2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仏教議論スレッド104

1 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 00:33:29.68 ID:9fBnqeMZ
仏教に関すること全て扱います
仏教 質問箱スレッドで議論になったら
または、議論に発展すると感じたら
或いは、話題・論点を拡げたい時は
ここに誘導し、質問箱の機能の確保に御協力ください

前スレ
仏教議論スレッド103
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1401956564/

Wikipedia ― Category:仏教
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%BB%8F%E6%95%99

論文検索
ttp://ci.nii.ac.jp/
ttp://sc.chat-shuffle.net/
ttps://www.jstage.jst.go.jp/AF13S010Init/-char/ja/
ttp://www.inbuds.net/jpn/index.html
ttp://www.totetu.org/index.php?id=523

パーリ三蔵
ttp://www.tipitaka.org/cell/mainlist.html
ttp://www.tipitaka.org/romn/

大正蔵経検索
ttp://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php

2 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 00:42:07.87 ID:TsUo5egx
衆等羅拝  >>1

3 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 01:09:02.40 ID:ILBmsdIG
|  |
|  |∧_∧
|_|´・ω・`) そ〜〜・・・
|桃|o旦 o
| ̄|―u'
""""""""""

|  |
|  |∧∧
|_|・ω・`)
|桃|o旦o.
| ̄|―u'
""""""""""

|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o   ヾ
| ̄|―u'   旦 <コトッ
""""""""""""""""

|  |
|_|  ピャッ!
|桃| ミ
| ̄|     旦 >>1
""""""""""""""""

4 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 01:42:06.56 ID:TsUo5egx
>>3
|  |
|  |∧∧
|_|・ω・`)
|桃|o旦o.
| ̄|―u'
""""""""""
|  |
|_|
|桃| ミ
| ̄|  
""""""""""""""""
|  |
|_|
|桃|  < ジョロロロロロ・・・
| ̄|     
""""""""""""""""
|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o   ヾ
| ̄|―u'   旦 <コトッ
""""""""""""""""

|  |
|_|  ピャッ!
|桃| ミ
| ̄|     旦
""""""""""""""""

5 ::2014/06/13(金) 02:50:49.60 ID:yYSRrBLi
>>3 >>4
|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o   ヾ
| ̄|―u'   旦 <コトッ
""""""""""""""""
喫茶乙の絵ですね。 とてもセンスが宜しいかと思います。

また寝板入りします。 zzz(U_U)

6 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 05:52:12.69 ID:0e3QWFFs
○さん おはようございます。

ほら、どちらかというと霊界に行って来た方ですやん、私って(^▽^;)

手かざしと輪廻。

手かざしすると輪廻がわかるというのは・・・

なんか手かざしすると、前世を語りだすみたいなことに遭遇してですか。

でもね、真光に入ってから先祖霊ではない先祖霊のような霊に三年ほど悩まされた

ということは、真光の手かざしでは、前世を偽る悪霊がうろうろしているということでは?

前世を証明したいという気持ちは解らないでもないのですが。

7 ::2014/06/13(金) 07:46:40.16 ID:yYSRrBLi
>>6
>でもね、真光に入ってから先祖霊ではない先祖霊のような霊に三年ほど悩まされた
>ということは、真光の手かざしでは、前世を偽る悪霊がうろうろしているということでは?

憑依霊の中には嘘をつく霊と、本当のことを言う霊とがおります。
前者は離脱したくない恨みの強い霊が多く、後者は子孫に言いたいことがあったり早く救われたい霊が多いです。
所謂「霊媒」の霊談をそのまま鵜呑みにするのは危険なのと似ております。

さて「悪霊」とは何でしょうか?
憑依霊も前世や今世での因縁があってかかっており、かかられている本人の霊と比べて悪いとは言えないでしょう。
むしろ憑依の原因を作った本人の霊の方が邪悪であると訴えてくるケースが大半なのです。

幾度か霊動現象を繰り返す内に段々と憑依霊も浄化されて本当の因縁が分かって参り、本人の方も忘れたとはいえ
前世で悪業を作ったことを覚り深く詫びた頃に離脱という救済が許されます。

>前世を証明したいという気持ちは解らないでもないのですが。

最初の憑依霊の言葉で前世が分かるというよりも、離脱までのプロセスの中で分かる場合があるということです。

とご質問がありましたので、スレ違いですが簡潔にお答えまで。 御機嫌よう。

8 ::2014/06/13(金) 07:56:49.27 ID:yYSRrBLi
>>7
長部経典「梵網経」で世間の62の見解を論破された釈尊。

その釈尊が誘引方便の為に「輪廻」を説かれたというロジックはあまりに安易ですね。
幾度も説かれた釈尊に失礼だと思います。

9 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 09:35:48.07 ID:5utG7Laq
>>7
>先祖霊ではない先祖霊のような霊

君は自分というものがわかっていないようだ。霊の正体は君自身。
表層意識が気に入らなければ、それは悪霊に転嫁される。
そしてそれは悪霊ではなく自浄作用というものだ。

10 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 09:54:49.48 ID:5utG7Laq
例えば、キチガイをキチガイと言って何が悪いというのはその通り。
しかし、問題はそんなところには無い。
キチガイを観るということで既に自浄作用が発生している。
その自浄作用から逃避すれば、いつまでたっても同じことが繰り返される。
これは霊もまったく同じ構造。
霊を気にするのリピートが既に自浄作用に反している証拠。
自浄作用と自身が合致するならリピートは起こらない。
事実の則る、良心に従う等していれば、こういったことは何も起こらない。

11 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 10:12:11.37 ID:5utG7Laq
例えば、前の日に気になっている事柄について一生懸命考える。
たいていは未解決に終わる。しかし寝ている間に一休さんのチーン
みたいな感じでヒラメキが突然訪れる。これは無意識下で脳が勝手に
考えてくれているためで、決して自分が考えているわけではない。
これはよくある事実。
しかし、当然の如く一切外には適用されない。これは一切がその情報を
所有していないためだ。故に悟りなどいくら考えようと無駄に終わる。
具体的事象であればあるほど、脳は答えを導き出してくれるはずである。

12 ::2014/06/13(金) 10:33:25.52 ID:qbtgAdBe
利根 通力 生まれ持っての
才能?は平等じゃないしなぁ…

13 ::2014/06/13(金) 10:35:49.75 ID:qbtgAdBe
利根 通力 に依るべからず
と天台大師がいうと日蓮大聖人はいわれる…

14 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 10:40:16.93 ID:5utG7Laq
人間の能力というのは元々は大差ない。
あったとしても誤差みたいなもんだ。
努力というものは誰にでもできる。
努力の反復というものが、結果として、
才能に繋がるに過ぎない。

15 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 10:41:19.65 ID:V43cNOah
> 例えば、キチガイをキチガイと言って何が悪いというのはその通り。
> しかし、問題はそんなところには無い。
> キチガイを観るということで既に自浄作用が発生している。
> その自浄作用から逃避すれば、いつまでたっても同じことが繰り返される。
> これは霊もまったく同じ構造。


青少年はそれでよし。キチガイからの被害は、自身の処世術や汚染されない力によって払う事が出来る。

だが大人となると、第三者への配慮というものが存在する。己の内面のキチガイ性や(狂気)、齟齬が解決

していても、自分の内面を離れて客観的にキチガイが存在する事を見て取る事が出来る。

そして内面の認識なくしてはキチガイが認識出来ぬからといって、

『内面さえ解決されればキチガイの汚染の問題が完全に消えると思っている』御仁が現れる事も
もちろん想定内だww

さらに『‐』内容を言う御仁が現れれば、キチガイがキチガイ行為を全て相手の認識の問題に出来、
嬉々として刃物を振し始める事も想定内だww

故にやはりキチガイにはキチガイと言う他ない。

16 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 10:47:52.58 ID:5utG7Laq
まぁ想定内というだけで、実際には何もわかっていないのが実情だろう。
故にとなる。要は足りないからに他ならない。

17 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 11:00:56.75 ID:5utG7Laq
第三者への配慮というのを気にするとして、第三者は誰も君のような
行為は望んではいない。それは単に君の思い込みに過ぎない。
第三者への配慮というのは例えば、放送禁止用語を観るといい。
君は放送禁止用語をズケズケ言っている事実がある。
つまり第三者への配慮と正反対の迷惑な話。
せめて、足りないとかオブラートに包めというのが本当の第三者への配慮ということ。

18 ::2014/06/13(金) 11:27:18.95 ID:qbtgAdBe
せめて キチガイいうなら

どういうポイントが どういう方向で

どういう角度でキチガイか…

これ いえば レッテル貼りじゃなくて

親の優しさでしょうな

19 ::2014/06/13(金) 11:29:50.38 ID:qbtgAdBe
いったとこで…

三つ子の魂百までなら

ナンセンスな場合もある

ならむしろ 開き直っていいのでは

20 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 11:34:05.15 ID:V43cNOah
> まぁ想定内というだけで、実際には何もわかっていないのが実情だろう。
> 故にとなる。要は足りないからに他ならない。

宗教本を読めばどんな低級な本であろうと、善悪を思わなければ(悪の被害から来る苦しみ)は逃れられる
と言う内容は書いてある。で、こんな事は人並みの頭があれば理解できる。

その様な事を有難がって喜んでいるのは、まだまだ発達段階が初歩的だww

> 第三者への配慮というのを気にするとして、第三者は誰も君のような行為は望んではいない。
>それは単に君の思い込みに過ぎない。第三者への配慮というのは例えば、放送禁止用語を観るといい。


キチガイをあぼんしたり、スルーしたり汚染されずに内面を保ったり、
善悪を放下して煩わしい苦しみから逃れたり、無関心によって無化したり出来る様になったら青少年を卒業だ。

卒業してないうちはこれしきの道理が少数しか知らぬ様に見えて得意げに吹聴したがるが、
以上の様な事が出来る様になったら心理的な余裕が出来る、すると第三者的な視点に立てる訳だ。

だがこれは自分の事で必死な青少年には理解出来ない。
己の初歩的な経験〜読書が余り知られておらず容易に思惟され難い稀有なものと慢心してしまうw

基本的な共通認識とは何かを知る必要がある。知らずして、かようなまま一生いけば、紛れもなく、○ホだという事だ。
↑↑第三者への配慮だwwwwwww

なお、第三者が望んでいるものとは単にキチガイの目の前からの排除だ。グダグダ考える必要はない。

21 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 11:42:47.24 ID:5utG7Laq
>>20
>第三者が望んでいるものとは単にキチガイの目の前からの排除だ

だから、それがそもそもの君の思い込みだといっとろうが。
>>19にしてもそう。全部君の思い込み。要は足りていないからだ。

22 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 11:49:10.03 ID:pccHvGKl
おいアホ在家、お前矛盾を感じないのか?
お前の大好きな四悉壇を解説した龍樹さんでさえ
知覚とか想いとかを断じた先にどうして有無などあろうか?
と言っている
霊魂の有無は置いといても、知覚無ければ霊魂も糞もない
想いがなければ霊も自分もウンコも区別が無い、それが要するに無分別の境なんだが
真光手かざしのインチキでは身心脱落なんて境地にも至れないから
有無を離れた境地も当然解らん訳だ

それで矛盾が無いのはお前の誤解なんじゃないのか?
いい歳して霊魂やら超能力やらも無いだろうに
もう不惑はとっくに超えて知命なんだろ?
いい加減悟ったらどうかと思うよw

23 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 11:58:22.27 ID:0e3QWFFs
>>16-17(ID:5utG7Laq)

は〜 何言ってるの。

電車でね、前の車両から後ろの車両 後ろの車両から前の車両

と全速力といいほどの走りっぷりで、走っていくある男がおったとさ。

で、途中でピンクレディの歌と踊りをしましたとさ。

これ例え話でないからね, ほんまにその男はん、いはってんか(爆笑)

大阪、京都間 約40分をある意味 有効利用というのか。

第三者(他の乗客)も寝ていたり、新聞を読んでいたりと

その行為にはジェジェジェ でも休息、お茶見たいね、

奉仕精神ポイの(爆笑)

で、その男はいつ電車に乗るか分からないので

同じ電車に乗れる確立からして、瑞鳥 みたいな感じ(笑)

これ、ほんまの話しやしね。

電車でサリンをまいて、人を殺したり、と違うでしょ。

24 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:04:34.81 ID:5utG7Laq
排除という言葉が気になる
自分というものを檻で囲い、自分内の安全だけを守りたい所業と考えられる。
外的に対して常に構えている状態といえ、
これは空気を常に警戒し空気と戦っているようなものといえる。
所謂、過反応であり、常にビビっているといっていいだろう。

25 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:24:52.16 ID:5utG7Laq
>>23
まぁ実際の話は別かもしれんが、そんなものはケースバイケースだろう。
ここの書き込みは空気同然の字の羅列。
そんなものにピリピリしてどうすんの?というのが正解だろう。

26 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:30:37.19 ID:V43cNOah
>排除という言葉が気になる
自分というものを檻で囲い、自分内の安全だけを守りたい所業と考えられる。
>外的に対して常に構えている状態といえ、
>これは空気を常に警戒し空気と戦っているようなものといえる。
>所謂、過反応であり、常にビビっているといっていいだろう。

キチガイにはビビる人間が多かろう。

自分の安全だけ、とかw、何を申すか。

刃物を振り回す様な人間はまず、早急に排除されるのがルールだろう。

そしてキチガイを警戒する事がすぐさま臆病さにつながる道理がない。

キチガイの度合いにはよるがな。

27 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:33:13.29 ID:5utG7Laq
>>26
ん?気になるんだろ?
俺は気にならん。それだけの話。

28 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:37:18.42 ID:5utG7Laq
刃物を振り回すような人間とは、俺のいう自浄作用。
つまり正体は君だ。誰もそんなことはしていない。
君が気にする限り、刃物を振り回すような人間は
君を悩ますことだろう。

29 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:38:11.65 ID:6l6VJL13
自分の思いと同化しているかぎり、みんな気違いなんだよ。
俺はこういう考えで、お前はこうだとね。
だがそれらを排除すると、議論というものは、成り立たない。

30 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:41:04.51 ID:6l6VJL13
ただ、俺も気違いだけど、気違いの仲間入りさせてもらうよ。
そして、お互いに仏陀に近づけたらいいね。

31 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:41:15.18 ID:3QiozMIv
世界は直前の過去からの物理的な因果現象によって決定しているため、
物理的にも心理現象としても本来、決定論的に定まっているもの
――世界や自分が今このような状況になってるのは必然である。

にもかかわらず、人間には意識があるために、
まるで自分の意志によって選択しているかのような錯覚
――自由意志があるとおもっている。
コレが苦の原因である
本当のところは、この『自由意志』も含めて全てが必然の現象である

…こんなことを思いついたのですが。コレは仏教的な考えでしょうか

32 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:42:46.48 ID:ofoc7Rg4
在家氏は、「手かざし」の効力を「科学的に」説明してくれ。手から放射線でも
出るのか。測定はしたのか。

痛みのある箇所に「手を当てる」と、確かに痛みが軽減するなw。しかし、業
として他人にこれをやると、医師法違反になる。

科学について無知蒙昧だった釈迦やイエスがやったから、では、説明にならない。

33 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:48:12.60 ID:6l6VJL13
>>31
違うと思う。
仏教では、世界は、われわれの心により作り出されるという考え方だから。

34 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:49:44.76 ID:5utG7Laq
>>31
まぁ俺の考えとほぼ同じやね
異なるのは自由意志の部分。
流れを変えられるとは思ってる。
この意味で全てが必然というわけではない。

35 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:55:11.18 ID:V43cNOah
>>27
>>28
お前が気にならなければお前はOKだ。思春期らしいエゴだな。

青少年には第三者という視点がない。それゆえ己が気にならなければOKとなる。
発言は大人になってからする事だwwwww


>>29
議論が出来なくなるとかいい加減な事を言うんじゃない。

■自分とは意見の違う人間

■我執にとらわれ自分を見失っている(釈迦から見た正常に至らないレベルの)人間

■見境(みさかい)ない犯罪性八つ当たりの人間


区別くらいつけないと話にならない。

36 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:58:21.19 ID:5utG7Laq
>>35
つまらんことを気にしてるだけだろ?思春期故に

37 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 12:58:50.28 ID:3QiozMIv
>>33
悪人だと思ってる人間も、自分から見て悪人というだけ、とか。
見える世界も、人間の取っ手の可視光というだけで、鳥や虫は別に認識している、とか。
普段あたりまえに認識される世界は、実は主観的な自分の心という
鏡に歪められた世界像であるということなら、納得ですが
そもそも、その心も世界によって作られてるのではないでしょうか

自分や世界が存在しているとは、自分の心があるから言えること。でもその心も世界存在しているから。
世界の一部である自分自身が認識。それも世界の現象――唯識の共ミンてのもこの辺りを差すというのは勘違い?

38 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:05:43.38 ID:5utG7Laq
箸が転んでもおかしい年頃というのがある。
思春期の、しかも女の子の話。
つまらんことが気になって仕方がないというのも
同じ構造。
女々しくて、女々しくて、つらいお〜♪だな

39 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:13:50.47 ID:ofoc7Rg4
宗教者は、「心、心」と本当にウザイな。自分の心は自分では分らないから、
考えることは無意味。自分の心を判断するのは、もう一人の自分。そのもう一人の
自分を判断するのは、さらにもう一人の自分。この関係が永遠に続き、結局は自分
の主観に過ぎないのだから、全くのナンセンスである。

40 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:19:57.97 ID:0e3QWFFs
>>28 ( ID:5utG7Laq)

>刃物を振り回すような人間とは、俺のいう自浄作用。
>つまり正体は君だ。誰もそんなことはしていない。
>君が気にする限り、刃物を振り回すような人間は
>君を悩ますことだろう。


まじヤバ

そんなんとちゃうし、たのむわ〜。

41 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:23:13.54 ID:5utG7Laq
>>40
つまらんな。暗示にコロッとひっかかれ

42 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:32:22.72 ID:6l6VJL13
>>37
あなたの世界の定義が、もっとも根源的なものだとすれば、心もそれに依拠していると思う。

43 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:33:31.33 ID:V43cNOah
>>35
>>38
>つまらんことを気にしてるだけだろ?思春期故に

他人への配慮がつまらないとは自分だけ必死の思春期らしい発言だなww

読書内容をそのまま他人にアドバイスしたがるのは思春期卒業のフリだw

自分一人だけ、必死→余裕の図式が遠くなり、内面的に落ち着き、第三者的な配慮が出来始めたら思春期卒業だ。

頑張れよww

44 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:35:03.96 ID:5utG7Laq
>>43
なんだ、自分語りか

45 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:38:30.56 ID:0e3QWFFs
>>38 ( ID:5utG7Laq)

>箸が転んでもおかしい年頃というのがある。
>思春期の、しかも女の子の話。
>つまらんことが気になって仕方がないというのも
>同じ構造。
>女々しくて、女々しくて、つらいお〜♪だな


まじ、隠居氏的で やばいっすよ(笑)
つまらんことに爆笑。

箸が転げてもで、思い出した事がある。

私が通っていた某有名私立高等学校での1ページ(^▽^)

このページ(ぺいじ)をペーシ(ぺいし)と言わないよう(笑)

生物の先生が、板書していた。
その後ろ姿を見て、急に噴き出した。
すると、振り向きざまに「なっにがおかしい〜○○(私の名前)」
と怒鳴られ、
その顔を見て、また爆笑し・・・・

しかし休み時間は、クラスメイトより先生の方がおもしろいと気付き、
その先生とも結構仲良しでした。

これも譬え(例え)ではなく本当の話しです。

46 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:44:56.77 ID:5utG7Laq
>>45
つまらんことを気にするのは馬鹿げているということだな。
爆笑するのは思春期か?

