訳でないと読めない。
よってコメントなしです。

140 ::2014/05/31(土) 20:21:08.58 ID:unySV2Nr
>>机氏
>注釈は全然違いますね。
>つうか、貴殿は故意に注釈を曲げているのか?
>それとも本気でそう解釈してるのか?

正に他称『経論引き小僧』は貴殿のような率直なコメントをお待ちしておりました。

実は註)を書いたのは私ではなく、@「大智度論」を日本語に翻訳された方か、
それともA「大智度論」を中国語に翻訳されたクマラージュです。

本スレの住人で他の和訳をお持ちの方であれば、@なのかAなのかご存じなのでご教示願います。

と自力本願+他力本願(ハイブリッド)にて失礼致します。

141 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 20:23:44.60 ID:jiP7FaXF
>>100
それと、一言言っておきたいが、昨日の今日で何も変化が無いから
専門家は無罪と判断した〜というのは早計w

数日、何もなくともじっと影でお前の事を見ていると思った方が良い。
怪しい素振りがあれば、監視は長くなるだろう。
ASKAが逮捕されるまでも、一朝一夕で逮捕〜とはいかない。
誰の逮捕も同じ。影で見られている事を自覚するんだな。

142 ::2014/05/31(土) 20:29:48.18 ID:unySV2Nr
>>140
>実は註)を書いたのは私ではなく、@「大智度論」を日本語に翻訳された方か、
>それともA「大智度論」を中国語に翻訳されたクマラージュです。

(参考)
中論(ちゅうろん):具には『中観論』と名づく、四巻。龍樹菩薩造り、青目菩薩訳し、姚秦の鳩摩羅什訳す。古来三論の一と為し、極めて尊重さる。
その説相は最も徹底して中道を主張し、空を破り仮を破り、進みては併せて中に執する見をも破り、謂わゆる八不中道、即ち無所得の中道を説いて般若思想と為す者である。『

143 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/31(土) 20:40:06.17 ID:9vNxYW/B
>>140
そもそも中論に和訳はいらないんじゃないですか?中論それ自体が和訳になってますから。

>中論:その説相は最も徹底して中道を主張し

ここまではいい。

>空を破り仮を破り、進みては併せて中に執する見をも破り

中道を主張するなら、空は中道ですし、仮も中道だから、あえて徹底して中道を主張するなら、
空と仮を破っちゃ駄目でしょ?
そもそも空と仮ってのは破れるもんじゃないし?
ですから私はこのように↓訂正します。

※空も、また仮も中道そのものであって、そこに何ら注釈の余地は全くない。と

では、おやすみ。

144 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 21:15:22.80 ID:6MT7UHSp
アルゴリズム的なものがありますよね

145 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 21:21:47.93 ID:jiP7FaXF
薬中は分かるねw

146 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 21:28:37.69 ID:6MT7UHSp
>>145
私は生まれてから一度もやった事はありませんよ。

147 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 21:36:36.10 ID:jiP7FaXF
もう今は沈静化して殆ど書き込みがありませんが、ニュース議論の大麻スレなんて
何年もかけて120も続きました。
比較的最初の方から参加して、大麻厨を散々コケおろしてきましたw
大麻厨=草厨からは糞厨と言われても、徹底的にコケおろしてきました。
違法薬物はアカン〜というのに理由は無い。
理由なしにアカンものはアカンというのは色々ある。
違法薬物の他では自殺。
これも理由を問わずアウト。

148 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:00:11.72 ID:kspOSW3Q
机の例の過去自慢と同じ匂いがしてきたwwwww   >>147

149 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:05:39.89 ID:6MT7UHSp
一度たりとも手を出した事ないので私は胸を張っていられます。

150 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:08:55.30 ID:jiP7FaXF
伝統・伝承オンリーの上座部セブンさんかw

自慢も何もミエミエなのが嫌らしいですなあw

151 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:11:43.83 ID:kspOSW3Q
>>150
机が、カルトバスターを自称して、「自分は昔大活躍した」と常々吹聴してるからさ。
過去の栄光を引っ張り出してる感じで、なんか同じだな・・・という印象を持っただけ。

152 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:18:25.71 ID:jiP7FaXF
セブンさんよ、上座部というのは担保-師匠の印可が無いとただの人かね?
師匠の印可なく修行に励む人間はいつまでもただの人か?
修行を頑張っていると認められても、師匠の印可が無い人という事になるのか?

そのような担保主義、つまりは伝統・伝承になるのだが、まさに下らんと申し上げているだけだよw

最も好ましいあり方は中村氏でも水野氏でも構わんが、原始仏典の訳文を読んで個人的に
自らの生き方を考える事。
仏教徒を名乗らなければ酒を飲んでも構いませんよw

自らの人生で原始仏教の教えを生かしていければそれでOKであり、担保などセコイものを要求する
世界は却下するんだなw

153 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 22:28:32.29 ID:IZh3Sbjt
>>130
“一切には恒常永遠のものはない”のに、
それがあるとする見解のことが、仏教の説く「常見」という間違った考え方です。

肉体崩壊後にも存続する幽霊や、
輪廻する魂というのは恒常永遠のものではありませんから、「常見」には該当しません。
また、「無我」にも抵触しません(これらは「我」ではないから)。

けれども、これとは真逆に勘違いをしてるあなた方のような見解、
つまり、死後には存続する意識存在は何もないとするのは、
仏教では「断見」といって完全否定されます(仏教以前からの六師外道の一部がこれに該当する)。

あとは自分自身で勉強して欲しい。
おかしな本ではなくてマトモナ書物でね。

154 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:30:39.20 ID:jiP7FaXF
だから、論外の解説は無用ですw

155 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 22:45:47.02 ID:IZh3Sbjt
>>154
いやいや、ジョーダンじゃない!
そんなあなたの勝手な考え方など仏教とは無関係でしょ。

>>119で提示した通りですよ。ん?読めないの??
だから、いつも根拠を提示してもあなた方には無意味なんだな...。
素直な心になれないのなら勝手にして下さい。
日本語(現代語訳)も読めないの???
-----これを100回嫁。。。
   ↓
『物質的領域に生まれる諸々の生存者と非物質的領域に住む諸々の生存者とは、
消滅を知らないので、再びこの世の生存に戻ってくる。』(スッタニパータ754)

156 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 22:49:20.23 ID:IZh3Sbjt
>>155
追記:

肉体無き意識存在と転生の両方が示されている名文。
普通、これだけで論決でしょ!

157 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:52:17.78 ID:DmCnJBI4
スレの流れ早いな
懐かしい顔もあるし、あきないね、みんな

158 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 22:54:03.42 ID:jiP7FaXF
>>155
私は経典にこう書いてあるから、これは真実である〜というのに同意しない人間であるw
私は自分のコレまでの経験と照らし合わせて経典のこの部分には賛同する〜という人間であるw

つまり、経典に幽霊が実在するとか、人は生まれ変わるとか書かれていたとしても、そのようなモノは
信じない人間であり、信じるのは自己に執着するなとか、他人を頼らず己を頼れ、人の生き方を考える
己を頼れ〜というもの。

オカルト宝珠が何をほざいても無駄ですわww

159 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:04:30.77 ID:DmCnJBI4
自分の経験を通して何を許容し、何を許容できないかを決めればいいのは同意するけど
仏教を奉じる者であれば、伝統・伝承に依らなければならないのはその通りだと思うが。
仏法僧に帰依するというのはそういうことなのだから。

160 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:11:56.25 ID:jiP7FaXF
仏教を奉じる者であれば酒を飲むなどは言語道断w
酒を飲みながら我は仏教徒なり〜という厚顔無恥な輩がいるので閉口するw

真の仏教徒が伝統・伝承に沿って修行するのはOKですよw
偽の仏教徒面した阿呆が伝統・伝承と喚くのはアウトですなあww

161 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:17:55.20 ID:kspOSW3Q
結局そこへ着地するw

論立てで攻め切れないから、個別の人間性を指摘してお茶を濁す。

>>160
>真の仏教徒が伝統・伝承に沿って修行するのはOK
なのに、そのやり方や価値観、枠組みを認めないんだもんなw

君が宝珠を分別除外するように、同じように、各種伝統仏教は君を分別除外するのさ。
他人のすることは不可で自分がすることは是とか、なんというジコチューw

おやすみ ノシ


ああ、ちなみに、ワシは仏教徒を自称したことは一度も無いがなw

162 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 23:18:16.80 ID:IZh3Sbjt
>>158
あなたのその考え方と姿勢については、それはそれで尊重しますよ。
であるから、仏教(他の宗教でも本当はそう)は相手に信奉するよう強要をしない。
けれども、ただ認めないで勝手をいうだけならば、
それは仏教ではないから。

もちろん、この私も原理主義者ではないから、
仏典の一字一句のすべてをそのまま信じるわけじゃない。
しかし、転生と死後の意識については認める。
何故ならば、これらを否定すれば仏教理論は成立しないからです。
でないと、あらゆる部分に矛盾が生じてくる。
論理的で整合性ある理解とは、転生と死後意識を認めることにある。

それをこれまで数年に渡って私はこごて述べてきたのだけれども、
結局、論理ではなくて、
ただ「信じたくない」という感情論での否定者たちには通用しなかったということ。

だから結局は、「信じたくない」人はご自由にどうぞ!ということになるのです。
これまでの自己の信念を放棄するには、死ぬほどの勇気がいる、と。
勇気と決断。。。

163 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:19:47.83 ID:kspOSW3Q
>>162
と、感情論の権化がのたまうわけだw  ┐(´ー`)┌

164 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:30:11.26 ID:jiP7FaXF
>>161
>他人のすることは不可で自分がすることは是とか、なんというジコチューw
まさに脳タリンのセブンらしいコメントですなあw

そのセブン自らも>他人のすることは不可で自分がすることは是ではないかww
基本的に人間は自らが何かを発する時、この姿勢になるのだよw
他人に同意する場合もあろう、他人を否定する場合もあろう〜、共通するのは己の意見に是なのは当然ww
何かしら発しながら、己の発言に非では統合失調症そのものでコレ悟そのものww

165 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/31(土) 23:30:46.40 ID:IZh3Sbjt
>>163
まっ、そういうこと!!!

ハハッ(笑)
実に、セブンらしい一言で感動ものだね(久しぶりだ^^)。

さて、>>75の真言でも唱えて写経でもするか!
出発までに時間がない・・・。けど、4枚しか書いたストックがない(涙)
あ〜実にマズイわ。トホホ

166 :一切法無我:2014/05/31(土) 23:39:34.57 ID:gXUVD/Pr
>>155(アホ宝珠)
>『物質的領域に生まれる諸々の生存者と非物質的領域に住む諸々の生存者とは、
>消滅を知らないので、再びこの世の生存に戻ってくる。』(スッタニパータ754)

ホントに総合的な関連性を意識せず、断片を取り出して捻じ曲げる外道アホは、なんでここまで愚劣なのかw

ポイント資料だけ出しておく。
アホに懇切丁寧に説く気はない。
・『(業報説は)仏教にとってはあくまでも初歩的な通俗説であって、極めて低い教えにすぎず、
 業報説からさらに進んで仏教独自の四諦や縁起の説に向かうべきものである。』(水野弘元 仏教の基礎知識p121,128)

・『もろもろのブッダは(1)<我(アートマン)がある>と仮説し、
          (2)<無我(アナートマン)である(我が無い)>とも説き、
          (3)また<我なるものは無く、無我なるものも無い>とも説いた。』(龍樹 中論18-6)
・『(現世で)行為をする者と、(来世で)カルマを受ける者とは、同じであるとするのが、 カッサパよ・・・これは常住であるという見解に到達する。
  (現世で)行為をする者と、(来世で)カルマを受ける者とは、違うものであるとするのが、 カッサパよ・・・断滅するという見解に到達する。

  カッサパよ、これら二つの極端に近づくことなく、中道によって如来は法を説くのである。』
                                 (相応部12-17)

二項相対の『想い』(Sn.1072)の範疇でしかないSn.754が、『初歩的通俗説』でしかないことさえ分からないのだから、
文字通りアホ<論外>というしかない。

腐れ外道は去れ!

167 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:55:31.22 ID:EVYfH+8L
>>160
酒は飲むけど釈迦がすきで勝手に仏弟子してる
全部いうこと聞かない人は弟子じゃあないの?
出家者じゃなくて仏弟子ね

168 :神も仏も名無しさん:2014/05/31(土) 23:56:56.61 ID:DmCnJBI4
>>160
まあ、口を出すほど大層な御仁とは言えないかもだが
目指すべき方向に間違いはないだろう
まあ、確かに自分がいざ真剣に道を求めるのであれば杓子定規なプランを述べてばかりいるより
自分なりに努力している人の方が好ましいけど

169 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:00:50.97 ID:g9c7q0vN
何故、酒がダメかしっているのか?
一滴もダメと本当に思ってるのか?

170 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:01:14.84 ID:2eh/OQPo
>>167
仏陀に賛同する者という立場でしょうねえ。
仏弟子と言えば仏教徒と言うのと変わらず、酒を飲んでそういう言い方は拙いでしょう。
出家だろうが在家だろうが酒を飲む人間は非仏教徒。
酒を飲むが仏陀に賛同する〜という立場で、仏弟子でも仏教徒でもない。

171 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 00:02:21.38 ID:BHaBFm9M
>>167
完璧ではなくても教えの修得に努力し、向上に努めているのならば弟子といえるでしょう。
しかし、転生否定及び断見は最も最初の段階で抵触するから仏弟子にはなれない。

172 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:03:15.43 ID:g9c7q0vN
>>170
勝手な解釈だなwしかも根拠が何もないw

173 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:04:42.58 ID:2eh/OQPo
>>172
五戒w

174 :一切法無我:2014/06/01(日) 00:05:22.25 ID:gXUVD/Pr
<梵網経>は外道宝珠のごときに以下のように説く。

26. これについて如来は次のように知る。
(宝珠のような)『このように執着され固執された見解は、このような趣く先をもたらし、このような未来をもたらすだろう』と。
 如来はこれを知り、またこれよりも勝れたことを知る。
 比丘たちよ、しかしそれを知って如来は固執することがなく、また固執がないから、心の内に寂静があり、感受の〔生起する〕原因と消滅と過患と出離とを正しく知って、執着を離れている。

 比丘たちよ、これが、如来がみずから悟り体現して教示している、深遠で、見がたく、了知しがたく、寂静で、勝れており、思考と思惟とを越えており、微妙で、賢者だけが理解できる諸法であり、
 またそれら〔を賞賛すること〕によって、如来をあるがままに賞賛し、正しく知ることになる〔諸法〕である。

27. 比丘たちよ、これら沙門・婆羅門たちは、未来の限界について考察し、未来の限界について見解をもち、四十四の根拠により、未来の限界に関して種々の浮説を主張する。
  比丘たちよ、沙門あるいは婆羅門であって、未来の限界について考察し、未来の限界について見解をもち、未来の限界に関して種々の浮説を説く者は、
  誰であろうとすべて、これら四十四の根拠によるか、あるいはそれらのうちのどれかにより、これよりほかにはない。

28. 比丘たちよ、これについて如来は次のように知る。『このように執着され固執された見解は、このような趣く先をもたらし、このような未来をもたらすだろう』と。
  如来は固執することがなく、また固執がないから、心の内に寂静があり、感受の〔生起する〕原因と消滅と過患と出離とを正しく知って、執着を離れている。
  比丘たちよ、これが、如来がみずから悟り体現して教示している、深遠で、見がたく、了知しがたく、寂静で、勝れており、思考と思惟とを越えており、微妙で、賢者だけが理解できる諸法であり、
  またそれら〔を賞賛すること〕によって、如来をあるがままに賞賛し、正しく知ることになる〔諸法〕である。

175 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:05:56.47 ID:g9c7q0vN
>>171
それ以前に俺にとって夢以外の霊というもは無明だ。
無明をどうこういう以前でアウトだよ。
つまり、そんなものは知らん。関係ない。気にしない。

176 :一切法無我:2014/06/01(日) 00:06:19.99 ID:nNdMIGj1
29. 比丘たちよ、これら沙門・婆羅門たちは、過去の限界について考察し、未来の限界について考察し、過去の限界と未来の限界について考察し、過去の限界と未来の限界について見解をもち、六十二の根拠により、過去の限界と未来の限界とに関して種々の浮説を主張する。
  比丘たちよ、沙門あるいは婆羅門であって、過去の限界について考察し、未来の限界について考察し、過去の限界と未来の限界について考察し、過去の限界と未来の限界について見解をもち、過去の限界と未来の限界とに関して種々の浮説を説く者は、
  誰であろうとすべて、これら六十二の根拠によるか、あるいはそれらのうちのどれかにより、これよりほかにはない。

30. 比丘たちよ、これについて如来は次のように知る。『このように執着され固執された見解は、このような趣く先をもたらし、このような未来をもたらすだろう』と。如来はこれを知り、またこれよりも勝れたことを知る。
   比丘たちよ、しかしそれを知って如来は固執することがなく、また固執がないから、心の内に寂静があり、感受の〔生起する〕原因と消滅と過患と出離とを正しく知って、執着を離れている。
   比丘たちよ、これらが、如来がみずから悟り体現して教示している、深遠で、見がたく、了知しがたく、寂静で、勝れており、思考と思惟とを越えており、微妙で、賢者だけが理解できる諸法であり、
   またそれら〔を賞賛すること〕によって、如来をあるがままに賞賛し、正しく知ることになる〔諸法〕である」

177 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:11:25.41 ID:g9c7q0vN
>>173
盲信なわけねw

178 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 00:18:51.82 ID:BHaBFm9M
>>166
>総合的な関連性を意識せず、断片を取り出して捻じ曲げる外道アホ

あなたがそのスペシャリストでしょ!自分を棚上げしてよくいうよね。
そうそういつも「断片」だけ。部分だけの抜き取り利用です。

「初歩的な通俗説」ねぇ・・・(苦笑)。
そんなものは信じてないだけの
ただの文献学者/水野氏、個人による勝手見解に過ぎませんよ。
私は水野氏の言説だからとすべて丸呑みしませんから。

あと、中論は仏典じゃない。
仏典及び仏典解説の類しかこの私は扱わないことにしてる。

その相応部12-17のその部分というのは、つまり、
転生者というのは、別のパーソナリティー(肉体生命/人格者)であるから、
そういう意味では同一者ではないということ。
また逆に、では全く無関係なのかというとそういうことではなくて、
その内在する(本当は内も外もないけれど)魂は前世と来世での転生者と共通したものだということ。


以上

179 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:19:16.58 ID:2eh/OQPo
>>177
妄信というより定義に過ぎないでしょうw
仏教徒なら酒飲むな、酒飲んで仏教徒面するな、何故なら五戒を省みろ〜

だから酒飲みの仏典読みというのはアリだと思いますよ。
非仏教徒で仏典を読む〜でOKでしょう。

180 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:21:52.34 ID:g9c7q0vN
>>179
つまり妄信のため、そういう分別に束縛されているということですね

181 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 00:22:04.86 ID:BHaBFm9M
>>174>>176
で、つまり何がいいたいのか?
簡潔にそれを纏めて下さい!

今、忙しいので、
明日以降、もし時間があればレスします。


では。。。

182 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:25:00.34 ID:YnMi3YfX
瞑想で得た知見を現代的な主客相対世界のそれと同一視する意見には賛同できんな
彼らは定で五蘊を観察する中でそれらを論じているのであって
決して現在の生から離れてそれらを論じているのではないのだから。
現代人たる我々と彼らの価値判断はちがうということを見逃してはいけないと思う。

183 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:32:18.98 ID:qzhQgb0C
>>169
俺が教祖だったら
「祭りや祝い事で嗜む程度なら可」
「普段は飲むな。間違っても逃避の手段にはするな」
と言う。

184 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 00:43:25.36 ID:BHaBFm9M
>>169-170
あっ、最後の一言。

たしか、
ゴータマは「戒律は(時と場合により)変えていってもいい」
といったと思ったね(弟子たちに運用を任せた)。

要するにコレ(戒律)はあくまでも手段ですから。
もちろん、どうでもいいものとして軽んじてもならないし、
またかといって逆に、頑なに保持して固執する姿勢と意識もまた問題。
すべて戒律を制定した理由とその内容に拠りけりかと。

185 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:44:46.84 ID:g9c7q0vN
>>183
依存というのはもちろんダメですけどね。
問題なのは因果関係なんですよ。酔って、他人を困らす。自分を困らすです。
そこまでいかないなら問題ないです。
例えば、酎ハイやビール、コップ1杯程度なら当然可です。
仏教以前に常識ですよね。

186 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:45:47.36 ID:YnMi3YfX
酒のよさはわからんがタバコなら分かるなぁ
カーッとなったら、そのままでは顔も合わせたくないってなるし
かと言ってすぐに共同作業をしないといけないって時間的なしばりもあるから
強制的にクールダウンさせるために一服してしまう
やってることは放心状態で5分ほど深呼吸繰り返すだけなんだが
頭ボーっとなって怒りが飛ぶし、つい吸っている
ただ、常飲してると、口寂しくなるのがいけないなぁ
要するに心がイライラしている証拠なわけで
そういうときは吸う度に後悔してしまう

187 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:48:37.36 ID:YnMi3YfX
>>184
律は生活規則であるからその通りだと思うが、戒は仏教徒の倫理規範であるから変えるのはどうかと思う。
戒定慧はサイクルであるけど、戒=定=慧とも言われているよ
だから、戒を守ってこそ見えてくることもあると思っておいた方がいいと思う

188 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:51:58.60 ID:g9c7q0vN
>>186
タバコも可、コーヒーも可、お茶も可ですよ。
これも自分が困る。他人が困るに抵触しなければいいだけです。
これも仏教以前にですね。後悔する方が体に毒ですよ。

189 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 00:52:14.09 ID:BHaBFm9M
>>187
あっ、「律」の方でしたか・・。
了解しました。

では、失礼しまーす。

190 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 00:55:21.14 ID:YnMi3YfX
>>188
まあ、周りとの関係を円滑にするために吸うのは自分の力不足からくるもので仕方ないと思うけど
俺が後悔しているのは、一人でいるときもなんかイライラして吸いたくなる自分だから
改善すべきだと思ってる。依存してるってことだから。お金もかかるし(本音)

191 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 01:03:50.69 ID:g9c7q0vN
>>187
他の4戒は守らなきゃダメですよ。理由は書くまでもないですよね。
>>190
吸うなら吸う、吸わないなら吸わないです。理由は心理的影響ですよ。

192 :一切法無我:2014/06/01(日) 01:15:21.34 ID:nNdMIGj1
>>178(アホ宝珠)
>ただの文献学者/水野氏、個人による勝手見解に過ぎませんよ。
>私は水野氏の言説だからとすべて丸呑みしませんから。

おやおや、俺が水野の上記文言を出すまでは、水野・要語の文言を挙げて、『丸呑み』鬼首状態ではしゃいでいたではないかw
完全な間違いを指摘されると、『すべて丸呑みしませんから』と姑息に変節するとは根性が腐ったご都合主義者丸出しだなw

>転生者というのは、別のパーソナリティー(肉体生命/人格者)であるから、
>その内在する(本当は内も外もないけれど)魂は前世と来世での転生者と共通したものだ

そのような『これら二つの極端に近づくことなく、中道によって如来は法を説くのである。』 (相応部12-17)と、
断定的に検証不能の(業報輪廻)転生論には『近づくことなく』(⇒無記)と明解に無視されている。

業報輪廻転生論は@二つの極端を内在する二項相対対象化思考であって、A且つ検証不能だから、無記→無視するのが当然だ。

おまえには『転生』『魂』を経験主義的に検証・証明する義務がある(相応部35-23・70、Sn..908)。
それまでは発言する権利はない。

193 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 01:24:17.34 ID:g9c7q0vN
人は信じたいものを信じるし、信じたくないものを信じない。
要は好き嫌いなわけで、誰もがご都合主義者です。
ですから教えはこの二項から離れろと言います。
真実は一つしかないのに信じるも信じないもないですよね。

194 :一切法無我:2014/06/01(日) 01:30:02.86 ID:nNdMIGj1
>>193
>人は信じたいものを信じるし、信じたくないものを信じない。

『信仰を捨てよ!』(相応部6-1、同35-23・70)が根本的に体得できていないから、
そのような迷妄に陥る。

>真実は一つしかない

はたしてそうなのか?
よーく、如理作意してみよう。

195 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 01:32:37.17 ID:2eh/OQPo
五戒を守らないで我は仏教徒なり〜というのは「私は阿呆でございます〜」と
告白しているのと変わらないw

196 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 01:49:23.36 ID:PSRpzUWX
出たな 神智学
ま我々とは進む方向が違うがブレないで一途に進むていいかも
反社会的でなければ
他の宇宙領域の御浄土で会うかも
南無阿弥陀仏


 

197 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 03:16:42.65 ID:TEX0el/D
>>1

乙です。

198 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 03:39:50.52 ID:TEX0el/D
こないだ聴いた法話に「自分に聴くな、仏に聴け」と。

その通りだし
なかなか受け入れられんのも我執や煩悩があるからだし
でも
自分がそういう生き物だと気づいたら少し楽になるよね。

199 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 04:06:00.76 ID:BHaBFm9M
>>192
>おやおや、俺が水野の上記文言を出すまでは、水野・要語の文言を挙げて、『丸呑み』鬼首状態ではしゃいでいたではないかw
>完全な間違いを指摘されると、『すべて丸呑みしませんから』と姑息に変節するとは根性が腐ったご都合主義者丸出しだなw

最初から丸呑みなどしてません。
信頼できる納得いく解説部分を提示していたまでのこと。
まっ、所詮は水野氏も唯物論者のようですからね。それ以外の多くの部分については信頼性は高い。

>そのような『これら二つの極端に近づくことなく、中道によって如来は法を説くのである。』 (相応部12-17)と、

異なる別の人格者として転生しているというのに、それを無視して完全に同一者と見なしてしまう極端と、
そして、もう一つは、時代の異なる別の人格者であるから完全に無関係だとしてしまう二つの両極端には近づくなですよ。
中道とはいっても、これは二つの中間という意味ではなくて、
つまり、“同一の魂の転生した異なる人格者である”としてものごとを正しく見なすということです。
その教えが如来の法ということ。

>断定的に検証不能の(業報輪廻)転生論には『近づくことなく』(⇒無記)と明解に無視されている。
>業報輪廻転生論は@二つの極端を内在する二項相対対象化思考であって、A且つ検証不能だから、無記→無視するのが当然だ。

業報輪廻を無記だとする教えなど仏教にはないから。
検証不能なのは凡夫や途上で未熟な修行者のことであって、
ゴータマ御自身は自らの体験に基づいて真実を教えた。
それを勝手に信じないのはあなた方の自由ですよ。

>おまえには『転生』『魂』を経験主義的に検証・証明する義務がある(相応部35-23・70、Sn..908)。
>それまでは発言する権利はない。

何度も述べてきたように、これらを今、体験することというのは我々のレベルでは到底、不可能ですよ。
ですから、これらはあくまでも理論値として私は説明をしてきたのです。
そして、理論によって理解できる者には必ずしも経験主義は必須ではない(一つの事柄を認めるという上においては)。
私は仏教の教えを(すべてではないが)理解してこれを信奉している。
よって、この私はこれに基づいて語ります。

200 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 04:12:36.26 ID:BHaBFm9M
追記:
うん。取りあえず写経終了...ホッ!!

では、閻魔に問う!
今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダになったというのは誰々なんですか!!
是非、仏典からその部分を摘出してここに提示願います。

ちなみにこの私は一人もいないと見ています。
ゴータマにもそれは不可能なことであり、だから当然、ゴータマの前世物語というのが出て来ることになる。
過去にもそんな人間は存在しないし、もちろん今もいない。そして、これからもそんな人間は決して出現することはないから。

人間は繰り返し転生する経験の蓄積で進歩を遂げるのです。
仏道もまたこれ然り。それが「四向四果」の教えです。

201 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 04:16:09.90 ID:BHaBFm9M
>>196
>ま我々とは進む方向が違うがブレないで一途に進むていいかも

すみません。
ありがとうございます。

>反社会的でなければ

基本的には人類全体の平和が願いであり、
学徒たるものは神智学精神に基づいて世界平和に貢献すべく平和運動に参加します。
ある意味で仏教の一部のように社会に無関心になったり、非社会的になることなく(まるで人類滅亡の方向のような?)、
霊性に根差した輝かしい文明の創造と人類の生活実現を理想にしています。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1390124330/683

また現在、日本の大乗寺院の殆どで掲げられている五色の垂れ幕というのも実は、
ブラヴァツキーと共に神智学協会を創建した初代会長オルコット大佐の発案によるものです。
その意味合いとは、仏陀が放っている七色に輝く巨大なオーラ(霊光)からとったイメージであり、
これはキリスト教徒の十字架に匹敵するような、全世界の仏教徒たちが共通して使用できるような一つのシンボルを提唱したかったからでした。
それがスリランカで見事に採用されて、日本にも入ってきたものです。普通の日本人はそのことを知らないでこれを使用し眺めています。
(大佐はスリランカ仏教の復興の英雄であり、ブラヴァツキーと共にスリランカで受戒しています)。

202 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 04:45:00.26 ID:TEX0el/D
>>201
おつ。
ちょっとお尋ねしますが
あなたは何宗で、その宗のどこにストンと心に落ちたのですか?

203 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 05:38:55.21 ID:U9Jr8UJ/
>>153
>“一切には恒常永遠のものはない”のに、
>それがあるとする見解のことが、仏教の説く「常見」という間違った考え方です。

>これとは真逆に勘違いをしてるあなた方のような見解、
>つまり、死後には存続する意識存在は何もないとするのは、
>仏教では「断見」といって完全否定されます

全然違うよ
お前も断見常見の意味が解ってない

204 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 05:42:33.11 ID:U9Jr8UJ/
>>201
ブラバッキーは陰陽道の人だったのか?嘘吐きめw
あれは五正色幕と言って陰陽五行説由来のもんだよ

205 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 07:28:52.43 ID:oBrFjti8
>>129
> 人間の命や意識などは、感覚器官の対象にならないからである。
> 感覚器官の対象にならなければ「形而上」である。

形而上・形而下とはそんな程度の意味ではないよ。
感覚器官の対象になるかどうかの問題ではなく、
個別の主観を離れた対象の認識というものが「ある」とするのが形而上的立場で、その個別の主観によらない真の(普遍的・客観的な)認識、ないしはその真の認識の存在する世界を形而上という。
その真の姿に迫ることができるとし、迫ろうとするのが形而上学。
その認識対象には概念や意識や意味といった実体の無いものも含まれる。

例えば「私は猫のタマを愛している」と言った時に
「私」とは何か、「猫」とは何か「タマ」とは「愛(する)」とは、といったこと全てに対し
形而上に真の「私」や「タマ」や「猫」や「愛」が存在して、現実の「私」や「愛」の一々とそれらとを比較して全て符号したときに初めて
「ああ、私は猫のタマを愛している」と納得できるというのが形而上学であって、
だからこそ「愛」とは何か「真実」とは何か、ということが問題になるのが形而上学。

「愛」なんて主観だから個々が愛していると思えばそれが「愛」なんだ、とかいう具合に概念や意識を個に還元してしまうならば、「真の愛とは何か」なんてことはそもそも問題にならない。
この「真」つまり、普遍的・客観的・絶対的・先験的な性質のことを形而上的という。
感覚器官の対象になるかどうかと形而上・形而下は別のお話です。  

206 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 07:40:14.53 ID:U9Jr8UJ/
>>205
お前は仏教徒ではないよな
形而上・形而下の両方を「思う・考える」事から脱した見解を持つ
これが仏教の大意でもあるんだが、それすら知らんとは話にならんよ

207 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 07:41:40.94 ID:U9Jr8UJ/
>>205
主観・客観の区別も超克する
それが何か解らんうちは、お前もオカルトに過ぎない

208 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 07:53:36.20 ID:BHaBFm9M
本日は、
愛する妻と2人して映画『アナと雪の女王』と『テルマエ・ロマエU』の二本を見に出かけます。
どうにも勤務が忙しくてここまで遅くなったけれど、まだやってましたね。
ということで、返信等は暫く無理になります。

失礼しま〜す。

209 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 07:57:19.04 ID:U9Jr8UJ/
毎月1日は映画の日だかなんだかで料金が安いからな

210 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 07:57:43.17 ID:oBrFjti8
>>129(つづき)
従って、
> 人間は、感覚器官の対象とならない形而上の世界(常)と、
> 感覚器官の対象になる形而下の世界(断)の両方を同時に生きている。
> 言い換えれば、人間は二元論、精神と物質を生きている。

これは的外れ。精神も肉体も形而下の話です。
仏教は形而上と形而下という二元論を排していますが、それは形而上はあると言えない立場で形而下一本に絞って考察しているということです。

211 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 07:59:32.87 ID:U9Jr8UJ/
>>210
>仏教は形而上と形而下という二元論を排していますが、それは形而上はあると言えない立場で形而下一本に絞って考察しているということです。

無分別にそれは無い
分別できないのにどうして区別して絞って選び取れようか

212 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 08:00:36.76 ID:BHaBFm9M
>>202
真言宗。
密教(中期)だから。
空海だから。

>>204
ん、幕じゃなく旗かな!(失礼)
http://www.j-theravada.net/gallery/bukki.html

213 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:02:41.16 ID:oBrFjti8
>>206-207
形而上はあると言えない。形而下のことを考察する。
そこから科学的に思考を進めると、結果的に、主観も客観もありて無い、というか、主観・客観を止揚できるところに至る。
私が先に述べたのは方法論の段階の話。早合点されぬよう。
あなたに以下の金言を捧げます。

「慌てるコジキは貰いが少ない」

214 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:03:37.21 ID:4gEt5qlP
にしてつは空想でポスト構造主義を理解したと言うつもりであるのは明白だな。
>形而上・形而下とはそんな程度の意味ではないよ。
感覚器官の対象になるかどうかの問題ではなく、
個別の主観を離れた対象の認識というものが「ある」とするのが形而上的立場で、その個別の主観によらない真の(普遍的・客観的な)認識、ないしはその真の認識の存在する世界を形而上という。

ポスト構造主義以前の哲学だな、にしつは、恣意性に関して無知で解らない。

215 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 08:04:01.00 ID:BHaBFm9M
追記:
密教-バラモンの叡智の継承だから。

216 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:16:01.53 ID:U9Jr8UJ/
>>213
浄不浄も心の問題
どこに乞食など居ようか

217 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:19:05.69 ID:4gEt5qlP
212 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/01(日) 08:00:36.76 ID:BHaBFm9M
>>202
真言宗。
密教(中期)だから。
空海だから。



俺から言わせれば、宝珠は真言宗を悪用引用している。
密教の申し子のワイが言うんだw
オカルトデタラメの佛教論を垂れ流す悪霊めww消えろw悪霊退散!!!Ww

218 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:25:55.92 ID:oBrFjti8
>>211
無分別も科学的考察から結果的に得られるものです。
>どうして区別して

って、無分別は仏法の結果。形而下考察は方法論ですよ。
それが分かってないなら仏法を理解できていない。
あなたは過程と結果を混同している。
濡れた雑巾を干して乾いたのを見て、「雑巾は濡れてなどいなかった、どうして濡れることなどできようか」なんつってるような話。
無分別に至るメカニズムをまるで理解できていないのではないですか?

219 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:29:00.73 ID:oBrFjti8
>>214
形而上学自体がポスト構造どころかニーチェ以前のものなんだから、形而上学とは何かを解説したらポスト構造以前になるのは当たり前じゃんwww
その上で、形而上学は限界だ、もう古いつってんですよ。
何言ってんですか?文意取れてますか?

220 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 08:33:32.05 ID:JfAsiVIF
>>205 結局、西鉄君は、唯名論的視座を概念にまで含めて妥当させようとしてるわけ?w

全てを認識主体、基体側の問題に還元させるわけかな?

221 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 08:38:48.78 ID:qpkVzLKU
>>147
>もう今は沈静化して殆ど書き込みがありませんが、ニュース議論の大麻スレなんて
>何年もかけて120も続きました。

大麻に関するレスポンスがありましたので、文章の部分だけ切り取って少し講釈します。

1960年代にベトナム戦争がありました、これはゲリラ戦です。
私の記憶では、たぶんゲリラ戦というのは人類最初かな?
ゲリラ戦というのは、皆様想像したことがあるでしょうか?非常に過酷です。

陣地が一応確保されてる侵略戦争ならば、戦死者はどうにか弔うこともできますが、
ゲリラ戦というのは、戦死者はそのままになる場合が多い。そうしますと戦死者は腐乱してくるのです。

皆様はご存じないかもしれないけど、ゲリラ戦の残酷性と、死臭漂う戦場というのがベトナム戦争の特徴です。
で、こういう状況ですと、殆んどの米兵は精神に何らかの異常をきたす場合が多い。
この精神の疲弊を何とか避けようとしたアイテムが、実はマリファナだったのです。

ベトナム戦争と同時期に、米国では反戦運動が起こりました。この象徴がヒッピーですね。
ヒッピーのスタンスは「ピース&ラブ」です。
でこのピースというのが、上手い具合にマリファナと関連されたのですね。
つまりピースの象徴がマリファナになったのです。

その時代のマリファナの印象と、今の時代のマリファナの印象は違うかもしれませんね。
で、最近になって大麻解禁の動きも出てきました。
この解禁は、勿論のことピースの象徴じゃありませんね?何でしょ(笑
時代は変革の時期を迎えたのでしょう?。その象徴が大麻解禁です。
時代の先をどう読むか?プロの投資家は、はもう先を読んで仕込んでいる可能性があります。

222 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:41:34.61 ID:oBrFjti8
>>220
認識主体というものも消えるんだけどね。

223 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:46:37.80 ID:4gEt5qlP
形而下すら限界という読みが出来ていないようだなwにしてつ、それでポスト構造主義だとっw笑わせるw
故に幼稚な哲学と言うんだ。演繹帰納不可能な恣意性が理解できんのだよ君にはw

むろん恣意性を理解すれば、恣意性から演繹ができるんだがな。

ま所詮、にしてつは形而下空想の永遠ループしかできねえだろうがなw

224 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:49:53.41 ID:U9Jr8UJ/
>>218
>無分別に至るメカニズムをまるで理解できていないのではないですか?

視点が逆
人間が道理を作った訳ではない
道理の中に人間は生まれたのだ
つまり、元々無かった分別を有ると思い込んで惑わされてる
その事に気付けないお前が悪い

225 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:51:54.65 ID:oBrFjti8
>>223
中身の無い決め付けばかりだな。
察するにあなたはポンコツ大王?
だとしたら前スレの宿題はそろそろ出来ましたか?

226 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:53:30.06 ID:U9Jr8UJ/
>>225
決め付け決め付けとお前は煩いが
形而上形而下と決め付けてるではないか

227 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 08:57:57.56 ID:oBrFjti8
>>224
> 視点が逆

釈迦に言ってくれたまえ。

> 人間が道理を作った訳ではない

その道理を理解できていないという前提から、釈迦が道理を説いたんでしょ。理解できていないところから仏法という過程を経て、無分別に至るわけでしょ。

> つまり、元々無かった分別を有ると思い込んで惑わされてる

ところから無分別に至る過程が仏法ですよ。無分別は結果。
最初から結果が得られてるなら仏法いらないじゃない。勿論、仏法いらなくてもいいけどwww

だから、仏法いらないというなら

> その事に気付けないお前が悪い

私の問題にすり替えないで釈迦に説法してくださいなwww

228 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:00:47.22 ID:oBrFjti8
>>226
はぁ・・・
形而上がある、と決め付けてる人に対して
いや形而上があるなんて言えませんよね、といってるんですが。

229 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:04:53.44 ID:U9Jr8UJ/
例えば今、目の前に赤い何かが有ったとする
その赤い何かの赤色は本当に赤いと言えるのだろうか?
何を以って赤だと言うのか、どうして赤く見えるのか
それが赤である根拠はどこに有るのか
そもそも、見えている自体に根拠はあるのか

今見ているその映像は、眼に依存して見えていると言える
眼は光に依存して像を捉えていると言える、像は事物が事物たる事に依存して成り立っている
「赤い何か」を見ているそのもの自体に、自発できる力は元々無い
見る、と言う行為に於いても自発してものが見えたりする筈もない
例えば、赤い何かを心で思って観る事も可能かもしれない
それすら心は肉体に依存し、肉体は空間その他にいぞんして成り立ち
どれ一つとして自立自発して成り立って居ない

形而上・形而下と呼ぶ概念もこの例に洩れなく自立自発出来得る概念とは成らない

230 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:07:41.38 ID:1CY+pArC
苦が楽、楽が苦という見方があります。
価値観が逆なわけですよ。
実際に逆説をいう者が自分というものの中におるんですよ。
瞑想でその存在に気付くべきです。心あたりのある人は多いと思いますがね。

私はある事を今、断っています。それをしない人は大勢います。
真実は一つというのはそういう意味です。
幽霊を見た見たという人は大勢います。でも私は見てません。
見たいという願望、欲望もあまりません。真実はそれ一つです。

231 :一切法無我:2014/06/01(日) 09:10:32.14 ID:nNdMIGj1
>>199(アホ宝珠)
>信頼できる納得いく解説部分を提示していたまでのこと。
>まっ、所詮は水野氏も唯物論者のようですからね。

意図を捻じ曲げてでも自己都合に合う部分のみを切り取り引用する態度を「姑息」といっている。
これでは、ブッダの対機説法(中論18-6、7-34・13-8など参照)は成立しない。
唯物論者というペンキを塗られた水野氏も姑息アホには苦笑せざるを得ないだろうw

>何度も述べてきたように、これらを今、体験することというのは我々のレベルでは到底不可能ですよ。

『レベル』とやらに関係なく、一切外妄想だから当然だ。
空海に象徴される果分可説論→一切外有我論(空性論)は、混ぜるな危険を侵犯したナンセンス論だ。

これを「現生的なる法」(相応部35-70)という。
ここで菩提心凡夫の六処による経験主義的検証(同35-23一切)の内容=現生的なる法を明確にしている。
仏法は現生的なる法(相応部35-70)として、その全ての教典・論説などは下記基準を満たしていなければならない。
 ★1.現に証せられるもの(現実に今ここで実証できるもの)、*Sn.1053・1066参照
 2.時を隔てずして果報あるもの(時間をかけることなく瞬時に効果の現れるもの)、*同上
 3.来り見よというべきもの(ここに来て実際に見なさいと言えるもの)、*同上
 4.よく涅槃に導くもの(苦の寂滅・心の平安に導いてくれるもの)、*中部63
 5.知者がそれぞれに自ら知るべきもの(勝れた知者が、自分で知ることのできるもの)。*Sn.908
                      <相応部 35-70『ウパヴァーナ』>
テキスト批判の精神はカーラーマ・スッタでも明示されている。
また 仏法は信仰に非ず
『われは知る。われは見る。これはそのとうりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。
 たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるだろう。
かれらは、正しい道を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。』(Sn.908)

仏道【一切門】は、縁起の(知覚間接)現実=時空因果関係の徹底的な如理作意の過程である。

232 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:10:33.80 ID:U9Jr8UJ/
>>228
解らないか?
形而上も形而下も、心で思うから成り立つ概念でしかないんだよ
心で思えなければそれはどうなる?まだ形而上・形而下で成り立つと考えるか?
考えも心で思う事の一部なのでそれも止めたらどうだ?未だ成り立つか?

お前は心で思ったり頭で考えたり「しない」自体を想像すら出来ない愚か者なんだよ
だからお前に悟りも涅槃も理解出来ないのは言うまでも無い

四の五の抜かそうが無駄な事だ

233 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:10:39.67 ID:j8+WOTlB
>>228
西村さん

スピノザは、君と逆、神で一本化しましたよね。
日本人にはわかり易い、自然というのか、人間もあらゆる現象を神の働きだと
するのです。

これは、君風に言えば形而上ですか?

234 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:12:00.06 ID:U9Jr8UJ/
>>230
>苦が楽、楽が苦という見方があります。

では苦楽とは何か

235 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:13:26.08 ID:oBrFjti8
>>229
うんうん。同意です。
つまり形而上という概念も形而下の条件に規定されているわけです。
ちなみに形而下というのは、あるといえない形而上というシニフィアンに対する、便宜上で形而下と言っているだけで
形而上があると言えないと言うならそれと区別する用語である形而下という概念が成立しないじゃないか、というツッコミは無用です。
形而上があると言えないというときに指しているのは形而上のレフェランですから。

236 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:14:53.05 ID:4gEt5qlP
>中身の無い決め付けばかりだな。

また、にしてつの十八番ポンコツ情報処理の勝利宣言バリアゴッコか?w
真実を求めるよりも虚栄心を重んじる、にしてつのに思考回路、
1、にしてつの哲学の問題の指摘 もしくは、にしてっつの質問の回答
      ↓
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ
ホ・レッテル貼りと決めつけて逃亡

237 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:16:26.36 ID:4gEt5qlP
ま、ポンコツにしてつはソシュール知らんだろうw
馬鹿に教えず、馬鹿のままに放置する主義だがなっワイはw

238 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:17:36.82 ID:1CY+pArC
>>229
それもまた真実ですよね。
りんごを思い浮かべて、何をもって赤いとするのか。
赤いというのは便宜上のものですよ。

239 :一切法無我:2014/06/01(日) 09:21:03.58 ID:nNdMIGj1
形而上下なんて、『想い』(Sn.1072)分別相対対象化思考のほんの一部であって、
実践仏道【一切門】→【般若門】で超克されなければならない。

なんで仏教スレッドで、こんな西欧哲学『相対分類』などに拘るのか、ナンセンスとしか言いようがないw

240 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:21:52.07 ID:1CY+pArC
>>234
自分で考えて下さい。答えがみつかったら教えて下さいな。

241 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:24:17.42 ID:oBrFjti8
>>232
> 心で思ったり頭で考えたり「しない」自体

は結果としてそうなるに至るところのもので、仏法はその過程だよん、と言っています。
だから、あなたは過程と結果を混同してる、と再三言ってる。

結果があるから過程はいらないというのは「私は涅槃にいるから仏法は要らない」というあなたの言い分に過ぎない。

私は、仏法は涅槃への科学的方法論であって、分別からいかにして無分別に至るかというロジックであり迷信信仰ではないということを言ってるのね。

仏法が要るか要らないかは私は論じてなくて、仏法は科学的方法論であって迷信的な信仰対象と考える必要などない、精緻なロジックだ、ってことを言ってる。

ところで、あなた
>だからお前に悟りも涅槃も理解出来ないのは言うまでも無い

こんなこと書いてるけど、あなたは悟りや涅槃を理解できていないように思えるんだがいかがかな?己に無理だからといって

> 四の五の抜かそうが無駄な事だ

と決め付けるなら、それもどうかと思うんだが。

242 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:28:03.92 ID:oBrFjti8
>>237
ニーチェ、ソシュールがあってこそ現代西洋哲学が仏法にシンクロしうる所に来たと思うね^^

で、宿題はまだ?www

243 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:32:33.90 ID:4gEt5qlP
>で、宿題はまだ?www

選択はw
真実を求めるよりも虚栄心を重んじる、にしてつのに思考回路、
1、にしてつの哲学の問題の指摘 もしくは、にしてっつの質問の回答
      ↓
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ
ホ・レッテル貼りと決めつけて逃亡

244 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:33:51.93 ID:oBrFjti8
>>239
仏法の方法論が、西洋哲学で言うところの形而上を排した科学的な方法論だからだよ。
仏法は形而上を排して形而下の考察に絞って、分別から無分別に至る構造。

仏法を信仰対象だと考える神秘主義の迷信家からすると、西洋哲学から涅槃にアプローチできたり、仏法が科学的なロジックだったりすることが許せないと感じたりするようだけど
西洋哲学かどうかという分別には執着しちゃうのねwwwってところ。

245 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:35:28.53 ID:1CY+pArC
過程は大事ですよ。
頭の中でいろんなこと考えるでしょ。
ここに書くことなんざ氷山の一角ですよ。
でも考えたことは忘れます。割とどうでもいいことです。
無分別に拘って、それを何にどう適応したいのか?
拘る意味がどこにあるのか?
そこの所が見えないですね。

246 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:36:19.46 ID:oBrFjti8
以後、宿題提出があるまでポンコツ大王については再び生暖かく見守ることにします。根気よく宿題待ってるから逃げずに頑張ってね。

247 :一切法無我:2014/06/01(日) 09:41:21.22 ID:nNdMIGj1
>>241(にしてつ)
>仏法は涅槃への科学的方法論であって

それは【一切門】の如理作意(中部2):仮観(縁起の間接現実=時空因果関係)まで。

『<縁起しているもの>、
    ・それを我々は「空」と説く。←空観(縁起の直接現実)
    ・それは更に相対の仮説(縁って想定されたもの)でもある。←仮観(縁起の間接現実)
    ・それはじつは即ち「中道」にあるのである。←中観(縁起の還滅現実)』(龍樹 中論24-18)

仏法は深甚である。
形而上下などという仮観の範疇に拘っているようでは、仏法のゲシュタルトの直覚はありえない。

248 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:44:17.73 ID:5DHxX5R5
鬱病ゴータマの哲学をおかしな宗教に貶めた歴代統合失調ども

249 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:50:52.20 ID:4gEt5qlP
46 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 09:36:19.46 ID:oBrFjti8
以後、宿題提出があるまでポンコツ大王については再び生暖かく見守ることにします。根気よく宿題待ってるから逃げずに頑張ってね。


の、にいしてつの情報処理は次の様に推定されます。243の表によりますと、
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ


を選択しました。以上。

250 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:53:24.37 ID:1CY+pArC
文章もそうですけど、頭の思考の中も言葉が踊るだけです。
自分という存在にどう還元するかですよ。
還元したいから言葉が踊るわけです。
還元したいと思わなくなれば、言葉は踊らなくなります。

251 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 09:55:18.94 ID:JfAsiVIF
西鉄君アンチが、多いなwww

いきなり、「二項相対排除」「無分別マンセー」とやらないで、もう少し
西鉄君の言うところを聞いてやったらどうかい?w

彼が言うのは、あくまでも最終ゴールへのアプローチ法であって、そこに
西洋哲学的視座を導入するのも、またよしでしょ?w

彼はポスト構造主義と仏法の近似性を言ってるみたいだけど、俺的には
そういうのも面白いんだがねw
というのは、俺は仏教を認識論の一つとして、その側面からしか見てないからww
オカルト全否定www

いきなり、「それは仏法でない」 と、切り捨てて終了・・・・とするのでなくて
西鉄君の見解と仏教でいうところの差異を明確に提示して、論点をはっきりさせて
議論してくれることを希望www  ロム者としてはねww

252 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:56:15.19 ID:1CY+pArC
別に考えるな、文章書くなということではありません。
徹底的にやればいいです。
その上で自分がどうしたいか。結局はそれです。

253 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 09:57:36.65 ID:4gEt5qlP
>彼が言うのは、あくまでも最終ゴールへのアプローチ法であって、そこに
西洋哲学的視座を導入するのも、またよしでしょ?w


一応、俺が一番真面目にやっているが、

バービー風宣伝文句を学習して垂れ流して逃げるからなあ、にいてつは

254 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:02:02.20 ID:pxtBZlld
>>251
西鉄は仏教は形而下だって
言ってるだけで具体的なことは何一ついえないジャンか

255 :一切法無我:2014/06/01(日) 10:02:52.80 ID:nNdMIGj1
>>251
>彼が言うのは、あくまでも最終ゴールへのアプローチ法であって、そこに
>西洋哲学的視座を導入するのも、またよしでしょ?w

当然。
しかし、
⇒それは【一切門】の如理作意(中部2):仮観(縁起の間接現実=時空因果関係)まで。(>>247

256 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 10:03:07.18 ID:JfAsiVIF
>>253 wwwwww

お前、西鉄君にソシュール知らねえだろ?  って言ってたが、逆に彼は
もっとも影響受けてるんじゃねえの?w

それから、宿題ってなんだよ?ww
お前、西鉄君に「宿題」だされてるのか?www

257 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 10:04:35.32 ID:oBrFjti8
>>233
> スピノザは、君と逆、神で一本化しましたよね。
> これは、君風に言えば形而上ですか?

形而上学でしょうね。
ただし形而下考察に非常にシンクロする面はある。
というのは、「神」ということばが非常に多義的なのですが、とりあえず個人的には決定論的な必然の仕組みそのものを指すという意味では私は肯定的です。
そのスピノザの神というのは必ずしも従来型の神を指しているのではないですから。

スピノザは神が形而上か形而下かということより、決定論であって、決定論は形而下の考察からも導かれるので(むしろ形而下考察から導かれる?)、その形而下の決定論的な仕組みを便宜上「神」と記号化するという風に理解できるわけでそうすると形而下学にシンクロする。
安易に「神」という記号を使うことには私は肯定的ではないですけどね。

ただ一般に、形而下考察というのは実証的であって、公理を前提にしたものは実証的でないですから神があると公理付ける立場は形而上学的です。
その神の存在に反証可能性があるか、
または単に、形而下における必然の縁起を指して「神」と呼ぶことに定義した、という名称の問題であるというなら形而下学として解釈もしうるかと。

258 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 10:06:44.23 ID:oBrFjti8
>>251
いいこと言うね。

259 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 10:08:14.97 ID:JfAsiVIF
>>255 ww 

だからなあ、閻魔w   いきなり、ゴールまで飛ぶなってw
一歩一歩、過程を楽しもうぜw

260 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:09:40.00 ID:pxtBZlld
>>258
いいことゆうねじゃねえよバーカ
早く科学的に涅槃に到る方法を説明してみろ

261 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:12:20.71 ID:1CY+pArC
結局、みんな直接現実のことを言っているんでしょ。
そこに至る方法論なんてものは無いですよ。
みたまんまというやつです。
確信がもてないから、だらだら書くのでしょうが、
全然、あってますからご心配なくです。
それと頭でごちゃごちゃ考えるのが仏法とか精緻なものが仏法とか
いうのは錯覚です。それらは神経質という一言で片づけられます。

262 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 10:14:48.71 ID:JfAsiVIF
「科学的に涅槃に到る方法」・・・・・・・俺もそれを知りたいんだが、

こういう話は、ある語彙の射程範囲が少し違っただけで、議論がすれ違って
しまうことがよくあるんで、もう少し、西鉄君の言うところを把握したいねw

ということで、また、ロムに戻りますwww

263 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 10:16:00.60 ID:oBrFjti8
>>256
彼がソシュール知らないってことですよ、きっと。

264 :一切法無我:2014/06/01(日) 10:17:02.47 ID:nNdMIGj1
菩提心凡夫に向けられた実践仏道からは、
<形而上下>は機能的にはナンセンスで、
経験主義的検証可能性を問う<一切内外(相応部385-23・70 >>231)>が機能的に当然だ。

仏法は信仰ではないのである(相応部6-1)。
信じる者は救われない。

265 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:23:53.36 ID:4gEt5qlP
263 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 10:16:00.60 ID:oBrFjti8
>>256
彼がソシュール知らないってことですよ、きっと。



にしてつ、バービーが味方したと思ってんぞwバービーのワルよのおw

266 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/06/01(日) 10:24:12.33 ID:oBrFjti8
そろそろ寝ます。

267 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:25:02.26 ID:1CY+pArC
>>264
正解ですね

268 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:31:18.21 ID:pxtBZlld
>>266
あーあ、逃げちゃったよ

269 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:52:20.66 ID:LyKZjhKO
にしてつ君は、自分の宿題にも答えてくれ。

「西洋哲学の(そして君の)思考の基盤は何か?」

270 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:57:11.56 ID:OrBmV47U
悟りって自分が根本的に悪であることを自覚して、また悪人である自分を肯定することなんじゃないかなって最近思っている
悪が善をやろうとしても善にはならない。善の真似をしても悪人は悪人のままだよって思うのな

強いて言えば、自分は間違っている人間であると自覚して、その間違いを小さくしていくように務めることこそ悪人にとっての善行なのではないかって思ったり
悪人だからといって悪行しようとしては自分から猛毒を食らうことも同じだから、どの道悪行は推奨されないものとも思うけれど

そう思っているだけなんだけどな。悪人正機

271 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:00:14.30 ID:1CY+pArC
目標にすべきは、生きてきた過去の清算ということです。
頭で納得しただけじゃ無理なんです。
体が納得してはじめて動き出します。

272 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:07:01.64 ID:LyKZjhKO
>>222
>認識主体というものも消えるんだけどね。

認識を語れる以上、認識は消えない。死者は認識を語れない。

君は、形而下を語りながら、実は、釈迦の「無我」「無」という形而上を
布教しているように思える。

273 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:07:07.54 ID:j8+WOTlB
>>257
形而上下を考える時にスピノザを出すと、少し前進があるかと考え
形而上かと尋ねました。

名称の問題、ここなんですが「神」を「何か」と言い換えても
言いのだという事になるかと思いますが、
ニーチェの神は死んだもそうですが、西洋哲学と教会の神との
関係をわかっていなければ、乱暴になると思うのです。
「何か」というのは、やはり謎でありどれほど、もはや「真理=理想」を
求めないと言っても、それもやはり西洋社会の課題の中で生じた
言葉の意味の問題があると考えます。

ユダヤ教会から追放されたスピノザに
ふっとイエスをおもいますものね。いえ、ソクラテスも。
どこかで、釈迦も浮かんでくるのです。

(西村さん、おやすみですね。レスなしで結構です では)

274 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:07:11.41 ID:1CY+pArC
>>270
善は基本関係ありません。悪は作り出されたものです。
作り出したものは刈り取らなきゃならない宿命にあります。
逃げればいつまでも苦は続きます。

275 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:12:18.95 ID:SZMYRPth
悟りに至った方たちとの対話
http://jbbs.shitaraba.net/study/12104/

276 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:19:36.09 ID:LyKZjhKO
>>273
スピノザと、イエス、釈迦、ソクラテスとの違いくらいは理解しろよ。

後者に、「自然そのものが神」という思想が、微塵でもあったか。

277 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:22:53.98 ID:1CY+pArC
スピノザと、イエス、釈迦、ソクラテスというのも全く関係ありません。

問題なのは、あなたがどうなのか?に尽きます。

278 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:26:57.06 ID:j8+WOTlB
>>276


279 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:28:53.18 ID:1CY+pArC
例えば、釈迦に対するイメージというのは十人十色。
つまり全てが偽です。故に関係ありません。

280 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:29:43.85 ID:LyKZjhKO
>>277
>>273が「思い浮かべた」と言ったことに対する反論。「自分自身」の話など
していない。

281 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:33:02.75 ID:1CY+pArC
それを神と名付けようが、自然と名付けようが、現象と名付けようが
あるのは言葉の違いだけです。真実は一つです。
それに対する主観の差があるというだけです。
主観の差は問題ではありません。

282 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:37:16.73 ID:1CY+pArC
>>280
偽に心を放るのが間違いといってるだけです。
全員ただのおっさんですよ。

283 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:42:17.13 ID:LyKZjhKO
>>281
主観の差などではなく、対象の差の問題。対象が「自然そのもの」と「超自然」とでは、
客観的に対極。

スピノザは、「自然に神が宿る」などと言っているのではない。「あるがままの自然」
そのもののことを言っているのである。その意味で「汎神論」という言葉は誤解を
招く。

284 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:46:30.21 ID:1CY+pArC
>>283
対象というのは常にひとつです。
言葉の差異があるだけです。
他人がどう思おうが、そんなものは知る由もありません。
そんなものは他人の勝手ということです。

285 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:50:20.37 ID:LyKZjhKO
>>282
>全員ただのおっさんですよ

「ただ(以下)のおっさん」を、「唯一の真」「最高の存在」と思い込
んでいるのが、宗教患者。たとえ殺されても、その「おっさん」を棄て
ることはできないw。

精神医学の対象以外の何物でもない。

286 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 11:50:24.89 ID:1CY+pArC
つまり「それは違う」とすれば、あなた個人の範疇での違うということになります。
自分の違うと他人の思ってることは同一ではありません。
つまり、自分の「違わない」で納得しとけばいいのです。

287 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 11:56:11.14 ID:qpkVzLKU
西鉄氏に提示(宿題)されてるのは、科学的に涅槃に至る方法か?
スレッドの流れが早すぎて、断片的にしかレスポンスできないけど、それなりの書き込みします。

私はそのヒントはニーチェにあるとおもう。
ニーチェは、つまり人生を一度リセットしてごらん。と提唱してるんだね。
人間、こんなことはあまり考えたことがない。
それどころか、
神経症の方は、アタマがパンパンになるほど雑念で埋まってる。
で、もっともっとアタマに雑念を埋め込もうと、努力さえする。
非常に過酷なビョーキです。

一度人生をリセットすることが、いかに大変かは神経症の方はご存じかとおもう。
そしてそういう人間が、仏教における禅定(止観行)とかは、それ自体が無理で、かえって悪化する場合がある。
そういう方は先ず、仏教は一応置いといて、ニーチェを少し勉強した方が良いかもしれんね。

肩の力を抜いて、そして西洋哲に親しむのも良いかとおもう。
それから印哲と西洋哲の双修すれば、何かのヒントを得るだろう。

西鉄氏は、そういう方向性をある意味示唆したのでしょう?
アイデアとしては良い。

288 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:01:39.59 ID:1CY+pArC
科学的に涅槃に至る方法はありません。
体が納得というものをしない限り無理なのです。
体は他人同然ですから、説得するにはそれ相応の努力が必要です。
言葉で説得できると思うのは大きな間違いです。

289 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:04:24.67 ID:LyKZjhKO
>>286
「自然」と「超自然」とは、客観的に対極。個人の主観の問題などではない。

「自然」は、不特定多数人の五感で知覚できるから、実在・現実・形而下。
「超自然」は不特定多数人五感で知覚できないから、非実在・妄想・形而上である。

人間は、五感の知覚により「実在」と「非実在」とを「一義的に」判断しない限り、
一瞬も生存できない。生存できなければ、いかなる認識・思考・行動も生じない。

290 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:12:12.23 ID:0KUyL26c
>>241
あれ〜、西鉄って、「仏教は死後の世界を説いてない」 ってスタンスなの?

291 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 12:14:26.40 ID:qpkVzLKU
>>288
>科学的に涅槃に至る方法はありません。

しかし西鉄氏は、そういう方法がある。と言ってるのじゃないですか?
だったらそれを聞こうと思うのは私以外に居るかと思いますがね。

ただ西鉄氏は形而上下に固執するあまり、なかなか分かりにくいことが多々あるかとおもう。
そんなことよりも、哲学というのは、そこにヒューマニズムがありませんと人を惹き付けることはできない。
その切っ掛けとなったのがニーチェですね。

西鉄氏は、構造主義とかポスト構造主義とか掲示板に書いておるようですけど、
どうも彼が書いている内容は、昔の哲学のようです(苦笑

292 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:15:18.10 ID:LyKZjhKO
>>287
ニーチェの思想の中核は、哲学に「生物学的」という概念を持ち込んだこと。
「生物学的」という言葉を何度も使っている。それにより、西洋哲学の基盤を
破壊したのである。

人間は、「生物学的存在」以外の何物でもないのに、その言葉一つで基盤が
破壊されるとは、西洋哲学の基盤がいかに脆弱なものであったかを、如実に
証明している。

293 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:16:11.18 ID:1CY+pArC
>>289
どちらも自然を指しています。
過剰反応というものがあるというだけです。
これが差異です。単に物理分野の法則です。

294 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:20:18.11 ID:LyKZjhKO
>>292の訂正。
×概念
○要素

295 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:22:58.94 ID:1CY+pArC
つまりは過剰反応が悪いといってるだけです。
それは正解です。
生命というものをことさら強調しないのも、また正解です。

296 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:26:17.36 ID:LyKZjhKO
>>293
>どちらも自然を指しています。

「超自然」とは、「自然を超えた」「自然ではない」の意味。全くの対極。

「超自然的物理現象(物理学)」って一体何?w言葉自体が矛盾しているでは
ないか。

297 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:31:14.31 ID:1CY+pArC
>>296
過剰反応を物理法則といっています。
超自然が無いものをさすなら論外です。
自然というのは目の前にあるというだけのものです。」

298 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 12:36:15.79 ID:qpkVzLKU
>>292
そうですね。
アビダルマ哲学を破壊したのが仏教で、有部を破壊したのが中論ならば、
世界は破壊によって発展する。というマルクス論は、ここだけ的中したかもしれません。

まあ結局、仏教というのは破壊の宗教なんですね。
それを勘違いしたのがオウムですけど。

299 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:37:37.35 ID:4gEt5qlP
嘘の上塗りで破壊するのか?机w

300 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:39:29.35 ID:jt/o93K5
>>217
成仏せよ。

仏教スレにレスをせず永久にROMれwww

301 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:41:53.85 ID:1CY+pArC
>>298
自己破壊に向けるのが仏教です。
オウムは生存欲求が膨らみ続けたもので、
起因は過剰反応です。

302 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:45:43.97 ID:B0bbXNyU
>>297
>自然というのは目の前にあるというだけのものです。

それを認識できるのは、「生命現象を現す肉体(生命)」以外には皆無。死者
には認識は不可能。

「過剰反応が物理法則」とはどういう意味?具体的に説明してくれ。

反応するのも、しないのも、すべて生命の機能。

君も、他の釈迦カルトと同様、釈迦の「無我」「無」という勘違い(形而上、
妄想)を正当化したい一心ではないの?w

303 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 12:50:33.28 ID:1CY+pArC
>>302
人間というものは全て物理法則で動いています。
物理運動が大きくなったものが過剰反応です。
大小さまざまな物理運動をするのが生命です。

304 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 13:06:02.82 ID:1CY+pArC
何故、過剰反応が起きるかというと
例えば、ゴキブリを見て飛び上がる女性を想像してください。
普通のひとは、そんなオーバーアクションをしません。
つまり彼女の根底には無いものが横たわっているのです。
無いものに対して飛び上がるのです。
想い自体が、そこまでの物理運動をさせるということです。
だから無分別とかいう概念も想い自体をコントロールする手段なのです。

305 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 13:17:35.46 ID:1CY+pArC
「我」も「りんごは赤い」も便宜上のものです。
何をもって我とするか、何をもってりんごは赤いとするか、
そんな事実はどこにもありません。
実質上にはありません。便宜上にあるだけです。

306 :プラトーンの脚注:2014/06/01(日) 14:01:14.71 ID:WICxZfpe
>>205 >>210
存在論と認識論を意図的に混同してないかな。
もともと「形而上学」は、存在論における用語じゃなかった?
存在論的には、キミの話は素朴な経験論だと思う。

307 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 14:16:02.05 ID:4gEt5qlP
このスレ変人
学問系、隠居、にしてつ、
霊媒系、宝珠、在家○
禅系、机、閻魔

この辺りで意味不明仏教化が連鎖反応、相互作用で仏教が意味不明になっているなw

308 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 14:38:19.51 ID:fu2Z/zoY
>>303
>人間というものは全て物理法則で動いています。

死体は、物理運動を一切しないのはなぜか?

>>304
>無いものに対して飛び上がるのです。

宗教信者は、涅槃や解脱や輪廻転生や神や永遠の生命などの、無いもの
に対して飛び上がるw。ゴキブリは、少なくともある。

309 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 14:50:28.13 ID:fu2Z/zoY
>>307
>この辺りで意味不明仏教化が連鎖反応、相互作用で仏教が意味不明に
>なっているなw

釈迦自体が、目に見える物がない、眼に見えない物がある、などと
意味不明。

統合失調症患者の症状の特徴は、「了解不能(unverstantnis)」である。

310 :プラトーンの脚注:2014/06/01(日) 14:51:57.54 ID:WICxZfpe
カント(1724−1804)は、理性が事物それ自体を知ることはできない
と論じた。その結果、人間は神や霊魂を認識できない存在になった。
これを受け、ニーチェ(1844−1900)は「神は死んだ」と宣言する。
  
ここで問題なのは、カントが示した理性の限界は何を意味するのか、
ということではないだろうか。ニーチェのように、神や霊魂など最初から
存在せず、妄想だったという受け止め方は短絡的である。
 
カントが示したのは、理性(=言葉)の限界であって、事物それ自体は
体験しないとわからない、ということではないだろうか。そういうことなら
カントは、神や霊魂を否定したわけではない。
事実、カントは信仰者であり続ける。

311 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 15:00:54.54 ID:fu2Z/zoY
>>310
ニーチェはカントを「陰湿な神学者に過ぎない」とこき下ろしている。

カントは、物を「物自体」と「知覚される物」とに分けたが、彼は「物自体」
を一体どうやって確認したのか。彼の脳内妄想以外の何物でもない。

カントがヒュームに批判されて青くなったのは当然のこと。

312 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 15:16:06.53 ID:qpkVzLKU
>>310
>ここで問題なのは、カントが示した理性の限界は何を意味するのか、

理性とは限りなく条理を求める。
しかしその条理とやらは完璧なものなのか?が問われる。

例えば、ある人間が犯罪を犯すと、その弁護にあたった人間は必ず正当性を模索するはずだ。
しかし考えれば分かるはずなんだけど、犯罪を犯す人間は、必ずしも正当性を眼目に犯罪を犯す訳ではない。
犯罪を犯すことには理性は基準とはならない。

しかしながら弁護士は、限りなくそこに正当性(条理)を追求する。
カントの純粋理性批判というものはこういうものだ。

仏教でも西洋哲でも同じなのだ。
理性は必ず条理を求める。それがあたかも正当のようにだ。
このようにして、ドイツ観念論は皮肉にも西洋哲そのものに疑問符を打つ結果に終わるのだ。

313 :プラトーンの脚注:2014/06/01(日) 15:27:21.94 ID:WICxZfpe
本当は、神や霊魂を体験する方法を探すべきだったのに、
カント以後の哲学がいっせいに認識論で走り出すのは不思議である。
キリスト教、ギリシャ哲学の重石がそうさせたのか。
 
もっと不思議なのは、神や霊魂を体験する方法が、
仏教に偶然保存されていたことだろう。
もちろん煩瑣な仏教哲学ではなく、四諦八正道や縁起の理法、
坐禅などの実践仏教である。
 
ヒンドゥー教が仏教に劣るのは、古典的ヨーガ(坐禅の系統)から離れ、
ハタヨーガ(観想の系統)が主流になっているからである。

314 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 15:38:37.09 ID:ITrpLk1X
すべての価値観をすてろ
価値観はすべて無自性で幻でしかない

315 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 15:44:26.73 ID:fu2Z/zoY
>>313
>もっと不思議なのは、神や霊魂を体験する方法が、
>仏教に偶然保存されていたことだろう。

ほほう。仏教は、神や霊魂などの「常住」を認めるのか。

ヒンドウー教が仏教より劣る、などとは簡単に言えない。哲学的には、
ヒンドウーのほうが高度で、かつ健全である。

316 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 15:50:26.58 ID:fu2Z/zoY
>>314
>すべての価値観をすてろ
>価値観はすべて無自性で幻でしかない

肉体に関する価値観を捨てたら、生存も共生も不可能である。

肉体は、幻ではない。幻をも作り出す根源である。

317 :プラトーンの脚注:2014/06/01(日) 15:56:34.18 ID:WICxZfpe
>>311 二律背反で、神が「ある」とも「ない」とも言えないから
>>312 条理の追求は「理性」が持っている本質的な性格だろうか
 
カントにとって、神や霊魂の探求は「言葉」に内在する二律背反から
行き詰まり、それが同時に、真理を「言葉」でしか探究できない
理性の限界として把握された。 

318 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 15:56:50.70 ID:qpkVzLKU
>>313
>カント以後の哲学がいっせいに認識論で走り出すのは不思議である。

カント以降というのは、認識論というよりも、人間が認識する思惑とは別に世界そのものが変化してるんじゃないか?
とか、そんな考えが台頭してくる。

イギリスはまさに産業革命の真っ盛りで、貧民街に住む貧乏人をモチーフとして書かれたものがマルクス論なのだ。
時代は19世紀末のことで、この時代的背景は哲学そのものの方向性を変えていったのだ。
つまり人間は環境(社会)によっていくらでも変わる。ということだ。
ようは、人間の認識などどうでもよくなってきた。

とにかく社会を変えれば、それによって必然的に認識も変わってくる。という流れになる。
人間が環境によって変わる。というのは経験的に人間は認知してるものだから、
マルクス論は説得力があった。
・・・というよりもむしろ、時代がそういう思想を受け入れやすかった。ということだ。

ちなみに2500年前、釈尊在世当時は経済勃興期であるから、時代背景は似てるかも知れんね。

319 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:03:24.68 ID:U9Jr8UJ/
>>240
答えられない知ったかぶりっ子かw

320 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:07:55.34 ID:U9Jr8UJ/
>>315
>ヒンドウー教が仏教より劣る、などとは簡単に言えない。哲学的には、
>ヒンドウーのほうが高度で、かつ健全である。

その高度とか抜かす教義も頭で考えたんだろ
自然の何かを感じて神だの魂だのを思って言ってるんだろ
仏教はその感覚も思いも煩悩に於ける苦の根源だと退ける
故に神なる全能恒常なる存在も否定されるんだがな
オカルトバカは認めたくないだろうが、事実だから仕方ない

321 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 16:09:30.46 ID:qpkVzLKU
>>317
>条理の追求は「理性」が持っている本質的な性格だろうか

本質的なものかどうかは分かりませんけど、
哲学ってのは、そもそも条理を求める学問だから、条理そのものに普遍性がないのであれば、
哲学そのものにも普遍性がない。ってことになって、
そうであるならば、理性とは本質的でない。と帰納法においては結論が出てしまう。

つまり西洋哲は、論理の整合性を求めていくと、矛盾が出てくる。
だから結論はでない。延々と繰り返す。

延々と繰り返すことを、ニーチェは永劫回帰と言ったんだね。

322 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:15:35.77 ID:DFal/qxR
バカに見えるから変な略し方はやめろ
西洋哲って大人ぶりたい中学生っぽいぞw

323 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:16:26.89 ID:j8+WOTlB
>>283

>>281
>主観の差などではなく、対象の差の問題。対象が「自然そのもの」と「超自然」とでは、
>客観的に対極。

>スピノザは、「自然に神が宿る」などと言っているのではない。「あるがままの自然」
>そのもののことを言っているのである。その意味で「汎神論」という言葉は誤解を
>招く。

スピノザは、「世界は神の現れ」 と言ったのだよ。
自然に神が宿ると表現しても、ほぼ同じかもしれませんね。

しかし精神だけでなく物質(人間も含め)も全てが神の現れだという
神一元論の視点に、慌てて、憎んだ人達がいるのだ。

君の主張(あるがままの自然)は何がいいたいのか分からないのですが、
スピノザは『神こそが唯一の実態』と自然(人間の精神活動だけでなく物質も)
をみたのであり、主観と客観はその実態のなかで一致しているとの考えなんですが。

君の言っている事は???

324 :プラトーンの脚注:2014/06/01(日) 16:30:48.03 ID:WICxZfpe
>>315
人間は精神と肉体からできている。
それを考えれば、霊魂(常)と物質(断)の二元論も想定可能である。
このようであれば、非常非断の中道が成立する。
 
これに対して「空」の場合、精神と肉体と言うような、二項対立を
認めないから一元論であり、肉体は滅びるから断見である。

参考、中論27−17
もしも一部分は神的で、一部分は人間的であるならば、
無常でもあり、常住でもあることになるであろう。

325 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:34:01.56 ID:mxs70gek
なんか仏教が近代合理主義的な優れた哲学ですげえ!みたいなアホが言えるけど、
輪廻転生だか、須弥山的宇宙観だか、バラモン教の神々の存在は前提だったり、
普通に迷信の巣窟だろwアホかと。バカかと。

326 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:47:46.90 ID:mxs70gek
仏教が断滅したい欲望なんてのは脳内物質の所作。
ヒスタミンで食欲を抑えられるように、将来的には脳を操作して
欲を断滅するなんてことは可能なわけよ。
そうなりゃ仏教必要ありませんねって。

327 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 16:57:59.69 ID:uyiFlA3D
 
>>54 宝珠さん
> 地震前兆の原因とされている地殻からの電磁波によって発生する

>>81 机先生
> 地球というのは大きな磁石、ということになるんでしょうね

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52008842.html
東日本大震災直前に大気と電離層に異常を確認(NASA発表) 2011年05月22日

NASA ゴダード宇宙飛行センター (GSFC) の研究チームが
東日本大震災の数日前から震央 (震源地上) の海上での電磁気活動の観測結果を発表した

観測によると、電離層における電子の量が劇的に増加
また震央における大気昇温を示す赤外放射の急増も見られたそうだ
「地圏—大気圏—電離圏—磁気圏結合」という現象として研究されているとのこと
地震直前に大規模なストレスによって大量のラドンガスが放出され
この放出による放射線は大気をイオン化するとのことで
これがさらに他の現象を連鎖して引き起こすとのこと

328 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 17:11:52.99 ID:uyiFlA3D
 
>>327 の続き

http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_information/spinfo2013/spinfo130903-007.htm
東日本大震災の被災者が体験した心霊現象(2013年9月3日)
NHKスペシャル「亡き人との“再会”」

「幽霊が出る」という噂
被災地では、震災から数か月たった頃から“幽霊”が出るという噂が飛び交っていました
震災から1年後の2012年3月にはAFP通信が
復興の様子とともに“幽霊”が出没しているという話題を記事にして、世界に発信しています
http://www.afpbb.com/articles/-/2862313?pid=8585392

被災地では
「故人が目の前に現れた」「声が聞こえた」「気配を感じた」といった体験を語る多くの人々がいます

329 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 17:36:26.38 ID:fu2Z/zoY
>>323
>スピノザは、「世界は神の現れ」 と言ったのだよ。
>自然に神が宿ると表現しても、ほぼ同じかもしれませんね。

「現れ」という間接的な物ではなく、「そのもの」。彼の「神即自然(God or
Nature)」の「or」は、「即ち、換言すれば」の意味。

端的には、「神とは全物質」の意味。人間を愛することもないし、気にかける
こともない。

330 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 18:48:12.16 ID:DFal/qxR
>>324
>それを考えれば、霊魂(常)と物質(断)の二元論も想定可能である。

矛盾してるな
それだと肉体が無くても精神だけは存在出来る事になる
肉体に依存せずに精神だけ存在できるのか?

331 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 18:56:28.07 ID:j8+WOTlB
>>329

>端的には、「神とは全物質」の意味。人間を愛することもないし、気にかける
>こともない。

そこは、表現として微妙何のですが、ユダヤ教会から破門されたのです。
何が気に入られなかったのかです。
スピノザは、ユダヤ教会で聖典、ヘブライ語を学び、
すでに発展途上であった、医学、自然科学やデカルト哲学(神の存在証明)を学びましたね。

そして、愛や気にかけると言う言葉は用いられていないが、
「神」という言葉を用いている。
なぜなんだろうね。
そして、神学、政治学、物理学、数学に精通したライプニッツは、
スピノザからの相当の影響があったとされています。
精神的な実態は、単子モナドであり(物質の原子を思い浮かべれはよい)
その調和とバランスを司る、創造主=神がいるという一元論です。

イデア論のこの世は イデア界の影だというのではなく、この世に神の働きを
見るのです。
愛や気遣いでは、ありませんが、神=調和とバランスとなっています。
西洋哲学の科学的な態度はこのように発展してきたのです。
カントは、信仰者であったと述べた方がいましたが、
ニーチェもプロテスタント牧師の家庭で育ちました。

その辺りの西欧世界を表面的ではなく立体的に理解していないと
言葉尻に終始するかもしれません。
そしてまたそんな彼らが、科学の立役者であることを我々も科学的な態度で
読みとるという事でしょうね。

332 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 19:00:09.48 ID:j8+WOTlB
<訂正>

そこは、表現として微妙何のですが、ユダヤ教会から破門されたのです。
   ↓
そこは、表現として微妙なのですが、スピノザは、ユダヤ教会から
破門されたのです。 しかしあくまでも神なのです。

333 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 19:03:44.43 ID:DFal/qxR
>>331
仏教の目的を端的に言うなら「苦の原因を煩悩と知ってそれを克服する」事に尽きる
煩悩一切は心に於ける思いによって認識され感じ取る
信仰も心で信じて成り立つ思いである
故に「神からの験はいつ現れるだろう」と苦悩する事も有る
仏教はそれら思いの一切を煩悩の根源と見極め畢竟に於いて退ける

334 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/01(日) 19:26:46.30 ID:qpkVzLKU
>>328おじゃる氏
URLを拝見したけど、必ずしも幽霊と死後世界を結びつく訳ではない。というのが私の意見ですね。

私も幽霊を目撃しますけど、実際は性別も分からないほど明確な像にはなってないし、
それは昔から幽霊は足がない。というのが定説になってるでしょ?
あれはそもそも像がハッキリしないことを言ってるかと思いますね。

像がハッキリしないから、あれは女かもしれない、という想像がやがて幽霊という認識になっていく。
だからその認識法が、もしも身内の亡くなった方を想像するなら、それが「身内の幽霊」と認識する。
ようは明確でないものを、どう自分が認識するかで受け止め方は随分違ってくる。
このようなことだと思いますね。

335 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 19:29:26.07 ID:DFal/qxR
敢えて言うなら、精神は肉体が滅べば拠り所を失い消失する
逆に肉体は物質なので、肉体で居られる期限を迎えると、腐敗や火葬などを経ても無くなる事など無いのである
この世界の物質で、忽然と消滅出来る物質は存在しない
必ず、必ずである、何かの物質に変化して、作用が有ればまた変化してを繰り返し残り続けるのである

釈尊が輪廻を名指しで否定しなかった理由もこれであり、だからと言って輪廻を肯定しても居ない理由もこれなのである

消失するのは精神(心的実感)の方であり、残り続けるのが肉体から変化していく物質の方なのである

336 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 20:10:54.33 ID:2eh/OQPo
>>335
同意します。
ただ、常住論者のいう業報輪廻転生、輪廻転生の主体(アラヤ識だの霊魂だの〜)が
あるのかないのか不明という立場なので、無い〜と主張する立場ではない。
私は7割実証主義、3割神秘主義で、10割実証主義でもなければ10割オカルトでもないw

337 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 20:38:21.35 ID:8vvLE/bb
肉体と精神があるのは、真我が認識しているからです。
この真我は常に働いているので、気が付かないだけで、レンズのようなものです。
心が動いたり、身体が動いたり、しているのは、真我の内で、そうなっている。
この真我は、自分の内にも他者の内にも共通してあり、これが、神の現れの世界を存在させている基盤である。
などと、頭で思っても、意味がないから、逆に有害だということですね。

338 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 20:49:57.32 ID:2eh/OQPo
>>335
それと消滅するのではなく物質がエネルギーに形をかえることはある。
核エネルギーなどがそれです。
また逆にエネルギーが物質に形を変えることもあるらしい。
だから、量子の世界では真空といっても何も無い空間というのはありえず、常にエネルギーと
物質の間で行き来があり、場で一時的にエネルギーを借金して物質として出現し、次の瞬間借金の
返済でエネルギーに戻る〜と言う事を繰り返しているらしい。

339 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 21:06:29.55 ID:NnGCYEQO
>>337
>などと、頭で思っても、意味がないから、逆に有害だということですね。

その自覚があれば、肉体を殺すことは出来ないから、人類にとって、有害どこ
ろか極めて有益である。

キリスト教が、肉体や自然から離れた外在の神の存在を信じたことが、史上
及び現在におけるキリスト教による人間の大殺戮の原因である。

聖霊の本来の意味は、創造主が人間に吹き込んだ息吹(生命)の意味であるが、
新約聖書はそれを「どこか外部から鳩のように舞い降りてきて、イエスの上だけに
止まるもの」など外在化してしまったのである。つまりイエスやキリスト教は
「聖霊を冒涜した」のである。

340 ::2014/06/01(日) 21:45:10.51 ID:r/81SBxV
>>166 一切法無我(多分、閻魔氏)
>二項相対の『想い』(Sn.1072)の範疇でしかないSn.754が、『初歩的通俗説』でしかないことさえ分からないのだから、
>文字通りアホ<論外>というしかない。

「最上の(想いからの解脱)において解脱した人(Sn.1072)」が説かれたのが、
『物質的領域に生まれる諸々の生存者と非物質的領域に住む諸々の生存者とは、
消滅を知らないので、再びこの世の生存に戻ってくる。』(スッタニパータ754)

私の予想通り『アホ』と断定した瞬間、『非アホ』の二項分別が生じて、阿呆の告白となるということですね。

341 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:05:08.22 ID:1CY+pArC
何かあった時に自分というものをポーンと放れるか否かに関わっています。
そのためには、強靱な肉体とマインドと意志が必要です。
真我はそれに耐えうるかの品定めをします。時がくれば動き出します。

342 ::2014/06/01(日) 22:10:06.63 ID:r/81SBxV
>>330
>それだと肉体が無くても精神だけは存在出来る事になる
>肉体に依存せずに精神だけ存在できるのか?

肉体と言うのを脳と置き換えましょう。
Q.脳に依存せずに精神だけ存在できるのか?

存在できる筈がない!というのが現代の常識的な見解でしょう。
それでは、質問を変えてみます。

Q.一つの脳神経(ニューロン)のみで考えることはできるのか?

考えられる筈がない!というのが現代の常識的な見解でしょう。
この見解は科学的な根拠が必ずしも無いことは容易に証明できます。

Q.一つの細胞は細胞分裂の際にDVD1枚程度の情報を読み取ってコピーしているが、知能(ソフト)は無いのか?偶然か?

偶然ではなく、知能(ソフト)はまだ発見されていないだけでどこかにある筈だ。
ということで、1つの細胞の知能(ソフト)のことも分からないで、脳と精神との縁起を妄想しているのが現代の衆生だということです。

PS
先程、飛騨高山の神殿でのお参りから帰り、亀レスばかりで失礼致します。

343 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:15:55.63 ID:1CY+pArC
真我とは言葉が湧き出る源泉です。
一切の分別や個別性が滅んだ末にたどり着く所なので、
誰もその存在を教えることはできないのです。
そこは欲望を達成した後に満足感を出す場所でもあります。
欲望そのものも存在しない場所です。
私という境界線まで存在しません。
全てを明け渡すことです。何もかもです。

344 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:28:06.92 ID:1CY+pArC
真我にたどり着くためには純潔性が必須です。
仏教とは純潔性に至るまでの方法論です。
輪廻そのものが当然のことながら邪魔にもなります。
真我には輪廻というものさえ存在できません。

345 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:28:17.41 ID:NnGCYEQO
>>343
>真我とは言葉が湧き出る源泉です。

言葉とは、本来的には、共同体において具象物を特定・指示・識別する
ために合意された記号に過ぎない。そんな大げさなものではない。

346 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:32:21.81 ID:2eh/OQPo
>>345
恐らく「言葉」ではなく「言いたい事」「主張したい事」の事だと思いますよw
まあ、しかし、真我=アートマンであるのなら、仏陀はそのようなものを認めなかったらしいがねw

真我、アートマンの存在を肯定している段階で仏陀の教えとは異なるでしょうねえ。

347 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:38:02.22 ID:1CY+pArC
真我とは仮称です。神もそうです。
あるものに名前がついただけです。妥当性はありません。
問題は名ではなく「ある」という認識です。

348 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:40:19.68 ID:QVV+AMjP
続けるのも面倒なんでお蔵入りにしとこうかと思ったが・・w

>>164>>346
クロネコヤマトの社員なら、クロネコの制服を着るだろ?とw
決して佐川の制服を着たりしない。また、着ることも許さないだろう。

意味解るよな?w
君には君の、宝珠を排除する基準取りがあるだろ。それが、現代の科学的知見であるだけの話。
そう、『やってることは同じ』だ。
君も、ワシも、伝統諸宗派もね。
伝統諸宗派が“非あり”なら、君もまた“非あり”、だ。
伝統諸宗派のソレが悪くて、君のソレが是である理由を解り易く説明してほしいもんだなw (´ー`)



  >ている段階で仏陀の教えとは異なるでしょうね


.

349 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:41:01.16 ID:2eh/OQPo
あるのは宇宙であり、真我などはあるのかないのか不明というのが最も確かな事。
真我とは宇宙のことである〜というのなら、そこに個別性はなく私も同意しますよw
しかし個別性の真我なるものを仮説すれば、即駄目ですね。

350 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:44:20.81 ID:1CY+pArC
>>349
私が言っているのは涅槃に至るまでのショートカット論です。

言葉が湧き起る源泉が宇宙ですか?別にそれでもかまいません。単に名です。

351 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:48:01.99 ID:8vvLE/bb
人生には、様々なドラマがありますが、無抵抗でいることですかね。
全てを明け渡すとは、どのような心境なのでしょう。
仏教の悟りの境地と、真我実現は同じ場所を指しているのでしょうか。

352 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:50:12.06 ID:2eh/OQPo
>>348
セブンは本当に分かっているのか?w

>伝統諸宗派のソレが悪くて、君のソレが是である理由を解り易く説明してほしいもんだなw (´ー`)
これは、同じ質問を返す事もできるわなw
私のソレが悪くて、伝統諸宗派のソレが是である理由を解り易く説明してほしいもんだなw (´ー`)

自分で言っているだろうw
>そう、『やってることは同じ』だ。
>君も、ワシも、伝統諸宗派もね。

で、頭の悪い比喩の披露はもう結構ですわw
面白いとも思わないし、何の参考にもならない。

最近はパーピマンもセブンの阿呆が移って頭の悪い比喩を繰り出していますねえ。
まあ、それが2chの醍醐味という奴でしょうがww

353 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:53:20.33 ID:uyiFlA3D
 
>>334 机先生
> URLを拝見したけど、必ずしも幽霊と死後世界を結びつく訳ではない。というのが私の意見ですね
> 私も幽霊を目撃しますけど、実際は性別も分からないほど明確な像にはなってないし …

>>327 >>328 の続き

それ自体の自性ではなく
因と縁の縁起の働きに依存して
小学4年生の時の、小雨が降る午後6〜7時頃
「落武者の霊を、ハッキリ・クッキリ見た」
と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

http://matome.naver.jp/odai/2135884904087926401
脳神経外科の世界的権威も認めた死後の世界とは? 更新日: 2014年03月05日
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/131128_1.html
脳外科権威が発表★死後の世界はあった 2013年11月28日

東京マグニチュード8.0 第5巻
貸出開始日:2010/02/24
収録時間:68分
第09話 今日、さよなら
第10話 おねえちゃん、あのね
第11話 最終話 悠貴へ …
https://www.youtube.com/watch?v=Q6I5BmWB0rw&list=PLE2EFDE20D1C29F93&index=11

【心霊】TV■魔界潜入!! 怪奇心霊(秘)ファイル
http://www.pideo.net/video/pandora/13ef7b9363498cd6/

354 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:54:36.02 ID:QVV+AMjP


>>352
パーピの、”前スレ5”時代のレスでも、少しは読んできたらどうだ?w


> 自分で言っているだろうw
> >そう、『やってることは同じ』だ。
> >君も、ワシも、伝統諸宗派もね。

そう、その通り。
だから、『ブッダの教えと方法論』ということで言うなら、
宝珠も在家もカラスも、そして勿論貴方も、枠外だということです。「たったそれだけ」のことです。

355 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 22:54:47.53 ID:1CY+pArC
何かを識別しようとする思いが逆に真我から遠ざけます。
だから何もしない、何も考えない、何もしない何も考えないと努力しない
源泉はすぐそばにあります。私が誰でもよくなるまで続けることです。

356 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:00:49.15 ID:2eh/OQPo
>>354
『ブッダの教えと方法論』という「枠」があるのか?ww
枠があるからはみ出れば、それは違うと言うのは当然〜という訳ですか?w
そして「私の捉える枠こそが正しい枠で他のモノが言う枠などは認めない」とww

そんなに嫌らしい人間性を露骨に表現されなくとも宜しいかと?ww

357 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:03:57.28 ID:QVV+AMjP
>>356
君も枠設定してるじゃんw
君が枠を設けることはOKで、伝統が枠を設けることはNGかw

ああ「老舗」とか「伝統の味」とか「職人技」と「伝統工芸」とか「伝統芸能」とか、
そういうのをぶち壊したい人でしたね。忘れてましたwwwww

358 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:04:06.73 ID:1CY+pArC
まぁほとんど禅ですねw

359 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:08:10.11 ID:1CY+pArC
枠というものは全部取っ払うことに尽きます。
これが仏教というものは存在しません。
教えというものがあるだけです。

360 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:11:20.33 ID:2eh/OQPo
>>357
だからw

私は、アナタの、
>そう、『やってることは同じ』だ。
>君も、ワシも、伝統諸宗派もね。
に同意しているのだが、アナタは、私は阿呆で自分は正しい〜と主張しているww
どっちが、「他は駄目で自分はOK」と言っているのだ?
自分の書き込みを振り返って反省するべきだなw

それに私は、「老舗」「伝統の味」「職人技」「伝統工芸」「伝統芸能」を壊したい等とはかつて一回も言った事が無い。
勝手に捏造するな〜ww

私が言うのは伝統・伝承仏教、文化仏教が糞〜というもの、それと師匠の印可という担保を求める糞な姿勢が阿呆〜というもの。
酒飲みで仏教徒面するな〜というもの。

361 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:11:47.59 ID:QVV+AMjP
>>359
その「教え」が、そのまま「枠」だろw(→枠同然だろw)

362 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:18:02.59 ID:1CY+pArC
教えは単にあるだけです。
それをどうこうしようという所作が枠を作ります。

363 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:18:18.07 ID:QVV+AMjP
>>360
いやいやいやw

>伝統・伝承が糞  >師匠が糞  なら、
どこから何を学び、起動逸脱のチェックがどこでし得るのか?って話。

(蔑ろにし、従わず、そうして別を求める姿勢は)
破壊も同然(破壊と変わらない)だろw

少し前、君も、「○○は××と変わらない」として通報してたよなw
あれは「勝手読み」ではないのかい?w ( >>14>と読むのはアナタの勝手 )

ほんと、自分のことを棚にあげる奴だなw
よくそれで他人のことを、「よく他人のことを言えますね」的ニュアンスで言えるもんだwww ┐(´ー`)┌

364 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:19:22.10 ID:QVV+AMjP
>>362
いやいやw
そうじゃなくて、ソレがソコにあるということだけで、
既にそのことが枠になっていると言っているのですよ。

365 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:23:09.15 ID:1CY+pArC
>>364
その場所に枠というものは存在しません。
過程を枠とするなら、ショートカットというのも確かに枠です。
それはしかし、一方法論です。絶対の枠ということではありません。

366 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:25:54.04 ID:2eh/OQPo
>>363
私は、私の判断で私の人生を生きる。
アナタはアナタの判断でアナタの人生を生きる。

私は、違法薬物と自殺に対しては断固認めない。
グレーなものは黒として行動を起こす。
グレーをグレーとする人間がいてもOKだし、グレーを白とみる人間もいるだろう。

自分の指針で生きられない人間はいつまでも幼い弱い人間であるのは間違いがない。
担保などを要求する伝統ものなど捨てる事ですね。
自灯明、法灯明の教えを噛み締めろ。
チェックは己でやれ。
師匠からは逃げられても己は常に己を見る、逃げ隠れできないからなw

367 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:29:57.84 ID:1CY+pArC
つまりは仏教というのは一方法論に過ぎません。
これが絶対というものではないのです。
己は認め、他は認めないというのと同じです。
これではいつまでたっても自分の殻から抜け出すことはできません。

368 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 23:32:06.38 ID:JfAsiVIF
>グレーをグレーとする人間がいてもOKだし、グレーを白とみる人間もいるだろう。

wwwwwwwwwwwww
白を勝手にグレーと決めつけて、騒いでいただけだろうが?www

オマエ以外の誰が、彼を「通報の必要あり」と言ったか?
ちっとは、その自分の偏向性に富んだ稚拙な判断力を反省しようという気にならないのか?

369 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:33:02.03 ID:QVV+AMjP
www

>>367
>というのは一方法論に  →枠じゃんwww

>>365
場所の話じゃねーよw ↑

370 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:38:46.32 ID:2eh/OQPo
>>368
「偏向性」のない人間などいないw
我こそは平均的で、全く偏りがなく、判断力もずば抜けて高い〜とうぬぼれているのか?ww

白か否かは専門家に任せると言ったのに、アレは白に違いない〜というのは一方の見方で
それ以外の見方は偏向性に富んだ稚拙な判断というのはセブンと同じ穴の狢ですなあw

我は正しく、他は誤〜って主張が好きだねえww

371 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:42:08.84 ID:1CY+pArC
>>369
じゃあ全ての枠を取っ払いなさい。
何も認識しようとしないことです。

372 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:43:12.33 ID:QVV+AMjP
wwwwwwwwwwwwww


>>370
> 我こそは平均的で、全く偏りがなく、判断力もずば抜けて高い〜とうぬぼれて
自己紹介ですかw

つか、
語るに落ちとるなw

> 白か否かは専門家に任せると言ったのに、

その分野は専門家に任せるんだなw
仏典の読み方は自己流自己中なのにw

ブッダの教えに関する専門家が、伝統に連なる行者達だってのが何で判らんかなw

373 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:45:11.09 ID:QVV+AMjP
>>371
じゃあってなんだよw じゃあってww

貴方自身が、『【一】【方法論】だ』と、「枠」として提示、発言したんじゃないですかw >>367
あのレスは嘘ですか?w ┐(´ー`)┌

374 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:48:42.79 ID:2eh/OQPo
>ブッダの教えに関する専門家が、伝統に連なる行者達

今の時代にまともな修行僧がいるのかね?
仮にいたとして、看板背負って「我こそは仏陀の教えの専門家なり」ってやってる
ところに行って教えを請うのか?