47 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 13:49:21.28 ID:5utG7Laq
日本人はヘラヘラしてる人が多くて気持ち悪い
というのを聞いたことがあるが、言い得ているかもな

48 :アース ◆9UK1kq4AKE :2014/06/13(金) 13:50:21.76 ID:f9/yWXvQ
5円(ご縁)で健康祈願

叶えられるかっつーの

最少100銭

「祈願」
100銭 何か良い事ありますように
1000銭 アイデアをください
10000銭 平和祈願

おみくじ 10000銭 当率100%

巫女とトーク 1かい1時間10000銭

鹿はせんべいよりおにぎり、食パンを欲しがるぞ

ハトは食パンが好物

偶像崇拝したから銭が少なかったんだけど

49 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:04:09.44 ID:V43cNOah
> なんだ、自分語りか

図星で何も言い返せなくなったな。ネラーの反応しか出来ないのかww

50 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:11:24.57 ID:0e3QWFFs
>>46 (ID:5utG7Laq)
>>45
>つまらんことを気にするのは馬鹿げているということだな。
>爆笑するのは思春期か?

>>47 (ID:5utG7Laq)
>日本人はヘラヘラしてる人が多くて気持ち悪い
>というのを聞いたことがあるが、言い得ているかもな

   ↑
 あんさん かわってはんね(笑)

あのね、なんか勘違いし続けているの。
外国の方もユーモアありますしね、やっぱり君は隠居さん的。

51 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:15:04.10 ID:5utG7Laq
>>49
言い返す?何故?お前のことだろ?全俺に関係ないし、
当て嵌まってもいない。

52 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:17:06.83 ID:5utG7Laq
>>50
ヘラヘラ笑いがユーモア?
かわってますね

53 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:22:33.81 ID:0e3QWFFs
>>52
ヘラヘラではない。

54 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:28:07.97 ID:5utG7Laq
12 : 名無しさんの主張 [sage] 2012/03/13(火) 08:52:55.28 ID:???
子供なんだよね
日本人が
大人になるとニタニタ薄ら笑いを浮かべ、斜め45℃で手を隠して相手にコソコソブツブツ
でも内容は全くないが斜め45度で薄ら笑いを浮かべ、相手が目の前に来たらシカト
で通り過ぎたらまた斜め45度でコソコソブツブツ
結局一番の理由は、自分に自信がない
より弱い奴をターゲットにしいじめ自分の立場を守る
もう会社も学校も同じ
だから、自動車の運転も抜かさず煽り車体間隔を詰めるだけ詰め悦に入ってる奴
そんなんばっかり
イヤになる



斜め45度は女特有だな。しかし男も大差ない。
子供と考えない方が変といえる。

55 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:39:30.13 ID:6l6VJL13
>>54

女は男より受容性があり、子供は大人より無邪気だ。

56 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:45:22.25 ID:5utG7Laq
>>55
いやいや、そういうことではない。
上記の主張のケースのような大人が子供ということだ。
もちろん正義の使者のような子供には失礼だろう。
その意味で上記のような子供は最底辺の子供といえるだろう。

57 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:51:20.74 ID:0e3QWFFs
>>7 ○氏へ

>憑依霊の中には嘘をつく霊と、本当のことを言う霊とがおります。

どちらかといふと霊界探訪した私、そんな私はそれは
違うと申しておきましょう。

>前者は離脱したくない恨みの強い霊が多く、後者は子孫に言いたいことがあったり早く救われたい霊が多いです。
>所謂「霊媒」の霊談をそのまま鵜呑みにするのは危険なのと似ております。

いいえ、違います。 子孫に言いたい事がある時は憑依などしませんから。

>さて「悪霊」とは何でしょうか?
>憑依霊も前世や今世での因縁があってかかっており、かかられている本人の霊と比べて悪いとは言えないでしょう。
>むしろ憑依の原因を作った本人の霊の方が邪悪であると訴えてくるケースが大半なのです。

いいえ、それも違います。
先ほどからの現実に現れる事件と同じで、
凶悪な犯罪者は、実際にいる訳です。
この世では公立の義務教育の現場と同じでもうみんながごちゃ混ぜに
同じ空間をご一緒しなければならないのです。
被害者が加害者以上の何か悪性があったりするのではありません。

だだし、クラスで人を陥れることに一緒に加担していくような者は
加害者と同質性があります。

58 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 14:54:25.66 ID:5utG7Laq
まぁ妄言吐いたぐらいで悪言を吐くのは最底辺の子供ということだ。
どっちもどっちのような気はするが。

59 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 15:04:12.70 ID:0e3QWFFs
続きです(>>57)

>幾度か霊動現象を繰り返す内に段々と憑依霊も浄化されて本当の因縁が分かって参り、本人の方も忘れたとはいえ
>前世で悪業を作ったことを覚り深く詫びた頃に離脱という救済が許されます。

霊動現象、なぜそのような事を繰り返さなければならないのですか。

悪霊とは、簡単に言いますと誘惑です。

○さん、ずっと真光と言う偽の光に誘惑されていはいませんか。


>>前世を証明したいという気持ちは解らないでもないのですが。

>最初の憑依霊の言葉で前世が分かるというよりも、離脱までのプロセスの中で分かる場合があるということです。

どちらにしても 前世の証明の為に真光に関わってしまったのですね。

60 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 15:06:56.31 ID:V43cNOah
>言い返す?何故?お前のことだろ?全俺に関係ないし、
>当て嵌まってもいない。

とぼけなくてもいいww

自分がOKなら第三者の問題を問題とせず、
『ビビってる⇔余裕』の単一思考しか出来ないのは青少年の特徴である。

お前は厨房で他者視点がない。

61 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 15:07:42.33 ID:5utG7Laq
>>59
関西弁続けろよ

62 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 15:10:35.54 ID:5utG7Laq
>>60
どこに第三者の問題がある?
誰が本気にすると思ってるの?
○○なの?○○の?

63 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 15:30:00.79 ID:V43cNOah
> どこに第三者の問題がある?
> 誰が本気にすると思ってるの?
> ○○なの?○○の?


本気で言ってるのか?ww

掲示板とは公の場との認識もないのか・・・

お前ホンマモンの坊や かwwwww

64 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 16:24:15.29 ID:5utG7Laq
>>63
公の場?
偏執者の場だろ
故に無問題。

65 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 16:29:13.88 ID:5utG7Laq
思慮も認識もない子供は
どうしようもない

66 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 16:44:52.70 ID:5utG7Laq
大人になるとニタニタ薄ら笑いを浮かべ、斜め45℃で手を隠して相手にコソコソブツブツ
でも内容は全くないが斜め45度で薄ら笑いを浮かべ、相手が目の前に来たらシカト
で通り過ぎたらまた斜め45度でコソコソブツブツ


この生き物は何だろう。
貝だな。

67 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 16:53:21.49 ID:0e3QWFFs
>>66
大人になると?
みなそのようではない。
君の自己紹介でしょ。

貝に申し訳ない。

68 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 17:17:04.71 ID:V43cNOah
>公の場?
>偏執者の場だろ
>故に無問題。


子供かお前は。


>偏執者の場だろ

そして偏執者とはお前以外の全員が偏執者なのかね?
あるいは、お前も偏執者の一人であると自己卑下しながら、
その上で、母集団が劣悪な掲示板であるから何ら真剣に考えるに当たらない。何をしても許されると?
他者の視点は一切なきに等しい者たちの集団と言う訳だ?

そして、お前は偏執者の場と認識しながら何を書いているのだね?
言ってみな。

・・・・・
ひょっとして本当に根っからのお子さま気質なのか?wwwwwwwwww

69 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 17:19:28.54 ID:V43cNOah
65:神も仏も名無しさん 2014/06/13(金) 16:29:13.88 ID:5utG7Laq
思慮も認識もない子供は
どうしようもない

↑↑↑
66:神も仏も名無しさん 2014/06/13(金) 16:44:52.70 ID:5utG7Laq
大人になるとニタニタ薄ら笑いを浮かべ、斜め45℃で手を隠して相手にコソコソブツブツ
でも内容は全くないが斜め45度で薄ら笑いを浮かべ、相手が目の前に来たらシカト
で通り過ぎたらまた斜め45度でコソコソブツブツ


この生き物は何だろう。
貝だな。




.
自虐の趣味があるらしい。これも公の場であるとの認識のないお子様ゆえだろうな。
見ていて笑えるwwwww

誠に不憫であるwww

70 ::2014/06/13(金) 20:01:33.57 ID:yYSRrBLi
>>22 多分、閻魔氏
>おいアホ在家、お前矛盾を感じないのか?
>お前の大好きな四悉壇を解説した龍樹さんでさえ
>知覚とか想いとかを断じた先にどうして有無などあろうか?
>と言っている

それならば、「アホ」と「賢者」などどうしてあろうか?とアホを連発する貴兄に言っております。

「大智度論」では三世輪廻も詳細に説かれておりますし、貴兄のおっしゃる通り有無などあろうか?とも説かれております。

所謂、勝義諦と世俗諦、第一義諦と残り三悉壇、とを混ぜるな!危険ということでしょう。

本スレで勝義諦、第一義諦を語りたいならばお好きにどうぞです。
ただし、世俗諦、残り三悉壇を語っている住人達をアホだと呼ばないようにお願いします。
八万六千の法門の99%以上は後者でしょうから。

そして前者は家族や職場で「言葉で表現すれば」危ない奴と危険視されて、社会的には居場所を失うというリスクを私は説明しただけです。
嘘だと思うならば、一度試されては如何でしょうか。

71 ::2014/06/13(金) 20:06:40.89 ID:yYSRrBLi
>>57
>どちらかといふと霊界探訪した私、そんな私はそれは違うと申しておきましょう。

確かに貴兄のおっしゃる通り、テレパシー(読心通)では嘘はつけません。
でも憑依した場合は嘘をつけます。 通常の本人の霊でも嘘をつけるでしょう。

その他の見解も全てコメントできますが、スレ違いですので止論と致したく。

72 ::2014/06/13(金) 20:25:28.23 ID:qbtgAdBe
霊体験を否定しませんが
かなり個人的な…それこそ
二人だけ…とかの話になると思うので

それを公共のスレで 語られても
共感を呼ぶことは……




73 ::2014/06/13(金) 20:26:26.24 ID:qbtgAdBe
TPOでしょうなぁ…

74 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 20:36:24.76 ID:pdLcNkhx
自分の前世は●●
と言ってる俳優さんがいますが
それをどう証明できますか
それと同じで霊の存在は信じてる人には真実
我々常識人は何をバカなことを言ってるだです
この仏教板から退場を

75 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 21:18:32.30 ID:6l6VJL13
お釈迦様は、俳優は地獄に行くと説かれました。
俳優は、泣いたり、怒ったり、殺したり、ラブシーンをしたり
とっても業が深い連中です。

76 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 21:28:46.96 ID:pccHvGKl
>>70
悉壇として語ってる奴はアホではない
お前がアホなんだよ
手かざしは仏道ではないし、真光は仏説に無い邪義
霊魂も御み霊も仏教の化儀ではない
それをあたかも仏教に関係してるかの如く一緒くたに混ぜて語るお前がアホなんだよ
お前以外にここではアホは居ない

前世はアホ在家=○
お前はアホ中のアホ
アホを極めたアホ真光がお似合いだw

77 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 21:34:41.09 ID:pccHvGKl
因みに在家よ
お前をアホだと認定するのも動執生疑と言う意味で悉壇の一部なんだよw

78 ::2014/06/13(金) 22:01:28.00 ID:qbtgAdBe
生疑させたら

どうか

晴らしてあげてください

79 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/13(金) 22:10:07.56 ID:KKCjSdPD
>>76
仏教は神や悪魔を認めてるんだから、霊魂も認めてOKじゃないの。
悪い霊が悪魔で、善い霊が神様でいいじゃないの。

80 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:10:26.72 ID:f78veCVQ
在家氏は、前レスで質問した「手かざしの科学的原理」の説明を頼むよ。

科学的根拠があれば、私も是非「手かざし」をやってみたいw。薬は高いからね。
自分で手かざしをやれば無料。

君は、科学の知識も深そうだから、よほど興味がある。科学について無知蒙昧だった
大昔の釈迦やイエスを、いくら語ってもつまらん。

81 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:33:02.04 ID:ezZqXesC
手当てという言葉があるように、痛い場所に手を当てると気分が和らぐ〜
というのは古くから伝わったもので価値のある事だと思いますよ。
まあ、宗教団体を組んで手かざしで信者を騙し悪どく稼ぐようなカルトは駄目でしょうが、
母親が子供のお腹に手を当てて子供を安心させるとかいうのは価値がある。

しかし、隠居氏じゃないが早急に医者に診せるのがマトモな現代人という結論でしょうな。
手を当てるだけで医者にも診せなければただの阿呆。
そういうことですよ。阿呆に阿呆と言うのは当然。何らためらう必要もなく、阿呆といわれる
人間の立場を考えろ〜などと言うのはまさに阿呆な指摘だww

82 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:35:49.41 ID:0e3QWFFs
>>71
>>57
>>どちらかといふと霊界探訪した私、そんな私はそれは違うと申しておきましょう。

>確かに貴兄のおっしゃる通り、テレパシー(読心通)では嘘はつけません。
>でも憑依した場合は嘘をつけます。 通常の本人の霊でも嘘をつけるでしょう。

>その他の見解も全てコメントできますが、スレ違いですので止論と致したく。

○さん、スレ違いで止論というのなら、

そもそもこのスレに真光を名のりながら投稿する、それもうん?になりますよ。

もういいではありませんか。

私の見解にコメントして下さい。

私は霊の存在を信じているのではなく、体験的に知っています。
しかし、そして信じると言う言葉も、
健康に普通に理解できる者であります。

83 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:39:16.20 ID:0e3QWFFs
>>75 (ID:6l6VJL13)
>お釈迦様は、俳優は地獄に行くと説かれました。
>俳優は、泣いたり、怒ったり、殺したり、ラブシーンをしたり
>とっても業が深い連中です。

そのような事はお釈迦様は言っておられません。

隠居さんとそっくりで、ウソをつくことが平気なのですね。

84 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:49:13.51 ID:0e3QWFFs
>>81
>しかし、隠居氏じゃないが早急に医者に診せるのがマトモな現代人という結論でしょうな。

病気なら早急に病院に行く事をお勧めいたします。
それに反対する者などいませんよ。

いい加減になさいませ。

隠居氏が いままで言ってきた、話しや(バビーマン氏が御苦労にも対処して下さった)

聖書やニーチェや全部 全部嘘ではありませんか。

でね、そういった人物がどれほどよさげな事を語ったとしても、

君の様に、部分的に隠居氏も言っているみたいに言うのですが、

そこが自分が清潔で無いから、誘惑されるのですよ。


非常に高度ですがそれが 

「悪霊の誘惑」

85 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 22:51:57.81 ID:t+b0zUge
宗教の怖さを知る
自分でした
育てられた環境で脳内に植え付けられるんだろな
在家さんはもう改宗」できんし
まぁワシも親鸞さんに洗脳されてるので
なんばんだー

86 ::2014/06/13(金) 22:53:20.56 ID:yYSRrBLi
>>57 続き
>いいえ、違います。 子孫に言いたい事がある時は憑依などしませんから。

例えば喘息の子供に手をかざすと、喘息で無くなった祖父母が浮霊するという事例が全国で度々報告されました。
ただ孫が可愛かったという執着が憑依の原因ですが、孫もご霊も哀れです。

>被害者が加害者以上の何か悪性があったりするのではありません

現時点での性格の話ではございません。例えば今世で真面目な人格者が、前世の戦で大勢を殺したということもあります。
地獄に往って何百年も苦しみ、潜在意識に「悪いことをしてはならない」と刻み込んで再生してくると善人になります。

>>82
>そもそもこのスレに真光を名のりながら投稿する、それもうん?になりますよ。

私は「所属グループ」とは時々言いますが、教団名を名乗ったことは数年間ないと思いますが。
ということで止論ですので、追加質問はされないようにね。

87 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 23:02:13.33 ID:0e3QWFFs
訂正
>聖書やニーチェや全部 全部嘘ではありませんか。

>でね、そういった人物がどれほどよさげな事を語ったとしても

     ↓
聖書でもニーチェでも書かれていない事を捏造したり

文脈を誤魔化したり、隠居氏は嘘を平気でつきますよ。

なのでそのような、隠居氏のような人物がどれほどの

ことを主張しても、嘘は嘘です。

そして、そのような隠居氏の嘘を指摘しないまま、

よい評価などするのは、悪霊です。

私は、何かあると私は思っています。

おじゃるさん、いくら霊的な事柄で一致しても、

君なら、もう少しけじめをつけられるはずです。

88 ::2014/06/13(金) 23:12:55.88 ID:yYSRrBLi
>>80
>在家氏は、前レスで質問した「手かざしの科学的原理」の説明を頼むよ。(略)
>君は、科学の知識も深そうだから、よほど興味がある。科学について無知蒙昧だった

私は今の所属グループに入った頃、日本心霊科学協会やサイ科学会の会員でした。
会員名簿を見ますと、工学博士や医学博士が1割以上はいたように記憶します。
また名誉教授が多かったですね。 現役の教授だと心霊や超能力を研究すると世間体があったからでしょう。

当時、脳波での通信実験を試みた研究者もおりましたが、当時の科学技術では実証も困難でした。
最近では脳波でロボットを動かす研究も普通に行われているようですが。

あの頃も、原子の周りを電子が周り、その空間は真空ではなく素粒子の充満界だと仮説した研究者もいました。
最近では遺伝子の情報量がCD1枚程度であり、それのコピーをしながら分裂する細胞は一つの生産装置、
否一つの先進工場に匹敵するハードとソフトを有することも当り前に分かってきております。
換言しますと1細胞にスパコンのような情報系が存在しなければならないということです。

まずオーラの科学的原理が解明されたら、将来は「手かざし」の科学的原理も解明されるとは思いますが
将来の科学者各位に委ねることに致します。

89 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 23:18:58.37 ID:0e3QWFFs
>>86  ○さん(ID:yYSRrBLi)
>>57 続き
>>いいえ、違います。 子孫に言いたい事がある時は憑依などしませんから。

>例えば喘息の子供に手をかざすと、喘息で無くなった祖父母が浮霊するという事例が全国で度々報告されました。

いいえ、遺伝です。
そして、霊的な角度から申し上げますと、喘息で亡くなった祖父母さんが浮霊するのではなく
肉体的な遺伝で 霊的な傾向性も、そちらに引っ張られて似通ってしまうのです。

>ただ孫が可愛かったという執着が憑依の原因ですが、孫もご霊も哀れです。

違います。

>>被害者が加害者以上の何か悪性があったりするのではありません

>現時点での性格の話ではございません。例えば今世で真面目な人格者が、前世の戦で大勢を殺したということもあります。
>地獄に往って何百年も苦しみ、潜在意識に「悪いことをしてはならない」と刻み込んで再生してくると善人になります。

違います。
前世からの何か原因で・・と仰っていますね。
違います。
この世に生まれてきたのは前世がどうの為ではありません。
美しく過ごす事をいかに実現できるかの大学です。

90 :神も仏も名無しさん:2014/06/13(金) 23:24:59.91 ID:0e3QWFFs
>>82
>>そもそもこのスレに真光を名のりながら投稿する、それもうん?になりますよ。

>私は「所属グループ」とは時々言いますが、教団名を名乗ったことは数年間ないと思いますが。
>ということで止論ですので、追加質問はされないようにね。

そうですか、現在名乗る名乗らないではなく、
ここの古い方のお話で、真光系の宗教団体に所属されているのだと思っていました。

数年間言った事もないのに、真光だとの誤解が生じたのでしょう。

91 ::2014/06/13(金) 23:56:41.09 ID:yYSRrBLi
>>90
>ここの古い方のお話で、真光系の宗教団体に所属されているのだと思っていました。
>数年間言った事もないのに、真光だとの誤解が生じたのでしょう。

誤解でもないです。
名乗らなくても、古い方の中に知っておられた方がいたということです。

92 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 01:35:01.57 ID:c107lcvo
>>91
隠してたのにうっかりモロバレしたんだよなw

93 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 01:57:15.86 ID:D2a6clDo
>>91
手かざしに科学的な根拠がないのなら、詐欺罪や医師法違反で逮捕される
日もま近い。その前に、教団を抜けておくことだ。除霊系は、続々と逮
捕されている。

私が傍聴した法廷で、「法の華」の福永法源は、検察官の執拗な追及に
対して、「天の声」の実在を証明できなかったので、懲役12年の実刑
判決を喰らい、現在、服役中。

94 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 02:08:26.16 ID:D2a6clDo
>>87
>聖書でもニーチェでも書かれていない事を捏造したり

君が、ニーチェの「反キリスト者」や「キリスト教は邪教です」も読まないで、
嘘を付いていることは明らか。あと、フロイトの「モーセと一神教」も、クリ
スチャン必読の書。

イエスが、聖書に書かれているように、「商人たちを追い払う目的で、縄で鞭
を作った」のなら、「わざわざやった」に決まっているだろ。

君はサロメか。

95 ::2014/06/14(土) 03:01:05.39 ID:CaZKZ8x9
とりあえず仏教の話しませんか

外道は、いつどこでだれがどうした を重視しますけど

内道は、心の内面の話になる

96 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 07:48:33.61 ID:h/CCRydS
>>95

外道、内道 

まず、仏教からすると異教が外道でしょうかね。

そしてさらに同じ仏教系でも、それは外道だとか・・・そのような事があるのですね。

外道というのは、道から外れている、ですよね。

では、外れていない道はどのようなものでしょうか。

>外道は、いつどこでだれがどうした を重視しますけど

>内道は、心の内面の話になる

そうでしょうか?

97 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 08:10:55.82 ID:RyGc/Kso
在家がビビッて遂に名無しで書き込みかw

98 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 09:40:18.68 ID:Bo51McO4
心が対象に向かえば外道であり
心が涅槃に向かうと内道ですね。
すべての苦しみは、前者によろものです。

99 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 09:46:04.42 ID:Bo51McO4
お釈迦様は、とてつもなく広大な慈悲をお持ちです。
ゆえに、誰にでも実践できる行を与えてくださいました。
それは、アーナーパーナ・サティです。
この行を不断に行うことにより、誰もが内道に向かうことができます。

100 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/14(土) 09:57:18.43 ID:X7cN6AMw
>>88
>私は今の所属グループに入った頃、日本心霊科学協会やサイ科学会の会員でした。

横レスですけど、在家氏は心霊とか、その道一筋に歩まれたのですね。
家系からして信心深いようですし、在家氏はこういう生き方が性分に合ってるのでしょう?

私は在家氏は、なにやらマインドコントロールが解けそうなので、慌てて自己確認というのでしょうか?
そういう意味で掲示板に書き込みしておるのかと思いましたよ。
自己を故意に奮起させる。という意味でね。
たぶんそれも否定はできないでしょう?

統一教会の食口(シック)でも、中年に差し掛かると殆どがこういう状態になるらしい。
そして退転する者もいれば、それを乗り越えて信心を継承する者もいる。多くは退転する。
退転するも地獄。乗り越えるのも地獄ですね。

私の経験では、出来るなら乗り越えて欲しいと思います。
これはカルト云々の話ではない。人生観の問題です。

老年になってから統一に入信する者もいるけど、これは安泰ですね。冥土まで僅かな期間ですから(笑
若い時に入信したのと、中高年に入信したのでは、とんでもない落差がある。
つまりそれだけ青年期というのは、人生で大事なんでしょう?

101 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:04:12.52 ID:aXzNBD+t
「信仰」宗教は、マスコミに氾濫する健康食品のコマーシャルを信じるのに似ている。

効能が実際には未検証または検証不能状態でも、信じさせる洗脳技術でだまされる。

信じるものは救われるのか、救われないのか、それが問題だ。

102 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:06:22.76 ID:h/CCRydS
>>98
>心が対象に向かえば外道であり
>心が涅槃に向かうと内道ですね。
>すべての苦しみは、前者によろものです。

違います。

いつどこでだれがどうした

と、現に自分に対してもしているではありませんか。

あほちゃいまっか。

103 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:22:54.95 ID:Bo51McO4
>>102
あほ〜ぉ?あほ〜ぉ?
あほちゃいまんねん。

104 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:23:48.59 ID:RG4MNVvp
>>104
> ここまできたら神や仏は各個人と内にあると言っていいだろう。
> その他は偶像だ。

内外区分に固着すれば偶像w
自縄自縛w

>>105
> 心が対象に向かえば外道であり
> 心が涅槃に向かうと内道ですね。

それだと涅槃も対象化されて外道w
自縄自縛w

105 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/14(土) 10:24:45.25 ID:X7cN6AMw
>>88
>あの頃も、原子の周りを電子が周り、その空間は真空ではなく素粒子の充満界だと仮説した研究者もいました。

あの頃というのは、いつの頃か分かりませんけど、電子ってのは数式上で計算されたものですから、実際それがあるの誰にも分からんかった。
理論物理学というのは、実証は数字から導き出されたもので、多くはこの世界だったんじゃないかな?

>将来は「手かざし」の科学的原理も解明されるとは思いますが

手かざしは科学的に解明されるまでもなく、人間は経験的に効果があるのは知っている。
例えば、お腹が痛い時は、手をお腹にあてると緩和されたようになる。

あと、これに関連することで、便秘の時は本屋さんに行くと解消される。ってのもある。
私もこの原因については諸説あるのは知っている。

ちなみに私は、新聞を立ちながら読むと便意がくるんですね。
これは無意識的に脳が反応しているのは想像がつく。
これと同じことで、手かざしも脳が反応しているに過ぎない。原理はシンプルです。
深い意味などないですね。

106 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:58:42.31 ID:Bo51McO4
>>104
理屈じゃないのよ仏教は。
理屈だとおぬしら学者肌には矛盾だらけになる。

107 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 13:51:49.91 ID:TJBhrU8I
 
> とりあえず仏教の話しませんか

>>95 晃さんへ ↓ ここも参照して見て下さいませ

http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1402505393/71
仏教 3.0
只管打坐(しかんたざ)3.0

108 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 13:59:47.89 ID:4YBlfuq6
>>106
>理屈じゃないのよ仏教は。
>理屈だとおぬしら学者肌には矛盾だらけになる。

宗教とは、あくまで、当時の社会における当時の知識水準の人々に対して
説かれた「理屈」。知識水準が飛躍的に向上した現代においては、もはや
一切通用しない。

現代人は、「宗教なら何を信じてよい」というものではない。

宗教者は、勘違いしてはならない。

109 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 14:28:12.44 ID:Bo51McO4
>>108
通用するよ。時代を越えて。

110 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 16:30:18.85 ID:AjoaS8Y8
>>109
現代に通用する宗教の「理屈」が、唯の一つでもあれば、挙げてみ。

111 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 16:51:32.43 ID:l+TF7in1
理屈とかアホすぎだろ

112 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 16:55:18.96 ID:l+TF7in1
仏教とは苦を消滅させる方法だ
未来永劫変わる事のない普遍の真理だ

113 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 17:01:05.25 ID:l+TF7in1
苦を消滅させるとは三毒を消滅させる事である
三毒が消滅すれば苦は消滅する

114 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 17:53:57.06 ID:TJBhrU8I
 
三毒(さんどく)
貪(とん)  - 我愛・渇愛
瞋(しん)  - 怒り
癡(ち・痴) - 無明

http://www.tibethouse.jp/culture/37_04.html
チベット・ニンマ派
3)仏法の本質
(基本的には)
煩悩障と所知障を取り除くための方便を示すのが、仏法です
(作り出されたものは空性によって消滅する、それ故に)
戒律・禅定・智慧の三学を修して、様々な障害を浄化したところで
滅諦へと到るのです

苦集滅道の
滅諦(苦の滅した状態、涅槃にまつわる真理)
道諦(涅槃にいたる修行の道にまつわる真理)

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0095/BR00950L017.pdf
「苦しい」と
掴み捉えようとしている「想い」を滅させて

世俗を掴み捉えようとしている「想い」を滅させて
世俗から解脱して

縁起したものを離れる
それこそが苦しみの終わりである

115 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 18:04:52.68 ID:J9MTLhXD
>>112
>仏教とは苦を消滅させる方法だ
>未来永劫変わる事のない普遍の真理だ

「苦あれば楽あり」「楽あれば苦あり」で、苦楽はチャラ。

苦を消滅させれば、楽もなくなるのだから、まさに地獄である。

人間は、苦と真正面から対峙して闘うことの中に、実は大いなる
生の喜びを得ているのである。人類の巨大な文化・文明は、苦との
闘いの成果なのである。

釈迦の「一切皆苦」は、彼の鬱病の症状に過ぎず、健常者には無関係。

116 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 18:19:15.00 ID:l+TF7in1
>>115
苦が消滅すればそこには楽しかない
心の本体は楽である
お前が言ってるのは逆境とか困難の事だろう
そんなものとは次元が違うのだよ

117 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 18:30:13.64 ID:jcGp7dpG
次元w
3次元+時間で時間を次元と捉えれば4次元に生きる人間に5次元以上の世界は想像できない。
人間は1〜4次元までしか理解できない。
5次元以上で次元の違う世界があるであろう〜とは言えても○○の世界であるとは説明できない。
そのような想像もできず理解もできず、ただあるだろう〜と言うだけで何ら世界を説明できない世界など
仮に有ったとしても人間にはあずかり知らぬ事。意味なしで語るに値しない。語る価値が無い。

118 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 18:32:15.20 ID:nm/O6GYl
こういう会話での「次元」は、そういう(原義に即した)「次元」じゃないだろw  >>117

119 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 19:14:34.47 ID:TJBhrU8I
 
> 3次元+時間

http://myanmarbuddhism.info/wp-content/uploads/sites/2/2013/09/amapofthejourney.pdf
自由への旅 〜ウィパッサナー瞑想、悟りへの地図〜 241ページ参照
(「過去からの心の流れ・心相続がある」と
  掴み捉えようとしている「想い」を滅させて
  縁起したものを離れ
  涅槃に至れば)
涅槃は
時間も空間も超えたものであり
時間の領域にも
空間の領域にも存在しません

http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/BR/0095/BR00950L017.pdf
作り出されたものは空性によって消滅する、それ故に
最終的には
縁起したものを離れ
ブッダは
〔そこに〕来ることも説かず、行くことも、留まることも
死ぬことも、生まれることも〔説か〕ない
それこそが苦しみの終わりである
すべての苦しみから解放される

http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/Chuuron/Chuuron04a.htm
中論觀四諦品第二十四
衆生を引導するが故に、仮名の空を以って説いた

120 ::2014/06/14(土) 22:12:18.06 ID:CaZKZ8x9
山下良道のアップデートする仏教…?

過ぎたるはなお…っていうよ

121 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 22:54:49.44 ID:4IgS87m0
>>108

>宗教とは、あくまで、当時の社会における当時の知識水準の人々に対して
説かれた「理屈」。知識水準が飛躍的に向上した現代においては、もはや


理屈ではないよ

122 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 23:01:18.78 ID:nm/O6GYl
>>108は自分の首絞めてるのがわからないのよねw

>宗教とは、あくまで、当時の社会における当時の知識水準の人々に対して説かれた「理屈」。
ならば、
現代の宗教は、現代の社会における現代の知識水準の人々に対して説かれた「理屈」。
となるわけで・・・。
で、一見宗教と見做されてはいないけれども、
その実、 >現代の社会における現代の知識水準の人々に対して説かれた「理屈」 が信仰され、
宗教的に作用している事象は世の中に五万とあるわな。

だから、「いつの時代も変わらない」という嘆息・フレーズが通用しちゃうわけで・・・。

123 ::2014/06/14(土) 23:13:08.00 ID:CaZKZ8x9
理屈って言葉がきらい
理が屈折してるみたいで…

124 ::2014/06/14(土) 23:14:35.73 ID:CaZKZ8x9
理は理と日蓮大聖人はいう
ネジくれた劣等猿はこれを屈折させる…

125 ::2014/06/14(土) 23:19:12.00 ID:CaZKZ8x9
理屈といった時点で
その理を誹謗してることになるよなぁ…

126 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 23:26:00.08 ID:JLsS5ANk
時間や空間は運動の自由度であるわけだが、自由度を超えるってどういうこと?

127 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 23:38:22.13 ID:UX2JbsV7
晃さん
あなた日蓮さんが好きなのかね
癖のある上人ですよね

128 ::2014/06/14(土) 23:51:28.05 ID:CaZKZ8x9
たとえばどんなところに
癖をかんじますか?

129 ::2014/06/14(土) 23:53:57.37 ID:CaZKZ8x9
自由度をこえる…?
誰のことばかわからん

130 ::2014/06/14(土) 23:55:44.29 ID:CaZKZ8x9
鏡のように反射してくるから
それだけ見てたら仏の本心はわからん
と日蓮大聖人は経典を淘汰する

131 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 23:59:03.33 ID:TJBhrU8I
 
> たとえばどんなところに癖をかんじますか?

例えば
「法華経は日蓮大聖人の御書を通して学ぶ必要があります」とか?

日蓮さん以外の解説書は「すべてインチキなもの」ですか?

132 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:11:54.31 ID:VrIqhB9w
坊主が鎌倉幕府に意見なんてありえん
どこから情報収集したかしらんが
やっぱこの体質があの党 会につながるのかなぁと思うです
批判してないよ

133 ::2014/06/15(日) 00:18:57.73 ID:9lERfvWQ
法華経を身で読んだ先行者が
日蓮大聖人しかいないので…

134 ::2014/06/15(日) 00:19:56.00 ID:9lERfvWQ
鎌倉幕府っていうほど偉いのか?
内部で兄弟殺しとか普通っすよね

135 ::2014/06/15(日) 00:22:36.26 ID:9lERfvWQ
実際 忠告した元寇はきましたよね

136 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:24:29.73 ID:BZfVWGgU
 
晃さんに質問です

例えば
法華経の日蓮大聖人の御書に

「縁起・空・五蘊の仮和合などを観察するための方法」が書いてありますか?

もし仮に書いてないのなら

根本仏典・般若経・中論の方が
(「縁起・空・五蘊の仮和合などを観察するための方法」に関しては)
釈迦に近いものである
と思います

137 ::2014/06/15(日) 00:27:33.50 ID:9lERfvWQ
仏教は最終的に仏に成ることを
目的としてると忘れてる人が多い

観察する方法…十二因縁かなぁ…と
思いますけど これは枝葉末節と知らんなだ

138 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:30:45.85 ID:Fwaku9lW
日蓮系はこわい。法華経はすばらしいと思うけどさ。
だって、日蓮系って、血盟団とか力ずくでやっちまう。
仏教というよりかは、政治的な思想を感じる。

139 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:32:43.43 ID:OHlLM1fP
>>122
>だから、「いつの時代も変わらない」という嘆息・フレーズが通用しちゃうわけで・・・。

知識の程度が「桁違い」だろ。科学史くらいは勉強せよ。

釈迦の食中毒も、現代なら抗生物質で一発で治った。

140 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:34:07.52 ID:VrIqhB9w
>仏教は最終的に仏に成ることを
>目的としてると忘れてる人が多い

目的でないし
仏てなに
もう我々は御浄土に行くなら仏です

141 ::2014/06/15(日) 00:34:40.73 ID:9lERfvWQ
成仏が目的ですよ…

142 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:39:32.43 ID:OHlLM1fP
>>122
釈迦の鬱病も、現代なら治った。当時の「一切智者」も、現代では単なる「白痴」。

143 ::2014/06/15(日) 00:41:44.76 ID:9lERfvWQ
酒好きに合わせて酒飲んでるだけで
鬱病のふりして仏の本心は法華経にあり
鬱病じゃないと日蓮大聖人は言う

144 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:51:58.62 ID:VrIqhB9w
私は他宗派だが
池上本門寺 身延山に行った
日蓮さんに興味あるなら
行ってください
仏教に興味あるなら
ともに仏道に進みましょう

145 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:57:56.73 ID:BZfVWGgU
 
>>137 晃さんへ

仏に成るためには
我がある → 我が「ある・ない・肯定・否定」を掴もうとしている「想い」を滅させる
色受想行識の、受と想を滅させるためには
「縁起・空・五蘊の仮和合などの観察」が必要になります

例えば↓こんな感じです

因と縁の縁起の働きに依存して
五蘊の仮和合の「仮設としての」仮の状態であるからこそ

八聖道分を修習して、我・我所を滅する因縁の故に、無我・無我所を得て、智慧を決定する
(色受想行識の、受と想を滅させるための)滅尽定を以って、第一と為し、終に、無余涅槃に帰する

と衆生を引導するが故に、仮名の空を以って説いた

中論觀法品第十八 ・ 中論觀四諦品第二十四

146 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:58:57.77 ID:OHlLM1fP
法華経は

147 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 00:59:22.66 ID:OHlLM1fP
>>143
法華経は、竜樹の類い稀な頭脳を通過した大乗仏教。釈迦は、より高次元な存在の
象徴化されており、歴史的釈迦とは、全く異なる。80歳で死んだ釈迦が、「久遠
実成」であるわけ無い。

日蓮さんは、釈迦とは違って、鬱病ではなかったことは確かだね。寧ろ、躁状態w。、

148 ::2014/06/15(日) 01:04:18.20 ID:9lERfvWQ
いや…それは方便でたしかに一理あるんですけど、しょせん十理やら百理やら千理はない

ようは無理難題をふっかけて
ストーカーをまいてただけかと…

仏は最終的に法華経を説かなければ
舎利弗 目蓮等には 嘘をついてないようで
大嘘つきだと日蓮大聖人はいわれる

149 ::2014/06/15(日) 01:07:07.13 ID:9lERfvWQ
竜樹は たしか法華経の会座にいて…

そのとき なんて名前でしたっけ?