私はそれが馬鹿馬鹿しいと言っている。
アナタはそれが正当な仏教勉強法と言っている。

正反対の方向性なので理解はできませんねえww

375 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:48:53.81 ID:1CY+pArC
>>373
方法論が一つの枠と捉えるのはあなたの自由です。
枠が幾通りもあるものを私は枠を捉えません。
単に主観の違いです。

376 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/01(日) 23:52:36.70 ID:JfAsiVIF
>「偏向性」のない人間などいないw
>我こそは平均的で、全く偏りがなく、判断力もずば抜けて高い〜とうぬぼれているのか?ww

wwwwwwwww
そうw 偏向性のない人間などいないよw  お前は、通常の人の見識からの
偏向度が異常に高いのww

「平均的」?  そうだよw  平均的な判断力をもつ人なら、「彼は通報されるべき」
とは考えないわなww
この件に関しては、「オマエ以外は皆」平均的判断力を持っていたわけだw

「全く偏りがなく」・・・・だれもこんなこと、言ってねえだろうが?w
得意のねつ造か?ww
「判断力もずば抜けて高い〜とうぬぼれているのか?ww」・・・・
これも同様ww  だれもこんなこと言ってねえw
「お前が通常人とはかけ離れた異常な認識判断をする」  と言ってるだけww

・・・・・お前、読解力も通常人より、かなり低いだろ?
「比喩、譬え」 等を全く理解できないしw

377 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:57:18.12 ID:QVV+AMjP
>>374
今の時代限定ですかw  隠居と同じで後出しジャンケン大好きですなぁ・・。
東南アジアやチベットは、
(社会情勢的、社会との関わりの変革期としては色々あるが、それでも)、
今でも生きた(活きた)仏教であり伝統だよ。
日本だけさ、断絶してるのはwww

 >日本仏教にまともな修行僧がいるのかね
と続けられる前に先に触れておくわw

378 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:58:08.05 ID:k44UK8vL
仏陀の教えに「枠」などない。だけど「粋」がある。
仏陀の教えは、アーナーパーナなしには語れない。

379 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 23:59:35.63 ID:QVV+AMjP
大喜利かよw  >>378
枠→粋→息

380 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:02:49.81 ID:MtD+XCbx
>>376
まあ、セブンと仲良く下手な比喩を繰り出して、イミフ議論に励んでくださいなw

>>42>>52は隠居さんっぽいが、私に同意してくれているような気がするのは気のせいか?w

さて、A氏が考える「通常の人の見識」とB氏が考える「通常の人の見識」とC氏が考える「通常の人の見識」
と私が考える「通常の人の見識」とパーピマンが考える「通常の人の見識」とどれだけ違う言うのだ?

我こそは「通常の人の見識」に近くお前は「通常の人の見識」からかけ離れている〜と言う主張自体が阿呆。
これはまさにセブンの阿呆さと同質。
だからセブンとパーピマンは仲が良いんだねえ。
良く分かりましたわw

381 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:05:47.37 ID:qzOxIAr3
>白か否かは専門家に任せると言ったのに、アレは白に違いない〜というのは一方の見方で
> それ以外の見方は偏向性に富んだ稚拙な判断というのはセブンと同じ穴の狢ですなあw

wwwwwwwww
笑わせるなよ、アホがwww

お前のやってることは、「すれ違った人間が、たまたま、人相がよくなかったからと言って
《彼はきっと犯罪者に違いない。調べてくれ》 と警察に通報する精神異常者の行動と
全く同じだよ」ww

そりゃ、通報された「専門家」も、いい迷惑だなw
他にきちんと対応する必要がある事例の処理で忙しかろうにwww

382 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:06:22.84 ID:/d7kyLnD
>>379
なるほど。息までは意識してなかったw

383 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:09:29.50 ID:tBBSfbgQ
過剰反応か否かの問題だけだな。
対岸の火事に対してピクピクくる神経症的気質かそうでないかの問題。

384 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:12:24.98 ID:CRHzl5mR
 
紐君へ

私(ID:uyiFlA3D)の場合は
今でも蚊とかを殺生しているし
自灯明・法灯明の実践もしたことがないし
特定の宗教団体にも所属してないけど

紐君は
「自灯明・法灯明とは何か?」ということについて
仏教の教学として勉強していますか?

その次の段階として
仏教の教学として理解した上で
自灯明・法灯明の実践をしていますか?

何の為に
縁起・空・無我の観察をするのか?
仏教の教学として勉強していますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%88%E8%BF%A6
身体について…感覚について…心について…諸法について…
(それらを)観察し、熱心に、明確に理解し
よく気をつけていて、世界における欲と憂いを捨て去るべきである
みずからを灯明とし、みずからを依処として、法を灯明とし、法を依処として
四念処(四念住)の修行を実践するように「自灯明・法灯明」の教えを説いた

385 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:12:35.00 ID:qzOxIAr3
>我こそは「通常の人の見識」に近くお前は「通常の人の見識」からかけ離れている〜と言う主張自体が阿呆。

wwwwwwwwww
ある事例に対して、10000人がAであると判断し、 一人がBであると判断した時、
その一人は「通常人の見識から乖離している」・・・というわなww

お前の見解は、まさにそれww
誰もオマエの判断を「是としないでしょ」?ww
だから、「お前の判断は通常人ではありえない」  と言ってるのwww

386 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:13:21.41 ID:MtD+XCbx
>>381
またまた意味不明な比喩の披露をご苦労さんw

何度も言うが、私は違法薬物に対してはグレーは黒と見て通報する。
私の生き方であり、他人からアレコレ言われる筋合いではない。
特に、グレーで尚且つ他者に勧める〜なんて書き込みがあれば即アウトですわ。
今後も改めるつもりはない。

我こそが正しく他は誤〜と私は言わないが、セブンやパーピマンはその傾向が甚だしいですな〜
と言っているだけww

387 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:16:08.63 ID:MtD+XCbx
>>385
つまり、私は10001分の1の割合の乖離度合いの偏向性であると〜
どうやって調べたのか?

勝手に捏造しているのはどっちだ?wwwwwwwww

388 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:16:42.96 ID:qzOxIAr3
っていうかww  マジで聞くけどw

あの彼の書き込みを読んで、「薬物常用者」もしくは「薬物使用を勧めた」と
判断し、《通報の必要あり》 と考えるものが、こいつ以外にいるの?

いるなら、ちょっと書き込んでくれ。
その際は、彼の書き込みのどこをもって、そのように判断するのかも
同時に解説してくれよw

389 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:16:45.35 ID:tBBSfbgQ
まぁ単に強迫性障害という精神病の一種だから、
薬で治しなさい。

390 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:22:03.16 ID:qzOxIAr3
>またまた意味不明な比喩の披露をご苦労さんw

こいつホントに読解力ねえなwww  比喩が全く理解できねえのか?

>何度も言うが、私は違法薬物に対してはグレーは黒と見て通報する。

wwwwwwwww  だからあ、「誰も、それをグレー」とみてないのww
お前だけなのw  勝手にグレー認定してるのはwww

>つまり、私は10001分の1の割合の乖離度合いの偏向性であると〜
>どうやって調べたのか?

wwwwww  真正のバカか?w
10000対1  というのが、「大多数 対 一人」  という比喩ということも
分からん暗いバカなの?www

391 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:22:25.64 ID:tBBSfbgQ
>>388
迷惑かけてスマン。
書いたのは俺だが、まさか精神疾患の患者が紛れ込んでると思わなんだ。

392 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:22:50.83 ID:CRHzl5mR
 
>>384 の続き

四念処
仏教における悟りのための4種の観想法の総称
四念処観(しねんじょかん)・四念住(しねんじゅう)
『大念処経』(大念住経、長部第22経)
『念処経』(四念処経、中部第10経)など

http://blog.goo.ne.jp/hhynk/e/5dfd915e6ed70b389d597c53a110d757
大念住経(大念処経)
2.
比丘たちよ、ここに一つの道がある
その道とは、人々を清め、悲しみと悲泣を乗り越え、肉体と精神の痛みを滅し、聖なる道を得、涅槃を観るための唯一の道である
それは「四つの念住」である
3.
この四つとは何か ? 比丘たちよ、比丘は
努力して、正しく知り、気づきをもって、そして世間の貪欲と憂いから離れて
「身」をただ(自分でもない、自分のものでもない、自我でもない、ただ現象に過ぎない)身であると絶え間なく知覚して住むことである

努力して、正しく知り、気づきをもって、そして世間の貪欲と憂いから離れて
「受(感覚)」をただ(自分でもない、自分のものでもない、自我でもない、ただ現象に過ぎない)受であると絶え間なく知覚して住むことである

努力して、正しく知り、気づきをもって、そして世間の貪欲と憂いから離れて
「心」をただ(自分でもない、自分のものでもない、自我でもない、ただ現象に過ぎない)心であると絶え間なく知覚して住むことである

393 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:25:37.08 ID:MtD+XCbx
>>390
>だからあ、「誰も、それをグレー」とみてないのww

だから、それをどうやって調べたのだ?と言ってるんだよw
自分の思い込みで書いているのはどっちだ?

大声で言ったもの勝ち〜のごとく喚いているのはアンタじゃないか?
己を省みるという事をしない人間だなあw

394 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:25:40.03 ID:qzOxIAr3
>他者に勧める〜なんて書き込みがあれば・・・

wwwwww
だからあww  あれを「解脱の勧め(もしくは修行の勧め)」と読まずに
「薬物の勧め」 と読むこと自体が、 もう、 「一般人の判断と乖離」してるんだよww

395 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:26:35.52 ID:vTXImW9f
>>383
>過剰反応
まあな・・w
宝珠在家カラスのオカルトリオのせいで(?)w
「真我」とか、隠れている・見出されていない霊的本性とか、
そういうのに過敏に反射的に反応してしまうことも多かったからな・・。
過剰反応と言えば、このスレの9割は過剰反応でできてるかもw

言葉、表現や、その指し示す所の性格等は、ヒンドゥ等インド系諸思想は当然として
禅で言う本来の面目や真実自己、無位の真人とか、
或いは広く言われる仏性とか仏心とか仏種とか、或いは如来蔵とか本覚思想とか色々と共通しちゃうし面もあるしねw
(なんて言うと、昔は一代の横槍が飛んできたもんだったが・・・)

396 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:31:02.65 ID:qzOxIAr3
wwwwwwwwww

もうええわw   こいつが、少なくとも「一般人の認識判断力を有さない
異常人」であることは、俺を含めこのスレの住人各位はわかったろうw

397 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:38:07.12 ID:MtD+XCbx
というか、
セブンとパーピマンは、「我こそが正しく、お前は誤」と何の根拠もなく判断する人間である〜
というのを私を含めこのスレの住人各位はわかったろうw

398 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:41:45.16 ID:qzOxIAr3
>>397 wwwww

はいはい、彼の書き込みを「通報の必要あり」と、このスレの住人の多くが
判断して、お前のその基地外じみた行動を是とするなら、謝るわwww

しかし、そんな基地外は、オマエ以外はいないと思うぞ、このスレにはwww

399 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:46:33.33 ID:tBBSfbgQ
隠れたものを読み取る力があるか皆無かの違いだな。
後者のタイプの人間は嫌味を褒められたと勘違いする。
文章の読解力なく単語に固執するのも特徴。

400 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:50:47.04 ID:qzOxIAr3
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ww

いいこと思いついたww
> 隠居 よ

こいつは、「お前のスタンスの賛同者」 だw  んで、 今までの
やりとり見てただろ?w

お前自身は、どう思う?
彼の書き込みは、「薬物常用者」もしくは「他者に薬物使用を勧めた」
とみなし、《通報するのが妥当である》  と判断するか?w
それとも、根拠なし、門前払いのレベル と判断するか?ww  どっちだ?ww

「お前の法律上の見解」  というのを聞かせてくれww

401 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:51:36.69 ID:MtD+XCbx
ホンマでっかTVによれば、他者を気にして生きている人間は嫉妬深いとかww
私は全く嫉妬深くなく、他者と自分の関係などどーでもOKと思っている。
スレ住人が全員同意せずとも、自分が思った事に対しては即行動する。
日和見で他者の目を気にして生きる嫉妬深い人間こそ出世でき、不倫もせず、家庭を大切にする人間〜
らしいが、私はその立場とは正反対だww

まあ、平均の偏重なしの他の住人と同じ意見で、ツマラネエ男だねえ〜って誰かが言っていたなあww

402 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:52:39.48 ID:vTXImW9f
>>400

>>42>>52>>47)  (´・ω・`)

403 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 00:53:38.99 ID:vTXImW9f
>>401
クロネコヤマトの社員が佐川の制服を着るな、ってこと。 ┐(´ー`)┌

404 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:55:48.97 ID:qzOxIAr3
>スレ住人が全員同意せずとも、自分が思った事に対しては即行動する。

なるほどw
他者の見解、常識、共通認識など関係ねえとww
「俺は思った通りにやるんだああ」  かwww

・・・・・まあ、よくいるタイプだわなw
独断と偏見に満ちた判断で周囲に迷惑かけるタイプwww

405 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 00:58:50.05 ID:qzOxIAr3
>>402 え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜????

あれ、マジで隠居だったの?
犯罪構成要件もなにも理解してねえじゃんww

それで、今まで法律云々言ってたのか?
まさかw  いくら隠居でも、それほどバカじゃねえのでは?w

406 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:00:31.70 ID:hEPWNvKE
>>336
>アラヤ識だの霊魂だの〜

も常住論も、逆に断見論ですらも思考と思い以外の何ものでもない
故に、思うこと自体を退けられれば如何なる○○論自体の何ものも有り得ない事になる
「有る」「無い」の両者はそのまま分別なのであり思いであり、思いこそが両邪見の根幹なのである
割り数を計る事も即ち思いである

>>338
>それと消滅するのではなく物質がエネルギーに形をかえることはある。

物質は物の事であるし、エネルギーとやらが物と言えるかとの迷いを読み取れます
エネルギーや作用や全物質を含めて、この世界の現象全てを一切衆生と言う訳です
便宜的にはそこに霊だの真我だの霊魂だのも含まれます、が、それは
肉体を持つ人間の思いから発せられた妄想として、一時的に思われ有るに過ぎません
この霊魂やら真我やらの妄想に実体は無く、肉体依存の妄想なので当然肉体が機能を失えば
その妄想も拠り所を失って無条件に消失します
エネルギーなら直接作用して何かの物質も生み出し(厳密には転換)しそうですが
妄想にその作用力用はありません

407 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:01:15.94 ID:/d7kyLnD
嫌味を褒められたと、勘違いした振りは
たまにすることがある。
俺がバカになることにより、相手の邪悪心を静める高等戦術。

408 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:03:31.30 ID:MtD+XCbx
それと、前にも書いたが私は違法薬物関連のスレはもう10年近く
色々と見てきており、何が怪しいのかの判断はアナタ達とは違うw

薬中は書き込みを見れば分かる。
完璧に黒とは断定できなくともグレーを黒と見るのは私の中では当然な事なんだよ。

違法薬物なんてTVニュース程度しか興味ない〜というのとは違うんだよ。

409 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:04:27.16 ID:tBBSfbgQ
>他者と自分の関係などどーでもOKと思っている

これとりあえず大嘘ね。事態は思いっきり他人を気にしている。
自己愛性パーソナリティ障害というやつだ。

隠居も文章の読解力はない。
なんたって北朝鮮の工作員と間違えられるぐらいだ。
確かに日本人かどうかも怪しい。

410 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:05:30.35 ID:vTXImW9f
>>405
わからん。
けど、他に参考レスないし、言葉遣いに若干難があるが>>15と同じIDなんでね・・・w

411 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:05:48.91 ID:hEPWNvKE
メンヘラはやたらと薬に詳しいな

412 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:09:25.69 ID:/d7kyLnD
メンへラはほとんど、思考過多より起こる。
かつて俺が自殺を考えた時もそうだった。

413 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:10:13.18 ID:qzOxIAr3
>>410 www  うわ、隠居だw

こいつ、こんなにバカだったとはww

じゃあ、>>400 なしww
法律の「ほ」の字も知らん奴に、「法律上の見解」など聞いても意味ねえわwww

414 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:11:28.34 ID:vTXImW9f
>>408
マハシゴエンカパオ☆ヴィパッサナー瞑想法Part.12
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1393015324/


>>412
思考過多か・・・。なるほど・・。
うまいこと言うね。

415 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:15:08.75 ID:qzOxIAr3
>薬中は書き込みを見れば分かる。

はいはいww
彼が「 頭がグラ〜ときた」  と言ったんだよねw
それから、 「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと
変わらん」  と、(お前が)言ったことに対して、《彼が明確に否定
しなかった》  んだよねw

んで、薬物中毒者 認定とwwwww

416 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:18:08.95 ID:MtD+XCbx
>>415
アンタは人に「捏造するな〜」って言いますが、アンタ自体が捏造が多いですなあw

>「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」  と、(お前が)言った
と誰がどこで言いましたかねえ? 勝手な捏造は止めろ阿呆www

417 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:23:18.76 ID:qzOxIAr3
>>416 は〜〜〜〜〜〜〜〜?

お前自身が、前スレのやり取り再掲してるでしょ? >>23でw

>覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜
>大麻やった最初の感覚は強烈で〜

>と言っているのと変わりませんなあw

彼が悟りの体験を語っているのを このように言ってるでしょ?www

何? もしかして、表現が違うから却下  とかいうの?wwww

418 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:25:06.00 ID:qzOxIAr3
こいつもしかして真正の精神疾患者か?

自分で書き込んだことも分からんなってるのか?ww

419 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:33:15.55 ID:Fg4yZP+F
釈迦仏教(小乗仏教)自体が、麻薬より怖い「精神的麻薬」だから、通報の対象
となる。オウムの仏教だと言ってやればよい。

麻薬中毒は、数ヶ月の入院で治癒可能だが、宗教中毒は、一生涯治癒が困難。

420 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:33:37.61 ID:MtD+XCbx
>>417
>何? もしかして、表現が違うから却下  とかいうの?wwww

あのねえ、頭の良いパーピマンさんよw
「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」
と言うのと、
「私の悟りの感覚はコレ〜」と言うのに対して、「覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜大麻やった最初の感覚は強烈で〜と言っているのと変わらない」というのと、
同じである〜とする頭の構造が阿呆丸出しなのですが?

そもそもわたしは「悟り」そのものを認めていない、そのようなものは無いとする立場w
その私が「悟りの感覚などは〜」と切り出すわけが無かろう。
日本語が不自由なお方だったんですねえww

421 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:35:16.51 ID:vdvb4Xin
>>401
>ホンマでっかTVによれば、他者を気にして生きている人間は嫉妬深いとかww
>私は全く嫉妬深くなく、他者と自分の関係などどーでもOKと思っている。

話しが、変わってしまっている事に気付いているかな。

>スレ住人が全員同意せずとも、自分が思った事に対しては即行動する。

スレ住人は他者に嫉妬したりしているという話しに変換されているのですが。

>日和見で他者の目を気にして生きる嫉妬深い人間こそ出世でき、不倫もせず、家庭を大切にする人間〜
>らしいが、私はその立場とは正反対だww

それは、今回の件と別の話しではありませんか。

>まあ、平均の偏重なしの他の住人と同じ意見で、ツマラネエ男だねえ〜って誰かが言っていたなあww

何かおそらく、文章だけではなく物事に対する読解(解釈)が
常に自分がそうしたいという欲が先にあって、変更され書き換えが起こっているのではないか。

偏重していない事を、ツマラナイ男って誰が言ったか知らないが、
それは、全く別のコンプレックスの裏返しであり、こちらの方が嫉妬があるのですよ。
個性を勘違いした言葉だから、そんなものにのせられては、いけないよ、紐君。

422 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:39:40.11 ID:qzOxIAr3
>>420 は〜〜〜〜〜〜〜〜????

何いってんだ? このバカwwww

「悟りなどない」と思ってるお前が、「悟りの体験を語る彼の書き込み
に対して」、  「そのような体験は、薬物で起こる体験と変わらん」 と
言ったんだろうが?www

423 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:42:18.78 ID:MtD+XCbx
>>422
で?w
バカはどっちでしょうなあ?w

スレの住人全員がお前をバカと思っているんだよ〜と言うのですか?
さて、なんの調査も無く勝手に大声で主張したもん勝ち〜のような態度では駄目でしょうなあw

424 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:45:12.82 ID:tBBSfbgQ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%84%9B%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

マジでこれだな。異様に該当するといっていい。
原因は自己不信だ。
虚像を崩すことから始めないとダメだから大変だわ。

425 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 01:45:35.12 ID:qzOxIAr3
>>423 wwwwwwwww
何それ?  論点ずらし?ww

>「悟りなどない」と思ってるお前が、「悟りの体験を語る彼の書き込み
> に対して」、  「そのような体験は、薬物で起こる体験と変わらん」 と
>言ったんだろうが?www

はい、これwwww
違うんだったら、ちゃんと反論してねwwww

426 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:51:12.88 ID:MtD+XCbx
>>425
当たり前でしょうにw
悟りが無いと思うから、そう言ったので、悟りがあると思えばそうは言えないわな。
悟り(という有り難いもの)があって、それが麻薬体験と同じである〜というのは阿呆でしょうなあw
で、何がおかしいのか?
悟りが無いというのに、「それは麻薬体験と同じようなものだ」と言うのはおかしいって?
蔑む表現で全くおかしくないと思いますが、何がおかしいのか具体的に説明してくださいなwwww

427 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 01:53:34.70 ID:i4pf9VuY
>>426
割り込みゴメン

なぜ 悟り がないと思われるわけですか?

428 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:56:16.31 ID:tBBSfbgQ
まぁ劣等感がないなら、そもそも蔑むこともないわな
阿保をやたら使うことにより自己の劣等感を修復しているに過ぎない。
哀れな存在といえる。

429 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:56:17.16 ID:MtD+XCbx
>>427
では、仮に悟りがあるとして、その悟りとは何ですか?
定義を教えてくれませんか?定義は曖昧模糊、抽象的定義は不可です。
具体的に悟りの定義を教えてください。
そうすれば有るのか無いのか検証もできるでしょうw
しかし、そもそも大前提の定義すら無いものは無いとしか言えないわけでw
定義は無いが有る〜というのはキチガイ。

430 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 01:59:02.97 ID:vdvb4Xin
<追記>
>偏重していない事を、ツマラナイ男って誰が言ったか知らないが、
(>まあ、平均の偏重なしの他の住人と同じ意見で、ツマラネエ男だねえ〜って誰かが言っていたなあww )

前後の話しの内容が分からないので何とも言えないが、
これも、半分ジョーダンで言ったのかもしれないんだよ。

とにかく、この言葉も紐君が、自分の欲を満たす言い訳に使用しているとしたら
かなり深刻だね。

431 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:02:46.14 ID:tBBSfbgQ
>>429
悟りはないですよ。確かに定義は存在しない。
釈迦は中道を悟ったと言っただけ。
優越感と劣等感を行き来しているあなたは中観に
取り組めばいいと思いますよ。

432 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:02:47.10 ID:hEPWNvKE
>>429
悟りとは智慧の事だよ
智慧とは一切の思いが滅した状態の事だ
解らんだろうがな

433 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:03:16.65 ID:qzOxIAr3
>>426

>悟りが無いというのに、「それは麻薬体験と同じようなものだ」と言うのはおかしいって?

誰もそんなこと言ってないでしょ?w だから、なんで「誰も言ってないことを妄想して」
勝手にそれを否定するの?

いいか? 
>「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」
これと「同趣旨のこと」 お前は言ったでしょ?
上記の意味は、「悟りというものが実際にあるかどうかは置いといて」
多くの者がそのような体験をしたと語るわけw それに対して、
そのような者たちが語る悟り感覚などは「薬物やってハイになった のと
変わらん」・・・・・と、お前は発言したわけww
違うの?  お前は、そのように発言しなかったわけ?

おれが勝手にねつ造したのかよ? お前の発言をwwww

434 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 02:05:41.72 ID:i4pf9VuY
>>429
それは禅の師家なり、密教の阿闍梨なりに直にたずねることでは?
もしこの世界からの救いを求めるのなら阿弥陀の誓願に頼るのもいいでしょう

悟りは人生の敬謙であり体感で ただ頭の働きで理解するものではないと思うけど

説明してみろではなく求めないと自分から

435 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:08:22.67 ID:hEPWNvKE
>>431
中道とは中観の見地を実際に行う行動の事だ
それは智慧と同義となる
解らんだろうがな

436 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:11:18.69 ID:qzOxIAr3
っていうか、マジで薄気味悪くなってきたんだがww

自分で>>23 と書き込んでおきながら、
>「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」

→こんなこと言ってない。 ねつ造だあああああ  ってw

ホントに精神やられているのかいな?

437 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:11:42.52 ID:BbDh3+jD
>>429
大前提の定義すら無いものを無いと言うのもキチガイじゃね?

438 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:12:39.85 ID:MtD+XCbx
>>433
>「同趣旨のこと」
にはならんでしょ、と言っている>>420

アンタが同趣旨にとるのはアンタの勝手。
私の趣旨は>>420の通り。
事実上「「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」等とは一言も言っておらず、
しかも趣旨が違うと指摘するも、>「同趣旨のこと」と言うのは、まるで私が通報したのと同じ構造ですなww

私はそういうのを全部認めてOKですよ〜と言っているのだが、セブンやパーピマンは「我こそは正でお前は誤」
を貫こうとする。そこが私とアンタ達との違いですわ。
私は隠居氏は7割支持します。パーピマンは以前は9割位支持していましたが、一気に5割となりましたw
セブンは1割ですかねえ、机氏、閻魔氏も5割位だから私の中では隠居氏がもっとも私に近いですねえ。
面白いw

439 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:16:38.02 ID:CRHzl5mR
 
>>427 サロメ.☆ボウディア さんへ

ID:MtD+XCbx さんは
何の為に
縁起・空・無我を観察するのか?
が、わからない人のようなので
ID:MtD+XCbx さんを相手にするのは、やめた方が良いかも

サロメ.☆ボウディア さんに↓おすすめ

http://www.onedhamma.com/
14/06/01 「こころの時代」視聴された皆さまへ
14/4/27 「仏教3.0」が切り開く未来
14/4/25 第二回「アップデートする仏教」を体験しよう!

440 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 02:16:45.09 ID:i4pf9VuY
>>436
薬飲んでるか酔ってるんじゃ?

441 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:16:58.20 ID:qzOxIAr3
>>438 別にお前の評価など、どうでも良いがwww

趣旨がちがう????  お前の>>23 の書き込みは、
彼が自分の悟り体験を語ったことに対して、
「そんな悟り体験は、薬物やって ハイになるのと変わらん」
・・・・・・・・・
こうだろうが?w  違うのかよ?www

442 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 02:17:58.41 ID:i4pf9VuY
>>439
了解.
北海道のゴミ山昆布臭いしw

443 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:18:51.35 ID:qzOxIAr3
>>440 確かにw 正常な言動とは思えんw

言ってることが、もう支離滅裂だww

444 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:20:44.87 ID:CRHzl5mR
 
>>439 の続き

サロメ.☆ボウディア さんに↓おすすめ

http://myanmarbuddhism.info/wp-content/uploads/sites/2/2013/09/amapofthejourney.pdf
自由への旅 〜ウィパッサナー瞑想、悟りへの地図〜 248ページ参照

過去に起こってきたことを考えたり、思い出したりすること
そして、それを賢明に利用することは、私たちのすべきことです
ブッダでさえ、自身の過去生について語りました
それについて語ることは有益です

しかし
(この現世においての過去と
  そして前世について
  掴み捉えようとしていると
  「心の流れ(心相続)がある」という想いから離れることができなくて
  輪廻から解脱することが出来なくなるので)

過去についてあまり考えすぎたり
それを習慣にしたりはしないでください

445 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:20:52.86 ID:tBBSfbgQ
>>438
ひとつの試みとしてだ。
君はオカルトが嫌いなわけだろ。
あえてオカルトに触れてみてはどうかな?
心底オカルトが嫌いな男などおらんよ。
そこで一定の理解が得られれば、あとは余裕でスルーできる。
10対0を自分に課すんじゃなくて、わずかでもエキスを
取り入れることにより優越性は崩れ、劣等性は補われると思うよ。

446 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:21:31.94 ID:MtD+XCbx
「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」
「そんな悟り体験は、薬物やって ハイになるのと変わらん」
微妙に表現を変えても駄目w

何故、後者に表現を変更したのだ?
理由を聞かせてくれ。
前者のままであれば、そのような事は一言も書いておらず、趣旨も違う〜と何度言えばわかるかな?w

447 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 02:22:32.46 ID:i4pf9VuY
>>444
ありがとう

寝る前に拝見させていただきます

448 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:26:50.10 ID:vdvb4Xin
>>438

>事実上「「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」等とは一言も言っておらず、

なら、どのような判断をして、通報に至ったのだ。

紐君の判断や行動、それを、そのまま今、指摘されているだけではないか。

自分がしたことでしょ。

449 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:27:46.06 ID:qzOxIAr3
>>446 wwwwwwwwww

お前が、あまりにも読解力がなさ過ぎて、理解できないようだから言い換えて
やったんだよww

上の文の「悟りの感覚などは」・・・・・これは、彼の書き込みを受けての
レスだから、当然「彼の」悟り感覚を指示してるのww

「(彼の)悟りの感覚などは、(実際そんなもんあるはずないんだから)
薬物やってハイになった のと変わらん」・・・・・ここまで但し書き
入れねえと理解できねえの?ww     

450 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:30:59.82 ID:MtD+XCbx
>>447
また、別の言い方で言えば、
我こそは悟った人間である〜というのをアナタは信じますか?
禅の師家なり、密教の阿闍梨は、我(彼)こそ禅の大家だ、我(彼)こそ阿闍梨だ〜
というのを信じますか?

で、彼らを信じて教えを請う〜彼らこそ頼るべきもので灯明であると〜

私はその立場を否定する。仏陀の自灯明・法灯明に反するから。
有り難そうなものを頼るという事を止めよ〜という有り難い教えこそ吟味するに値する。
まさに矛盾を内包する教えではあるがw

451 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 02:36:34.65 ID:i4pf9VuY
>>450
仏陀はサンガを肯定し弟子に後を託しました

452 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:38:40.38 ID:MtD+XCbx
>>449
>上の文の「悟りの感覚などは」・・・・・これは、彼の書き込みを受けての
>レスだから、当然「彼の」悟り感覚を指示してるのww

人の読解力を云々するより己の日本語力を磨けw
その意味で言うのなら、但し書きを添えるとか色々気をつかって当然。
何の注釈もなしでは、彼ではなく私の〜という風にとれるし、どちらにも
取れる意味で使って己の想定した意味でとらなければ「読解力がない〜」って
どんだけ自己チューなんだww

453 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:39:46.75 ID:qzOxIAr3
っていうか、こいつマジでおかしいだろ?ww

自己の悟り体験を語っている者に対して、 こいつは >>23 にあるように
 
>覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜
> 大麻やった最初の感覚は強烈で〜

>と言っているのと変わりませんなあw

と書き込んだわけよw   俺は、それを

→「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」
と言ったと、
このように簡潔に一文にまとめたわけだが、 それに対して

「俺はそんなこと言ってない。ねつ造だああああ」  ってwww

真正の精神疾患者か?

454 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:41:38.44 ID:qzOxIAr3
>>452 wwwwwwwww

自分の読解力のなさを他者に転嫁するんじゃねええ、バカたれwww

455 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:41:49.55 ID:hEPWNvKE
>>450
波羅提木叉(比丘の戒律)の中には
「己の成果(悟り)を阿羅漢等の上位者以外に話してはならない」
と言う決まりが存在する
何故そんな決まりが有るのかの理由はアーナンダが師に尋ねなかった所為で不明だが
嫉妬や無駄な焦燥感や不信や懈怠を誘発して僧伽に不和が生じる事を戒めたと言われる

456 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:42:15.48 ID:MtD+XCbx
>>453
両者を同趣旨と捉えて勝手に捏造する方がキチガイでしょうw

457 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 02:48:43.80 ID:qzOxIAr3
>>456 wwwwww  同趣旨だろうが?

彼の悟り体験を指して、「そんなもの薬物の体験と変わらん」 っと言ったん
だろうが?www

お前の発言を
→「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」

このように要約したことに対して、「ねつ造」という認識を持つものが
他にいるのか?www

お前の判断力は、一般人とかなり乖離しているぞww

458 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:52:54.75 ID:CRHzl5mR
 
サロメ.☆ボウディア さんへ
> ありがとう
> 寝る前に拝見させていただきます

教学も実践も頑張って下さい

準提功徳衆、寂静にして心常に誦すれば
一切諸々の大難、よくこの人を犯すこと無し
天上及び人間、福を受くること仏の如く等し
この如意珠に遇はば、定んで無等等を得ん
もし我、誓願大悲のうち、二世の願を成ぜずんば
我、虚妄罪過のうちに堕して、本覚に帰らず大悲を捨てん

礼拝帰依 - ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
普礼真言 - オン・サラバ・タタギャタ・ハンナマンナ・ノゥ・キャロミ
准胝観音
大準提咒
ノウボ・サッタナン・サンミャクサンボダ・クチナン・タニヤタ・オン・シャレイ・シュレイ・ソンデイ・ソワカ
小準提咒 - オン・シャレイ・シュレイ・ソンデイ・ソワカ

459 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 02:53:19.28 ID:MtD+XCbx
「そんな悟り体験は、薬物やって ハイになるのと変わらん」
ならば、私もそんなに異は唱えないが、
「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」
では駄目でしょうw

日本語に疎い人間は議論も駄目だなw

460 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 03:02:31.96 ID:qzOxIAr3
>>459 wwwww

「悟りの感覚」・・・・これはね、普通に読めば、(実際に悟りのあるなしに
かかわらず)  「自分が悟ったと思った人がもつ感覚」・・・・こういう
意味だわなww

→「自分が悟ったと思った人がもつ感覚」などは、 薬物やってハイになったのと
  変わらん

どこがねつ造?ww  お前の主張まんまだろうがww

461 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:08:24.75 ID:MtD+XCbx
「悟りの感覚」と言えば、一般的な悟りというものがあってその感覚〜
という事だろうが、そもそも私は悟りなど無いという立場の人間w

「そんな悟り体験」と言えば特定の「彼」の体験を指している事は当然で
それに対して薬物云々は私の意見。

両者が同じ主張であるというのは余程日本語が駄目なのですねえ。
そんなにアホっぷりを表明して大丈夫ですか?wwwwwwwwwww

462 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/02(月) 03:13:50.48 ID:9DdvRL49
>>327-328
情報提供ありがとうございます。

大地震の前兆患側と予知技術に関しては、
赤外線観測(NASAの衛星観測と中国の科学班が特許申請中)と電磁気伝播異常の検知が最有力でしょう。
ただ一般公開しないだけで、すでに優れた観測データの記録がかなり蓄積されていますから。
たぶん本気で国家予算を投入すれば、すぐに在る程度の精度をもって予知が実現されるでしょうね。
が、このことを知らない世論の流れで
予知は諦めて耐震技術の方へと予算が切り替わる流れへ現在はなったのですね・・・。

あと、このスレの多くの参加者たちのように、
たかが幽霊存在の有無程度の話でこれを理解できずに引っ掛かってるようでは、
それ以上のレベルの話などは、到底、できないように思います。
もう、ある意味でニューエージや新興宗教の信奉者たちにも完全に負けてると思う。

463 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/02(月) 03:14:43.86 ID:9DdvRL49
>>201>>204>>212
参考:
 『スリランカ仏教におけるオルコットの業績』8.仏旗の制定
 近畿大学文芸学部教授/西尾秀生(著)
 龍谷大学アジア仏教文化研究センター
 http://barc.ryukoku.ac.jp/research/upload_file/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E2%85%A2_web.pdf

仏旗とも酷似してる印象ですが・・・
幕(五正色幕)についての由来はホント別物なのか?
できれば、幕が陰陽五行説から採ったものなのかどうかは自分で確認したいと思います。

464 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/02(月) 03:16:30.92 ID:9DdvRL49
>>462
訂正:
 ×前兆患側
 ○前兆観測

465 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:24:49.33 ID:vdvb4Xin
>>461
もうだめだよ、紐君。

@悟りなどない。
   ↓

A瞑想で得た体験を述べている人がいる。
   ↓

B悟りなどないのだであるから、その体験、それは薬物だ。
   ↓
C通報する

自分の意見というよりも、その意見を通す為にいいがかりをつけて
陥れるような事は、私の意見と言わないのだよ。

日本語が駄目と、また話しを変えて悪印象操作だけは異常に発達している。

自灯明、法灯明も、何をしようが勝手だに変換していないか。

466 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 03:25:48.35 ID:qzOxIAr3
>「悟りの感覚」と言えば、一般的な悟りというものがあってその感覚〜
>という事だろうが、・・・・・・・

いやもうこの時点でおかしいことに気づいてないわけか。
一般的な悟り・・・というものが、あるのか否か?  というのは
全くの別問題。 そのことには言及してないのw 
「悟りというものが実際にあることを前提としていないの」

しかし、「自分が悟ったと思う者は実際にいるわけ」・・・そういう人たちが
もつ感覚という意味ww

実際、お前のレスは「一般論ではなく」 →「彼に対しての」レスだったろうが?ww
ならば、俺の要約文にある「悟りの感覚」・・・・この「悟り」は、当然
「彼の」悟りなわけww  彼の悟り体験に対するレスなんだから、
「彼の悟り感覚」なのww

→「彼の悟り感覚」などは、薬物やってハイになるのと変わらん

はい、これがお前の書き込みの要約ねww
どこがねつ造?wwwwwwww

467 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:31:25.53 ID:MtD+XCbx
>>466
だから、「彼の」ならば「彼の」と書けと言っているw
単に「悟りの感覚などは、薬物やってハイになった のと変わらん」と書いて
「彼の」という意味でとってくれ〜というのはアンタの勝手な希望であり、何の注釈も無ければ
捏造と言われても仕方あるまいw

まあ、これだけ説明しても理解できないのならもう駄目だね。
作家にはなれないなw

468 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 03:33:04.18 ID:qzOxIAr3
「悟りの感覚」・・・こういう言い方は実際に悟りがあることを前提と
している。・・・・私は実際に悟りなどないと思っているのだからねつ造だ

wwwwwww
勝手に人の文章に恣意的な意味を投射して、文意を捻じ曲げて自己正当化を
図るww  まさに「揚げ足とり」でしょ?ww

469 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 03:37:57.11 ID:qzOxIAr3
>「彼の」という意味でとってくれ〜というのはアンタの勝手な希望であり、何の注釈も無ければ
>捏造と言われても仕方あるまいw

wwwwwwwwwwww
お前、誰にレスしたの?ww
悟り体験を語った彼に対するレスだったんじゃなかったの?w

ならば、当然、俺の要約文に出てくる 「悟りの感覚」は《彼の》
悟りであることは言うまでもないことなのww
そんな明白なことにまで、いちいちくどく「彼の」などと但し書きなどつけんわww
通常の日本語能力の持ち主なら、そんなこと言われなくてもわかってるwww

マジで日本語不自由なひと?wwwwwww

470 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:38:18.11 ID:MtD+XCbx
もう繰り返して言っても無駄だろうから言わないが、
私は悟りが無いから捏造と言っているのではない。

揚げ足をとってもいない。

完璧におかしい日本語で難癖をつけるパーピマンに、何がおかしいか
説明して、捏造であると言っている。

まあ、パーピマンこそ精神に異常があるのではないのか?
己の間違いを絶対に認めない〜というwwwwwww

我こそは多数派で標準で正当で頭が良い〜とうぬぼれていないか?
なんか透けて見えるぞwwwwww

471 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:42:26.51 ID:MtD+XCbx
>>469
>ならば、当然、俺の要約文に出てくる 「悟りの感覚」は《彼の》
>悟りであることは言うまでもないことなのww

はいはいw
勝手にそうしておきなさいなw

我こそは正しい、我の考えこそは標準だ〜ってねww

472 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:51:17.21 ID:vdvb4Xin
>>467

そもそも「彼の」などと書かなくても、
「彼が」その体験を書いたんだ。希望や注釈とかではないでしょ。

作家にはなれない←また、悪印象で話しを逸らし。

473 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 03:59:23.91 ID:XJEp4Ien
煩悩まみれの自分の頭で考えちゃダメだよね。
下手な解説もいらんし
お釈迦様の教えを聴くのが一番だし
お経について何が書かれてるのか議論した方が楽しいよ。

474 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 04:17:46.20 ID:qzOxIAr3
>完璧におかしい日本語で難癖をつけるパーピマンに、何がおかしいか
>説明して、捏造であると言っている。

どっちが難癖?ww
お前が、勝手におかしな意味にとって「ねつ造だあああ」と喚いてるだけでしょ?ww

お前のその自分勝手な独断による難癖に賛意を表明するバカは、このスレには
いないと思うぞww
あ!  別によかったかww  お前は、一般的他者の見解とは乖離した独自路線を
行くんだったなwww

まあ、迷惑なクレーマーではあるがwww

475 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 04:37:32.79 ID:MtD+XCbx
>>474
>お前は、一般的他者の見解とは乖離した独自路線を行くんだったなwww
そのとおり!w
だから隠居氏に賛同する部分が大きいのかもしれん。
ただ、私は隠居氏にも3割は賛同していないが、事実上このスレでは私と最もシンパシーがある人ではあるw

パーピマンよ、何かしら文章を書けば、それが己の想定している方向とは別方向にとられることも多々ある、ありうるのだよ。
いくら、私は○○の意味で書いたと「後で」釈明しても駄目で、複数の解釈に取れる場合は慎重に書くものだ。
全く、配慮に欠けたお前の書き込みに異議を申し立てれば、「お前こそ精神病である」と自らの間違いを認めない〜
セブンとも共通する嫌らしい人間性が現れているな。

私は友達にするなら隠居氏だ、最も駄目なのはセブンで次にパーピマンだなw

いやあ、2chは面白いですなあw
叩きあいこそが2chの醍醐味ですものねえw

476 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 05:41:07.08 ID:CRHzl5mR
 
>>463 宝珠さんへ
>>353 の脳神経外科の世界的権威も認めた死後の世界
>>439 の14/06/01 「こころの時代」視聴された皆さまへ

 ↑ これも参照よろしく

生と死について
あおぞら − 虚空法身(阿頼耶識が大円鏡智に転ずる)
雲 − 我愛・末那識

心は壊せないと知ること、これが実相法身である
心はあらゆる現象を含むと知ること、これが功徳法身である
心は無心だと知ること、これが法性法身である
相手の能力にしたがって法を説くこと、これが応化法身である
心は無形であり不可得だと知ること、これが虚空法身である
http://blog.goo.ne.jp/tenjin95/e/e1b06b843b22a5776115b43c75cec569

477 ::2014/06/02(月) 06:27:45.11 ID:TjHuBEBW
>>435
>中道とは中観の見地を実際に行う行動の事だ それは智慧と同義となる

>>142
>(参考)
中論(ちゅうろん):具には『中観論』と名づく、四巻。龍樹菩薩造り、青目菩薩訳し、姚秦の鳩摩羅什訳す。古来三論の一と為し、極めて尊重さる。
その説相は最も徹底して中道を主張し、空を破り仮を破り、進みては併せて中に執する見をも破り、謂わゆる八不中道、即ち無所得の中道を説いて般若思想と為す者である。

上記の「大智度論」の註)だと般若者は「中観をも破る」ようにも読めます。
この註)が和訳者のものか、鳩摩羅什のものかを分かる方を探しておりますので、ROM各位の中でもご一報いただければ幸甚に存じます。

478 ::2014/06/02(月) 06:47:09.38 ID:TjHuBEBW
>>477
(他の註の例)
註:無生法忍を得たる菩薩は、六道を遍くして、衆生を利益するも、此の事を敢て説かず、秘密と為せるは、乃ち信じ難く、説き難きが故なり。亦た以って諍論を避くるの意あるべし。
註:衆生の数中とは、阿羅漢を除く、余の四衆を云う。
註:膊(はく)は肩の骨なれば、他本及び理に従い、腨に改む。

479 :一切法無我:2014/06/02(月) 07:57:15.17 ID:s0pqP+eW
>>200
>では、閻魔に問う!
>今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダになったというのは誰々なんですか!!

ああ、見過ごしていたわw
応答は<不識>の一言で済む。
(以下余談)
そもそも『今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダにな』る、と言う命題そのものがナンセンスだw
“悟った”→超越神通スーパーマン化イメージは子供じみた妄想でしかない。
<覓心了不可得>(無門関41)
<心不可得>(金剛般若経18)

仏法は執着対象となる世界観の構築=固定「仏教」教義ではなく、
実存苦の根本的超克を本懐とする菩提心凡夫へ向けた実践仏道そのものだ。
実践仏道は、ものごころついて以来の既成観念とくに自己意識や思い込み物語などの
★“すべての妄想”を「捨てる!」技術である。
内乱れざる(定)うちに、外相を離るる(禅)ことで、すべての妄想を「捨てる!」ことで
般若智直覚によって、縁起の直接現実の現観に至る。
その様相が対象化不能である以上、言語不立であって、勝義そのものはありえない。
したがって、『解脱し、完成』なるものもありえないのである。
勝義はカウント(分別)不能だからだ。
カウント可能な『教えとしての言葉(仏教)』との『ごっちゃ』はありえない。
★宝珠はじめ多くの仏教関心者の限界は「勝義がある」と考えることです。
     *そのうえで、その「果」分を可説とする、という空海に至っては、一切外の妄想の大伽藍構築以外のなにものでもない。

ではどうするか?
★あくまで世俗で本懐(実存苦の根本的超克)から逆算推算するしかありません。
それはその本人(仮設)の問題です。
  ただただ『水月の道場(空)に座して<分別不立>、空華(妄想・色)の万行を修す<分別>』
どんなことがあっても大丈夫。これが慶安=安心(達磨)の境地です。

『しかもかくのごとくなりといへども、華は愛惜にちり、草は棄嫌におふるのみなり。』(道元「現成公案」冒頭)

480 :一切法無我:2014/06/02(月) 08:17:48.99 ID:s0pqP+eW
>>477
>上記の「大智度論」の註)だと般若者は「中観をも破る」ようにも読めます。

あったりまえやんw

無矛盾の中観も『想いからの解脱』でしかないからだ(Sn.1072)。
<『想いからの解脱』においての解脱>×α(無限)→発散 =『中道』と象徴す。

『中観派には<定説>というものが無いのである』(中村 元)
この中村のことばを深解している者は少ない。

>この註)が和訳者のものか、鳩摩羅什のものかを分かる方を探しておりますので、ROM各位の中でもご一報いただければ幸甚に存じます。

誰が言ったかで、評価を変える権威主義者らしいお願いだなww

481 :一切法無我:2014/06/02(月) 08:28:25.80 ID:s0pqP+eW
訂正
△ 『中観派には<定説>というものが無いのである』(中村 元)
〇 『中観派には<定説>というものが無いのである』(中村 元 龍樹p364 中論18-6の脚注)
出所を明示してなかった、ご免。 

482 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 09:40:08.88 ID:qzOxIAr3
>>475 wwwwwwwwww  アホか?

いいか? 俺は、「通常の日本語読解力を有する」ひとを想定して
文章を書いてるのww
お前のように、極度に読解力が劣る相手を想定して、(通常なら余計である)
但し書きなど付加しないわけww  かえって文意が伝わりにくくなるからなww

配慮に欠けた???  www
笑わすなよww  通常の人なら、十分、あれで理解できるわけw
なんでお前のような異常に読解力が劣るものに合わせて文章作成をしなければ
ならないわけ?ww

現に俺の文章にクレーム付けてんのお前だけでしょ?
お前の「クレーム」を難癖であると評価してた者はいたみたいだがww

ここで対話したいんなら、「通常の日本語読解力」を身に着けてからにしなwww

483 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:02:40.89 ID:tBBSfbgQ
わかった。
仏教の智慧とは真我のことだわ。たぶん勝義諦もそれを指す。
確かに我ではないから、真我の表現よりも智慧の表現の適正だろう。
ひらめきの源泉とでも思えばいい。

484 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:08:36.19 ID:9+udLnaI
真我とは要するに全体意識のことでしょうか。

485 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:13:24.91 ID:tBBSfbgQ
>>484
たぶんそういうことだと思います。

486 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:24:33.86 ID:FY8pJW/g
>>483
ヨガやっている人達が、あなたと似たような見解を示す事が多いですよ。
彼らはバガヴァッド・ギーターの中に仏教は生きていると言ってます。

それから、無我と非我について調べている時にあるWebページに辿りついたのですが、
大パリニッバーナ経の中に、隠居氏のような無我・非我の捉え方を
釈尊自身が否定している項目があると述べている方がいました。

これから読む予定の本が10冊以上あるので、すぐには読めませんが、
大パリニッバーナ経を読んでみたいと思います。

487 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:27:16.45 ID:FY8pJW/g
念のために書いておきますが、私が辿り着いたWebページは、
決して隠居氏の事を挙げていた訳ではありませんよ。

488 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:40:37.27 ID:tBBSfbgQ
1066 師は言われた、
「ドータカよ。伝承によるのではない、まのあたり体得されるこの安らぎを、
そなたに説き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の
執著を乗り越えよ。」

1067 「偉大な仙人さま。わたくしはその最上の安らぎを受けて歓喜します。
それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著を乗り越えましょう。」

1068 師は答えた、
「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいてそなたが気づいてよく知っている
ものは何であろうと、──それは世の中における執著の対象であると知って、
移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。


これは仏道そのものです。何事にも無頓着であれということです。
ついでに輪廻の妄想を抱くのはダメと念を押されています。

489 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 10:42:36.82 ID:CRHzl5mR
 
> ここで対話したいんなら、「通常の日本語読解力」を身に着けてからにしな

例えば
私(ID:CRHzl5mR)の場合は
他人の文章を理解する能力が欠如してる
他人と対話する能力が欠如してるので
「おまえは社会不適合者である」と認定されたことがあるけど
(実践は、したことはないけど)
とりあえずは教学として勉強させて頂いてるけど

 − これに対して −
紐君(ID:MtD+XCbx)の場合は
一般的な仏教の基本的な教学を勉強をしてから
(その次の段階として)
ここ(仏教議論スレ)で議論に参加した方が良いかも

紐君へ
仏教の場合は
〔「ぼくは、こう思う」という自我の主張が間違いである〕
ということが、わかってないですよね?