150 ::2014/06/15(日) 01:18:38.54 ID:9lERfvWQ
ほんとうに80で死んだのか?
どこかで生きてるきがしますけれどもっ
涅槃は方便と法華経にありますよね

151 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 01:20:08.58 ID:Qb3IRc/2
源伸

152 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 01:40:38.88 ID:KKAs6fZx
サイドカー付きバイクは二輪?四輪免許?それは何故か - 36:57
http://www.youtube.com/watch?v=a1QqUvofVwE

153 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 06:17:10.30 ID:7R19lG18
>>142
>釈迦の鬱病も、現代なら治った

残念ながら、現代の精神医療では鬱病をほとんど治せないのが現実。
薬漬けにして病院に隔離するか、家に引き籠らせるかしかない。

知り合いの息子が鬱病でひきこもりになった。
知り合いがやってる某仏教系新宗教の支部長とやらがその子を引っ張り出して、
支部に住み込ませ、一年間読経や掃除、法話などの修行をさせた。
そして、頃合いを見て伝手をたどって就職させ、その子は無事に社会復帰を果たした。

世間的には鬱病は精神医療で治るとされているが、実態は異なり、
薬物治療やカウンセリングでは治らない。上記の子のように、精神修養のようなものを
どこかで修めて心身ともに鍛え直し、働き口の斡旋をしてやることが必要。
そうしないと、いつか自殺という最悪の形で「解決」することになってしまう。

154 ::2014/06/15(日) 06:48:06.84 ID:9lERfvWQ
働くだけで精神が正常ともかぎらんし…

155 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 06:56:44.91 ID:bDXe2n1o
> 仏になりたいなら精神的に死ねばいい。
> 精神的に死ねば、空威張りという愚鈍な行為はなくなる。
> 精神的に死ねば、怖いものは何もなくなる。

『怖いものはなくなる』という処が精神的に死んでない。

精神的な死とは真逆の意図が見え隠れしている。

156 ::2014/06/15(日) 07:07:34.62 ID:9lERfvWQ
それって仏は精神的に死んでる
って誹謗してることと一緒だよなぁ…

157 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 07:15:42.70 ID:+/HSbmSY
>>153
鬱病ごときで隔離病棟に入れるわきゃないだろ。

158 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 07:20:58.99 ID:+/HSbmSY
あのな鬱病ってのは仕事に熱心でまさに真面目で
仕事を修行のように考えるやつがなるんだ
そんなやつが新興宗教かなんだかの精神修養とやらで復帰しても
またぶり返すだけ
もとの思いつめる性質という鬱の原因がそのままだから

159 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 07:47:42.25 ID:Zjj0F8Hs
155 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 06:56:44.91 ID:bDXe2n1o
> 仏になりたいなら精神的に死ねばいい。
> 精神的に死ねば、空威張りという愚鈍な行為はなくなる。
> 精神的に死ねば、怖いものは何もなくなる。

『怖いものはなくなる』という処が精神的に死んでない。

精神的な死とは真逆の意図が見え隠れしている。

  ↑

>>155さん、

できれば、アンカーつけて下さいますか。

160 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 07:49:41.39 ID:DbtHmtuQ
153インチキ精神医学の隠居は、
相手にするだけ不毛・・・。
空想批判を書き込みだけでエクスタシー脳内麻薬が出てくるらしいです。

隠居の大好きな北朝鮮社会なら、鬱病で家の書記長の写真の手入れできずに、隔離病棟かもしれませんが・・。

161 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 07:52:57.45 ID:7R19lG18
>>158
>もとの思いつめる性質という鬱の原因がそのままだから

仕事熱心というか、思いつめる性格の人間がなることは確か。
しかし、その性格は薬物治療やカウンセリングでは治せないのが現実。
別に宗教団体である必要は無いが、いったん環境を変えて肉体労働に精を出し、
集団生活の中で人間としての元気を取り戻させてやることが必要。
精神科などに任せていたら、ひきこもりを延々と続けることになる。
精神医療で性格は変えられない。

162 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 08:14:33.69 ID:Zjj0F8Hs
どちらかといふと、霊界探訪な私の御意見で御座います(^^;)

ちゃうし(笑)

今までおもしろいと思っていた事が色あせたり

すごく大事にしていたものを失った時に 鬱病になるのよ。

これはね、大人(精神次元での成長)になったと思えば良いの。

もしも 今まで霊的に○次元にいたとして、

それを卒業して向かう先がはっきりしないと気持ちが悪くなるでしょ。

それでよくわからないのでまた無意識に同じ所に所属していしまうと

同じ事を繰り返す。

163 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 08:15:43.39 ID:+/HSbmSY
まあ一概には言えないだろな
人間関係が苦手なら集団行動は負担になるだろうし
しんどい時は薬に頼るのもかまわないだろうけど
本当に必要なのはそのままの自分でやってけますよという自信かもな

164 ::2014/06/15(日) 08:24:50.53 ID:9lERfvWQ
自分より仏…自信より仏信…
って やばいっすか?

でもそれが仏教だし…

165 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 08:30:41.03 ID:7R19lG18
>>163
>本当に必要なのはそのままの自分でやってけますよという自信かもな

自信を取り戻させてあげることは大事だね。
ひどい時には薬も一時押さえにはなるけど、それで根本が変わるわけじゃない。
まぁ、知り合い子供の場合も、たまたまその中で「自分」を取り戻したから
結果的によかったというだけで、仰る通り元に戻る可能性はある。一概には言えないね。
治療法が確立されていない中で、現場では様々な模索が続いているんだな。

166 ::2014/06/15(日) 08:31:54.36 ID:9lERfvWQ
仏を信じることで
自分も信じれますよね

167 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 08:36:01.71 ID:+/HSbmSY
>>164
考え方だけの違いだろ
自分が信じられないで仏が信じられるなら
仏を信じたほうが効果的だろう
宗教とやらのからくりは「お任せ状態」にある

168 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 08:39:02.32 ID:if+BNlEx
神についての壮大な妄想物語

音楽的な説得力は凄い!
http://www.youtube.com/watch?v=ba9TMBUAmMc
・J.S.バッハ:マタイ受難曲 BWV244

 エルンスト・ヘフリガー(テノール:福音史家)
 キート・エンゲン(バス:イエス)
 イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
 アントニー・ファーベルク(ソプラノ)
 ヘルタ・テッパー(アルト)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 マックス・プレープストル(バス)
 エッケハルト・ティーツェ(オルガン)
 ヘトヴィヒ・ビルグラム(オルガン)
 ミュンヘン少年合唱団
 ミュンヘン・バッハ合唱団
 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
 カール・リヒター(指揮)

 録音時期:1958年6月-8月
 録音場所:ミュンヘン、ヘルクレスザール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 DGG音源
 マスタリング:2012年、ホルガー・ジードラー (THS-Studio)

169 ::2014/06/15(日) 09:14:54.62 ID:9lERfvWQ
その説得力について
3分すら惜しい人のために3行で
要約してくれませんか

170 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 09:49:00.59 ID:if+BNlEx
>>169
>その説得力

人間のほとんどは理よりも情緒(情動)によって動く。
音楽は情緒(情動)に働きかける、それゆえに普遍的な作用を持つ。
ゆえに、オンナも大衆も、アタマで拒否しても、カラダが受けいれる(ゲッペルス)。

171 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 09:56:37.97 ID:Zjj0F8Hs
>>164  >>169
>自分より仏…自信より仏信…
>って やばいっすか?

>でもそれが仏教だし…

晃さん

君はね、三行ほどでいつも投稿しているね。

けれど、たくさん投稿しているね。

あまりに忙しいと三行すら投稿できない方もあるかもしれない。

三行でも 十行でも 要約とはそこじゃないでしょ。

晃さんのうように、

逃げながら投稿しなさいと、君は皆に言っているのでしょうか。

172 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 10:49:44.61 ID:Fy42A/j1
>>153
>残念ながら、現代の精神医療では鬱病をほとんど治せないのが現実。
>薬漬けにして病院に隔離するか、家に引き籠らせるかしかない。

君は、精神医学の実情を理解していない。辛抱強く薬物療法を行なうことにより、
生活を維持できている患者は多い。問題は、病識がなくて、または副作用を異常に
恐れて、薬物療法をやらないか、中止してしまうことである。薬を飲まないで
様子を見るのが、最もよくない。

患者に宗教などやらせるのは以ての外。宗教自体が精神病だから、人為的な宗教観念
を植え付けると、一時的には躁状態になっても、必ず人格自体に歪が生じる。鬱病
患者に「一切皆苦」など植え付けたら、一体どうなると思うか。

173 ::2014/06/15(日) 11:26:25.32 ID:9lERfvWQ
要約してくれないと
デスノートみたいになって
読む気なくなるんで…

174 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 11:28:46.30 ID:5+tQ1bee
>>153,157,172

流石メンヘラ罹患当事者は詳しいなw
そんなんだから仏教も全然解んないんだよ

175 ::2014/06/15(日) 11:28:46.07 ID:9lERfvWQ
日蓮大聖人は肝要を好むんですって

176 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 11:38:34.85 ID:7R19lG18
>>172
>君は、精神医学の実情を理解していない。辛抱強く薬物療法を行なうことにより、
>生活を維持できている患者は多い。

君は精神医学の現場を全く理解していない。長きに渡る薬物療法を行うことにより、
生活を破壊され、社会に戻れなくなってしまった患者は数知れない。
鬱病を悪化させ、ニートやひきこもりになってしまい、
果ては自殺に追い込まれた人間のどれだけ多いことか。
上記でもあったが、薬物療法で本人の性質が変わることは無い。
薬はあくまで一時しのぎの策。性質や環境を変えなければ、治ることはない。

>鬱病患者に「一切皆苦」など植え付けたら、一体どうなると思うか。

昔から「人見て法を説け」という。鬱病患者に「一切皆苦」など誰が植え付けたというのか?
妄想で物を言うのは止めることだ。

177 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 11:39:51.01 ID:+/HSbmSY
>>174
糞みたいな妄想から上から目線
これが僕ちゃんのブッキョウデチュカ?w

178 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 11:41:45.91 ID:DbtHmtuQ
172インチキ精神医学の隠居(北朝鮮の精神医学と思われる)は、
相手にするだけ不毛・・・。
空想批判を書き込みだけでエクスタシー脳内麻薬が出てくるらしいです。

隠居の大好きな北朝鮮社会なら、鬱病で家の書記長の写真の手入れできずに、隔離病棟かもしれませんが・・。

179 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 12:07:07.81 ID:8rGrLCqt
>>176
俺の周りにも薬の副作用で更に悪化したってやつがいる
薬は本当に止めたほうがいい
薬で精神を治療しようというのがそもそも狂っている

180 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 12:07:07.91 ID:if+BNlEx
      キリスト者の原罪意識

“ Sehet,! -         # 見よ!
Wohin? - Wohin?-  Wohin?-     # どこを? どこを? どこを? 
★ auf  unsre  Schuld; “         # 我らの 罪を。

存在は縁起ゆえに、仏者には原罪意識などない。 
原罪意識という分別意識では、実存苦の根本的超克はありえない。

>>172
>鬱病患者に「一切皆苦」など植え付けたら、一体どうなると思うか。

いつもどおり、因果を逆転させている。
実存苦だから鬱病患者になったのであって、その逆ではない。

健常者でも実存苦にあるが、その根本原因を徹底して追究しない、できないだけだ。
精神科学は相対範囲の対症療法でしかなく、なんらの根本的解決にならない。

「存在」の根本にまで遡及して実存苦の根本的超克を果たしたのがブッダだ。

181 ::2014/06/15(日) 12:11:56.91 ID:9lERfvWQ
あのさぁ…このスレ
精神病院の先生にひれ伏しすぎでしょ

182 ::2014/06/15(日) 12:12:45.67 ID:9lERfvWQ
って感じでいいかな…
まとめると…

183 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 12:17:30.52 ID:Fwaku9lW
>>179
うつ病のある薬は、性的不能などになるらしいね。

禅寺で規則正しい生活して、社会復帰できたという話もあったわけで。

184 ::2014/06/15(日) 13:44:21.11 ID:9lERfvWQ
禅天魔について心当たりありませんか?

185 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 14:24:13.75 ID:fWMXtO5P
>>180
>実存苦だから鬱病患者になったのであって、その逆ではない。

「実存苦」などという己の鬱病の症状を植え付けて信者獲得を図った釈迦。
極めて悪質な信者獲得手段である。地獄に堕ちるに値する悪業。

186 ::2014/06/15(日) 14:42:51.77 ID:9lERfvWQ
シャカシャカチキンされて
振り回して…

最後、法華経を説いたという…

187 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 14:49:25.30 ID:if+BNlEx
>>185
>「実存苦」などという己の鬱病の症状

実存苦ということばが嫌いなら、現代風にストレスでもいいよ。

うつ病とは、★強いストレスにより★“精神的・肉体的疲労が続いていくうちに
脳の中の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質の働きに異常を来してしまい、
そのためにさまざまな症状が出現する病気のことをいうのだよ。

だったら原因となるストレスは何によるかを追求するのが仏教的(縁起)だろう。
それは『我執』だろう。

ブッダが現代でいううつ病だったかは検証不能なので断定はできない。
たしかに、常人ならうつ病になってもおかしくないシビアーな試行錯誤状況だったのだろう。

しかし、彼は存在についての根本的超克の道を見出した。
説いたのは各人に応じた個別的具体的なストレス超克の道だ。
仏教なるものを説いたわけではない。

以下、仏教の教科書を参照のこと。

188 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 14:49:38.94 ID:SMKPSxZa
禅寺は鬱病患者を治療する所じゃない。
鬱病は病院で治療して治ったら禅寺の門を叩くというのが手順。
抗うつ薬は神経伝達系に作用して状態を改善する。副作用もあるが
事前に良く説明を受けて対処し、患者の勝手な判断で服薬中止せず
根気強く治療に当たればうつ病は治る。治らないのは患者が勝手に
判断して治療を中断するからだ。

189 ::2014/06/15(日) 15:06:26.63 ID:9lERfvWQ
だいかーしょーしょーじ


190 ::2014/06/15(日) 15:09:04.91 ID:9lERfvWQ
晃は そういう精神科医の薬は
肝臓に悪いのでおすすめしません

191 ::2014/06/15(日) 15:10:56.24 ID:9lERfvWQ
黒歴史を開き直っていくところに
統合失調症は治るんじゃないでしょうか?

192 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 15:32:56.13 ID:SMKPSxZa
>肝臓に悪いのでおすすめしません

癌になるのが怖いのでCT検査は受けません〜というのに等しいな。
近藤某医師が主張するところでもあり、否定はしないがまあ医学の
メインストリームからはかけ離れた意見ではあるなw

193 ::2014/06/15(日) 15:45:47.64 ID:9lERfvWQ
白衣で高いとこにいて…
崇められて 行者を邪見の人という

これ 白い巨塔ですか?まさか

194 ::2014/06/15(日) 15:46:56.11 ID:9lERfvWQ
医者ってオッパイさわりたいから
胸の鼓動みるようになったのしってます?

195 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 15:56:18.79 ID:fWMXtO5P
>>187
>実存苦ということばが嫌いなら、現代風にストレスでもいいよ。

違うんじゃないかな。ストレスとは「生きる喜びを害されることの苦」、
「実存苦」とは、「生きること自体が苦」。全く違う。

まず苦を植え付けておいて、「治して上げます」とは、完全なマッチ
ポンプ。キリスト教や現代のカルト宗教とちっとも変わらん。

196 ::2014/06/15(日) 16:31:47.31 ID:9lERfvWQ
生きる苦しみをぼくらに
スペランカーは教えてくれた

197 ::2014/06/15(日) 16:35:44.46 ID:9lERfvWQ
でも 解決方法は…
丸投げで 教えてくれませんでしたね

198 ::2014/06/15(日) 17:37:45.35 ID:9lERfvWQ
慎重に動かないと…

死ぬぞ…




199 ::2014/06/15(日) 17:59:17.84 ID:9lERfvWQ
慎重すぎる方がいいらしいな…

200 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 18:03:04.30 ID:DbtHmtuQ
>ブッダが現代でいううつ病だったかは検証不能なので断定はできない。


サイコパス隠居氏はタイムワープして確認できたそうだw釈迦がうつ病とw

201 ::2014/06/15(日) 18:08:44.04 ID:9lERfvWQ
では このスレから去るべきでは
あるまいか?

居座り続けて釈迦に説教するなら

どの部分がうつか 経典を開く必要があるまじろ…

202 ::2014/06/15(日) 18:23:31.38 ID:9lERfvWQ
ようは仏を軽んじて
精神病だぁなんだいう
現代人は…もっと即物的な板
行った方がいいんじゃね?

ということで…

面白くないでしょ

203 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/15(日) 19:58:15.58 ID:IamyOZG3
>>161
>仕事熱心というか、思いつめる性格の人間がなることは確か。

そうですね。
川端康成とか思いつめたのでしょうかね?
「伊豆の踊子」とか「天城越え」など、川端のナイーブな一面が表れてますね。

大正時代の差別問題とか風俗営業(少女売春)とか作品には詳細に書かれてますけど、
ちなみに、伊豆の踊子は川端の体験を元に書かれたそうです。
理想と現実のギャップに悩む青年の心情が克明に描かれてます。

差別ってのは、つまり悲恋の条件なのです。
悲恋性を担保するのが身分の違いという差別です。

この作品は差別を主題に書いてあります。しかしこれが「現代の問題」という訳ではありません。
回顧譚のような体裁をとってますから。

「天城越え」も似たような作品ですね。
キャラは全然違いますけど、本質的なものは同じです。

川端康成は思い詰めたんでしょうね。深い問題ですから。
では寝ます。

204 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 20:30:06.94 ID:QcIydiML
>>200
>釈迦がうつ病とw

健常者は、「苦あれば、楽あり、楽あれば、苦あり」という人生の真実を
悟っているから、「一切皆苦」などとは言わない。釈迦の場合、急に「楽しい、
楽しい」と叫びだすから、欝状態と躁状態とが交代する「双極性障害」である。
精神医学では基本。

>>202
>面白くないでしょ

宗教の教祖・開祖を批判するほど面白いことはない。突っ込みどころ満載だから。

開祖・教祖は一切批判できず、専ら他者を批判するのが、宗教の最大の病理で
あることを理解されたし。

日蓮さんも、随分と、他の宗派を批判されたねw。

205 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/15(日) 20:30:20.49 ID:9VZeWzVi
鬱病は、一億円ぐらいの現ナマを与えれば一発で治る。

206 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 20:33:22.68 ID:0yNSIhXd
>>204


>悟っているから、「一切皆苦」などとは言わない。釈迦の場合、急に「楽しい、

>釈迦の場合、急に

『急に』とは、何分後?何時間後?何日後?何週間後?何ヵ月後?何年後?

それすら不明なのに、なぜ『急に』という表現が使用できるのか、理解に苦しみますwww

207 :コレ悟りかよ!?w:2014/06/15(日) 20:43:21.67 ID:9VZeWzVi
>>204
人類は全員精神病です。
宗教は抗精神病薬です。

208 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 20:44:03.74 ID:QcIydiML
>>206
>それすら不明なのに、なぜ『急に』という表現が使用できるのか、理解に苦し
>みますwww

仏典では、「急に」出てくるだろw。

双極性障害における両極のサイクルの問題に過ぎない。ラピッドサイクラーと
スローサイクラーとがある。

209 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 20:46:57.33 ID:0yNSIhXd
>>208
へー。サイクルの問題って、云十年のスパンでもいいんだ。ふーん。


つか、「文章上急に」=「時間的に急に」だと考えてたら、世のあらゆる著作物が読めないぞwww

210 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 20:52:28.63 ID:QcIydiML
>>209
「再発」ということもあるなw。精神病は、完全な治癒は難しく、「寛解」だ
から、再発や急性悪化もありうる。

211 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:03:18.79 ID:0yNSIhXd
>>210
いやいやw
「急に」という表現の問題でしょ。

100%反対はしない。 【或る意味】「急に」である側面はある。
が、それは、
たとえば、或るサラリーマンが、脱サラして田舎で米作りたい!と家族に言い出したときのような意味で、
「急に」言い出したとは言える。これは「苦」について。
また、ヴェーサーリーは美しい(楽しい)所です、ウデーナ霊域は・・・等々は、
その場に到ったときに湧き出る感慨としてであり、「文章上の急」=「時間的サイクル的急」ではなかろう?
寧ろ、それまでも裡にあったものが、(あるきっかけ、ある思惑の上に)言葉として表出されたに過ぎない。

いずれにしろ、文章上の急は、作文上・構成上生じるものでもあることを、隠居は知っておいたほうがいい。
でないと、三文小説すら理解できないぞw

212 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:06:12.92 ID:0yNSIhXd
ああw
頓悟と漸悟も、こうした「急に」的なニュアンスの問題(齟齬)を孕んでるな・・・。

それって、本当に急なの?と。 じわじわと来て臨界点を超える感じも、「急に」なの?と。

213 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:10:55.34 ID:SMKPSxZa
「急に」の語義など前後の流れで自由に受け入れればよかろう。
A氏とB氏の受け入れ方が違い、一般的には〜と講釈垂れても意義なし。
「熱い」お茶とは何度以上の事を指すのか?と問題視するのに等しく全く意味が無いw

214 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:14:53.80 ID:0yNSIhXd
>>213


だから、場面や文脈によっては等閑視できない場合がでてくるってことを言ってるの。
てめぇはゼロかイチしかねーのかw

215 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:17:45.07 ID:SMKPSxZa
当たり前だろww
ゼロかイチじゃなく「意味がある」か「意味がない」かで言えば意味がないと言っているw
場面や文脈で様々に意味が取れる〜それも個々人で色々と意味が取れる〜で何で一般化せねばならんのだ?
馬鹿じゃねえの?w

216 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:27:35.72 ID:0yNSIhXd
>>215
息子が、急に、大学を辞めたいと言い出した。中東に行って、農業指導をしたいと。
さて、
この発言、本当に急だと思うか?



てめぇには、心がねーよw

217 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:29:21.72 ID:0yNSIhXd
  意味が無い   だ?


ここまで愚かな頭だとは見抜けなかったよ・・・  >>215

218 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:33:32.29 ID:SMKPSxZa
>>216
物語の背景には色々とあろうが、大学を辞めたいと言い出したのは「急に」なんだろうな。
そのように書いているからねえw

で、何が言いたいのか?
本当は「急に」ではない背景に思いを寄せて意味を解釈しろ〜とでも言っているのか?
そんな事は余計なお世話と言うんだよ。
俺様のこの解釈こそが正しく、これを外れた解釈は一般的ではない〜と言うに等しく
まさに馬鹿丸出し〜ww

219 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:35:43.47 ID:0yNSIhXd
>>218
あのな、

 本人にとっては

急でなく、積年の末の熟慮の結果だということだ。

そんなことすら見えなくなってるのか?

220 ::2014/06/15(日) 21:37:11.43 ID:9lERfvWQ
本心を隠して相手より優位に立とうと
文法勝負しているだけだったり…

221 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:37:41.89 ID:SMKPSxZa
もう新たに書く気も起こらないなあw

本当は「急に」ではない背景に思いを寄せて意味を解釈しろ〜とでも言っているのか?
そんな事は余計なお世話と言うんだよ。
俺様のこの解釈こそが正しく、これを外れた解釈は一般的ではない〜と言うに等しく
まさに馬鹿丸出し〜ww

222 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:37:50.11 ID:0yNSIhXd
>>220
リアルな人間関係を勉強しような。

223 ::2014/06/15(日) 21:37:52.74 ID:9lERfvWQ
義に依って語に依らざれ
っていう方便がある

224 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:38:33.34 ID:0yNSIhXd
>>222
相手への想像力を失ったら、おしまいだぞ。

225 ::2014/06/15(日) 21:38:52.73 ID:9lERfvWQ
ここもシュールなリアル空間なんだよなぁ…

226 ::2014/06/15(日) 21:50:54.35 ID:9lERfvWQ
ひまなときよってください

227 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:51:46.81 ID:QcIydiML
無宗教者から見れば、宗教とは、現実上の根拠皆無な単なる観念(戯論)を
「命がけで信じる」という、狂気以外の何物でもないことを、自覚する必要が
ある。

精神医学的には、開祖・教祖の狂気の集団的一大感染(感応精神病)という
現象以外の何物でもない。その結果として、生来の人格の変容、現実感覚と社会
常識の破壊が生じ、自他の生存に害悪をもたらす。「肉体(生命)」という基盤
を忘れた、精神性の遊戯・オナニーだからである。

228 ::2014/06/15(日) 21:55:08.48 ID:9lERfvWQ
精神と肉体 どっちが優先かといえば
精神でしょうね…

229 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:56:04.57 ID:0yNSIhXd
やっちまったw  突っ込まれそうなアンカーミスだな。>>224>>221


>>225(226)
けど、君には、(これまでのレスを見ても)
他者の状況(・・・縁起)への想像力がないよね。

つか、電子掲示板で「リアル」と言えば、電脳空間に比して、
実際に交流する人間関係、環境を指すもんだがな。
 *(「リア充爆発しろ」という言葉がネット上にはあるが、これは、
  電子掲示板上のやりとりでの充実度ではなく、実際の生活現場での【リア】ルの【充】実度を指している。
  つまり、電子掲示板上で、一般的に註釈無く言われる「リアル」、は、
  掲示板上の(言葉の)やりとりでなく、実際の生活場面での、生身と生身の交流を指す。
  ネット上では充実していると自分を納得させている者が、ネット以外で充実している人間を妬むネタとしての用語
  といったところか・・。)

230 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 21:59:26.51 ID:/TH8RZoB
>>228
肉体と精神て別けられるのかい?
二つで一つだろ?

231 ::2014/06/15(日) 21:59:41.81 ID:9lERfvWQ
ここは 片手間でくるところ
命かけちゃいけないよ…

そんなの 常識やて…

232 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:01:34.77 ID:SMKPSxZa
「お前の相手に対する想像力は低い」等と指摘する事が下らないと言っている。
そんなものは100人100様で高かろうが低かろうが、コレが一般的である等と線引きできないもの。
線引きできない所に線引きして講釈垂れているのが大馬鹿たれといわれるゆえんだよww

233 ::2014/06/15(日) 22:01:34.97 ID:9lERfvWQ
勝劣の話で じゃ劣は捨てるか
いえば そんなことは宗祖は言われず
まちがってると否定する

234 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:06:50.18 ID:0yNSIhXd
>>232
┐(´ー`)┌


【病】で床に伏した者がわがままになることはよくあることだが、
(―それまでの印象から、わがままとは程遠い人間が、そうなったりもする―)
そのとき、「わがまま」だから、問答無用で却下否定することが良とは限らない、
ということだ。
わがままになってしまった心の軌跡に想いを馳せることをせずにどうする?


俺は、君の身内でなくて心底良かったと思ってるよ。  ( ゚听)、

235 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:07:34.61 ID:QcIydiML
>>228
精神は、どこから出てくるの?死体には、精神はない。

「精神とは、状況に応じて肉体を維持するために、肉体から発動される機能」
(James-Lange Theory)であることを、忘れてはならない。

236 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:20:32.55 ID:SMKPSxZa
>>234
話を摩り替えるなw

文芸作品の語義の解釈についての話が、実生活での生身の人間に対する解釈に変わっているなw
まあ、俺もアンタとリアルの世界で友人ではなく良かったと心底思うよw

心理的リバーシブルw
相手を思えというのは自分を思って欲しい事と同じ事w
かまってちゃんという事だw
俺の最も嫌いなタイプだなw

237 ::2014/06/15(日) 22:24:18.69 ID:9lERfvWQ
死んだら終わりと思ってる人は
スレに書き込んでる人にかぎって
おるまい…

238 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:25:47.27 ID:SMKPSxZa
死んだら、それまで生きてきた人生は終りである事は間違いない。
その後に世界があるのかないのか無記で語れずというだけ。
あるとかないとか言う事自体が間違い。

239 ::2014/06/15(日) 22:25:56.58 ID:9lERfvWQ
死んだら肉体は朽ちて
精神が ぬけてくなら
どっちが重要か…

240 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 22:30:17.92 ID:0yNSIhXd
>>236
ああ、そうか。忘れてた。
君は、ブッダの行履を100%文芸作品と見てたんだったね。
なら、仕方ない。 この話はもういいいよw




あれ?
だとしたら、(ブッダの行履を100%文芸作品と見ているとしたら)、
いったいどこからブッダの教えを現代人が知りうるのでしょう?w


おやすみw  ノシ

241 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/15(日) 22:45:10.54 ID:CD0xhUva
>>238
それ(無記)は如来の死後についてです。
通常の人間についてはこう明確に教えている。
あなたのは何処の仏教??

『物質的領域に生まれる諸々の生存者と非物質的領域に住む諸々の生存者とは、
消滅を知らないので、再びこの世の生存に戻ってくる。』(スッタニパータ754)

242 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 23:02:04.22 ID:SMKPSxZa
仏典に書いてあるから一字一句そのまま信じる〜人間は勝手に信じれば良い。
そのような人間であるからこそ、
・人間は空を飛ぶ事ができて
・飲まず食わずで何年も生きる事ができて
・海中で空気呼吸無しでも生きる事ができて
などなど、を大真面目に信じるのでしょうなあw

まさに阿呆、糞、キチガイとしか言いようがない。
仏典は後代の付記の排除、仏陀の神格化の排除などで解釈する立場の人間の方が遥かにマシ。

243 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 23:02:31.96 ID:EWuvPAiN
すべての人間に生来的にビルトインされた肉体的本能である「生存本能(生命)」
から、共同体形成維持本能、自他の死への恐れ、他者への思いやりという本能
と自然の感情が派生する。独りでは、絶対に生存できないことを、これも本能的に
知っているからである。宗教は、精神性によって肉体を否定するから、これら
の本能や自然の感情が出てくる源泉がなくなる。

なお、肉体(生命)は、現実に100%依存しない限り一瞬も維持できない。
「現実」とは「(必要な場合には観測装置を使用して)五感で知覚できる世界」
をいう。

244 :神も仏も名無しさん:2014/06/15(日) 23:25:39.09 ID:RjbjYYny
出たな 神智学
神智学のネームが我々一般人に 
わかりにくいです
なんだろシンチて
胡散臭い外道 だって仏の教えでないし
宗教だからなにを信じてもいんですが

245 ::2014/06/15(日) 23:35:24.92 ID:9lERfvWQ
褒めれば褒めるほどいいと仏が教える
リアル人間関係のコツを知らんなだ?

246 ::2014/06/15(日) 23:36:14.96 ID:9lERfvWQ
法華は仏の心を説いていて
正しい正しくないの話では
ないんだよなぁ… そこ大事ね

247 ::2014/06/16(月) 00:00:41.52 ID:BoIzDm34
仏の内心でドドドドドと地震がおきたなら

弟子はそれを 大袈裟に褒め崇めたてまつる

崇めるとき大事なのは 仏なのか? 仏の威をかる人師なのか?で

人師の場合、癖というか、毒を交えてる場合があるから

注意が必要と日蓮大聖人は言われる

248 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 00:11:48.63 ID:3zjf50vz
仏教の五戒の中に不妄語戒という戒律がある。
嘘をついてはいけないというもの。
方便という言葉をよく目にするけど、嘘があってはならないはず。
この嘘を禁止した不妄語戒をふまえて仏典や伝記を読んだ方が良いと思います。

249 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 01:01:02.38 ID:1bbo049K
>>248
仏教の戒律は「絶対にそれを守れ」と言う強制的な矯正のためのものでは無い
自分で決めた・定めた決まり事を守る・破る・選ぶ・無視するの取捨選択から生じる空観的作用を知る一つの方法論なのだ
それが集団活動ともなれば破る事によって他者から追放などの処置を講じられるが
その決まりをも所詮受け入れるか否かを決めるのも自分である
その決まりは絶対のつもりで施行される訳だが、それ自体に何の力も効力も元々存在しない
破った所で本来は誰も何も出来ないし、自分が納得できないだけなのだ
何故納得できないのか、なぜ悔悟の念が起こるのか
その湧き出す念の根本原因を悟る為の手段が本来の「戒律」なのである

ある禅者が別の禅者に問う
君は何の為に座禅をして居るのかと
相手が答える、仏に成る為だと
それを聞いた質問者は徐に手近にあった瓦を石礫で必死にすり合わせ始めた
相手が問う、何をしているのか?
質問者は答える、瓦を磨いて鏡にしている

お分かりだろうか?瓦を磨いた所で鏡にはならず、座禅をした所で仏等にもなれないのである
勿論、戒律を守った所で仏にもなれない事は言うまでもない
規律を守る事が仏への道である、とある人は言う、それも方便なのである
何故なら、方便は一切の想いの上に展開された妄想と同義なのであり、嘘もまた然りにて同じだからである
あれとかれとを区別しているのは心に於ける想いである
想いをやめたなら、どこに区別などあろうか

250 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 01:08:30.12 ID:1bbo049K
敢えて言おう

全ての想いは実際に対しての嘘なのである
この意味が普通人には解らない故に、人が人である限り度し難いのである

251 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 02:13:01.20 ID:afx8s1P1
>>250
ほらっ わたくしって 探訪したジャン どちらかというふと霊界を (^▽^*)

>敢えて言おう

>全ての想いは実際に対しての嘘なのである
>この意味が普通人には解らない故に、人が人である限り度し難いのである

     ↑
   
 これって君の想いから 書いてるでしょ。
 嘘を書いたということになるね。


    あほちゃいまっか

252 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 02:38:44.60 ID:yDuGcSYM
>>251
>これって君の想いから 書いてるでしょ。

事実を直接示唆して言葉にする事は可能でも
その言葉の根拠はそもそも曖昧であり、どこにも証拠になるものが無い
つまり、第一義とは言葉に出来ないばかりではなく、仮に言っても証明する事が出来ない事をも言っている


アホはお前だw

253 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/16(月) 02:48:50.45 ID:0Wnz9bIx
>>244
 『神智学は神々のもちたもう知識であるから、それは決して憶測でもなければ学説でもなく、また、些少の人間の知恵が造り出した神学や教
学でもない。それは宇宙の生成と人間の生成と両者の関係(一言でいえば神の経綸とその行程)等の全事実に関する体系である。言い換えれば、
それは神々の側より啓示された、かつ不可視の世界より人類を霊導される、高位の存在方みずからが直接体験によって直知された、宇宙生成学
と人間生成学とである。故にそれは信仰ではなく信仰の次元を超えた知識である。』
(H・P・ブラバッキー著『神智学への鍵』)  

 『「神智学」とは、文字通り「神聖な智慧」です。それは神聖な知識であり神聖な科学です。時代や地域や民族や国や文化を越えて普遍的に
存在する神聖な智慧の教えです。---中略---
 人々は表面的な違いばかりに気を取られて、互いに争うようにさえなってしまいました。そのような馬鹿げた争いを止めさせて、それぞれの
表面的な違いを越えて普遍的に存在する奥深い神聖な智慧そのものを発見しようと努力しようとした人々も現れました。そのような人々を私た
ちは「神智学徒」と呼びます。』
http://www.theosophyjp.net/study01.html

254 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 02:56:25.00 ID:yDuGcSYM
>>253
神とやらをここへ連れてらっしゃいなw

255 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:10:03.57 ID:afx8s1P1
>>252

>つまり、第一義とは言葉に出来ないばかりではなく、仮に言っても証明する事が出来ない事をも言っている

違います。

言葉にできない、証明する事ができないと、そこに陥ると虚無。

思考や想いのベールを払いのけよ、というのは陥り易い虚無を払えという意味です。

そうでしょ。

君は現に証明できない、言葉にできないと

言葉にして、表現しているのです。

君の思い込み次元ではできなくとも、できるのだよ。

もうそれをしようとして、もうそれを元気にし始めているでしょ。

256 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:15:28.25 ID:P1sp4lHD
次元w
3次元+時間で時間を次元と捉えれば4次元に生きる人間に5次元以上の世界は想像できない。
人間は1〜4次元までしか理解できない。
5次元以上で次元の違う世界があるであろう〜とは言えても○○の世界であるとは説明できない。
そのような想像もできず理解もできず、ただあるだろう〜と言うだけで何ら世界を説明できない世界など
仮に有ったとしても人間にはあずかり知らぬ事。意味なしで語るに値しない。語る価値が無い。

257 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:27:12.99 ID:afx8s1P1
>>256
>仮に有ったとしても人間にはあずかり知らぬ事。意味なしで語るに値しない。語る価値が無い。

人間にはではなく、君が知らないの、とどうして素直に言えなのですか。
そういった限定カバーを何故 ご自分にも他者にも被せるの。

少し話しを広げます。 かなり西洋哲学の事をわたくしは西村さんをきっかけに
お話しました。

机氏が好きなニーチェというのは、ファシストに利用されたのだけれど
ニーチェは、今話している事、ターニングポイントと、非常に関係してるのです。

258 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:32:29.36 ID:P1sp4lHD
>>257
では、5次元以上の世界を具体的にどのようなものか説明してくださいな。
説明というのは自己満足の説明ではなく、第三者全てに了解される説明ですよw
妄想物語しか説明できなければ、そのような説明は説明にあらず。

259 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:37:21.62 ID:afx8s1P1
>>258

>第三者全てに了解される説明ですよw

では、宇宙物理学の最先端を全員が解るように説明して下さい。

260 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:40:55.48 ID:yDuGcSYM
>>255
一切は六根のうちに想うことで認識できている
思えなければ認識はなく、認識できなければ一切も判らない
お前はその域にすら到達出来ていないためにそれが判らない
張り合った所でお前と私とではレベルが違いすぎるので無駄な足掻きなのだよw

第一義が言葉に出来ないのは、言葉自体が戯論に過ぎないからなのだよ
アホではない、賢いと思うなら、お前は自分を証明できるかな?
お前以外を用いてはならんぞ?