490 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 11:09:59.12 ID:qzOxIAr3
>>489 なんていうかねw 仏教に関する知識の多寡によって、議論の

参加資格、云々をいうつもりなどないが、議論に参加するのであれば
「最低限の知識」というものは必要でしょう?
それがなければ、「聞く側」として、それなりの礼をつくして聞けばよいのであって、
最低なのは、自己の浅薄な知識を顧みず、部外者であるにも関わらず
土足で侵入してディスリまくるバカww つまり、信仰の自由を認めず
自己の偏向度の高い偏見を唯一の判断基準にして、「お前ら皆、バカ」と
断定してくるアホww

まあ、中村元の市販本、一二冊読んだくらいで、仏教わかったつもりに
なる御仁だからしょうがないがwww

491 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 11:12:31.34 ID:tBBSfbgQ
1082 師(ブッダ)は答えた、
「ナンダよ。わたしは『すべての道の人・バラモンたちが生と老衰とに
覆われている』と説くのではない。この世において見解や伝承の学問や
戒律や誓いをすっかり捨て、また種々のしかたをもすっかり捨てて、
妄執をよく究め明かして、心に汚れのない人々
──かれらは実に『煩悩の激流を乗り越えた人々である』と、わたしは説くのである。」


重要なポイントがここにあります。
見解や伝承の学問や戒律や誓いをすっかり捨て、
また種々のしかたをもすっかり捨てて、です。
何かに拘ること自体が阻害要因になってしまうのは事実です。

492 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 11:14:10.87 ID:CRHzl5mR
 
>>489 の続き

紐君(ID:MtD+XCbx)の場合は
一般的な仏教の基本的な教学を勉強をしてないようなので

無明の暗闇に覆われて
渇愛によって
「(何かを)掴んで離すことが難しい」という「想い」が現れ(滅し)ている

だから
仏教の場合は
〔「ぼくは、こう思う」という自我の主張が間違いである〕
ということが、理解できてない
ということだと思います

http://home.att.ne.jp/delta/myrobalan/mulama.html
第二十六章 十二の鎖の環(十二因縁/十二縁起)の考察
1.意訳
無明の暗闇に覆われて
人はその者自身を未来の生へと
追いやることになる性質を持った
身体的な行為、言葉による行為、心による行為を行う(カルマを積む)
6.意訳
渇愛によって
「(何かを)掴んで離すことが難しい」という「想い」が現れ(滅し)ている

493 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 11:30:17.34 ID:CRHzl5mR
 
>>490 パーピマン さんへ

私(ID:CRHzl5mR)は、オカルト肯定派なので

基本的には
パーピマン さんへとは対立関係にありますが

だけど、今回の、紐君に対しての
> 議論に参加するのであれば「最低限の知識」というものは必要でしょう

には同意させて頂きます

これからも
セブン先生、パーピマン さん、その他の先生の方々へ
これからも叱咤激励よろしく願います

準提功徳衆、寂静にして心常に誦すれば
一切諸々の大難、よくこの人を犯すこと無し
天上及び人間、福を受くること仏の如く等し
この如意珠に遇はば、定んで無等等を得ん
もし我、誓願大悲のうち、二世の願を成ぜずんば
我、虚妄罪過のうちに堕して、本覚に帰らず大悲を捨てん

494 :最後のサムライ:2014/06/02(月) 11:38:17.61 ID:YOI4Wa5t
創価学会は商売・金儲けに仏法を利用している邪教!

商売信仰を辞めて本物の信仰を学ぶべし!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

495 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 11:45:12.90 ID:vjr6bp6v
>>490
只管「釈迦の正当化」に耽るのは、議論ではない。それでは単に、開祖の
盲信と開祖への生理的ともいえるあくなき執着。議論は、釈迦の言説
に対する徹底的批判から始まる。

日本の仏教は大乗仏教であり、南アジアの仏教ではない。

「中心思想」を知るには、概説書で足りる。膨大な仏典の枝葉末節に拘る
から、かえって中心思想が見えなくなる。一度きりの人生の貴重な時間の、
これ以上の浪費はなかろう。

現代では宗教は、世の中にはクソの役にも立っていない。害悪のみ。過去の
遺物の惰性的残存に過ぎない。人間は、世俗によって生かされている以
上、世の中への貢献を考えるべきではないのか。宗教は、古代人の生存の
ための「手段」の一つとして発生したことを、忘れてはならない。

496 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 11:58:15.87 ID:tBBSfbgQ
1099 過去にあったもの(煩悩)を涸渇せしめよ。

結局、釈迦仏教というのはこれなんだよね。
過去を清算する以外の方法論はあるかもだが、
俺は亜流だと思う。

497 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 12:03:37.26 ID:vjr6bp6v
>>496
釈迦盲信という「最大の煩悩と執着」w。

498 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 12:06:39.03 ID:tBBSfbgQ
>>497
いっとくけど俺のは盲信じゃないからね

499 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 12:22:18.53 ID:tBBSfbgQ
1111 「内面的にも外面的にも感覚的感受を喜ばない人、このようによく気をつけて
行っている人、の識別作用が止滅するのである。」


これが難しいかもしれないなぁ。気を付けるというか意識的にやるしかないんだよね。

500 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 12:39:16.49 ID:tBBSfbgQ
1146 (師ブッダが現れていった)、「ヴァッカリやバドラーヴダや
アーラヴィ・ゴータマが信仰を捨て去ったように、そのように汝もまた
信仰を捨て去れ。そなたは死の領域の彼岸にいたるであろう。ピンギヤよ。」


とどめがこれ。師を信仰するピンギヤに対して言った言葉。
信仰というものが一番の阻害要因ということです。

501 :一切法無我:2014/06/02(月) 12:41:41.90 ID:s0pqP+eW
>>486
>彼らはバガヴァッド・ギーターの中に仏教は生きていると言ってます。

どこがじゃw
アホだろう。
『私(バガヴァッド)は要素(グナ)と行為(カルマ)を配分して四種姓(ヴァルナ:カースト)を創造した。
 私はその、作者ではあるが、しかも行為しない普遍のものであると知れ。』(4-13) 

こんなサーンキヤ哲学ごときのどこに仏法がある、生きているというのだ?
「カーストの義務を果せ!」と怒鳴り、煽るクリシュナの「行為」(行為してるやんw)と仏法にどういう整合性があるのだ?

>真我

仏法とは真逆だ。

502 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 12:53:00.58 ID:MtD+XCbx
>>490
>信仰の自由を認めず→誰が認めていないって?私はオカルト宝珠にはオカルトと申し上げるし、業報輪廻信者には偽者とは言うが
信じるのを止めろなどとは言った事が無い。人には「勝手な捏造だ」という癖に己の勝手な捏造は当然ってか?ww

隠居70点
机、閻魔50点
宝珠、在家、おじゃる20点
セブン、パーピマン5点

これがこのスレの住人の評点だw
無論、私を100点としての話ですよw

503 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 13:54:48.08 ID:CRHzl5mR
 
> 私を100点としての話ですよ

無明の暗闇に覆われて
渇愛によって
「私を100点としての話です」
と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

 − これに対して −
(色受想行識)の受と想を滅させて
無明滅 → 行滅 → 識滅させて
「業報輪廻信者は偽者」と掴み捉えようとしている「想い」を滅させて

縁起したものを離れる
それこそが苦しみの終わりである
すべての苦しみから解放される

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0095/BR00950L017.pdf

504 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 13:57:34.12 ID:sGlMbIXS
>>353おじゃる氏
>小学4年生の時の、小雨が降る午後6〜7時頃
> 「落武者の霊を、ハッキリ・クッキリ見た」
>と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

ええ分かります。私はそういう方々とリアルに接してますからね。
一応はパーソナリティー障害が専門ですが、神経症も得意とします。

私の場合ですと、小学4年生まで退行催眠を掛けます。
そうしますと、殆んどの場合は現時点と過去の出来事は相違するのが一般的です。
つまり記憶といいますのは、その経過とともに変節・変異してきます。
記憶というのは、一端バラバラになった断片を再構築することによって現時で現れるのです。
これが貴殿がレスした
>と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

このことですね。現れ滅すのが記憶です。

よく犯罪事件等で、目撃者の証言がクルクル変わる。というのは聞いたことがあるでしょう?
実は記憶というのは、再構築するごとに変化するのです。
これは退行催眠掛ければ明白なのです。

子供の頃のトラウマは、殆んどが「見捨てられ不安」が起因してます。
これは不安が増長して恐怖になり、ある種幻影を現出します。
この原因を辿っていくと、殆んどは寛解に向かいます。

505 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 14:12:09.31 ID:sGlMbIXS
>>504のつづき
>この原因を辿っていくと、殆んどは寛解に向かいます。

子供の頃のトラウマは、そのトラウマの時点で時間が止まってる場合が殆どです。
ですから、その小学4年生から人生をやり直すのが治療法です。
これも催眠術です。

つまり、子供の頃に得られなかったもの。貴殿は渇愛と言ってますが、まさにその通りです。
それを得ることによってトラウマも消滅します。

昔、酒鬼薔薇斗事件というのがありましたけど、あの犯人も過去まで遡って治療しました。
私の治療方法もあれと同じです。
現時点においてはメジャーな方法ですね。

506 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 14:38:45.38 ID:vdvb4Xin
>>504
机さん

その犯罪事件などの目撃者というのは、隣のアパートから大慌てで
逃げて行ったとか、自分にとって間接的ですね。
しかし、記憶力の良い人や、直接被害にあった人の証言をもとに
人相を描くベテラン刑事さんがたくさんの事件を解決しという
ドキュメントTVが以前にあったのですが。
他にも記憶があいまいな為にちょっとした貸し借りだけでも
トラブルがおきたりはもちろんあるのですが、どちらかの記憶が
正しいのでしょう。

記憶のメカニズムも、時と場合があるのではないですか。

507 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 14:41:43.47 ID:qzOxIAr3
>>502 wwwwwwwwwww
ホント、バカだねwこいつww

>信じるのを止めろなどとは言った事が無い

信じるのをやめろと言わなければ良い というわけ?www
お前は口では、「信仰の自由」は認めるといいながら、実質、その
彼らの信仰の自由に干渉してるのw

悟りを信じてるものをアホと言ってませんでしたか?
業報輪廻を信じる者を偽物? www

俺はね、このスレでは自分は、「アンチ業論」の筆頭だと思って、それは
激しく業論信者に噛みついてきたよww
しかし、それも彼らが「その業論というのが、仏教という宗教内の信仰の
範疇を超えて《一般的現象》であると主張したときだけ」ww
彼らが「仏教という一宗教内の教義上の事項として」語るときは、部外者は
口を挟むべきではないと考え、議論に参加するのも控えてきたけどねww
どちらか、判別が困難な時は「どっちですか」と、よく宝珠に聞いたもんだww

508 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 14:42:29.03 ID:qzOxIAr3
「悟り」ついては、言うまでもないww  仏教の最終ゴールを仏教徒でもない
自分がどうこう言うべきではない・・・と考えてるからねw
座禅、瞑想等の実践も真剣にやってない部外者が口を出すべきことでは
ないでしょ?ww
俺は、勿論、「悟り」とは《個人のある特殊な精神状態》を指示している
言葉であると考えてるがねww
少なくとも、「仏教徒たちの目標」である「悟り」を  無いと断定したり
「アホ」と揶揄したりはせんわなww
俺は、お前が今まで繰り返してきたそういう言動を「信仰の自由を認めていない」と
表現したわけw

教会でキリスト像に向かって祈ってる信者に対して
「そんな木の像に祈っても無駄ですからw アホですか?」 と言ってるのと同じw
俺はもちろん、キリスト教の神など全く信じていないが、
以前、キリスト教スレにお邪魔した時は、それは言動に注意したもんだw
彼らの信仰に干渉しないようにねww
お前に、そのような配慮はありますか?w
人には「配慮を欠いている」とか言って要求するくせに、自分が他者に「配慮を
欠いた言動」するのはOKですか?wwww

509 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 14:52:25.09 ID:vdvb4Xin
>>506の続きです。

記憶があいまいと言うのは、人はみなそうだとは思うのですが、
全ての記憶は、全部ウソだというのは通らないと考えます。
仏教で(過去に)執着するなとは、記憶は全部ウソだではなく、
己の欲に執着するなではありませんか。

ですから、何か子供が親などに認めてもらえない恐怖心のトラウマから
甘えたい気持ちからウソをついて、おかしな話しをつくりあげるのが、
癖になり、そのまま人格化したら、
対人(対社会)で暴力(言葉のトリックも含む)を用いてでも
話しをすり替えるということがあるかもしれません。

510 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 14:53:01.72 ID:CRHzl5mR
 
> 退行催眠

前世の記憶は虚偽記憶の一種であるという批判があり
かつて催眠によりありもしない記憶が作られた例が多くあった
多くの前世療法家は「過去性の記憶」と実際の歴史との符号を調査していない

1960年代にヴァージニア大学精神科の主任教授に着任した
イアン・スティーヴンソンは
「退行催眠によって本当の前世の記憶が蘇ることは稀にしかない」
とも語っている
  _  _  _

だけど
私(ID:CRHzl5mR)の場合は
前世の記憶はないけど、輪廻肯定派なので
退行催眠・逆行催眠で前世まで戻って
前世において
落武者と因縁があったのか?どうか?
確かめて見たいと思います

511 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 14:58:12.79 ID:MtD+XCbx
悟りをあるものとして志向するものは阿呆w
業報輪廻をあるものとするものは偽者w
瞑想の変性意識こそ悟りだとか言うものは阿呆w
ここからここまでが仏教、宗教的見解でここからは一般的現象〜なんて
誰が前置きして語っているのだ?

阿呆に阿呆と指摘し偽者に偽者と指摘する、だからといってオカルトを信じるなとか
輪廻転生を信じるなとか言った覚えは無い。
どこが「信仰の自由」干渉しているというのだ?

阿呆と思っていても阿呆と言ってはいけません〜
キチガイと思っていてもキチガイと言ってはいけません〜

というか、パーピマンの指摘こそが「強制的」に気に入らない人間の発言を排除しようとする
傲慢な姿勢ではないか?
人に指図する前に己を省みた方が良いのではないのか?w

512 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 15:07:09.11 ID:sGlMbIXS
>>506
記憶ってのは、直近の記憶なら覚えていますよね。
だけど記憶ってのは忘却の彼方に消え去っていくのが普通ですが、
それが何かの「縁」によって、記憶が蘇るのでありますが・・・

この蘇った記憶というのは、一端バラバラになって記憶の断片を再構築する訳ですから、
当然、過去の記憶とは違った分節・変異するのは当然でしょう。
ですから、この記憶の構築を何回でも繰り返せば、その回ごとに異質になるのが当然なんじゃないですか?

仏教でいう「心相続」というのは、この記憶が相続してる。ってことですけど、
これは相続でも何でもないことが解せましょう?

>他にも記憶があいまいな為にちょっとした貸し借りだけでも

記憶ってのは、基本的には自分に都合の悪いことは忘れるものですが、
都合悪いことでも、心に深く傷を負った場合は、それが増幅するものかとおもいます。
こうなると、傷を埋める何らかの方法によって自己アイデンティティーを保とうとするんですが、
これは「心に傷」に関連したものでなくては、自分を癒せない。
だから「被害者の会」とか立ち上げて、自己の負い目を何とか解消したいという欲求を満たす。

例えば隠居氏は、過去においてカルトで随分苦労なさったようで、その反動がアンチ宗教のスタンスを取るとか、
そういうことでありますね。

513 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 15:25:40.32 ID:sGlMbIXS
>>509
>甘えたい気持ちからウソをついて、おかしな話しをつくりあげるのが、
> 癖になり、そのまま人格化したら、

ええ、人格障害ということですから、人格を形成する時期において何らかのトラブルがあって、
未熟のままに大人になってしまった。というのが人格障害の一般的な定義ですね。

> 全ての記憶は、全部ウソだというのは通らないと考えます。

ウソということではありませんね。
人間は情報を、パソコンのようには保存できない。ってこってす。
自分では正確に情報をアタマで保存できる。と思っているかもしれませんけど、
変節・変異した情報こそ正確なもの。と思ってるに過ぎない、ということですよ。

だから心とは、断片・断片でしかないということですね。継続している訳ではない。

514 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 15:30:59.40 ID:CRHzl5mR
 
> 仏教でいう「心相続」というのは、この記憶が相続してる。ってことです

それ自体の自性ではなく
因と縁の縁起の働きに依存して
五蘊の仮和合の仮の状態であるからこそ

果報を生じさせる為の業(ごう)の力によって
過去からの「心の流れ(心相続)がある」という
「想い」が現れ(滅し)ている

業(ごう)
業はその善悪に応じて果報を生じ、死によっても失われず
輪廻転生に伴って
心の流れ(心相続)に付随するものとされた

無明薫習
(輪廻を繰り返し)
衆生は無始からの無明を持っている
真如に薫習し、その薫習によって妄心を生ずるのである
妄心とは業識である

515 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 15:44:02.80 ID:vjr6bp6v
>>512
別にカルトで苦労しなくても、世界の歴史と現状を宗教思想面から見れば自明。

正論の今年7月号で、西を幹二は、ヨーロッパ500年の殺戮の歴史を、キリスト教
思想の見地から解明している。しかし彼は、イエスのどの「教え」が具体的にその殺戮
の原因となったかは指摘できていないので、私はそれをやっている。

カルトというが、原理的には釈迦とイエスが最大・最悪のカルトであることが、
理解できなければならない。即ち、「肉体を忘れた精神性のオナニー」という狂気
である。

516 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 15:54:58.53 ID:qzOxIAr3
>>511 wwwwwwwwww

>どこが「信仰の自由」干渉しているというのだ?

十分、「干渉」してますなww
自分が信じなければ、黙ってスルーしとけばよいだけのことでしょ?
「彼らはそれを信じている」んだからww  それを「アホ」とか「糞」とかいう
権利は誰にもないわなww
彼らのその「信仰が」信仰の範疇を超えて一般的事例、現象であると
主張し始めるのならば、そのときは、「んなことあるかいww」と
反論すればよいだけww

ちなみに、日本国憲法で保障されてる精神の自由ってしってる?
日本国憲法が保障している諸処の自由のうち最も重要視されてるものw
「信仰の自由は《それが内心の自由に留まるならば》→「絶対的」な自由が
保障され、他者がそれについて外部から干渉することを禁じているの」
・・・・・わかる?w  他者が抱いている信仰に他人が、どうこう言える権利
などないのww  それについての、誹謗、中傷、罵倒、揶揄・・・・
これらすべて「不当干渉」なわけw その程度によっては、名誉棄損、侮辱罪
に該当する場合もあるわけww
信仰の自由に関しては、それが「外部表明」され「他者との利益衝突」が生じた
ときに個別に精査して判断しましょう・・・となってるのが、凡例および
学説の定説ねww

「伝統仏教など糞」と、言うことは・・・・・・・りっぱな「信仰の自由に対する干渉」ですなww

517 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/02(月) 15:55:24.15 ID:a+S9xXuD
>>511
変性意識が悟りです。
その悟りの副産物が輪廻です。

阿呆で上等。しかし真理でございます。

518 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 15:56:45.76 ID:PrrDKt9c
>>514
業報は因果の流れに起こる影の様なものであり、因果の集約的傾向性を業報と言う
因果も業報も人の生死に依存して居ない、寧ろ、生死と言う呼称自体の方が業報因果に依存している
心は肉体に依存しているので、心相続は1肉体内でのみ可能であり完結する、例外は無く外には出ない
例えば怒りの念が平静に戻るのも心相続である
肉体が外界に依存して成り立っている限り、心相続も外界の影響を受ける
心相続は肉体の影響下にある為、肉体を失えば心相続も消滅する
これを消滅しないと主張すれば即ちそれはオカルトとなり超自然現象となる
超自然現象はこの世界には有り得ない
自然は自然を超える事は出来ないし、越える事をしない
何故なら、自然こそが無我故に作為が全く無いからだ
超自然現象は自然現象を”超える”作為を持つ為、自然ではない
自然ではないものは作為的であり、それは世間にしか起こりえない
世間に起こる全ては分別があり、無分別ではない
無分別でないものはニルヴァーナには有り得ない
ニルヴァーナに在らざるものは自然にも在り得ないのだ

519 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 16:01:36.33 ID:qzOxIAr3
>>511
>阿呆と思っていても阿呆と言ってはいけません〜
>キチガイと思っていてもキチガイと言ってはいけません〜

このバカ、「思ったことは何でも口にして良い」とでも思ってるのか?ww
何のために、名誉棄損罪やら侮辱罪が定められてると思ってるのか?ww
発想がまるで、小学生ww

520 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/02(月) 16:08:28.04 ID:a+S9xXuD
>>515
いいえ、ご隠居。逆に考えるのです。
宗教があるからこそ人類はあの程度の虐殺で済んでいるのです。
宗教と言う妄想がなければ、人類はアフリカのサバンナで野垂れ死にして絶滅していたでしょう。

521 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 16:12:33.03 ID:CRHzl5mR
 
> 心相続は肉体の影響下にある為、肉体を失えば心相続も消滅する

それ自体の自性ではなく
因と縁の縁起の働きに依存して
五蘊の仮和合の仮の状態であるからこそ
それ故に

http://www.daitouryu.com/iyashi/voice/voice03.html
我愛を滅させることが出来なかった場合は
この現世において肉体を捨て己(おわ)っても
因と縁の縁起の働きに依存して
異蘊相続して
又、次の、この世の生に戻り来る

522 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 16:24:15.50 ID:PrrDKt9c
>>521
異陰相続の論には前文があり
「業報ありて而も作者無し」とある
因果ありて業あり、且つ果報有っても尚その作者が判らない
要するに、効果は眼前に起きているのに、その理由も発起者も不明だと言っている
人は生まれながらに無知として生まれる、無知故に我が報の業と作者が不明のまま生まれるのである
大抵の人は仏道に縁せずに無知のまま死ぬ、この無知のまま死んだあとに生まれる人は無知にて生まれる
無知に死して無知にて生まれる、無知と無知はこの様にして、無知故に連結してると無知なる誤解を生ずる
これが異陰相続の真のメカニズムなのであり、連結していると観る事こそが無知故の無恥なる妄想そのものなのである

この世界の理由の解らんものは大抵庭前の柏樹子、つまり業報ありて而も作者無しなのである

523 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 16:33:13.13 ID:PrrDKt9c
>>521
無知なるものはその生が終わって死した後、生まれ変われると無知にて思う
無知なるものが前世を思う時、無知故に我は相続せしめたり(私は転生した)と無知を晒して思う

その思い一切が煩悩であると無知のものは気付けない、故に無知と言う

524 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 16:53:28.03 ID:Jv8w30kF
>>519
>このバカ、「思ったことは何でも口にして良い」とでも思ってるのか?ww
>何のために、名誉棄損罪やら侮辱罪が定められてると思ってるのか?ww

自分に言ってるのか?

525 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 16:59:43.93 ID:MtD+XCbx
>>516
>彼らのその「信仰が」信仰の範疇を超えて一般的事例、現象であると
>主張し始めるのならば、そのときは、「んなことあるかいww」と
>反論すればよいだけww

これは宗教的見解である、これは一般的現象である、等と誰が断って書き込みしている?
つまりは、俺は他人を罵倒するかもしれないが、お前が罵倒するのは信仰の自由の干渉である〜
と言っているのと変わらんわなw

さて、このスレでは「アホ」「阿呆」と書けば名誉毀損やら侮辱罪になります〜ってアンタ頭大丈夫か?

526 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 17:14:16.19 ID:qzOxIAr3
>>525 wwwwwwwwwww

>これは宗教的見解である、これは一般的現象である、等と誰が断って書き込みしている?

「輪廻転生について、・・・という経典では〜〜〜のように語られています。
・・・・・・仏教の教義についての質疑応答ですなw

「実際、生まれ変わりというものがあり、前世で悪行積めばその報いが
今世で現れたりします」・・・・・一般的現象における主張ですなww

ただ、どちらでの話かわからない場合もあり、そのようなときはまず
聞いてから議論に参加するかどうか考えるといったよね?  日本語読めてる?WW

>つまりは、俺は他人を罵倒するかもしれないが、お前が罵倒するのは信仰の自由の干渉である〜
>と言っているのと変わらんわなw

はい、誰もそんなこと言ってませんね?  また得意のねつ造?WWW

>さて、このスレでは「アホ」「阿呆」と書けば名誉毀損やら侮辱罪になります〜ってアンタ頭大丈夫か?

はい、また曲解wwwwwwwwwww
誰が、名誉棄損罪、侮辱罪になる  といった?
俺が言ったのは、「他者の精神の自由を意味もなく、不当に誹謗中傷するのであれば
そのような行為が「名誉棄損罪」「侮辱罪」に該当する場合もある」
と言ったのw 

つまり、そのような行為の不当性の指摘w 実際にそれが該当するか否か?
などは逸失利益等の考慮等、面倒なことが多いのでほとんどのものがスルー対応
だがねWW  ただ、それが「するべきでない行為」であることは明らかなわけW

全く、ひとの書き込み勝手に捻じ曲げて自己正当化を図るWWW
どうしようもねえな、こいつW 

527 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:16:45.94 ID:5EpQjZWP
うそつきパラドクス Liar Paradox 2013  1:25:15
http://www.youtube.com/watch?v=vd_1cvQmZ58

528 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:25:52.85 ID:MtD+XCbx
>>526
つまり経典の出典を明らかにしない発言は全て一般的事象としての発言であり
そのような発言にだけ場合によっては罵倒しても構わない〜というのか?
そんなルールがあるのなら>>1のテンプレに書くことだな。

経典の出典を明らかにしている書き込みに、罵倒は厳禁。
経典の出典を明らかにしていない書き込みはケースにより罵倒しても構わない。
他者の精神の自由を意味無く不当に誹謗、中傷しないように気をつけましょう。

529 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:43:00.17 ID:vdvb4Xin
机さん、少し戻ります。

>全ての記憶は、全部ウソだというのは通らないと考えます。(>>509

とは、机さんのこの話に対してしました。
   ↓ ↑
>>504

>そうしますと、殆んどの場合は現時点と過去の出来事は相違するのが一般的です。
>つまり記憶といいますのは、その経過とともに変節・変異してきます。
>記憶というのは、一端バラバラになった断片を再構築することによって現時で現れるのです。

一端バラバラになった断片を再構築などというのは、体験そのものを
いかに忠実に表現するかの視点が抜けているのではないか、私は言っているのです。

遠い4年生、つい先ほどのといった、
時間経過よりも、体験を表現する時に再構築に常にウソで構築していくというのが、
何かトラウマがあったと考えられるわけですが、
ウソと言う時は、何か対人(対社会)に対しての病的な関わり方をするのです。

再構築といいましても、そのままの再現もあるのです。
その記憶を芸術的な表現を用いたとしても、より伝えるの為の工夫の中での
再構築でありそれはウソではない。

530 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:46:23.82 ID:lZXgT5QJ
>>520
>宗教と言う妄想がなければ、人類はアフリカのサバンナで野垂れ死にして
>絶滅していたでしょう。

野生動物は、生存に無関係な「架空の神」のために、同属同士で殺しあったりは
しない。その意味で、宗教の開祖・信者は、文字通り「犬畜生にも劣る存在」。

開祖の精神病・知能低下の症状としてのちっぽけな宗教の教典ではなく、大自
然と生命という「一大聖典」から学ばれたし。

531 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:49:23.52 ID:vdvb4Xin
ウソと一般的に言われるのは、恐怖心やトラウマやでコントロールができていない、
しかもそのコントロールを失した状態が常態化し、他者に見境なく被せる、
硬化した大人は、もはや本人はウソをついているとも思っていませんよ。

どこかで言葉を盗んで、
もうすり替えすぎて、
ひょっとして、「あるがままの自然とでも」無意識に自己弁護に盗用しているかもしれません。
しかし無差別に暴れる殺人者などは、それが行き着いた姿です。

やはり、ウソはあるのですよ。
子供が 棚のまんじゅうをお兄ちゃんの分まで食べたとして、
食べていないと言い張る。
そんな事はとても可愛い「よしよし、お腹が空いていたのだね、
お兄ちゃんも空いているだろうから、そういう時は、お兄ちゃんに聞いてから
、そしてもらえなければ、少しがまんしようね」

ウソが人格化するとは、そういった事ではない。

そこを、一辺倒に考えてしまうのは、どうかなと思ったのです。

同じ船長でも、船や船乗員と共に最後までの方もいるし
一番先に逃げる方もいます。

532 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 17:52:27.34 ID:lZXgT5QJ
>>520
人類の巨大な文化と文明は、宗教の狂気に抗して生き残った生存本能
から発生した。

宗教が、科学の発達をいかに阻害してきたかを理解せよ。ルネッサンスの
人間主義は、宗教に対する生命の反逆であった。

533 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 18:06:32.43 ID:IQ187tyT
532北朝鮮マッドサイエンティスト、隠居の登場w

534 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 18:20:28.70 ID:sGlMbIXS
>>529
>いかに忠実に表現するかの視点が抜けているのではないか、私は言っているのです。

記憶とはイメージですから、ウソはないのですよ。
「表現」というのなら、そこでウソが介在する場合がありますけど、それとは全く違いますね。

パーソナリティー障害というのは、殆んどがウソで固められてます。
自分というものがないので、自分を演技するしかない。だからウソの自分を作りあげますが、
過去の記憶というのは、鮮明に覚えています。部分的にですが。

例えばですが、幼少の頃に親と約束したことを、成人になっても約束を守る。とかですね。
常に心は不安定で、子供そのものです。

だからパーソナリティー障害に退行催眠を掛けても、幼少の頃に記憶が回帰します。
これは潜在的に隠された部分ですから、催眠掛けないと自分でも知らないことです。
つまり自己防衛の為に記憶を抹消してしまうのですね。
無意識にそうします。

そういった原因がありまして、自我が育たない。だから虚言の人生を歩むことになる。

535 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 18:30:37.16 ID:9+udLnaI
心のエネルギーは物理的だと感じます。
過去の記憶を嘘で消すのは、そうしないと受容、消化できない負の物質を食べたからでしょう。
カルマはこの負の心のことで、これを正道で止滅させる技が仏教だったりして。自己への許しが究極!?

536 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 18:32:33.32 ID:IQ187tyT
>隠居70点
机、閻魔50点
宝珠、在家、おじゃる20点
セブン、パーピマン5点

これがこのスレの住人の評点だw
無論、私を100点としての話ですよw




わろたw
俺なら気違い度100点、隠居、机、宝珠、在家、
       50点、閻魔
       計測不能、バービー

537 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 18:36:57.99 ID:sGlMbIXS
>>531
>硬化した大人は、もはや本人はウソをついているとも思っていませんよ。

パーソナリティー障害の場合は、自我というのがそもそもないから、
他人には自我があるように演技しなければなりません。
ですから、そもそもが虚構の自分ですから、ウソで固める他なくなる。
つうか、本当の自分というのは知らないんですからね。

自分がないのだから、他人というのも分からない。自他の境界がない。
愛という意味が分からない。
こういうことですね。

538 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 18:40:45.28 ID:9+udLnaI
自我がないのは無我とは違うの?

539 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 18:57:58.81 ID:sGlMbIXS
>>529
>再構築といいましても、そのままの再現もあるのです。
>その記憶を芸術的な表現を用いたとしても、より伝えるの為の工夫の中での
>再構築でありそれはウソではない。

再構築といっても、それが必ずしも過去の記憶とは限らない。
例えばですが、現時において飯を喰ってる状態であっても、それは過去の記憶の再構築している訳ですから。
現時が幼少の頃だったりする訳です。

そうすると、現時というのは幼少の頃であり、また幼少の頃というのは現時である。とも言える訳ですね。
でもこれはウソではない。現にあるものが全てですから。
しかしこれを勘違いすると、ウソになる。

本当のことを言うと、ウソになってしまう。

540 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 19:01:54.23 ID:sGlMbIXS
>>538
ええ、確かに私もそれに興味を持ったのですが、
そもそも自我がない。というのは無我という概念がないのです。
それがどういう意味なのか分からない。ってことです。

自我がある故に、無我という概念が持ち得る。ってことですね。

541 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 19:03:42.03 ID:IQ187tyT
机は嘘さ、全部ーうーそーさ、夏のデクスはまぼろしーーw

542 :さとりもえ:2014/06/02(月) 19:15:24.96 ID:irNY/ln9
482 名前:パーピマン ◆hVgvvzQ7pw [] 投稿日:2014/06/02(月) 09:40:08.88 ID:qzOxIAr3 [30/36]
>>475 wwwwwwwwww  アホか?

いいか? 俺は、「通常の日本語読解力を有する」ひとを想定して
文章を書いてるのww
お前のように、極度に読解力が劣る相手を想定して、(通常なら余計である)
但し書きなど付加しないわけww  かえって文意が伝わりにくくなるからなww

配慮に欠けた???  www
笑わすなよww  通常の人なら、十分、あれで理解できるわけw
なんでお前のような異常に読解力が劣るものに合わせて文章作成をしなければ
ならないわけ?ww

現に俺の文章にクレーム付けてんのお前だけでしょ?
お前の「クレーム」を難癖であると評価してた者はいたみたいだがww



おまえ大丈夫か?

543 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 19:15:58.61 ID:sGlMbIXS
>>540
>自我がある故に、無我という概念が持ち得る。ってことですね。

これについて少し説明します。
矛盾しているかとおもいますが、実は矛盾のままで全てを受け入れる。というのが仏教の大意なんですね。
これは非常に難しいことなんですけど、
そのうちに私の書いたことも分かるかとおもいます。

ちなみにウソではありません。

544 :パーピマン ◇hVgvvzQ7pw:2014/06/02(月) 19:32:04.29 ID:irNY/ln9
400 名前:パーピマン ◆hVgvvzQ7pw [] 投稿日:2014/06/02(月) 00:50:47.04 ID:qzOxIAr3 [8/36]
ひぃあぁぁあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜wwwwwwwwww

いいこと思いついたぁぁぁーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

545 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 19:36:17.52 ID:CRHzl5mR
 
> 経典の出典を明らかにしない発言は全て一般的事象としての発言であり …
> そんなルールがあるのなら>>1のテンプレに書くことだな

紐君(ID:MtD+XCbx)の場合は
仏教質問箱スレから、仏教議論スレが出来た
という経緯を知らないであろうから
仏教質問箱スレの 1のテンプレを貼り付けて置きます

卍 仏教 質問箱 卍 パート33
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1379880304/1
(経典・論書・解説書とかの リンクなどを貼り付けて)
出典などを示してください
明確な出展なく自説を述べる場合は、その旨はっきりさせると無用な議論の紛糾の防止になるでしょう
  _  _  _

仏教質問箱スレから、仏教議論スレが出来たので
基本的には
仏教質問箱スレの 1のテンプレも受け継いでる
と思われるので
(経典・論書・解説書とかの リンクなどを貼り付けて)
出典などを示してください
みたいな感じだと思われる

546 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 19:59:57.17 ID:9+udLnaI
みんなパーソナル障害があって自我なんてないのに、一生懸命、作っているというのとは違うんだね。
自己保存欲求は身体の痛みから作られるのかな?
自己意識がない人は身を守る行動を取るんでしょうか?

547 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 20:22:23.59 ID:MsSxuJS3
対立概念のあるものは独立しておらず幻
この世のものはすべて対立概念がある
よってこの世のものはすべて幻

548 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 20:25:42.59 ID:sGlMbIXS
>>546
神経症の方は、自分がビョーキなのは自覚できますが、パーソナリティー障害の場合は、自分の障害は自覚できません。
ただ「世の中生きていくのは生きにくい」という自覚だけあって、その原因が自分にも分かりません。
自分が人格障害であるということを知るのは、何らかに切っ掛けがあるからです。

> 自己意識がない人は身を守る行動を取るんでしょうか?

殆どの場合は他人を見下して、自分が優位に立つことにおいて自我が保てます。が
他人を常に利用することしか考えてませんので、関わると間違いなく酷い目にあいますね。

ですから掲示板だといって安心はできません。微妙に相手の人格操作するのは得意です。
人格操作されますと、殆んどは心が病んできます。

このスレにはそういった、人格障害者が複数書き込みしてますから、精神を操られないよう注意した方が宜しいいです。
では。おやすみ。

549 ::2014/06/02(月) 20:27:39.80 ID:TjHuBEBW
>>477
>この註)が和訳者のものか、鳩摩羅什のものかを分かる方を探しておりますので、ROM各位の中でもご一報いただければ幸甚に存じます。

註)中論:その説相は最も徹底して中道を主張し、空を破り仮を破り、進みては併せて中に執する見をも破り、
謂わゆる八不中道、即ち無所得の中道を説いて般若思想と為す者である。

和訳者の方から、註は自身で付けたとの情報を頂戴しましたので報告致します。>住人各位
尚、本スレではこの註に対して、お二人からコメントを頂戴しております。

机氏:
>>137 注釈は全然違いますね。 つうか、貴殿は故意に注釈を曲げているのか?
>>143 中道を主張するなら、空は中道ですし、仮も中道だから、あえて徹底して中道を主張するなら、 空と仮を破っちゃ駄目でしょ?
閻魔氏:
>>480
あったりまえやんw
無矛盾の中観も『想いからの解脱』でしかないからだ(Sn.1072)。
<『想いからの解脱』においての解脱>×α(無限)→発散 =『中道』と象徴す。

550 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 20:39:19.44 ID:CRHzl5mR
 
> 自己意識がない人は身を守る行動を取るんでしょうか?

実践したことはないけど
教学としては ↓ こんな感じかも

例えば仮に
(色受想行識の)受と想を滅させて
無明滅 → 行滅 → 識滅させて

縁起したものを離れ

〔その場所に〕来ることも説かず、行くことも、留まることも
死ぬことも、生まれることも〔説か〕ない

それ故に
(色受想行識の)受と想を滅させることが出来た人の場合は
「身を守る行動を取る」と掴み捉えようとする「想い」も現れない

それこそが苦しみの終わりである
すべての苦しみから解放される
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0095/BR00950L017.pdf

551 ::2014/06/02(月) 20:48:23.52 ID:TjHuBEBW
>>339
>聖霊の本来の意味は、創造主が人間に吹き込んだ息吹(生命)の意味であるが、
> 新約聖書はそれを「どこか外部から鳩のように舞い降りてきて、イエスの上だけに
>止まるもの」など外在化してしまったのである。つまりイエスやキリスト教は
>「聖霊を冒涜した」のである。

イエスは冒涜していないようですが。
根拠は二ケーア公会議以前の原始キリスト教社会では、「人は全て神の似姿であり神の子である」という
教えもございました(参考「トマスの福音書」)。
その頃の真剣なクリスチャン達は手をかざして人々の病を癒し、霊を取り除いて、多くの奇跡を起こしていた
ということを、初期教父のエイレナイオスが彼の著書の中できっちりと残しております。

しかし、二ケーア公会議で勝利したアタナシウスが出した復活祭書簡で現在の聖書以外のキリスト教関連文献は
焚書されて今日に至り、貴方のご指摘の通りの現状だということでしょう。

でも、第二次世界大戦以降に焚書した筈の原始キリスト教関連文献は次々に復活しネットでも訳を読めるように
なっておりますのも、神仏の意志ということでしょうか。

とスレ違いなので簡潔にコメント致します。 サロメさんからは反論がございましたが。

552 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/02(月) 20:51:19.04 ID:sGlMbIXS
>>549
閻魔氏は勝義諦を書き込みしたもので、
私は世俗諦を書き込みした。同じことです。

空は実体がない、仮は現象のことですから、矛盾・対立は当然ある。
しかし矛盾・対立もそのありのまま受け入れる。も中道なり。
ということなら、あながち世俗諦は間違いではない。

まあ、全ては戯論に過ぎないものを、なにもあえて破ろうこともなかろう。

553 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 21:03:45.65 ID:DQQyKF/b
>>541
IDが神だな

554 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 21:06:03.68 ID:3G4IMg/D
>>551
グノーシスは古代でも教会の主流ではなくアタナシウスの時代にはすでに地中海地方では滅びて
ローマの領域には残っていませんよ^^
そしてローマの力が及ばない キリスト教の教会の影響が微々たるものだったペルシアの領域以東でも
文献や遺跡は残っていません
アタナシウスがローマの領域で焚書したとしても同時代のペルシャ以東でなにもも残っていないのはおかしいですよね^^

グノーシスはマニ教という形で佛教に寄生したけど現在では絶滅寸前
インドのヒンドゥにも影響を与えていない現実を認めましょう

555 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/02(月) 21:27:31.23 ID:a+S9xXuD
>>530
ご隠居、人間はそもそも犬畜生にも劣る存在なのです。
そこには同意します。
だからこそ大自然の中では生きていけないのです。
試しにご隠居は素っ裸になって武器も持たずにアフリカのライオンの群れのど真ん中に突撃してみてください。
自分が犬畜生以下の存在だと身を持って体験できるでしょう。

大自然に対抗して人間が生存する武器とは何か?
宗教であり神です。
つまり狂気です。
言い換えれば「知恵」ともいいます。

神は架空の存在ではございません。
大自然を支配したい、全知全能という人間の欲望を投影したものにすぎません。
神は実在します。
それは人間そのものです。

人間は狂っているので同属同士の殺し合いなんぞ当然です。
むしろ宗教という妄想を共有するおかげで、あの程度の殺し合いで済んでいるのです。

556 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 21:29:26.89 ID:vTXImW9f
まあ、紐君を擁護すれば、
今、九時のニュースで児童虐待の話やってたが、
行政が気付けないのは、最悪の事態を考慮せず、性善説に立って、
まさかそんなことはないだろう、と想定の外に置いていたからで、
今後の行政の対応は、最悪の事態に備えたものであるべき・・という、役所の人間のコメントがあったりした。
それと同じだと見れば、生温かく見守れなくもないw


ま、それでも、今回の件は冤罪を成立させ得る稚拙な決め付けでしかないがな・・。

557 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 21:49:29.94 ID:9+udLnaI
受と想が滅するというのはほんとに無くなることなんでしょうか。あるけど、自分自身と離れているってことなのかなあ。
普通の人でいられないことは確かだよね。

558 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 21:56:50.59 ID:Q/UwvOC8
>コレ悟りかよ!?

あなたすばらしい
まさしく紙だね

559 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:01:37.37 ID:tBBSfbgQ
>>557
忘れるとか気にならない程度のものと思っていいです。
全然普通です。

560 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/02(月) 22:08:14.07 ID:a+S9xXuD
>>532
ご隠居、人類の巨大な文化と文明こそが狂気そのものです。
核ミサイルの傘の下で、科学文明より宗教が狂ってるとどの面下げて言えるんですか。
どちらも狂ってるし、同じです。

科学とは新興宗教の一種です。
ルネナンチャラのことはよく知りませんが、これ以上狂うなと宗教が科学の発達を阻害したんなら当然です。

あとご隠居、人間に生存本能なんぞ、これっぽっちもございません。
そもそも動物にも無いんじゃないかしら。
「死にたくない」・・・これがご隠居のおっしゃる生存本能だとしたら、まさに人間の妄想であり最初の宗教です。

死の恐怖こそが人間の根源的な妄想であり、そこからの逃避が宗教です。
生存本能=宗教です。

561 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:08:28.73 ID:9+udLnaI
なるほど、感覚と表象を気にしないで放っておくんだけど、作為的じゃなく、ただ無心でいるんかな。
なんかブッダさんの話、読んでいると心だけが切り離されていく印象があるんだよね。
で、心が無くなったところで無常苦を利用して自我を滅却するみたいな印象。

562 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:19:06.47 ID:DQQyKF/b
まあ、修行僧にならないなら経験できないだろうし
どうでもいんじゃね?

563 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:20:11.22 ID:tBBSfbgQ
>>561
その辺のところは個人差もあることなのでなんともいえないとこです。
ただ純潔性によるところも大きく、仏教とジャイナ教でかぶる四戒は
絶対です。或は八正道の正語あたりも絶対といえます。

564 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:32:30.73 ID:tBBSfbgQ
中道で迷う人も多いと思いますが、絶妙の喩えがありました。

弦は、締め過ぎても、緩め過ぎても、いい音は出ない、程よく締められてこそ
いい音が出る、比丘の精進もそうあるべきだと釈迦に諭され、
ソーナはその通りに精進し、後に悟りに至った。


若干強めぐらいのニュアンスでいいと思います。
また、釈迦が苦行を捨てた時の不退転の意志のような強い意志を
持つことも必要だと思います。

565 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:35:07.91 ID:9+udLnaI
性行為はなぜ禁止されるんだろうねw
殺生とか盗みとか嘘つきがダメなのは世の中でも常識的だけども……
八正道は善いことしなさいという漠然とした意味合いでしか難しそう。

566 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:35:34.49 ID:CRHzl5mR
 
> 受と想が滅するというのはほんとに無くなることなんでしょうか

実践したことはないけど
教学としては ↓ こんな感じらしい

(色受想行識の)受と想を滅させる為の、想受滅(滅尽定)
http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/kenkyu1/fl-shokibukyo/shoki-soujumetu.htm

原始仏教では「四禅三明」の教説、あるいは、単に「四禅」の教説が広く説かれている
「四禅」の後に、さらに、無色界の四処定(空無辺処、識無辺処、無所有処、非想非非想処)を説明することが多い
想受滅は、それをも超えた位置に置かれていて、この想受滅の直後に「解脱」するとされる

(D)四禅にもとどまらず、四処にもとどまらず、非想非非想処も超えて、想受滅を成就する

(C)は、想受滅においては
諸根(眼耳など)の働きはあるが、心作用のうち受、想、行が滅している

567 :Johannes ◆ZoK7CkoQlk :2014/06/02(月) 22:40:08.99 ID:1Fyw6nbA
.

>>554 白目さん


お前さんは頭が悪いのだから.こちらの住人へ迷惑を掛けてはいけないよ.




.

568 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:44:33.64 ID:tBBSfbgQ
>>565
性行為自体は可です。戒は不道徳な性行為及び行き過ぎた快楽依存です。
八正道に善行の観念はありません。純潔性と捉えて下さい。

569 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 22:47:04.64 ID:w0F9ow9W
釈迦の「無我」とは、生来の「我」を喪失して、代わりに釈迦の「我」に心を
占拠されること。「無我」でも何でもないw。

見知らぬ我に心を占拠されるという、統合失調症の典型的症状。イエスについても、
全く同じ。

抗精神病薬を辛抱強く服用すれば、釈迦もイエスも消滅する。それでも
効果がなければ、電気けいれん療法という、さらに強力な療法がある。

まず代表者として、最も嵌り込みの深いセブン氏とサロメに試して欲しい。
治療の結果を2chで報告頼む。

コレサトは治療中だが、彼が服用している薬剤はすべて躁うつ病薬で、統合失調症
の処方ではない。精神科医は、コレサトは、躁うつ病で、人格の崩壊はない
と判断しているようだ。

570 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 22:56:24.56 ID:qzOxIAr3
>>528 wwwwwwwwwww

こいつマジで頭わるいなww

>つまり経典の出典を明らかにしない発言は全て一般的事象としての発言であり
>そのような発言にだけ場合によっては罵倒しても構わない〜というのか?

誰がいつ、その例示が「限定列挙」だと言ったか? あくまでも一つのモデルケースの例示w
他にも、「チベットのゲルク派では・・・・・ということが伝承されています。」とか
「天台の教学には・・・・・と説かれています。」 とか
「〜寺の〜師がいうには・・・・・ということです。」  とかそれこそ無限にあるだろうがww

>他者の精神の自由を意味無く不当に誹謗、中傷しないように気をつけましょう。

wwwwwww
んなこたあ、「オマエ以外の」誰にとっても常識だから、いちいちテンプレに
書く必要などないわいwwww

571 :Johannes ◆ZoK7CkoQlk :2014/06/02(月) 22:56:24.80 ID:1Fyw6nbA
.


薬物(向精神薬)を投与できない精神科医の何と無力なことよ.