261 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 03:46:05.94 ID:P1sp4lHD
宇宙物理学の最先端は一世界ではあるが、それが真であるという事ではない。
また、万人が理解するような世界でもない。
で、「次元」という言葉を安易に使う阿呆は、説明責任があるわなw
5次元以上の世界を具体的に説明できないのに、あたかも俺は知っている〜のような
妄信阿呆ぶりを晒されては、「阿呆、糞、キチガイ」といわれるゆえんだよww

262 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 04:28:33.03 ID:afx8s1P1
>>260
>張り合った所でお前と私とではレベルが違いすぎるので無駄な足掻きなのだよw

うん? 張り合うとかが、君のレベルか? 

意味不明。

>アホではない、賢いと思うなら、お前は自分を証明できるかな?
>お前以外を用いてはならんぞ?

あほちゃいまっか。
わたくしが賢いと言っているのではないの。
そやしやっぱり あほちゃいまっか。

さて、君は空と縁起を想定しているのだと思うのだが、
しかし関係性を結ぶには、君という存在がなくては、空も縁起も生じない。
それが君の証明です。 虚無ではない。

>>261
話しを逸らすでない。
君が、全員がその時理解できない事がないのでしょうか、そういう話しですよ。

263 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 04:34:12.96 ID:BMgZQbL7
>>262
>君は空と縁起を想定しているのだと思うのだが、

空も縁起も概念に過ぎず言葉に過ぎない
それらの実在などどこを探しても「無い」
事物の証明など所詮言葉によって説明され為されるのであり
その言葉そのものに意味等なく、根拠も所詮存在しない
お前にはそれが観えていない

張り合って居ないと言うなら何故食いついてきた?
お前は自尊心が強そうだから相手にしてやったまでだが
どうやら思った通りの出しゃばりバカだった様だw

264 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 04:42:40.48 ID:1DnnJMDR
>>262
お前頭悪いなw

265 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 04:51:03.06 ID:P1sp4lHD
>>261
話しを逸らすでない。
君が、全員がその時理解できない事がないのでしょうか、そういう話しですよ。

もはや、何を言っているのか意味不明w
最先端の宇宙物理学がどーのこーのと誰が言いましたか?
「次元」はアナタが言い始めた事ですな?
で、5次元以上の事を指しての「次元」なのでしょう?
まさか、4次元以下の次元の事を言っていたのか?
どちらにしても馬鹿ということだww

266 :265訂正:2014/06/16(月) 04:54:06.71 ID:P1sp4lHD
>>262
>>>261
>話しを逸らすでない。
>君が、全員がその時理解できない事がないのでしょうか、そういう話しですよ。

もはや、何を言っているのか意味不明w
最先端の宇宙物理学がどーのこーのと誰が言いましたか?
「次元」はアナタが言い始めた事ですな?
で、5次元以上の事を指しての「次元」なのでしょう?
まさか、4次元以下の次元の事を言っていたのか?
どちらにしても馬鹿ということだww

267 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 04:59:30.07 ID:nXUagjMr
仏教なんてただの雰囲気ですよ。ふんいきだけ。

268 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 05:00:02.05 ID:afx8s1P1
>>263
概念に過ぎず。 あほちゃいまっか。 

君はね、今、わたくしくと関係しながら話しているね。 
君は存在しているのだよ。

食いつくとか?
意味わからんし、張り合う時というのか、
なにか君は張り合いで他者と関係するという
自己紹介でしょうか。

なんかしらんけど、へんなの〜。

ほら、わたくしって、霊界探訪の方だから(^▽^♯)

269 ::2014/06/16(月) 05:12:15.14 ID:BoIzDm34
仏に憧れません?

270 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 05:17:32.65 ID:afx8s1P1
>>266

あのね。
>>258に対してね、
皆が理解できる事とそうでない事があるでしょ、と言ったのよ。
それを宇宙物理学で譬えたのよ。

271 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 05:41:46.52 ID:uXZI+bEU
>>268
心だけで対象なければ何も感知せず
対象だけで感知する心が無ければ何も現れない。
つまりは縁起という関係性、縁起という現象のみを知覚できる
対象そのものに触れてるのでなく その影を知覚しているということ。

272 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 05:45:10.52 ID:uXZI+bEU
>>268

> ほら、わたくしって、霊界探訪の方だから(^▽^♯)

統合失調の方でしたか。
良い精神病院を選んで下さい。
こちらは処置なし。

273 ::2014/06/16(月) 08:03:23.49 ID:BoIzDm34
霊界って三界の
どれでしょうか?

色界かな…

274 ::2014/06/16(月) 08:05:06.97 ID:BoIzDm34
またブログはじめようかな…
新しく…ここで漂ってても
根無し草みたいに思われる

275 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 08:32:28.61 ID:afx8s1P1
>>271-272

それが、どうしたの。
対象があると言う事ではありませんか。

霊界探訪したと言えば、統合失調と言われるのでしょうか。

276 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 08:33:20.33 ID:QQI4pge7
>>195
>ストレスとは「生きる喜びを害されることの苦」、 「実存苦」とは、「生きること自体が苦」。全く違う。

→『だったら原因となるストレスは何によるかを追求するのが仏教的(縁起)だろう。
それは『我執』だろう。』(>>187
  
我執による実存苦と言っている。

池田晶子も同趣旨を書いている。
『つまり、あれこれの出来事や境遇を苦しみや喜びと思う、そのことが錯覚なのだ。
 苦しいのは、それを苦しいいと思っている“自分”であって、それらの事柄自体が苦しみであるのではない。
 「気の持ちよう」とはそういうことだ。
 あれこれの外的な事柄に動じることのない不動の自分を保つこと、
 これが、人生の苦しみを苦しみでなくする唯一の方法に違いない。』(「考える日々」p133 苦しみの正体を見究めない限り)

まさに<坐水月道場 修空華万行>である。

277 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/16(月) 08:36:17.80 ID:gQRAOmBR
>>257
>机氏が好きなニーチェというのは、ファシストに利用されたのだけれど
> ニーチェは、今話している事、ターニングポイントと、非常に関係してるのです。

ニーチェというのは簡単にいうと、あらゆるものを無価値化する思想なんだよ。
そういうふうに考えると>>250のレスポンスも読めてくる。
>全ての想いは実際に対しての嘘なのである

このことだね。仏教の悟りというのは、あらゆるものが嘘であった。で終結を迎える。
嘘であるものを世俗諦という。ゆえに勝義諦は語り難し。になる。
しかし大事なのは、嘘の世俗諦あっての勝義諦だから、世俗諦の嘘を見抜くことが肝要であろう。
そのことにおいてしか勝義諦悟入はたし難し。ということになる。
これが論理的な説明になる。

人間、ある段階まで悟ると洞察力が鋭くなる。
川端康成など洞察力は鋭いだろう?自分の人生の負の部分をこれまでもか!!という具合に、
記憶をかき回して、そして心がボロボロになるまで自分を痛め付けて、それでやっと原稿が書ける。

そして読者は、そういうボロボロの人間を興味本位で、金を出して一冊の本を買い、値段以上の価値を見出す。

しかし川端康成にしてみれば、それは嘘ではない。嘘ではない化け物が彼の心を病むまでに追い詰める。
これがトラウマだ。
人間、洞察力が鋭いだけでは生きてはいけない。それが嘘であることを知る。これが仏法なのだ。

278 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 09:18:09.44 ID:afx8s1P1
>>277
>仏教の悟りというのは、あらゆるものが嘘であった。で終結を迎える。

違う。
受け止め方は百人百通りだというのは、非常に危険な思想だよ。

虚無とホロコースト 

だから、ターニングポイントだと言ったのです。

279 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/16(月) 09:34:05.99 ID:gQRAOmBR
>>273
>虚無とホロコースト 

ホロコーストは、優性思想を原点とするからニーチェには無関係。
政治家がニーチェを利用することはあっても、それは利用する側の問題でしかない。

そもそもニーチェ思想は行動原理にはなり得ない。
何故ならそれは無価値でしかないからだ。

280 ::2014/06/16(月) 09:41:05.62 ID:BoIzDm34
仏の心は妙法蓮華経なり
日蓮が魂は南無妙法蓮華経に過ぎたるはなし

281 ::2014/06/16(月) 09:46:32.92 ID:BoIzDm34
獅子王は獲物が弱いか強いかにかかわらず
常に全力をだすんですね

282 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/16(月) 09:48:40.95 ID:gQRAOmBR
>>280
妙法蓮華経というのは、経典のことだよ。
南無妙法蓮華経というのは、経典に帰依する。ということだ。
ただそれだけのことです。

仏の心が経典であるはずはない。
経典は経典でしかない。

283 ::2014/06/16(月) 09:50:22.55 ID:BoIzDm34
目の前のあらゆるお勤めごとを
法華経と思し召せ…っていいますよねっ
不軽菩薩の礼拝行に 現代人の生き残るヒントが…!?

284 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 09:52:39.79 ID:6ISV256q
>>276
>我執による実存苦と言っている。

人間も、他のいかなる動物も、我執がなければそもそも実存できない。実存
できなければ、実存苦もへちまもない。釈迦は、何というアホなことを言ってる
のかw。

池田さんが、いくら「事柄自体が苦しみであるのではない」と言ってみても、
その苦しみを感じるのは自分以外にはない。

「あれこれの外的な事柄に動じることのない不動の自分を保つこと」。
つまり、苦の原因である事柄を、「生きるために不可欠な事柄」であると受け
入れることにより相対化して、その苦を克服する強い自分(我執、生存本能)
を持て、と言うことだ。苦の原因を意識して、それから逃れようとすればする
ほど、苦はどこまでも追いかけてくる。

人間も、すべての他の動物も、苦と真正面から対峙して受け入れ、それと闘う
中においてこそ、実は大いなる生の喜びを得ているのである。苦が大きければ
大きいほど、それを克服した時の喜びも大きい。すべての生物は、そうやって、
その発生以来、営々として生存を続けている。人間の巨大な文明・文化は、苦
との闘いの結果なのである。

285 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 09:58:00.57 ID:afx8s1P1
>>279

私はターニングポイント(分岐点)を見つめよと言っているのです。

それと、受け止め方次第で痛みや苦痛が変わるとすれば、癒しとしてそれに越したことはないのだけれど、
程度の問題ですね。
急がなくてもよいし、ゆっくりでいいと思うのですが、
その痛みや苦痛をもたらしたもの自体、原因になったものをおだやかにみつめる
その学ぶチャンスを放棄するなら、それは解放ではないので、他者に無意識に連鎖させてしまいますよ。

286 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/16(月) 10:32:22.37 ID:gQRAOmBR
>>285
>その学ぶチャンスを放棄するなら、それは解放ではないので、他者に無意識に連鎖させてしまいますよ。

仏教もニーチェも、依存するものはなにも無い。というのがコアですね。
だから他者に連鎖するどころか、連鎖するものそのものが無い。ということです。

無いのなら、自分を拠りどころにする他、生きる道はない。ということで
仏教では「自灯明」。ニーチェでしたら「意志の力」ということになりましょう。

仏教の「無」でも、ニーチェの「虚無」でも、それなりに意味は違いますけど、
人間、生きることは理屈ではないですから、
それなりに自分なりの生き方というのを見出さば良いんじゃないですか?
その方法論として、仏教なりニーチェを学べばいい。

つまり仏教もニーチェもツールでしかない。
ツールの必要な人間もいれば、必要でない人間もいる。
どちらかに優劣がある訳ではない。

287 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 10:49:53.48 ID:UFyuMSsJ
>>282
法華経とは心の事だよ。なにいってんの。

288 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/16(月) 11:07:28.56 ID:gQRAOmBR
>>287
それは誰かに騙されているのかと思うよ。

例えば、川端康成の著書を読んで「心が動かされた」ということはあるかも知れませんけど、
その著書(本)が心である。などと言う者は池田大作くらいしかいないだろ?

289 ::2014/06/16(月) 12:44:42.17 ID:BoIzDm34
小説と経典を同列にしてしまうところに
間違いがあるまじろ…?
川端や二ーチェは純度100%の仏なのか…?

ところで小説ってなんで小さい説と
いうんでしょうね…
おそらくより正直な説に対して自ら
身の程をわきまえてるんだろうと思いますよ…?

290 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 12:54:51.30 ID:QQI4pge7
法華経なんて完全に一切外の物語・小説・フィクションでしかない。
たとえば『爾時佛放。眉間白毫相光。照東方。萬八千世界。?不周遍。
下至阿鼻地獄。上至阿迦尼?天。』(妙法蓮華經。序品。第一より)
# その時、仏は眉間から白毫相光を放たれた。
  東方の一万八千世界が照らし出され周遍しないところは無かった。
  下は阿鼻地獄に至り、上は阿迦尼吨天に至った。

ブッダはバケモノか?w
上記を経験主義的に証明(相応部35-23・70)せよ。

これを信じている時点で痛すぎる。
これなら法華経は『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)のイヴァンに完敗だ。

291 ::2014/06/16(月) 13:03:32.27 ID:BoIzDm34
仏の本心がそうならば
弟子はそれを信じるしかないんだよなぁ…

内心で何を思おうが、勝手じゃないか?
物理法則すべて守る必要はない…

292 ::2014/06/16(月) 13:05:19.43 ID:BoIzDm34
デジタル仕様の限界がそこかなぁ
もちろんデジタルを全否定はしません?

293 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 13:46:40.13 ID:QQI4pge7
たとえば「神がいるのであれば、どうして虐待に苦しむ子供たちを神は救わないのか?」(カラマーゾフのイヴァンの問い)

法華経の核心が、自らの悟りではなく、衆生の救済だという菩薩乗((「譬喩品」)の大乗コンセプトにあるとするなら、
<菩薩がいるのであれば、どうして虐待に苦しむ子供たちを現に菩薩は救わないのか?>に応えなければならない。

カルト収奪集団がどうして菩薩でありえようか!

294 ::2014/06/16(月) 13:56:53.62 ID:BoIzDm34
菩薩乗は方便なんだよなぁ…
法華一乗が真実という

295 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 14:12:41.01 ID:afx8s1P1
>>293

すごく簡単に答えますと、その虐待は、神や仏がしているのかな?
虐待をしているのは誰でしょう。

296 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 14:28:24.99 ID:NobtQlQ7
>>293
原始仏典にも、釈迦の言葉であると証明された言葉は、唯の一語も
ないのだから、フィクションであることは、いずれも同じ、大真面目に
信じるべきものではない。聖書についても全く同じ。開祖の真実の言葉
として大真面目に信じること自体が、滑稽な誤り。

なお、「如来」という言葉は、中村博士は「目に見える一切の現象世界」
と解釈し、中論では、「生類の本性(即ち生命)」という。いずれも、
救いという概念はない。生物にとっては、「現世に生きていること自体」が、
既に大いなる救いなのである。

297 ::2014/06/16(月) 14:32:06.43 ID:BoIzDm34
如是我聞とあることは
紛れもない事実ですよねっ
目の前の経典を開くと…

なんとっ?書いてある…

298 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 14:41:31.33 ID:j0+aKBaM
机は知識だけ芯が無い。
そりゃ、日蓮の方が芯はあるよ。

299 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 14:51:43.79 ID:NobtQlQ7
>>297
>如是我聞とあることは 紛れもない事実ですよねっ

釈迦とは時代が違うから、聞ける訳が無い。すべて筆者の「嘘」ですよw。

300 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 14:53:12.07 ID:afx8s1P1
>>296
>原始仏典にも、釈迦の言葉であると証明された言葉は、唯の一語も
>ないのだから、フィクションであることは、いずれも同じ、大真面目に
>信じるべきものではない。聖書についても全く同じ。開祖の真実の言葉
>として大真面目に信じること自体が、滑稽な誤り。

後半の生命の話しとなぜ君のなかで、両立できないの?