「たぶらかす」以外には何もできないのだからね. 図星でしょ.ご隠居さん>>569




.

572 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:01:22.89 ID:tBBSfbgQ
>>569
では、我とは何ですか?脳ですか?妄想ですか?

573 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 23:08:41.63 ID:3G4IMg/D
>>567
グノーシスなんて既成宗教のマニ教に落ちぶれた幼稚な二元論
佛教スレで持ち出されてもねw

浄土教関連でさえ二元論ではないし 透明な食物が光を増やすから
キュウリやブドウとか食べさせるとかw

574 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:09:18.06 ID:w0F9ow9W
>>560
>そもそも動物にも無いんじゃないかしら。

どんなに小さな動物でも、捕らえようとすると必死で逃げるのは、一体何故かね。
細菌でさえも、抗生物質に対する耐性を作って、死を免れよとする。

>「死にたくない」・・・これがご隠居のおっしゃる生存本能だとしたら、まさに人間の妄想>であり最初の宗教です。

死は、すべての人間に公平に間違いなく訪れるのだから、妄想ではない。妄想とは、
ないもの、架空のものに恐怖すること。

>死の恐怖こそが人間の根源的な妄想であり、そこからの逃避が宗教です。
>生存本能=宗教です。

必然的に訪れる死から、いくら逃避しても、逃避にはならない。科学のみが、逃避を
可能にする。

自然宗教と創唱宗教とは、全く性質が異なるから、はっきりと区別すること。前者は、古代人の生存のための手段として発生したが、後者は、開祖の精神病の感染という精神医学的
現象である。精神病の症状としての「肉体を忘れた精神性のオナニー」により、本来的に
生存の「手段」であった宗教を、生存の「目的」とするという倒錯に陥ったのである。

575 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:09:28.99 ID:DQQyKF/b
>>566
自分の推論であるが、想受滅は意図して起こすものというより自然に起こるものだと思われ。
心の形成力を寂滅させていくと結果として想受が滅するということ。
だから、今から悟ってやるぞ〜という人は根本的に向かう方向が間違っているということになる。

瞑想というのは心を沈めてから心の微細な動きを観察する必要から
前提としてサマタを必要とすることになるが
サマタ自体に固執してはならないと思う。
仏教一般の動作がよく観察すればそうであるが、読誦にしろ、礼拝にしろ、その儀式の中で忘我状態を
発生させることが意図されているんだが
例えば、有名なところだと、観想念仏。これももサマタの一種を発生させる。
仏陀の相を心を思い浮かべてそれしか考えないとすることでサマタを引き起こしていく。
対象は仏陀でなくとも、無や空を想念し、観察するというものもある。
中には真我を想念しようというサマタもあるのかもしれないが、
それらは基本的に想念自体を発生させることが目的ではない。
心を沈めるという意味ではそれ自体一つの目的たりうるのだけど、最終目的ではないということ。
よって、サマタは様々な方法がありえて、人それぞれの機に合わせることができるんだろう。
で、何が重要かというと、表象を観想をしている中で、それとは別に起こってくる想念、業を
観察し、寂滅してゆくことだと思われ。
サマタは暗示によっても容易くおこる。
心を安定させるのに暗示を使うことは日常的によくある話だから特に驚くことではないだろう。
事実、修行のスケジュールに応じて適切なサマタを選ぶ人もいるぐらいだから。
だけど、サマタによっておこった見解や体験に固執してしまうと仏教において瞑想の本来の意味が
失われてしまう。瞑想をやりつづけてゆくと瞑想をする意味もかわってくるそうだ。
いちいち、その心情をここで説明するのは文章力上難しいけど
さらに細かいことになると修行僧しか分からない世界だろうが、まあ自分の分かる範囲ではそう言う感じ。

576 :Johannes ◆ZoK7CkoQlk :2014/06/02(月) 23:09:38.49 ID:1Fyw6nbA
.

>>572
その人は精神科の医師ですよ.答えられるはずがありません.



それにしても静かで心地よい夜です.
タバコが美味しい. 我とはタバコの煙のようなものでしょうよ.




.

577 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:13:09.92 ID:MtD+XCbx
>>570
なんとでもほざけwww

出典なしで、悟りとは〜だ、業報輪廻転生は仏教の根幹、瞑想の変性意識こそ悟り、
師匠の印可、伝承・伝統仏教こそが仏教である、などの書き込みに対してはコレまでどおり
阿呆だの糞だのキチガイと蔑んでやるわw

あと、超下手糞な比喩に対してもなw

578 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:14:08.96 ID:9+udLnaI
>>566
素晴らしい解説!
全体意識が己を消滅させるまで、これに、委ねていることでしょうか。ふと帰る全体心が、現実、感覚、行為を内包して、飲み込んでしまうのを赦す感じ?

>>568
純潔性なんですね!

579 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:15:44.22 ID:w0F9ow9W
>>571
宗教患者は病識がないから、薬を飲まないのが最大の問題。だから、精
神療法としての「認知療法」しかやれない。

580 :Johannes ◆ZoK7CkoQlk :2014/06/02(月) 23:18:08.93 ID:1Fyw6nbA
.

>>579

正直でよろしい. 無力であることを認めた潔さ.




日本人とは斯くあるべし.

581 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:23:41.78 ID:MtD+XCbx
それともう一点。
違法薬物に対しては少しでも怪しい書き込みがあれば即通報する。
これくらいはグレー、白だろうなどと生ぬるい判断はしない。
私の判断で即通報させていただく。
私は理由を問わず自殺と違法薬物は断固認めない。

582 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:24:28.19 ID:DQQyKF/b
あと、大乗のことだけど
大乗はどうしても社会に対して関わっていかざるをえない。
それゆえ、社会に対して、ある態度をとることになるが
その態度はどうしても、偏りを起こしてしまう。
相手が押してくれば、押し返さざるをえない局面もあろうから。
今の中国とチベットの関係のように。
そこで大事なのは、態度に心まで奪われないような冷静さだと思われ。
もちろん、相手も一つの態度を表しており、相手もまた心まで奪われないような冷静さをもっている可能性があるから
そこを見極める必要もあるのだけど。まあ、冷静なら話し合いは可能だよね。
また、相手が冷静だからってこちらが一方的に譲歩することにはならないと考える。
それを自分に許容できるだけの背景があるか、責任を遂行するだけの余裕があるかなど、きちんと現実を見極めてから
活動してゆく必要があるのだろう。

583 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:24:47.14 ID:w0F9ow9W
>>572
>では、我とは何ですか?脳ですか?妄想ですか?

釈迦が無我を説けたことw。君に、その書き込みが出来たこと。目の前のPCが
認識できて使えたこと。飯が食えたこと。トイレに行けたことw。

584 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:28:02.31 ID:tBBSfbgQ
>>581
君は何を空回りしてるのだね?
ここに書く人が自殺するとでも思っているのか?
違法薬物をする人がいると思っているのか?
正語さえ無視している輩がいるのは確かだが

585 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 23:28:59.29 ID:3G4IMg/D
>>581
LSDや幻覚物質などは違法ではなかった時代 禁止されていなかった時代もあるわけで
遡及法は日本でも違法ですw

それと幻覚物質の体験を 悟り と同じだと主張する仏僧やヨーギは殆どいないと思います

>>580
隠居は旅行ガイドの患者w

586 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 23:29:20.75 ID:qzOxIAr3
>>577 wwwwwwwww

はいはい、最後は開き直ってそれねwww

それは、しょうがないわなwww
品性下劣なバカが、他者の迷惑も顧みず、好き勝手に罵倒してやるわ 宣言ですか?ww

「悟りを目指すものはアホ」・・・・などと喚く前に、「まずその他者の迷惑を考えない
自己の下劣な品性を矯正する方法」を考えなさいwwww

587 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:30:52.89 ID:tBBSfbgQ
>>583
それは単に仮和合というものです。厳密にこれというのはありません。
無我とはそういう意味です。たぶん理解できないでしょうけど

588 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:31:39.47 ID:MtD+XCbx
どっちが下劣だかw
草生やす数と下劣さは比例するんだよw

そんなことも知らずに2chやっているのか?

589 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 23:32:36.69 ID:qzOxIAr3
>違法薬物に対しては少しでも怪しい書き込みがあれば即通報する。

wwwwwwww
誰も違法薬物使用に言及してないのに、こいつ勝手に一人で「怪しい、怪しい」www

お前の頭のほうが、よっぽど怪しいwww

590 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:33:47.00 ID:MtD+XCbx
草を生やす下劣なお方が数名いますねえw

591 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 23:35:23.24 ID:qzOxIAr3
はいはい、いつもの決まり文句ねww

アホは、言うことなくなったら必ず、「wwwww」を批判し始めるwww

592 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 23:35:39.56 ID:3G4IMg/D
>>589
っていうかジョギングや自分で旋回して変性意識になるのは通報されるのでしょうかねw

593 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:36:10.58 ID:MtD+XCbx
自分で言うその下劣道一筋で頑張って下さいなw

594 :神も仏も名無しさん:2014/06/02(月) 23:38:18.23 ID:DQQyKF/b
無我はアナートマンだから、正確には真我はないということだね
日常の我も永久不変のものだと主張するなら否定されるべきだけど
日常の場面で仮名の我を表明することは仏教の否定するところではないね

595 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/02(月) 23:39:26.51 ID:qzOxIAr3
>>589 www
そりゃ、通常は通報されませんw  もちろんw

でも、このスレでは気を付けないとねww
下手に「ハイになりました」なんて書き込むと、
「それは薬物やってハイになるのと変わらないよね」  とかレスつけられて
即座に否定しないと、  「即座に、明確に否定しなかった」 という理由で
通報されてしまいますww  基地外が一匹、いついていますのでwww

596 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/02(月) 23:46:01.52 ID:3G4IMg/D
>>595
脳に働きかけて意識を変えるのは薬物だけではないわけでw
ただ諸宗教には伝統によって磨かれた各種の行法がある
安直に薬物などでそれを再現して諸宗教の行法が目指す境地に至ろうとしても無理
。。ってLSDが使われてた時代に結論でてると思うんですけどね

自分で旋回するのはスーフィなどが採用してるしw

597 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 00:09:59.55 ID:0WPgyVOm
サロメさん
我々はどうすれば涅槃 天国に行けるの?
はっきり言って
そんなもん あるわけないと
すべて無 生きてる人の思い込みで宗教が成り立ってると

598 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 00:14:40.27 ID:zEEvLgmy
>>597
私はクリスチャンなのでカトリックの伝統の中で救いを確信しています
自分の認識を超えた存在があることを体験されるのが第一歩ではないですか?

日本は伝統的なものが破壊されてるので伝統的権威としての宗教がなく
無条件に超越者を信じるのが難しいでしょうけど

599 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 00:15:21.17 ID:hyAEy3wV
 
紐君に通報されちゃうのかな?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%89%E6%80%A7%E6%84%8F%E8%AD%98%E7%8A%B6%E6%85%8B

変性意識状態(へんせいいしきじょうたい)とは、日常的な意識状態以外の意識状態のことである

通常の覚醒時のベータ波意識とは異なる、一時的な意識状態をさす
人々がその体験を共有することも可能であり、社会学分野におけるひとつの研究対象となっている
変性意識状態は「宇宙」との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い
この体験は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われる
その体験は精神や肉体が極限まで追い込まれた状態

瞑想や - 薬物 - の使用などによってもたらされるとされる

また催眠等による、非常にリラックスした状態を心理学上こう呼ぶこともある
トランスパーソナル心理学ではこれを人間に肯定的な効果をもたらすものとして研究する
また精神疾患に対する有効な療法として、一時的にこの状態を患者に与える方法が活用されている

600 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 00:46:49.39 ID:JvMjtspP
仏様で生きる。

601 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 01:01:15.46 ID:I03gAi6g
絶望の淵で怒りと悲しみに打ちのめされた中、
座禅と数息観によって心を落ち着け集中力を養い、
自分の思考や想いを客観的に観て心の整理しながら、
現実的な努力を重ねて這い上がった人間だっているんだよ。
その時その時の判断と行動が人生を紡いでいくものだからね。

602 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/03(火) 01:14:49.22 ID:FwGRvrIa
>>231
>「現生的なる法」(相応部35-70)

だから、こういうのが待機説法の妙ということなのでしょ。
凡夫及び未成熟の修行者では感知できない領域があり、
ブッダの教えはそこに根拠が置かれているという基本的な前提を無視したのではとても話にならないでしょ。
でないと単なる唯物論に成り下がるから、犯してはいけない基本原則です。

>Sn.1053・1066参照

「伝承によるものではなく・・・」というのは、つまり、単なる聞きなんかじゃなくて、
ゴータマ御自身、自らに拠る体験から語られているという意味です。
その体験には当然、凡夫及び未成熟の修行者では感知できない領域が含まれます。
かであるから、彼は仏陀と呼ばれるのです。

>中部63
『では、マールンクヤプッタよ、それらのことは、何故わたしによって説かれたのであろうか。
マールンクヤプッタよ、それは、他でもない。利益があるからであり、
清浄の行のはじめとなるからであり、厭離・離貪・滅尽・寂静・智通・正覚・涅槃に役立つからである。
その故にわたしはこれらのことを説いたのである。
マールンクヤプッタよ、だからして、わたしによって説かれたことは、説かれたままに受持するがよろしい』(中部63)

はい。ゴータマによって説かれた業報輪廻の教えは素直に受持されて下さい。
そして、説かれなかったこととは無益な形而上学の事柄です。
勝手に一緒にしないこと。ここが肝心要です。

>Sn.908
これは単に、自らの体験によるものだけが価値があるということを述べてるのでしょう。
が、しかし、この中には当然、ゴータマに従うことで達せられる仏道における修得内容のことを含むわけです。
それはもちろん、凡夫及び未成熟の修行者がこれから修得することになる未達領域を含みます。

603 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/03(火) 01:15:55.27 ID:FwGRvrIa
>>479
はぃはぃ。
ゴチャゴチャと言い訳がましい詭弁は見苦しいから辞めるように。
で、つまり「仏典にはない」のですね?
“今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダになれる”
などという記述は仏典のどこにも・・・。

まっ、ある筈がないから!
そんな教えが仏教には最初からある筈がね。。。

ここでハッキリいっておきます。
確かに、この私は外道だから外道で大いに結構です。
しかしながら、我こそが正しい仏法の理解受持者であるかのようなその尊大な態度も、
世界中どこの仏教世界にいっても評価もされないし、通用などしませんからね。
精々、日本の黄檗宗であるとか、そういった禅の一派だけですから。
仏典にも拠らず、勝手気ままな解釈論を展開してるのは・・・。
正直、このスレに参加するようになって、禅宗というものにはガッカリさせられました。
まっ、こういう態度ならば仏典すら読む必要もないでしょうね。
あなたはよく読むみたいだけれども、部分だけのつまみ食い。

604 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 02:10:20.16 ID:Icqf3Aok
宗教者は、「出世間」など口にしながら、やたらと、世間の典型としての
「信教の自由」に縋り、訴訟を頻発しているが、これはおかしい。

何故なら、宗教の自由に最も違反しているのが、宗教自体だからである。
他の宗教・宗派の価値を、己の宗教・宗派と同一と看做す宗教などない。
宗教は、「排他性」により初めて成立するものである。

憲法の「信教の絶対的自由」は、憲法を作った米国がキリスト教の宣教の
ために加えたものに過ぎない。

605 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 02:26:28.69 ID:RDXaFJvR
■「万教帰一」の迷妄(めいもう)
教団では「万教帰一」といって、
「すべての宗教は唯一の大宇宙(神)から発したものであり、さまざまな宗教や真理は、あくまでも時代性・地域性に照らして説かれたものである」などと主張し、
「実相とは唯一の真理であり、あらゆる宗教の本尊の奥にあるもの」という妄説を吐いています。

これは、谷口雅春の独断と我見(がけん)に過ぎません。
例えば仏教とキリスト教では、出発点も、修行法も、さらにはその最終目的とするところも、すべてがまったく違います。
これを「あらゆる宗教の根元は一つだ」などというのは、実に「デパート宗教」らしい無知であり、迷妄であると言えます。
世の人々が宗教について何も知らないのをよいことに、あまりデタラメなことを吹聴してもらっては困ります。

606 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 02:28:39.81 ID:RDXaFJvR
として毎月発行されています。
■教義
この教団は「デパート宗教」と呼ばれるだけあって、日本の神話、仏教、キリスト教などの教義に加え、
西洋哲学やら日本の思想家の論なども混ぜこぜにして教義を形成しています。
教義の中心は「唯心実相哲学」なる教祖の教えで、

・タテの真理
すべての人間が神の子であり、無限の生命・智恵・愛等のすべての善徳に満ちた久遠不滅(くおんふめつ)の存在である。
これが人間の真実の相であるとする思想。

・ヨコの真理
心の法則のこと。
現実世界はただ心の現すところであり、心によって自由自在に貧・富・健康・幸福等、何でも現すことができるという。

例えば病気にかかっても、「人間本来病気無し、病気は心のかげ」ということで、実相の完全さを信じるならば、
すべての病は消え、完全な至福の世界が顕(あらわ)れるなどという原理。
というような教えです。

また「万教帰一」と言い、「すべての宗教は唯一の大宇宙(神)から発したものであり、さまざまな宗教や真理は、あくまでも時代性・地域性に照らして説かれたものである」
などと主張しています。

607 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 02:58:35.51 ID:Icqf3Aok
>>605
万教帰一を唱えたのは、出口王仁三郎。神道を標榜する彼が、西洋に
被れて、浅薄にもキリスト教に影響された結果である。内容は、神道
とは似ても似つかぬ一神教。万教帰一どころか、世界は、宗教同士が
殺し合う修羅場ではないか。

出口の大本は、日本のカルトの源泉。谷口の成長の家や真光も、大本の
系列。

608 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 03:08:46.41 ID:Icqf3Aok
身近な人が、成長の家に嵌り、肺結核なのに働き出し、コロリと死んだ。

私も病気の時、「生命の実相」を枕元に持ってこられたが、ページも開かずに
放置したため命が助かった。

宗教の恐ろしさを、痛感した次第である。

609 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/03(火) 03:13:54.72 ID:H3+BW6/G
>>574
人間以外の生命に死という妄想はございません。
動物が必死で逃げているように見えるのはご隠居たち人間が勝手に妄想しているだけで、あれは「不快」に対する反射にすぎません。

人間だけが死を妄想し、それから逃れる宗教を発明したのです。
科学もそれら宗教と同じです。

自然宗教も創唱宗教も同じですね。
猿が精神病を発症させたのが人類であり、その症状が生み出した妄想が自然宗教です。
人類は精神病なので釈迦やキリストが精神病なのは当然です。

610 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 03:31:09.37 ID:Icqf3Aok
>>609
全ての人間が精神病なら、精神病という概念はなくなり、精神科医は商売
上がったりだ。

「病気とは、不特定多数人の平均値からの有意な偏倚であり、生存を害する
もの」という定義を理解しよう。

精神病とは、「現実との接触の喪失」と定義される。人間は、五感の知覚に
より対象の「有無」を一義的に判断しない限り、一瞬も生存できないからである。

釈迦も、托鉢が無なら、とっくに餓死していた。

611 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 03:45:01.32 ID:Icqf3Aok
>>587
>それは単に仮和合というものです

仮和合だと「考えている」のは、一体誰?

釈迦がいくら足掻いても、「無我」「無」という彼の滑稽な初歩的論理矛盾、
勘違いは是正されない。釈迦が顔を隠して「いない、いない、いない、ばー」
と言ってるのと全く同じw。現代の小学校低学年生にも馬鹿にされるぞ。

612 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 04:41:37.04 ID:7bJFXk0N
象さんは死の概念があるそうだよ
ぐぐってみ

613 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 04:45:14.40 ID:9ujY5+us
>>540
机さん

>自我がある故に、無我という概念が持ち得る。ってことですね。

言葉としての概念はそうだと思うのですが、
相対概念というのは、生活してくなかで人間社会の特徴を学びとって行く中で
自我が形成されていくのであって、あくまでも概念なのでしょう。

お兄ちゃんも父も母も、存在としては認識できますがそれが父やら母やら
お兄ちゃんやらは、生活の中の、おまんじゅうがきっかけでもよいのですが、
関係性によって明確化され自分の位置の確認がもたらされる、
学習の中で概念化されるのです。
それらは、ソシュールではありませんが、記号です。

うちの母は主婦でも、隣のうちでは父が主夫であったりと、
父や母という記号には
その実態そのものを指していない、自分も同様です。

ならば、無我という表現が的確であるかどうかわかりませんが、
無我は、人間として生まれたなら自我が同時に形成され得る先行する状態、
あるいは同時だと考えられます。

西村さんが、この辺りは詳しいかもしれません。

それは、さておき私は「影武者」の話しに戻ります。

614 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:02:45.84 ID:SEPzEhyA
>>602 前段の分
また、マールンクヤプッタよ、<人は死後もなお存するとの見解が存する時、そのとき清浄の行がなる>ということはない。マールンクヤプッタよ、<人は死後には存しない

との見解が存する時、そのとき清浄の行がなる>ということもまたない。マールンクヤプッタよ、人は死後にもなお存するとの見解が存する時にも、あるいは、人は死後に

は存しないとの見解が存する時にも、やっぱり、生はあり、老はあり、愁・悲・苦・憂・悩はある。そして、わたしは、いまこの現生においてそれを克服することを教えるの

である。
また、マールンクヤプッタよ、<人は死後には存し、かつ存しないとの見解が存する時、そのとき清浄の行がなる>ということもない。マールンクヤプッタよ、<人は死後に

は存するのでもなく、存しないのでもないとの見解が存する時、そのとき清浄の行がなる>ということもない。マールンクヤプッタよ、人は死後には存し、かつ存しないとの

見解がある時にも、あるいは、人は死後には、存するのでもなく、存しないのでもないとの見解が存する時にも、やっぱり、生はあり、老はあり、愁・悲・苦・憂・悩はある

。そして、わたしは、いまこの現生においてそれを克服することを教えるのである。

615 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:03:32.04 ID:SEPzEhyA
だからして、マールンクヤプッタよ、わたしによって説かれなかったことは、説かれないままに受持するがよろしい。また、わたしによって説かれたことは、説かれたままに

受持するがよろしい。では、マールンクヤプッタよ、わたしによって説かれなかったこととは、何であろうか。いわく、<世界は常住なり>とは、わたしによって説かれなかっ

た。<世界は無常なり>とは、わたしによって説かれなかった。<世界は辺際がある>とは、わたしによって説かれなかった。<世界は辺際がない>とは、わたしによって説

かれなかった。<霊魂と身体とはおなじである>とは、わたしによって説かれなかった。<霊魂と身体とは各別である>とは、わたしによって説かれなかった。また、<人は死

後もなお存する>とは、わたしによって説かれなかった。また、<人は死後にはもはや存しない>とは、わたしによって説かれなかった。あるいは、<人は死後存し、かつ存

しない>とは、わたしによって説かれなかった。また、<人は死後には存するのでもなく、存しないのでもない>とは、わたしによって説かれなかった。では、マールンクヤプ

ッタよ、それらのことは、何故わたしによって説かれなかったのであろうか。マールンクヤプッタよ、それは、他でもない、なんの利益もなく、清浄の行のはじめにもならず

、厭離・離貪・滅尽・寂静・智通・正覚・涅槃にも役立たないからである。その故にわたしはそれらのことを説かなかったのである。

616 :○仏性:2014/06/03(火) 05:09:02.07 ID:EQuRU895
1細胞に宿るソフト(智恵)を「仏性」と仮設しても宜しいかと存じます。

【過去ログ】
ニューロン(脳神経細胞)の数は脳全体では千数百億個でして、心はそれらの活動が縁で起こっていると主張する方々は本スレでも散見されます。

因みにヒトのDNAは30億塩基対で、対の片方はコピーなので、
30億塩基×2(ビット)=60億ビット÷8=7.5億バイト=750メガバイトになり、CDで1枚程度です。

さて、細胞分裂を『正見』しますと、1つの細胞が下記のことを行っております。
・他の細胞と相互に通信し合っている。
・生産計画に従い細胞内外から必要な材料を調達する。
・750MBの情報を順番に読み取りながら、正確に塩基対を生産する。

つまり、1つの細胞が複雑なソフト(智恵)を持っており、1台の先端生産装置というよりも、1つの新鋭工場に匹敵します。
輪廻やアートマンがあるとか無いとか、形而上だとか否かとか本スレで議論されておりますが、1つの細胞の複雑なソフト(智恵)は形而下ということでしょう。
形而下だけどそのソフト(智恵)の存在場所が分子レベルでは21世紀先端科学でも解明できていないということです。

617 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:11:07.73 ID:9ujY5+us
すみません、影武者でなく落武者でしたね。

机さんは、トラウマと関係するのではないかというご意見で
記憶の話しもされました。

私の実体験の一部です。
仕事に来て頂いていた、あるアルバイトさんは、家の自室に落武者が
時々小さい頃から現れて、というような話しや不思議な体験などを
よく話されました。

ある日、二人で仕事場でモノづくりの創作作業をしていました。
かなり細いワイヤーを使います。次々にアイデアが湧いてこないと
出来ない仕事なのですが、その子はその仕事に向いていました。
肩を並べて集中してのそのひと仕事終えた後、(コーヒーで一息入れた後)
再び作業テーブルに戻った時の事です。

618 :○仏性:2014/06/03(火) 05:21:31.43 ID:EQuRU895
>>552 机氏
>閻魔氏は勝義諦を書き込みしたもので、
>私は世俗諦を書き込みした。同じことです。

>空は実体がない、仮は現象のことですから、矛盾・対立は当然ある。
>しかし矛盾・対立もそのありのまま受け入れる。も中道なり。

丁寧に分かり易く総括していただいて真に有難うございます。

龍樹「四悉壇」では、意図的な仏説間の相互矛盾が詳説されております。
お互いが異なる対告衆向けの処方箋「如是我聞」を担いで争うのではなく、「矛盾・対立もそのありのまま受け入れる。も中道なり。」で無対立の好日。

619 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:21:34.37 ID:nzFDt0E8
>憲法の「信教の絶対的自由」は、憲法を作った米国がキリスト教の宣教の
ために加えたものに過ぎない。



さすがっ!!!
北朝鮮工作員日本支部長の隠居部長の実力・・・・・・w

620 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:28:06.76 ID:SEPzEhyA
>>616
>細胞分裂を『正見』しますと、1つの細胞が下記のことを行っております。

正見出来てない
真に正しく見た時に見識は起こらない、これが正見
真に正しい事には矛盾も戯論も思いも一切無い
それが解らずに戯論を並べるのは外道

>つまり、1つの細胞が複雑なソフト(智恵)を持っており、

智慧とは「有る」ものではない、よってお前の言う智慧は智慧ではない

621 ::2014/06/03(火) 05:32:05.67 ID:EQuRU895
>>617
>すみません、影武者でなく落武者でしたね。

幾多の霊動現象の実体験の中で『落武者』に近い結構怖い体験がございました。
手かざしを初めて数年位の頃、よく「○○家のご先祖」だというご霊が出てきておりました。

研修会ではご霊の言うことは信じるなと習いましたが、当時の私は信じ込んでおりました。
ある日、少し霊能のある方から手かざしを受けており、その方が一喝されました。
「どこが○○家のご先祖か。その姿、その恨めしい顔、嘘をつくな。」

その日以降はそのご霊は一度も出て来なくなりました。 あれから35年以上経ちますが。。

尚、その方は大量の金粉を見た時の同席者2名の内の一人でした。

622 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:32:17.22 ID:SEPzEhyA
智慧とは一切の憂いを滅尽出来る唯一無二の手段である

在家よ、お前の言う智慧で憂いを滅尽出来るだろうか?
智慧に於いてはその執行に失敗は有り得ないんだぞ?
能除苦悩に失敗するならそれは智慧ではない

623 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:35:26.25 ID:IfSEPAI+
>>616
>形而下だけどそのソフト(智恵)の存在場所が分子レベルでは
>21世紀先端科学でも解明できていないということです。

わかりやすいです。
昔聴いた「そこにある埃の一片にも宇宙がある」を思い出しました。
人間の頭脳は限りがありますね。
それを受け入れて逆らわずに生きて死ぬことが極楽なんですかね。

624 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:36:20.26 ID:9ujY5+us
続きです>>617

作品に用いた、細いワイヤーの切れ端が(1p〜4pぐらい)
たくさん残ります。休憩の前に散らかったそれらを揃えて横に置きました。

戻った時、それらのワイヤーが全て同じ形でテーブル全体に広がっていました。
アルファベットのエル(L)を筆記体でかくと縦長の円ですね。
短いものから長いものまで、まったく同じに形成されていたのです。

こりゃいかんわ(笑)、ということで仕事をそこで終了してそれぞれ
帰宅したのです。

ここで言いたかったのは、トラウマ(恐怖心)等で引き起こされる
妄言、いいがかり、サカキバラ等は、早急に対処された方がよいと思うのですが、
「落武者」を見たと言うのは、そういったトラウマ、精神疾患、記憶の再編がおかしい、
などと無関係な時もある、と幅広く捉えておいた方がいいのではないか、です。

625 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:36:57.00 ID:SEPzEhyA
>>623
手かざし真光信者のオカルト論で満足するのか
結構な事ですなw

626 ::2014/06/03(火) 05:47:45.84 ID:EQuRU895
>>620
>智慧とは「有る」ものではない、よってお前の言う智慧は智慧ではない

よって『智慧』ではなく、『ソフト(智恵)』と仮設しております。

627 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:48:02.32 ID:nzFDt0E8
悪霊○在家きえろw悪霊退散!!!w

628 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 05:48:54.62 ID:nzFDt0E8
悪霊智慧不要、悪霊○在家退散!!!!W

629 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:00:36.82 ID:SEPzEhyA
>>626
在家、真光信者としてのお前に一つ尋ねたいんだが
崇教真光の教えと真光文明教団の教えではどちらがお前的には正しいんだ?

630 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:09:40.81 ID:SEPzEhyA
おやおやw
伊豆派と飛騨高山派の事はタブーなのかなw

何で真光は分裂したんですかね

631 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:11:49.46 ID:IfSEPAI+
>>625
浄土真宗ですよ。
真光の人から勧誘あったり、近くで若い人が
勧誘されてたのを見たりしましたが
ちょっとアレはね。

632 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:12:29.39 ID:FlcrKQLj
お釈迦様は、論理を越えているからこそ尊い。
論理は極端へと突き進む。
しかし仏陀はそうではない。論理を越えているから平安だ。

633 ::2014/06/03(火) 06:14:09.25 ID:EQuRU895
>>625
>手かざし真光信者のオカルト論で満足するのか

「手かざし真光信者の先端科学論で満足するのか」という文章であれば分かりますが。

>>616
>つまり、1つの細胞が複雑なソフト(智恵)を持っており、1台の先端生産装置というよりも、1つの新鋭工場に匹敵します。

最近の科学知識の話をしておりますのに、オカルト話に読めるのでは、貴方大丈夫ですか。
誰かお近くの理系の人に解説してもらって下さい。

>>623
>昔聴いた「そこにある埃の一片にも宇宙がある」を思い出しました。

そうですね。1細胞も分子レベルまで見れば、宇宙を見ているのと区別がつかないようにも思います。←中高生の常識レベル

634 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:17:58.03 ID:IfSEPAI+
>>633
自分はおっしゃる通り、中高生以下の頭です。
頭が悪いから良かったかもしれません。

635 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:19:18.03 ID:SEPzEhyA
>>633
なあ、何で伊豆の真光と飛騨高山の真光って仲悪いの?
あと救世教なんかも仲悪いよね
何で?

636 ::2014/06/03(火) 06:23:01.34 ID:EQuRU895
>>629
>崇教真光の教えと真光文明教団の教えではどちらがお前的には正しいんだ?

>>630
>伊豆派と飛騨高山派の事はタブーなのかなw

どちらが正しいかですか? 教えは共通ですので、どちらも正しいですよ。
同じ仏説でも仏教徒によって解釈が異なり、分派していったことと似て非なるところもあります。

>何で真光は分裂したんですかね

それが、人智で分かれば分裂はしなかったということです。神仕組みということでしょう。

>>631
>近くで若い人が勧誘されてたのを見たりしましたが

南無阿弥陀仏でも複数のグループが存在するでしょう。 
街頭での勧誘はあまり私の所属団体ではしていないようです。

とスレ違いですので、簡潔にレス致します。

637 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:24:55.61 ID:nzFDt0E8
○在家の信心オナニーバリア返し返答を見たがる奴の気がしれんw

638 ::2014/06/03(火) 06:27:53.28 ID:EQuRU895
>>635
>なあ、何で伊豆の真光と飛騨高山の真光って仲悪いの?
>あと救世教なんかも仲悪いよね 何で?

浄土宗と真宗では仲がよろしいですか?
曹洞宗と臨済宗では仲がよろしいですか?

古来より近い者同士ほどはり合う所が多いのも法の一つでしょうか。

とスレ違いですので、もう一度だけレスしました。 御機嫌よう。

639 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 06:28:09.33 ID:SEPzEhyA
>>636
>それが、人智で分かれば分裂はしなかったということです。

二代目の後継者で裁判沙汰にまでなって分裂したんじゃないのか?
随分俗っぽい宗教団体だよな真光って
今じゃこんなにあるじゃん
1 世界真光文明教団
2 神幽現救世真光文明教団
3 崇教真光
4 ス光光波世界神団
5 陽光子友乃会
6 真光正法之會
7 神聖位山真光神団
8 主神正法会

640 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 07:58:11.73 ID:XSH8cfQf
変性意識とは、日常的な意識以外の意識をいうらしい。
しかし、わたしという自己意識が変性することは決してありえない。
  
日常的な視界は、意識と現実世界が関係することで生じている。
睡眠、瞑想、坐禅、臨死体験などの視界は、意識と無意識界が関係することで生じている。
意識自体が変性するわけではない。

意識の集中度に深浅はあるが、意識の対象、外部世界が異なるだけだ。
変性意識や変容意識といった言葉を使わないようにしよう。
それは誤った考えであり、誤った言葉である。

641 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 08:15:07.32 ID:XSH8cfQf
坐禅(サマタ)における魔境と、薬物における幻覚とはまるで違う。
 
坐禅で魔境に入っても、自己意識や判断力が持続している。
魔境の映像は鮮明であり、そこで状況判断できることが問われている。
 
薬物による幻覚は知らないが、サイケデリックな夢を見るらしい。
感覚が薬物によって過敏になっているのだと推測できる。
深酒で見る夢もこれに類似しているのだろう。
意識が混濁するのではなく、脳ミソの神経回路が混濁してしまう。
 
薬物の場合は、こういった映像に翻弄されるだけであり、
どんな映像を見ようが「悟り」とは無関係である。

642 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 09:41:44.92 ID:5tExpA0q
>>632
>お釈迦様は、論理を越えているからこそ尊い。
>論理は極端へと突き進む。
>しかし仏陀はそうではない。論理を越えているから平安だ。

一切皆苦などと苦悩感の中に閉じ込められて何が平安か。鬱病患者本人の
苦しみは、半端ではない。

釈迦の論理がハチャメチャなのは、その病気の症状としての知能低下による。
統合失調症、人格障害もあったようだ。

精神科医は、統合失調症を疑う患者にたいしては、まず、学校の成績を尋ねる。

643 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 09:44:33.51 ID:nzFDt0E8
隠居の空想もハチャメチャである認知機能が崩壊しているようである。
北朝鮮工作員洗脳の成果であろうか?w

644 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 09:47:10.12 ID:nzFDt0E8
隠居の認知機能をここ十年近く観察しているが・・・
北朝鮮工作員の洗脳教育の成果なのか。
時間と共に妄想空想が酷くなっている・・・w
恐るべしw北朝鮮洗脳教育w

645 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 09:58:28.71 ID:FlcrKQLj
>>642
お釈迦様には人格がない。人格を前提に語るとそういう空想が生まれる。

646 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:00:10.61 ID:nzFDt0E8
果たして隠居に施された北朝鮮の洗脳教育はどんなものだったのだろうか?
釈迦とイエスの悪口を言わないと電気ショック、食事を抜かれる、眠らせないという、
知能が低下する様な、刷り込みを施されたと想定する、
でないと、年々隠居氏の空想妄想の増大は説明できない。

647 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:05:53.71 ID:5tExpA0q
>>644
北朝鮮も韓国も中国も釈迦もイエスもムハンマドも、「すべての人間は、生命に
おいて等価・至上」などとは、口が裂けても言えなかった。「人間軽視、生命軽視」
という点で、すべて「同じ穴なの狢」。

648 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:07:52.11 ID:nzFDt0E8
647隠居、北朝鮮の洗脳教育の恐怖が疼くのか?
北朝鮮洗脳教育は現実喪失させる技法が重要である。

でないと、あの悪名高い強制収容所の看守は勤務できないのである。

649 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:10:38.16 ID:nzFDt0E8
また、中国、北朝鮮は人権侵害はありえないと発言する。
隠居氏の発言、書き込みは疑惑を持って読むべきである。
中心主題だけは正確な情報だが。
末端情報は工作員の得意な情報工作である、北朝鮮、中国のコメントを見るように文面を読むべきである。

650 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/03(火) 10:15:54.13 ID:DstlKz6g
>>613
>無我は、人間として生まれたなら自我が同時に形成され得る先行する状態、
>あるいは同時だと考えられます。

自我が形成されない場合は、他者と同一関係になりやすいですね。依存関係ともいうが。
これは他者の心に入り込むような感じです。
この場合の他者というのは、パーソナリティー障害障害者に人格操作されているような印象をもつ。

例えば、障害者がブルーな気分の場合は、同じように他者もブルーである。という印象しかもてない。
つまり自他分別がない。
かとおもえば、他者を決定的に敵対関係になる場合もある。
ようするに、人間関係は白か黒のように二分化されたものになる。

カリスマ的な人間には、徹底的に従う。ということも特徴です。
かとおもえば、敵対関係にある者は徹底的に戦う。という極端な行動します。

つまり前記した、白か黒でしか世界が見えない。という特徴をもってパーソナリティー障害を見分けます。
こういう人間もこのスレには常駐してますから、よく観察すれば素人でも見分けはつきます。

651 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:18:24.04 ID:FlcrKQLj
お釈迦様ほど生命を慈しんだお方を、朝鮮や中国のような国と同じだと思うことが
病気としてとらえられても仕方あるまい。。

652 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:27:49.41 ID:FlcrKQLj
お釈迦様の臨在中、王様もお釈迦様に教えを請うたし
鍛冶屋や農民にも語りかけた。
非常にバランスが取れていたんだね。
お釈迦様は、悪魔や神々とも会話した。
お釈迦様は光そのもので、みな平等に照らす。

653 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:28:46.27 ID:5tExpA0q
「自爆テロリストたちは、生活が苦しかったから、あのような無差別な殺戮を
やった」という人がいるが、そうではない。

彼等は皆、経済的には恵まれた、中流以上の人々であった。特に、キリスト教
からの改宗者が多かった。宗教によって狂わされ、来世の実在を信じ込まされた
故の「自分探し」に過ぎなかった。ビン・ラデインは、億万長者であった。

現地で聞き込み調査を行なった日本人ジャーナリストの著書における証言である。、

654 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:30:43.31 ID:nzFDt0E8
情報工作の洗脳教育の恐怖の夢覚めず、実に恐ろしい隠居と言う人物は、ここ10年間観察しているが・・・・。

655 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/03(火) 10:30:57.07 ID:DstlKz6g
>>617
> 仕事に来て頂いていた、あるアルバイトさんは、家の自室に落武者が
>時々小さい頃から現れて、というような話しや不思議な体験などを よく話されました。

こういう事例は多くある。

例えば、人生におけるある時に、非常なインパクトのあるアクシデントがあった場合に、
それが記憶として鮮明に残存されてしまう。
記憶というのはイメージですから、イメージが強烈なものとなって、それが適時に現出される。

ある方は、泥棒に侵入されて、そのときの泥棒の印象が記憶として鮮明化され、時々現れる。
夢に出てきたり、リアルでも現れる。
現れるときは、必ず玄関先です。

この方は老婆でして躁うつ病です。
非常に元気が良い場合がある。この元気が良い場合は躁状態なのは本人もよく分かっているようです。

656 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:36:13.92 ID:r5f50HeD
>>611
仮和合です。

657 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:38:05.91 ID:nzFDt0E8
友好国の中国政府はイスラム教の脅威に怯え、友情的情報工作かもしれんw
韓国、米国の批判は工作員の目標と合致している。
信仰の自由を認めないという主張、工作員活動の中央的工作目標であろう・・・。

658 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:42:44.76 ID:5tExpA0q
>>656
死者は、仮和合など考えることは不可能。

人間は、部品を仮和合させたロボットだということか。ならば何故、
殺人罪と器物損壊罪との区別があるのか。

659 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:47:06.03 ID:5tExpA0q
>>656
ロボットも、原動力がなければ動かない。仮和合ロボットの原動力は
何か。

「仮和合」などという言葉はやめるべき。人間を「機械」とみなし、
良心の呵責のない殺人を誘発する、悪魔の言葉である。

660 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:47:13.01 ID:r5f50HeD
>>658
人は人、物は物の区別があるからです。
仮和合といっても当然のことながら個体差があります。

661 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:49:17.18 ID:nzFDt0E8
659の言う通り、人間の偉大なるキムジョンウンに従うという言葉が大事である。

662 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 10:50:33.25 ID:r5f50HeD
>>659
原動力?あなたは食事をしませんか?
良心というのも機能です、殺人をする人は機能不全というだけです。

663 :1/2一切法無我:2014/06/03(火) 10:51:29.73 ID:+eKBNVLN
>>602>>603(アホ宝珠)
ホントに、<対機説法としての総合的な関連性>を意識せず、断片を取り出して捻じ曲げる外道アホは、なんでここまで愚劣なのかw
  →>>166参照。
俺はブッダの発想の元(実存苦の根本的超克→『二項相対対象化思考』からの解脱)からの還滅提示を行っている。
たとえば→<『想いからの解脱』においての解脱>×α(無限)→発散 =『中道』と象徴す。(>>480 Sn.1072など)
→初転法輪(中部26) 中道、四諦
→道元 正法眼蔵 現成公案 初段参照

★経文そのものも、いかなる様相に於ける対機説法としての教説か、謀略経文か、アホ経文かなどを意識して如理作為する必要があるのだ。
→中部2、 増支部・三集・大品5カーラーマ経参照
いわばケースメソッドだ。
重層的構造を意識し、すべての教説を平面的に取り扱ってはならない。
(1)中論18-6
(2)『(業報説は)仏教にとってはあくまでも初歩的な通俗説であって、極めて低い教えにすぎず、
   業報説からさらに進んで仏教独自の四諦や縁起の説に向かうべきものである。』(水野弘元 仏教の基礎知識p121,128)
(3)釈迦仏教の根本精神「カーラーマ経」
1 聞いたからとて信じることなかれ
2 語り継がれたこととて信じることなかれ
3 人々が噂をしていたからとて信じることなかれ
4★ 教本に引用されていたとて信じることなかれ
5 論理だけで信じることなかれ
6 推論だけで信じることなかれ
7 様相だけで信じることなかれ
8 自分の見方に一致するからとて信じることなかれ
9 説者が堪能とて信じることなかれ
10 師なりとて信じることなかれ

664 :2/2一切法無我:2014/06/03(火) 11:02:38.79 ID:+eKBNVLN
だから、宝珠が一切外「超越」妄想論で裸踊りをやっていても、カラスや宝珠などの外道の勝手な信仰だから放置しておく。
しかし、▼一切外「超越」妄想論が仏法だ▼などと捻じ曲げて主張するときには、それは仏法ではないと批判、排撃する。
それは、逆の立場からの隠居に対しても同じだ。

>世界中どこの仏教世界にいっても評価もされないし、通用などしませんからね。

固定教義「仏教」世界とやらからの評価・通用など、どーでもいいw
特に成りすまし「仏教」の真言宗からの批判はかえって快感だw

>仏典にも拠らず、勝手気ままな解釈論

ウソをつくな、ウソを。お前も捏造ペンキ屋だな。
ほとんどの議論に裏打ち仏典を明示して如理作意している。
俺の全レスを読み返してみろ。

>>603
>“今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダになれる” などという記述は仏典のどこにも・・・。

▼自分の殻に合わせて、完全に逆に受け止めているww
そもそも『今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダにな』る、と言う命題そのものがナンセンスだw(>>479)といっている。
分別妄想でしかないからだ。

『今生一度だけの人生』←生前も死後も検証不能なのに、この命題は成立しない(世俗一切外)
                 転生も同じ。⇒無記
『完成者たるブッダ』←修証一等。
    完成は完成ではない。これを完成と名づけるだけである。
    そこには完成という様相そのものが不立だ。
    まあ、外道には無理だ。

ホント、ぜんぜん、あかんやんw

665 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 11:05:55.61 ID:r5f50HeD
業というのは、あくまで作り出されたものです。
もって生まれた身体というのも、もちろん業によるものですが、
自身とは全く関係のないところで起こった業です。
それは諦めるしかないのですが、今生で自身が作り出した
苦という業(妄想)は、ある程度までは削減することができるのです。

666 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 11:10:55.83 ID:nzFDt0E8
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1260092885/l50
人を殺した数 キリスト教>>>他宗教


偉大なる隠居思想の全てが解る、人気沸騰w

667 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 11:15:32.81 ID:r5f50HeD
苦とは過去に作り出された妄想であり業です。
即ち、過去の業ということです。
これを退治するのが仏教やジャイナ教です。
仏教は苦行や極端な戒律を設けない分、ジャイナ教より
ショートカットできるというだけのものであり、
根本となるもの、過去の業=苦は同じものです。

668 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 16:31:58.33 ID:GgNRgawJ
>>638
手かざしで真光同門を納得させられなかった訳だな
その程度も功力を現せないなら何の力も無いって証拠だろ
武道館で金粉を降らせたとか言うのも、天井からばら撒いたマジックだろうよ

669 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 16:42:42.04 ID:GgNRgawJ
>>667
苦は時間によって作られるものではない
何故なら時間すらも苦に為り得るからだ
一切の苦は自己の存続維持の故に煩悩の縁に従って起こる
煩悩は行い一切が引き金となるので防いだりも出来るが
一度起きたる苦は縁に因らねば滅する事ができない
また、煩悩を防がない限り苦も防げない
煩悩は自我の存続維持の為の妄想によって起こる
自我には、自我自体の実体が無い、臓器でも機能でもなく
自我の妄想を消したくない・自己の存在を否定したくない心の働きより
煩悩は起こる、仏教はこの起こり得て仕方のない免れ難い煩悩を克服する方法を教える

670 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 17:48:38.59 ID:wILU2+UY
>>640
>変性意識や変容意識といった言葉を使わないようにしよう。
既に定義として有る言葉を「間違いである」から使わないようにしよう〜
というアンタの方が間違いだろうw
アンタが勝手に定義を変更してアンタだけの世界を語るのは構わんが毎回
前置きや注釈を入れて書くことだ。

>>641
>坐禅(サマタ)における魔境と、薬物における幻覚とはまるで違う。
そもそも、
>薬物による幻覚は知らないが、サイケデリックな夢を見るらしい。
って、片方を知らずに両方を比較して「まるで違う」〜ってアンタ馬鹿ですか?
おっと、又阿呆パーピマンが出て誹謗、抽象と言われるかw
まあ、出典が無いから構わんのだったなw

671 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 17:49:05.65 ID:GgNRgawJ
尚、行い一切は全て須らく煩悩たり得る、例外は有り得ない
故に煩悩即菩提なのであり、而して生死即涅槃なのである

672 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 18:22:22.20 ID:UegU3sQi
>>670


日本全国に何十人と居る老師さん方全員通報して来いw

みんな、こないだの彼のようなこと言ってるから。
近世明治期の坊さん達の述懐もまた似たようなもんだw

673 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 19:44:04.36 ID:aLce53eg
>>670
変性意識という造語が間違っていることはすでに指摘した。>>640
間違いであれば、使用をやめなければならない。
 
人間の心には、周囲を映し出す立体的なスクリーンがある。
意識を周囲に向けると、視覚を通した映像が心のスクリーンに映像化される。
【周囲の現実 → 意識 + 視覚 → 心のスクリーン(映像)】
 
心のスクリーンにおける、非日常的な映像は、意識の変性からではなく
視覚神経や視覚回路における異常と解するのが自然であろう。
なぜなら、夢や魔境において、わたしという自己意識が変化しないからだ。
幻覚においても同じである。意識が変化することなどありえない。

674 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 19:53:14.66 ID:aLce53eg
>>673
>片方を知らずに両方を比較して「まるで違う」〜ってアンタ馬鹿ですか?
 
大麻の体験談ならネットにかなりある。
ただ大麻では感覚が鋭敏になる程度、なかなか幻覚までいかないらしい。
こんなスレでピリピリしてるのはバカだな。

675 ::2014/06/03(火) 19:53:36.98 ID:EQuRU895
>>663
>★経文そのものも、いかなる様相に於ける対機説法としての教説か、謀略経文か、アホ経文かなどを意識して如理作為する必要があるのだ。

「四悉壇」がありますので、いかなる様相に於ける対機説法はまず要注意だと思います。

>(2)『(業報説は)仏教にとってはあくまでも初歩的な通俗説であって、極めて低い教えにすぎず、
   業報説からさらに進んで仏教独自の四諦や縁起の説に向かうべきものである。』(水野弘元 仏教の基礎知識p121,128)

必要条件と十分条件というのがあります。
『輪廻』は必要条件で、『四諦や縁起』は十分条件だと考えております。

根拠は八万六千の法門の中で、『輪廻』に関して否定的な経は「スシーマ」のみが指摘済みで、「無記」はいくつかありますが、
前世や輪廻を説かれた経はその何倍も多いからです。
まあ、如理作為すれば法盗人のスシーマに阿羅漢達が正直に修行成果を教えたか否か分かることでしょう。

676 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 20:14:39.78 ID:wILU2+UY
>>673
>変性意識という造語が間違っていることはすでに指摘した。>>640
>>670で指摘したように、既に定義がある概念に対して間違いだから使うな〜
と言う方が間違いだろうw 2回も繰り返して同じ事を言っても分からなければ
それでも構わんよ。
>>673
知りもしないのに、知ったかぶりで「まるで違う。」と言うのはいかがなものか?
せめて、「違うと思う。」「違うんじゃないかな〜。」位にしとけつってんのw
大体、ネット上の大麻の経験談やらどこまでが正しいものか分かりもしない。
アンタの言っているのと正反対でダウナー系に効くのが大麻との見方の方が多いw
アッパー系は覚せい剤であり、正反対が大麻だとね。

677 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 20:38:55.06 ID:aLce53eg
意識が変性しないことは、全身麻酔や部分麻酔から推理できる。
 
神経が麻酔でマヒするから、意識の対象を失い、意識が働かなくなる。
意識は、意識の対象がなくなると、死んだように沈黙する。→ 滅尽定も同じ
麻酔が切れれば、再び以前の自己意識が戻ってくる。
 
この経過から、意識は感覚よりも深い位置にあり、感覚神経で
覆われていることがわかる。麻酔は感覚神経へ行われ、意識に麻酔をかける
わけではない。睡眠も坐禅も薬物も同じ理屈である。
 
神経そのものや神経回路の、過敏や異常や混濁が原因であると断定できる。
変性意識などまったくの作り話である。

678 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 20:44:55.43 ID:kVd6XykA
>>677
の雲斎物質で意識が変化することは現代の科学の範囲で確認済みです

679 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 20:45:41.65 ID:kVd6XykA
>>678
訂正
の雲斎物質→脳内物質

680 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 20:53:27.55 ID:aLce53eg
>>676
変性意識という言葉は、意識が変性するような誤解を与えるだろ。
誤解を生むような言葉は使用してはいけない。
>>678 
意識が変性した経験もないくせに、変性すると信じているのは妄想と同じ。
キミは変性意識という造語の哀れな犠牲者だよ。

681 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 20:58:12.19 ID:wILU2+UY
>>680
誰でも経験があり、もっとも簡単な変性意識は睡眠時の夢です。
日常の意識とは別世界を意識しており、最もポピュラーな変性意識。

意識は変性せずに、夢も現実も同じである〜というアナタの意見はアナタの意見で
現実にある定義ではない新解釈。それはそれで構わないが主張毎に毎回前置き、注釈で
説明してください〜と言っている。

682 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 21:00:03.62 ID:kVd6XykA
>>680
ありますよ^^

脳内物質のバランスを変える行法なんていくらでもあります
別に違法な幻覚物質だけではありません

683 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/03(火) 21:07:43.60 ID:H3+BW6/G
>>680
俺も自慢じゃないけど意識が変性したんだよね。

684 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 21:07:49.21 ID:aLce53eg
>>681
>日常の意識とは別世界を意識しており、最もポピュラーな変性意識。
 
意味が取りにくいが、キミも「夢の世界」を「意識そのもの」だとは
思ってないじゃないか。夢の世界にも、日常の「わたし」という自己意識が
変性せずに働いている。キミの文章は混乱してるな。

685 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 21:16:19.36 ID:aLce53eg
>>681-683
キミらには変性意識が似合ってるかもね。
 
ほかの人は、変性意識とか脳内麻薬という、わかったような造語に
気をつけよう。何も知らない人たちの戯言だから。

686 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 21:20:07.39 ID:rM4GTA1W
>>685
ランナーズハイ
検索してね^^

687 :プラトーンの脚注:2014/06/03(火) 21:45:38.68 ID:aLce53eg
全身麻酔をすれば、何も痛みを感じないで大手術ができる。
これは死後、物質的な神経が死んでいれば、かりに意識が残っていても、
火葬場で「熱い」と騒がない決定的な理由になる。
 
全身麻酔によって、霊魂や意識の位置がいくらかわかってくる。 
それは、神経回路のさらに深い所にあり、神経回路によって覆われている。
火葬や大手術に無関係だから、物質でないことも明らかになる。
 
「脳内麻薬」は手術時の麻酔薬と同じように考えたらいい。
それは物質的なものだから、それによって物質的な快さが生じたとしても、
意識そのものを変化させるわけではない。 

688 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 21:52:46.67 ID:UegU3sQi
勿論、問題意識として重要だけどね。
紐君が言うように、経験してないのになぜ分かる? と。

紐君が常々敵視するようにw、伝統的「枠」というのは、
えてして制限的なものだ。
たとえば、教えを説くにしても相談に乗るにしても、未経験な者が何事かを言えるのか?と。
出家が社会的に制度化している地域ならば、
若くして出家した者は社会経験が不足するわけだが、
そういう人間が、「未経験分野について何か言えるのか?」と。
 *(勿論ここには、或る一つの答えが用意されているが今は触れない。)
或いは、未婚の保育園の先生が母親と衝突したとする。
「子供を産み育ててない貴女に何がわかるの?」という台詞は正当だろうか?
子供を生んでいない若い先生は、母親達に寄り添うことが不可能なのだろうか・・。
或いはまた、(元)犯罪者への教戒等が必要になったとき、
その犯罪を犯していない者が犯してしまった者を理解できるだろうか?
殺人を犯した者の心の動き・在り様に対して(トレースして)、未経験なのに何か言えるだろうか?
クスリをやったことのない人間が、クスリの使用感や、希求・苦悩について何か言えるだろうか?


紐君や西鉄ライオンズなど、多くの「理・仏教」推進派の、
こうした部分(経験によるものは個人差を免れ得ない・上記のような未経験事案の問題を孕む)への危惧は
さもありなん、ではある。 もし、「理(のみ)によって」達し得るならば、それに越したことはない。
多くの諸問題が発生せずに済む、と。

が、同時に、だからこそ「頷きのない理」がありえるだろうか、という疑問も持ち続けるべきなのです。

689 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 21:55:55.51 ID:+zCx5Xo7
>>686
ランナーズハイは走っている時だけ。映画や音楽やその他の芸術で現実離脱を
生じるのは、見ている時だけ。会場から一歩外に出れば、忽ち現実に復帰する
ことが出来る。

宗教は、24時間中、そして一生涯、親でもない開祖に執着しまくる。殺されても、
開祖を捨てることはできない(殉教者)。

やはり、開祖の精神病の感染による狂気だと判断せざるを得ない。

サラを見よ。

精神病とは、「現実との接触の喪失」と定義される。

690 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:01:35.18 ID:wILU2+UY
そもそも私は>「理・仏教」推進派ではないw
仏教徒ではない。
だから酒も飲む。
実証主義7割:神秘主義3割であり、実証100%を要求する〜など一言も言った覚えはないが?
未経験でも言って構わないだろう。
宗教的見解は言って構わんが、現実現象として言うべからず〜なんてケツの穴の狭い事は言わんよw
ただし、見解というのは全員が同じ見解なんてのはありえず、阿呆だの糞だのキチガイだの言われるのを
覚悟して書き込むんだな。言われて、「信仰の自由」を害された〜なんて泣き言いうくらいなら初めから
そんな信仰捨ててしまえw

691 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:12:26.80 ID:UegU3sQi
>>690
ならば、尚のこと、
先日の件は、「君が彼に」謝罪すべき案件だと思うが?w

692 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:13:31.05 ID:wILU2+UY
謝罪どころか、今後も同様な件があれば何度でも通報する。

693 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:18:06.79 ID:UegU3sQi
>>692
あれだけ緻密に文章検証されて、まだ理解できないのか・・ ┐(´ー`)┌

694 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:30:35.40 ID:wILU2+UY
もはや細かい点は指摘しないが、毎回大量に草を生やして
お前は下劣であるって→言ってるアンタが下劣だろ〜って事なんだが、
振り返ってみて分かったよw
彼が「捏造するな」と言うのは己は捏造するが他人の捏造はゆるさんという事だな。
己の捏造は「理解できないのは、日本語の不自由な阿呆」であり、
他人の大雑把な表現は精確に言っていないから捏造である〜。
どんだけ自分に大甘で他人に厳しいんだw 

そんな人間の精密な検証など屁のツッパリにもなりませんわw

695 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:47:09.04 ID:UegU3sQi
>>694
w抜いて読んどきゃいいだろw
ポイントは、「文章の抽出と比較、及び文脈(構図)の明確化」なんだから。


つか、気に入らないなら、君が引用コピペしてきな。
百歩譲ってソレを使ってあげるから。
足りない時はしょうがないから、コッチで追加引用することも吝かじゃないがw

696 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:54:02.96 ID:wILU2+UY
>>695
また同じ事の繰り返しかw
このスレを最初から読めば良いでしょう。
同じ事を何度も書くのは嫌だw
書きたければアンタが書け。
気が向けばレスを返すかもww

697 ::2014/06/03(火) 22:54:19.44 ID:EQuRU895
>>675
長部経典「沙門果経」より、阿闍世王の問いに対する、外道の六師の回答を読んでみましょう。
問い)この世において、目に見える形で『修行生活の成果』を示すことができますか?

答え)
@プーラナ・カッサバ
布施、供養、戒による自制、真実の言葉によっても功徳はない。(非作用)
Aマッカリ・ゴーサーラ
輪廻は期限限定がされており、愚者も賢者も流転し輪廻した後に苦の消滅を迎える。
Bアジタ・ケーサカンバラ
愚者も賢者も肉体の消滅によって絶滅し死後には存在しません。
(王は断滅と感じましたが、本スレに多い見解の一つです。←私註)
Cバクダ・カッチャーヤナ
ただ七種の要素と要素の間隙を刃による切れ目が落ちていくに過ぎない。
Dニガンダ・ナータプッタ
ニガンダ(ジャイナ教徒)は四つの部分からなる防護によって守られている。
Eサンジャヤ・ベーラッティプッタ
その通りだとも、別であるとも、そうでないとも、そうではないのでないとも考えません。
(王は錯乱と感じましたが、四句分別に似ております。←私註)

F釈尊
無我の洞察、意から成る智(意生身)の創造、各種神通

阿闍世王が退室した後に釈尊は「かの王が父王を殺さなかったならば、まさにこの座で
汚れのない法眼が生まれたに違いない。」と弟子達に説かれました。

当時、輪廻が有効な誘引であれば、もっと六師達も方便として使ったのではと考えます。

698 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 22:58:15.89 ID:UegU3sQi
>>696
ああ、ボロが出て自分の瑕疵が明確になるのが嫌なのねw

可哀想だからそっとしといてあげるわ。
これまでの流れでも、読んだ人には「どちらが無理筋通してるか」一目瞭然だろうしな。
わざわざ駄目押しすることもないかw ノシ

699 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/03(火) 23:00:06.22 ID:700kn4xe
何?ww  また、低能クレーマーが難癖つけてるの?www

しょうがねえな、このバカはww
んで、>>577 で、罵倒して逃げ出したくせして、また蒸し返すとww
まさにカスの極みww

>>694 あたりを読むと、こいつあれほど丁寧に解説してやったこと、
全く理解できてなかったわけねwww

まず、通常の日本語読解力が決定的に欠落してるから、いくら説明しても
無だってことか?www

700 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:03:22.98 ID:wILU2+UY
ちょろっと私のレスだけ拾っても→>>23>>27>>30>>33>>36>>40>>45だ。
で、何が言いたいのか?

701 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:07:09.59 ID:wILU2+UY
逃げ出した〜って又、己に大甘で他人に厳しい捏造が始まったw
止めて寝て、次の日また書く〜で止めて寝たら「逃げ出した」か?
笑わせるねえw

702 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:08:48.58 ID:+zCx5Xo7
まず、狂人開祖に対する異常な執着を捨てよ。それがすべてだ。屁理屈
はいらん。

703 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/03(火) 23:10:37.67 ID:rM4GTA1W
>>700
あのー
訴求法は日本では駄目ですよ?

704 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/03(火) 23:11:15.22 ID:700kn4xe
>>701wwwwwwww

だったら、俺の指摘にきちんと反論かいたら?ww
できないでしょ?ww  お前にできることと言ったら、せいぜい
「通報だ〜〜〜、通報だ〜〜〜〜」って、喚くことぐらいだろうにwww

705 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:13:02.49 ID:UegU3sQi
>>700
該当文章は前スレだろが。
解説文・弁明文を検証してどうすんだよw  原文チェックでなきゃ意味ないだろJK

706 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:14:32.66 ID:wILU2+UY
パーピマンに対する反論も一々書いてきたと思うが、又繰り返すのか?w
繰り返しが好きな阿呆ばかりだなあ。

707 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:18:22.83 ID:UegU3sQi
>>706
隠居と在家、(或いは宝珠)相手に、百万遍も千万遍も繰り返したからな。
(彼らは、膨大な反復経験を重ねないと学習しないからw)
繰り返すことには慣れてるよw

708 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:20:08.70 ID:+zCx5Xo7
パーピは、Snの本物のパーピーマンを見習って、釈迦を的確に批判してみよ。
さもなければ、コテが泣くぞ。

それができないのなら、いくら足掻いても無駄だよ。

709 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:25:54.27 ID:+zCx5Xo7
>>707
セブン氏の盲信が最も深い。仏教板のサロメだw。

まず、精神科による治療から始めて下さい。セブン氏とサロメに効果が
あれば、すべての宗教患者に効果があるということだからw。

710 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:28:34.37 ID:wILU2+UY
>>705
前スレが死んでなくてよかったな。死んでたらしないところだったww
ホレ↓
945 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/05/30(金) 21:17:31.09 ID:v+f24w7z [5/13]
>>943
まぁ迷いがないというのは嘘ですね。少なくはなります。
それと仏教に対しての疑問は、ほぼなくなります。
その程度の価値しかありません。ハイ。
ですから世の覚者さん達はその辺わきまえてると思います。
解脱時の満足感というのは半端ないですから、
それについてどーこー言うのが一般的なだけです。
947 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2014/05/30(金) 21:29:54.00 ID:IQB2G4cc [8/22]
>>945
覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜
大麻やった最初の感覚は強烈で〜
と言っているのと変わりませんなあw
だから、無価値で無駄で、場合によれば有害ですらある、と言っているw
950 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/05/30(金) 21:44:30.47 ID:v+f24w7z [6/13]
>>947
その辺はやはり主観の違いがあるでしょうね。
私は決して無価値とは思いません。
だから人に勧めています。
でもクソ真面目と不真面目が同居してるような人でないと
向かないような気がします。
952 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2014/05/30(金) 21:49:11.99 ID:IQB2G4cc [11/22]
統合失調症のキチガイ、大麻に溺れる大麻精神病患者〜キチガイばっかですなあwww
953 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/05/30(金) 21:52:17.90 ID:v+f24w7z [7/13]
僻みですか?
まぁ達成すれば、そんなものは戯言ですし、
宗教みたいなもんには騙されないでしょうね

711 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:32:27.13 ID:G5xqb+UP
バービーの>>699のレスは悪質だな

通報云々はスルーでいいだろ
そこまで粘着して、人を罵倒する必要があるのか?

お前のレスは 煽り逆撫で 以外の何ものでもない

712 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:37:10.46 ID:wILU2+UY
>>711
笑わせるのは、「他人を誹謗中傷してはいけません〜」と>>699のごとく己のレスは対象外のごとく振舞う態度ww
まさに人間性を象徴していて面白いw

713 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/03(火) 23:37:47.41 ID:700kn4xe
んじゃ、俺が簡潔にまとめておいてやろうw

ある名無しさんが、「自分の悟り体験を書いていました」
そこには →「一度も薬物使用は、もちろん、薬物の「や」の字も
ありません。」  それを匂わすような書き込みは「全くと言ってよいほど
皆無」です。  唯一の接点といえるものが、「グラ〜ときた」「めまいがする」
等の部分ですなw

それを受けてこのバカは、そのような体験は、「薬物やっておこる体験と変わらん」
と発言したわけだw・・・・いいかな?  薬物の話を持ち出したのこのバカww
名無しさんは、そんなこと全く触れていないわけw  それどころか、
このバカが変な絡み方をするから、直後にすぐ「そんなものは一切やってない」
と言ってるのに、もうこのバカは聞こうとしないわけww

→「即座に、明確に否定しなかったことが怪しい」と通報ww
なんでも自分は薬物スレに長いこといたから、怪しい奴がわかるんだとwww

714 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:42:12.16 ID:wILU2+UY
>>713
お前さんの下手な要約などイランだろ。
何の為に>>710で拾ったんだ?
事実を見れ、そして、それに対する私の見解が、
>ちょろっと私のレスだけ拾っても→>>23>>27>>30>>33>>36>>40>>45だ。

で?ww

715 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:46:58.70 ID:UegU3sQi
>>711
そうでしょうか?

通報云々は、(上で児童虐待の可能性例を挙げましたが)、
危機管理の観点から、100%全否定されるべきとは言いません。
しかしながら、(御本人によって貼っていただけましたが>>710)、
「可能性の拾い上げ」とはとても言い難い、取調べ調書捏造に近い強引さを見ずにはいられません。
 *(私は左巻き人権思想には嫌悪感を抱いてはいますが、それでも、
  今回の件は目に余る愚行だということです。
  世の中様々な枠組み・分野・思想・考え方(→宗教)の基盤の上に様々な体験があるわけですが、
  薬物によって惹起されるものと近似相似するものもあるでしょう。
  そのとき、薬物の使用感に似ているから犯罪行為である、という流れを許容するのは、
  少なくともこのスレ的ではないでしょう? 或いは上にリンクを貼った上座部の瞑想スレ等も・・。
  彼の基準は、それら全てを射程に入れているのですから・・。)

716 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:49:52.33 ID:wILU2+UY
>>715
>しかしながら、(御本人によって貼っていただけましたが>>710)、
>「可能性の拾い上げ」とはとても言い難い、取調べ調書捏造に近い強引さを見ずにはいられません。

阿呆!捏造ってww どこに捏造がある。そのままコピペで持ってきて何が捏造だ?
言いたい事いってんじゃねえよw

717 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/03(火) 23:55:29.84 ID:700kn4xe
>>714 wwwwwww

だから、彼の書き込みの一体どこに「通報されるべき個所」があるわけ?ww

彼は「薬物使用を匂わすような書き込みは一切してないの」
さらに「お前が変な絡み方をしてきたから、直後の《一切そんなものはやってない》
と言った」のも、お前は一切無視でしょ?

いいかげんにせえよwwww

718 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:58:32.78 ID:UegU3sQi
>>716
┐(´ー`)┌

710のどこに、薬物使用の可能性が見出されるのですか?

719 :神も仏も名無しさん:2014/06/03(火) 23:59:20.10 ID:wILU2+UY
>>717
まあ、全体の流れでとしか言い様がなく、↓もカナリ臭いなw
952 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2014/05/30(金) 21:49:11.99 ID:IQB2G4cc [11/22]
統合失調症のキチガイ、大麻に溺れる大麻精神病患者〜キチガイばっかですなあwww
953 名前:神も仏も名無しさん[] 投稿日:2014/05/30(金) 21:52:17.90 ID:v+f24w7z [7/13]
僻みですか?
まぁ達成すれば、そんなものは戯言ですし、
宗教みたいなもんには騙されないでしょうね

で、怪しいと思うか否かは個人差があるのは当然で、専門家に任せる〜とした私に

劣悪な判断か否かを専門家に任せるといっているのに、それすら劣悪だから止めよ(やめよと
言っているのかどうかも分からず、ただバカと言っているだけか?w)というのはいかがなものか?と言っているw

お分かりか?w
頭の良いパーピマンさんよw な訳だww

720 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 00:01:38.35 ID:bW6u9jtq
>>710 で拾った?www

なら、なんで
955 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:54:27.56 ID:v+f24w7z薬物一切やってないのに?
どうぞwどうぞw

上記のように「薬物使用を明確に否定してる」レスを載せないの?
お前は、彼の意見など無視して通報したんでしょ?www

721 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:04:06.33 ID:QEBijHZf
>>720
そりゃアンタ
954 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2014/05/30(金) 21:53:35.90 ID:IQB2G4cc [12/22]
薬中に僻む阿呆じゃないわww
警察に一応通報しときますわww
の前までで十分でしょう。何故通報したのか?の検証なのでしょう?何で通報後のレスも拾わいかんのだ?
マジで頭大丈夫か?

722 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:05:35.24 ID:QEBijHZf
×何で通報後のレスも拾わいかんのだ?
○何で通報後のレスも拾わないといかんのだ?

723 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 00:07:37.08 ID:bW6u9jtq
⑴ 薬物の「や」の字も言ってなく、薬物使用を匂わせる書き込みなど
  全くない。
⑵ それどころか、あらぬ疑いをかけられたので「明確に否定している」
⑶ 通報の必要あり・・・・との見解を主張しているの一人だけ

・・・・・・・・このようなケースで通報されたんでは、はっきり言って
迷惑以外の何物でもなかろう?wwwwwww

724 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:13:30.10 ID:5nDm15on
>>711
>>715への御意見をお待ちしていますw

725 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 00:16:24.58 ID:bW6u9jtq
>>721 wwwwwwwwwww

つまり彼の意見など聞く必要はないと?www
抗弁など聞く耳なしと?ww
自分がそう判断したんだから、通報OKと?

まあ、クレーマーならそうかもしれんがなwww
彼は、お前の書き込みから、《わずか一分》もたたずに「薬物など使用してません」
と反論してるのに

「もう通報しました。はい、アウト」かよ?wwww

726 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:42:31.05 ID:QEBijHZf
当たり前やろw
何故通報したか?について検証するから、原文拾って来い〜で
拾ってきたら、通報後のレスを何で拾わないのだ?っておかしいだろww

それにねえw
私は人により見解は様々である事を承知しており、それを改めろとか、引っ込めろとか言った覚えは無いが
お前さんは他者の見解を劣悪だの止めよだの馬鹿だの言いたい放題ですなあ。
1〜2回なら付き合ってもやるが、執拗過ぎるとこっちも飽きて来るんだよw
見解の相違は有っても可で、専門家に任せる〜と言っているのにそれが劣悪だって馬鹿じゃねえの?w
一般人100人に1人の見解かも知れん、違法薬物捜査官100人に10人の見解かもしれん、で少数派は
黙っとれ〜という強権的な臭さが滲み出て醜いのですよw
宗教的見解だろうが一般的現象だろうが、見解は自由に述べて可、罵倒もOKw
罵倒されて「信仰の自由」の侵害だ〜等という阿呆は去れ。

727 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 00:43:05.93 ID:bW6u9jtq
例えばだね、ここは仏教スレなんだから、自己の悟り体験を語るものも
多いわけだw  実際、今までもそのような体験を語った人たちが無数に
いたでしょ?

その体験談の中に、「そのとき、私はめまいがしました」「くら〜としました」
のような表現を用いたとするわなw
するとこのバカが、「そんな体験は薬物の体験と変わらんよ」 とレスを
つけてくる。  
もし、「薬物使用の疑いあり」と通報されるのが嫌なら、「即座に」・・・
「否定しなければならない。」  そうでないと、こちらの反論など関係なしに
通報されてしまうわけだw

この「即座」というのも、「彼が通報する」と言ってからでは遅いと思われるw
一分以内に否定しても無視されたわけだから、おそらく、「彼が薬物のことに
言及したら即座に否定しなければならないのでしょう?」www

彼は、「これからも遠慮なしに通報する」と宣言しているのだから、このような
ことがこれからも繰り返されるわけだw

→「自己の体験を語る人」    要注意ですwwww

728 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/04(水) 00:47:38.61 ID:XOu4SItI
>>726
いちおうw
過去の薬物体験は立件できません
身体から薬物反応が出たり 薬物を所持してるとか
阿片パイプのように違法とされる器具を所有してるなら別ですけど

729 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:49:05.56 ID:5nDm15on
「タライ一杯の金粉が降ってきました!(`・ω・´;)」
って在家は、通報対象ではないのかね・・?w

730 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 00:53:04.94 ID:bW6u9jtq
>罵倒されて「信仰の自由」の侵害だ〜等という阿呆は去れ。

なるほどww
信仰の自由など認めないw  俺は好きなように発言するし、罵倒するとww
見事なオレ様基準ですなあwwww

お前は結局、人にはそれぞれ、見解の相違があると言っておきながら、
「人が悟りを目指したり」「伝統仏教を信仰したり」することは
アホだ、糞だ  と誹謗中傷するわけだww
その基準は?  「お前がそう思うから」だけでしょ?
「見解の相違」を尊重するなら、「悟りを目指すもの」「伝統仏教を信仰するもの」
を許容すればいいでしょ?
彼らをアホだ、糞だ ということはないでしょ?www

731 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 00:54:33.16 ID:QEBijHZf
言われて、ショックを受けて気落ちするような信仰に何の価値がある?w

732 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/04(水) 01:04:49.18 ID:zYEDEjj9
>>663-664
もう、対話不成立だからこの辺で終わりにします。
あなたの話からだと何の修業も無用だよね!
今すでに、あなたがもうブッダだ。

>そもそも『今生一度だけの人生で解脱し、完成者たるブッダにな』る、
>と言う命題そのものがナンセンスだw(>>479)といっている。分別妄想でしかないからだ。
>『今生一度だけの人生』←生前も死後も検証不能なのに、この命題は成立しない(世俗一切外)転生も同じ。⇒無記
>『完成者たるブッダ』←修証一等。完成は完成ではない。これを完成と名づけるだけである。
>そこには完成という様相そのものが不立だ。まあ、外道には無理だ。

そうなってウナギ論法にて詭弁で逃げる。
転生は無記ではなくて明確に仏典に示されている。勝手なこというなって!

自分勝手な無記適用や断見じゃ。
とてもここは仏教スレなどとはいえないから。
仏教議論スレにもなってない・・・。

まー、精々頑張って。

733 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:08:57.49 ID:5nDm15on
932 神も仏も名無しさん 2014/05/30(金) 20:34:36.83 ID:v+f24w7z
涅槃のヒントを書くと頭がグラ〜〜ッときます。つまり、めまい系です。
これは主観が変化するためです。そこが始まりです。
彼岸の夢の時は、頭がグラン、グランきましたw

933 神も仏も名無しさん sage 2014/05/30(金) 20:36:09.40 ID:IQB2G4cc
あのですねw
「涅槃」でも「解脱」でも「悟り」でも、何でも構いませんが、それぞれ、定義というものがあるのですか?
涅槃とは〜解脱とは〜悟りとは〜で定義が定まっていれば有るか無いか検証もできましょうw
が、具体的な定義は無く、無論具体的であるから定義であるので、抽象的にあーだ、こーだと言うだけでは、定義なし〜に等しい。
定義なしでAはあるのか?と問われても「何が?」と聞き返されて抽象的な返答しか出来ない〜の繰り返しでは不毛の論議というものですww

935 神も仏も名無しさん 2014/05/30(金) 20:49:34.55 ID:v+f24w7z
>> 934
不環というのは、あくまで感覚です。実際、そんな感覚があります。
涅槃は、その感覚を忘れましたが雲に浮かんでるような感覚で、
安寧の表現がピッタリの感覚です。
安らかで、のんびりしてて、温かいみたいな感じと思います。

936 神も仏も名無しさん sage 2014/05/30(金) 20:52:58.57 ID:IQB2G4cc
〜な感じが「涅槃」です、「解脱」です、「悟り」です、〜では何とでも言える無価値なものがまさに「涅槃」「解脱」「悟り」という事だw
阿呆らしいと思わんかね?ww
といって具体的に定義も示せず〜ではあるのかないのか分からんもの〜でも十分OKで
あるある〜言う人間の方が、またまた阿呆という事にw 定義なしで「あるある」いうのは
誰でも言えるわwww

941 神も仏も名無しさん 2014/05/30(金) 21:02:33.91 ID:v+f24w7z
>> 936
涅槃はそうでもないけど、解脱の衝撃は割りとすごいですよ。
スーパーサイヤ人の劣化版みたいな感じw
でも、おっしゃる通りですよ。
言葉は後からついてくるもので、感覚にあてはめて、これかな?って感じ。

734 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:20:45.35 ID:5nDm15on
なぜ、中核となる>>733から貼らないかね・・。

また、紐君基準なれば、932で即座に通報すべきだったと思われるが、
なぜ、そこでは通報されなかったのでしょう?
950まで待ってしまったのでしょう?

慎重に可能性を見たにしては、950以降が急展開ですね・・。
通報宣言は954ですしね。

735 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:26:29.99 ID:QEBijHZf
時間的には945から954の通報まで35分は掛かっているので急と言っても・・
で?w

736 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:33:47.39 ID:5nDm15on
>>735


932・・・ 20:34

       43分

945・・・ 21:17

       36分

954・・・ 21:53

950―954 9分

737 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:36:39.45 ID:QEBijHZf
で、時間が通報と何の関係があるんだ?
急に展開して通報に繋がるのは解せない〜とでも言いたいのか?
さっぱり分からんなあww
小学生にも分かるように噛んで含めるように教えてくれないか?ww

738 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:39:21.96 ID:5nDm15on
>>737
さほど関係ないよ。
君の態度が、「即座」な姿勢的だったんで、
なんで932じゃなかったのかな?と思っただけ。



伊深しぐれを食して

A「弾力のある、この食感、替え難い」
B「それは牛肉のしぐれ煮を食べてるのも同じ」
A「(食感には)主観により差異が出るでしょうが、(伊深しぐれの)食感に価値がないとは思いません」
B「貴方、肉食してますね」
A「はあ?」

ってこったw


ノシ

739 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:44:26.43 ID:QEBijHZf
セブンの比喩は考慮に値しませんのでスルーさせて貰いますわw

740 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:45:10.00 ID:5nDm15on
>>739
譬喩じゃねーよwwwww

741 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:52:15.48 ID:9ApJu5zv
宗教戦争、宗教紛争の原型が、ここに如実に現れているね。宗教患者は、開祖は
絶対に批判できないから、そのストレスで、専ら信者同士で争うことになる。

宗教患者は、「信教の自由」など口にする資格はない。信教の自由に最も違反
しているのが、宗教自身なのだから。他宗教・他宗派を己の宗教・宗派と同じ
価値で扱う宗教などない。宗教は、排他性によってのみ成り立つ。その意味で、
信教の自由は矛盾概念。

宗教患者は、釈迦・イエス故に生命を奪われた無数の人間の、断末魔の叫びが
聴こえないのか。破壊された無数の家庭の悲しみの声が聞こえないのか。何が、
お釈迦様・イエス様か。

742 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 01:53:00.28 ID:4aiM063t
>>715
なんと言ったらいいかなぁ・・・

あんまり人を貶めるようなことをしたくないので、
「スルー」という言葉で察して欲しい。

あなたが「取り調べ調書捏造」と、真剣に騒ぐほどの案件ですか?

743 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 01:53:08.08 ID:bW6u9jtq
wwwwwwwww

伊勢しぐれ→悟り
牛肉のしぐれ煮→薬物    わからない?w

というより、自分のダブルスタンダードの指摘は、スルー?w

744 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 02:05:45.70 ID:9ApJu5zv
宗教は「精神の麻薬」だから、薬物より遥かに有害。薬物中毒は、数ヶ月程度の
入院で治癒可能だが、宗教は「不可逆的な」人格変容で、一生涯治癒は殆ど不可能。
サロメやセブン氏を見れば明らか。従って、宗教活動はすべて「通報対象」である。

745 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 02:06:43.78 ID:bW6u9jtq
>>742 お前に聞くが、なぜ一方的に「俺だけの批判」を書いて、
紐の批判は全くしないのかな?

ちなみに俺の>>699 の書き込みは、紐の >>670 >>694 を受けてのものなんだが
彼の揶揄はOKで、俺の言動はNGとする理由は?

746 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 02:13:12.28 ID:4aiM063t
>>745
>紐の批判は全くしないのかな?

自分で答えを書いてるじゃないか。
まだ分からないのか・・

747 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 02:17:12.92 ID:bW6u9jtq
>>746 いや、さっぱりなんだが?

なぜ、彼の俺に対する罵倒はOKで
俺が彼にする罵倒はNGなんだ?   はっきりおしえてくれ。

748 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 02:26:10.75 ID:4aiM063t
>>747
昼間に、「夜だ」と言われて、怒って反論するバカはいるか?

749 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 02:31:10.47 ID:bW6u9jtq
>>748  wwwwwwwww

何それ?ww
紐の言動は、否定見解を述べる価値もないほど瑕疵が明らかなわけだから
スルーが当然。
反論述べる方が、 バカw  幼稚園児のいうことに、いちいち相手するな
・・・・・・こういうこと?ww

750 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 02:46:43.42 ID:QEBijHZf
誹謗、抽象するなかれ〜という人間が大口叩いて誹謗中傷を言う〜
自分の捏造は捏造にあらず、相手が理解できない日本語が不自由な阿呆だからであり、
相手のラフな表現は正確性に欠くので全て捏造である〜

こういうのをダブルスタンダード、自分に甘く他人に厳しいと言うのだよw

分かったかね?自分に甘く他人に厳しいパーピマンよww

751 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 02:58:04.62 ID:bW6u9jtq
>>750 wwwwwwwww
おやおや???  俺への批判ばかりで、自分のダブルスタンダードには
一切ふれないわけか?www

人にはそれぞれ見解の相違がある・・・・とか言っておきながら、
「悟りを目指すものはアホ」「伝統宗教を信仰する者は糞」・・・・と
誹謗中傷するww

人の書き込みに一方的に難癖つけて通報するときは、「見解の相違」を
持ち出して、自分が気に入らない者を罵倒するときは、「見解の相違など
認めない」wwwwwwww

さすが、低能クレーマーのオレ様基準はすごいわwww

752 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 03:03:55.57 ID:bW6u9jtq
ちなみに、
>自分の捏造は捏造にあらず、相手が理解できない日本語が不自由な阿呆だからであり、・・

はい、俺はねつ造など一切してませんww
「通常の日本語読解力」を有するものなら当然、理解できる表現しか用いて
おりませんなww
お前は、かなり日本語が不自由なようなので、昨日、あれほど親切丁寧に解説
してあげたのに、まだわからないのかな?www

小学生くらいなら理解できる程度に説明したでしょ?w
もう一度、昨日のレスを読み返してみなさいw
100回くらい読み返せば、いくらお前でも理解できるでしょ?www

753 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 03:07:23.26 ID:QEBijHZf
>>751
>自分が気に入らない者を罵倒するときは、「見解の相違など認めない」

はあ?見解が違うので罵倒するのだろ?見解が同じ相手を罵倒するのは阿呆だわなw
通報も罵倒(誹謗中傷)も見解に相違があるからするものだろうがww
で、何がダブルだって? 何言ってんの?w

754 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 03:23:41.57 ID:Lb5rZqrl
頭がグラ〜〜ッてくるのは貧血だってくるでしょ?
むしろそっちの方が一般的。
徹夜したり勉強しすぎたりしても頭がクラクラくるでしょ?

そういった類のものを、まさかまさか即、麻薬にこじつける輩が
いるなど想像もできませんでしたわ。
あくまで、瞑想や修行による効果を進めるわけで頭のクラクラを
勧めてるわけでもなく、もはや敵意以外の何物でもありませんな。
俺が絶対正しい、俺に逆らう奴は全部敵の短絡思考に陥ってるわけです。
こうなると他人が何を言っても無駄です。
改善の余地があるとすれば、自己を疑うこと。
これは彼にとってはありえないことです。
なんせ神の如く絶対正しいのですから。

755 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 03:23:55.25 ID:QEBijHZf
どっちが読解力が無いのだ?w
日本語大丈夫?w

756 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 03:26:20.51 ID:bW6u9jtq
wwwwwwww
>はあ?見解が違うので罵倒するのだろ?

なるほどwwww
お前は、「自分と見解の違うものは罵倒するんだ」ww

各人が、それぞれ持つ見解の相違を尊重せずに、自分と異なる見解をもつ
者は罵倒するわけだwwww

では聞くが、《彼の書き込みが通報に値するか否か?》 は、(それぞれ
見解の相違があるので)専門家に任せた。・・・・・といったよな?
「悟りを目指すものはアホ」「伝統宗教を信仰する者は糞」・・・・・
これはどうなの?ww  それぞれ異なる見解を持つ者がいるでしょ?
専門家に判断任せたの? その専門家って誰? どういう判断をしたのかな?その
専門家はwww
人はそれぞれ見解が異なるから、専門家に判断をゆだねるべきなんでしょ?
まさか、「自分の独断と偏見で」 発言したわけではないよね?wwwww

757 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 03:47:10.73 ID:Lb5rZqrl
読解力がないのもありますが曲解という方が正解に近いでしょうね。
自分の見解にそぐわないものは全部却下ということです。
自分の体験不足、経験不足を棚にあげて、自分の未知の領域というものを
罵倒して自身を守りたい一心なわけですよ。
大人ならば自己愛性パーソナル障害です。
つまり経験不足により子供の状態を保持したままというわけです。

758 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 04:22:53.59 ID:Lb5rZqrl
922 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 18:58:25.30 ID:IQB2G4cc
大体、意味不明のレスを返している輩は大麻や覚せい剤、違法薬物など吸いながら書いている阿呆だろうw
そのような阿呆は永遠に続く無限地獄に堕ちる事間違いなしだw

926 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 19:40:38.31 ID:IQB2G4cc
違法・規制薬物は止めて更生することだw

前スレなら、もうこの時点で妄想入っており、既成事実に変化しています。
誰もそんなものを匂わすこともいってません。
ハナから決めつけています。この時点で既に狂ってます。

759 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 04:46:27.63 ID:Lb5rZqrl
確かにこの日は夢のインパクトから抜け出ていない状態でした。
それを感受性の高い者が感知したのかもしれません。
時期尚早とは思っていましたが、インパクトが残っている内に
書いておきたかったのも事実です。愚行が愚行を呼んだのかもしれません。

760 :○補足:2014/06/04(水) 07:00:59.30 ID:/0RuEMHa
>>675
長部経典「沙門果経」より、阿闍世王の問いに対する、外道の六師の回答を読んでみましょう。
問い)この世において、目に見える形で『修行生活の成果』を示すことができますか?

答え)
@プーラナ・カッサバ:バラモン教系の宗教家、哲学者
布施、供養、戒による自制、真実の言葉によっても功徳はない。(非作用)

Aマッカリ・ゴーサーラ:宿命論者、アージーヴィカ教の教祖
輪廻は期限限定がされており、愚者も賢者も流転し輪廻した後に苦の消滅を迎える。

Bアジタ・ケーサカンバラ;断滅論者、虚無論者
愚者も賢者も肉体の消滅によって絶滅し死後には存在しません。
(王は断滅と感じましたが、本スレでは結構多い見解の一つです。←私註)

Cバクダ・カッチャーヤナ:唯物論者
ただ七種の要素と要素の間隙を刃による切れ目が落ちていくに過ぎない。

Dニガンタ・ナータプッタ:ジャイナ教ニガンタ派の教祖
ニガンダ(ジャイナ教徒)は四つの部分からなる防護によって守られている。

Eサンジャヤ・ベーラッティプッタ:一種の詭弁論で捕鰻論者
その通りだとも、別であるとも、そうでないとも、そうではないのでないとも考えません。
(王は錯乱と感じましたが、中論や四句分別に似ております。←私註)

F釈尊
無我の洞察、意から成る智(意生身)の創造、六種の神通、十種の智慧、八種の聖道

阿闍世王が退室した後に釈尊は「かの王が父王を殺さなかったならば、まさにこの座で
汚れのない法眼が生まれたに違いない。」と弟子達に説かれました。

当時、輪廻が有効な誘引であれば、もっと六師達も方便として使ったのではと考えます。

761 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 07:06:38.40 ID:ncmm+z3t
だからさーーー、デタラメ前提の釈迦に関する知識なんか書き込むなw
悪霊人心を惑わす○在家きえろww

762 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 07:39:53.46 ID:0Wll3wKR
>>675
スシーマに於いても厳密には輪廻は否定されて居ない
勿論肯定もされてない、お前は解脱後の出世間の見解を外道故に理解できない
だからお前は四悉壇に固執しなければ居られないのだ
悉壇は慈悲に於ける煩悩心、つまり慈悲心・菩提心を以って敢えて用いられているに過ぎず
迷った衆生に正しき言葉だけを聞かせようと苦心してみても、そもそも言葉自体が既に
迷いの道具であるのだから迷った衆生に正しさを聞ける選択肢は無いも同然となる
故に、迷いの衆生に敢えて聞かせる「迷った仕様に則った言葉」として悉壇を用いるのだ
その言葉は、額面で受け取れば迷ってるに過ぎない
迷いの衆生に悉壇は心地良く聞こえる様にセットされている
法華経方便品に有る通り、迷いの衆生に正しき言葉を聞かせても否定してしまうからである

お前の悉壇はお前の勝手都合で捻じ曲げて解釈してるに過ぎない
出世間から見た見解に於いては、悉壇すらも戯論に過ぎず
目的が涅槃への誘いに過ぎない訳だから、その言葉に固執する必要等無いのだ
外道にはそれが解らんだけに留まらず、悉壇こそが真実の言葉だと言い張る始末
方便品全文を再度精読しろアンポンタン

763 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 07:41:22.09 ID:0Wll3wKR
方便品の肝要は一言、「正直捨方便」である

四悉壇も方便に過ぎない

764 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 07:45:03.08 ID:BUbekVWj
>迷った衆生に正しさを聞ける選択肢は無いも同然となる

歎異抄ですね。

765 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 07:54:54.04 ID:XWqX0oel
>>764
いや、それも方便品にちゃんとある
迷いの衆生が正論を聞かない・否定してしまうのはアーガマから言われ続けてる

766 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 09:29:45.38 ID:jS6YQa9z
真光の組み手共に仏の真の意図を受け入れようなどと言う意思は微塵も無い事は良くわかる
だから仏典から都合の良い言葉を捜してきては真光擁護の為にこれを用いようと画策する
そして、迷った身を以って、憂いを憂いだ心のままに手をかざし、それを真の行だと思い呪く
迷った心でいくら祝詞を唱えたり手をかざしたりしても無意味なのだ、迷ってるんだからな
手をかざし祝詞を唱えて身心脱落出来るなら少しは見直してやれない事も無いが
それが出来るならそもそも祝詞も手かざしも不要の筈なのである

767 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 09:45:45.37 ID:5nDm15on
>>742
(今回の件以前からの彼の持論・ポリシーとしてのものもそうだが)、
彼の、≪「ブッダに於ける“行、瞑想”(或いは“体験”)の重要性”へのアンチテーゼ、疑義≫
と直結してるからだよ。

行や瞑想なき仏教でいいのか?と。
禅定に於ける体験(の発話)を、薬物として一蹴するのはどうなの?と。
菩提樹下の逸話等は何?と。後代のフィクション?と。

768 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 09:58:45.59 ID:y4TCFtyj
実は騒いでる当事者が過去に使用歴あったりしてw

769 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:02:39.35 ID:Ky6qnkS9
姑息な真光逸らしが酷いな

770 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:13:56.03 ID:5nDm15on
>>769
そういうことでの啓蒙活動は立派だと思うよ。
けど、魔女狩りになってないか・・?ってことなのよね・・・(^^;
で、魔女をサーチ&デストロイするうちに、
お釈迦さんの禅定や威儀まで断罪してしまわんかね・・と。

771 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:17:38.63 ID:7jl2q0ME
>>770
>お釈迦さんの禅定や威儀まで断罪してしまわんかね・・と。

「精神的麻薬」の本拠を叩かなければ、無意味だろう。

772 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:17:45.03 ID:5nDm15on
>>770>>768
&補足

そういうことで問責したりはしないさ。  >使用歴
誰しも、過去があって今があるわけで、
それを糧にできていれば、それは良き・善きことだよ。

773 :一切法無我:2014/06/04(水) 10:42:08.26 ID:3M7G/c2y
>>675(アホ在家)
>『輪廻』は必要条件で、『四諦や縁起』は十分条件だ

『輪廻』は必要条件でも十分条件でもない。単なる一切外の迷妄妄想でしかない。

そもそも業報論はインド特定地方の土着伝説(先祖帰り)をヒントにしたヤージュニャヴァルキアのアーリア人謀略階級支配体制確立のための創作アイデアになるものであって、
古代インドでは圧倒的なバラモン教の洗脳によって定着していたから問題になったのだ。

しかし、日本の共同幻想やキリスト教社会には業報輪廻転生論は文化としてまったく(輸入)定着していない。
日本文化はアニミズム、先祖崇拝といった汎神論的自然崇拝、精霊崇拝が主流だ。
ならば輪廻転生意識などない日本人には仏教文化は根付かない(必要条件を満たさないから)、
また、輪廻転生意識などないキリスト教社会には仏教文化は根付かない(必要条件を満たさないから)はずであることになる。

間接現実(世俗)と理論の齟齬があるときは、理論(必要条件・十分条件)の放棄または修正が必要なことは言うまでもない。

>前世や輪廻を説かれた経はその何倍も多いからです。

まさに『初歩的な“通俗説”であって、極めて低い教えにすぎず、
   業報説からさらに進んで仏教独自の四諦や縁起の説に向かうべきものである。』(水野弘元 仏教の基礎知識p121,128)
そのままじゃんw
初歩的な“通俗説”を打ち破る必要があるのである。→『信仰を捨てよ!』(相応部6-1)
なければ打ち破る必要はない。

774 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:46:25.04 ID:Lb5rZqrl
>>771
>「精神的麻薬」の本拠を叩かなければ、無意味だろう。

それは麻薬でない。麻でない。体内物質であり薬でもない。
一時的、至福感、満足感しかないもので、なんら害はない。
故に叩く意味がない。
君に正当性は何もないよ

775 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:47:38.26 ID:GqSL+b2n
>>756
黙って、書き込み終了させたら、また「逃げ出した」とか言い出すからな、
自分に甘く他人に厳しいパーピマンはww 連続規制に引っかかったからコレが最後だぞw
代行依頼で何度もやってられんからねえ。

《彼の書き込みが通報に値するか否か?》→あると判断したから通報した。
(それぞれ見解の相違があるので)専門家に任せた。→逮捕に値するか否かの判断は当然素人には
不可なので専門家に任せた。

で、「悟りを目指すものはアホ」「伝統宗教を信仰する者は糞」で何だって?
何を専門家に任せるのか?
見解に相違がある事案は全て専門家に任せなければならない〜って誰がどこで言いましたか?
コレが捏造でなく何なのだ?ww

>自分が気に入らない者を罵倒するときは、「見解の相違など
>認めない」wwwwwww
に対する回答で、
>見解が違うので罵倒するのだろ?見解が同じ相手を罵倒するのは阿呆だわなw
>通報も罵倒(誹謗中傷)も見解に相違があるからするものだろうがww
と書けば、
>各人が、それぞれ持つ見解の相違を尊重せずに、自分と異なる見解をもつ
>者は罵倒するわけだwwww
と来るわけだw  

コレが捏造でなく何なのだ?ww
最後のお前の
>各人が、それぞれ持つ見解の相違を尊重せずに、自分と異なる見解をもつ
>者は罵倒するわけだwwww 、は異なる見解には100%必ず罵倒する意味をも含有してるわなw
前に2段ではそんなニュアンスは一言も言っていないのだがなあw
我の捏造は捏造にあらず、彼の捏造は許すまじ〜ってww
自分に甘く他人に厳しいパーピマンさんよww

776 :一切法無我:2014/06/04(水) 10:50:18.57 ID:3M7G/c2y
>>732(アホ宝珠)
>そうなってウナギ論法にて詭弁で逃げる。

金剛般若経をウナギ論法などというのはお前だけだw

>転生は無記ではなくて明確に仏典に示されている。勝手なこというなって!