301 ::2014/06/16(月) 14:55:50.70 ID:BoIzDm34
サンスクリット語を
羅什が翻訳したそうで…
日蓮大聖人が言われる

302 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 15:10:03.18 ID:P1sp4lHD
後代の付記や仏陀の神格化は完璧にフィクションである。
仏典が100%全てフィクションであるか否かは不明。
スッタニパータやダンマパダのような古い経典には歴史人物としての
仏陀の声が残されている可能性が高い〜という程度で、多少のフィクションは
必ず付きまとうので、それらを排除して読む姿勢が望ましい。
宝珠のように仏典の一字一句そのまま鵜呑みにする姿勢は阿呆である。

303 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 15:15:28.61 ID:NGOpnGtm
>>296


隠居もこういうインチキするんだよねぇw

 >中論では、「生類の本性(即ち生命)」と

この >(即ち生命) は君の付けたりだろ?w
確かに、本文及び歴代論師に於いては >生類の本性 と言われているかもしれないが、
誰一人として >生命 だなどと言っていない。
とするならば、>生類の本性 と >生命 とがイコールで結び得ることを示す、
新たな説明が必要だ。何となれば、2500年間、僧に於いても学者に於いても
そのような解釈をした人物はいないからだ。
隠居のオリジナル、新規な考え方ゆえに、他を説得するだけの説明ができるかい?w


インチキ度合いは在家とどっこいどっこいだもんなぁ・・w

304 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 15:35:09.31 ID:afx8s1P1
>>303

なにがコワイかちゅうて(爆笑)
少し前に 聖句やニーチェの言葉も変えていたんだよ隠居氏は。
自分の解釈を表現するのと、
違うからね。


この仏教スレは 教養がある人が混ざり込んでいて助かるのだけれどねっ。

305 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 15:52:39.85 ID:NobtQlQ7
>>303
「生類の本性」なら「生命」に決まってるだろ。しかも「如来の本性」
と同じであるもの。他に一体何がある?w

306 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 15:56:09.40 ID:UFyuMSsJ
隠居なんて呼ぶから調子に乗るんだろ
クソ野朗でいいんだよこんなやつ

307 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 16:17:09.85 ID:UFyuMSsJ
大乗経典は偽物だと抜かすやつは理解できないだけのアホである
大乗経典には仏陀の悟りの全てが書かれているのである

308 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 16:25:10.92 ID:NobtQlQ7
>>304
君が、ニーチェも読まないで、嘘をついているだけ。まず、前レスに挙げたニーチェ
の著書を隅から隅まで読め。きっとどこかに書いてあるw。私は、一度読んだ本を
二度読むような時間の無駄はできない。

イエスが「商人たちを追い払うために、縄で鞭を作った」ことが「わざわざ」ではない、
と言い張る。「鞭」とは、人や動物を「殴る」ためのものだよ。「わざわざ」ではない
のなら、イエスは一体何のために鞭を作ったのかね。まさかマグダラのマリアとSM
プレイをやるためではあるまいw。

イエスは、商人たちの屋台をひっくり返すという暴力行為を行なったことも、聖書に
ちゃんと書かれている。

309 :ヨハネによる福音書:2014/06/16(月) 16:58:28.70 ID:afx8s1P1
<神殿から商人を追い出す>
マタイ21 12−13 マルコ11 15−17 ルカ19 45−46

君はヨハネによる福音書に述べられている言葉を言っているのかな。

これからここに新共同訳を記載させてもらってもいいのだが

面倒だ(笑) 
自分でもう一回読んでご覧、変なカルトから教わった事ではなく
もう一度まっさらになって。

ヨハネによる福音書 2章だ、そしてくれぐれも前後を読み飛ばすな。


ここを読んでいる人の為に、先に解答を出しておく。

この縄の鞭は、牛追い、馬追い、羊追いなどで

【どうどうと 方向を教えるのに使われているでしょ、

神殿の出口に向かわせるには必要でしょう】


しっかし、このような、他者に対する
陥れ方はこの前の紐君を思い出すな。

310 ::2014/06/16(月) 16:59:17.65 ID:BoIzDm34
あのさぁ…ここ仏教スレなんだよね

311 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 17:24:36.00 ID:NobtQlQ7
>>310
「開祖の狂信」という「宗教の病理」については、イエスも釈迦も共通。

312 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 18:27:10.18 ID:P1sp4lHD
>>278
仏陀の12支縁起は己のあり様を変えれば異なった未来が来ることを
教えている。虚無主義、ニヒリズムこそ仏教である〜という受け止め方は
間違いである〜と中村元氏も散々指摘している。

受け止め方は100人100様なのは当然である。むしろ一般化したがりの方が
問題で危険。初期の仏教は多元論であり、大乗で一元論となった。
多元論こそが仏教の本質。

313 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 19:05:14.75 ID:EipWDqUq
>>310
ここは仏教スレではなく、仏教「議論」スレなんだねw
 
仏教に関連し、キリスト教あり、西洋哲学あり、バラモン教あり
 
何でもありの総合格闘技みたいなスレだw

314 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 19:28:48.08 ID:NobtQlQ7
>>309
>【どうどうと 方向を教えるのに使われているでしょ、
>神殿の出口に向かわせるには必要でしょう】

馬鹿か。羊や山羊や鳩は、商人の大切な商品だぞ。イエスはそれらを暴力によって
失わせたことになる。商人の屋台や腰掛もひっくり返し、両替商の金をばら撒いて、
商人たちを追い払った。おまけに、イエスは、神を自分の父呼ばわりし、商人たちを
「強盗」呼ばわりした。強盗は、明らかにイエスだろう。ショバ代を脅し取る日本の
ヤクザもびっくりだw。

史上と及び現在におけるキリスト教徒による人間の大虐殺の原型が、このイエスの
姿に如実に示されている。狂人以外の何者でもないではないか。

これは、日本の縁日のようなものだったのだろう。熱心に創造主を信じるユダヤ教徒たちは、神殿参拝にひと時の安らぎと楽しみを見出し、商人たちは、家族のために、誠実に日々の糧を
稼ぐ。そこに「縄で作った鞭w」を振り回しながら乱入するイエスの姿を想像してみよ。
イエスがここで即刻逮捕されなかったのは、ユダヤ教徒たちの寛大さを証明している。
ユダヤ教徒たちの、積もり積もったイエスに対する怒りが、十字架において爆発した
のである。

イエスは、神{の子)どころか、人間としても最低の人格ではないか。

釈迦は、頭は悪かったが、イエスのような「あるがままの人間に対する憎悪」はなかった。
やはり「育ちの違い」だと思われる。

315 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 20:21:59.67 ID:j0+aKBaM
インキョも狂人左翼だと思うぞw

316 ::2014/06/16(月) 20:30:31.22 ID:BoIzDm34
マリアの処女懐胎は
NTRでしょうなぁ…

317 ::2014/06/16(月) 20:32:01.64 ID:BoIzDm34
親父がボコボコに育てたから
反骨精神の塊になったんじゃないか?
とりあえず キリストの話題はこの辺で…

318 :ヨハネによる福音書:2014/06/16(月) 20:40:23.17 ID:afx8s1P1
>>314

一般的な商売をするのは少しも悪い事ではない。

とても大事な生命活動、創造的な活動だ。

この神殿は汚してはいけない。

イエスを処刑し、みごとに教会は腐乱し、、2000年たってもいまだに

君の様に罪をイエスに被せる。

319 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 20:40:43.03 ID:EipWDqUq
福音書はイエスの死後(AD30)、AD70〜100ぐらいに成立する。
しかし、ペトロを始めとする、12弟子の福音書関与が不明。
マルコもマタイもヨハネも、12弟子が書いたものではないらしい。
 
原始仏典の場合は、釈迦の死後(BC486)、10年後、
BC477にはアーナンダも参加、第1回仏典結集が行われている。
それでも、釈迦の真説はごくわずかだろうと言われている。

両者を比較すれば、福音書は洗脳を目的にした小説なのだろう。
真偽をごちゃまぜにし、ホントのようなウソのような物語をこしらえた。
アポロ11号月面着陸の大ウソに匹敵する大芝居である。

320 ::2014/06/16(月) 20:53:52.77 ID:BoIzDm34
イエスが父と呼んだのは
阿弥陀如来ですよね

321 ::2014/06/16(月) 20:57:51.93 ID:BoIzDm34
釈迦如来に対比するなら
阿弥陀如来でしょう?

イエスなら日蓮大聖人でしょうか?

処刑されたか まぬがれたか
イエスと日蓮大聖人の違いは大きい

322 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 21:11:04.03 ID:EipWDqUq
12弟子の中に、過激派の熱心党シモンがいる。
それを考えれば、エルサレム神殿での大暴れも不思議ではない。
 
イエスは十字架で処刑されたが、この刑はローマの刑罰ではないか。
ユダヤの神を冒涜しただけなら石打の刑になるはずだが、
どういう理屈でこうなるのか深い謎だね。

323 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 21:18:00.96 ID:VMULNxC9
>>314
横からだけど、一神教の大前提は『この世の支配者は神』だぜ?
その大前提から言うと、人間の命も、他の動植物の命も、なにもかも一切が神の所有物ってことになるんだよな
人間が発明したものも、神が人間の思考を通して伝えたものっていう見方なんだよ
その一神教の大前提に腹の底から忠実だったイエスからすれば、商人達が「自分の商品」として動物を保有する行為は、神の所有物を盗んだこととして写るわけよ

324 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 21:22:29.52 ID:IQQNYRv9
聖母マリアの処女懐妊の秘術

ベツレヘムの星はUFOで異星人の宇宙船内に吸い上げ処女のまま人工授精し
記憶を消して地上へ戻した。

325 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 21:36:34.59 ID:EipWDqUq
神とイエスと聖霊は三位一体だから、
キリスト教は一神教ではなく、三神教になってしまうのだ。
それに神に性があり、それも男だなんて驚愕する。
 
天照のような女神なら考えてもいいが(^^)

326 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 21:37:57.63 ID:NobtQlQ7
>>323
>その一神教の大前提に腹の底から忠実だったイエスからすれば

イエスは、忠実どころか、「私は神の子、神の座の右に座る、アブラハムより
前からいた」などと暴言を吐いて、一神教の神(創造主)を冒涜した。
イエスの処刑に罪状は、「創造主の冒涜罪」であることが定説。

327 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:01:13.59 ID:IQQNYRv9
仏教の過去七仏はユダヤ教およびキリスト教の七大天使であり
仏教のマイトレーヤはミトラでありゾロアスターのアフラマズダである。
ミトラは12星座に囲まれ12月25日はミトラの祝祭日でありキリストの教の
クリスマスでありイエスの12使徒である。
アフラマズダは仏教の阿修羅であり密教の大日如来とも繋がっている。

328 ::2014/06/16(月) 22:04:41.94 ID:BoIzDm34
阿弥陀如来の領土がヨーロッパで
釈迦如来の領土がアジアという解釈なのですが
我々はアジア人なので…

329 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:06:18.69 ID:EipWDqUq
ローマ支配下のユダヤ人社会では、
ユダヤ人同士が「石打の刑」で平然と殺し合いをしている。
使徒言行録にはステファノの殉教がある。
 
イエスの弟ヤコブは、反対派に城壁から突き落とされて死亡。
パウロはローマ市民だから、ローマで裁かれ斬首。

330 ::2014/06/16(月) 22:07:02.32 ID:BoIzDm34
また阿弥陀如来は誹謗正法を嫌い
法華経に飛来して登場する…

331 ::2014/06/16(月) 22:08:20.25 ID:BoIzDm34
こうなってくると
キリストの父が法華経を本拠地にするなら
キリスト信者もそうしなければ…と
思いませんか

332 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:11:56.47 ID:IQQNYRv9
法華経=大乗経典の成立は聖トマスがインドでキリスト教を布教したのが
関係しているらしいね。

333 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:11:59.32 ID:32WJ27p/
>>319
仏教のサンガを信じない

キリスト教の教会を信じない

であるならば神道の神社も信じず記紀も信じないでくださいね

334 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:12:48.84 ID:EipWDqUq
法華経、浄土三部経が偽経なのは有名な話じゃないか
これこそ単なる小説にすぎないw
 
それに日蓮は悟ってないだろう、誇大妄想っぽい

335 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:14:49.59 ID:IQQNYRv9
そしてキリスト教の型であるミトラ教のミトラ(マイトレーヤ)は南伝パーリ仏典にも登場する。

336 ::2014/06/16(月) 22:19:47.55 ID:BoIzDm34
大乗非仏説の流布が末法の様相そのままで…
かえって信仰の裏付けになりうるんだよなぁ…

337 ::2014/06/16(月) 22:21:32.51 ID:BoIzDm34
末法の不軽菩薩は売られた喧嘩は
全て買うらしいですよっ…がんばって…

338 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:23:51.85 ID:EipWDqUq
>>332 >>335
かなり古い時代から、東西文化の交流があったことは間違いない。
陸路だけでなく海路もあるしね。

339 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:30:35.25 ID:EipWDqUq
正法、像法、末法もまったくのウソ
 
それを説いていたら偽経だね
 
末法などという概念も、法華経が偽経の証拠でしかないw

340 ::2014/06/16(月) 22:37:02.03 ID:BoIzDm34
不軽菩薩は題目を唱える者だそうで…
常に生きることが末法への復讐になるらしい

341 ::2014/06/16(月) 22:39:30.08 ID:BoIzDm34
存在がアンチテーゼ…!?

342 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:39:53.82 ID:IQQNYRv9
>>338
大い関係をしている。
バラモン教を作ったのもゾロアスター教を作ったのも
遊牧民のアーリア人でバラモン教がインドで隆盛の時に現れたのが釈迦で
ゾロアスター教は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教の思想に影響を
与えた型となる。

343 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:41:13.97 ID:EipWDqUq
菩薩も人間が作った概念にすぎない
 
キミにわかるかなw

344 ::2014/06/16(月) 22:41:35.09 ID:BoIzDm34
いわゆる わしが育てた…という
やつでしょうか…

345 :神も仏も名無しさん:2014/06/16(月) 22:50:10.74 ID:EipWDqUq
>>342
そういった世界的視野で話ができたら、このスレも活性化する。
輪廻と中論と道元だけでは飽きちゃうからね。
 
ギリシャ神話やギリシャ哲学や西洋哲学も加えていいだろう。
なんにせよ結局は、
神や霊魂が存在するのか否か、ということがテーマになる。

346 ::2014/06/16(月) 23:12:56.77 ID:BoIzDm34
仏の教えは…

347 ::2014/06/16(月) 23:22:57.35 ID:BoIzDm34
そうか…仏神を信じて
コテ入れるとこからか

348 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/17(火) 00:05:14.96 ID:g1mW2Ig5
>>254
まっ、無駄だとは思うけれども、一応、簡単な説明だけはしておきます。
ここでいう「神々」というのは、カルマによる輪廻から卒業された完成者、
智慧の覚者方、仏教でいうところの如来、仏たちのことをいっています。
欧米には仏教で説く仏陀といった概念は殆ど知られていず、その意味するところは理解されていないので、
ただ便宜上、「神々」と呼称しているだけ。つまり、仏教での天部といった意味での神々ではない。

仏教世界では、完成された諸仏が何処で何をされているのかについては、
残念ながら殆ど神話か空想の域でしかない。
しかしながら、神智学の説く覚者方の所在については、
一部の良く知られている数名においてはその概略はかなり公開されています。
彼らは、自らの意志力で作り上げた理想的な不死身の肉体を纏い、
世界の山脈の秘境などに住まわれています(詳細はアリス・ベイリー著を参照のこと)。

が、この私が連れてこれるわけはありませんから。

349 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:11:40.91 ID:uXZz1uJM
>>347
はて 信心とはこれいかに? 日蓮宗の信心とは どの仏に向けられるものか?

350 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:17:45.86 ID:oEVl2Act
何百年か何千年か何万年か飲まず食わずで人知れず世界の山脈の秘境に隠れ
生き続けている〜って何の為に?ww
しかも人知れずではあるが神智学の人間にだけには知られており、目的も無く生き続ける事に
何の意味があるのだ?ww

351 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/17(火) 00:35:09.12 ID:g1mW2Ig5
>>350
>生き続けている〜って何の為に?ww

肉体を保持利用されている覚者方というのは実は一部であり、全体から見れば少数です。
そして、肉体を持たれない覚者も肉体を維持されている覚者も、共に大計画に使えて奉仕しています(それが目的です)。
当然、その中には人類の育成と導きといったことも含まれます。
肉体の利用選択は、その覚者個人が採られている奉仕活動の内容に応じて、また、まったくの覚者当人の好みに依ります。

>しかも人知れずではあるが神智学の人間にだけには知られており、

何故なら、覚者方の存在、およびその実態と近況についての詳細情報を初めて世に公開したのが神智学だからです。
覚者方の数名がその情報を人類に提供することを意志決定して、特定の選ばれた人物に接触(コンタクト)を図った。
それが神智学の始まりです。対して、仏教は2600年を経過した古い情報です
(その他の世界の諸宗教もまた永い年月を経過している)。

352 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:44:23.49 ID:pVBRNm7l
あなたは選ばれた人物ですね
選ばれなっかた人
はどこに 魂も

353 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:45:54.55 ID:oEVl2Act
公開ってw
ココにいますよ、と連れて来て見せて公開したのではなく、
フィクションの作り話を発表して「公開」と言われても、それを
マトモに信じる人間は頭が逝かれているとしか言えんわなw

354 ::2014/06/17(火) 00:48:12.52 ID:G2VpsBVA
妙法蓮華経こそ本仏…と
いいます

355 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/06/17(火) 00:51:52.90 ID:g1mW2Ig5
>>353
近い内に、間もなく公に出現されます。
歴史的な記録では、フランス革命の前後やまた国連総会にも出没したことがあります。

356 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:53:35.87 ID:oEVl2Act
歴史的な記録ってどこのなんという記録の事を言っているの?
ネットにもあるのなら教えて欲しいわw
神智学ドットコム以外の情報でお願いしますよw

357 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 00:59:14.51 ID:oEVl2Act
何千年、何万年も生きる人の「近いうち」なんてのは何百年後とかの事なのでしょうねえw
いやー、見れなくて残念だあw

358 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 01:15:26.52 ID:uXZz1uJM
>>354
>妙法蓮華経こそ本仏…と いいます

経は仏を説明しているもの 経は仏ではありません では再度問います
日蓮宗の信心とは どの仏に向けられるものか?

359 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 01:39:20.84 ID:uXZz1uJM
法蓮華経 とは 法の蓮の華のお経な訳で 仏様の座る主座
法華経でいう菩提心 だと思うのだが
日蓮宗の信心とは どの仏に向けられるものか?

360 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 01:40:09.20 ID:vvmYY4/l
<ご質問>
和尚様って肉、魚、食べても良いんでしょうか?
生きているものは食べちゃいけないというイメージが強いので教えてください。
また、我々仏教徒が口にしてはいけない物ってあるのでしょうか?

<お答え> 肉食妻帯正当化・・・

これはまた一口に言い切れない、難しい問題です。
要するに「僧侶は精進料理しか食べちゃダメなの?」ということだと思うんですが、最初に私の結論から申し上げます。
「どんなものでも、感謝してありがたくいただきます。
ただ、お肉やお魚を食べられない期間もあります。
ただし、すべての僧侶が一律同じではありません。」
それから仏教徒の方へは「口にしてはいけないものは特にありません。
食べ物はありがたくいただきましょう」です。

まず、ブッダが生きている頃、ブッダは肉や魚を食べたでしょうか?
答えは「食べていた。」です。
ちょっとびっくりされるでしょうが、そもそもの仏教は僧侶が自分たちで食事を作ったり、農作業などの労働に携わることが禁止されていました。
つまり、一般の信者さんくださったものなら、お肉であろうとお魚であろうといただいていました。

http://saikouji.dosugoi.net/e155300.html
曹洞宗系、西光寺・住職

361 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 01:42:43.12 ID:v1b2sDcQ
どちらかといふと 霊界知ってる 私って(^^)

からですが(笑)



>>351

>それが神智学の始まりです。対して、仏教は2600年を経過した古い情報です
>(その他の世界の諸宗教もまた永い年月を経過している)。

ええ、しかし霊的な観点からは、古い新しいはございませんので、

宝珠さんが言っておられる事は、人類が霊的に目覚めていく
その過去から未来ですね。

362 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 03:23:54.85 ID:CB4D5v3w
>>361
>宝珠さんが言っておられる事は、人類が霊的に目覚めていく
>その過去から未来ですね。

気違いクリスレから出張してきたサロメか。

「霊的」とは英語では「spiritual(精神的)」の意味である。「霊的」という
言葉は、幽霊を連想させるから使うべきではない。すべて「精神的」と言い換
えるべき。

「精神的に目覚める」とは、何から、どのようにして、何に目覚めるのか。
その目覚めには、具体的に如何なる価値があるのか。「狂う」「迷う」ことと
如何なる相違があるのか。

宗教者が、自分でも意味の分らない言葉を使って、自己陶酔に耽るのは、醜悪
極まりない。「

363 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 04:17:54.57 ID:v1b2sDcQ
>>362

spiritは霊とも訳されておりますが。

>幽霊を連想させるから使うべきではない。

へ〜そうなの、連想させるの?