『4★ 教本に引用されていたとて信じることなかれ』(カーラーマ経)
実践仏道は菩提心凡夫自身による検証と時空因果関係の正確な如理作意の過程でもある(一切門)。
→『★経文そのものも、いかなる様相に於ける対機説法としての教説か、謀略経文か、アホ経文かなどを意識して如理作為する必要があるのだ。』(>>663
仏法・実践仏道は「信仰」ではないのである(相応部6-1、Sn.1146)。

>自分勝手な無記適用や断見じゃ。

ペンキ屋、乙!
相応部 ★12-17、35-70参照(>>166>>237
一切門・還滅門での如理作意的展開であることはいうまでもない。

777 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 10:52:25.23 ID:Lb5rZqrl
故に涅槃、悟り、解脱というものは
一般的にいう「変性意識」そのもので何ら間違いはない。
仏教の目的はコレにあたる。
否定されるのであれば逆にどこにある?と問いたい。

778 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:01:56.62 ID:iGc99FvI
ID:Lb5rZqrl

こう言うアホも現れるから敢えて解説しておくけど、仏教に於ける悟りの類は変性意識等では決して無い
言葉に出来ず、思いに因らない領域に於いて如実知見し如理作意に見解が至る、これが所謂悟りだ
悟りに於いては一切の邪見は認められず無に帰す(寂滅する)

アホ在家は天動説こそが真実だと思いそれを喧伝する、これは明らかに邪見である
それに対して、俺は地動説こそ真実だと思いアホ在家に反論する、これも明らかな邪見なのである

仏法出世間の見解に於いてはこの両者に寄らず中道の見解となり、故に邪見に落ちる事が無い

どこに変性意識等有ろうか

779 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:03:39.37 ID:Lb5rZqrl
当初から言っているのであるが、「変性意識」に
宗教的意味合いは全くない。単に自然の一形態である。
故に涅槃、悟り、解脱というものは感覚のみを指すのであり、
涅槃、悟り、解脱というものは感覚につけられた便宜上のものである。
そもそも言葉というもの一切が伝達手段のための便宜上のものである。

780 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:10:25.22 ID:iGc99FvI
>>779
石ころに意識や意思があるのか?
それを確かめる術はどうする?
疎通が図れない以上、それは無いも同じであろう?
解脱・悟り・涅槃は確かに用語に過ぎんが、変性意識には当たらない
そもそもこの三者に意識等無いし意識が相容れられない
一切の戯論が滅したお目出度い境地なんだからな
戯論が滅するとは意自体が滅すると言う事だ
どこに意識などあろうか

781 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 11:11:18.24 ID:bW6u9jtq
>>775 wwwwwwwwwwwwwwww
ホント、このバカは疲れるわww

俺が、
>なるほどwwww
>お前は、「自分と見解の違うものは罵倒するんだ」ww

>各人が、それぞれ持つ見解の相違を尊重せずに、自分と異なる見解をもつ
>者は罵倒するわけだwwww

と、やったのは、お前が、 >>はあ?見解が違うので罵倒するのだろ?
と書いたことに対して、「おちょくってやった」のwwwww
そんなこともわからんのか? このバカはww

本題は以下の部分だろうがwwww

782 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:13:11.57 ID:tfZ5ikOs
仏教は元々哲学的にはいい事いくつも言ってるんだが、いかんせん、方向を誤った。
世界を理解するのに必要なのは、頭をおかしくする修行ではなく、数学と巨大加速器
だったのである。

783 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:16:35.07 ID:iGc99FvI
>>782
頭がおかしいのは寧ろお前だろw

784 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:31:55.23 ID:Lb5rZqrl
>>778>>780
>言葉に出来ず、思いに因らない領域に於いて如実知見し如理作意に見解が至る、これが所謂悟りだ
>悟りに於いては一切の邪見は認められず無に帰す(寂滅する)

それは変性意識に付随するものだ。


http://www.youtube.com/watch?v=cvj3-MZO9Tw&index=3&list=PLuLW12lxUp4X3Z1uokbDzaGyNhwnAdm3O

暫時の解脱においては心情的には上の動画そのまま。
「少しも寒くないわ」=「少しも迷いはないわ」であり、
俺は一連の過程ひっくるめて「変性意識」と言っている。

785 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:32:13.81 ID:yxBx2bOw
物理学は別におかしな事は逝ってない。
仏教が基地外化してるだけだ。

786 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 11:50:39.35 ID:bW6u9jtq
んでね、やっぱり予想した通り、さっぱり理解できてないんだねwww
いいか?

お前はね、「通報した」という自己の行為を正当化するために
→「個人個人において見解の相違があるので、専門家に判断を任せた」・・・と
  言ったわなw・・・・・これをA の事例としようか?w

ところが、「悟りを目指すものはアホ」「伝統仏教は糞」・・・このように断定
することは、何を基準にそう判断したのか?  と聞いたわけw  ・・・・これがBねw

Aのように各人が見解の相違をもち、その是非の判断がはっきりしないのならば、
専門家に判断をゆだねるのが妥当・・・・・これがお前の意見なわけだw
Bでも当然、見解の相違がある。しかし、お前はそれを専門家の判断にまかせず、
自己の独断で「アホ」だの「糞」だのと規定したでしょ?

「悟りを目指すもの」「伝統仏教を信仰する者」・・・・こういう人たちの見解について
その是非を専門家の判断に任せるのでは無く、「なぜ、アホ、糞」と断定したんですか?
その差異を尋ねているわけww
専門家の判断に任せるまでもない明確な理由・・・・そういうものがあるわけ?w
今まで、それについての説明など一切なかったわけだがww

もし、Bについて「俺がそう思ったから」という独断しか理由が述べられないのであれば、
Aについても「俺が通報したかったから」  という理由だけで通報し、
→「突っ込まれたから、《見解の相違の是非の判断を専門家にまかせた》・・という後付理由で
自己正当化を図った・・・と考えられても仕方ないでしょ?

それを言ってるのwwww

787 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 11:53:35.63 ID:Lb5rZqrl
>>785
>仏教が基地外化してるだけだ

仏教だけでなく宗教全般において過剰反応がある。
変性意識の過程修了者を阿羅漢とするのであれば、
ただそれだけのものであり、何がどう変わるわけでもない。
変性意識の過程のインパクトが終われば、
「ちと変わったかな?」程度のものでしかない。

788 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 12:30:16.07 ID:3o9V0QHo
悟りは、無所有の境地と表現されてますよね。
自分なんかいないと理解して、執着を手放すなんて、普通は難しい。
変性意識に一時的になるのとは違う気がしますよ。
常時、わたしがない状態にいるのは、ちとした変化ではないでしょう。

789 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 12:41:30.34 ID:Lb5rZqrl
>>788
>常時、わたしがない状態にいるのは

そんなものは単なる妄想です。
ですが、精神的無所有に一定レベル達する必要性はあります。
例えば、自分の容姿に一切かまわない等。

もしかしたら、実質上の財産も家も服も、なにもかも捨てて
一人で山暮らしでもすれば、もう一段上があるかもしれませんが、
普通に暮らす上では、これが限界です。

790 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 12:45:11.82 ID:3o9V0QHo
感覚や表象でさえ、わがものではないのが、悟りではないのでしょうか。

791 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 12:47:47.29 ID:Lb5rZqrl
>>788
一時的といっても丸2日は全身に感覚は残ります。
表現的には暫時、しばらくが適切かと

792 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 12:53:33.24 ID:Lb5rZqrl
>>790
もちろんそれはそうですが、その感覚というのはありません。
わたしがない状態というのは感覚的にあります。
それは感覚的には3〜5分程度だと思います。

793 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 13:04:00.07 ID:y4TCFtyj
物事と真剣に向き合い、精一杯努力をして戦い抜くと、
やるだけの事はやった。もう十分だ。という境地になるよね。
そして、そのジャンルに対しての執着がなくなる。
自分の中でもう終わった事として整理されていく。
仏教においての悟りとは違うかもしれないけど。

794 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 13:14:20.17 ID:Lb5rZqrl
>>793
同じと思います。自分が生活や仕事に関わる中での
やるだけの事はやった。もう十分だ。の積み重ねで成されます。
私自身の場合は全て終わったと終わってないの気持ちが
半々で懐疑的な所もありました。
私自身は少しずつでも苦を取り除く過程に生きがいみたいな
ものがありました。修行とは即ち生きがいです。
今は抜け殻同然ですw

795 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 13:14:55.15 ID:GVyFh/vF
>やるだけの事はやった。もう十分だ。という境地になるよね。

それないな。解決は新たな疑問への扉。

796 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 13:15:58.80 ID:srN6PcAm
>>786
もうねえ、阿呆と繰り返し戯言を言い合うのは飽きたよw
我の捏造は「おちょくっただけ」で彼の捏造はゆるすまじだなあww

良いんだよ、そんな逃げ口上を返すのなら、俺もそっくり返してやるわ。
>その差異を尋ねているわけww
「おちょくっただけ」に決まっているだろうがww
そんなこともわからんのか? この大バカはww

我に大甘で他人は厳しい阿呆パーピマンは以降基本無視する。
言っても、「おちょくっただけだ、それも分からんの馬鹿者〜でお前こそ
俺の問いに答えろ〜」って永遠繰り返すんだろww 笑止千万、戯言無視〜

どーせ、また阿呆だのバカだの繰り返すんだろうが、何とでも言え〜
書き込み代行依頼中に付き私の書き込みはしばらく中止だ。

797 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 14:02:38.83 ID:CllG1tpM
 
>>732 宝珠 さんへ
> もう、対話不成立だからこの辺で終わりにします

例えば
私(ID:CRHzl5mR)の場合は
他人の文章を理解する能力が欠如してる
他人と対話する能力が欠如してるので
「おまえは社会不適合者である」と認定されたことがあるけど

ID:+eKBNVLN(閻魔先生?)の場合は
「初心者向けに、わかりやすく説明する為の能力」が欠如している
それ故に
仮に自分では理解してるつもりでも
世俗において
「他の人に、わかりやすく説明する為の能力」が欠如しているかもしれないので
ID:+eKBNVLN(閻魔先生?)の場合も
「おまえも社会不適合者である」と認定されるかも
  _  _  _

それ故に
この人(ID:+eKBNVLN)の相手をしても
何を言ってるのか? 意味がわからないので
「相手にすること自体が時間の無駄である」

 ↑ これに同意させて頂きます

798 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 14:05:34.89 ID:Lb5rZqrl
決定的にインパクトを感じるのは胸の中心(心臓ではありません)がバチッと
固定される感覚があり、これが何よりも強いです。
そして全身に軽い痺れ感と同時に、ある満足感に溢れ諦め感がこれに
加わるといった感じです。2日目に胸の中心に左右のブレが起き始め
やがて全解除となります。
今は胸の中心は静かに固定されたままという感覚ですね。

799 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 14:20:45.57 ID:F7NK7v0s
922 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 18:58:25.30 ID:IQB2G4cc
大体、意味不明のレスを返している輩は大麻や覚せい剤、違法薬物など吸いながら書いている阿呆だろうw
そのような阿呆は永遠に続く無限地獄に堕ちる事間違いなしだw

926 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 19:40:38.31 ID:IQB2G4cc
違法・規制薬物は止めて更生することだw



・・・・・
他の者も貼り付けていたが、こんなヤクザな因縁付けにどんな弁解の余地もない。
精神的に問題を抱えた人間が他人に絡む事でストレスを解消しているのだろう。

800 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 14:26:30.94 ID:ZkcV+Kob
>>788
>常時、わたしがない状態にいるのは、

それがまさに「自意識過剰」「自我肥大」。釈迦の「無我」が、それであった。

我を懸命に生きる健常者は、「我の有無」など常時意識することはない。

801 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 14:26:41.05 ID:CllG1tpM
 
>>796 さんへ
> 書き込み代行依頼中に付き私の書き込みはしばらく中止だ

規制対象の人でも ↓ 書き込み出来ると思うので、ご利用下さいませ

猫さんの避難所
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1390739824/

 ↑ 私(ID:CRHzl5mR)が立てた スレなので 自由に ご利用下さいませ

802 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 14:57:42.37 ID:bW6u9jtq
>>796 wwwwwwwww  はい、おちょくっただけだけどww そう読めなかったの?ww

>wwwwwwww
>>はあ?見解が違うので罵倒するのだろ?

>なるほどwwww
>お前は、「自分と見解の違うものは罵倒するんだ」ww

お前がアホな言い回しをしたので、おちょくっただけですよww
本題は、きちんと 「では聞くが」・・・と続けてるでしょ?ww
それとも、「これはおちょくりです」 といつも但し書きいれないといけないわけ?
お前とのやりとりではww

普通のやつなら、「これはからかってるんだ」とスルーしていくとこなんだがww
特にこのスレの住人なら
「お前、何のためにこのスレにいるの?」→「アホ、おちょくって遊ぶためです。w」
はいw このやりとりを何度なく見てるんだがww

ンで?  本題のほうのレスが全くないねw
俺がおちょくったのを「やった〜」とばかり逃げ口上に使い、逃走ですか?w
「助かったああ」と思ってるのかな?www
まあ、それでもいいよww

アホのために補足説明したのは徒労に終わったが、よくあることだww
アホが逃げ出すのはwwww

803 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 15:20:31.61 ID:bW6u9jtq
>922 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 18:58:25.30 ID:IQB2G4cc
>大体、意味不明のレスを返している輩は大麻や覚せい剤、違法薬物など吸いながら書いている阿呆だろうw
>そのような阿呆は永遠に続く無限地獄に堕ちる事間違いなしだw

wwwwwwww
なるほどw  このバカ、初めから
「自分に理解できない文を書くやつは、薬物使用者の可能性高し。」 と
いう偏見と独断に満ちた先入観で相手を見てたわけか?wwww
それで、あのへんな流れになり、いきなりの「薬物認定」と繋がって
いったわけかいwww

こりゃ大変だww
以後、このスレでは、紐の理解できる文章書かないと「薬物使用者認定」されて
通報されちゃのか?
怖いね〜〜〜〜〜w  皆さんも気を付けて〜wwww

804 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 15:34:08.46 ID:sqMSTHT2
>>784
全然ダメだな
お前は意識中の思考にしか考えが及んで居ない
だからダメなんだよ、門外には理解出来ないのは当たり前だ
方法を知らんからな
お前は一般的な一般人の考える仏教のイメージすらも
バカにして汲んで居ない筈だ
一般的に仏教とは?と問われて言うイメージを思い出してみろ
強ちそれが仏教の核心を突いた答えだったりするんだぜ
お前はそんな事も知らんでただただ批判している
だからバカから抜け出せないんだよw

805 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 15:37:29.72 ID:sqMSTHT2
>>798
それこそ変性意識とか言う奴だろ
お前やっぱ相当イカレてるな

806 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 15:48:49.68 ID:cyudE6uH
皆みなさまへ。


この件に関して、逸らしが醜くなっていると考え、

問題点を明確にするべく、

今から前スレ(仏教議論スレッド101)で始まった件と関係し、

その展開が判る投稿やレスを

ここで、もう一度ご確認いただきたく、貼りますので、少し長くなりますが

全て貼り終わるまで、この件を誤魔化す為に間に投稿せずに、

お待ちください、かつ内容も冷静に読んで頂きたく思います。

807 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 15:53:53.24 ID:cyudE6uH
● と ◎ でやり取りわかり易くしました。
他の投稿者は、関係していると思われるレスのみを入れています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

922 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 18:58:25.30 ID:IQB2G4cc ●
大体、意味不明のレスを返している輩は大麻や覚せい剤、違法薬物など吸いながら書いている阿呆だろうw
そのような阿呆は永遠に続く無限地獄に堕ちる事間違いなしだw

926 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 19:40:38.31 ID:IQB2G4cc ●
違法・規制薬物は止めて更生することだw

930 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:18:02.56 ID:v+f24w7z ◎
>>924
だいたい菩提が何かもわからないでしょ?私もわかりません。
ですから所詮、煩悩なんですよ。無いです。
ちなみに私の彼岸の話は夢の話。河のお話。
やや大きな川程度ですが、深さが足首まで。河に入ると手を引いてくれる人がいます。
「この人は男?女?」「あれ?俺は男?女?」などと考えてると、
向こう岸について景色が真っ白けっけだったという、ただの夢の話です。
たぶん、その先があるんでしょうが、気持ちよさに○○○して残念ながら目が覚めたとw

932 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:34:36.83 ID:v+f24w7z ◎
涅槃のヒントを書くと頭がグラ〜〜ッときます。つまり、めまい系です。
これは主観が変化するためです。そこが始まりです。

彼岸の夢の時は、頭がグラン、グランきましたw

808 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 15:56:07.75 ID:cyudE6uH
933 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:36:09.40 ID:IQB2G4cc ●
あのですねw
「涅槃」でも「解脱」でも「悟り」でも、何でも構いませんが、
それぞれ、定義というものがあるのですか?
涅槃とは〜解脱とは〜悟りとは〜で定義が定まっていれば有るか無いか検証もできましょうw
が、具体的な定義は無く、無論具体的であるから定義であるので、抽象的にあーだ、こーだと言うだけ
では、定義なし〜に等しい。
定義なしでAはあるのか?と問われても「何が?」と聞き返されて抽象的な返答しか出来ない〜の繰り返しでは
不毛の論議というものですww

934 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:38:52.87 ID:squ7J4x8
「悟り」については「四向四果」でググろう。

935 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:49:34.55 ID:v+f24w7z ◎
>>934
不環というのは、あくまで感覚です。実際、そんな感覚があります。
涅槃は、その感覚を忘れましたが雲に浮かんでるような感覚で、
安寧の表現がピッタリの感覚です。
安らかで、のんびりしてて、温かいみたいな感じと思います。

936 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:52:58.57 ID:IQB2G4cc ●
〜な感じが「涅槃」です、「解脱」です、「悟り」です、〜では何とでも言える無価値なものがまさに
「涅槃」「解脱」「悟り」という事だw

阿呆らしいと思わんかね?ww

といって具体的に定義も示せず〜ではあるのかないのか分からんもの〜でも十分OKで
あるある〜言う人間の方が、またまた阿呆という事にw 定義なしで「あるある」いうのは
誰でも言えるわwww

809 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:06:42.14 ID:F7NK7v0s
ほお、紐某という者なのか。

紐某、この者が如何に精神的に混乱してその混乱を周囲に投影し

かつ、内面に統制の欠片もない厚顔無恥な不埒者であるのか、その程、よく了解した。

さしづめ紐某の呼称の所以は、
危険人物であるが故に紐で括りつけておかねば余人に仇をなすといったところか(笑)

810 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:15:29.20 ID:cyudE6uH
937 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:54:44.05 ID:squ7J4x8
>>935
三昧を超えて四無色定にも達しているの?
すごいね。
涅槃は四無色定の先だからね。

938 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 20:57:07.56 ID:IQB2G4cc ●
抽象模糊とした定義しかない仏教用語など糞w
現代でモノを言いたいのならばひとつひとつ現代に即して定義して
始めよ〜でなければ伝統・伝承・文化仏教などは糞以下の無価値なものw

940 :○:2014/05/30(金) 20:59:04.03 ID:AVSQnw5B
>>935
>涅槃は、その感覚を忘れましたが雲に浮かんでるような感覚で、
>安寧の表現がピッタリの感覚です。

涅槃入り(到彼岸)も究極目標ではないようです。

根拠は阿羅漢達は涅槃入りしますが、菩薩は涅槃入りをせず、如来も
無住処涅槃に留まるそうですので。

何故でしょうか? 小疑団です。


☆☆☆
>>890氏へ、一気に貼りたかったのですが、
三連投することは出来ないときました。
システムを察して、このタイミングでちょっとした感想を、そのように入れて下さるのは
助かります。<m(__)m>

811 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:18:05.47 ID:cyudE6uH
941 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:02:33.91 ID:v+f24w7z ◎
>>936
涅槃はそうでもないけど、解脱の衝撃は割りとすごいですよ。
スーパーサイヤ人の劣化版みたいな感じw
でも、おっしゃる通りですよ。
言葉は後からついてくるもので、感覚にあてはめて、
これかな?って感じ。


943 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:06:29.31 ID:IQB2G4cc ●
こんな感覚を得たから解脱にちがいない〜
こんな感覚をえたから涅槃にちがいない〜
って百人百様様々に言えて定義不可能ww

昨日、酒飲んで頭がきりっと冴えた瞬間があったがアレは解脱にちがいない〜
というに等しいww

で、それに何の価値があるんだ?という事なんですが?www


945 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:17:31.09 ID:v+f24w7z ◎
>>943
まぁ迷いがないというのは嘘ですね。少なくはなります。
それと仏教に対しての疑問は、ほぼなくなります。
その程度の価値しかありません。ハイ。
ですから世の覚者さん達はその辺わきまえてると思います。
解脱時の満足感というのは半端ないですから、
それについてどーこー言うのが一般的なだけです。

812 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:20:35.95 ID:bI0Ws21u
大半の宗教が統合失調起源なのに対して、元来の仏教は鬱的傾向が強い。

813 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:41:27.50 ID:QEBijHZf
test

814 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:52:29.47 ID:cyudE6uH
946 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:22:59.10 ID:Y1tuFh1j
感覚ではありませんよ。
不老不死の自分に気がつくことで心の虚空が安寧になることです。
感覚があるのは意識があるからで、意識があるから感覚がある。
深い眠りの状態は、目覚めたあとも存在する。
しかし、これ(涅槃に気づく)は仏教ではないようです。この先に、涅槃と夢見の対立を消化することが、できたとき、初めて涅槃入り、解脱となる。


947 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:29:54.00 ID:IQB2G4cc ●
>>945
覚せい剤やった最初の感覚は強烈で〜
大麻やった最初の感覚は強烈で〜

と言っているのと変わりませんなあw
だから、無価値で無駄で、場合によれば有害ですらある、と言っているw


948 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:32:43.07 ID:IQB2G4cc ●
このスレには、違法薬物にはまって書き込んでいる阿呆が複数いるようだ。
2ちゃんねるだから何でも書いてOKではなく、身元調査が入って逮捕される可能性は大きいww
首を洗って待ってろw

815 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:53:47.65 ID:QEBijHZf
まあ、この話題のポイントは、通報するか否かの判断は個人差があり、
必ずしも誰でも100%同意が得られる事ではない〜という前提でその後
どうするべきか?という事だ。
私の見解は、自由に個々人の判断で通報可能。グレーだから、白だから、通報するべき
と考える人数が少なそうだから〜等の理由で通報を躊躇するべきではない。

通報は自由であり、確認は専門家が行い、何事もなければ何ら支障は無い。
何ごとかあれば、専門家が専門的に対処する。
殆ど何事もないのだから経費の無駄〜等と言う方が余程問題である。
それで誰も通報しなくなれば、何の為の通報か?という事になるのは明白だから。

阿呆のパーピマンの相手はもう却下する(何故なら回答しているにも関わらず、相手の回答は
読解せずに己の主張の正確無比な読解を要求し、少しでもそれれば捏造呼ばわり〜で己が捏造
と指摘されれば「おちょくっただけ、それが分からないのは、お前がバカだから〜」では
無益以外の何者でもない)

さあ逃げも隠れもしないぞw 言いたい事があるのなら何でも言え〜w

インターネット上の違法・有害情報の通報フォーム
https://www.iajapan.org/hotlinecenter/illegal-full.html

怪しい情報はどんどん通報しよう。通報は市民の務め。

816 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 16:55:10.04 ID:cyudE6uH
949 :コレ悟りかよ!?w:2014/05/30(金) 21:43:43.23 ID:nVFwYdbo
>>943
解脱は定義できますよ。
精神病です。


>>947
精神病患者を悟りを開いた覚者様と認めてあげてください。
ほら、価値が出てきたでしょう。
950 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:44:30.47 ID:v+f24w7z ◎


>>947
その辺はやはり主観の違いがあるでしょうね。
私は決して無価値とは思いません。
だから人に勧めています。
でもクソ真面目と不真面目が同居してるような人でないと
向かないような気がします。


951 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:47:17.18 ID:IQB2G4cc ●
精神病は病人であり、病人は病気を治す方に努力すべきで、精神病=悟りというのは、まさに精神病からの観点で
精神病以外の人間の観点とは異なりますなあw

統合失調症の患者は己の病を治す方に努力せよ。
努力を放棄してパチスロに励むなどは阿呆も阿呆、地獄行き確定の阿呆のすることだwww

817 :ステテココ:2014/06/04(水) 16:59:45.67 ID:3gtH/eNc
おじゃましまんにゃわ〜

818 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:00:35.77 ID:3umy9K0e
ver1

         ,,,      ,,,,,,
      _ = ~~ ``ヽ_,=''~´  ´~ヽ
     = ~               ヽ 
    ~=、    ミゞ、  , -彡     ヽ.
      ~=、、、Cl~evj <e~}6)_   、、、ミ
       ミ.~~ /', ゚ ;'7  ミ ヾ~
      ≡   (','゚, '.人  ゝ.ミ  
        `=  `ー'   iノ'    教外別伝・・・・・・・・・・・・
      ┌- ~ーノノノノノ'′>. `ヽ
     /⊃:;;,; : ;::''::⊂ヽ─´ /  `! うまいぞ!ピザトースト・・・
     /⊃.,;:.;',;::''::,.⊂ ヽ,_,/ゞミ |
    丶⊃,;:.;',;::':;;;´⊂       `-ゝ
    ├────┤,ヽ───´ |
    └───--・       ノ
     / ゙̄ー- ─ -─-‐ ''"´ )
    /´⌒`"'丶γ´⌒`"'ヽ  ノ^)
    (     →(      丿/
    ヽ___ノヽ.,_.__,...,ノ

819 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:01:13.80 ID:3umy9K0e
ver2

         ,,,      ,,,,,,
      _ = ~~ ``ヽ_,=''~´  ´~ヽ
     = ~               ヽ 
    ~=、    ミゞ、  , -彡     ヽ.
      ~=、、、Cl~evj <e~}6)_   、、、ミ
       ミ.~~ /', ゚ ;'7  ミ ヾ~
      ≡   (','゚, '.人  ゝ.ミ  
        `=  `ー'   iノ'    教外別伝・・・・・・・・・・・・
      ┌- ~ーノノノノノ'′>. `ヽ
     /⊃:;;,; : ;::''::⊂ヽ─´ /  `! うまいぞ!フレンチトースト・・・
     /⊃.,;:.;',;::''::,.⊂ ヽ,_,/ゞミ |
    丶⊃,;:.;',;::':;;;´⊂       `-ゝ
    ├────┤,ヽ───´ |
    └───--・       ノ
     / ゙̄ー- ─ -─-‐ ''"´ )
    /´⌒`"'丶γ´⌒`"'ヽ  ノ^)
    (     →(      丿/
    ヽ___ノヽ.,_.__,...,ノ

820 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:15:11.73 ID:cyudE6uH
952 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:49:11.99 ID:IQB2G4cc ●
統合失調症のキチガイ、大麻に溺れる大麻精神病患者〜キチガイばっかですなあwww


953 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:52:17.90 ID:v+f24w7z ◎
僻みですか?
まぁ達成すれば、そんなものは戯言ですし、
宗教みたいなもんには騙されないでしょうね


954 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:53:35.90 ID:IQB2G4cc ●
薬中に僻む阿呆じゃないわww
警察に一応通報しときますわww


955 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 21:54:27.56 ID:v+f24w7z ◎
薬物一切やってないのに?
どうぞwどうぞw


956 :コレ悟りかよ!?w:2014/05/30(金) 22:00:00.19 ID:nVFwYdbo
>>951-952
ご安心ください。
統合失調症を発症した猿が人間であり、人間はすべて精神病です。
悟りとは自分が精神病だと病識を持つことです。

パチスロは最近成果がありません。今月はマイナス確定でございます。

821 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:17:08.43 ID:cyudE6uH
957 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:00:23.04 ID:z+JqDqdh
ID:IQB2G4cc

完全なキチガイです。

形而上が狂えばこのようになります。

言っている事は、全部自分の事、自己紹介です。


958 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:02:51.93 ID:IQB2G4cc ●
https://www.iajapan.org/hotlinecenter/illegal-full.html
インターネット上の違法・有害情報の通報フォーム

ここで通報しといたw


966 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:30:42.66 ID:v+f24w7z ◎
しかし酷いね、勝手に薬中あつかいして、あげく精神病でしょ
きたら名誉棄損適用できないか聞いてみるわ


969 :紐:2014/05/30(金) 22:33:58.46 ID:IQB2G4cc ●
まあ、私は通報マニアではありませんが、やる時はやる。
ニュース議論の大麻スレは常時監視しているし、裏社会の薬・違法板も監視中w

どこであろうが怪しいのは通報しますw

822 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:21:16.36 ID:ANqFvBfz
ID:cyudE6uH

そんなにしてまで2ちゃんで守りたい自尊心ってアホ臭くないか?
そんなにしてまで自分が正しいと主張したい気持ちは反仏教だと思わんか?

まあ思わんのだろうがなw

823 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 17:29:27.94 ID:cyudE6uH
971 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:37:08.48 ID:IQB2G4cc ●
>>966
匿名掲示板で名誉毀損ってww
コテハンに誹謗、中傷かませないで何の掲示板だ?
しかし、掲示板で違法薬物臭わせれば通報は当たり前ww


975 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:44:53.31 ID:DFfeO+9c
輪廻転生や来世や永遠の生命や精神的生死や生死一如を語ることは、殺人や自殺の勧誘に
なるから、違法書き込みである。

無我、無、五蘊の仮和合も同様。

自爆テロリストは、宗教により来世を信じ込まされたから、無差別に人を殺すのである。

宗教者の殆どすべての書き込みは、通報対象である。


976 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:48:29.47 ID:v+f24w7z ◎
>>974
勧めているのは仏道修行だよw
業報というものを甘く見んほうがいいぞ


978 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:51:40.73 ID:IQB2G4cc ●
私は>>947で仏道修行を語っていないw
さて、捜査官がこのやり取りをどう解釈するか?
捜査官が何を怪しいと感じるか?
感じれば事情を聞こうと思うだろうなあw

824 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 18:20:29.45 ID:cyudE6uH
979 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:53:35.60 ID:+qnIkEPN
>>974

どこをどう読んだら、薬物使用(及び他者への薬物推奨)が疑われるんだ?

或る種の体験があり、それをどう評価するかについては
(主観として)個人差が生じる、と、
そして、そうした体験は、人生観までオーバーなとこまで行かずとも、
周囲(世間・他者)への視線や姿勢に影響する(効果がある)、と言ってるだけだろ。


今回は特に、君の方が、どす黒い色眼鏡をかけて相手の色を決め付けてるようにしか見えんよ。
(いつも、他の話題でもそうだが)、まずは、その色眼鏡を外す所から始めるべきだろ。


ああ、それと、(特に向こうのスレは)ワシは通報の必要性なぞ微塵も感じてないからw


980 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:55:07.57 ID:v+f24w7z ◎
>>978
楽しみだねぇ
マジでそんな戯言相手にするかどうか
君にそんな度胸があったかどうか
まぁ何も無いに1000点だな


983 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 22:59:58.94 ID:IQB2G4cc ●
>>980
>君にそんな度胸があったかどうか
もう既にURL&レス番付けて状況説明して送付済みw
>>979
>>947に対する>>950の返しを読んで疑いが起こらない事自体が阿呆w

825 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 18:22:50.63 ID:cyudE6uH
986 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:04:37.78 ID:v+f24w7z ◎
>>983
じゃあ後は相手にしてもらえるかどうかだなw
あーアホたらしw


987 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:05:20.44 ID:+qnIkEPN
>>983
マジで頭悪いのか?
947最初2行は、例えとして挙げてるんだろ?
「××は○○と同じである」と。その同じは、全くの同じという意味なのか?違うだろ?
で、××について950は言葉が続けられている
(○○について、それを肯定しているわけではなく、寧ろ、「それ○○とは違う」という意趣で)。

いつもながら、君の曲解には頭下がるわ・・、


992 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:17:10.40 ID:IQB2G4cc ●
>>987
セブン氏さんよw

○○とか××とか言わずにズバっと言ってくれませんか?w
自分のレスを見て何が言いたいのか分かりますか?
自分でも分からんものは他人も分からんですよwww

826 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 19:07:48.80 ID:ANqFvBfz
こう言うのって荒らしにあたるんだよな

827 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 19:07:59.92 ID:cyudE6uH
993 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:19:05.35 ID:IQB2G4cc ●
まさに人にわからせず、(自分でも分かっていないだろう)論を展開するのは
セブンの阿呆の証明www


994 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:20:10.37 ID:DFfeO+9c
除霊、浄霊関係は、次々と逮捕者が出ている。「手かざし」も、詐欺や医師法
違反で、そのうち逮捕になるだろう。

福永法源も、私が傍聴した法廷で、検察官の執拗な追及に対し、「天の声」の
実在をどうしても証明できなかったから、懲役13年の実刑を喰らった。

在家氏も、逮捕されないうちに、早く教団を抜けておいたほうがいいぞ。

法理論的には、キリスト教も原始仏教も、当然、逮捕の対象になりうる。
原理的には、全く同じだからである。

828 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 19:26:45.50 ID:cyudE6uH
996 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:21:55.21 ID:+qnIkEPN
>>992

>>947≪「(瞑想による)或る種の体験」は≫、それこそ、「薬物使用による幻覚」と変わらない
    ≪だから、無価値どころか有害≫
>>950≪「(瞑想による)或る種の体験」は≫(それへの価値評価の程度は)、主観によるかもしれない
    ≪が、無価値ではない≫



つか、君も隠居と同じで、構図や類型化・抽象化が苦手なようだなwww

829 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 19:45:34.62 ID:cyudE6uH
999 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:26:41.20 ID:z+JqDqdh
>>983
ID:IQB2G4cc

君が、逮捕されるんじゃないの??

というのは、
>>947に対する>>950の返しを読んで疑いが起こらない事自体が阿呆w

だけれどね、その話しは>>945から、さらにその前から続いているよね。

ID:IQB2G4cc が、自分で薬だとか、勝手に話しをはじめて、入れ込んできた、
>>950の返答は、以前の話しからの続きであるのに、

疑いが起こらない事自体が・・・ とか、話しを勝手につくりあげている。

自分が逮捕されるぞ。

で、この話の展開の仕方だが、釈迦やイエスは精神病だとか、カルトだとか
聖句を捻じ曲げて、どう見てもこれは殺しだとか
言ってのける陥れのトリックと非常に似通っているのが。

注意してください。


1000 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 23:27:34.93 ID:IQB2G4cc ●
>>932とかも含めての全体で見れば十分に怪しいのは当然ww
全く疑いを持たないセブンが阿呆ということw

830 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 19:55:32.34 ID:CllG1tpM
 
紐君(或いは隠居先生とか)に通報されちゃうのかな?

> 輪廻転生や来世や永遠の生命や精神的生死や生死一如を語ることは
> 殺人や自殺の勧誘になるから、違法書き込みである
> 無我、無、五蘊の仮和合も同様
> 自爆テロリストは、宗教により来世を信じ込まされたから、無差別に人を殺すのである
> 宗教者の殆どすべての書き込みは、通報対象である

五蘊の仮和合の仮の状態であるからこそ
因と縁の縁起の働きに依存して現れ(滅し)ているので
それ自体の自性ではない

それ故に
紐君(或いは隠居先生とか)の場合は
「縁起・空・五蘊の仮和合などは、違法書き込みで、通報対象である」
と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

 - これに対して -
(色受想行識の)受と想を滅させて
無明滅 → 行滅 → 識滅させて

縁起したものを離れ
それこそが苦しみの終わりである
すべての苦しみから解放される
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0095/BR00950L017.pdf

831 ::2014/06/04(水) 20:32:59.72 ID:/0RuEMHa
>>763
>方便品の肝要は一言、「正直捨方便」である
>四悉壇も方便に過ぎない

貴方は日蓮宗の方ではないようですね。
異教の私は方便品の肝要は一言、「方便捨第一義」であると思います。
今まで方便で本当のことを説かなかったけど、高弟には第一義で説こうとね。

別の言い方をしますと、方便品の肝要は下記だと思料します。
@有佛子心浄 柔軟亦利根 無量諸佛所 而行深妙道
A為此諸佛子 説是大乗経 我記如是人 来世成佛道

この箇所が腑に落ちなければ、達磨大師の「見性成仏」も、道元禅師の「三時業」も
空しく馬耳東風となり「祖師達も耄碌したな」という見解に堕ちるかも知れませんね。

それから四悉壇も「第一義悉壇」以外の3つは方便に過ぎないと理解しております。

以上、異教の私でも二種の和訳の方便品を五回以上は精読しております。

832 ::2014/06/04(水) 20:36:53.22 ID:/0RuEMHa
>>823
>自爆テロリストは、宗教により来世を信じ込まされたから、無差別に人を殺すのである。

はて?私もコーランを一読しましたが、ムスリムは来世を信じてますか。
ご存じでしたら、コーランの第何章かを是非ご教示願いたいです。

833 ::2014/06/04(水) 20:42:47.10 ID:/0RuEMHa
>>831
釈尊は常見者を涅槃に導く際に「諸行無常」、「諸法無我」を説かれたそうです。
また断見者を涅槃に導く際には「三世輪廻」を説かれたそうです。

この龍樹『四悉壇』は法華経「如来寿量品第十六」の一節ともよく整合しているように思料します。

衆生見劫盡 大火所焼時 我此土安穏 天人常充満 (中略)
我浄土不毀 而衆見焼盡

834 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:06:12.27 ID:CllG1tpM
 
> 見性成仏 … 三時業

曹洞宗関連用語集
http://seesaawiki.jp/w/turatura/d/%BB%B0%BB%FE%B6%C8
三時業
道元禅師は、善悪の行為に対しては、様々な報いがあることを、明らかにされようとした
善い修行を進めるからこそ、菩提を得る
悪いことをして、すぐに報いが来なくても、油断してはならず、必ず来ることを想い
日常に於いて因果歴然を信じて、身を律していくべきであるとした
善い行いを強調していけば、成仏への道となり
また悪い行いについては、懺悔することで軽くなったり、滅されたりするという
行為は行為によってのみ、その結果が出てくることからすれば、懺悔すれば滅する

http://nayami.k1.xrea.com/tetsugaku/buddhism/zen/daruma/kenshojyoubutsu.htm
見性成仏(けんしょうじょうぶつ)
仏性に目覚めれば、おのずと仏になる
達磨の四聖句の最後の句であり、最も重要なのが見性成仏である
見性成仏とは、自分が備えている仏性に目覚めれば、仏に成るという意味である

835 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:22:49.13 ID:+oLJz1Hs
>>830
当然、通報対象となる。

苦楽は「相対概念」であり、「苦あれば楽あり。楽あれば苦あり」だから、苦楽は
チャラのはず。苦のみを強調して植え付けることは、人間の真理(法)に反するし、
人間に鬱病を引き起こし、自殺の原因を作り出すという違法行為である。

「五蘊の仮和合」は、人間の生命を無視した、人間の機械化であり、良心の呵責
なく人間を殺すことが可能になる。このような観念を植え付けることは、薬物
使用よりも遥かに重大な違法行為である。

「無我」や「無」や「無明」も、生命を軽視・否定する悪質な違法行為である。

すべては、釈迦の精神病の症状としての病的苦悩感と知能低下(初歩的論理矛盾、
勘違い)から生じている。

「日本の仏教」である大乗仏教では、釈迦のこれらの病的心理や誤りをすべて
是正した、「常楽我浄」である。

836 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:30:51.87 ID:CllG1tpM
 
>>834 の続き

http://www.dia.janis.or.jp/~soga/subindex.html

例えば仮に
私(ID:CllG1tpM)の場合は
永遠ばかりを探して
凝り固まり、ありのままに変化を見ることに慣れていない
(五蘊の仮和合である)無我を、縁起を、空を見ることがうまくない

 - これに対して -
世俗を
掴み捉えようとしている「想い」を滅させて解脱する為には
縁起・空・(五蘊の仮和合であるからこそ)無我を観察する為の練習が必要だ

およそ、禅定に入ろうとする人は …
… この吐いて吸う大きな長い息を十数え、何度も繰り返し、なにも考えず、ただ息を数え続けます

世俗性の否定によって、結果として、真実の認識(如実知見)に至るための必要条件が達せられ、そして
心的に作り出されたもの(戯論)に由来するものは空性によって消滅する
それ故に
空の力への感嘆
そして我執は消え、みずから苦を創り出していた自分の愚かさに気づく

そして
世俗を掴み捉えようとしている「想い」を滅させて
「解脱すれば仏だ」ということに
気づくまでは、気づくことは難しい

837 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:32:11.51 ID:6BhwK6Qs
自我があるから苦を感じるんだよな
自我があって、苦がある

838 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:51:26.37 ID:CllG1tpM
 
(色受想行識の)受と想を滅させて
無明滅 → 行滅 → 識滅させて
縁起したものを離れ

そして ↓ その次の段階として

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E6%88%91%E6%B5%84
常楽我浄
常 - 仏や涅槃の境涯は、常住で永遠に不滅不変である
楽 - 仏や涅槃の境涯は、人間の苦を離れたところに真の安楽がある
我 - 仏や涅槃の境涯は、人間本位の自我を離れ、如来我(仏性)がある
浄 - 仏や涅槃の境涯は、煩悩を離れ浄化された清浄な世界である

と衆生を引導するが故に、仮名の空を以って説いた

http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/Chuuron/Chuuron04a.htm
中論觀四諦品第二十四
衆因縁より、生ずる法を、わたしは、即ち、是れは空だ!と説いた
何故ならば、衆縁が、具足、和合して、而も、物が生ずる
是の、物は、衆因縁に属するが故に、自性が無い
自性が無いが故に、空である!但だ

衆生を引導するが故に、仮名の空を以って説いた

839 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 21:58:22.15 ID:aCoP5zs6
>>831
第一義悉壇も方便なんだがな
そもそも第一義というものが実体として存在しない
存在しないものをどうやって説くと言うのか

840 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:02:15.97 ID:+oLJz1Hs
>>837
>自我があるから苦を感じるんだよな
>自我があって、苦がある

楽も感じるから、苦はチャラである。

苦よりも楽の割合が大きいからこそ、人類は今日まで営々と存続し、ますます
発展を続けている。

何時まで釈迦の幼稚で滑稽な勘違いに執着する積りか。

841 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:08:03.69 ID:aCoP5zs6
>>840
楽とは何か、楽の正体を言ってみよ

842 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:13:37.83 ID:CllG1tpM
 
> 何時まで釈迦の幼稚で滑稽な勘違いに執着する積りか

五蘊の仮和合の仮の状態であるからこそ
因と縁の縁起の働きに依存して

「何時まで釈迦の幼稚で滑稽な勘違いに執着する積りか」
と掴み捉えようとしている「想い」が現れ(滅し)ている

 - これに対して -
真実の認識(如実知見)に至るための方法によって
心的に作り出されたもの(戯論)に由来するものは空性によって消滅する

843 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:17:46.43 ID:+oLJz1Hs
>>841
楽とは、我(肉体)の生存の方向に向った感情。

例えば、空腹は誰にとっても苦だが、それは、空腹が死の方向に向っている
からでえある。空腹を満たして、生の方向に向うことが楽である。食べ物
が美味いと感じる。

人間の精神は、このように、状況に応じて肉体生存のために、肉体から発動
される不可欠な機能である。精神のために精神を使うのは、精神の目的外使用、
精神の濫用、精神のオナニーに過ぎない。専ら精神のオナニーに耽っていたのが、
釈迦とイエスである。

844 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:26:10.36 ID:Lb5rZqrl
>>837
自分及び他人が動いているのでなく、動かされていると
観じて下さい。ほぼ条件反射的に動かされているのですが、
想いにより人は動きを変えることができます。
動かされているということは、動かしているものがいると
いうことです。これに何と名をつけようと自由です。普通は神です。
五感を伴う想いにより苦が生みだされます。想いは妄想、苦は妄想です。
もう一つ別意識というものがあります。所謂、真我、智慧というものです。
これも何と名をつけようが自由です。これは自分の胸に聞けと同様のもので
苦を滅却する手伝いをしてくれます。
これらを用いて、観と行為の両面で苦を滅却することになります。

845 ::2014/06/04(水) 22:26:50.99 ID:/0RuEMHa
>>839
問い)もし諸々の見解がみな過失があるとするなら、第一義悉壇はどうして「よい」と云われるのか。
答え)一切の言論の道を通り過ぎて、心の行いがある所なく、あまねくよりどころもなく、諸々の法も示すことがなく、
諸法の実相は、初めがなく中がなく終わりもなく、尽きることがなく、壊れることがない、これを第一義悉壇と名づける。
「大乗」の意味をもつ偈に説くとおりである。
 言葉や表現は尽きてしまい、心の行いもまた止んで、生ずるのでもなく滅するのでもなく、法は涅槃のようである。
(出典:「大智度論」第一義悉壇)

と私にはよく分かりませんが、仏法者には分かるかとご紹介まで。

846 ::2014/06/04(水) 22:35:05.04 ID:/0RuEMHa
>>833
>法華経「如来寿量品第十六」の一節
> 衆生見劫盡 大火所焼時 我此土安穏 天人常充満 (中略)
> 我浄土不毀 而衆見焼盡

>>838
>常楽我浄
常 - 仏や涅槃の境涯は、常住で永遠に不滅不変である
楽 - 仏や涅槃の境涯は、人間の苦を離れたところに真の安楽がある
我 - 仏や涅槃の境涯は、人間本位の自我を離れ、如来我(仏性)がある
浄 - 仏や涅槃の境涯は、煩悩を離れ浄化された清浄な世界である

と並べて見ると面白いです。

847 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 22:35:39.07 ID:bW6u9jtq
>>817 www  おや、珍しいw

一つ忠告しとくが、このスレで自己の体験等を書くのは止めときww
基地外が一匹いついちゃって、「めまいがした」と書いたり、「その基地外に
了解できないような内容」かくと、すぐに「薬物使用者認定」されて通報されちゃうからwww

そう、>>815 のバカねww
こいつは、冗談でなくマジでやる真正の基地外だからwww
俺も、宗教板でいろんな基地外見てきたが、これほど有害な基地外はちょっと
いないぜwww

848 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:45:41.45 ID:+oLJz1Hs
>>846
>>常楽我浄
常 - 仏や涅槃の境涯は、常住で永遠に不滅不変である
楽 - 仏や涅槃の境涯は、人間の苦を離れたところに真の安楽がある
我 - 仏や涅槃の境涯は、人間本位の自我を離れ、如来我(仏性)がある
浄 - 仏や涅槃の境涯は、煩悩を離れ浄化された清浄な世界である

「永遠不滅」「苦を離れた」「自我を離れた」「煩悩を離れ」などの言葉や
概念は、どこにも含まれていないし、含める必要もない。含めると、小乗に
なってしまう。

大乗は、「煩悩即菩提」「生死即涅槃」である。

849 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/04(水) 22:47:04.23 ID:XOu4SItI
>>847
っていうか幻覚物質の素人じゃんw
立件される条件も知らないし隠居程度の人w

っていうか幻覚物質の経験は伝統宗教の境地を意味しないって
LSD合法時代に結論でてるんですけどね

850 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 22:49:22.33 ID:QEBijHZf
黙れ、自分に大甘で他人に異常に厳しい阿呆パーピマン。
誹謗中傷は止めましょう言いながら、己は言いたい放題か?ww
性根の腐った人間性が嫌らしいねえww

851 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 22:58:57.33 ID:bW6u9jtq
>>849 wwwww  いやいや、何年も薬物スレに張り付いていた
玄人らしいぜww

だから、どいつが怪しいかすぐわかるんだとw  素人ちがってwwww

>>850 wwwwwwwwwww

もう相手しないとか言ってたくせに、ww  このバカはwwww

852 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:00:37.16 ID:+oLJz1Hs
>>842
「真実」とは何か。如実所見とは何か。それらこそ、具象(現実)に照合できない、
心的に作り出された「戯論」の典型ではないか。宗教の経典は、「戯論の塊」である。

中論の空とは、「相互依存性・関係性」という、「厳然として実在するもろもろの存在
の構成原理」を述べているに過ぎない。

中村元博士は、「空とは、無ではない」と声高に注意を喚起している。誤解している
仏教者が、それほど多いということだ。

853 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:04:11.02 ID:QEBijHZf
キチガイだのバカだの言うのは誹謗中傷じゃないのか?ww
俺様が言うのは例外で俺様以外の住人は誹謗中傷はならん〜ってか?
まさに、俺様はお山の大将である〜の阿呆丸出しで面白いねえw

854 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 23:09:07.12 ID:bW6u9jtq
>>853 wwwwwwwwww

俺はね、「相手を見て」 言ってるのwwwwww
特に今まで絡んだことのない相手には、まず、相手が罵倒を始めてきてからねww
それに合わせているだけさwww

お前が、「馬鹿」といって罵倒を開始したのもう忘れてるの?wwww
都合のいい頭だことwww

855 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:11:32.02 ID:+oLJz1Hs
>>849
>っていうか幻覚物質の経験は伝統宗教の境地を意味しないって
>LSD合法時代に結論でてるんですけどね

それは「クリスチャンの結論」だろw。何の根拠にもならん。

それに、宗教者が法律を語るのは矛盾している。法律とは、丸ごと世俗の産物。
宗教は、脱世俗ではないのかねw。

856 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:17:10.79 ID:QEBijHZf
バカだのアホだのキチガイだの言葉が飛び交っているスレで、一言言われたら誹謗中傷なんでもアリ〜
なら、最初から何でもアリじゃねえかw「誹謗中傷は止めましょう〜」なんて聖人君子面して説教するんじゃねえよw
性根がひねくれた、自分に甘く他人に厳しい阿呆のパーピマンよww

857 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 23:22:15.01 ID:bW6u9jtq
>>856 は〜〜〜〜〜〜〜〜??wwwww

俺はね、見解の相違は多々あれど、節度をもって対論してくる相手には
きちんとそれなりに礼をもって接してきたわけwww

だがね、アホだのバカだの基地外だのと罵倒してくる相手には、遠慮なしだよww
そんな相手にこちらが礼をもって対応する必要は全く感じないんでねwww
わかった?wwww 「基地外クレーマー」www

858 :サロメ.☆ボウディア ◆IImpEahg5A :2014/06/04(水) 23:30:15.76 ID:XOu4SItI
>>851
私は覚せい剤使ったことがあります!
。。。って書きこんだって立件できないのにねw

それと
プールの中にいても溺れているのと泳いでいるのとでは状態が違う
上手に泳いでいる人間に溺れていると叫んでもねw

859 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:33:13.14 ID:QEBijHZf
お互いに、バカだの阿呆だの言いあっている中で「誹謗中傷は止めましょう」と
言うのが阿呆と言ってんのw
自分の主張は正確無比に読解する事を要求し、他人の主張は大雑把に見て構わないんだったなw
自分に甘く、他人に厳しいパーピマンよw

860 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/04(水) 23:38:45.36 ID:bW6u9jtq
>>859 何言ってんだ? このバカwww

俺はね、「お前みたいに」 宗教者、信仰者を「一方的に」「何の根拠もなく」
「アホだの糞」だの罵倒することを良しとしないのww
ちゃんと相手を見て言ってんのw
お前みたいに、「罵倒することを控える必要を全く感じないアホ」ねwww
そういうやつ限定でやってるのww

わかった?www

861 :神も仏も名無しさん:2014/06/04(水) 23:46:26.89 ID:QEBijHZf
言われたから言い返す〜で言っているんだから、偉そうに説教するなキチガイ〜って
言っているのが読解できないんだねw
さすが、自分に甘く他人に厳しいパーピマンだw

862 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/05(木) 00:00:07.68 ID:bW6u9jtq
>>861 wwwwwwwww

だからね、きちんと節度をもって接してくる人には、こちらもそのように
応対し、  礼をもって接する必要を全く感じないゲス・・・・・お前のことねww
そういうやつには、それなりの対応をとる・・・と言ってるだけだよww

俺は、「全ての人間に慈悲を注ぐ菩薩様」なんて存在とは程遠い者なんで、
お前のようなカスにまで礼をもって接するほど人間ができてないのwwww

だが、そんな俺でも、「悟りを真摯に目指してる人をアホ」とか「伝統仏教を真摯に
修行してる人を糞」 とか・・・・・う〜〜〜〜〜〜ん、さすがにそこまで落ちてはないわwww

863 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 00:09:34.80 ID:2tZXxyEz
さんざん人を馬鹿にしてきてこれかよ?