>「精神的に目覚める」とは、何から、どのようにして、何に目覚めるのか。
>その目覚めには、具体的に如何なる価値があるのか。「狂う」「迷う」ことと
>如何なる相違があるのか。

また、超簡単に説明いたしますと ちょっこし賢くなる。
さらに賢くなると、社会も美に。
狂ったり、迷ったりと全く違うのですが。

Enya - Angeles
http://www.youtube.com/watch?v=tqVnOLiH0FM

364 ::2014/06/17(火) 04:29:50.81 ID:G2VpsBVA
汝のレスが汝を現しているように
経は仏を現している…!?

365 ::2014/06/17(火) 04:30:28.36 ID:G2VpsBVA
ゆえに 妙法蓮華経こそ
本仏といいます

366 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 05:37:01.08 ID:uXZz1uJM
経は仏の所作を現しているのでは無いのかね?

367 ::2014/06/17(火) 06:27:38.62 ID:G2VpsBVA
現してもあるけれども
台本さえあれば誰でもよかったりする

368 ::2014/06/17(火) 06:28:24.87 ID:G2VpsBVA
釈迦も多宝も用の仏なり
妙法蓮華経こそ本仏にておわしませ…
でしたっけ…

369 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 06:59:25.63 ID:1JK2w+QK
>釈迦も多宝も用の仏なり
妙法蓮華経こそ本仏にておわしませ…
でしたっけ…


きみ・・・・日蓮正宗か、創価かね?

370 ::2014/06/17(火) 07:42:51.46 ID:G2VpsBVA
創価ではないんだよなぁ…

371 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 07:45:36.14 ID:1JK2w+QK
>釈迦も多宝も用の仏なり


は、本仏でないということでしょう?

372 ::2014/06/17(火) 07:51:28.57 ID:G2VpsBVA
はい…

373 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 08:16:27.94 ID:1JK2w+QK
それは、創価、日蓮正宗か、それからの分離派でしょう・・・。

仏、法、僧を誰に設定しているかで明白になるでしょうね・・・。

身延本山の日蓮宗は
仏、久遠実成の釈迦如来。
法、法華経
僧、日蓮聖人

となりますからねえ・・・・

374 ::2014/06/17(火) 08:49:16.13 ID:G2VpsBVA
三大秘宝抄は偽書じゃないという
立場なので…

375 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/06/17(火) 08:57:39.03 ID:2zH4zsOH
>>369
>妙法蓮華経こそ本仏にておわしませ…

妙法蓮華経というのは経典だから本仏ではない。そこを間違いないように。
本仏とは、日蓮直筆の板曼荼羅が本仏におあします。
また、日蓮から代々血脈継承している法主の直筆曼荼羅が本尊におあします。
勿論これはコピーものでも良い。

この曼荼羅には仏の魂がある。とされる。
だから無造作に扱うと仏罰があるとされ、とくに創価初代の牧口常三郎の時代は仏罰論が台頭していた。

正宗系の創価・顕正会等々においての御本仏というのは、各家庭においては仏壇に安置しているのが本尊です。
くれぐれも妙法蓮華経が本仏ではない。

376 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 08:58:21.50 ID:1JK2w+QK
仏、久遠実成の釈迦如来。

は、重要なんだけどな・・・

仏の慈悲、智恵はだれから、という問題が・・・
また、この次元を軽視すると日蓮の教学自体が内部崩壊するだろうな、真面目に考える場合。

377 ::2014/06/17(火) 09:18:44.05 ID:G2VpsBVA
本仏と本尊の違いでしょうな

378 ::2014/06/17(火) 09:20:16.82 ID:G2VpsBVA
本尊の方が勝つという立場なので…

379 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/06/17(火) 09:54:26.16 ID:SO0CT7bj
>>355
お久しぶりです宝珠さん。最近はほとんどここ見てなくて連絡遅れました。
以前メール頂いたアドレス、携帯向け有料アドレスでして、不注意で喪失してしまい
宝珠さんのアドレスも分からなくなってしまいました。とりあえずgmailアドレスメール欄に晒しときますので気に留めて
いただけたらと思います。さて、何スレか前に幽霊の話が出ていたようですね。最近はあまり座れていませんが、
僕は時折瞑想をしています。すると、いつもは気にならないのですが、部屋のあっちこっちからミシっとか、ポンとかドンとか
パチッとか音がするんですよ。その音で気が散って瞑想できないくらいの時もあるくらい。ま、単なる部屋の軋みの
音で、湿気やなんやの影響で普段からしてるんだろうけど、普段は他の事に気をとられて気がついてないだけだと気に
しないようにしてますけどね。でもこの間、誰も入っていないはずのトイレの水が流れていたのにはびびりまくりました。
僕は言ってやりましたね。「ええかげんにせーよ。俺をびびらせてなんになるんや。こんなところにいつまでも執着せんと
早く生まれ変わるなりして真理を探さんか!!」とね。そのあいだ鳥肌立ちまくりだったですけど。ま、これもトイレの
故障だと深く考えないようにしています。昨日は帰宅すると、いつも付けてるはずの部屋の電気が消えてましたけどね。
きっと気のせいでしょう。ま、与太話はこのくらいにして、メールアドレスの件、よろしくです。

PS.ここ部屋の広さの割りに、妙に家賃安いんですよね。

380 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 10:03:57.98 ID:55HLNRf+
>>379
>ここ部屋の広さの割りに、妙に家賃安いんですよね。

不動産屋の重要事項告知に事故物件である説明が必要だが、
その部屋で自殺があったのだろう。
事故物件の場合、相場の半額で借りられる。

その自殺者の苦しみと怨念の愚痴を聞いてやれw
乙な楽しみが増えたな。
キレイなネーちゃんだったら、いいなw

381 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 10:09:54.78 ID:1JK2w+QK
カラス、日頃悪行祟って、悪霊が寄ってきているかもな・・・・。

382 ::2014/06/17(火) 10:10:48.87 ID:G2VpsBVA
お、そろそろ…
バルスで 宇宙飛ぶか?

383 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 10:11:24.16 ID:bsqrVWOQ
カラス師匠、幽霊にはモテモテですね!

384 ::2014/06/17(火) 10:11:26.44 ID:G2VpsBVA
今でしょ

385 ::2014/06/17(火) 10:13:23.39 ID:G2VpsBVA
あれ…ラピュタってなにも壊す必要なかったよなぁ

もったいない

386 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/06/17(火) 10:22:26.24 ID:SO0CT7bj
>>380
気になって借りる前に不動産屋に何も無かったか聞いたよ。返答は別にうちは法律に違反することはしていませんとさ。
別にこの部屋に幽霊いてもかまわない。俺に悪意はなさそうだし。もし本当に幽霊なら俺はもう一人の
この部屋の住人の為に父に祈ってやるよ。彼(彼女?)がここへの執着を離れ全うに生まれ変わり、そして真理を探し、
真理の悟りが得られますように。ってね。多分幽霊などいなくて、気のせいなだけだと思うけどさ(苦笑)

387 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 10:23:32.97 ID:1JK2w+QK
意外にカラスの部屋、昼間別人の住人がいたりしてな。

女芸人の留守中に誰かいたというという話が・・・・w
渡辺直美だったけ・・・w

388 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 10:24:36.88 ID:1JK2w+QK
カラスの性格にあった悪霊がいるかもな。
類は類を呼ぶというし・・・
このスレが典型だけどな。

389 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/06/17(火) 10:28:40.82 ID:SO0CT7bj
>>387
俺が留守の間掃除してくれてたら助かるんだけどな。

390 ::2014/06/17(火) 10:37:56.21 ID:G2VpsBVA
霊界というか色界でしょ

391 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:01:48.51 ID:55HLNRf+
.

カラスの部屋の自殺霊

        ハ,,ハ
       ( ゚ω゚ )    悔しいニダ! 
        /^  `ヽ
     / 人 ・ ) ・)
      / / ノ  , ノ
   ⊂ソ (  ヽノ\
     /~\  \ ヽ
     し^ヽ. _  )._ 冫

392 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:10:27.61 ID:1JK2w+QK
日蓮宗/法華宗における三大秘法の解釈[編集]
「本門の本尊」:本門の本尊は、伽耶成道の釈尊が、寿量品でみずから久遠常住の如来であることを開顕された仏
「本門の戒壇」:現在は定義付けがなく研究の最中であるとして、総本山ならびに宗務院がコメントを控えている。
「本門の題目」:釈尊の悟りの一念三千である南無妙法蓮華経
一致派をはじめとする主流派では、これらは概念上のもの、心の中にあるものとされ、日蓮宗が決めた本尊に向かって、題目を唱えれば、そこが「本門の戒壇」になる、という人もあるが、日蓮宗は中央集権型の統合宗派ではなく連合宗派なので、「統一見解」ではない。
日蓮正宗における三大秘法の解釈[編集]
「本門の本尊」:人の本尊は日蓮大聖人、法の本尊は事の一念三千の大曼荼羅本尊。
「本門の戒壇」:事の戒壇は本門戒壇大御本尊を安置する処、義の戒壇は余の御本尊所住の処。
「本門の題目」:信の題目は本門戒壇大御本尊を信じること、行の題目は南無妙法蓮華経と我も唱え、人にも勧めること。



正宗じゃんw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A4%A7%E7%A7%98%E6%B3%95

393 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:11:55.45 ID:1JK2w+QK
「三大秘法抄」の御教示 - 富士大石寺顕正会
www.kenshokai.or.jp/kangyou2/2_c9.htm
この三大秘法抄には、これまで己心に秘めておられた本門戒壇建立についての、「時」と「手続」と「場所」等が明示されている。 「戒壇とは、王法仏法に冥じ仏法王法に合して、王臣一同に本門の三大秘密の法を持ちて有徳王・覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の ...
三大秘法禀承事(三大秘法抄) : 創価教学研究室(赤鬼のブログ)
blog.livedoor.jp/inae_sokagakkai/archives/cat_51562.html
三大秘法禀承事(三大秘法抄). 通常表示は本文及び現代語訳のみです。講義を読まれたい方は各章下の「続きを読む」をクリックしてください。 一部の長文のためトップ表示の出来ない章は、「続きを読む」の項目に移動してあります。 記事は順次更新していき ...

日蓮宗 法明教会: 三大秘法抄は日蓮本仏の根拠にならない
houmyou.blog.ocn.ne.jp/houmyoukyoukai_/2014/04/post_61ae.html
2014/04/25 - 三大秘法抄は日蓮本仏論の文証にならない. 大石寺系教団信徒が『三大秘法禀承事』に有る「(釈尊が)実相証得の当初修行し給いし処の寿量品の本尊と戒檀と題目の五字なり」(1021頁)との文を挙げて「法華経を説いた釈迦は成仏する ...


なるほど・・・・・w

394 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:18:31.57 ID:m7L6hB6R
>>363
>また、超簡単に説明いたしますと ちょっこし賢くなる。
>さらに賢くなると、社会も美に。
>狂ったり、迷ったりと全く違うのですが。

そんな抽象的な説明では、何も分らん。日常生活における具体的事例によって
説明せよ。「賢くなる」とはどういうことか。宗教者は、「愚かさの塊」としか
思えない。

精神病とは、「現実との接触の喪失(loss of contact with reality)」と定義
されている。その典型が、宗教者ではないか。どこに「現実との接触」があるか。

そもそも「聖霊」とは、創造主が創造時に人間に吹き込んだ「息吹」「生命」。
すべての人間が既に有しているもの。「人間のどこか外部から、鳩のように舞い
降りてきて、イエスの上だけに止まる物」などではない。旧約聖書を読まれたし。

イエスやキリスト教は「聖霊を捏造して、冒涜し続けている」のである。

「聖霊を冒涜した者は、永遠に許されない」(by イエス)。

395 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:21:12.78 ID:v1b2sDcQ
わたくしは、霊界だとかと霊と言う時は幽霊を想起しません。

しかしカラスの唄さんが仰るような幽霊、それも又全てが錯覚ではないと
申し上げておきましょう。

幽霊は、苦しみと関係しています。
私たちも身体の病気の時医者に行くように、
苦しみの霊は、苦しみを取り除いてくれそうな方のところに行きます。

そこがかなりしんどいところで、しっかりしなくてはなりません。

では、具体的にどうすればよいかですね。

396 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:21:30.40 ID:Xx5EjbzG
エホバェ・・・

397 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:24:50.51 ID:1JK2w+QK
インキョも「現実との接触の喪失(loss of contact with reality)」だから、
精神病なのかい?

398 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:32:20.68 ID:v1b2sDcQ
>>395の続きです。

身体能力を自分の出来る限りで落とさない事。

音を使いましょう。なんでも簡単な楽器が少しでも使えるとよいです。
訓練するというより音楽の趣味と思って楽しめるのがよいです。

歌を唄う、発声という身体楽器も大事です。呼吸も上手くなります。

次にハンドヒーリングについて述べます。

399 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:34:48.24 ID:1JK2w+QK
へんなのがきた・・・。

400 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/06/17(火) 11:35:14.29 ID:SO0CT7bj
>>395
私と貴方を分かつ今の自我は死ねば消えてなくなる幻。我々は本当は一つ。
貴方が裁いているのは本当は自分自身なのだ。だから許してやれ。そうすれば貴方も許される。
我々は他人を計る計りで計り返される。だから許してやれ。我々は本当は一つなのだから。アーメン。

401 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:35:57.20 ID:m7L6hB6R
>>397
人間にとっての「現実」とは、「(必要な場合には観測装置を使用して)人間の
五感で知覚できる対象」。それ以外を、空想・妄想と呼ぶ。死ねば、五感の知覚
は完全に失われる。日常生活での経験から、あまりのも自明である。

妄想に過ぎない宗教観念によって、この現実感覚(存在論)が完全に欠如した
のが、宗教患者。

402 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:36:36.88 ID:bsqrVWOQ
>>398
ノベナクテイイデス

403 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 11:44:53.64 ID:1JK2w+QK
>人間にとっての「現実」とは、「(必要な場合には観測装置を使用して)人間の
五感で知覚できる対象」。それ以外を、空想・妄想と呼ぶ

では、空想で妄想で精神病判定していますよね、インキョも、
インキョも宗教患者ですね、その定義ですと。

404 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/06/17(火) 11:46:08.87 ID:SO0CT7bj
禅宗の方へ。君らの伝承では、不二一元から不一不二の中道=空を知るのが悟りだとされてるんだろ。
我々は眠りから目覚めることが出来るから熟睡時の無を認識できるんだ。君らの真理。不一不二の中道=空を
認識できるのも、不二一元の本当の自分自身を取り戻すから認識できるんだよ。我々は本当は一つだ。だから
道徳は否定してはいけないんだよ。

405 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 12:00:08.93 ID:m7L6hB6R
>>403
私は、「神」などという「五感で知覚できない存在」は信じないから、定義は当て
はまらない。

「創造主」と言う言葉を使ったのは、妄想に過ぎない神の存在を信じてやまない
君ら宗教患者に対する大サービスw。

406 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 12:01:04.84 ID:1JK2w+QK
>禅宗の方へ。君らの伝承では、不二一元から不一不二の中道=空を知るのが悟りだとされてるんだろ。



最初の出だしが話がズレテいるなあ。
いい加減な閻魔、机はどうかしらんが、あれは禅宗だった試しが一度も無いが・・・
空想議論しに来ているんだよ、カラスは・・・。
ここのいる連中は禅宗だった試しが一度も無い相手に議論、
両者とも空想想定で議論になった事が一度もないんだけどね・・・。

407 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 12:07:43.99 ID:1JK2w+QK
インキョも含めて空想妄想知識の前提で、かみ合う事も無く、
正邪も決められない空想議論が8割と思った方がいいな、w

408 :白バラ十字軍:2014/06/17(火) 12:12:48.61 ID:RiaVsavW
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】


●巨人軍投手の松原由○(創価員)破壊的事件を起こし前科1犯 巨人、ロッテと渡り歩きクビ。転落の人生
その後はナマポ生活 毎日昼から浴びるように酒をストレートでラッパ飲み。警察に逮捕されること4−5回
前科は刑務所のかわりに罰金刑。金がないので強制労働 酒を飲むと本性が出て破壊性が著明にあらわになってきて本音がでる
ほぼ連日警察が呼ばれている状況 その数は警察を呼んでいないものを含めても事件数は数千回から数万に及ぶ。
とにかく連日のように起きる 刑務所受刑者の33%は創価員という事実は有名な話ですが、この者を見れば納得ができます
判決の際 法廷にこだまする「 池 田 先 生 万 歳 !」
●内柴正人→柔道金メダリスト (2009.5.15付 聖教新聞)創価のフレンド、通称Fであるのは間違いないですな
●中尾伸也容疑者(47)、妻の知佐(ちさ)容疑者(45)リサイクル店経営の夫婦、他人名義のカードで不正に現金を引き出したとして逮捕、殺人容疑で再逮捕 福岡・筑後 他にも行方がわからなくなっている人が多数 【第二の尼崎事件!!】
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】
【また創価!!!第二の尼崎事件!!】

【創価】逮捕された福岡のリサイクルショップを放送した映像に創価学会3色旗(三色旗があるとはバリ活です)

また創価!!!!!!−−−−−−−−

409 :神も仏も名無しさん:2014/06/17(火) 13:27:02.85 ID:JeSDIhhr
>>400
>我々は本当は一つ。

却下

龍樹曰く「不一不異」
「本当」を言うなら本来、数すら数えられない
それも俗数法の一つに入る故に勝義には当たらない

>>401
仏教なら宗教の範疇にも考えられなくも無いが
仏法は元より宗教概念を軽く超越している
お前の戯論の外に仏法は常に有り、そしてそれが真の道理としてあり続けている
只、お前が知らんだけだ
黙って手でもかざして祝詞を念じてろ

152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)