嘘ついてんじゃねーよ

864 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 00:10:36.45 ID:T8OpHZXk
まあ、基本的に己が阿呆と思から阿呆と言うので、何故阿呆かと言えば〜といちいち解説する必要もなく
(説明しても理解できない可能性の方が高い)、互いに罵りあう〜。
当然、阿呆と思わなければ阿呆とは言わず、罵りあう事もない。(事実、私は隠居氏を罵倒した事は無い、
セブンや閻魔はあるw)

ならば、事実上、誹謗中傷は止めましょう〜なんて説教するのが阿呆じゃねえかww
と言っいるだけなのだが、己の主張は正確無比に読解を要求し他人の主張は大雑把にしか見れない、
自分に甘く他人に厳しいパーピマンには理解不可能のようだなw


一々相手に罵倒の理由など説明はしない。前後で勝手に考えろ。優れた読解力の持ち主なのだから
説明なく分かって当たり前だわなw

865 :ステテココ:2014/06/05(木) 00:22:03.75 ID:dvEhtTbd
>>847
>一つ忠告しとくが、このスレで自己の体験等を書くのは止めときww

了解です!!

866 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/06/05(木) 00:30:44.39 ID:Ap3Xvydo
>ならば、事実上、誹謗中傷は止めましょう〜なんて説教するのが阿呆じゃねえかww

はいw こんな基地外と同様に思われても困るんでw
⑴ 俺は精神の自由、信仰の自由は十分、尊重します。よって、宗教者、信仰者を「総称的に」
  誹謗中傷したことは今まで、ありません。
  「悟りを目指すものはアホ」「伝統宗教を信仰する者は糞」 等のように
  各個人の資質を問題とするのではなく、「悟りを目指す」「伝統宗教を信仰する」等の
  精神作用を理由として、それに不当に干渉したことはありません。
  つまり、俺が「誹謗中傷をするべきではない」とする対象は、各個人の「内心の自由」
  に関してですなw
⑵ たとえ、自分が誹謗中傷されようとも、相手を決して誹謗中傷しない・・・・というような
  人間ができている人もいることでしょうw
  だが、俺はもちろん、そんなに人間ができておりませんので誹謗中傷してくる相手には
  遠慮しません。 はい、やられたらやり返すですwww
  すいませんねえ、凡夫なもんでwww

867 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 03:29:32.12 ID:z4QyANwJ
>>843
楽の正体を説明出来て居ないんじゃないか?
どこに楽が有るのか、楽とは何か

本当は良く解らんで言ってるんじゃないか?

868 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 04:22:30.52 ID:FxoCngBH
紐氏、謝罪したらどうかね。
通報するに至る投稿はなかったことは、歴然としている。

アホ、バカ、キチガイと言い合っている範囲を逸脱したこの件のポイントを
何度も何度も逸らしてはいけない。

紐氏の愚行とご一緒した隠居氏の投稿も醜いではないか、うん。

お二人とも、大乗仏教だか、生命教だか知らないが、少なくとも何らかの宗教精神が
あるのなら、このような愚劣な態度こそが、脳内カルトひいては戦争への道だと
ご自覚あれ。

869 ::2014/06/05(木) 06:07:21.12 ID:8hxCVasw
『アホ』と呼べば『アホ』とかえってくる
『基地外』と呼べば『基地外』とかえってくる

金子 みすゞの山びこの理法、まさに縁起でしょう。

本スレでも閻魔氏が『アホ』と言えば『非アホ』の二項分別が生じるという
ようなことを繰り返し言っておられたのではないでしょうか。

870 ::2014/06/05(木) 06:23:54.19 ID:8hxCVasw
>>869
>本スレでも閻魔氏が『アホ』と言えば『非アホ』の二項分別が生じるという
>ようなことを繰り返し言っておられたのではないでしょうか。

正確には私が言ったのかも知れませんが、閻魔氏の二項分別の理屈を借りた
だけですので、私の主張は無いという意味です。

と龍樹をマネてみます。

871 :○こだま:2014/06/05(木) 06:25:46.38 ID:8hxCVasw
作られざるもの(無為)を観じるならば、作られたもの(有為)から解脱する。
(「感興のことば」26.21)

諸々の行は、識とともに、作られたものであるから無常である。
涅槃は作られたものではないので恒常である。
このような文や言葉の真髄は真正なのであって、「敗北するところならざるもの」
と名付けるのである。
(「方便心論2.2.1」)

と釈尊と龍樹の教えがこだまするのが聞こえるでしょう。

872 :一切法無我:2014/06/05(木) 06:58:12.72 ID:uEvX6QKb
>>871(アホ在家)
>作られざるもの(無為)を観じるならば、作られたもの(有為)から解脱する。 (「感興のことば」26.21)
>涅槃は作られたものではないので恒常である。(「方便心論2.2.1」)

アホはこういった文言から▼作られざるもの(無為)とか涅槃の様相が有る▼と理解する。
ここまで懇切丁寧にアホと言っているのに、いまだにアホのまま。
だからナンセンス・アホなのだ。

『以上のように、生・住・滅は成立しないが故に、有為(作られたもの)は成立しない。
 また有為が成立しないが故に、どうして無為が成立するであろうか(成立しない)、』(龍樹 中論7-33)

心配すんな、
言っとくが、石飛もアホやでw

873 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 07:17:02.45 ID:H9HQZNSF
龍樹の説いてる縁起は此縁性縁起じゃなくて相依性縁起だろ

874 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 08:35:10.35 ID:ZlKBmHET
三途の川をだれかに手を引かれて渡った、という某氏の体験は、
悟り体験ではなく、臨死体験に近いものだと思われる。
体験それ自体も、その時の感覚を「気持ちいい」と表現することも、
それが悟り体験ではないことを暗示している。
寂静でなければならない。
 
通報するかどうかは別にして、レスの流れからすれば、
某氏への疑いが生じても仕方ないだろう。
感情的になるのではなく、冷静に判断したいと思う。

875 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 08:36:11.15 ID:4bPreS2L
縁起は、そういう無自性のものがあるという把握とその動きに合わせる
ということが重要で語彙に拘るべきじゃあない。
中道も気張らんでもええよというだけで気張っても無問題。
気張らないに拘ることが妨げになり、時に応じて気張る必要性はでてくる。
この時に応じての変幻自在性が中道と言ってもいい。

876 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 08:45:20.49 ID:4bPreS2L
>>874
それは単に夢で幻覚だからね。河の手前の苦しみと恐怖感は半端なかった。
そういう苦しみや恐怖感にも身を任せられる強さは必要なんだよ。
いざという時に自分を放る、捨てることができるかってこと。
それと通報したいなら、いくらでもすりゃいいじゃん。
アホらしいとわかるまでね。

877 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 09:06:44.69 ID:4bPreS2L
釈迦の悔恨をやめよというのは、クヨクヨすんなってことだからね。
例えば、懺悔で苦が解消されるってんならいくらでも懺悔すればいいと思う。
俺は別に謝罪してもらいたくはない。
誰かが、クヨクヨしたり、ジタバタしなけりゃそれでええんよ。

878 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 09:28:26.72 ID:4bPreS2L
例えば、数息観も無自性にあわせ呼吸を整えるってんなら話はわかる。
でも、何がしたいわけでもなくただ数息観をやるってんなら、それは
単に拘りであり間違い。これは座るも同様。

879 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 09:42:34.64 ID:AFMYWwfD
>>867
>どこに楽が有るのか、楽とは何か
>本当は良く解らんで言ってるんじゃないか?

苦楽は、五感で知覚出来ない心理現象だから、具象ではなく、何処に
有るなどとは言えない。

苦楽は「苦あれば、楽あり。楽あれば苦あり」という相対概念だから、
苦楽はチャラである。例えば、空腹という苦があるからこそ、空腹を
満たす(食べる)という楽がありうる。そのことが理解出来ずに、
「一切皆苦(苦は常住)」などというたわ言を吐き、苦、苦、苦と鳩の
ように鳴き続けるのが、狂人釈迦である。

「すべての人間は、生命において等価・至上」という教義からは、
戦争や殺戮は生じ得ない。それらは専ら、「無我」「無明」 「五蘊の
仮和合」などという、釈迦の初歩的論理矛盾である「人間の機械化」
「生命の軽視・否定」から生じる。小乗諸国における政情の混乱が、
そのことを如実に証明している。

880 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:01:40.20 ID:FxoCngBH
>>874
>それが悟り体験ではないことを暗示している。
>寂静でなければならない。

なければならないと、解脱したから云っているのか。
寂静が煩悩を離れ、苦しみを去った解脱の境地だと仮にして、
「気持ちよく」ないのか。
 
>通報するかどうかは別にして、レスの流れからすれば、
>某氏への疑いが生じても仕方ないだろう。
>感情的になるのではなく、冷静に判断したいと思う。

疑うことは、何に対してもできる。
レスの流れからして通報に至る内容でないと、何故云えぬ。

881 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:07:10.11 ID:4bPreS2L
>>879
苦楽は、五感で知覚出来る心理現象だよ。
つまり君は事実認識というものができていない。
まぁ食に関しては、気持ち悪くなるほど食べなければいくら食べてもいい。
一切皆苦は嘘だから気にしなくていい。
生命を軽んじていいなどとは誰も言ってない。等価・至上はその通りだ。
しかし、生命が至上を自分肯定に結びつけるなら、それは単に言い訳だ。

生命の動きそのものが機械的というだけ。俺もそうだが、君も何かに
反応して書き込みしてるわけだろ?深い意味は無いよ。

882 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:11:23.12 ID:4bPreS2L
>>880
すいません。気持ちいいはオーバーな表現でした。
心地よいと言った方で適切です。

883 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:26:30.83 ID:FxoCngBH
>>876-877

貴殿の気持ちは察するが、
懺悔と謝罪は違う。
謝罪は社会だ。

脳内カルト、戦争への道
この件の逸脱は、国家権力を利用しての悪質性の問題。

884 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:31:21.49 ID:4bPreS2L
>>883
そんなに大袈裟に捉えんでもいいと思うが…
無為自然はある意味極意と捉えます。

885 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:39:46.69 ID:FxoCngBH
>>884
大袈裟ではない。
何に対して無為自然と云っておるのだ。

886 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:40:49.56 ID:4bPreS2L
過激な書き込みが過激な行為を生んだだけで、
なにもなけりゃそういった行為は発生しません。
その意味で、こちらに非があったのも、また事実です。

887 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 10:56:06.29 ID:qYz7ojkk
「妙法蓮華経」と「南無妙法蓮華経」はまったく違う!

‘南無妙法蓮華経’とは神国日本に建立された世界最高の法なのです。

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

888 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:14:30.08 ID:AFMYWwfD
>>881
心理現象をどうやって知覚するのか。苦楽とは、どんな物質かw。

「無我」「無明」「五蘊の仮和合」は、真っ向からの生命軽視、生命
そのものの否定ではないか。まさに、サイコパス、殺人鬼の思考である。

「生命による自己肯定」は、釈迦が「苦」を至上(常住)として自己肯定
するより、遥かにマシ。常住ではなく「諸行無常」ではなかったのかねw。
釈迦カルトは、釈迦の鬱病の症状に過ぎない「苦」を、常住として他人に
植え付けるべきではない。自殺者が出たら、どう責任を取る積りか。
これ以上の悪業はないぞ。

日本の仏教は、「苦」の植え付けなどしない。君は一体何処の国の人間か。

「執着を去れ」というのなら、まず、狂人釈迦に対する君らの病的、生
理的ともいえる執着・愛着こそ去るべきではないのか。

889 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:15:40.73 ID:FxoCngBH
>>886
貴殿の胸懐は察しておるが、貴殿に非はない。

むしろ、貴殿によって悪性が暴き出されたのである。

非があるといった解釈に陥ってはならぬ。

890 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:29:13.79 ID:4bPreS2L
>>889
>まさに、サイコパス、殺人鬼の思考である。

そこまで拡大解釈することが逆に病的です。

>心理現象をどうやって知覚するのか

心理現象があるって知覚できるでしょ。苦楽は有るってことです。
物質はどうでもいいです。感知が有るってことです。

>日本の仏教は、「苦」の植え付けなどしない。

一切皆苦のことですか?植えつけは妄想です。

>「執着を去れ」というのなら、まず、狂人釈迦に対する君らの病的、生
>理的ともいえる執着・愛着こそ去るべきではないのか。

これも妄想ですねぇ。

891 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:35:08.39 ID:4bPreS2L
例えば、私はガンガジやムージは至福体験を済ませた者と捉えています。
だからといって特別な何かということはありません。ただの人です。
拡大解釈、或はその逆が間違いだということを私は言いたいのです。

892 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:45:06.67 ID:AFMYWwfD
>>890
人間界は共同体なのだから、物が「実在する」とは、不特定多数のほぼ
共通の五感で知覚できること。それ以外を、空想・妄想と呼ぶ。

他人の内心の感情をどうやって知覚するのか。笑ってても、心の中では
泣いているのかもしれない。共同体では、他人の内心の感情など、知ったこと
ではないということ。

893 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:46:09.06 ID:FxoCngBH
>>890

この889は888の レス番のミスか?

894 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:49:52.28 ID:aQ+7d76z
889隠居は北朝鮮の工作員教育による洗脳で、頭が妄想です。
北朝鮮のピョンヤン放送そのもです。

895 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:53:46.37 ID:4bPreS2L
>>892
>共同体では、他人の内心の感情など、知ったこと
>ではないということ。

確かに、それは事実です。ですがそれを肯定するということは
単に思いやりがないという人間性の欠損を意味します。

896 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:55:28.38 ID:FxoCngBH
>>879>>888(ID:AFMYWwfD)
が隠居氏だ。

897 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:57:33.18 ID:4bPreS2L
889も隠居だろ。文体の堅苦しさが同じなんだがw

898 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 11:59:12.34 ID:aQ+7d76z
896すまそ

もしかして892隠居は、強化人間、北朝鮮の
サイコ・ゴインキョw



ゆえに、北朝鮮共同体以外の、
>>892
>共同体では、他人の内心の感情など、知ったこと
>ではないということ。


と断言できる。違反すると秘密警察が押し寄せ、強制収容所送りになるそうですw

899 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:03:15.35 ID:Md4pmSJM
>>879
>苦楽は、五感で知覚出来ない心理現象だから

>>888
>心理現象をどうやって知覚するのか


知覚できない心理現象のことを、貴方はなぜ知っているのですか?
知覚できないもののことを、なぜあなたは「苦楽」だとか愛だとかなんだとか言えるのですか?

貴方は、 >>879>「苦あれば、楽あり。楽あれば苦あり」  と、「ある・なし」で考え、
「ある」と見做していらっしゃいます。
知覚できないのに、なぜ「ある」と断じることが可能となっているのですか?

 >>879>具象ではなく、何処に有るなどとは言えない  のに、
なぜ、  >「苦あれば、楽あり。楽あれば苦あり」  と言えるのですか?
貴方には五感以外の感覚器官が存在するのですか?



つか、隠居は自分の心理現象については、どう知覚してるんだ?w
何も感じてないし、心なんて持ってない、ってか?w

900 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:03:28.56 ID:aQ+7d76z
なお、強制宗所では看守を先生様とお呼びし、
看守のみならず、むろん囚人は、
>>892
>共同体では、他人の内心の感情など、知ったこと
>ではないということ。


であります。
こわーーーーーーいいいいw892は、強化人間、北朝鮮の
サイコ・ゴインキョw

901 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:06:20.39 ID:FxoCngBH
>>897

貴殿が受け取った堅苦しさ、しかしそれぞれが、述べている内容は違わないか。
こちらはあくまでも、通報の件の関連問題を取り上げているのだが、
隠居氏のそれと見分けがつかないのか、疲れているのか。

902 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:16:11.50 ID:4bPreS2L
確かに紐君がサイコパスかもしれないということは俺も脳裏に浮かんだ。
器質的に脳に欠損があるなら仕方のないことだが、そうではないと捉える。
それは無常的発想であり、方法論の模索でもある。

903 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:29:04.00 ID:FxoCngBH
>>902
>それは無常的発想であり、方法論の模索でもある。

貴殿は謝罪しなくともよい、と云ったので通報された側の当人かと思ったのだが
違うようだな。

むしろ、紐君を庇う、その意味での謝罪しなくともよいの、新紐君だな。

違うか。

904 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:35:01.23 ID:rRl+cb8L
>>876
キミはほのめかしているよね。
 
前スレ >>932
>涅槃のヒントを書くと頭がグラ〜〜ッときます。つまり、めまい系です。
>これは主観が変化するためです。そこが始まりです。

>彼岸の夢の時は、頭がグラン、グランきましたw

905 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:35:10.76 ID:4bPreS2L
>>903
通報された側の当人ですよ。
庇うというのは当て嵌まるかどうかわかりませんが、
紐君にも非があるという認識故にということです。

906 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:36:31.36 ID:Md4pmSJM
>>902
人物像や、各レスの宛先が誰なのか、そもそも各レスの発話者がそれぞれ誰なのか、
まったく判別できていないか、或いは勘違いして、
発話者と内容と宛先が、ボタンの掛け違いが如くズレてると思うよ。

ちなみに、
今のサイコパス発言の主は隠居だし、
内容として「釈迦やイエス等、宗教開祖がサイコパス」というものだ。

907 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:38:54.25 ID:4bPreS2L
>>906
こちらは、ほぼ1対1で話しているつもりだが?
まぁ相手が誰かというのは全く関係がない。

908 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:41:58.39 ID:4bPreS2L
>>904
とりあえず、それは麻薬ではありません。
単に自然現象です。
すぐ麻薬に結び付ける人がいるので注意しないとねw

909 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:49:34.63 ID:Md4pmSJM
>>908
だとしたら、貴方もまた、
他人を、言ってもいない発言で批判しているかもしれませんよ?

910 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:50:45.76 ID:Md4pmSJM
>>909>>907

911 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:51:47.69 ID:rRl+cb8L
>>880
>疑うことは、何に対してもできる。
>レスの流れからして通報に至る内容でないと、何故云えぬ。
 
法律には、疑わしきは罰さず、という原則がある。
今回の件は、疑わしい点はあるが、通報までに及ばないと判断できる。
下記も参照してください。

>>728 サロメ.☆ボウディア
>いちおうw 過去の薬物体験は立件できません
>身体から薬物反応が出たり 薬物を所持してるとか
>阿片パイプのように違法とされる器具を所有してるなら別ですけど

912 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:52:50.35 ID:4bPreS2L
>>909
サイコパスですか?人間性の欠損ですか?
自殺を可哀想と思わずアホだと罵る人のことですか?

913 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:54:51.22 ID:AFMYWwfD
>>899

「ある(存在する)」という言葉には、二義があることを理解していない。

空想でも、妄想でも、心理現象でも、存在はするが、実在、即ち物質ではない。

苦楽は、存在はするが、実在、即ち物質ではない。

「相対的であらざるものはない」は、大乗の始祖としての竜樹菩薩の発見である。
釈迦ではない。苦楽も相対性。釈迦は、苦を常住とした。これでは、諸行無常では
ないねw。言ってることが大矛盾w。

914 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:57:27.38 ID:Md4pmSJM
>>912
ここ暫くは、紐君についてサイコパスだと発言した者は誰もいない、
ということです。(レス抽出してみたらどうです?)
それなのに貴方は、(>>890に見られるように、おそらく>>888に反応したのでしょうが・・)、
 >>902>確かに紐君がサイコパスかもしれないということは俺も脳裏に浮かんだ
 >ということは俺【も】脳裏に
と、誰かの意見に同調する形でレスをしている。
しかし、誰も紐君とサイコパスを結び付けていない。

だから、貴方が複数人物を錯綜しているのではないか?と御指摘申し上げたのです。

915 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 12:59:06.89 ID:aQ+7d76z
913強化人間のサイコ・ゴインキョw の言うとおりw
強制収容所の家畜的人間には苦を常住してやるw
お前らは強制収容所送りだと
913強化人間のサイコ・ゴインキョwはおっしゃっておりますw

916 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:00:42.21 ID:Md4pmSJM
wwwwwwwwwwwwwwwwww

>>913
>「ある(存在する)」という言葉には、二義があることを

やっと、そこまで来ていただけましたかwww
こちらは、はるか昔、シリーズスレ発祥の頃から、そのようにご説明申上げていたじゃないですかw
それなのに貴方は、ただ一種、≪「物」としてある≫ことしかお認めになっていなかった。
あれからしたら、随分な進歩です。
御隠居も僅かながら成長されたようで何よりですw (´∀`)b

917 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:04:32.23 ID:4bPreS2L
>>914
なんか穿ってますけど、単に紐君がサイコパスかもしれないと思っただけ
です。誰かが、サイコパスの文字を使うということは、誰かにその気質
を見つけたでしょうけど、そのことは無関係です。俺が単に紐君に
サイコパスを当て嵌めただけで、他のだれかを指すものではないですよ。

918 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:05:30.88 ID:rRl+cb8L
>>880
>ければならないと、解脱したから云っているのか。
>寂静が煩悩を離れ、苦しみを去った解脱の境地だと仮にして、
>「気持ちよく」ないのか。
 
悟り体験に、気持ちがいい、心地がいいという感覚はありえない。
これは某氏の体験が悟り体験ではないという証拠である。
やはり臨死体験に近いものだと思う。
悟り体験の場合は、透明であり、清浄であり、ひたすら冴え渡る。

919 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:08:00.71 ID:FxoCngBH
>>907

>>893で指摘したが、一体一ならば、レス番のミスだろ。
相手が誰かというのは、己の主張には関係ないが、
レス番指定するからには、それなりの誰かがあり、
それに応答しているはずだな。

疲れたなら休息を。

920 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:09:21.22 ID:Md4pmSJM
>>917
じゃあ>>890は何? (´・ω・`)

921 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:09:27.45 ID:4bPreS2L
>>918
>悟り体験の場合は、透明であり、清浄であり、ひたすら冴え渡る。

それは伝聞ですか?どこに根拠がありますか?また、体験ですか?

922 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:13:28.39 ID:FxoCngBH
>>918
>悟り体験の場合は、透明であり、清浄であり、ひたすら冴え渡る。

それは、心地よいと表現するのと感覚レベルではほぼ同じだ。
感覚も残らない機械なら、透明であるとか、清浄であるとか、ひたすら冴え渡るなどと
云わない。

923 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:15:49.60 ID:4bPreS2L
>>920
宛先間違えてましたねw>>888は仏教そのものにサイコパスを見たわけで
妄想の範疇です。俺のもかもしれないという仮定で断定ではないですよ。

924 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:40:18.76 ID:rRl+cb8L
>>921
もちろん体験。この体験は宗教板で何回か書いている。
>>922
感覚は対象に対する反応でもある。
対象が透明で清浄だから、透明で清浄な感覚に浸される。
気高いものに浸され、ひたすら冴え渡る。
いわゆる無我は悟りにあらず。

925 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:43:01.57 ID:AFMYWwfD
>>916
>それなのに貴方は、ただ一種、≪「物」としてある≫ことしかお認め
>になっていなかった。>あれからしたら、随分な進歩です

なにを言ってるのやらw。私は10数年間、「実在とは、五感で知覚できる
対象。それ以外を空想・妄想と呼ぶ」と言い続けている。「空想、妄想は
存在しない」などとは一言も言っていない。むしろ、宗教患者における
それらの「存在」を批判し続けている。

そのことが未だに理解できないのが、宗教患者である。

926 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:45:46.73 ID:xBDqVU61
>>867
>苦楽は「苦あれば、楽あり。楽あれば苦あり」という相対概念だから、苦楽はチャラである。

で、楽とは何か?何故言えない?
楽の正体が判らなければ苦の正体も解らん筈で
それじゃ「楽あり」も成立できず、「苦あれば」も心の持ちようとなる
楽とは何か、早く言ってみろ
言えないなら「楽がある」とは言えないぞ?
言えない以上、それはお前の知ったか勝手論となる訳だからな
何ものを楽と証してるのか、早く言え

927 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:47:25.27 ID:xBDqVU61
>>926
>>879

928 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:51:41.23 ID:aQ+7d76z
925強化人間のサイコ・ゴインキョw の言うとおりw
宗教患者と認定した奴は強制収容所送りだw

929 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:53:21.21 ID:aQ+7d76z
925強化人間のサイコ・ゴインキョwは、日本の宗教患者という反革命分子を
取り締まられる為に骨身を惜しんで日夜活躍されておるのでアーーーーーるw

930 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 13:58:42.80 ID:xBDqVU61
>>925
五感の知覚が正確であると言える根拠はどこに有る?
知覚など、多寡が神経を伝う信号に過ぎず、それが狂う病も存する
しかし、狂いは信用に対しての結果的違和に気付いて疑念が生じ
専門的検地を仰いで始めて狂いを承認する事になるほど、当人はその狂いに気付かんものだ
そもそも狂いとは何か、何を以って狂ったとするのか、それさえも曖昧である

さあ、知覚の確かさの根拠はどこに有るか言ってみろ

931 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:01:46.33 ID:AFMYWwfD
>>926
>で、楽とは何か?何故言えない?

前レス読め。完璧に定義している。どこの本にも書いてない定義だから、あわてて
本を探しても無駄w。

932 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:02:21.80 ID:4bPreS2L
>>924
それが至福体験ならそれでよいです。
無色透明なので何もない、解るべきは何もないということですね。
それでいいです。それだけのものということです。

933 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:05:39.83 ID:Md4pmSJM
>>925
いやいやw ですから、

貴方自身は、知覚できない筈の苦楽を、どのようにして知った(知覚した)のですか?
苦楽は五感で知覚できないのですよね?
それなのに、なぜ、人は苦楽を知っているのでしょう?
知覚しないものを、いつ、どこで、どのように知るのでしょう?
貴方は、知覚できない苦楽を、なぜ、知っているのでしょう?
貴方の基準からすれば、
知覚していないものについてアレコレ語るのは、妄想患者的ではないのでしょうか?
貴方もまた、妄想にとりつかれ、苦あれば楽あり、などと苦楽について語っているのですか?

934 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:07:47.80 ID:xBDqVU61
>>931
何度でもそれを書け、前スレに逃げるな
それが誠意と言うものじゃないのかね?
お前は誠意が無い法螺吹きペテン師ではないのだろう?

935 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:08:42.38 ID:uEvX6QKb
>>925
>「実在とは、五感で知覚できる対象。それ以外を空想・妄想と呼ぶ」と言い続けている

五感で知覚した幽霊も実在なんだ。
おじゃるの落武者も実在なんだw

知覚と実在とはまったく別問題というのが哲学的教養あるものの常識だよ。

たとえばカントのいわゆる「物自体」(Ding an sich)は経験的証明が不可能。
ゆえに『実在とは、五感で知覚できる対象』と言う単純な命題は、勝手な形而上的論議にすぎない。
仏教ではこれを一切外の妄想(狭義の戯論)という。←中論 帰敬序

素朴実在論はあくまで『論』=戯論でしかない。
実在の証明ではない

936 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:10:29.14 ID:4bPreS2L
知覚云々いうなら手首つねる、息とめるなどすりゃいいじゃん。
痛くないですか?苦しくないですか?ということ。
直接の苦痛でなくとも、記憶による再現もあるということ。
仏教の苦は記憶による再現の苦です。

937 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:11:22.68 ID:AFMYWwfD
>>930
>五感の知覚が正確であると言える根拠はどこに有る?

君は、飯を食う時、この飯は果たして実在するかと疑って
食うのかねw。釈迦もイエスも、そんなことはしなかったはずだw。

錯覚とは、正しい知覚の存在を前提とする。

938 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:14:52.37 ID:xBDqVU61
愚かな者は当に知るべし
我々が今、就寝から覚醒し行動してると思ってる様は
実は今現在も就寝して夢を見ている状態と区別出来ないのだ
知覚とやらの確かさの根拠が無いのもこれに由来していて
何を基準に「今が当に現実の実相である」と見極められるのか
その基準たるべきものなど何処にも存在しないのである
それを、「いや、たしかに起床して行動している」と強弁するほうがどうかしてる訳で
そう言う輩は苦楽の正体も杜撰な見極めしか出来ずに明確な解明も出来てない
これらは単に「身勝手な決め付け」から起きているとも言える愚かな行為でもある

939 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:16:13.79 ID:xBDqVU61
>>936
それが正確な痛覚であると言える根拠は無い
そもそもその行為自体が夢の中での行いではないと言い切れる証拠も無い

940 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:19:17.93 ID:4bPreS2L
例えば、思い出しても腹が立つということは、
実際に腹が立っているということです。
もちろん、錯覚の要素を多分に含みます。
記憶に対して起こっているというもので、
記憶というのは実に曖昧です。これは感覚にしても同じことです。
人によってほぼ違うということです。

941 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:23:58.03 ID:4bPreS2L
>>939
疑い出せばキリがないですよ。
夢と現実の区別ぐらい誰でもできます。
拘るべき事象ではありませんが、拘るのは自由です。

942 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 14:56:36.46 ID:AFEu0QCR
>>941
その区別は何を基準に決め付けてるんだ?
夢と現実を明確に区別できる基準なんてこの世界には存在しないぞ?
あるとすれば、多分起きてる筈だと言う曖昧さだけだ

943 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:00:59.95 ID:4bPreS2L
>>942
寝起きの基準がそもそも必要か?ということです。
基準がないのを曖昧と受け取るなら
それでいいんじゃないですか?曖昧ではダメですか?

944 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:08:37.23 ID:AFEu0QCR
>>943
お前頭悪いな
寝起きの基準どころか、それすらも夢の中での出来事ではないと言い切れないって言ってるんだよ
そう言う想定が出来ないのはお前が身勝手そのものの生き方しか出来てないからだよ
お前は自分を客観視する事が全然出来てないって事

945 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:13:21.73 ID:gbsVCEIy
眠り、目覚め、夢見に共通する在りかがあると想定はできます

946 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:14:03.92 ID:4bPreS2L
>>944
だから夢の中での出来事ではないと言い切れないってことでいいんじゃないですか?
そんなこと気にするのは、あなたぐらいのもんですよ。
客観視以前に想定すらバカバカしいことです。
想いや感覚は人によって違いますが、個人内においても時と場合によります。
まぁ一時の気の迷いでしょうね。

947 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:16:59.59 ID:J553FPhe
>>946
認めるんだな?
それだと仏法の無我が完全に成立するんだぜ
そして、一切皆苦も成立し仏教が完全に正しい事も成立してる訳だ
一切が戯論となる訳だからな

948 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:20:08.48 ID:J553FPhe
一切が戯論で一切が夢の様なのであるなら
何を望もうとも何ものも得られる事は叶わず求不得苦足り得る

949 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:24:50.50 ID:4bPreS2L
>>947
私は完全に無我派ですよ。そういう派があるかどうか知りませんがw
一切皆苦は成立しませんよ、人によって、時と場合によって苦はあります。
それを一切と受け取るなら、それでいいんじゃないですか?

950 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:28:30.75 ID:4bPreS2L
>>948
なるほど、そうもってくるわけですか。
心情とは確かにそのようなものですね。

951 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:28:46.88 ID:FxoCngBH
>>940
>記憶に対して起こっているというもので、
>記憶というのは実に曖昧です。これは感覚にしても同じことです。
>人によってほぼ違うということです。

人によってほぼ違うが、記憶が実に曖昧の理由か。
高齢者の短期記憶障害は衰えから来る。
昔の事は忘れ難い。
食べる事、息をする事が最後まで残るのと同様に衰えは不必要なモノから
順に脱落する。
泥棒に入られた時の恐怖心も同時に忘れ難く残るのは食べる事、息をする事に
直結する身を守る本能であるからだ。

問題は、そのような生への執着ではなく、己の執着から他者を陥れることだ。
泥棒は己の生の執着から、他者に物的、心的に暴力で陥れた点だ。

952 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:36:49.22 ID:Md4pmSJM
>>949
三法印否定しちゃうのかよw 恐れ入っちゃうなwww

953 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:39:22.50 ID:4bPreS2L
>>951
生の執着というよりもトラウマや慣習、習慣への執着というものと思います。
まぁ拘りですね。記憶の刷り込みと密接な関係があると思います。

954 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:47:24.98 ID:4bPreS2L
>>954
肯定は、苦、無常、無我までです。拡大解釈不要です。

955 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:48:27.58 ID:4bPreS2L
宛先952でしたorz

956 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:50:14.83 ID:FxoCngBH
>>953
泥棒に入られたなら、どこが刷り込みであろうか。
これは比喩でなく実際の話しとして考えてみることだ。

泥棒が他者を陥れた、その他者はそれによって
泥棒になるか、又は違う形で他者を陥れる。

ショックな出来事に遭遇しても、同質性を連鎖させるかどうかだ。

957 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/05(木) 15:56:49.10 ID:kSjBnDJI
麻薬について、このスレッドには関係ない閑話休題を少々。

宗教板とかメンヘル板というのは、心を病んでる方が多いので、そういう人間は麻薬(マリファナ)とかやってる人間は多いだろう?
このスレッドには関係ない話だけど。

ベトナム戦争とか、ああいう戦時にはマリファナとか重宝したらしい。これはちゃんと用法が決まっていて、
いわゆる恐怖を緩和するのは良かったらしいです。

精神病はどうか?生きる望みが無くなったら、死ぬよりは麻薬はいいだろう?
ただ就労意欲は減退するだろうから、結局はニートとか「人生の掃き溜め」に行き着く。
そういう人間が2ちゃんで書き込みしていても不思議ではない。

このスレッドでも、深夜に書き込みしている連中もいるくらいだから、
ああいう連中の何割かはニートで間違いなし。ってことだろう?
そういう連中が、なんの楽しみもない、なんの希望もない。ってんなら麻薬に手を出しても不思議ではない。
(あくまでもこのスレッドには関係ない話だ)

そういう連中は、親の年金で暮らしているのだが、親は息子が何か薬をやってる、というのは察知するようになる。
飯を喰わせるくらいは仕方がないにしても、家でラリッていてはたまらんだろう?
これを見かねて、親が子供を殺したりする。

親は「子供が働かないから切羽詰まってやってしまった」と言うが、そのくらいなら激昂する程でもない。
息子が酒乱とか麻薬とかで、ラッリっているのがたまらんのだろう?
これこそが地獄だ。

そういう親不孝もんが、このスレッドで、悟るとか涅槃とか書き込みしてる。
これが現実だ。くれぐれも、こういう連中を相手にしている。ってことを了承したうえでロムることだw

958 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 15:59:39.41 ID:sNjTW00Y
>>954
では苦とは何か
楽とは何か

そして、仏が教えたのはあくまで無常・苦・無我・不浄である
不浄を認めないとすれば何かの宗教(外道)に因るだろうと推測できる

959 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:00:59.97 ID:4bPreS2L
>>956
ある人が過失を犯したとします。
被害者のある人は怒って怒鳴りまくります。
ある人にとって許容範囲なら笑って済まします。
同質性の連鎖がそもそも起こるでしょうか?
笑いの連鎖はあっても過失の連鎖はどうかと…

960 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:01:01.47 ID:Md4pmSJM
>>954
ハァ?(゚д゚)

もしかして三法印知らないとか?

961 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:02:55.83 ID:4bPreS2L
>>960
まぁ三法印そのものは全く関係ないですから拘らなくていいですよ。

962 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:05:46.31 ID:sNjTW00Y
>>959
その過失はどこで現実の事だと区別出来るんだ?
夢の中の出来事ではないと言い切れるのか?
妄想である事と妄想ではない事とは何を基準に区別するんだ?
お前が仏法者ならちゃんと答えられる筈だ
外道には答えられない事だからな

963 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:07:04.46 ID:sNjTW00Y
>>961
法印は仏典の一貫性と仏の謹言を証明するしるしだぞ?
それを侵せば仏の教えとは為し得ない

964 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:12:09.32 ID:4bPreS2L
>>962
筈とかねーからw現実は現実。夢は夢。
基準は認識だよ。認識もまた曖昧性を持つということですよ。
>>963
それ、妄想ですから。

965 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:15:09.97 ID:+XlEHseY
>>964
>基準は認識だよ。認識もまた曖昧性を持つということですよ。

その認識が現実の体感であると何を根拠にして何を担保に言い切れるんだ?

>それ、妄想ですから。

と言う決定は何を根拠に言ってるんだ?
決め付けではない根拠はどこにある?

966 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:17:43.46 ID:Md4pmSJM
へー、
ダンマパダ277〜279が妄想ですか、そうですか。 ┐(´ー`)┌  >>964

967 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:19:49.01 ID:4bPreS2L
>>965
>決め付けではない根拠はどこにある?

人が作り出したものということです。

>その認識が現実の体感であると何を根拠にして何を担保に言い切れるんだ?

記憶ですね。

968 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:24:12.78 ID:+XlEHseY
>>967
そのどれもが夢か現実かを白黒つける根拠になってないが?
お前、相当学が低いな
Wikipwdiaくらい読んだらどうだ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%A7%BD%E3%81%AE%E8%84%B3

釈尊は2500年も前からこの問題に結論を出してた訳で、それを否定するのは愚かな行為だ

969 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:24:17.14 ID:4bPreS2L
>>966
278については違いますね。277、279は妥当です。
苦というより不安定、曖昧です。それなら妥当です。

970 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:27:20.29 ID:4bPreS2L
>>968
では、白黒つける根拠というものがどこにありますか?
私は答えました。今度はあなたの番です。

971 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:27:27.09 ID:+XlEHseY
>>969
お前は楽どころか苦の正体も解らんのかw
それで仏教を云々するとか笑止千万だろ

972 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:30:19.14 ID:+XlEHseY
>>970
俺は仏ではないが、真実の答えは知っている
それを答えたならばお前は即座に否定するだろう事も知っている
否定したならお前は後戻り出来ないのである
故に俺が答えないのは慈悲だと思え

座禅瞑想して身心脱落せしめろ
答えは厳然とそこにある

973 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:32:28.41 ID:FxoCngBH
>>959
貴殿は、社会性に疎いのか。
偏っているのか。

釈迦が家を出たのは、己と社会から逃げ無い為だ。

974 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:34:12.85 ID:Md4pmSJM
五比丘に対する転法輪も妄想かー
凄ぇなー                   >>969

975 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:35:15.25 ID:FxoCngBH
在家であっても、それぐらいは解っていなければな。

976 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:39:33.23 ID:4bPreS2L
まぁせいぜいがんばんなさい

977 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:48:20.55 ID:FxoCngBH
>>973 の続で>>975

>>976
貴殿もな。

978 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:50:25.82 ID:+XlEHseY
不殺生戒と言う戒律が仏教にはある
殺してはならないと言う決まりだ、ここの俗人はこの不殺生戒を誤解して
自殺は戒められてないのは何故だ?と言う、これは大きな誤解なのである
戒めは誰が行うのか?自分の筈である
自分が戒律の主管者なのであり、僧団にあっては破れば僧位剥奪の上追放なのである
追放されれば再度の入門は不可能となる、つまり死ぬまで答えを知るためのヒント集を逃す事となる
しかも、自殺ではその身が潰えるので図らずも僧団に戻る事は出来ない
だから自殺についての記述が無いのである
不殺生戒とは、殺す事によって自分の都合を調えて逃げてはならないと言う教えなのである
故に何人も殺してはならず、殺さねば解消出来ない不都合を真正面から受け止め
殺す以外で解決に当たれと言う、実に良く出来た戒律・教えなのである

979 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:51:35.95 ID:4bPreS2L
ちなみに
記憶の苦とは思い込みだよ
直接の苦は感覚ね
それだけのもんだ
体感でわかるまでは、何も起こらんよ

980 :独り言:2014/06/05(木) 16:53:37.77 ID:Md4pmSJM
>>949>一切皆苦は成立しませんよ、人によって、時と場合によって苦はあります
をアレンジすれば、

一切行無常は成立しませんよ、人によって、時と場合によって常となります
一切法無我は成立しませんよ、人によって、時と場合によって我はあります

となってしまうのにね・・w

だから、三つセットの法印として伝えられてるんだけどね・・。

278を却下するなら、277・279もまた併せて却下せねばならんのだがね・・w

981 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 16:54:51.11 ID:+XlEHseY
>>979
無我なれば苦も有り得ない

>記憶の苦とは思い込みだよ

何を思い込んでるというのか
苦を解明してみせよ

982 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:03:17.14 ID:8ADByfW5
>>956
>そして、仏が教えたのはあくまで無常・苦・無我・不浄である

「常・無常」「楽・苦」「我・無我」「浄・不浄」。すべて前者があって、
後者が存在し得、後者があって前者が存在し得る。これが中論が説く「空
(相互依存性・関係性・相対性)」である。

釈迦には到底思い至れなかった「万物・万人に通用する永遠普遍の構成原理」。
釈迦と竜樹とは頭の出来が違う。

日本の仏教は、竜樹を始祖とする大乗仏教。狂った釈迦の脳内から発生した
小乗仏教ではない。

「日本の仏教者」なら、中論を読んで理解されたし。狂人釈迦は全く不要・有害。
お呼びでない。

983 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:05:58.22 ID:+XlEHseY
一切を、有ると思うなら苦も有り得る
一切を、無いと思っても苦は有り得る
一切とは、有るときもあり無いときもあると思うなら苦も有り得る
一切は、有るでも無いでもないと思ってみても苦は有り得る
仏法はこれらのレンマに含まれないかの如くに結論する

苦の正体は我を有ると思う事から起こり得る「一切の憂い」である
憂いは思いに起こる、思いは我執より起こる、我執は自我を有ると執す事で起こる
故に無我なれば苦も有り得ないのであり、思っている以上楽は尚更あり得無いのである

因みに楽の正体は「憂いの無い」状態の事である
憂いが多ければそれが苦なのであり、憂いが少なければそれだけ楽だと思うのである
苦楽の実際はそう言うことである

否定するのは構わんが、後戻りできなくなるので黙るのが肝心だと老婆心を付け加えて置く

984 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:06:00.63 ID:Md4pmSJM
また隠居は都合の悪いレスをスルーして、ほとぼり冷めるのを待つのかw

んと、腐ってんなぁ・・ ┐(´ー`)┌

985 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:07:54.16 ID:4bPreS2L
>>981
苦を思い込んでいるということ
そんな事実はないってこと
即ち苦は無い。
苦があると思ってるから、ぐだぐだ
まんどうさいこと言うんでしょ?

986 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:10:43.18 ID:8ADByfW5
>>984
幼稚な質問にはレスしない。限りある一度きりの人生の貴重な時間の無駄。
小学生にでも聞いてくれ。さもなければ、精神科へ直行。

釈迦カルト(小乗)は、釈迦の狂気の感染による精神病以外の何物でもない。

987 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:11:56.58 ID:+XlEHseY
>>985
実際に今お前は俺を言い負かせないで苦心している
それは苦労ではないのか?苦労も苦であろう
まあ、違うって言うんだろうがなw

988 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:14:19.50 ID:+XlEHseY
>>986
三法印に大乗小乗の区別は無いぞ?
それに随う僧団もいわずもがなだ
区別をしたがるのはお前みたいな不勉強な輩だけだろ

989 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:19:28.32 ID:4bPreS2L
>>987
規制で思うように書き込めないのが一番のネックだ
これが苦といや苦だが、苦の範疇には入らんのだよ
めんどくさいから、この辺で止めにしておく

990 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:23:17.34 ID:rRl+cb8L
>>932
>それが至福体験ならそれでよいです。
>無色透明なので何もない、解るべきは何もないということですね。
>それでいいです。それだけのものということです。
 
キミが感じた、気持ちのよさ、心地のよさは、自己愛を残しているよね。
その自己愛が消えた世界に、透明さがあり、清浄さがある。
命は透明であり、真善美であり、完璧な存在である。
光がそうであるように、透明だから何もない、というわけではない。

991 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:23:49.27 ID:8ADByfW5
>>988
三(四)法印は、小乗を区別するためのもの。釈迦の狂気の残存に過ぎない。
無意味である。大乗では、事実上は否定されている。大乗では、「常楽我浄」である。

992 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:24:46.02 ID:cnHpkrFj
次スレね
仏教議論スレ103
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1401956564/

993 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:26:20.62 ID:cnHpkrFj
>>991
>大乗では、事実上は否定されている。大乗では、「常楽我浄」である。

否定されたら仏教じゃないし、常楽我浄を思うのは四転倒で邪見じゃん

994 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:26:46.59 ID:Md4pmSJM
>>986


知覚できない苦楽について、貴方はお釈迦さん以上に饒舌に語っていらっしゃるから、
知覚できないものを、どうして知ることができたのか、ご質問しているのです。
是非、教えていただきたい。
というより、人類にとって重大な話じゃないですか!
これまで知覚できなかったものが知覚できるようになれば、
文明は更に進み、イノベーションも活発になると思いますよ?
ぜひとも、貴方がお持ちのその能力を御開陳いただき、
人類の更なる発展に寄与していただければ幸いに存じます。 m(_ _)m


逃亡かw  >>989  ノシ

995 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:28:39.32 ID:Md4pmSJM
>>992
GJ。 (ゝ_ )b

996 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:28:56.47 ID:T8OpHZXk
まず、麻薬5法というの中に大麻取り締まり法が含まれるので大麻も麻薬と
混同するのだろうが、正確には大麻は麻薬とは言わない。
麻薬(マリファナ)なんて薬板で書いたら馬鹿にされるだけだ。
>このスレッドには関係ない話だけど。
で、
>そういう親不孝もんが、このスレッドで、悟るとか涅槃とか書き込みしてる。
では、大いに関係があるという事ですなw

997 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:29:09.50 ID:4bPreS2L
>>990
透明さがあり、清浄さ以外に何があった?
それだけじゃなんにも判別つかんよ

998 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:30:13.82 ID:T8OpHZXk
あ、>>996>>957宛てですよ

999 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:30:49.77 ID:cnHpkrFj
四顛倒を見破れないのは仏法を行って居ないからで
大乗ですら常楽我浄を思う事は否定する
それが可能なのは遠塵離垢の法眼を得てからだ

1000 :神も仏も名無しさん:2014/06/05(木) 17:34:43.65 ID:rRl+cb8L
苦楽は、相互依存している概念だから、単独では定義できない。
そういう意味で、一切皆苦も常楽我浄も成立しない。
何かと比較して、あれより苦、あれより楽と言うに過ぎない。
最高の状態は「透明」になるのかもしれない。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

485 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)